ビットコインとは?仕組みや特徴を初心者向けにわかりやすく解説

ビットコインとは?仕組みや特徴を初心者向けにわかりやすく解説

監修者の紹介
増田さん

監修者増田 諒

2021年1月1日現在、全国に891世帯1,257名のクライアントを抱えるコンサルタントとして活動中。年間100件の個別相談のほか「マネー・ライフプランニング」「資産運用」「保険」「確定申告」「住宅ローン」「相続」等のテーマのセミナーで登壇。

MDRT入賞 7回 ・TLC(生命保険協会認定FP) ・CFP ・IFA(証券外務員1種)・ファイナンシャルプランニング技能士1級 ・宅地建物取引士 貸金業務取扱主任者

増田 諒Masuda Ryo

仮想通貨について調べたり勉強していると、ビットコインという言葉をよく目にすると思います。ビットコインとは一体どのような特徴があり、どのような仕組みなのでしょうか。

ビットコインは、仮想通貨の代表とも言われる銘柄で、2021年の1年間でも価格を大きく伸ばしました。

ビットコイン投資で稼ぎたいという人もいるかと思いますが、ただ投資を行うのではなく、仕組みやメリット・デメリットについて理解しておく必要があります。

今回の記事では、ビットコインの仕組みや特徴・メリットやデメリットについて初心者向けにわかりやすく解説していきます。

\最短1日で取引開始!/

Coincheckがおすすめ

coincheck

金融庁の暗号資産交換業者に登録されているCoincheckは取扱銘柄数も国内最大級の17種類で、ビットコインはもちろんのことマイナーなアルトコインも取り扱っていいます
仮想通貨取引初心者の頃から、少し慣れてきた中級者・上級者の頃にも長く使い続けることができる取引所といえるでしょう。

ビットコインとは?仮想通貨との違いや特徴

ビットコインとは

ビットコインについて名前しか知らないという人の中には、そもそも仮想通貨についてよく分からないという人やビットコインの特徴について分からない人もいるかもしれません。

まずは、ビットコインや仮想通貨に関する基本的な情報について、詳しく解説していきます。

そもそも仮想通貨とは?

そもそも仮想通貨とは、インターネット上に存在する通貨で日本やドルなどの実物がない通貨のことをいいます。

 インターネット上での取引や決済などに利用することができ、法定通貨のように国が発行することがないため、世界共通で利用することができます。

例えば、従来だと外国の商品・サービスをインターネット上で購入した場合には、日本円を外貨に両替する必要がありました。

外貨の両替には手間や手数料がかかりますが、仮想通貨であれば簡単に取引が成立するため、決済がしやすいというメリットがあります。

また、仮想通貨では銀行を仲介することなく個人間で通貨のやり取りを行えるという利便性も兼ね備えています。

仮想通貨とビットコインの違い

仮想通貨とビットコインの違い

ビットコインは仮想通貨の中の1つであるため、仮想通貨という場合にはビットコイン以外の様々な通貨も全て含めた総称をいいます。

 ビットコインは世界で最初に生まれた仮想通貨であり、2008年に「サトシ・ナカモト」という謎の人物がビットコインの論文と構想を提出したことが始まりでした。

その後、2009年にはサトシ・ナカモト氏の論文をもとにビットコインが誕生しますが、実際に構想を発表したサトシ・ナカモト氏は開発に関わっていません。

現在ではビットコイン以外にも世界中で100種類以上もの仮想通貨が誕生しており、仮想通貨取引所を通じて売買が可能です。

ビットコインの特徴

ビットコインの特徴

ビットコインは世界で最初に登場した仮想通貨であり、他の仮想通貨はビットコインのソースコードを派生して作られたものになります。

ビットコインは非中央集権通貨という仕組みであり、通貨の発行責任者や管理者が不在であるということが大きな特徴です。

通常の法定通貨であれば、日本円は中央銀行である日本銀行が発行・管理しています。しかし、ビットコインでは、インターネット上の中にある様々なネットワークで分散管理することでセキュリティを高めているのです。

ビットコインに関する取引の情報や取引履歴は、すべてネットワーク上を通じた様々なコンピューターに暗号化して分散管理されています。

 1つのコンピューターで通貨を管理していないことで、通貨の情報を盗んだり通貨のデータを改ざんようなハッキングが困難になることがメリットです。

このように、ビットコインを始めとした仮想通貨では、デジタル上の通貨のデータを世界中の様々なコンピューター上で分散管理することで、セキュリティ性を高めています

また、ビットコインならではの特徴としては通貨の発行上限が2,100万枚までと決まっており、流通できる数に限りがあるという点が挙げられます。

ビットコインの仕組み

ビットコインの仕組み

ビットコインについて簡単な特徴を解説しましたが、そもそもデジタル上に通貨が存在している原理についてよく分からないという人も多いのではないかと思います。

ここからは、ビットコインの仕組みについて、詳しく解説していきます。

ブロックチェーン上に通貨が存在する

ブロックチェーン上に通貨が存在する

ビットコインを始めとする仮想通貨はインターネット上の中でもブロックチェーンと呼ばれるものの中に存在しています。

 そもそもブロックチェーンとは、インターネット上にある取引データを「ブロック」ごとに分けて、ネットワークの参加者同士でブロックを共有しているものです。

ブロックチェーンはただネットワークの参加者同士で分散管理しているというだけでなく、1つ1つが時系列順で鎖のようにつながっているという特徴があります。

ただし、どのコンピューターにどのブロックがあるかは公開されていないため、1つのコンピューターをハッキングしてもコピーや改ざんができません。

したがって、仮想通貨の取引を改ざんするためには、該当するブロックを探し出し、ブロックと繋がっている別のブロックも探し出すという作業を行う必要があるため、ブロックチェーンのセキュリティ性は高いです。

ビットコインや仮想通貨が注目されているのはブロックチェーン技術が通貨の発行だけでなく、様々なサービスに応用可能であるという点です。

 通貨そのものに価値があるというよりは、ブロックチェーン技術が今後一般的になり、法定通貨では真似することができない技術のため、投資対象となっています。

マイニング(採掘)により通貨を発行

マイニング(採掘)により通貨を発行

ビットコインは中央管理者がいないため、発行方法について疑問に思う人も多いかもしれません。ビットコインはマイニング(採掘)という方法を通じて新たに通貨を発行しています。

ビットコインでは、取引記録を定期的に取引台帳に追記する必要がありますが、全世界でビットコインの取引が行われているため、取引記録を追記するためには膨大な処理能力を必要とします。

そこで、ビットコインでは取引記録の追記作業を有志の人達に行ってもらい、1つのデータに取引履歴の追記・検証を成功させているのです。

上記の追記作業を行ってくれた人に、新規発行された通貨を報酬として与えるという仕組みがマイニングと呼ばれるものです。

 ビットコインの取引の安全性を担保するためには、マイニング作業によって取引記録を追記・検証して問題がないかを確認しなければいけません。

ビットコインの通貨発行自体はプログラムにより自動で行われますが、最初の通貨をマイニングを行ってくれた人に渡しているという仕組みです。

ビットコインの4つのメリット

ビットコインのメリット

ビットコインについては投資に利用できるだけでなく、様々な魅力があります。具体的なビットコインのメリットとしては、以下の4つが挙げられます。

ビットコインのメリット
  1. 個人間で通貨のやり取りを行うことができる
  2. 海外の支払いが便利
  3. 価格変動が大きく投資対象としても最適
  4. セキュリティが強固

それぞれのメリットについて、詳しく解説していきます。

個人間で通貨のやり取りを行うことができる

ビットコインは個人間で通貨のやり取りを自由に行うことができるため、支払いの際の利便性が非常に高いです。

 例えば、銀行で大口の振込を行う際には、インターネットバンキングやATM振込では制限がかかり、窓口でしか振込できないというケースも考えられます。

しかし、ビットコインでは、ウォレットのアドレスがわかれば簡単に制限なく送金が行えるため、決済スピードも早く、手間がかかりません。

現状では大口の支払いに利用できる機会が少ないですが、テスラでは自動車の支払いにビットコイン決済を導入する可能性があることを示唆しています。

自動車の支払いなど大きな金額の支払いに利用できるとさらに便利になるでしょう。

海外の支払いが便利

ビットコインのメリット

ビットコインが法定通貨よりも決済性に優れている点として、世界共通で利用できる通貨であることが挙げられます。したがって、海外での支払い・送金が手軽に行えることがメリットです。

例えば、海外の商品・サービスを日本から支払う際に銀行振込で海外の銀行口座へ送金すると、手数料が高くついてしまいます。

また、海外に行って商品を支払う際にも日本円から外貨に両替を行う必要があり、手数料や手間がかかります

 しかし、ビットコインでは、送金に手数料がかからない場合や少額の手数料で送金できる場合があり、銀行振込に比べて格段に手数料が抑えられる可能性が高いです。

今後は、自国だけでなく、世界中の商品やサービスを利用できるグローバルな時代になることは予想されるため、ビットコインを使って手軽に決済ができるようになることは革新的といえるでしょう。

価格変動が大きく投資対象としても最適

価格変動が大きく投資対象としても最適

ビットコインは通貨の発行ペースや発行上限量が決まっている仮想通貨であり、需給に応じて発行量が調節されません。

日本円やドルなどの法定通貨は、通貨の需要や景気に応じて中央銀行が発行量や流通量を制限することがありますが、仮想通貨では通貨の発行管理体がいないため、通貨の流通量が変化しないという特徴があります。

したがって、需要と供給に価格が大きく左右されることが多く、価格変動が激しい通貨です。

価格変動が激しいということは、大きな利益を得られるチャンスでもあり、投資対象先としては最適といえるでしょう。
 実際、2021年の初めはビットコインの価格が約300万円だったのに対して高値で約760万円、12月現在で約550万円と、大きく価格が伸びていることがわかります。

価格が伸びやすいということは儲けるチャンスがあるということでもあるため、ハイリスクハイリターンな投資を行いたいという人におすすめです。

セキュリティが強固

セキュリティが強固

ビットコインはブロックチェーンを用いて通貨の取引処理が行われており、それぞれのブロックを分散して管理していることからセキュリティが強固でハッキングのリスクが少ないです。

また、取引には秘密鍵と公開鍵という2つの暗号を使用しているため、秘密鍵を盗まれることがなければ取引データを改ざんすることもできず、安全性は高いと言えます。

 ただし、仮想通貨取引所がハッキングされると不正な取引を行われるリスクはあります。したがって、仮想通貨取引所のセキュリティ管理が重要です。

仮想通貨のウォレットもオンライン上のものではなくコールドウォレットと呼ばれるオフライン上のウォレットを活用することで、セキュリティ体制が強化されます。

ビットコインの取引におすすめの仮想通貨取引所5選を徹底比較!

コインチェック(Coincheck)
DMM Bitcoin
BITPoint
bitFlyer
(ビットフライヤー)
GMOコイン
coincheck
dmmbitcoin
bitFlyer
GMOコイン
取引所手数料
無料
無料
(BitMatch取引手数料を除く)
無料
約定数量 × 0.01 ~ 0.15%
(単位: BTC)
メイカー:-0.01%
テイカー:0.05%
販売所手数料
無料
無料
(BitMatch取引手数料を除く)
無料
無料
無料
レバレッジ
なし
2倍
なし
最大2倍
2倍
最低取引額
0.005通貨単位以上
(500円相当額以上)
0.0001BTC〜
(約1,000円相当)
0.00000001BTC単位
0.00000001BTC
(1円から取引可能)
0.0001 BTC/回
取引通貨数
18種類
19種類
12種類
15種類
20種類
キャンペーン・特典
本人確認と入金で
BTC2,500円分
プレゼント
新規口座開設でもれなく即時2,000円プレゼント!
※2022年4月1日(金)7時00分~2022年8月1日(月)6時59分
BTC+ADA+DEP合計3,000円相当プレゼント!
公式サイトをチェック!
シンボルの預入または購入で総額100万円相当山分け!
※2022年4月21日11:59まで
公式サイトをチェック
毎日10人に現金1,000円当たる!

Coincheck(コインチェック)

Coincheck(コインチェック)

Coincheckの特徴
  • 豊富な17銘柄の仮想通貨
  • 取引所取引の手数料がTaker、Makerともに無料!
  • 積立購入や貸暗号資産でリスクを抑えることができる
  • Coincheckつみたてで毎月一定額自動で積立が可能
  • 保有する仮想通貨を貸し出して利息収入を得られる

老舗企業の仮想通貨取引所であるコインチェックは、アルトコイン含む仮想通貨が17銘柄もあるので初心者の方にもおすすめできます。

また、Coincheckつみたてでは暗号資産を毎月一定額自動で積立し、安定した投資ができるサービスを展開しています。リスクを抑えることが可能です。

さらに、貸仮想通貨を利用することで、保有する仮想通貨を貸し出して利息収入を稼ぐことができるため、長期的に稼ぎたいという人におすすめです。

Coincheckのアプリも使いやすいデザインが人気で、ダウンロード数は国内№1を誇ります。

取扱い通貨数 17種類
レバレッジ

無し

販売所手数料 無料
取引所手数料 無し
主な通貨の送金手数料

通貨によって異なります。
※コインチェックユーザー間無料

取引手数料
  • コンビニ入金
    3万円未満:770円
    3万円以上30万円以下:1018円
  • クイック入金
    3万円未満:770円
    3万円以上50万円以下:1018円
    50万円以上:入金金額×0.11% + 495 円

※全て税込です。

出金手数料
407円(税込)
社名
コインチェック株式会社

DMM Bitcoin

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)

DMM Bitcoinの特徴
  • レバレッジ取引できる仮想通貨の種類が№1※公式より
  • 機能が豊富で使いやすい取引ツール
  • 取引手数料・出金手数料が無料※BitMatch取引手数料を除く
  • 最短1時間以内に取引開始可能
  • スマホアプリもPC版に匹敵する高機能

DMM Bitcoinは、ビットコインはもちろん、イーサリアムなど将来有望なアルトコインを含む19種類の仮想通貨を取り扱っています。また、レバレッジ取引にチャレンジしたい方でも2倍まで対応しています。

また、BitMatch注文というDMM Bitcoinが提供する販売所価格の中値で買い手と売り手がマッチングした際に取引が成立するという取引方法が可能です。

 販売所取引では、買値と売値にスプレッドが上乗せされていますが、BitMatch注文を利用することでスプレッドを気にせず取引ができることが大きなメリットです。

また、入金手数料、出金手数料が無料で利用できるため、頻繁に口座資金を移動する人にも使いやすいです。

さらにレバレッジ取引を行うことでより資金効率を高めて取引を行うことができます。

取扱い通貨数 19種類
レバレッジ 2倍
販売所手数料 無料
取引所手数料 無料
主な通貨の送金手数料 無料
取引手数料 無料
※レバレッジ手数料は0.04%/建玉ごと
出金手数料
無料
社名
株式会社DMM Bitcoin

新規口座開設キャンペーン!もれなく即時で2,000円プレゼント
※2022年4月1日7:00〜2022年8月1日6:59

BITPoint(ビットポイント)

BITPoint(ビットポイント)

BITPointのココがオススメ
  • 出来高ランキングが国内№1※公式より
  • 国内で唯一トロン・エイダ・ジャスミーを取扱い中
  • 初めてでも直感的に使用可能なスマホアプリ
  • さまざまな手数料が無料
  • レンディングで仮想通貨を増やすことも可能
  • 最短当日から取引スタートできる

BITPointは、出来高ランキングが国内№1の取引所で、2022年3月現在ではほかの取引所では取扱いの無いエイダジャスミートロンといった仮想通貨を売買できるのが特徴的です。※公式より

また、様々な手数料が無料に設定されており、コストが安く済むのもBITPointの強みと言えます。

 即時入金手数料・取引手数料・仮想通貨の入出金などを0円で行えます。

さらに、仮想通貨を貸して増やせるレンディングサービスも行っています。一定期間仮想通貨を貸し出すと、堅実に所有数量を増やすことができます。

口座開設のスピードの速さも特徴的。スマホからの申し込みで、最短当日にエイダコインを購入可能です。

取扱い通貨数 12種類
レバレッジ 2倍
販売所手数料 無料
取引所手数料 無料
仮想通貨の送金手数料 無料
入金手数料 振込入金:振込手数料のみ
即時入金:無料
出金手数料 無料
社名 株式会社ビットポイントジャパン

bitPOINT キャンペーン

  • 口座開設キャンペーン!期間中に3種の暗号資産がもらえる!

  • ※2022年6月30日16:00〜2022年7月12日16:00まで

bitFlyer(ビットフライヤー)

おすすめの仮想通貨取引所No.1!bitFlyer

bitFlyerの特徴
  • BTCの取引量が国内№1
  • 取引手数料など様々な手数料が完全無料
  • かんたん操作で取引できる
  • 14種類の仮想通貨を100円から売買可能
  • 100%の顧客資産をコールドウォレットで保管

※Bitcoin日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2021 年の年間出来高(差金決済/先物取引を含む)

bitFlyerは15種類のビットコイン・アルトコインが100円から始められるのが大きな特徴です。また、全通貨販売所での手数料が無料なのも初心者にも優しいポイントです。

入金も住信SBIネット銀行のクイック入金であれば日本円の手数料が無料になるので、口座を持っている方はお得に取引することができます。

取扱い通貨数 15種類
レバレッジ 最大2倍
※bitFlyer Lightningで可能
販売所手数料 無料
取引所手数料 0.01%~0.15%
主な通貨の送金手数料 通貨によって異なります。
入金手数料
  • クイック入金手数料
    住信SBI銀行から入金:無料
    住信SBI銀行以外からの入金:330円(税込)
  • 銀行振込:無料
    ※振込手数料の負担はあり
出金手数料
  • 220円~770円(税込)
社名
株式会社 bitFlyer

出典:公式サイト

※公式サイトより

【マネックスビットコイン】暗号資産CFDが可能、レバレッジ手数料は0.04%!小学資金で大きな取引が可能

マネックスビットコイン
ビットコインの特徴
  • レバレッジ手数料は0.04%と業界水準で使いやすい
  • 取引手数料が無料
  • 24時間365日いつでも取引できる

マネックスビットコインの特徴

マネックスビットコインは、マネックス証券が提供する暗号資産取引所です。

実はマネックス証券は、インターネット証券の中で初めて暗号資産のサービスを始めたパイオニア的な会社でもあります。

メジャーな通貨である、ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、リップル(XRP)をはじめ、暗号資産CFDと呼ばれるレバレッジ取引も可能です。

マネックスグループは傘下にコインチェックがありますが、今現在は現物取引が可能である一方レバレッジ取引は不可能です。

ただ、マネックスグループのマネックス証券が提供する暗号資産CFDを利用すれば、最大レバレッジ2倍で取引が可能となります。

 コインチェックユーザーで「どうしてもレバレッジ取引をしたい」という方は、マネックス証券が提供するマネックスビットコインがおすすめです。

また、マネックス証券は暗号資産取引だけではなく、FX、株、投資信託などの金融サービスも提供しています。

取扱い通貨数 4種類
レバレッジ 最大2倍
※bitFlyer Lightningで可能
販売所手数料 無料
取引所手数料 無料
主な通貨の送金手数料 通貨によって異なります。
入金手数料

無料(別途銀行所定の振込手数料がかかります。)

出金手数料

通常出金:無料 即時出金サービス:330円(税込)

社名
マネックス証券株式会社

ビットコインのデメリットを把握しよう

ビットコインのデメリット

ビットコインの魅力について解説しましたが、メリットだけでなくデメリットももちろんあります。ビットコインのデメリットについて理解しておかなければ、思わぬ損失やトラブルになりかねません。

ビットコインのデメリットとしては、以下の5つが挙げられます。

ビットコインのデメリット
  1. 価値が安定していない
  2. ハッキングの際の補償がない場合がある
  3. 累進課税が適用される
  4. 送金を間違えると取り消しできない
  5. 規制の対象となっている

それぞれのデメリットについて、詳しく解説していきます。

価値が安定していない

ビットコインの価値は安定しているものではなく、国によって価値が担保されているわけではありません。そのため、価格変動が非常に激しく、暴落が起こることも多いです。

 例えば、2021年でも300万円〜760万円まで価格が動いており、2.5枚程度まで価格が上昇したこともありますが、現在では約500万円と下落も大きいことがわかります。

したがって、投資タイミングを間違えると損失を被るリスクが大きいです。また、ビットコインを決済として利用する場合でも数ヶ月前に購入したビットコインの価値が下落して購入時のレートよりも損してしまうこともあります。

将来性には期待できる仮想通貨ではありますが、ビットコインの取引にはリスクがあるということを十分に理解しておくことが望ましいです。

ハッキングの際の補償がない場合がある

ハッキングの際の補償がない場合がある

ビットコインを保有する際には自分で管理するウォレットや取引所が管理するウォレットを利用することになりますが、ウォレットがハッキングされて通貨が流出した際に補償されないケースもあります

特に、2014年に起こったマウントゴックス事件は仮想通貨業界に大きな衝撃を与えました。

マウントゴックス社と呼ばれる東京に本社を構えるビットコイン取引所では、2013年までは世界中のビットコインの約7割ほどを取り扱っている会社でした。

 しかし、2014年にサーバーがハッキングされてしまい、当時のレートで約400億円以上のビットコインが流出しました。

マウントゴックス事件が起きたことで、マウントゴックス社には莫大な負債が降りかかり、結果として経営破綻に陥っています。

結果的に莫大な損害となったため、マウントゴックス社はビットコインの返還ができずに、民事再生法の適用となりました。上記のように仮想通貨取引所のセキュリティ管理が甘いことで、資産を失うリスクがある点には十分注意が必要です。

累進課税が適用される

累進課税が適用される

ビットコインで得た利益は累進課税が適用されるため、株式投資や投資信託に比べて税金が高くなる可能性が高いです。

 仮想通貨の利益は「雑所得」という所得区分が適用され、利益の金額に応じて5%~45%の税率が適用されます。

一方で株式投資の配当金や投資信託の売買益では、「配当所得」という所得区分が適用されるため、20.315%の税率で一律です。

累進課税が適用されるということは、利益が少ない場合には株式投資よりも税率が少なくなりますが、利益が増えれば増えるほど税率が上がるというデメリットがあります。

特に、ビットコイン投資では高いリターンが期待できる投資法のため、リターンが高くなりすぎると支払う税金が増えるというジレンマがあるでしょう。

さらに、株式投資の特定口座とは異なり、利益が出た場合に確定申告を行う必要もあるため、手間がかかることもデメリットです。

送金を間違えると取り消しできない

送金を間違えると取り消しできない

仮想通貨の送金は送付するウォレットのアドレスを入力するだけであり、手間がかからないというメリットがありますが、送金アドレスを間違えてしまっても通貨は戻りません

 銀行の振込であれば、口座番号を間違えた場合はエラーとして表示されたり、口座番号を入力すると振込名が表示されますが、ビットコインの送金時には何も表示されないため、番号を間違えないようにする必要があります。

ミスを防ぐ方法としては送金前に再度アドレスを確認するしかありません。また、少額のビットコインを一度送り、問題なく着金が確認できたら再度資金を送るというテスト送金を行うこともおすすめです。

仮想通貨の送金は誰も使っていないアドレスに送金したとしても、送金が通ってしまうため、間違えることのないよう厳重な注意が必要です。

規制の対象となっている

規制の対象となっている

ビットコインは国によっては規制の対象となっています。例えば、中国ではビットコインのマイニングを禁止しました。

仮想通貨の規制が国単位で行われると、国民が仮想通貨の取引に参加できなくなるため、通貨の価値が下がってしまいます。

現在では、アメリカの金融規制当局がビットコインをはじめとする仮想通貨の規制を協議していると発表しました。

日本では仮想通貨取引の規制に関しては動きがありませんが、米国・中国で規制が行われると日本にも大きな影響を与える可能性は高いため、十分注意が必要です。

ビットコインの買い方・始め方

ビットコインの買い方・始め方

ビットコインの投資を興味があるという方は、実際にビットコインの取引を始めてみるのがおすすめです。

しかし、ビットコイン投資の始め方がわからないという方や、取引所でビットコインの購入する方法がわからないという方も多いのではないでしょうか。

ビットコイン投資の始め方は以下の4つのステップで行います。

ビットコインの買い方・始め方
  1. 取引を行う取引所を選ぶ
  2. 取引所の口座開設を行う
  3. 口座に資金を入金する
  4. ビットコインを購入する

それぞれの手順について、詳しく解説していきます。

1.取引を行う取引所を選ぶ

1.取引を行う取引所を選ぶ

ビットコインの投資を始めるには取引所の口座開設が必要です。まずは、ビットコインを購入する取引所を選びましょう

国内にも様々な取引所がありますが、それぞれ特徴が異なります。取引所選びに迷った場合には、以下のポイントを比較してみましょう。

取引所の選び方
  • 手数料の安さ
  • ツール・アプリの使いやすさ、機能性
  • 取引量、取引高が多いか
  • セキュリティ体制は万全か

それぞれの取引所の公式サイトを参照することで、特徴を知ることはできますが、わからない点がある場合には口コミや評判なども参考にするとおすすめです。

2.取引所の口座開設を行う

2.取引所の口座開設を行う

取引を行う口座が決まったら、取引所に口座開設の申し込みを行いましょう。仮想通貨取引所のホームページからインターネットを利用して申し込み手続きが可能です。

ほとんどの仮想通貨取引所では、最短即日〜翌営業日程度の日数で口座開設が完了します。

また、申し込みの際には運転免許証などの本人確認書類とマイナンバーカードなどのマイナンバー確認書類が必要です。本人確認書類はスマートフォンで撮影するだけで提出ができるため、スマホをお持ちの方は活用しましょう。

ビットコインの取引におすすめ

3.口座に資金を入金する

3.口座に資金を入金する

ビットコインの取引所の口座開設が完了したら、口座に資金を入金しましょう。口座開設を行なった取引所によって資金の入金方法が異なります。

どの仮想通貨取引所でも共通して利用できるのが、銀行振込による入金方法です。仮想通貨取引所指定の入金専用口座に資金を振り込むことで入金が完了します。

銀行振込の場合には入金手数料がかからない場合が多いため、コストを抑えることができます。

 ただし、振込を行う際には金融機関所定の振込手数料がかかる点に注意が必要です。

4.ビットコインを購入する

4.ビットコインを購入する

取引所の口座に資金を入金したら、ビットコインを購入しましょう。取引所によって購入方法や販売の形態が異なります

例えば、Coincheckでは、ビットコインの現物購入だけでなく、毎月定期的に購入する積立購入が利用可能です。

また、他の取引所ではレバレッジ取引に対応しており、自己資金以上の取引ができる場合があるため、自分の取引スタイルに合わせて通貨を購入してみましょう。

ビットコインに関するよくある質問

仮想通貨投資にビットコインはおすすめ?
ビットコインは仮想通貨の中でも最も時価総額が高く、メジャーな通貨であると言えます。そのため、仮想通貨の中では初心者でも投資がしやすいです。

さらに、ビットコインの価格変動は他の通貨に影響する場合があるため、ビットコインの値動きについては理解しておくとよいでしょう。

ビットコインの将来性・今後の見込みはある?
ビットコインは仮想通貨の中でも法定通貨に採用されているなどの実績があり、通貨としての価値は高いです。したがって、今後も決済機能としてビットコインが普及するようになれば、将来性は見込めるでしょう。

一方で、ビットコインのマイニングが環境悪化につながることや、ビットコインの取引規制を行う国がある点など、懸念がないわけではありません。

ビットコインの取引はどの取引所がおすすめ?
国内取引所のCoincheckで取引を行うのがおすすめです。Coincheckでは、取引所の取引手数料がMaker、Taker共に無料のため、コストを抑えながらビットコインの取引ができます。

また、Coincheckつみたてで毎月コツコツと通貨を積み立てることができる点や貸暗号資産で保有するビットコインを使って金利収入を稼げる点など、メリットが豊富です。

まとめ

今回は、ビットコインの仕組みやメリット・デメリットについて解説しました。

ビットコインは決済性に優れている仮想通貨で、ブロックチェーン技術を利用したセキュリティ性の高さが魅力の仮想通貨です。

ビットコインの投資に興味があるという人は、仮想通貨取引所へ口座開設を行い実際に購入してみてはいかがでしょうか。

仮想通貨に関する関連記事

 

 

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事