Broad-minded

Broad-minded

IFA×AI融合型の新たなサービス提供に向け、AlpacaJapanと業務提携契約を締結 [ プレスリリース ]

~ヒトとテクノロジーのコラボレーションで投資を「日常」に~

保険・証券・住宅ローンと複数の金融商品を横断して1社で取り扱い、ライフプランニングをもとにした金融コンサルティングを行う「ブロードマインド株式会社」(本社:東京都渋谷区 代表取締役社長:伊藤清、以下「当社」)は、金融市場AIに特化したサービス展開をする「AlpacaJapan株式会社」(本社:東京都千代田区、代表取締役CEO:四元盛文、以下「Alpaca」)が、2021年4月20日付で第一種金融商品取引業者としての登録を完了したことを受けて、2021年4月27日にAlpacaと業務提携契約を締結したことをお知らせいたします。
投資を「日常」へと変えることをテーマに、当社アドバイザーの知見とAlpacaのAI技術とを融合した “次世代型金融プラットフォーム”を共同構築します。今夏より株式投資における新サービスの提供を開始する予定です。

BM×Alpaca

■ 提携の背景

コロナによる株価急落やポイント連携などを強みとしたネット証券の台頭を理由に、新規の証券口座(特にインターネット証券口座)を開設する人が急増しており、主要ネット証券5社(※1)の口座数は1年間で230万口座(※2)以上の増加とかつてない勢いです。更に新規の口座開設者の内訳として、投資未経験者が70%以上、また30代以下の比率が65%を超えたという報告もあり、裾野の広がりを見せています。
しかしながら、日本の個人資産の構成は現金・預金の比率が圧倒的に高く、株式等が占める割合は米国と比べると1/3にも満たない状況です。(※3) 長年「貯蓄から投資へ」と言われ続けてきているものの、米国と異なり金融教育がほとんどなされない日本では投資に対するネガティブなイメージを持つ人も少なくないのか、資産形成の方法として広く浸透していないことが明らかです。

家計の金融資産構成
 

投資の経験がない方にとっても気軽に投資の一歩を踏み出し、楽しく継続出来ることで、これからの人生100年時代を迎えるための資産形成の一助となるよう、投資活動における”新たな顧客体験”を協創することを目指し、本提携に至りました。

  • ※1 SBI証券、楽天証券、auカブコム証券、松井証券、マネックス証券の5社1
  • ※2 各社ウェブサイト上での公開情報により当社集計
  • ※3 参考:2020年8月21日 日本銀行調査統計局『家計の金融資産構成』https://www.boj.or.jp/statistics/sj/sjhiq.pdf

■ 提携の内容

今般Alpacaとの提携により、当社は金融商品仲介業者(IFA)としてAlpacaが新たに提供する「アルパカ証券」サービスを活用し、AlpacaのAIを含めた様々なテクノロジーと、当社アドバイザーの知見を相補的に活用した資産形成サービスを提供いたします。
お客様の様々な投資ニーズ・情報ニーズに対応可能なカスタマイズ機能や、専用画面を通じてAlpacaが提供する日本株のAIによる予測情報等がご覧いただけます。また当社のIFAが金融アドバイザーとして個別のチャットサービスにおいていつでもお客様のご相談に応じ銘柄分析のアドバイスを行うことで、安心、且つ、リモートで気軽に資産運用・形成のサポートをいたします。

■ 本提携における当社の狙い

当社においても若年層からのご相談が増加傾向にあり、同時にニーズにも変化が現れています。
主要顧客であるファミリー層の場合、ライフプランに沿ったゴールベースアプローチのコンサルティングを希望されることがほとんどでしたが、若年層からも「気軽に投資を始めてみたい」というご要望をいただくことが増えています。また足元の株高基調の中で、投資行動が更に活発になることも予想されます。

本提携によって、当社がこれまで対応出来ていなかった個別株のニーズにも対応するだけでなく、デジタルネイティブな若年層へのアプローチも実現したいと考えております。顧客のライフステージの変化にもワンストップで対応出来る当社ならではの強みを活かし、更なるLTV(ライフタイムバリュー)の向上につなげてまいります。

※ご注意

お取引の際には、所定の委託手数料や諸経費等をご負担いただく場合があります。委託手数料等の詳細は、サービス開始前であるため追って公表いたします。
株式等の取引では、価格の変動等により損失が生じるおそれがあります。上場有価証券等書面、取引規程等の内容を十分にお読みいただき、ご理解いただいた上でご自身の判断と責任によりお申し込みください。

■ 提携企業について<AlpacaJapan株式会社>

金融市場×AIに取り組むFintechスタートアップ企業です。グローバルな金融商品特化型AIによる市場予測モデルや金融時系列ビックデータ解析技術に強みを持ち、国内外の金融機関を中心としたプロフェッショナル(ヒト)とデータ・サイエンスのコラボレーション・プラットフォームを共創すべく、様々な金融商品において、アルゴリズム、類似探索、異常検知、予測等のAIソリューションサービスを提供しています。
また、2021年4月20日付で第一種金融商品取引業者としての登録が完了しました。この度の証券業参入に際しまして、本証券サービスの名称を「アルパカ証券」( https://sec.alpaca.ai/ )とし、本サービスを通じて、金融商品仲介業者(IFA)を新たな協業パートナー企業として、証券業におけるテクノロジーとヒトの創造性の理想的なコラボレーションを共創し、お客様に新たな価値を提供していきます。

  • □会社名:AlpacaJapan株式会社(https://www.alpaca.ai/ja
  • □代表者:代表取締役CEO 四元盛文
  • □本社所在地:〒101-0047 東京都千代田区内神田1-12-5 Nest-Lab北大手町 2階
  • □設立:2013年2月
  • □資本金:20億319万3605円
  • □事業内容:第一種金融商品取引業、投資助言・代理業
    AIとビッグデータ解析技術を活用したソフトウェア受託開発
  • □登録番号:金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第3024号

◇ブロードマインドについて◇

『私たちは金融サービス業として革新を起こし続け、自分らしい未来を歩む人々が溢れる世界を創る』というミッションを掲げるブロードマインドは、保険・投資信託・債券、住宅ローンなど国内50社以上の幅広い金融商品を取り扱い、主に個人のお客様に対して保険の見直し・家計相談・相続対策、また法人の財務基盤強化など、様々なお金に関するニーズにワンストップでお応えするフィナンシャルパートナーサービスを提供しています。
国内で損害保険代理店は18万社、生命保険代理店は8.5万社を超える中で、保険代理店業・銀行代理業(住宅ローン)・金融商品仲介業の分野のライセンスを1社で保有している事業者は、当社を含めた5社のみ※となっています。

金融庁『金融サービスの利用者の利便の向上及び保護を図るための 金融商品の販売等に関する法律等の一部を改正する法律案』

  • □会社名   :ブロードマインド株式会社(https://www.b-minded.com/
  • □代表者   :代表取締役社長 伊藤清
  • □本社所在地 :〒150-0022 東京都渋谷区恵比寿南1-5-5 JR恵比寿ビル7F
  • □設立    :2002年1月
  • □資本金   :5億5765 万1000 円
  • □事業内容  :フィナンシャルパートナーサービス事業(個人・法人向けの金融コンサルティング)
    生命保険・損害保険・少額短期保険代理店業、住宅ローン代理業・金融商品仲介業 関東財務局長(金仲)第424号、銀行代理業 関東財務局長(銀代)第281号、経営コンサルティング業務
  • □主なプロダクト:

▼本掲載に関するお問い合わせ
 広報担当:経営企画室 冨永
  TEL:03-6675-7748(直通、平日10~19時)
  メール:bm-pr@b-minded.com