掛け捨て型の生命保険のメリット・デメリットとおすすめな人を解説!

掛け捨て型の生命保険のメリット・デメリットとおすすめな人を解説!

掛け捨て型の生命保険は、保険料が戻ってこなくて損をするイメージを持っていませんか?
せっかく払った保険料が無駄になってしまうのはもったいないですし、貯蓄型のほうが得をしそうな気がしますよね。

本記事では、掛け捨て型の生命保険について、仕組み商品の種類貯蓄型との違いとそれぞれのメリット・デメリットを分かりやすく解説します。

掛け捨て型と貯蓄型どちらが自分におすすめの生命保険なのかを理解することで、家計への負担が少ない最適な保障が選べます。
最適な保険は専門家に無料相談を!
ブロードマインド
無料保険相談のおすすめはブロードマインド
ブロードマインド

あなたや大切な家族に最適な保険とは?
悩む前に、無料でプロに保険相談ができる窓口の利用をおすすめします!

ブロードマインドのおすすめポイント
  • 相談実績10万件超
  • 完全無料で保険相談が可能
  • 取り扱い保険会社50社以上
  • オンラインと対面の両方可能
  • 上場企業なので安心

掛け捨て型の生命保険とは

掛け捨て型の生命保険とは

掛け捨て型の生命保険とは、支払う保険料を保障のみに充てることにより、手軽な保険料を実現した保険です。

保険の基本である相互扶助の考え方により、合理的なコストでリスクに備えることができます。

保障内容も比較的シンプルに設計されており、ライフステージごとに見直しがしやすくなっています。生命保険は、支払う掛金の種類によって次の2つに分けられます。

生命保険の払い方の種類
  1. 掛け捨て型
  2. 貯蓄型

貯蓄型の生命保険は、支払う保険料のうち一定額を積み立てることにより、保障と貯蓄を両立する保険です。今回解説する掛け捨て型の生命保険には、主に次のような商品があります。

掛け捨て型の商品
  1. 定期保険
  2. 医療保険
  3. 収入保障保険

それぞれについて見ていきましょう。

定期保険

定期保険とは

定期保険とは?
定期保険とは、保障の対象となる被保険者が死亡したり高度障害状態になった場合に、残される家族への生活費の保障として保険金が支払われる保険です。

定期保険は掛け捨て型の代表的な保険で、一定の保険期間を過ぎると保障はなくなります。

 貯蓄部分がないので満期保険金や解約返戻金もありませんが、その分、貯蓄型の保険に比べてリーズナブルな保険料になっています。

定期保険は、満期を迎えて同じ保険を更新する場合には、保障額を増額しない限り更新時の健康状態に関わらず加入できます

 しかし、更新後の保険料は年齢ベースで再計算されるので、保険料は一般的に高くなります。

定期保険は、子どもが自立するまでの一定期間中だけ高額な死亡保障が欲しいといったケースに適しています。
また、法人の福利厚生や退職金の対策としても、定期保険が利用されます。

医療保険

医療保険とは?
医療保険とは、病気やケガなどの入院費や手術費、診療費などの医療に掛かる費用を保障する保険です。

コロナ禍の現在は、病院に入院できずホテル療養となった場合でも入院給付金を保障する商品もあります。

加えて、通院にかかる交通費や宿泊費に対して給付金が支給されるものもあります。

日本は公的保障が充実しています。そのため、支払う医療費の自己負担額に上限が定められており、医療費を抑えられる仕組みになっています。

ただし、保険適用外の自由診療先進医療を受けたりすると、公的保障ではカバーされず医療費が高額になります。

先進医療とは、厚生労働省が定める高度な医療技術を用いる治療法をいい、現時点では公的医療保険制度の対象外のため、治療を受ける際には全額自己負担になります。
先進医療とは

こうした公的保障で不足する分に備えるのが、民間保険会社の医療保険です。

医療保険は商品によって健康祝い金や還付金などの貯蓄部分もありますが、保険料が手軽な掛け捨て型が主流です。医療保険には、決まった病気を保障する次のような商品もあります。

ポイント
    • がん保険
    • 三大疾病保険
    • 女性向け保険(女性保険)
    三大疾病とは?
    三大疾病とは、がん急性心筋梗塞脳卒中の3つを指します。
    また、女性保険は、切迫流産や帝王切開などの異常分娩にも対応しています。

    収入保障保険

    収入保障保険とは

    収入保障保険とは、保険金を一括ではなくお給料のように毎月受け取るタイプの保険です。満期が近づくにつれて保障額が下がっていくので、定期保険と比べて保険料が更に割安です。

    保障額が同額の定期保険と比較すると、保険料水準はおよそ半額以下になります。

    収入保障保険は貯蓄型より安い保険料で高額な死亡保障を準備しやすく、教育費や生活費を補うことができるため、子育て世代に人気がある商品です。

     保険金を毎月の分割ではなく一括で受け取ることも可能ですが、その場合の保険金総額は毎月受け取る場合よりも少なくなります。
    収入保障保険と所得補償保険の違いとは?
    収入保障保険は死亡や高度障害状態によって得られなくなる収入を保障する一方、所得補償保険は病気やケガで働けなくなった時の所得を補償する損害保険商品です。

    掛け捨て型と貯蓄型の生命保険の違いとは

    掛け捨て型と貯蓄型の生命保険の違いとは

    掛け捨て型の生命保険の特徴

    掛け捨て型の生命保険は、支払う保険料の全額が保険期間中における保障に充てられます。

     貯蓄部分がないので満期保険金や解約返戻金はありませんが、その分、貯蓄型の保険に比べてリーズナブルな保険料になっています。

    また、設計がシンプルで保険期間が有期なので、保障の見直しがしやすくなっています。

    家計への負担を減らしながら一定期間の死亡保障を確保する場合に向いています。

    貯蓄型の生命保険の特徴

    貯蓄型の生命保険は、保険期間中の死亡・高度障害状態の保障に加えて、満期まで死亡しなかったときには満期保険金、保険期間の途中で解約したときには解約返戻金を受け取ることができる生命保険です。

     貯蓄型は、保障部分と貯蓄部分を両立しているため保険料は割高ですが、死亡・満期・解約いずれのケースでも保険金が支払われる確実性があります。

    掛け捨て型と積立型の比較

    掛け捨て型 貯蓄型
    保険期間 定期 定期または終身
    保険料 安い 高い
    満期保険金 なし あり
    解約返戻金 ないか、あっても少額のみ あり
    主な保険商品 定期保険、収入保障保険 終身保険、養老保険
    目的 負担の少ない保険料で手厚い保障が欲しい

    保障と貯蓄を両立したい

     

    掛け捨て型保険の保険金支払いについて
      死亡保障が一定期間に限られる掛け捨て型の生命保険では、満期保険金や解約返戻金もないため、実際に保険金が支払われる確率は保険の対象となる被保険者の死亡率によって変わります
    死亡率とは?
    死亡率とは、ある集団に属する人のうち、一定期間中に死亡した人数の割合を、過去の統計から算出したもの。保険会社が保険料を決める指標になる。

    掛け捨て型は、貯蓄部分がない代わりに割安な保険料で保障が得られる商品のため、あくまで安心を買っているといった理解が必要です。

    ちなみに、掛け捨て型と貯蓄型を組み合わせた商品に定期保険特約付終身保険があります。

    しかし、実際に支払う保険料は掛け捨ての部分が多いことや、更新のたびに保険料が上がること、死亡保障と医療保障が連動しているため保障額に融通がきかないなど見直しがしづらいことから、現在はやや下火になっています。

    ※ 生命保険文化センター 万一の恐れは、どれくらいの割合である?

    掛け捨て型と貯蓄型の生命保険のメリットとデメリット

    掛け捨て型と貯蓄型の生命保険のメリット・デメリット

    掛け捨て型と貯蓄型の生命保険にはどのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか。

    それぞれについて見ていきましょう。

    掛け捨て型の生命保険のメリットとデメリット

    掛け捨て型の生命保険に挙げられるメリットは主に以下の4つです。

    掛け捨て型の生命保険のメリット
    • 契約内容がシンプルで分かりやすい
    • 手軽な保険料で高額な保障を得られる
    • ライフプランに合わせて見直しがしやすい
    • 保険期間を自分で決められる

    掛け捨て型の生命保険の保険期間の決め方は次の2種類があります。

    1. 歳満了:70歳など決まった年齢を満期にする
    2. 年満了:10年間、20年間といった年数を定める
     歳満了は年齢によっては満期後の更新ができない場合もあるため注意が必要です。

    しかし、年満了だと更新のたびに保険料が上がるので、保障が必要な年齢を把握してあらかじめ歳満了で加入すれば、更新がなく保険料が変わらないままで済みます。

    一方の掛け捨て型の生命保険のデメリットは以下が挙げられます。

    掛け捨て型の生命保険のデメリット
    • 満期保険金と解約返戻金がないので支払った保険料は返ってこない
    • 保険期間が終身ではないため、更新する場合の保険料は一般的に高くなる
    • 年齢によっては満了後の更新ができない

    貯蓄型の生命保険のメリットとデメリット

    貯蓄型の生命保険のメリットとして挙げられるのは以下の3点です。

    貯蓄型の生命保険のメリット
    • 保険料に積み立て要素があり、満期保険金・解約返戻金が支払われる
    • 保障を残したまま保険金額を減額したり保険期間を短縮できる
    • 契約者貸付制度が利用できる

    契約者貸付制度とは、積立型の生命保険契約を担保にしてお金を借りられる制度です。その時点の解約返戻金のうち一定額が借り入れの限度になります。

    一方の貯蓄型の生命保険のデメリットは以下のとおりです。

    貯蓄型の生命保険のデメリット
    • 契約内容が複雑で分かりづらい
    • 保障と貯蓄を兼ねているため保険料が高い
    • 早期解約時には解約返戻金が元本割れする
    • 受け取る保険金は所得税、贈与税、相続税の課税対象になる

    ※貸付金には会社所定の利息がかかります。

    掛け捨て型と貯蓄型、どちらがおすすめ?

    あなたにおすすめなのは掛け捨て型と貯蓄型、どっち?

    掛け捨て型の生命保険が向いている人

    掛け捨て型の生命保険は次のような人に向いています。

    掛け捨て型の生命保険が向いている人
    • 家計への負担が少ない保険料で手厚い保障を得たい
    • 子どもが独立するまでなど、一定期間だけ保障を得たい
    • 保険はリーズナブルな掛け捨てにして、貯蓄や投資は自分で行いたい
    • 貯蓄が全くない、または少ないため、貯蓄では対応しきれないリスクに備えたい
    • ライフイベントごとに保険を見直ししたい

    貯蓄型が向いている人

    一方、積立型の生命保険は次のような人に向いています。

    積立型の生命保険が向いている人
    • 教育資金や老後資金などの目的がある貯蓄と保障を両立させたい
    • 自分でコツコツ貯蓄することが苦手
    • せっかく支払った保険料が返ってこないことが嫌
    • 終身保険でリタイア後の保障も確保したい

    一生涯の保障があるのは貯蓄型の終身保険だけということですね。

    収入保障保険と定期保険の併用

    掛け捨て型の生命保険の利用方法として、収入保障保険と定期保険を併用する方法があります。収入保障保険はライフステージに沿った形の保障になっており、満期が近づくにつれて受け取れる保険金額が徐々に減っていきます。

     例えば、死亡保障の必要性の高い子育て期間などは、収入保障だけでカバーできない場合があります。

    その際、不足する期間だけ定期保険を上乗せで加入することで対策します。毎月の収入保障と一時金の死亡保障を一時的に2階建てにすることで、その間の十分な保障を確保します。

    夫婦が共働きで、どちらが亡くなっても家計への影響が大きい世帯では、夫婦それぞれの保障があると更に安心です。

    一時金の死亡保障は、貯蓄型の終身保険ではなく掛け捨て型の定期保険で備えることで、保険料の負担を小さくできます。

     ただし、定期保険は更新のたびに保険料が上がっていくため、10年間や20年間といった年満了の商品を選び、子どもが独立したら契約を終了するとよいでしょう。

    必要保障額はライフステージが進むにつれて下がるので、定期保険の保険金額を年々減額する方法もあります。また、収入保障保険も、仕事をリタイアし年金の受給が開始する時点で保障が不要になります。

    死亡保険は目的に合わせて選び、保障が不要になった保険は、解約の手続きを忘れないようにしましょう。

     自営業世帯は、世帯主がなくなった場合に受給できる遺族年金の額が会社員より少ないため、民間の死亡保険による保障をより手厚くする必要があります。

    基本的に、扶養する家族がいない人は遺族が経済的不安を抱えることがないため、死亡保障はそれほど必要ありません。

    独身の人や子どもが独立した夫婦などは、死亡保障については葬儀代程度があれば充分です。

    その分、自分自身にかかる医療費のために医療保障を手厚くする方が良いでしょう。

    特に40代からは、生活習慣病などのリスクが上がります。加入できるうちに医療保険やがん保険の加入を検討することをおすすめします。葬儀代を保障する商品には、少額短期保険の葬儀保険・お葬式保険があります。

    生命保険について悩むなら無料でプロに相談がおすすめ

    「掛け捨て型の保険についてはなんとなく分かってきたけれど、イマイチ決め手に欠ける…」「具体的にどんな生命保険が自分や家族に最適なのか迷ってしまう…」

    このような悩みがある方は、無料の保険相談窓口でプロに相談することをおすすめします!
    無料保険相談窓口を利用するメリット
      • 専門知識があるプロから多くの商品やプランを提案してもらえる
      • 保険の知識がなくてもプロがフォローしてくれる
      • 保険だけでなく家計の悩みや教育資金、老後資金などお金の悩みを一気に相談できる

      数ある保険相談窓口のなかで、今おすすめできる最新の人気保険相談窓口を5社を厳選して紹介します!

      表は右にスクロールできます。

      キャンペーン      
      名称 ブロードマインド ほけんのぜんぶ マネードクター 保険マンモス 保険見直しラボ 保険無料相談.com 保険市場 ほけんの窓口 保険クリニック
      ブロードマインド ほけんのぜんぶ 保険マンモス 保険見直しラボ 保険市場 ほけんの窓口 保険クリニック
      取扱保険会社数 57社 39社 51社 提携先による 36社 - 91社 40社 50社
      店舗数 12拠点 28拠点 97拠点 なし 70拠点 なし 567拠点 806拠点 256拠点
      キャンペーン
      ギフト券1,000円分

      6種類から選択

      5種類から選択

      4種類から選択

      6種類から選択

      10種類から選択
      なし  なし  なし 
      オンライン相談
      ×
      店舗相談 × × × ×
      訪問相談   ◎  ◎  ◎  ◎  ×
      詳細

      ※出典:各無料保険相談公式サイト
      2022年11月9日時点

      1.ブロードマインド

      保険相談おすすめランキングブロードマインド

      ブロードマインドがおすすめな6つの理由
      1. オンライン相談実績1年間6,000件以上
      2. 2002年の設立以来、相談実績10万件以上
      3. 提携保険会社数50社以上は業界最大級!
      4. 生命保険はもちろん、住宅ローンや資産運用、家計の見直しその他お悩みまで専門家に無料で相談できる
      5. オンライン・訪問・来店お好きな相談方法が選べる
      6. アフターサービスだけを担う部門がある稀有な相談窓口

      ブロードマインド株式会社は、累計相談件数10万件超、1年間に6,000件以上ものオンライン相談実績を誇る、日本最大級の守備範囲を誇る独立系FP会社です。

      相談可能なジャンルは保険のみならず、下図の6つの分野の専門家による連携で、より横断的かつ深い相談が叶います。

      ブロードマインドの無料相談窓口の特徴

      さらに、ブロードマインドでは相談や提案だけにとどまらず、各種発生する手続きまで全て行ってくれるため、専門家に任せられる安心感も得ながら面倒なやり取り等をしなくても良くなるというメリットも享受できます。

      また、アフターサービス部門があり、お客さまにとことん寄り添うサポート体制が万全に整っているのも他の無料保険相談ではなかなかない特長です。

       また、ブロードマインドのFPは多彩な専門知識を有する独立系ファイナンシャルプランナーなので、特定の金融機関に偏ることなく、中立的な立場で提案し、サポートできる他社にはない強みも持っています。

      多くの相談者が「何を相談していいかわからないけれど不安なことがある」、そんな状態で相談をスタートしています。
      保険相談窓口初心者の方も、相談内容が決まっている方も、親身に相談に乗ってもらえるブロードマインドで一度気軽に相談してみてはいかがでしょうか。

      取扱保険会社数 57社
      ※金融商品仲介業含む
      主要商品 生命保険、医療保険、がん保険、収入保障保険、損害保険、金融商品仲介業、住宅ローン代理業、銀行代理業
      対応地域 東京・神奈川・埼玉・千葉・愛知・三重・岐阜・大阪・兵庫・京都・滋賀・奈良・和歌山・福井・石川・富山(それぞれ一部地域除く)
      オンライン保険相談 ○(全国対応可能)
      上場

      ブロードマインドでは、現在無料相談を利用するだけでgiftee Boxで使えるギフト券1,000円分をもれなくプレゼント

      ブロードマインドの保険相談キャンペーン

      giftee Boxは豊富なラインナップの中から好きな商品を選べるギフトです。 ポイント内であれば複数のギフトと自由に交換することができ、利用に専用アプリのダウンロードや会員登録は必要ありません。

      giftee Box利用可能店舗(例)▼
      • サーティワン アイスクリーム
      • TULLY'S COFFEE
      • ドトールコーヒー
      • Uber Eats
      • 出前館
      • すかいらーく
      • 図書カードネットギフト
      • コカ・コーラ
      • GODIVA など他多数
      キャンペーン修了期間は未定ですので、開催中のこの機会に無料で相談をしてみることをおすすめします。

      ※出船:公式サイト

      2.ほけんのぜんぶ

      3.保険無料相談.com

      ほけんのぜんぶがおすすめな6つの理由
      1. お金のスペシャリストに何度でも無料で相談できる
      2. 子育て世代からシニア層まで累計19万件※1の幅広い相談実績がある
      3. 在籍しているFPの買うzが316名※2と非常に多く、相談員のFP資格取得率なんと100%
      4. 取扱っている保険会社数が日本最大級の30社以上
      5. 都合の良いタイイングに、自宅やオフィス、近隣のカフェなど指定した場所に訪問してくれる
      6. Web面談(オンライン相談)を受け付けている
        ※1 2021年4月時点 / ※2 2021年10月時点

      ほけんのぜんぶは、全国47都道府県に相談対応エリアを設けている無料保険相談窓口で、累計申込み件数19万件を誇ることからも信頼性が高いことがうかがえます。
      在籍しているFP資格取得者の人数は316名と非常に多く、取得率はなんと驚異の100%です。

       同じ無料保険相談窓口でも、相談員がFPの資格を取得していないケースも多くあるため、ほけんのぜんぶの取得率100%は非常に高い数値であることがわかります。

      ”保険相談”とはいうものの、FPに相談が可能なことからも教育資金や家計全般の相談から住宅ローン、老後資金といった保険以外のこともオールマイティーに相談ができるのも魅力です。

      ご自身やご家庭のお金の悩みを一気に相談・解決に導くことができるのは心強いですね。

      取扱保険会社数 39社※3
      主要商品 生命保険、医療保険、がん保険、収入保障保険、個人年金保険、損害保険、住宅ローン、教育資金、
      対応地域 ー(訪問型)
      オンライン保険相談 ○(全国対応可能)
      上場 ×
      ほけんのぜんぶでは、相談・面談後にもれなくプレゼントをもらえるキャンペーンを実施中!
      ほけんのぜんぶ キャンペーン情報
      お米やコーヒーギフトセットといった美味しいプレゼントから、サーモスのタンブラーやWELEDAのスターターセットといったちょっとリッチなプレゼントまで選ぶことができます。
      このお得な機会を逃すことなく相談予約をすることをおすすめします。

      3.保険無料相談.com

      保険無料相談.com

      保険無料相談.comがおすすめな3つの理由
      1. 従来通りの自宅やカフェ、オフィスでの訪問相談はもちろん、オンラインでも面談可能
      2. 希望すれば女性担当相談員を指定することができる
      3. 面談後のアンケート回答でもれなく豪華プレゼントがもらえるキャンペーン中!

      保険無料相談.comは、経験豊富な保険のプロが多数在籍しており、面談場所は希望する場所を指定することができます。勤務先の近くや自宅近く、逆に自宅訪問やオンライン保険相談まで網羅。

      取扱保険会社数 22社
      主要商品 生命保険、医療保険、がん保険、収入保障保険、損害保険
      対応地域 一部対応できない地域あり(要相談)
      オンライン保険相談
      上場

      保険無料相談.comでは、時点面談後のアンケートに回答するだけで希望するプレゼントをGETできるキャンペーンを実施中!期間限定のため、この機会にぜひ保険相談をしてみてはいかがでしょうか。

      保険無料相談.comのキャンペーン情報

      選べるプレゼントの種類が豊富でわくわくしますね!

      選べるプレゼントの種類が豊富でわくわくしますね!
      ※3…2019年2月時点
      出典:公式サイト

      4.保険市場

      おすすめの保険相談窓口ランキング2位保険市場

      保険市場がおすすめな3つの理由
      1. 全国5,000人以上の保険コンサルタントが在籍
      2. 取扱保険会社数は国内最大級の90社※4、お客様満足度は97.9%※5
      3. 店舗は全国に713店舗※6あるため近くの店舗が見つかる!

      2021年には創業26年目をむかえる老舗企業である保険市場は、専業の保険代理店で唯一である東証一部上場企業であることからも確かなセキュリティ体制と高水準のコンプライアンス体制が期待できます。

      総保険契約保有件数59万件以上を誇ることからもそこに確かな実績がうかがえます。

      取扱保険会社数 90社
      主要商品 生命保険、医療保険、がん保険、収入保障保険、損害保険
      対応地域 全国713店舗※2(それぞれ一部地域除く
      オンライン保険相談 (全国対応可能)
      上場

      相談者から特に人気のあるコンサルタントを指名して予約することが可能となったため、コンサルタントをより身近に感じながら気軽に申し込むことができます。

      予約もウェブで簡単にできるようになっているので手間もかかりません。

      ※4…2021/7/27時点
      ※5…2019年11月~2020年1月の期間中に保険市場 コンサルティングプラザで保険のお申し込みをいただいたお客さまの中で店舗評価アンケートにて満足度を星3つ以上と答えた方の割合
      ※6…※2021年7月27日時点
      出典:公式サイト

      まとめ

      掛け捨て型の生命保険とは、貯蓄型よりも手軽な保険料で保障を得られる商品です。

      主な商品には次の物があります。

      1. 死亡や高度障害を高額の一時金で保障する定期保険
      2. 保険金を毎月受け取るタイプの収入保障保険
      3. 病気やケガにかかる医療費を一時金や給付金で保障する医療保険

      掛け捨て型の生命保険は、貯蓄型と違って積み立て部分がないため、解約時や満期時に受け取れる保険金はありません。

      その分、家計に負担が少ない割安な保険料となっています。

      掛け捨て型の生命保険は、リーズナブルな保険料で子育て期間だけ保障を得たい、保険と貯蓄を分けて運用したい人に向いています。

      自分で貯蓄することが苦手だったり、終身の保障が欲しい人は、貯蓄型の保険がおすすめです。
       生命保険は、掛け捨て型で損をしたり貯蓄型で得するのではなく、もしもの時に備える手段です。

      病気やケガなど何もないことが一番の得ですから、万が一の出費に対して対応できるようにしておくことが大切です。

      募集文書番号:BM21-028

      ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
      ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
      ・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
      ・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
      ・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
      おすすめの記事