掛け捨てじゃない医療保険や貯蓄型はおすすめ?デメリットも解説

掛け捨てじゃない医療保険や貯蓄型はおすすめ?デメリットも解説

医療保険は、支払った保険料が手元に戻るかどうかによって貯蓄型と掛け捨て型に区別されています。一般的な医療保険は掛け捨て型がその多くを占めており、貯蓄型の商品数はそれほど多くはありません。

貯蓄型の医療保険は手元に戻るお金のタイプによって3種類に分けられますが、どんなケースでいくらお金を受け取れるのか、仕組みがイメージしづらいですよね。

本記事では、掛け捨て型の医療保険と、掛け捨てじゃない貯蓄型保険のそれぞれの特徴について、仕組みの解説とメリット・デメリットの比較を行いました。

それぞれの特徴を理解したうえで、掛け捨て型と貯蓄型どちらが自分におすすめなのかを理解することで、最適な医療保険が選べます。

最適な保険は専門家に無料相談を!
ブロードマインド
無料保険相談のおすすめはブロードマインド
ブロードマインド

あなたや大切な家族に最適な保険とは?
悩む前に、無料でプロに保険相談ができる窓口の利用をおすすめします!

ブロードマインドのおすすめポイント
  • 相談実績10万件超
  • 完全無料で保険相談が可能
  • 取り扱い保険会社50社以上
  • オンラインと対面の両方可能
  • 上場企業なので安心

貯蓄型の医療保険とは?3つの給付金を解説

貯蓄型の医療保険とは

貯蓄型の医療保険とは、支払う保険料のうち一定額を積み立てることにより、保障と貯蓄を両立した保険商品です。

病気やケガによってかかる医療費を入院給付金や手術給付金などで受け取れる基本的な仕組みに加えて、あらかじめ定められた要件を満たした際に、貯蓄部分として積み立てていた保険料が給付金として支払われます

貯蓄型の医療保険で受け取れる給付金には、次の3つの種類があります。

貯蓄型医療保険の給付金
  1. お祝い金
  2. 還付給付金
  3. 解約返戻金

それぞれについて見ていきましょう。

1.お祝い金

貯蓄型医療保険のお祝い金は、一定年数が経過するごとに少額の給付金がお祝い金として支払われる制度です。

お祝い金

例えば、3年ごとに生存し、かつその期間中に10日以上の入院給付金の支払いがなかったとき、あるいは一時金の支払いがなかったときなどに受け取ることができます。

1回に給付されるお祝い金は少額ですが、数年ごとに定期的にお金を受け取れるうえ、受け取ったお祝い金に用途の制限はなく自由に使えるため、家計の足しにしたりちょっとした贅沢を楽しんだりといった、多岐にわたる使い方が可能です。

 ただし、お祝い金が支払われるには、一定年数の間に病気やケガなどによる入院給付金や一時金を受け取っていないことが条件となります。

要するに、支払った保険料のうち、医療保険の保障として使わなかった部分がキャッシュバックされるイメージです。

入院給付金や一時金を受け取ってしまうと支払った保険料は相殺されてしまうため、お祝い金は支払われません。

なお、お祝い金の支払要件は3年ごとや5年ごとが多いため、保険期間は終身タイプだけでなく定期タイプも取り扱われています

2.還付給付金

還付給付金

貯蓄型医療保険の還付給付金は、保険料を所定の年齢まで払い込んだ時に、それまでに支払った保険料が健康還付金やリターンボーナスとして支払われる制度です。

 還付給付金の受取時期は、定年退職時期や公的年金の受取開始時を目安にして、おおよそ60~70歳で設定します。

前述のお祝い金は数年ごとの払い出しでしたが、還付給付金は保険の加入から保険料払込期間満了までの長い期間で保険料を積み立てて一括で受け取るため、その積立期間が長くなるほど金額も上がる仕組みです。

金額的にもお祝い金より高額になるので、子どもの進学費用や老後の生活資金といった、まとまったお金を工面する際に有用です。

なお、この還付給付金の受け取りに際しては、病気やケガなどによる入院給付金や一時金を受け取っていた場合でも、お祝い金のようにお金が手元に戻らなくなるわけではありません。

この場合、それまでに支払った保険料から、既に受け取った入院給付金や一時金の額が差し引かれたうえで、還付給付金が支払われる仕組みになっています。

 ただし、還付給付金を受け取る前に医療保険を解約してしまうと、入院給付金や一時金の額は差し引かれないものの、支払われる解約返戻金は払込保険料総額より少なくなるため注意が必要です。

ちなみに、還付給付金を受け取った後の医療保障については、引き続き保険料を払い込むことで保障を継続することができます。

3.解約返戻金

解約返戻金は、掛け捨てじゃない、いわゆる貯蓄型医療保険の解約返戻金は、契約を解約した場合に、それまでの契約期間と払い込んだ保険料の金額に応じて定められた金額が支払われる制度です。

解約返戻金はお祝い金・還付給付金と違って受け取るタイミングを自分で決められるため、ライフステージやライフイベントに柔軟に合わせられるほか、急な資金繰りが必要になった場合にも有用です。

ライフステージには、例えば以下のような段階を挙げることができます。

ライフステージ例

さらに、お祝い金や還付給付金と違って、病気やケガによる入院給付金や一時金を受け取っていても解約返戻金の額は減らないメリットがあります。

 ただし、入院給付金や一時金の受取有無に関わらず、解約返戻金の金額は払込保険料の総額よりは少なくなります。

なお、前述の還付給付金と解約返戻金は長期の積み立てが前提のため、保険期間は終身タイプがメインです。

お祝い金などを受け取った時にかかる税金は?

受け取れるお祝い金や還付給付金については、その給付ごとに、受取人である契約者(保険料負担者)の一時所得として所得税・住民税の課税対象になります

しかし、基本的には受け取るお祝い金・還付給付金よりも支払った保険料の方が多く、差益部分はないケースがほとんどのため、その場合には税金はかかりません。

解約返戻金についても同様です。

掛け捨て型の医療保険とは

掛け捨て型の医療保険とは

どちらかというと世間的によく知られている”掛け捨て型の医療保険”とは、支払う保険料を保障のみに充てることにより、手軽な保険料を実現した保険商品です。

医療保険商品の多くを占める掛け捨て型は、病気やケガによる医療費に関する給付金のみ保障するシンプルな保障内容になっています。

貯蓄型とは異なり、お祝い金や還付給付金、解約返戻金といった積み立て部分がないため、貯蓄型よりも手頃な保険料で保障を受けることが可能です。

掛け捨て型医療保険の保険期間には終身タイプと定期タイプがあり、定期タイプは満期を迎えた後、更新により契約を継続することができます。

終身保険の仕組み
定期保険とは

しかし、更新後の保険料は年齢ベースで再計算されるので、保険料が高くなる点に注意が必要です。

掛け捨て型医療保険は、貯蓄型のように手元に戻るお金を考慮する必要がない分、ライフステージに合わせて保障内容を設計しやすく、いつでも柔軟に見直しできるメリットがあります。

医療保険自体、掛け捨て型が主流なので、取り扱う保険会社や商品種類が多く、魅力的な新商品も次々と販売されており、選択肢が多い点も魅力です。

おすすめの貯蓄型・掛け捨て型の医療保険を紹介!

入院にまつわる5つの数字

過去5年間の入院経験者による医療費の自己負担額は、平均20.8万円であったことが生命保険文化センターの調査によって明らかになっています。

公的医療保険制度が充実している日本においても、対象外の費用負担も大きく、また健康状態が悪い状態では医療保険に加入できない可能性が高いことからも、健康なうちから医療保険に加入することをおすすめします。

しかし、実際これから医療保険への加入を考えている方や見直しを検討している方にとって、貯蓄型と掛け捨て型どちらが最適なのか、また具体的にどのような商品がおすすめか気になりますよね。

保険料や保障内容においても、当サイトが厳選して紹介するおすすめの医療保険は以下の通りです。

一人ひとりの収支や、ご家庭ごとに必要なお金が異なることから、あなたや家族にとって最適な医療保険を一概に決めてしまうことはできません

医療保険の新規加入や見直しでの加入を検討している方は、上記の医療保険について一度相談してみましょう。

生命保険文化センター 令和元年度 生活保障に関する調査

貯蓄型と掛け捨て型の医療保険それぞれのメリットとデメリット

貯蓄型と掛け捨て型の医療保険それぞれのメリットとデメリット

貯蓄型と掛け捨て型医療保険のメリット・デメリットは下記表のとおりです。比較しながら、どちらが自分に適した保険か確認してみてください。

メリット デメリット
貯蓄型
医療保険
  • 払い損を防げる
  • 更新する手間が省ける
  • 保険料が割高
  • 支払い保険料総額を上回らない可能性が高い
掛け捨て型
医療保険
  • 割安な保険料で加入できる
  • 一定期間のみ用意できる
  • 更新で保険料が上がる
  • 定期的な見直しが必要

貯蓄型医療保険は、祝金や健康還付金で保険料が戻ってくるため、加入するだけで何かしらの形でお金が受け取れます。また、終身型に加入すると、更新の手間が省けるのです。

 しかし、貯蓄型医療保険でも保険料が割高になるなどのデメリットがあります。保険を検討するときはデメリットも鑑みて総合的に判断しましょう。

さらに、支払った保険料総額を上回らない可能性があることを考えると、必ずしも貯蓄できるとは限らないのです。

特に医療保険は「低解約返戻金型」「無解約返戻金型」の保険が多く、解約返戻金がない分割安な保険料で販売している商品がほとんどです。この点を理解して貯蓄型医療保険を検討してみましょう。

貯蓄型医療保険を検討するときは、掛け捨て型と比較することをおすすめします。

掛け捨て型医療保険は保障のみのシンプルな仕組みのため、割安な保険料で加入できることがメリットです。また、満期を設定できるため「子どもが独立するまで」など一定期間用意するときに最適といえます。

一方掛け捨て型の医療保険は、ライフステージに合わせて定期的な見直しが必要です。保険に手間をかけたくない方にとってはデメリットといえるでしょう。

貯蓄型と掛け捨ての医療保険はどちらがおすすめ?

貯蓄型と掛け捨ての医療保険はどちらがおすすめ?

貯蓄型の医療保険が適している人

貯蓄型の医療保険は保障と貯蓄を両立しているため、病気やケガの保障を持ちながら、使わなかった保険料で貯蓄を同時進行したい場合に向いています。

数年ごとに受け取れるお祝い金は、ちょっとしたライフイベントに贅沢をしたり家計の足しにしたりといった多様な使い方ができますし、まとまった金額を受け取れる還付給付金・解約返戻金は、教育費や老後資金など大きなお金のニーズに最適です。

特に、健康状態に自信があり、特に問題も不安もない人は、お祝い金や還付給付金が受け取れる可能性が高いので、元が取れると言えるでしょう。

また、還付給付金を受け取った後の医療費については、貯蓄や他の割安な保険で対応できるように準備しておくと、高い保険料を支払わずに済みます。

 加えて、還付給付金・解約返戻金の貯蓄性は長期契約を前提としているため、ある程度保険料が高くても家計に負担が少なく、数十年支払い続けられる人に向いています。

かつ、今後のライフプランに大きな変動の予定がなく、保険の見直しや解約をするつもりがなければ、還付給付金・解約返戻金の貯蓄性はさらに確実なものになるでしょう。

掛け捨て型の医療保険が適している人

掛け捨て型の医療保険は手軽な保険料が最大のメリットのため、家計への負担を最小限に抑えたい場合に向いています

保障にかかる保険料は手頃な額に抑えて、貯蓄は終身保険や養老保険など他の保険商品を利用したり、自分で預貯金や投資をしたりする人には使い勝手が良い商品です。

 また、入院日額や一時金を高額な保障にしたい場合、掛け捨て型なら貯蓄型よりも保険料を抑えることができます。

掛け捨て型の医療保険は、還付給付金や解約返戻金への影響を考慮する必要がない分、ライフステージに合わせていつでも柔軟に見直しできるメリットがあります。

そのため、今後結婚や出産の予定があるなど、ライフステージに変化が見込まれており保障の見直しをする可能性が高い人にとっても使い勝手の良い保険と言えるでしょう。

さらに、掛け捨て型は医療保険の主流なので、商品種類が多く新商品も次々と販売されており、見直しや乗り換えがしやすい点も魅力です。

支払う保険料における経済的合理性の考え方

掛け捨て型の医療保険は、病気やケガを全くしなければ支払った保険料は1円も戻りません。

 長期間加入すればするほど掛け捨ててしまう金額も大きくなりますので、ほとんど元が取れず割に合わない恐れもあります。

お金の使い方を経済的な価値基準に沿って判断した場合に、利益があると考えられる状態を「経済的合理性」と言います。

病気やケガがない健康状態そのものを経済的合理性と考える人には、掛け捨ての保険料で安心を買うという認識があり、逆に支払った保険料が手元に戻ることが経済的合理性と考える人もいるという訳です。

自分にとって何が経済的合理性であるかによって貯蓄型と掛け捨て型を選ぶのも、落としどころの一つであると言えます。

医療保険について悩むなら無料でプロに相談がおすすめ

「貯蓄型と掛け捨て型の医療保険の違いや特徴はなんとなく分かってきたけれど、イマイチ決め手に欠ける…」「具体的にどんな医療保険が自分や家族に最適なのか迷ってしまう…」

このような悩みがある方は、無料の保険相談窓口でプロに相談することをおすすめします!
無料保険相談窓口を利用するメリット
    • 専門知識があるプロから多くの商品やプランを提案してもらえる
    • 保険の知識がなくてもプロがフォローしてくれる
    • 保険だけでなく家計の悩みや教育資金、老後資金などお金の悩みを一気に相談できる

    数ある保険相談窓口のなかで、今おすすめできる最新の人気保険相談窓口を5社を厳選して紹介します!

    表は右にスクロールできます。

    キャンペーン      
    名称 ブロードマインド ほけんのぜんぶ マネードクター 保険マンモス 保険見直しラボ 保険無料相談.com 保険市場 ほけんの窓口 保険クリニック
    ブロードマインド ほけんのぜんぶ 保険マンモス 保険見直しラボ 保険市場 ほけんの窓口 保険クリニック
    取扱保険会社数 57社 39社 51社 提携先による 36社 - 91社 40社 50社
    店舗数 12拠点 28拠点 97拠点 なし 70拠点 なし 567拠点 806拠点 256拠点
    キャンペーン
    ギフト券1,000円分

    6種類から選択

    5種類から選択

    4種類から選択

    6種類から選択

    10種類から選択
    なし  なし  なし 
    オンライン相談
    ×
    店舗相談 × × × ×
    訪問相談   ◎  ◎  ◎  ◎  ×
    詳細

    ※出典:各無料保険相談公式サイト
    2022年11月9日時点

    1.ブロードマインド

    保険相談おすすめランキングブロードマインド

    ブロードマインドがおすすめな6つの理由
    1. オンライン相談実績1年間6,000件以上
    2. 2002年の設立以来、相談実績10万件以上
    3. 提携保険会社数50社以上は業界最大級!
    4. 生命保険はもちろん、住宅ローンや資産運用、家計の見直しその他お悩みまで専門家に無料で相談できる
    5. オンライン・訪問・来店お好きな相談方法が選べる
    6. アフターサービスだけを担う部門がある稀有な相談窓口

    ブロードマインド株式会社は、累計相談件数10万件超、1年間に6,000件以上ものオンライン相談実績を誇る、日本最大級の守備範囲を誇る独立系FP会社です。

    相談可能なジャンルは保険のみならず、下図の6つの分野の専門家による連携で、より横断的かつ深い相談が叶います。

    ブロードマインドの無料相談窓口の特徴

    さらに、ブロードマインドでは相談や提案だけにとどまらず、各種発生する手続きまで全て行ってくれるため、専門家に任せられる安心感も得ながら面倒なやり取り等をしなくても良くなるというメリットも享受できます。

    また、アフターサービス部門があり、お客さまにとことん寄り添うサポート体制が万全に整っているのも他の無料保険相談ではなかなかない特長です。

     また、ブロードマインドのFPは多彩な専門知識を有する独立系ファイナンシャルプランナーなので、特定の金融機関に偏ることなく、中立的な立場で提案し、サポートできる他社にはない強みも持っています。

    多くの相談者が「何を相談していいかわからないけれど不安なことがある」、そんな状態で相談をスタートしています。
    保険相談窓口初心者の方も、相談内容が決まっている方も、親身に相談に乗ってもらえるブロードマインドで一度気軽に相談してみてはいかがでしょうか。

    取扱保険会社数 57社
    ※金融商品仲介業含む
    主要商品 生命保険、医療保険、がん保険、収入保障保険、損害保険、金融商品仲介業、住宅ローン代理業、銀行代理業
    対応地域 東京・神奈川・埼玉・千葉・愛知・三重・岐阜・大阪・兵庫・京都・滋賀・奈良・和歌山・福井・石川・富山(それぞれ一部地域除く)
    オンライン保険相談 ○(全国対応可能)
    上場

    ブロードマインドでは、現在無料相談を利用するだけでgiftee Boxで使えるギフト券1,000円分をもれなくプレゼント

    ブロードマインドの保険相談キャンペーン

    giftee Boxは豊富なラインナップの中から好きな商品を選べるギフトです。 ポイント内であれば複数のギフトと自由に交換することができ、利用に専用アプリのダウンロードや会員登録は必要ありません。

    giftee Box利用可能店舗(例)▼
    • サーティワン アイスクリーム
    • TULLY'S COFFEE
    • ドトールコーヒー
    • Uber Eats
    • 出前館
    • すかいらーく
    • 図書カードネットギフト
    • コカ・コーラ
    • GODIVA など他多数
    キャンペーン修了期間は未定ですので、開催中のこの機会に無料で相談をしてみることをおすすめします。

    ※出船:公式サイト

    2.ほけんのぜんぶ

    3.保険無料相談.com

    ほけんのぜんぶがおすすめな6つの理由
    1. お金のスペシャリストに何度でも無料で相談できる
    2. 子育て世代からシニア層まで累計19万件※1の幅広い相談実績がある
    3. 在籍しているFPの買うzが316名※2と非常に多く、相談員のFP資格取得率なんと100%
    4. 取扱っている保険会社数が日本最大級の30社以上
    5. 都合の良いタイイングに、自宅やオフィス、近隣のカフェなど指定した場所に訪問してくれる
    6. Web面談(オンライン相談)を受け付けている
      ※1 2021年4月時点 / ※2 2021年10月時点

    ほけんのぜんぶは、全国47都道府県に相談対応エリアを設けている無料保険相談窓口で、累計申込み件数19万件を誇ることからも信頼性が高いことがうかがえます。
    在籍しているFP資格取得者の人数は316名と非常に多く、取得率はなんと驚異の100%です。

     同じ無料保険相談窓口でも、相談員がFPの資格を取得していないケースも多くあるため、ほけんのぜんぶの取得率100%は非常に高い数値であることがわかります。

    ”保険相談”とはいうものの、FPに相談が可能なことからも教育資金や家計全般の相談から住宅ローン、老後資金といった保険以外のこともオールマイティーに相談ができるのも魅力です。

    ご自身やご家庭のお金の悩みを一気に相談・解決に導くことができるのは心強いですね。

    取扱保険会社数 39社※3
    主要商品 生命保険、医療保険、がん保険、収入保障保険、個人年金保険、損害保険、住宅ローン、教育資金、
    対応地域 ー(訪問型)
    オンライン保険相談 ○(全国対応可能)
    上場 ×
    ほけんのぜんぶでは、相談・面談後にもれなくプレゼントをもらえるキャンペーンを実施中!
    ほけんのぜんぶ キャンペーン情報
    お米やコーヒーギフトセットといった美味しいプレゼントから、サーモスのタンブラーやWELEDAのスターターセットといったちょっとリッチなプレゼントまで選ぶことができます。
    このお得な機会を逃すことなく相談予約をすることをおすすめします。

    3.保険無料相談.com

    保険無料相談.com

    保険無料相談.comがおすすめな3つの理由
    1. 従来通りの自宅やカフェ、オフィスでの訪問相談はもちろん、オンラインでも面談可能
    2. 希望すれば女性担当相談員を指定することができる
    3. 面談後のアンケート回答でもれなく豪華プレゼントがもらえるキャンペーン中!

    保険無料相談.comは、経験豊富な保険のプロが多数在籍しており、面談場所は希望する場所を指定することができます。勤務先の近くや自宅近く、逆に自宅訪問やオンライン保険相談まで網羅。

    取扱保険会社数 22社
    主要商品 生命保険、医療保険、がん保険、収入保障保険、損害保険
    対応地域 一部対応できない地域あり(要相談)
    オンライン保険相談
    上場

    保険無料相談.comでは、時点面談後のアンケートに回答するだけで希望するプレゼントをGETできるキャンペーンを実施中!期間限定のため、この機会にぜひ保険相談をしてみてはいかがでしょうか。

    保険無料相談.comのキャンペーン情報

    選べるプレゼントの種類が豊富でわくわくしますね!

    選べるプレゼントの種類が豊富でわくわくしますね!
    ※3…2019年2月時点
    出典:公式サイト

    4.保険市場

    おすすめの保険相談窓口ランキング2位保険市場

    保険市場がおすすめな3つの理由
    1. 全国5,000人以上の保険コンサルタントが在籍
    2. 取扱保険会社数は国内最大級の90社※4、お客様満足度は97.9%※5
    3. 店舗は全国に713店舗※6あるため近くの店舗が見つかる!

    2021年には創業26年目をむかえる老舗企業である保険市場は、専業の保険代理店で唯一である東証一部上場企業であることからも確かなセキュリティ体制と高水準のコンプライアンス体制が期待できます。

    総保険契約保有件数59万件以上を誇ることからもそこに確かな実績がうかがえます。

    取扱保険会社数 90社
    主要商品 生命保険、医療保険、がん保険、収入保障保険、損害保険
    対応地域 全国713店舗※2(それぞれ一部地域除く
    オンライン保険相談 (全国対応可能)
    上場

    相談者から特に人気のあるコンサルタントを指名して予約することが可能となったため、コンサルタントをより身近に感じながら気軽に申し込むことができます。

    予約もウェブで簡単にできるようになっているので手間もかかりません。

    ※4…2021/7/27時点
    ※5…2019年11月~2020年1月の期間中に保険市場 コンサルティングプラザで保険のお申し込みをいただいたお客さまの中で店舗評価アンケートにて満足度を星3つ以上と答えた方の割合
    ※6…※2021年7月27日時点
    出典:公式サイト

    掛け捨てじゃない医療保険(貯蓄型医療保険)に関するよくある質問

    掛け捨てじゃない医療保険はどのような形でお金を受け取れますか?
    「祝金」「還付給付金」「解約返戻金」の形で受け取れます。それぞれの受け取り方によって条件は異なるため、あらかじめ条件を確認しておきましょう。給付金に関してはこちらからチェックしてください。
    解約返戻金は元本以上のお金を受け取れますか?
    ほとんど受け取れません。医療保険は「低解約返戻金型」「無解約返戻金型」で販売されているものが多く、解約返戻金の金額が少なくなってしまいます。そのため、解約返戻金で元本以上のお金を受け取れることはほとんどないのです。
    祝金を受け取れるのはどのような時でしょうか?
    契約から数年(3年・5年など)経ったときに、生命保険会社が定める支払い条件を満たしている場合に受け取れます。具体的な条件は生命保険会社によって異なるため、契約前に確認しておきましょう。
    掛け捨てじゃない医療保険はどのような人におすすめですか?
    保障と貯蓄を両立したい方におすすめします。ただし、掛け捨ての保険よりも仕組みが複雑になる分、保険料が高くなるため、割高な保険料を支払える余裕がある方におすすめします。
    あなたにとって掛け捨てじゃない貯蓄型か掛け捨ての医療保険かどちらが最適かはこちらをチェックしてみてください。
    おすすめの医療保険を教えてください。
    自分に合った医療保険がわからない方は「ブロードマインド」をはじめとする保険相談所をおすすめします。専門家がニーズに合った保険を選んでくれますよ。

    まとめ

    医療保険の貯蓄型と掛け捨て型は、メインとなる医療保障の内容はそれほど大差がありません。医療保険は基本的に、入院と手術の保障を主契約に、通院や先進医療などの保障が特約となっている保険商品です。

    つまり、貯蓄型と掛け捨て型の違いは、保険料の差およびお祝い金の有無ということになります。

    家計への負担と手元に戻るお金との比較や、今後のライフステージに大きな変化があるかどうか、何を経済的合理性と考えるかなど、加入目的によって自分に合うものを選びましょう。

    募集文書番号:BM21-056

    ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
    ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
    ・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
    ・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
    ・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
    おすすめの記事