仮想通貨(暗号資産)とは?初心者向けに特徴や仕組みを徹底解説

仮想通貨(暗号資産)とは?初心者向けに特徴や仕組みを徹底解説

監修者の紹介
増田さん

監修者増田 諒

2021年1月1日現在、全国に891世帯1,257名のクライアントを抱えるコンサルタントとして活動中。年間100件の個別相談のほか「マネー・ライフプランニング」「資産運用」「保険」「確定申告」「住宅ローン」「相続」等のテーマのセミナーで登壇。

MDRT入賞 7回 ・TLC(生命保険協会認定FP) ・CFP ・IFA(証券外務員1種)・ファイナンシャルプランニング技能士1級 ・宅地建物取引士 貸金業務取扱主任者

増田 諒Masuda Ryo

「ビットコインを購入したらすごく儲かった」という話を色々なところで耳にする機会があります。そのため、「仮想通貨って何なんだろう?」と気になっている方もいらっしゃるでしょう。

そこでこの記事では、仮想通貨(暗号資産)とはそもそも何なのかや、特徴やメリット・デメリットについて紹介していきます。

初心者の方にもおすすめの仮想通貨取引所も紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

\最短1日で取引開始!/

Coincheckがおすすめ

コインチェックLP

金融庁の暗号資産交換業者に登録されているCoincheckは取扱銘柄数も国内最大級の17種類で、ビットコインはもちろんのことマイナーなアルトコインも取り扱っていいます
仮想通貨取引初心者の頃から、少し慣れてきた中級者・上級者の頃にも長く使い続けることができる取引所といえるでしょう。

仮想通貨とは、電子データのみでやり取りされる通貨です。仮想通貨は別名「暗号資産」とも呼ばれ、日本政府や日本銀行は暗号資産を正式な名称としています。

仮想通貨(暗号資産)には、以下のような特徴があります。

仮想通貨(暗号資産)の特徴
  • 国家による価値の保証がない
  • 暗号化されたデジタル通貨

国家による価値の保証がない

仮想通貨(暗号資産)とは?|初心者向け

仮想通貨(暗号資産)の最初の特徴として、国家による価値の保証が無いという点が挙げられます。

紙幣や硬貨は「法定通貨」と呼ばれ、国家により価値が保証されています。そのため、日常の買い物や賃金の支払いを、法定通貨である「円」で行うことができるのです。

 日本国内であればどこの店でも日本円で買い物できるのは、国による価値の保証があるからです。

一方、仮想通貨(暗号資産)は、国からの法的な価値の裏付けは一切ありません。そのため、需要と供給の関係で価値が大きく上下するという特徴があります。

仮想通貨は値動きが激しく、価格が日々変化しています。

暗号化されたデジタル通貨

仮想通貨(暗号資産)とは?|初心者向け

仮想通貨(暗号資産)のもう一つの特徴が「暗号化されたデジタル通貨」である部分です。暗号化技術があるからこそ、データや偽造、二重払いといった問題を回避可能になっています。

 電子マネーは仮想通貨と似ているように感じますが、暗号化されていないこともあり、通貨とは言えません。

また、仮想通貨(暗号資産)の特徴として、ブロックチェーンを利用していることも挙げられます。ブロックチェーンの利用によりデータの改ざんが不可のため、信頼性が担保されています。

データが改ざんできないからこそ、みんな安心して仮想通貨を所有できるんですね。

仮想通貨(暗号資産)の仕組み

仮想通貨(暗号資産)の仕組み

仮想通貨は以下のような仕組みで成り立っています。

仮想通貨(暗号資産)の仕組み
  • 電子署名
  • ブロックチェーン技術
  • マイニングによる取引承認

電子署名

電子署名

電子署名とは、インターネット上の署名のことを指します。送金トランザクションを作成する際に役に立ち、所有者の許可無しに仮想通貨の送金がされることを防いでいます。

 電子署名のおかげで、送金者の特定をすることができ、不正送金を防いでいるのです。

もし電子署名の仕組みが無ければ「AからBさんに仮想通貨を送金するというトランザクション」を簡単に作れてしまいます。電子署名によって仮想通貨の盗難が起こらないようになっています。

電子署名の仕組みが無ければ、仮想通貨の誕生は無かったと言えますね。

ブロックチェーン技術

ブロックチェーン技術

ブロックチェーンにより情報が分散し管理されていることも仮想通貨(暗号資産)の特徴と言えます。ブロックチェーンとは、トランザクションを全て記録している台帳ネットワークのこと。

 複数のトランザクションをまとめたブロックが、鎖のようにつながっているので、ブロックチェーンと呼ばれています。

ブロックチェーンは、改ざんが不可能な点に特徴があります。世界中のコンピュータが同じブロックチェーンを管理しているため、改ざんするとすぐにバレてしまうのです。

ブロックチェーン技術によって特定機関が管理していない仮想通貨の存在が成り立っています。

ブロックチェーンの仕組みで、管理者がいない仮想通貨が機能しているんですね。

マイニングによる取引承認

マイニングによる取引承認

マイニングとは取引を承認するために行われます。仮想通貨の取引の際には、新しいブロックを既存のブロックチェーンにつなぐことで取引が承認されます。

このことによりブロックチェーンに新しい暗号化された取引履歴が残ることになり、取引が成立するのです。

 マイニングが無ければ、ブロックチェーンを使った仕組みが成り立ちません。それほどに重要なものなのですね。

マイニングは、成功すると報酬が得られるという特徴もあります。報酬目当てでマイニングを行う人たちのことはマイナーと呼ばれます。

マイナーにより取引が処理されて、送金することが出来るのです。

仮想通貨(暗号資産)の特徴

仮想通貨(暗号資産)の特徴

仮想通貨(暗号資産)の特徴
  • 安全性がある
  • 希少価値がある
  • 銘柄が1900種類以上ある

※出典:参考サイト

特徴①安全性がある

仮想通貨のほとんどはブロックチェーン技術で成り立っており、安全性が担保されています。

ブロックチェーン技術により、データをネットワーク上で分散管理可能なため、偽造・二重払いなどの不正行為が行われるのを防いでいるのです。

 ブロックチェーンにより情報が複数のコンピュータで所有され、書き換えが不可能になっております。

尚、仮想通貨のすべてがブロックチェーン技術で成り立っているわけではありません。ブロックチェーンとは違う、独自の仕組みで安全性を保っている場合あります。

ブロックチェーンには処理速度が遅くなるなどの欠点もあるので、採用していない仮想通貨も存在します。

特徴②希少価値がある

仮想通貨(暗号資産)の特徴

希少価値があるという点も仮想通貨の特徴です。

仮想通貨(暗号通貨)は通貨なので希少価値が必要です。無限に発行することが可能だと、信用を失い通貨としての価値が無くなってしまいます。

 法定通貨は中央銀行が発行量・金利を調整し、希少価値をコントロールしています。

一方仮想通貨は、国のような明確な管理者がいないため様々な方法で価値を保っています。ビットコインは発行元がいませんが、上限発行枚数を設けることで希少価値を保っています。

ほかの仮想通貨(暗号通貨)は発行元が存在することが多いです。その場合、市場への供給量を調整したり発行上限枚数を決めたりすることで希少性が保たれています。

イーサリアムのように、明確な発行上限が決まっていない仮想通貨もあります。

特徴③銘柄が1900種類以上ある

仮想通貨(暗号資産)の特徴

仮想通貨には銘柄が1900種類以上あると言われており、種類が豊富です。※出典:bitflyer公式

そのため海外の取引所では、多種多様な仮想通貨(暗号資産)が取引されていますが、その多くが日本の仮想通貨で取扱いされていません。

 マネーロンダリングに使われる可能性が指摘され、金融庁から取り扱い禁止された通貨もあります。

そのため、日本国内の取引所では、金融庁から許可された安全性の高い通貨のみを取り扱っているのです。ビットコイン以外の仮想通貨は総称で「アルトコイン」と呼ばれます。

アルトコインには、送金に適したリップルや、ゲームアプリなどの作成に使用されているイーサリアムなどがあります。ほかにも多くの通貨が存在し、それぞれが異なった特徴を持っています。

ほかの有名なアルトコインには、エイダコインやネム、日本産のモナコインなどがあります。

仮想通貨(暗号資産)投資のやり方

STEP①仮想通貨取引所の口座を開設する

STEP①仮想通貨取引所の口座を開設する

仮想通貨を取引するには仮想通貨取引所の口座を作る必要があります。取引所によって多少の違いはありますが、おおむね以下のような流れで開設可能です。

まずは、口座開設ページに「口座開設」のボタンがあるのでタップしてください。するとEメールが届き、その中に登録用のURLが記載されています。そのURLをタップしましょう。

続いて、個人情報を入力していきます。どの取引所でも氏名、住所、電話番号、生年月日、年収、職業などを入力することになります。個人情報は正確な情報を入力するにしましょう。

 個人情報の入力時に情報を間違えると、口座開設の審査に落ちてしまう可能性があります。

個人情報の入力後、本人確認書類の送付のページに移行します。スマホで撮影し送付してください。その後、取引所にて審査が行われます。審査通過したら口座開設完了です。

スマホで申し込みから身分証の提出まで可能なので、割と簡単に口座開設できます。

STEP②仮想通貨取引所に入金する

仮想通貨(暗号資産)投資のやり方

続いて、取引所に入金しましょう。基本的には以下のような入金方法を取ることがきます。

銀行振込 ATM(銀行やコンビニ)から振込入金
コンビニ入金 コンビニのレジで入金する
クイック入金

スマホ・PCからペイジーなどで入金する

クイック入金だと、多くの取引所で24時間リアルタイムに入金反映させることが可能です。取引所によっては手数料が無料になることもあります。

取引所によって取り扱っている入金方法が異なることがあります。よく確認しましょう。

STEP①仮想通貨を購入する

仮想通貨(暗号資産)投資のやり方

入金完了したら、いよいよ仮想通貨を購入していきましょう。購入の流れは以下のようになります。

仮想通貨の購入方法
  • 購入したい仮想通貨を選ぶ
  • 欲しい数量を入力する
  • 「注文確定」を押す
  • 購入完了

ほとんどの取引所でこういった順序で購入可能です。多くの場合、ブラウザやアプリで取引画面にアクセスすれば、直感的に購入方法が分かるでしょう。

 どこの取引所も、直感的に購入できるようレイアウトを工夫していますよ。

アプリからの購入だと気軽に仮想通貨に触れることができ、初心者の方にはオススメできます。

500円から仮想通貨を購入できる取引所もあります。まずは少額から購入を試してみるのもいいでしょう。

仮想通貨(暗号資産)投資のメリット

仮想通貨(暗号資産)投資のメリット

仮想通貨(暗号資産)投資のメリット
  • 24時間取引できる
  • 海外への送金・決算が迅速・低手数料になる
  • 少ない資金で大きな利益を出せる可能性あり

24時間取引できる

仮想通貨は24時間365日取引でき、生活スタイルに合わせて投資を行うことができます。

一般的に株式投資は平日9時~15時、FX取引は平日24時間が取引可能時間です。いずれも土日祝日は取引できませんが、仮想通貨は土日祝日や深夜でも売買可能です。

 仮想通貨であれば、ライフスタイルに合わせて時間を選ばずにトレードできますよ。

時間に関係なく利益を上げるチャンスがあるのは、外国為替取引や株取引には無い魅力と言えるでしょう。

平日忙しいサラリーマンの方や、日中に時間のある主婦の方など、どんな方でも空いた時間に取引可能です。

海外への送金・決算が迅速・低手数料になる

仮想通貨(暗号資産)投資のメリット

仮想通貨は、国境を越えて、迅速・低手数料で送金することが可能です。

海外に送金する際には、銀行を通して振込することが一般的です。この場合、着金まで時間がかかる上に、取引手数料が高額になるというデメリットが存在します。

 銀行振込での海外送金では、数日~1週間ほどの時間と、数千円程度の手数料が発生するのが一般です。

一方仮想通貨を利用すれば、即時に着金可能かつ、手数料が少額です。銀行を通す必要も無く、手軽に送金できるメリットもあります。

仮想通貨での国際送金が一般的になれば、今より圧倒的に便利な世の中になりそうですね。

少ない資金で大きな利益を出せる可能性がある

仮想通貨(暗号資産)投資のメリット

仮想通貨はほかの投資ではありえないほどに、資金を大きく増やせる可能性があります。

例えば、リップル(XRP)の価格は2016年には1XRPあたり2~3円程度でした。これが2018年1月に1XRP=400円付近まで上昇しました。※出典:GMOコイン公式

 リップルは2年間程度で、なんと100倍以上に上昇したのです。

このように、仮想通貨は常識では考えられないほどに、価値が上昇する可能性があります。

もちろん、どんな仮想通貨でも価格が上がるわけではないです。しかし、将来性が高い仮想通貨を購入できれば、資産を大幅に増やすことも可能かもしれません。

仮想通貨を購入すれば必ず儲かるわけではありませんが、夢がありますよね。

    仮想通貨(暗号資産)投資のデメリット

    仮想通貨(暗号資産)投資のデメリット

    仮想通貨(暗号資産)投資のデメリット
    • 値動きが激しく、リスクが大きい
    • 紛失・ハッキングの可能性あり

    値動きが激しく、リスクが大きい

    値動きが非常に激しいのは可能通貨(暗号資産)の特徴の一つです。そのため購入のタイミングによっては、大きく損失を出してしまう可能性もあります。

     仮想通貨を購入した直後に暴落し、資金を減らしてしまったという話も珍しくはありません。

    特に注意すべきなのが、仮想通貨が値上がりしているときに購入してしまいやすいという点です。仮想通貨が話題になるのは多くの場合、急上昇しているときです。

    価格の急騰の後には必ずと言っていいほど、暴落が待っています。十分に注意しましょう。

    「仮想通貨は儲かる」という噂が流れるのはたいてい暴落の直前です。急騰の後には暴落のリスクが高いと覚えておきましょう。

    紛失・ハッキングの可能性がある

    仮想通貨(暗号資産)投資のデメリット

    仮想通貨の取引所は、ハッカーに狙われやすいというデメリットもあります。多額の資金が集中するため、盗難の対象になりやすいのです。

    実際に、国内・国外問わず、様々な取引所が過去にハッキング被害に遭いました。

     数年前まではセキュリティが甘い取引所多かったため、ハッキング被害が多発していました。

    2021年現在は、国内取引所はセキュリティが大幅に向上しています。そのため、ハッキングリスクは大幅に下がっていると言えるでしょう。

    とはいえ、仮想通貨(暗号資産)を扱う際には、セキュリティ対策は必須です。盗難リスクをできるだけ小さくするよう心がけましょう。

    パスワードを複雑にする・二段階認証を設定するなど対策を怠らないようにしてください。

    初心者におすすめの仮想通貨取引所5選徹底比較

    コインチェック(Coincheck)
    DMM Bitcoin
    BITPoint
    bitFlyer
    (ビットフライヤー)
    GMOコイン
    coincheck
    dmmbitcoin
    bitFlyer
    GMOコイン
    取引所手数料
    無料
    無料
    (BitMatch取引手数料を除く)
    無料
    約定数量 × 0.01 ~ 0.15%
    (単位: BTC)
    メイカー:-0.01%
    テイカー:0.05%
    販売所手数料
    無料
    無料
    (BitMatch取引手数料を除く)
    無料
    無料
    無料
    レバレッジ
    なし
    2倍
    なし
    最大2倍
    2倍
    最低取引額
    0.005通貨単位以上
    (500円相当額以上)
    0.0001BTC〜
    (約1,000円相当)
    0.00000001BTC単位
    0.00000001BTC
    (1円から取引可能)
    0.0001 BTC/回
    取引通貨数
    17種類
    20種類
    14種類
    18種類
    22種類
    キャンペーン・特典
    本人確認と入金で
    BTC2,500円分
    プレゼント
    新規口座開設でもれなく即時2,000円プレゼント!
    BTC+ADA+DEP合計3,000円相当プレゼント!
    公式サイトをチェック!
    -
    18銘柄の手数料が
    最大半額!

    Coincheck(コインチェック)

    コインチェックLP

    Coincheckの特徴
    • 豊富な17銘柄の仮想通貨
    • 取引所取引の手数料がTaker、Makerともに無料!
    • 積立購入や貸暗号資産でリスクを抑えることができる
    • Coincheckつみたてで毎月一定額自動で積立が可能
    • 保有する仮想通貨を貸し出して利息収入を得られる

    老舗企業の仮想通貨取引所であるコインチェックは、アルトコイン含む仮想通貨が17銘柄もあるので初心者の方にもおすすめできます。

    また、Coincheckつみたてでは暗号資産を毎月一定額自動で積立し、安定した投資ができるサービスを展開しています。リスクを抑えることが可能です。

    さらに、貸仮想通貨を利用することで、保有する仮想通貨を貸し出して利息収入を稼ぐことができるため、長期的に稼ぎたいという人におすすめです。

    Coincheckのアプリも使いやすいデザインが人気で、ダウンロード数は国内№1を誇ります。

    取扱い通貨数 17種類
    レバレッジ

    無し

    販売所手数料 無料
    取引所手数料 無し
    主な通貨の送金手数料

    通貨によって異なります。
    ※コインチェックユーザー間無料

    取引手数料
    • コンビニ入金
      3万円未満:770円
      3万円以上30万円以下:1018円
    • クイック入金
      3万円未満:770円
      3万円以上50万円以下:1018円
      50万円以上:入金金額×0.11% + 495 円

    ※全て税込です。

    出金手数料
    407円(税込)
    社名
    コインチェック株式会社

    DMM Bitcoin

    DMM Bitcoin(DMMビットコイン)

    DMM Bitcoinの特徴
    • レバレッジ取引できる仮想通貨の種類が№1※公式より
    • 機能が豊富で使いやすい取引ツール
    • 取引手数料・出金手数料が無料※BitMatch取引手数料を除く
    • 最短1時間以内に取引開始可能
    • スマホアプリもPC版に匹敵する高機能

    DMM Bitcoinは、ビットコインはもちろん、イーサリアムなど将来有望なアルトコインを含む20種類の仮想通貨を取り扱っています。また、レバレッジ取引にチャレンジしたい方でも2倍まで対応しています。

    また、BitMatch注文というDMM Bitcoinが提供する販売所価格の中値で買い手と売り手がマッチングした際に取引が成立するという取引方法が可能です。

     販売所取引では、買値と売値にスプレッドが上乗せされていますが、BitMatch注文を利用することでスプレッドを気にせず取引ができることが大きなメリットです。

    また、入金手数料、出金手数料が無料で利用できるため、頻繁に口座資金を移動する人にも使いやすいです。

    さらにレバレッジ取引を行うことでより資金効率を高めて取引を行うことができます。

    取扱い通貨数 20種類
    レバレッジ 2倍
    販売所手数料 無料
    取引所手数料 無料
    主な通貨の送金手数料 無料
    取引手数料 無料
    ※レバレッジ手数料は0.04%/建玉ごと
    出金手数料
    無料
    社名
    株式会社DMM Bitcoin

    DMM Bitcoinのキャンペーン情報

    DMM Bitcoinでは、現在新規口座開設をした人に即時で2,000円プレゼントするキャンペーンを実施中!

    BITPoint(ビットポイント)

    BITPoint(ビットポイント)

    BITPointのココがオススメ
    • 出来高ランキングが国内№1※公式より
    • 国内で唯一トロン・エイダ・ジャスミーを取扱い中
    • 初めてでも直感的に使用可能なスマホアプリ
    • さまざまな手数料が無料
    • レンディングで仮想通貨を増やすことも可能
    • 最短当日から取引スタートできる

    BITPointは、出来高ランキングが国内№1の取引所で、2022年3月現在ではほかの取引所では取扱いの無いエイダジャスミートロンといった仮想通貨を売買できるのが特徴的です。※公式より

    また、様々な手数料が無料に設定されており、コストが安く済むのもBITPointの強みと言えます。

     即時入金手数料・取引手数料・仮想通貨の入出金などを0円で行えます。

    さらに、仮想通貨を貸して増やせるレンディングサービスも行っています。一定期間仮想通貨を貸し出すと、堅実に所有数量を増やすことができます。

    口座開設のスピードの速さも特徴的。スマホからの申し込みで、最短当日にエイダコインを購入可能です。

    取扱い通貨数 12種類
    レバレッジ 2倍
    販売所手数料 無料
    取引所手数料 無料
    仮想通貨の送金手数料 無料
    入金手数料 振込入金:振込手数料のみ
    即時入金:無料
    出金手数料 無料
    社名 株式会社ビットポイントジャパン

    キャンペーン情報

    期間中に口座開設でもれなくディープコイン(DEP)を3,000円相当プレゼント

    bitFlyer(ビットフライヤー)

    おすすめの仮想通貨取引所No.1!bitFlyer

    bitFlyerの特徴
    • BTCの取引量が国内№1
    • 取引手数料など様々な手数料が完全無料
    • かんたん操作で取引できる
    • 14種類の仮想通貨を100円から売買可能
    • 100%の顧客資産をコールドウォレットで保管

    ※Bitcoin日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2021 年の年間出来高(差金決済/先物取引を含む)

    bitFlyerは15種類のビットコイン・アルトコインが100円から始められるのが大きな特徴です。また、全通貨販売所での手数料が無料なのも初心者にも優しいポイントです。

    入金も住信SBIネット銀行のクイック入金であれば日本円の手数料が無料になるので、口座を持っている方はお得に取引することができます。

    取扱い通貨数 15種類
    レバレッジ 最大2倍
    ※bitFlyer Lightningで可能
    販売所手数料 無料
    取引所手数料 0.01%~0.15%
    主な通貨の送金手数料 通貨によって異なります。
    入金手数料
    • クイック入金手数料
      住信SBI銀行から入金:無料
      住信SBI銀行以外からの入金:330円(税込)
    • 銀行振込:無料
      ※振込手数料の負担はあり
    出金手数料
    • 220円~770円(税込)
    社名
    株式会社 bitFlyer

    出典:公式サイト

    ※公式サイトより

    【マネックスビットコイン】暗号資産CFDが可能、レバレッジ手数料は0.04%!小学資金で大きな取引が可能

    マネックスビットコイン
    ビットコインの特徴
    • レバレッジ手数料は0.04%と業界水準で使いやすい
    • 取引手数料が無料
    • 24時間365日いつでも取引できる

    マネックスビットコインの特徴

    マネックスビットコインは、マネックス証券が提供する暗号資産取引所です。

    実はマネックス証券は、インターネット証券の中で初めて暗号資産のサービスを始めたパイオニア的な会社でもあります。

    メジャーな通貨である、ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、リップル(XRP)をはじめ、暗号資産CFDと呼ばれるレバレッジ取引も可能です。

    マネックスグループは傘下にコインチェックがありますが、今現在は現物取引が可能である一方レバレッジ取引は不可能です。

    ただ、マネックスグループのマネックス証券が提供する暗号資産CFDを利用すれば、最大レバレッジ2倍で取引が可能となります。

     コインチェックユーザーで「どうしてもレバレッジ取引をしたい」という方は、マネックス証券が提供するマネックスビットコインがおすすめです。

    また、マネックス証券は暗号資産取引だけではなく、FX、株、投資信託などの金融サービスも提供しています。

    取扱い通貨数 4種類
    レバレッジ 最大2倍
    ※bitFlyer Lightningで可能
    販売所手数料 無料
    取引所手数料 無料
    主な通貨の送金手数料 通貨によって異なります。
    入金手数料

    無料(別途銀行所定の振込手数料がかかります。)

    出金手数料

    通常出金:無料 即時出金サービス:330円(税込)

    社名
    マネックス証券株式会社

    よくある質問

    仮想通貨(暗号資産)とはなんですか?
    仮想通貨(暗号資産)とは暗号化されたデジタル通貨です。法定通貨と違い国家による価値保証はありませんが、独自の仕組みで価値を保っています。
    仮想通貨(暗号資産)はどんな仕組みで動いていますか?
    「電子署名」「ブロックチェーン技術」「マイニングによる取引承認」など独自の仕組みで動いています。
    仮想通貨(暗号資産)にはどんな特徴がありますか?
    様々な仕組みにより「安全性」「希少価値」が保たれているという特徴があります。銘柄が1900種類以上あり多種多様な仮想通貨が存在します。
    仮想通貨(暗号資産)投資はどのように行えばいいですか?
    仮想通貨口座開設後に、入金し、仮想通貨を購入しましょう。口座開設~購入までスマホ一台だけで購入可能です。
    仮想通貨(暗号資産)のメリットは?
    「24時か取引できる」「少額から取引可能」「少額資金で大きな利益が出せる可能性あり」というメリットがあります。
    仮想通貨(暗号資産)のデメリットは?
    「値動きが激しくリスクある」「紛失・ハッキングの可能性がある」などのデメリットがあります。リスクも存在することを理解した上で投資しましょう。
    仮想通貨(暗号資産)を購入すれば儲かりますか?
    購入のタイミング、購入する仮想通貨の銘柄によります。儲かることもあれば、損失が出ることもあります。リスクを理解して投資しましょう。

    まとめ

    今回の記事では、仮想通貨について仕組みや特徴を解説しました。

    仮想通貨は安全性や希少性が担保された、暗号化されたデジタル資産です。ビットコイン誕生前には存在しなかった画期的なもので、世界中で注目されています。

    購入は取引所で行うことができます。仮想通貨に詳しくなるには実際に所有してみるのが一番なので、この機会に無理の無い範囲で買ってみるのもいいでしょう。

    この機会に、ぜひ仮想通貨に興味を持ってみてくださいね。

    仮想通貨に関する関連記事

     

     

    ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
    ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
    ・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
    ・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
    ・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
    おすすめの記事