20代におすすめの医療保険の選び方|男性・女性別に紹介

20代におすすめの医療保険の選び方|男性・女性別に紹介

「20代でも医療保険に入った方がいいのかな?」と悩んでいる人もいるのではないでしょうか。健康上の不安を感じることが少ない20代では、医療保険の必要性が分からない人も多いと思います。

しかし20代でも医療保険への加入は重要です。今回は20代に医療保険が必要な理由を解説します。

選び方や注意点なども併せて紹介するので、参考にしてみてくださいね。

20代に医療保険は必要?

20代に医療保険は必要?

病気やケガのリスクをカバーできる医療保険は20代にも必要です。しかし、20代は病気やケガのリスクが低いとされる世代。なぜ必要なのでしょうか。

長期にわたる治療で費用負担が増大する可能性

20代は病気やケガのリスクが低いとはいえ、絶対にないとは言い切れません。

 厚生労働省の調査によると、20代の死因第2位は不慮の事故、第3位はがんです。

骨折でも1ヵ月以上の入院となる可能性

20代に医療保険は必要?

不慮の事故によるケガで入院治療となる可能性は誰にでも起こりえること。ケガの種類や程度にもよりますが、仮に骨折でも37日と比較的長期にわたる入院になる可能性があります。

入院した場合の自己負担額は、平均2万3,300円。これをもとに単純計算しても37日間の入院でかかる医療費の総額は、86万2,100円と高額になることが分かります。(3割負担の場合)

がん治療は複数回繰り返されることも

がん治療にかかる自己負担額は20万円程度です。

 がん治療は1回だけでは終わらない可能性があるので、注意が必要です。

場合によっては複数回繰り返されることも珍しくありません。先進医療を受けると、1回あたりの費用が数百万円と高額になることもあります。

がんの治療費は大きくかさむことが予想されます。

入院の原因第一位は長期入院となりやすい精神疾患

20代に医療保険は必要?

20代の入院の原因となる疾患で一番多いのは「精神および行動の障害」。統合失調症や気分障害などの精神系の病気です。なかでも統合失調症は入院が超長期化する病気となっています。

 統合失調症の平均入院日数は531.8日※です。

医療費総額は1,200万円以上と非常に高額です。20代は働き始めたばかりだったり、転職や独立など職が安定しなかったりして収入や貯蓄が少ない時期とされています。

そのため、万が一病気やケガで入院した場合、治療費の支払いが大きな負担となることが考えられます。支払いが困難となる可能性があるので、医療保険に加入して治療費に備えておくと安心です。

20代だからこそ、万一に備えた医療保険への加入は重要といえるでしょう。

女性は妊娠・出産時のリスクがある

20代に医療保険は必要?

20代の女性のなかには妊娠・出産をする人もいると思います。公益財団法人国民健康保険中央会の調査によると、出産にかかる費用は50万円程度※1とされています。(正常分娩の場合)

出産にかかる公的な保障として出産育児一時金が支給されますが、その額は約42万円※2。約8万円は自己負担になることが分かります。

 帝王切開になった場合、医療費は100万円程度になることもあります。

ただし、帝王切開には公的医療保険制度が適用され、自然分娩同様に出産手当金も支給されるので、費用負担はかなり軽減されます。

しかし、入院が長引いたり食事代などが高い医療機関に入院したりする可能性も否定できません。医療保険では、帝王切開にかかる手術代はもちろん、入院費用などに対しても給付金が支給されます。

妊娠・出産を予定している人は、万一にも安心できるよう医療保険へ加入しておくとよいかもしれません。

高額療養費制度があっても保障は不足する?

20代に医療保険は必要?

国の制度には高額療養費制度というものもあります。

高額療養費制度とは?
医療費の自己負担額が上限を超えたときに、超えた分の金額が返金される制度。
大幅な費用の軽減が期待できますが、基本的には一度窓口で自己負担額全額を支払わなければなりません。この建て替え費用分は備えておく必要があります。

超えた分は申請をしなければ返ってこないので注意が必要です。

医療費の自己負担上限額

20代に医療保険は必要?

医療費の自己負担上限額は、年齢・収入にあわせて設定されています。一般的な収入の自己負担上限額は8万円程度※1です。

もしもこれ以上の医療費がかかっても、8万円しか負担しなくてよいということになります。多数回該当にあたれば、上限額はさらに減額となります。

多数回該当とは?
自己負担上限額を過去12カ月以内に3回以上超えた場合に4回目以降から自己負担が減額されるもの。一般的な収入の人の自己負担上限額は、4万4,400円となります。

しかし20代は貯蓄が少ないため、このような出費も大きな痛手になります。また、高額療養費制度はすべての医療費を保障してくれるわけではありません。

 食事代・差額ベッド代・先進医療費などは支給対象外。全額自己負担となります。
差額ベッド代は2,407円〜7,797円程度/日※2、食事代は1,380円/日※3であることが多いです。そのため、1カ月あたりの食事代・差額ベッド代の費用は11万3,610~27万5,310円程度になります
がんなどで先進医療を受ける場合には、数百万円かかることも珍しくありません。このような費用を貯蓄だけでまかなうのは、なかなか難しいでしょう。

高額療養費制度だけでなく、医療保険での備えが重要です。

20代男性におすすめの医療保険の選び方

入院給付日額は1万円以上に設定する

医療保険は入院給付日額を設定できるようになっています。金額は5,000円・1万円・2万円から選べるものが多いです。

 高額療養費制度で保障されない食事代・差額ベッド代をまかなえるように設定しましょう。

ちなみに食事代は1食460円程度、差額ベッド代は1日2,407円〜7,797円程度とされています。

5,000円だと不足する可能性があるので、余裕を持って1万円以上に設定しておくと安心です。

短期~長期入院を保障してくれるものを選択する

20代男性におすすめの医療保険の選び方

現代の医療は、短期入院が多くなっています。しかしながら、精神疾患などは長期入院となるケースが多いです。

 とくに20代の場合は、精神疾患での入院が一番多くなっています。

短期入院~長期入院に備えられる保険を選ぶのがおすすめです。

無理なく支払える保険料に抑える

20代は貯蓄も収入も少ない時期。万一の治療費に備えて保障を確保するのは大切ですが、保険料が大きな負担となって解約せざるを得なくなってしまったら元も子もありません。

保険料は無理なく支払える金額に抑えるのが大切です。

月収から家賃や光熱費などの固定費用、食費などを差し引き、余った金額内で支払える保険料にしましょう。

20代女性におすすめの医療保険の選び方

入院給付日額は1万円以上にする

女性も男性同様に入院給付日額を高額療養費制度で保障対象外となる食事代・差額ベッド代をまかなえる程度に設定するのが大切です。

食事代は1食460円、差額ベッド代は1日2,407〜7,797円程度なので、1万円以上で設定すると安心といえます。

短期入院~長期入院まで保障してくれる保険を選ぶ

20代女性におすすめの医療保険の選び方

医療保険には入院給付金の支払い上限日数が定められています。60日・120日・180日といったように定められていることが多いです。

 現代の医療は短期入院が増えていますが、精神疾患などは未だに長期入院となるリスクがあります。

20代は精神疾患での入院が一番多い世代となっています。短期入院から長期入院まで備えられるものを選ぶとよいでしょう。

保険料を安く抑える

男性同様に保険料が家計を圧迫しないように注意しましょう。

月収から家賃などの固定費用、食費や交際費などを差し引き、余った金額の中で無理なく支払える金額に設定するのがベストです。

妊娠・出産時のリスクをカバーできるようにする

20代女性におすすめの医療保険の選び方

20代の女性のなかには、妊娠・出産をする人もいるでしょう。妊娠・出産にはリスクがつきものです。正常分娩ではなく帝王切開や切迫早産になる可能性もあります。

 帝王切開になった場合の自己負担額は、100万円程度になることもあります。

帝王切開の場合では公的医療保険制度や出産手当金にて軽減できますが、入院が長引いたり食事代などが高い医療機関に入院したりした場合、高額な費用になることも予想されます。

正常分娩ではない場合に保険金がもらえる「女性専用保険」への加入も検討しておくと良いでしょう。

女性特有の病気に備えられるものも検討する

女性は20代から乳がんや子宮頸がんなど、女性特有のがんになるリスクが徐々に増加。30~40代にピークを迎えます。将来を見据えて保障を備えておくとよいでしょう。

保険相談窓口おすすめ3選|医療保険の加入に迷ったら

無料保険相談窓口を利用するメリット
    • 専門知識があるプロから多くの商品やプランを提案してもらえる
    • 保険の知識がなくてもプロがフォローしてくれる
    • 保険だけでなく家計の悩みや教育資金、老後資金などお金の悩みを一気に相談できる

    数ある保険相談窓口のなかで、今おすすめできる最新の人気保険相談窓口を3社を厳選して紹介します!

    最新版おすすめの無料保険相談窓口ランキング

    1.ブロードマインド

    【最新】おすすめの保険相談3選第1位ブロードマインド

    ブロードマインドがおすすめな6つの理由
    1. 1年間に6,000件以上のオンライン相談実績がある!
    2. 2002年の設立以来、相談実績は10万件以上
    3. 提携している保険会社数は最大級の50社以上
    4. 生命保険はもちろん、住宅ローンや資産運用、家計の見直しその他お悩みまで専門家に無料で相談できる
    5. 事前準備や難しい設定など一切なく、オンラインでも訪問・来店でもお好きな相談方法が選べる
    6. アフターサービス専任の部門があるからサポート体制が整っている

    ブロードマインド株式会社は、2002年の創設以来累計相談件数10万件を超える、日本最大級の守備範囲を誇る独立系FP会社です。

    生命保険はもちろんのこと、損害保険や資産運用、住宅ローン、財務コンサルティングといった各分野のプロフェッショナルが在籍するだけでなく、アフターサービスを専任する部門まで設置されていることからも、質の高さがうかがえます。

    ブロードマインドの無料保険相談窓口の特徴・メリット

    また特筆すべき事項として、他社では証券開設など相談程度にとどまる企業も多いなか、ブロードマインドではライフプランに合わせた提案のみでなく、手続きまでワンストップで行ってくれます

    どこまでもお客さま想いなのが伝わってくるサービスですね。

    生命保険以外の生活のこともブロードマインドの一か所で相談・解決ができるのは、快適なのはもちろん、煩雑さもなくなり豊かな生活に繋がるでしょう。

    取扱保険会社数 57社
    ※金融商品仲介業含む
    主要商品 生命保険、医療保険、がん保険、収入保障保険、損害保険、金融商品仲介業、住宅ローン代理業、銀行代理業
    対応地域 東京・神奈川・埼玉・千葉・愛知・三重・岐阜・大阪・兵庫・京都・滋賀・奈良・和歌山・福井・石川・富山(それぞれ一部地域除く)
    オンライン保険相談 ○(全国対応可能)
    上場

    幅広くお金の知識を持っている経験豊富なFPが対応してくれるため、お金の悩みを一気に解決できます。

    しつこい勧誘はもちろん一切ありません。
    多くの相談者が「何を相談していいかわからないけれど不安なことがある」、そんな状態で相談をスタートしています。
    保険相談窓口初心者の方も、相談内容が決まっている方も、親身に相談に乗ってもらえるブロードマインドで一度気軽に相談してみてはいかがでしょうか。

    ※1…公式サイト

    2.保険無料相談.com

    保険無料相談.com

    保険無料相談.comがおすすめな3つの理由
    1. 従来通りの自宅やカフェ、オフィスでの訪問相談はもちろん、オンラインでも面談可能
    2. 希望すれば女性担当相談員を指定することができる
    3. 面談後のアンケート回答でもれなく豪華プレゼントがもらえるキャンペーン中!

    保険無料相談.comは、経験豊富な保険のプロが多数在籍しており、面談場所は希望する場所を指定することができます。勤務先の近くや自宅近く、逆に自宅訪問やオンライン保険相談まで網羅。

    取扱保険会社数 22社
    主要商品 生命保険、医療保険、がん保険、収入保障保険、損害保険
    対応地域 一部対応できない地域あり(要相談)
    オンライン保険相談
    上場

    保険無料相談.comでは、時点面談後のアンケートに回答するだけで希望するプレゼントをGETできるキャンペーンを実施中!2022年3月31日までの期間限定のため、この機会にぜひ保険相談をしてみてはいかがでしょうか。

    保険無料相談プレゼントキャンペーン

    選べるプレゼントの種類が豊富でわくわくしますね!
    ※5…2019年2月時点
    出典:公式サイト

    3.保険市場

    おすすめの保険相談窓口ランキング2位保険市場

    保険市場がおすすめな3つの理由
    1. 全国5,000人以上の保険コンサルタントが在籍
    2. 取扱保険会社数は国内最大級の90社※2、お客様満足度は97.9%※3
    3. 店舗は全国に713店舗※4あるため近くの店舗が見つかる!

    2021年には創業26年目をむかえる老舗企業である保険市場は、専業の保険代理店で唯一である東証一部上場企業であることからも確かなセキュリティ体制と高水準のコンプライアンス体制が期待できます。

    総保険契約保有件数59万件以上を誇ることからもそこに確かな実績がうかがえます。

    取扱保険会社数 90社
    主要商品 生命保険、医療保険、がん保険、収入保障保険、損害保険
    対応地域 全国713店舗※2(それぞれ一部地域除く
    オンライン保険相談 (全国対応可能)
    上場

    相談者から特に人気のあるコンサルタントを指名して予約することが可能となったため、コンサルタントをより身近に感じながら気軽に申し込むことができます。

    予約もウェブで簡単にできるようになっているので手間もかかりません。

    ※2…2021/7/27時点
    ※3…2019年11月~2020年1月の期間中に保険市場 コンサルティングプラザで保険のお申し込みをいただいたお客さまの中で店舗評価アンケートにて満足度を星3つ以上と答えた方の割合
    ※4…※2021年7月27日時点
    出典:公式サイト

    20代で医療保険に加入するメリット

    安い保険料で医療費保障を確保できる

    20代で医療保険に加入するメリット

    20代は健康リスクが他世代に比べて低いため、保険料が比較的安く設定されています。安い保険料で高額となる医療費の保障を確保することが可能です。

    そのため終身医療保険に加入すれば、一生涯安い保険料で保障を受けられることになります。

    高額療養費制度で保障されない費用も保障してくれる

    医療費の負担軽減のためにある高額療養費制度には、適用されないものがあります。

    高額療養費制度で保障されないもの
    • 先進医療
    • 食事代
    • 差額ベッド代 など

    食事代・差額ベッド代だけでも11万3,610~27万5,310円程度かかることになります。また、先進医療は数百万円という高額な費用がかかることも多いです。

    20代の貯蓄の少ない時期に補うのが難しい費用も保障してくれるのは、大きなメリットといえるでしょう。

    生命保険料控除を受けられる

    医療保険の保険料は生命保険料控除の対象です。確定申告や年末調整時に申告をすれば、翌年分の住民税や所得税の負担が軽減できます。

    医療保障を確保しつつ、家計の長期的な節約にもなるのは良い点といえます。

    20代で医療保険に加入する際の注意点

    20代で医療保険に加入する際の注意点

    健康状態が悪くなったら加入できなくなる可能性がある

    20代は病気やケガのリスクが低い世代。しかし絶対に病気にならないという保障はありません。

    20代の入院の原因第一位には精神疾患が挙がっています。なかでも統合失調症の患者数が最多です。

     死因上位には、がんもランクインしています。

    がんは生涯で2人に1人はなる病気です。20代での罹患率が低いとはいえ、いつなるかは誰にも分かりません。

    また、医療保険の加入前に健康状態が悪化して入院になった場合には、加入が一気に難しくなります。

    20代の元気なうちに備えておくことをおすすめします。

    20代での医療保険の加入がおすすめな人

    貯蓄が少ない人

    20代での医療保険の加入がおすすめな人

    医療保険に加入したほうがよいのは、貯金が少ない人です。入院一日当たりの自己負担額は23,300円、入院1回あたりの自己負担額は20~30万円程度となっています。

    貯蓄が少ないと、自己負担額も大きな痛手になる金額です。

     複数回の入院となったり、先進医療など高額な治療を行うことになったりしたら、貯蓄だけではまかないきれない可能性があります。

    家族がいる場合は、治療費の支払いが家計を圧迫して家族の生活が成り立たなくなることも少なくありません。

    万一の際にも困らないよう、医療保険で病気やケガの治療費用の備えを確保しておきましょう。

    自営業やフリーランスの人

    20代での医療保険の加入がおすすめな人

    自営業フリーランスの人も医療保険への加入がおすすめです。会社員の人は病気やケガで働けなくなった場合、傷病手当金を受け取れます。

    しかし自営業やフリーランスの人などは、傷病手当金が受け取れません。

    万一にも貯蓄を切り崩さずに済むように、会社員の人よりも医療保険で手厚く備えることをおすすめします。

    子どもがいる家庭

    子どもがいる場合も加入がおすすめです。子どもがいる家庭では家族の生活を守るのはもちろん、将来かかる教育費の貯蓄も大切になってきます。

     病気やケガの治療費の支払いで教育費の貯蓄ができない場合、子どもが行きたい学校に行けない可能性もあります。

    もしもの時にも家族が安心して暮らせるように、医療保険で治療費の保障を確保しておくとよいでしょう。

    20代での医療保険の加入をおすすめしない人

    20代での医療保険の加入をおすすめしない人

    医療保険への加入をおすすめしない人は、万一の場合にも困らない十分な貯蓄がある人です。

    長期入院や複数回の入院を繰り返しても問題なく生活が続けられるのであれば、医療保険の加入は不要といえます。

     先進医療を受ける場合、1回あたり数百万円かかるため、油断は禁物です。

    自己負担ですべてを支払うのは相当な負担になると考えられます。高額な医療費の負担は軽減しておきたいという人は、医療保険へ加入を検討しましょう。

    貯蓄を治療費の支払いで崩したくない人も、医療保険を手厚くしておくと安心です。

     

    よくある質問

    20代に医療保険は必要?
    長期入院により治療費がかさむリスク、妊娠・出産時のリスクに備えるために必要です。
    高額療養費制度でも保障は不足するんですか?
    高額療養費制度では食事代・差額ベッド代・先進医療費などが保障対象外になります。そのため、高額療養費制度だけでは保障が不足する可能性が高いです。
    20代男性向けの医療保険の選び方を教えてください。
    「入院給付日額」を1万円以上に設定し、短期入院~長期入院を保障できるものを選択するとよいでしょう。無理なく支払える保険料に抑えることも大切です。
    20代女性向けの医療保険の選び方を教えてください。
    入院給付日額や支払い日数は、男性同様に設定するとよいでしょう。加えて妊娠・出産のリスクや女性特有の病気に備えられるものを検討するのがおすすめです。
    20代で医療保険に加入するメリットは?
    安い保険料で医療保障を備えられること、高額療養費制度で保障されない部分も保障できることです。税金の負担を軽減できるのもメリットといえます。
    20代で医療保険に加入する際の注意点はなんですか?
    健康状態が悪化したら保険に加入できなくなる可能性があることです。健康なうちに加入しておきましょう。
    20代で医療保険がおすすめな人・おすすめでない人の特徴を教えてください。
    貯蓄が少ない人、子どもがいる人、自営業やフリーランスの人は加入がおすすめです。万が一にも困らない十分な貯蓄がある人は不要といえます。

    まとめ

    今回は、20代に医療保険が必要かどうかを解説しました。20代は健康上のリスクが低く、保険の必要性を感じない人も多いでしょう。貯蓄も少ない時期でもあるため、出費は抑えたいものです。

    しかし、万一のときの支払いに困る可能性のある20代だからこそ、医療保険へ加入し備えておくことが大切です。

    自営業やフリーランスの人は利用できない公的制度があるので、とくに手厚い保障を確保しておきましょう。また、医療保険に入る前に健康状態が悪化すると、医療保険に加入できなくなる可能性があります。

    健康うちに医療保険に加入して、もしもの時に安心できる保障を確保しておきましょう。
    募集文書番号:BM21-084
    監修者の紹介
    増田さん

    監修者増田 諒

    2021年1月1日現在、全国に891世帯1,257名のクライアントを抱えるコンサルタントとして活動中。年間100件の個別相談のほか「マネー・ライフプランニング」「資産運用」「保険」「確定申告」「住宅ローン」「相続」等のテーマのセミナーで登壇。

    MDRT入賞 7回 ・TLC(生命保険協会認定FP) ・CFP ・IFA(証券外務員1種)・ファイナンシャルプランニング技能士1級 ・宅地建物取引士 貸金業務取扱主任者

    増田 諒Masuda Ryo
    ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
    ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
    ・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
    ・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
    ・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
    おすすめの記事