Broad-minded

Broad-minded

企業オーナー・開業医のお客様
向けの金融サービス
開業医支援サービス

開業医ならではの悩みに
こたえ、
資産管理を
トータルでサポート

厚生労働省の発表による平成27年の医療経済実態調査によると、一般診療所の病院長の平均年収は約2,900万円であり、一般的に他の職業に比べて収入が多い結果となっています。しかし、その一方で、開業医ならではのさまざまな支出も発生することも特徴です。

さらに、病気やケガで働けなくなった場合の休業リスク死亡リスク、災害などによる医療機器の破損、医療ミスに関する賠償責任などのさまざまなリスクに備えることも求められます。ところが、医院経営に忙しく、なかなかご自身の資産管理を考える時間がないというお客様が多いことも事実です。

後継者としてお子様を医学部へ通わせたいと希望されるお客様も多く、そのために5,000万円以上ともいわれる教育資金の準備をはじめ、事業用の不動産の取得やご自身の老後資金の準備など、高額な税金を納めながらこれらの資金を準備されているというお話もよく耳にします。

院長の所得税対策や、医療法人化されている場合には役員退職金の準備、残余財産対策など、個人と法人両方の財布をしっかりと活用することで効果的に資産管理を行うことが重要となります

弊社では、これまで多くの開業医のお客様のご相談にお応えしてきた資産管理や病院経営に精通したコンサルタントが、所得税対策、役員退職金準備、不動産活用などの資産対策から、医療法人設立、助成金の活用などの経営支援まで、開業医のお客様の資産管理をトータルでサポートいたします。

複雑な開業医の
相続・事業承継も
しっかりとサポート

多額のキャッシュを保有し、医院経営の承継や後継者選びといった問題を抱える開業医のお客様の相続は、一般的に通常の資産家のお客様の相続よりも複雑となり、その対策も難易度が高くなります。

持分のある医療法人を承継する場合には、通常の中小企業と同様に未公開株式の計算方法を適用して評価を行うため出資持分が非常に高額となり多額の相続税や贈与税が発生してしまうことも多く、さらに持分の多くを土地などの不動産が占めている場合には納税資金が準備できないことも考えられるなど、納税額の圧縮や納税資金の準備といった対策が必要となります

一方で、医院経営を継承する相続人と他の相続人の間で相続財産に差が生じてトラブルとなることも多く、特に土地や建物を医院にて保有する資産としているケースにおいては、継承者でない相続人が配分された不動産を売却したいとなれば医院経営の継続にも深刻な影響が生じるなど、相続財産をいかに分割するかといった側面についても対応が重要です

弊社では、後継者育成など開業医ならではの事情に精通するコンサルタントが、生命保険や不動産、MS法人の設立など、さまざまな手段を活用することで、出資持分の評価額の引き下げや納税資金準備、分割対策など、万全の相続・事業承継をサポートいたします。

開業医様向けサポート

  • 理事長様の退職金

    支払い財源の効率的な積立、規程整備

  • 理事長様の所得税対策

    実質所得を高める各種プランニング

  • 相続税簡易シミュレーション

    無料で相続財産の集計・一覧表化、相続税の試算、最適贈与額の算出等を行います

  • 補助金申請支援

    設備投資、新規事業開発等のための補助金申請をサポート(厚生労働省所管の助成金申請代行は行っておりません)

  • M&A支援

    後継者不在、業績不振等による事業売却をお手伝いします

  • 医療法人化支援

    法人化に精通した専門家とタイアップし、必要な手続きをサポートします

  • 持ち分なし法人への移行支援

    移行に精通した専門家とタイアップし、必要な手続きをサポートします

  • 人材ニーズ支援

    医療従事者に特化した斡旋機関とタイアップし、人材ニーズにお応えします

ご相談・お問い合わせ

03-6859-8358 03-6859-8358 受付時間:
平日 8:30~20:00
土日 9:00~19:00
(祝日・年末年始を除く)
WEBからのお問い合わせ