30代おすすめ生命保険

30代におすすめの生命保険を男性・女性・独身・既婚別に徹底解説します

人生100年時代を生きていく上で、様々なリスクについて考える必要があります。その長い人生において、30代は仕事でも家庭環境でも大きな変化を迎えることが多い年代です。

同じ30代でも性別や世帯によって保障ニーズは多種多様ですから、どのような生命保険が最適なのか、自分に合った生命保険の選び方を知りたいという人は多いのではないでしょうか。

本記事では、30代の生命保険事情について、生命保険文化センターの調査結果を踏まえたうえで、男女別、世帯別に抱えるリスクと必要な保障について解説します。

30代におすすめの生命保険商品もご紹介していきますので、是非参考にしてくださいね。
最適な保険は専門家に無料相談を!
ブロードマインド
無料保険相談のおすすめはブロードマインド
ブロードマインド

あなたや大切な家族に最適な保険とは?
悩む前に、無料でプロに保険相談ができる窓口の利用をおすすめします!

ブロードマインドのおすすめポイント
  • 相談実績10万件超
  • 完全無料で保険相談が可能
  • 取り扱い保険会社50社以上
  • オンラインと対面の両方可能
  • 上場企業なので安心

30代に生命保険は必要?

30代におすすめの生命保険の特徴

30代に生命保険は必要!

30代に入ると、男女ともにライフスタイルの変化を迎えることが多くなります。転職や独立、結婚や出産、マイホームの購入などにより、家計の収支や貯蓄額にも大きな影響があるでしょう。

健康面でも病気のリスクが徐々に高まりつつある年代です。

20代の頃であれば高額療養費制度や傷病手当金といった公的保障だけでカバーできていたことも、リスクが多様化する30代においては手薄になる恐れがあります。

 特に、子どもがいる世帯における高額な死亡保障については、遺族年金だけでは到底カバーできません。

このように、様々なリスクへの対策が必要になる30代にとって、生命保険による保障は不可欠であると言えます。

30代男性におすすめの生命保険とは【独身・既婚】

30代男性におすすめの生命保険とは【独身・既婚】

30代男性のライフスタイルとリスク

30代男性の医療費に関する平均値は次の通りです。

直近の入院時の入院日数

18.1日

直近の入院時の自己負担費用

20.8万円

直近の入院時の1日あたりの自己負担費用

17,184円

直近の入院時の自己負担費用と逸失収入の総額

30.4万円

直近の入院時の1日あたりの自己負担費用と逸失収入の総額

22,847円

※ 生命保険文化センター 令和元年度 生活保障に関する調査

また、2015年時点における男性の年齢階級別がん罹患率は下記の通りです。

※ 国立がん研究センターがん情報サービス「がん統計」(全国がん登録)

男性のがんのリスクが上がるのは50代からで、30代頃から乳がんなどのリスクが上がる女性より比較的遅いと言えます。

 ただし、中高年に比べれば発症率は低いものの、胃がん・大腸がんなどの消化器系、あるいは肺がんについては30代でもリスクがありますので注意が必要です。

また、生活習慣病と言われる脂質異常症や高血圧性疾患、糖尿病についても、30代から罹患率は上昇します。

がん・心疾患・脳血管疾患の三大疾病と、高血圧性疾患・糖尿病・肝疾患・腎疾患を合わせた七大生活習慣病は、もし罹患すると基本的に入院による治療が必要になります

定期健康診断などで生活習慣の見直しを行いながら、万一の場合に備えて医療保険をはじめとする生命保険の準備をしておきましょう。

30代男性は、独身のうちに転職や独立をしたり、今後の投資を視野に入れて単身用マンションを購入したり、あるいは結婚により家族が増えてマイホームを購入するなど、多様な責任に伴う保障が必要となる世代です。

家族構成はもちろん職業や保有資産に応じて、死亡保障や収入保障のほか、自分自身のための医療保障についても考えなければなりません。

 特に、独立して個人事業主となった場合、会社員と比較して受けられる社会保障が手薄になりますので、病気やケガで働けなくなった場合の備えは必要不可欠と言えます。

また、近年では生活スタイルの多様化により、早期退職や経済的な独立を意味するFIREFinancial Independence, Retire Early) を目標とする人も増加しています。

FIREは、リタイア後の生活の土台となる資産を作り、その資産を運用しながら取り崩していく生活スタイルです。

しかし、もしもリタイア生活を送っている時に病気になってしまった場合、せっかく積み立ててきた資産を医療費と生活費のために取り崩すことになってしまいます。

近い将来にFIREを考えている人にとっても、リタイア後の生活を手厚く保障する生命保険の必要性は高いと言えるでしょう。

30代独身男性の生命保険

30代独身男性の生命保険

25歳~39歳までの男性の未婚率を5歳階級にしたグラフです。2015年時点において、30~34歳の男性はおよそ2人に1人の47.1%が未婚、35~39歳の男性はおよそ3人に1人の35.0%が未婚です。

※ 内閣府 令和3年版 少子化社会対策白書

30代独身男性に必要な保障の優先順位は下記のようになります。

30代独身男性の保障優先順位
  1. 医療保障
  2. 収入保障
  3. 死亡保障

30代独身男性の死亡保障は、例えば自分の奨学金のローン返済中といったケースを除いて高額な保障は必要ありません

かわりに優先すべき保障は、自分が働けなくなった時の医療費と収入をカバーする保険でしょう。

自分一人の収入のみで生活を支えている30代独身男性にとって、もし病気やケガで休職せざるを得なくなった場合の収入減のリスクは大きいものです。

 健康診断で引っかかる人も増加する年代でもあるため、がんなどの生活習慣病のリスクを考慮する必要があります。

会社員の場合、入院や自宅療養で休職すると、健康保険の傷病手当金によって給料の2/3が最長16カ月保障されていますが、それだけで生活費すべてをカバーするのは難しいでしょう。

多少の貯蓄があるにしても、近い将来に結婚や不動産購入といった大きな行動を考えている場合などは、むやみに貯蓄を取り崩すべきではありません。

このように、病気やケガをした時に生活への影響を最小限に抑えるため、医療保険や就業不能保険でカバーしておくことが必要です。

一方で、フリーランスや自営業の人は傷病手当金を受けることができません

 つまり、働けなくなると同時に収入がストップしてしまうため、会社員の人よりも特に手厚く備えておく必要があります。

あわせて、将来介護が必要になったときに備えて、家計に余裕があれば介護保険も検討すると良いでしょう。

死亡保障については預貯金で対応するほか、老後資金の資産形成も兼ねて貯蓄型の終身保険に加入するのもおすすめです。保険金額が少額で加入時の年齢も若ければ、保険料もそれほど高額にはなりません。

終身保険であれば、万一死亡した場合でも保険金が遺族に直接支払われますので、預貯金のように煩雑な手続きが必要ないこともメリットです。

なお、預貯金についても以前は口座名義人が死亡すると口座凍結がなされていましたが、20197月より遺族が最大150万円まで故人の口座から引き出せる仮払い制度が開始したため、死亡整理金について遺族がただちに困窮することはなくなりました。

30代既婚男性の生命保険

30代既婚男性の生命保険

30代既婚男性に必要な保障の優先順位は下記のようになります。

30代既婚男性の保障優先順位
  1. 死亡保障
  2. 収入保障
  3. 医療保障

30代既婚男性にとって、扶養する家族ができたときには死亡保障は最重要課題となります。特に、子どもについて1人目に続き2人目も早めにと考える場合、当面の収入の基盤は夫だけです。

中には独身時代から未だに保険には加入していないという人もいるでしょう。

定期保険や収入保障保険であれば、終身保険よりも割安な保険料で手厚い死亡保障を確保できますので、妻の妊娠・出産時の早い段階で加入を検討する必要があります

収入保障保険とは

収入保障保険とは▼
収入保障保険とは、保険金を一括ではなく年金形式で毎月受け取るタイプの保険商品で、契約時に設定する保険期間内に死亡した場合に、死亡以後から保険期間の満了まで、毎月10万円など決まった額の保険金を受け取り続けることができます。
お給料のように月額支給されるので、遺族の生活資金として計画的に活用しやすい性質を持っています。
なお、収入保障保険は定期保険と同じく死亡保障の保険商品のため、保険金が支払われるケースは基本的に死亡時・高度障害状態のみです。※特約の付帯により他のケースでも受取可能

なお、保険期間は子どもが独立するまでカバーできるものが好ましいでしょう。単身から家族世帯になった際の家計管理や資産形成、適切な保険選びは、夫婦で認識を共有して共通の目標を持つことが重要です。

病気やケガで、夫だけでなく妻も働けなくなる恐れもありますので、その場合の家計への影響に備える必要があります。

 なお、夫が会社員で妻が専業主婦の家庭では、夫の死亡保障は4,000万円程度が目安です。

しかし、自営業者の場合は会社員と比較して社会保障が手薄で死亡退職金などもないため、貯蓄額や配偶者の収入等にもよりますが、自営業者の死亡保障は会社員より2,000万円から3,000万円程度の上乗せがあると良いでしょう。

また、家庭でも仕事でも責任を背負う立場になると、肉体的精神的な負担も影響して健康面のリスクも高まります

健康のための生活習慣の見直しはもちろん、治療費のための医療保険と生活費のための所得補償保険はセットで備えておきましょう。

最期に、男性の全年代におけるライフステージ別の平均死亡保険金額をグラフで示します。

※ 生命保険文化センター 令和元年度 生活保障に関する調査

※ 30代以外も含む全年代の調査

30代男性に該当するライフステージと見られるのは未婚~既婚・末子小学生です。未婚世帯と既婚・末子小学生世帯では、平均死亡保険金額には実に2.4倍もの差があります。

独身時代の死亡保障は貯蓄も兼ねた終身保険を利用し、結婚後は手頃な保険料の定期保険・収入保障保険で死亡保障を上乗せしましょう。

30代女性におすすめの生命保険とは【独身・既婚】

30代女性におすすめの生命保険とは【独身・既婚】

30代女性のライフスタイルとリスク

30代女性の医療費に関する平均値は次の通りです。

直近の入院時の入院日数

11.7日

直近の入院時の自己負担費用

22.2万円

直近の入院時の1日あたりの自己負担費用

26,191円

直近の入院時の自己負担費用と逸失収入の総額

21.4万円

直近の入院時の1日あたりの自己負担費用と逸失収入の総額

25,566円

※ 生命保険文化センター 令和元年度 生活保障に関する調査

また、2015年時点における女性の年齢階級別がん罹患率は下記の通りです。

※ 国立がん研究センターがん情報サービス「がん統計」(全国がん登録)

女性のがんのリスクは男性よりも早い30代から目立ち始め、乳がん、子宮頸がんは、30代の若年から罹患率が一気に上昇します。

また、卵巣機能についても30代半ば頃から少しずつ衰え始めるため、がん以外の女性特有の病気に対する注意が必要になります。

30代女性がかかりやすい病気
  • 女性特有のがん(子宮がん、卵巣がん、乳がん、甲状腺がん)
  • 子宮内膜症
  • 子宮筋腫
  • 月経不順
  • 月経痛
  • PMS(月経前症候群)
  • 不妊症

また、妊娠・出産時においても、切迫流産や帝王切開など思わぬトラブルに見舞われることも少なくありません。

 病気と妊娠・出産の両方でリスクを抱える女性にとって、女性特有の病気だけでなく、妊娠・出産時にも手厚い保障が受けられる女性向け医療保険は、万全の備えを得られる保険商品です。

さらに、近年は出産年齢の上昇により、不妊治療を受けるケースも増えています。現行制度では不妊治療への助成金があるほか、令和4年度より保険適用が検討されていますが、適用対象は一部の不妊治療のみで上限回数も設定されます

女性向け医療保険では、こうした不妊治療に対しても備えられる商品があります。

30代女性は、結婚によるライフスタイルの変化や、妊娠・出産と仕事の両立などで悩みがちな世代です。

令和の現在は男女問わず働き方やライフスタイルが多様化していますので、保障に対する基本的な考え方に男女の大差はありません。

 しかし、妊娠・出産や女性特有の様々な病気については、早いうちから大きなリスクを抱えるという意味では男性よりも手厚く長期的な保障が必要不可欠と言えるでしょう。

30代独身女性の生命保険

25歳~39歳までの女性の未婚率を5歳階級にしたグラフです。2015年時点において、30~34歳の女性はおよそ3人に1人の34.6%が未婚、35~39歳の女性はおよそ4人に1人の23.9%が未婚です。

※ 内閣府 令和3年版 少子化社会対策白書

30代独身女性に必要な保障の優先順位は下記のようになります。

30代独身女性の保障優先順位
  1. 医療保障
  2. 収入保障
  3. 死亡保障

30代独身女性についても概ね男性と変わらず、自分が働けなくなった時の医療費と収入をカバーする保障の必要性が高いです。

リスクの高い病気に加えてケガをした時にも、自分の生活へのダメージを最小限に抑えるため、女性向け医療保険と就業不能保険で備えましょう。

なお、今後結婚や出産を視野に入れている場合、妊娠をすると加入できる保険に制限が出るため、医療保険については早めの検討をおすすめします。

死亡保障についても男性と同様、老後資金の資産形成もできる貯蓄型の終身保険を少額で契約すると良いでしょう。

30代既婚女性の生命保険

30代既婚女性に必要な保障の優先順位は下記のようになります。

30代既婚女性の保障優先順位

【共働きの場合】

  1. 死亡保障
  2. 医療保障
  3. 収入保障

【専業主婦の場合】

  1. 医療保障
  2. 死亡保障
  3. 収入保障

30代既婚女性は、もし医療保険の加入がまだであれば、最優先で加入を検討しましょう。妊娠・出産時のトラブルはもちろん、不妊治療に対する保障や、リスクが急上昇する女性特有の病気に対して備える必要性が高いからです。

死亡保障については、夫婦で家計を支える共働きの場合、どちらかが亡くなった場合のダメージは大きくなります。

 妻の収入も家計を支えているなら、夫だけでなく妻の死亡保障も備えておく必要があります。

男性の場合と同様、家族世帯の保険選びは、夫婦で認識を共有しておくことが大切です。

30代では出産後も共働きを続ける予定の方がほとんどですから、夫だけでなく妻が働けなくなった場合でも、家計への影響は大きいと考えておくべきです。

特に、妻が入院したり死亡したりした場合、共働きの場合の家計への影響はもちろん、専業主婦であったなら家事と育児の担い手がなくなるため、サポートが不可欠になります。

最期に、女性の全年代におけるライフステージ別の平均死亡保険金額をグラフで示します。

※ 生命保険文化センター 令和元年度 生活保障に関する調査

※ 30代以外も含む全年代の調査

30代女性に該当するライフステージと見られるのは未婚~既婚・末子小学生です。男性と違い、平均死亡保険金額にはそれほど大きな差は見られません。

30代女性にとって、最低限の死亡保障はもちろん必要ですが、それ以上に女性特有の病気に対しての医療保障が重要であることが分かります。

30代男性・女性におすすめの医療保険商品を紹介!

30代におすすめの医療保険を紹介!

ライフステージの変化とともに、ライフスタイルも大きく変化することが多い30代にとって、医療保険は必要性の高い生命保険のうちの一つです。

実際、30代の方の医療保険の加入率は72.0%と非常に高く、一つ前の20代の医療保険加入率が48.0%であることからも、医療保険を必要と考えて加入する方の多さがうかがえます。

しかし、実際これから医療保険への加入を考えている方や見直しを検討している方にとって、具体的にどのような商品がおすすめか気になりますよね。

保険料や保障内容においても、当サイトが厳選して紹介するおすすめの医療保険は以下の通りです。

一人ひとりの収支や、ご家庭ごとに必要なお金が異なることから、あなたや家族にとって最適な医療保険を一概に決めてしまうことはできません

医療保険の新規加入や見直しでの加入を検討している方は、上記の医療保険について一度相談してみましょう。

生命保険文化センター 令和元年度 生活保障に関する調査

30代男性・女性におすすめの収入保障保険商品を紹介!

生命保険貯蓄型を諦めきれない人におすすめの収入保障保険

解約返戻金が発生しない仕組みであることから、貯蓄型の収入保障保険は存在しないため保険に貯蓄性を求める方には心もとないかもしれません。

しかし、収入保障保険は、契約者に万一のことがあった場合に遺族の生活資金として年金形式(あるいは一括)で一定額を受け取ることができる生命保険は魅力的です。

近年、フリーランス人口の増加とともに、社会保障が手薄になりがちな若い世帯で特に収入保障保険は需要が高い生命保険になっています。

しかし、実際これから医療保険への加入を考えている方や見直しを検討している方にとって、具体的にどのような商品がおすすめか気になりますよね。

保険料や保障内容においても、当サイトが厳選して紹介するおすすめの収入保障保険は以下の通りです。

一人ひとりの収支や、ご家庭ごとに必要なお金が異なることから、あなたや家族にとって最適な医療保険を一概に決めてしまうことはできません

収入保障保険の新規加入や見直しでの加入を検討している方は、上記の収入保障保険について一度相談してみましょう。

生命保険について悩むなら無料でプロに相談がおすすめ

「生命保険の必要性はなんとなく分かってきたけれど、イマイチ決め手に欠ける…」「具体的にどんな生命保険が自分や家族に最適なのか迷ってしまう…」

このような悩みがある方は、無料の保険相談窓口でプロに相談することをおすすめします!
無料保険相談窓口を利用するメリット
    • 専門知識があるプロから多くの商品やプランを提案してもらえる
    • 保険の知識がなくてもプロがフォローしてくれる
    • 保険だけでなく家計の悩みや教育資金、老後資金などお金の悩みを一気に相談できる

    数ある保険相談窓口のなかで、今おすすめできる最新の人気保険相談窓口を5社を厳選して紹介します!

    表は右にスクロールできます。

    キャンペーン      
    名称 ブロードマインド ほけんのぜんぶ マネードクター 保険マンモス 保険見直しラボ 保険無料相談.com 保険市場 ほけんの窓口 保険クリニック
    ブロードマインド ほけんのぜんぶ 保険マンモス 保険見直しラボ 保険市場 ほけんの窓口 保険クリニック
    取扱保険会社数 57社 39社 51社 提携先による 36社 - 91社 40社 50社
    店舗数 12拠点 28拠点 97拠点 なし 70拠点 なし 567拠点 806拠点 256拠点
    キャンペーン
    ギフト券1,000円分

    6種類から選択

    5種類から選択

    4種類から選択

    6種類から選択

    10種類から選択
    なし  なし  なし 
    オンライン相談
    ×
    店舗相談 × × × ×
    訪問相談   ◎  ◎  ◎  ◎  ×
    詳細

    ※出典:各無料保険相談公式サイト
    2022年11月9日時点

    1.ブロードマインド

    保険相談おすすめランキングブロードマインド

    ブロードマインドがおすすめな6つの理由
    1. オンライン相談実績1年間6,000件以上
    2. 2002年の設立以来、相談実績10万件以上
    3. 提携保険会社数50社以上は業界最大級!
    4. 生命保険はもちろん、住宅ローンや資産運用、家計の見直しその他お悩みまで専門家に無料で相談できる
    5. オンライン・訪問・来店お好きな相談方法が選べる
    6. アフターサービスだけを担う部門がある稀有な相談窓口

    ブロードマインド株式会社は、累計相談件数10万件超、1年間に6,000件以上ものオンライン相談実績を誇る、日本最大級の守備範囲を誇る独立系FP会社です。

    相談可能なジャンルは保険のみならず、下図の6つの分野の専門家による連携で、より横断的かつ深い相談が叶います。

    ブロードマインドの無料相談窓口の特徴

    さらに、ブロードマインドでは相談や提案だけにとどまらず、各種発生する手続きまで全て行ってくれるため、専門家に任せられる安心感も得ながら面倒なやり取り等をしなくても良くなるというメリットも享受できます。

    また、アフターサービス部門があり、お客さまにとことん寄り添うサポート体制が万全に整っているのも他の無料保険相談ではなかなかない特長です。

     また、ブロードマインドのFPは多彩な専門知識を有する独立系ファイナンシャルプランナーなので、特定の金融機関に偏ることなく、中立的な立場で提案し、サポートできる他社にはない強みも持っています。

    多くの相談者が「何を相談していいかわからないけれど不安なことがある」、そんな状態で相談をスタートしています。
    保険相談窓口初心者の方も、相談内容が決まっている方も、親身に相談に乗ってもらえるブロードマインドで一度気軽に相談してみてはいかがでしょうか。

    取扱保険会社数 57社
    ※金融商品仲介業含む
    主要商品 生命保険、医療保険、がん保険、収入保障保険、損害保険、金融商品仲介業、住宅ローン代理業、銀行代理業
    対応地域 東京・神奈川・埼玉・千葉・愛知・三重・岐阜・大阪・兵庫・京都・滋賀・奈良・和歌山・福井・石川・富山(それぞれ一部地域除く)
    オンライン保険相談 ○(全国対応可能)
    上場

    ブロードマインドでは、現在無料相談を利用するだけでgiftee Boxで使えるギフト券1,000円分をもれなくプレゼント

    ブロードマインドの保険相談キャンペーン

    giftee Boxは豊富なラインナップの中から好きな商品を選べるギフトです。 ポイント内であれば複数のギフトと自由に交換することができ、利用に専用アプリのダウンロードや会員登録は必要ありません。

    giftee Box利用可能店舗(例)▼
    • サーティワン アイスクリーム
    • TULLY'S COFFEE
    • ドトールコーヒー
    • Uber Eats
    • 出前館
    • すかいらーく
    • 図書カードネットギフト
    • コカ・コーラ
    • GODIVA など他多数
    キャンペーン修了期間は未定ですので、開催中のこの機会に無料で相談をしてみることをおすすめします。

    ※出船:公式サイト

    2.ほけんのぜんぶ

    3.保険無料相談.com

    ほけんのぜんぶがおすすめな6つの理由
    1. お金のスペシャリストに何度でも無料で相談できる
    2. 子育て世代からシニア層まで累計19万件※1の幅広い相談実績がある
    3. 在籍しているFPの買うzが316名※2と非常に多く、相談員のFP資格取得率なんと100%
    4. 取扱っている保険会社数が日本最大級の30社以上
    5. 都合の良いタイイングに、自宅やオフィス、近隣のカフェなど指定した場所に訪問してくれる
    6. Web面談(オンライン相談)を受け付けている
      ※1 2021年4月時点 / ※2 2021年10月時点

    ほけんのぜんぶは、全国47都道府県に相談対応エリアを設けている無料保険相談窓口で、累計申込み件数19万件を誇ることからも信頼性が高いことがうかがえます。
    在籍しているFP資格取得者の人数は316名と非常に多く、取得率はなんと驚異の100%です。

     同じ無料保険相談窓口でも、相談員がFPの資格を取得していないケースも多くあるため、ほけんのぜんぶの取得率100%は非常に高い数値であることがわかります。

    ”保険相談”とはいうものの、FPに相談が可能なことからも教育資金や家計全般の相談から住宅ローン、老後資金といった保険以外のこともオールマイティーに相談ができるのも魅力です。

    ご自身やご家庭のお金の悩みを一気に相談・解決に導くことができるのは心強いですね。

    取扱保険会社数 39社※3
    主要商品 生命保険、医療保険、がん保険、収入保障保険、個人年金保険、損害保険、住宅ローン、教育資金、
    対応地域 ー(訪問型)
    オンライン保険相談 ○(全国対応可能)
    上場 ×
    ほけんのぜんぶでは、相談・面談後にもれなくプレゼントをもらえるキャンペーンを実施中!
    ほけんのぜんぶ キャンペーン情報
    お米やコーヒーギフトセットといった美味しいプレゼントから、サーモスのタンブラーやWELEDAのスターターセットといったちょっとリッチなプレゼントまで選ぶことができます。
    このお得な機会を逃すことなく相談予約をすることをおすすめします。

    3.保険無料相談.com

    保険無料相談.com

    保険無料相談.comがおすすめな3つの理由
    1. 従来通りの自宅やカフェ、オフィスでの訪問相談はもちろん、オンラインでも面談可能
    2. 希望すれば女性担当相談員を指定することができる
    3. 面談後のアンケート回答でもれなく豪華プレゼントがもらえるキャンペーン中!

    保険無料相談.comは、経験豊富な保険のプロが多数在籍しており、面談場所は希望する場所を指定することができます。勤務先の近くや自宅近く、逆に自宅訪問やオンライン保険相談まで網羅。

    取扱保険会社数 22社
    主要商品 生命保険、医療保険、がん保険、収入保障保険、損害保険
    対応地域 一部対応できない地域あり(要相談)
    オンライン保険相談
    上場

    保険無料相談.comでは、時点面談後のアンケートに回答するだけで希望するプレゼントをGETできるキャンペーンを実施中!期間限定のため、この機会にぜひ保険相談をしてみてはいかがでしょうか。

    保険無料相談.comのキャンペーン情報

    選べるプレゼントの種類が豊富でわくわくしますね!

    選べるプレゼントの種類が豊富でわくわくしますね!
    ※3…2019年2月時点
    出典:公式サイト

    4.保険市場

    おすすめの保険相談窓口ランキング2位保険市場

    保険市場がおすすめな3つの理由
    1. 全国5,000人以上の保険コンサルタントが在籍
    2. 取扱保険会社数は国内最大級の90社※4、お客様満足度は97.9%※5
    3. 店舗は全国に713店舗※6あるため近くの店舗が見つかる!

    2021年には創業26年目をむかえる老舗企業である保険市場は、専業の保険代理店で唯一である東証一部上場企業であることからも確かなセキュリティ体制と高水準のコンプライアンス体制が期待できます。

    総保険契約保有件数59万件以上を誇ることからもそこに確かな実績がうかがえます。

    取扱保険会社数 90社
    主要商品 生命保険、医療保険、がん保険、収入保障保険、損害保険
    対応地域 全国713店舗※2(それぞれ一部地域除く
    オンライン保険相談 (全国対応可能)
    上場

    相談者から特に人気のあるコンサルタントを指名して予約することが可能となったため、コンサルタントをより身近に感じながら気軽に申し込むことができます。

    予約もウェブで簡単にできるようになっているので手間もかかりません。

    ※4…2021/7/27時点
    ※5…2019年11月~2020年1月の期間中に保険市場 コンサルティングプラザで保険のお申し込みをいただいたお客さまの中で店舗評価アンケートにて満足度を星3つ以上と答えた方の割合
    ※6…※2021年7月27日時点
    出典:公式サイト

    30代男女の生命保険加入率と保険料月額

    令和元年度の生命保険文化センターの「生活保障に関する調査」では、30代の生命保険加入データは下記のようになりました。

    <30代の生命保険加入データ>

    生命保険加入率

    払込保険料平均(年額)

    払込保険料平均(月額)

    死亡保険金額平均

    疾病入院給付金日額平均

    全体

    82.6%

    18.8万円

    15,667円

    1,608万円

    9,846円

    男性

    82.4%

    23.5万円

    19,583円

    2,331万円

    11,049円

    女性

    82.8%

    15.1万円

    12,583円

    1,013万円

    8,999円

    ※ 生命保険文化センター 令和元年度 生活保障に関する調査

    ※ 調査対象である生命保険とは、民間の生命保険会社、郵便局、JA、共済、生協などで取り扱っている商品が対象で、個人年金保険・団体生命保険・財形貯蓄は含みません。

    加入率は男女ともに8割を超えており、高い水準であることが見て取れます。

    払込保険料は男性が女性の約1.5倍となっていますが、これは死亡保険金額および入院給付金日額の平均値が女性より男性が上回っていることと、男性は平均寿命が短く、保険金が支払われる確率が女性より高いという理由です。

    では次に、30代の生命保険の加入目的と、生活上の不安項目の統計を見てみましょう。

    ※ 生命保険文化センター 令和元年度 生活保障に関する調査

    直近加入契約の加入目的は、「ケガや病気になった際の医療費のため」が半数以上の52.5%を占めており、次いで「万一死亡した時のため」が27.4%でした。

    生活上の不安項目を見ると、「家族の者/自分が病気や事故にあうこと」がそれぞれ6割で、病気や事故による医療費への不安が加入目的に現れていると言えます。

    また、「自分の不慮の死により家族の者に負担をかけること」が37.8%、「家族の者が死亡するようなことが起こること」が47.1%と、死亡リスクも不安要素であることが見て取れます。

    生命保険加入前に公的医療保険と遺族年金を知ろう

    生命保険選びにおいて、適切な保障を絞り込むことは大切です。

     病気やケガをした時や世帯主の死亡時などにどのような公的保障を受けられるのか把握した上で、不足する必要保障額について生命保険で準備するようにしましょう。

    まず、公的医療保険制度についてです。

    公的医療保険制度には、自営業者が加入する国民健康保険と、会社員・公務員が加入する健康保険・共済組合があり、受けられる給付は次のものがあります。

    公的医療保険制度で受けられる給付
    • 病気やケガで治療を受けるとき:療養の給付
    • 自己負担が高額になったとき:高額療養費
    • 高度な治療を受けたとき:保険外併用療養費
    • 緊急時などに移送されたとき:移送費
    • 病気やケガの療養で仕事を休んだとき:傷病手当金
    • 出産したとき:出産育児一時金・出産手当金
    • 死亡したとき:埋葬料

    ※主に自営業の人が加入する国民健康保険には、原則として傷病手当金、出産手当金はありません。

    これらの給付により、医療費については一定以上の自己負担額はかからないようになっています。ただし、次にかかる費用については公的医療保険制度ではカバーされません。

    公的医療保険制度の対象外となる医療費
    • 自由診療、先進医療
    • 入院中の食事代、差額ベッド代
    • 日用品代、通院に伴う交通費
    • 傷病手当金だけでは不足する収入
    • 看病に伴う家族の収入減少

    これらについては自己負担になりますので、貯蓄または生命保険商品の医療保険でカバーする必要があります。

    次に、遺族年金について見てみましょう。

    遺族年金は、国民年金から給付される遺族基礎年金と、厚生年金から給付される遺族厚生年金に分けられ、死亡した人が加入していた制度によって受給できる年金が異なります。

    各年金の受給対象者の一覧は次の通りです。

    <遺族年金種類ごとの受給対象者>

    死亡した人

    年金の種類

    受給対象者

    1号被保険者

    遺族基礎年金

    子のある配偶者、子

    寡婦年金

    10年以上継続して婚姻関係にあり、生計維持されていた妻

    死亡一時金

    生計を同じくしていた配偶者、子、父母、孫、祖父母、兄弟姉妹の中で優先順位が高い者

    2号被保険者

    遺族厚生年金

    配偶者(夫は55歳以上)、子・孫、父母(55歳以上)、祖父母(55歳以上)

    遺族基礎年金

    子のある配偶者、子

    3号被保険者

    遺族基礎年金

    子のある配偶者、子

    ※ 18歳になる年度末を経過していない子ども(障害がある場合は20歳まで)

    これらの公的保障をもってしてもなお不足する必要保障額のみ準備することが、ムダのない生命保険選びのポイントです。

     必要保障額とは、「万が一の場合に最低限必要になる金額」のことを言い、この必要保障額の決め方として、「必要保障額積み上げ方式」があります。

    この必要保障額は、ライフスタイル、ライフステージ、世帯収入や貯蓄によって異なりますので、下記のステップに基づいて算出した金額を生命保険で準備することになります。

    ※ 生命保険文化センター Q.生命保険の加入金額の目安は?

    30代に最適な生命保険の選び方3つのポイント

    30代になれば結婚をして子供がいる人もいれば、逆に独身を選択していたり、仕事が忙しく結婚まで考えられないといった方もいるでしょう。状況に違いはありますが、保険選びで大切なポイントを解説します。

    1.病気やけがをしたとき足りない保障をチェックする

    病気やけがをしたとき足りない保障30代保険選び方

    生命保険は種類が多く、複数の商品を組み合わせたりすれば保障を厚くすることも可能です。しかし、手厚くすればするほど保険料が上がり、家計の負担は増していきます。

    多くのリスクに対応することは大切ですが、やはり保険料とのバランスを考えて保険設計をすることを考えましょう。

     まず、公的な健康保険を確認したうえで、入院や通院をしたときに何が足りないかをチェックしてください。

    また、貯金があれば公的な健康保険を使うだけで、民間の生命保険は不要という場合もあります。現在の預貯金の額もチェックしておきましょう

    会社のサポートも確認

    また、会社員であれば福利厚生として、社員のために保険に入っている会社もあります。

    福利厚生

    つまり、病気で入院をしても生活に困らないようにサポートしてくれる会社もあるのです。もし入院をして会社を休むことになったときにどのような対応をしてくれるかを会社に確認してみましょう。

    現在の貯金額、国の健康保険や会社のサポート知ったうえで、商品を選びをすれば無駄がなくなり保険料を安く抑えることができるようになりますよ。

    2.医療保険を手厚くし、がんの備えができる商品を選ぶ

    30代になれば病気のリスクも増えていきます。例えば、生活習慣病になったときの備えを考えることも必要です。

     40代になってから生活習慣病を考える方も多いですが、30代のうちに特約などを付けるようにすれば40代で付けるよりも保険料を安くできます。

    また、女性の場合は女性特有の病気に備えて保障を考たり、妊娠や出産のことも検討して保険を選ぶようにしましょう。医療保険にがんの保障が付いている商品もありますが、がんの特有のリスクに備えてがん保険単体の商品も検討してください。

    通院メインのがん治療や先進医療に対処できるようながんの保険があります。

    3.万一のことに備えて死亡保険も検討する

    結婚をして子供がいる場合、働き盛りの30代に万一のことがあったら遺された家族は生活に困可能性が高いです。共働きであっても一人で家族を支えていくことになるので、身体的な負担も増していくでしょう。

    そのため、遺された家族の生活費や子供の教育費になるように「死亡保険」に加入することも検討してください。

    ライフステージ別のおすすめの保険

    ライフステージ別のおすすめの保険

    30代のライフステージに応じたおすすめの保険を紹介します。

    独身の30代

    入院をしたら自分の生活へ影響が出やすいです。入院中も生活費の心配がないような保険選びが大切です。

    検討すべき保険
    • 医療保険
    • がん保険
    • 就業不能保険 など

    30代の夫婦

    夫婦であればお互いにサポートすることができます。独身時よりも保障を減らして一人の保険料を安くすることも考えられるでしょう。ただし、どちらかに万が一のことがあった場合は、二人で行う予定だった生活設計の変更もあり得ます。

    検討すべき保険
    • 医療保険
    • 死亡保険
    • がん保険
    • 就業不能保険 など

    子供がいる30代

    病気やけがに備えつつも、家計を支えている30代に万一のことがあったときを考えることが大切です。また、余裕があれば子供の将来に備えらるようにしてください。

    検討すべき保険
    • 死亡保険
    • 医療保険
    • がん保険
    • 就業不能保険
    • 学資保険

    既に生命保険に加入している人は見直しが必要

    結婚や出産、キャリアップのための転職など30代は人生の中でも大きな転換期となる時期です。そのため、既存の生命保険では新たな生活のリスクに対応できないこともあります。

    生命保険を見直すタイミング

    生命保険を見直すタイミング

    これまでとライフスタイルが大きく変わるときは生命保険の保障を見直すようにしてください。転職を考えているのであれば、今の会社で入った保険を変更する良い機会です。

    たとえば上司に勧められたり、会社に頻繁にやって来る保険のセールスマン(レディ)との付き合いで加入したといったような場合、保障内容を確認することで適切な保障に変更できる可能性が高いです。

    結婚した場合も、独身のときに入った保険の中に今は必要ではない保障が見つかる場合があります。

    入院日額を多少下げてもパートナーのサポートで十分対応できることも考えられます。

    生命保険を見直すメリット

    生命保険を見直すことで保険料を安くできる可能性が高く、また見直しをすることで無駄な部分を削ることもできます。

    医療事情や治療方法は常に変化をしていますから、保険もそれに合わせた商品が登場しています。

     20代のときに入った保険と30代になって入る保険が同じとは限らないのです。

    例えば、近年は入院日数は短くなってきており、短期入院に備えた保険商品も多くなっています。

    加入している保険の見直しをすることで、その時代に合った保険商品を選べるようになるのも大きなメリットですね。

    30代の生命保険についてよくある質問

    30代に生命保険は必要ですか?
    リスクが多様化する30代においては高額療養費制度や傷病手当金だけでは、手薄になる恐れがあります。特に、子どもがいる世帯における高額な死亡保障については、遺族年金だけでは到底カバーできません。そのため、生命保険による保障は不可欠です。
    30代男性におすすめの生命保険を教えてください。
    7大生活習慣病など病気のリスクが増してきます。また、多様な責任に伴う保障が必要となる世代です。そのため、医療保障・収入保障・死亡保障を優先順位した生命保険を選ぶようにしてください。
    30代女性におすすめの生命保険は何ですか?
    女性のがんのリスクは30代から目立ち始めるため「がん保険」の加入は検討しましょう。乳がん、子宮頸がんは、30代の若年から罹患率が一気に上昇します。
    また、自分が働けなくなった時の医療費と収入をカバーする保障の必要があります。男性と同様に医療保障や収入保障保険も検討しましょう。
    30代男女の生命保険加入率と保険料月額はどれくらいでしょうか?
    令和元年度の生命保険文化センターの「生活保障に関する調査」では、30代全体の生命保険加入率は82.3%あります。男性は82.4%、女性は82.8%でほぼ同数です。
    平均の月額保険料は男性が19,583円、女性は12,583円となっています。男性は死亡保険金額が高い傾向があります。
    30代に最適な生命保険の選び方を教えてください。
    まず、病気やけがをしたとき足りない保障をチェックするところから始めましょう。効率的に保障を付けられるようになり保険料を節約できます。
    次に、医療保険を手厚くしがんの備えができる商品を検討しましょう。30代からのリスクに備えるためです。結婚して子供がいる家庭は万一のことに備えて死亡保険も検討してください。
    生命保険を見直すタイミングはいつですか?
    結婚や転職などこれまでとライフスタイルが大きく変わるときです。転職を考えているのであれば、今の会社で入った保険を変更する機会にもなります。
    また、結婚すれば支えてくれるパートナーができるので、独身のときに入った保険の中に不要な保障が見つかる可能性が高いです。
    公的医療保険と遺族年金を知る必要性とは?
    公的医療保険と遺族年金の仕組みを理解すれば、病気やいざというときにどのような支えがあるのかが分かります。公的な支えを知ったあとで民間の生命保険を検討すれば、足りない部分を重視した保険設計ができるようになります。

    まとめ

    30代は男女ともにライフスタイルが大きく変化する年代です。仕事でも家庭でも責任を背負うことになり、公的保障だけではカバーしきれない様々なリスクものしかかります。

    30代男性はがんのリスクはそれほど高くないものの、生活習慣病のリスクが増加します。

    仕事も収入に余裕が出てくる分、責任も負うことになるため、肉体的精神的な負担から健康面には注意が必要になってきます。

    特に扶養家族がいる場合、死亡保障については手厚く準備しておかなければなりません。

    30代女性は、男性よりも早くがんのリスクが急増します。がん以外の女性特有の病気も罹患率が上がりますので、妊娠・出産の予定にかかわらず早めに手厚い医療保障を確保しましょう。

    募集文書番号:BM21-066

    ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
    ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
    ・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
    ・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
    ・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
    おすすめの記事