【2021年最新版】将来性が有望のおすすめアルトコイン4選|時価総額ランキング

【最新版】アルトコインおすすめ4選|将来性が有望な選び方も解説

監修者の紹介
増田さん

監修者増田 諒

2021年1月1日現在、全国に891世帯1,257名のクライアントを抱えるコンサルタントとして活動中。年間100件の個別相談のほか「マネー・ライフプランニング」「資産運用」「保険」「確定申告」「住宅ローン」「相続」等のテーマのセミナーで登壇。

MDRT入賞 7回 ・TLC(生命保険協会認定FP) ・CFP ・IFA(証券外務員1種)・ファイナンシャルプランニング技能士1級 ・宅地建物取引士 貸金業務取扱主任者

増田 諒Masuda Ryo

ビットコイン以外の仮想通貨を総称してアルトコインと呼びます。アルトコインは数千種類存在するため、中には将来有望で価格が大幅に高騰するものも存在すると思われます。

とはいえ、あまりにも数が多すぎて有望な仮想通貨の選び方が分からないのは当然でしょう。

そこでこの記事では、2021年にオススメできるアルトコイン4選を紹介します。さらに、有望なアルトコインの選び方や、仮想通貨取引所を紹介しています。

アルトコイン投資のメリット・デメリットも解説しています。

\最短1日で取引開始!/

Coincheckがおすすめ

coincheck

国内に数ある取引所のなかでも、Coincheckは取り扱っている仮想通貨の種類が最も多く、17種類も揃えられている点が特徴として挙げられます。

オーソドックスな仮想通貨はもちろんのこと、マイナーなコインの取り扱いもあるので、初心者から少し慣れてきた頃にも長く使い続けることができる取引所といえるでしょう。

アルトコインとは

アルトコインとは

アルトコイン(alternative coin)とは、ビットコイン以外の全ての仮想通貨のことをいいます。

例えば、イーサリアムやリップル、モナコインなどの仮想通貨はすべて、アルトコインです。

世界中では、およそ1,500種類以上のアルトコインが発行されており、現在も新たなアルトコインは増えています。

基本的にはビットコインもアルトコインも仮想通貨と呼ばれるデジタル上の通貨であり、どちらも通貨としての仕組みはほとんどありません。

 また、アルトコインではビットコインの仕組みをベースに作られているものも多いです。

アルトコインとビットコインの違い

アルトコインとビットコインの違い

アルトコインとビットコインは同じ仮想通貨であり、通貨の取引にはブロックチェーン技術を用いているという点は変わりません。

アルトコインでは、ビットコインで問題視されていた点を改善したり、ビットコインよりもブロックチェーンを改良したものが多いです。

具体的には、以下の2点を改良しています。

アルトコインの改良点
  • スケーラビリティ問題を改善するためブロックの容量を増やした
  • スマートコントラクトでブロックチェーン技術を広く利用できるようにした

それぞれの改良点について、詳しく解説していきます。

スケーラビリティ問題を改善するためブロックの容量を増やした

スケーラビリティ問題を改善するためブロックの容量を増やした

ビットコインの従来の欠点として、1つのブロックの容量が小さいことで引き起こすスケーラビリティ問題というものがありました。

 ブロック上に容量上限まで取引データが書き込まれると、処理速度が低下してしまい送金の遅延が起こってしまうのですが、ビットコインの容量は1MBと書き込める量が少なく、すぐに遅延してしまうという問題です。

したがって、アルトコインではスケーラビリティ問題を改善できるようブロックの容量を大きくしたりブロックに書き込む取引データを圧縮することでブロックの遅延が起きないようにしています。

スマートコントラクトでブロックチェーン技術を広く利用できるようにした

スマートコントラクトでブロックチェーン技術を広く利用できるようにした

アルトコインでは、ブロックチェーン技術にスマートコントラクト機能が追加されています。

 スマートコントラクトとは、契約、取引を自動化するためのプログラムのことです。これによりスマートコントラクトを利用して、サービスやアプリの開発が可能になります。

アルトコインでは、ブロックチェーン技術による高いセキュリティ性とスマートコントラクトを組み合わせているため、インターネット上でセキュリティの高いアプリや契約サービスを開発する際に便利です。

2022年度版!おすすめアルトコイン4選を紹介

2021年度版!おすすめアルトコイン4選を紹介

イーサリアム

通貨名 イーサ(ETH)
単位 ETH
プラットフォーム名 イーサリアム
時価総額 2位※2021年9月30日現在
発行上限枚数 無し

参考サイト

イーサリアム(ETH)は、時価総額ランキング2位の仮想通貨です。ビットコインには無いスマートコントラクトという機能が特徴的で、取引を自動化することが可能です。

スマートコントラクトの利用により、人間が手作業で契約書を締結する必要が無くなります。そのため、様々な分野でイーサリアムが実用化されることが期待されています。

スマートコントラクトは、保険や不動産などの業界での利用が期待できます。

また、defi(分散型金融)と呼ばれる、中央管理者が存在しない金融システムも注目されています。これにより、銀行や保険会社などの機関なしでも、金融サービスを利用できるようになります。

 銀行口座を作れない発展途上国のひとも、Defiによりお金を預けたり、遠くへ送金できるようになっています。

さらにイーサリアムのdappsという、ブロックチェーン上でソフトウェアを動作させる仕組みも、イーサリアムが注目される理由です。

ブロックチェーン上で動くことから、DEX(分散型金融)やdAppsゲーツなどの分野で実用化されており、今後さらなる広がりが期待できるでしょう。

エイダコイン

2021年度版!おすすめアルトコイン4選を紹介

通貨名

ADA(エイダコイン)

単位 ADA
プラットフォーム名 Cardano(カルダノ)
時価総額 4位
発行上限枚数 45,000,000,000ADA

※参照 https://coinmarketcap.com/ja/

エイダコインは、Cardano(カルダノ)というオンラインカジノプラットフォームで用いられる、仮想通貨です。

オンラインカジノはプログラムで動いているため、運営側にとって有利になるよう、操作されている可能性があります。このことを防ぐために開発されたのがエイダコインなのです。

 運営の不正行為を暴くのが難しいオンラインカジノを、公正なものにするのがエイダコインの目的です。

そのために活躍するのが、エイダコインに実装されているスマートコントラクトです。

この機能はイーサリアムに先に実装されたものです。しかし、エイダコインのスマートコントラクトは「Plutus(プルータス)」という名前の独自の仕組みです。

Plutus(プルータス)はイーサリアムを超えるセキュリティと機能性を目指し作られています。

そのため、機能性が評価され時価総額が上がっているのです。その機能性の高さから将来的にはカジノのプラットフォームの枠を超え、世の中全体での利用も期待されます。

また、Cardanoは承認方法として、Pos(プルーフオブステーク)を採用しています。Pos方式では、マイナー選定のランダム性が高まるため、より公平なマイニングのサポートになっています。

リップル(XRP)

2021年度版!おすすめアルトコイン4選を紹介

通貨名 XRP
単位 XRP
プラットフォーム名 リップル・ネットワーク
時価総額 7位※2021年9月30日現在
発行上限枚数 1000億枚

※参照 https://coinmarketcap.com/ja/

リップルとは、リップル社が開発した送金システムのことです。この中で利用される仮想通貨をXRPと言います。

リップルの開発目的は国際送金を迅速にすること。送金に手間や時間がかかる銀行送金と違い、世界のどこにでも瞬時に送金可能です。

 現在の国際送金は時間がかかり、コストも高いです。リップルが広まれば、国境を越えたお金の移動の際にかなり便利になること間違いなしです。

リップルは約4秒で送金し、手数料もわずか0.001ドル程度しか発生しません。こうした機能性やコスト面を評価され、様々な金融機関と提携しています。

RippleNetには世界で300以上の金融機関が参加し、日本でも有名企業・金融機関が加盟しています。

国内では、SBIや三菱UFJ銀行がリップルネットの参加企業です。

※出典:https://ripple.com/

Polkadot(ポルカドット)

2021年度版!おすすめアルトコイン4選を紹介

通貨名 ポルカドット
単位 DOT
プラットフォーム名 Polkadot(ポルカドット)
時価総額 9位※2021年9月30日現在
発行上限枚数 1,070,000,000枚

※参照 https://coinmarketcap.com/ja/

ポルカドットは様々なブロックチェーンどうしを結び、相互運用可能にすることを目標にした仮想通貨です。

これまで、仮想通貨どうしを交換するには、取引所を経由させるしか方法がありませんでした。つまり、管理者がいる機関を通す必要があったのです。

 ブロックチェーンが分散化しているのに、交換の際に取引所を通さないといけないのはよく考えると矛盾がありますね。

この問題を解決するため、ポルカドットにはインターオペラビリティ(相互運用性)と呼ばれる機能が備わっています。

これにより、ブロックチェーン同士を接続し、中央集権的な期間を一切通さないWEB3.0の世界を構築できます。

ポルカドットが広まれば、仮想通貨の交換に取引所を使う必要がなくなるかもしれません。

アルトコイン取引にオススメの取引所4選

コインチェック(Coincheck)
DMM Bitcoin
bitFlyer
(ビットフライヤー)
bitbank
(ビットバンク)
BITPoint
口座開設停止中
GMOコイン
coincheck
dmmbitcoin
GMOコイン
取引所手数料
無料
無料(BitMatch取引手数料を除く)
約定数量 × 0.01 ~ 0.15%
(単位: BTC)
メイカー:-0.02%
テイカー:0.12%
無料
メイカー:-0.01%
テイカー:0.05%
販売所手数料
無料
無料(BitMatch取引手数料を除く)
無料
無料
無料
無料
レバレッジ
なし
2倍
2倍
なし
-
2倍
最低取引額
0.005通貨単位以上
(500円相当額以上)
0.0001BTC〜
(約1,000円相当)
0.00000001BTC
(1円から取引可能)
0.0006 BTC
0.00000001BTC単位
0.0001 BTC/回
取引通貨数
17種類
14種類
14種類
9種類
7種類
16種類
キャンペーン
2,000円プレゼント※2021年12月1日(水)7時00分~2022年4月1日(金)6時59分
-
-
毎日10人に現金1,000円当たる!

コインチェック(Coincheck)

コインチェック(Coincheck)

ココがオススメ
  • ダウンロード数No.1
  • 取り扱い通貨数No.1
  • 取引所の取引手数料無料
    ※参照 https://coincheck.com/ja/

マネックス傘下の仮想通貨業者のコインチェック。取扱い通貨数は17種類と国内最多です。そのため、アルトコインの購入にも向いていると言えます。
※参照 https://coincheck.com/ja/

PC、アプリともに取引画面がシンプルで使いやすいのも特徴です。アプリはスマホから気軽に価格変動を確認でき、その場で注文できます。

 初見でも感覚で操作方法が分かる手軽さが、コインチェックアプリの魅力ですね。

また、500円からビットコインを買えるという特徴もあり、少額から手軽に仮想通貨投資を体験できます。

取扱い通貨数 17種類
レバレッジ 無し
販売所手数料 無料
取引所手数料 無料
仮想通貨の送金手数料 通貨によって変わる
入金手数料 コンビニ入金:770円から(税込み)
クイック入金:770円から(税込み)
出金手数料 出金手数料:407円(税込み)
 社名 コインチェック株式会社

※:出典:公式サイト

DMM Bitcoin

DMM Bitcoin

DMM Bitcoinのココがオススメ
  • レバレッジ取引の取扱暗号資産種類No.1
  • 初心者から上級者まで納得の取引ツール!
  • 最短1時間以内に取引スタートできる
    ※参照 https://bitcoin.dmm.com/

DMM Bitcoinは、ビットコインを含む12種類の仮想通貨を取引可能です。取扱い通貨数が比較的多く、アルトコインの取引に向いていると言っていいでしょう。

取引ツールも使いやすく、初心者から上級者まで納得できるものに仕上がっています。

 PC用、スマホ用ともに、取引ツールが高機能かつ使いやすいところに強みがあります。

口座開設手続きに時間がかからない点も特徴的で、最短1時間以内に取引スタートできます。

さらにサポートも充実しており、土日祝日も含めた365日対応可能になっています。問い合わせはフォームやLINEから行えます。

LINEでも問い合わせできるので、スマホから気軽に疑問を解消できる体制になっていますよ。
取扱い通貨数 12種類
レバレッジ 2倍
販売所手数料 無料
取引所手数料 無料※BitMatch取引手数料を除く
仮想通貨の送金手数料 無料
入金手数料 クイック入金:無料
振込入金:無料(銀行手数料は利用客負担)
出金手数料 無料
 社名 株式会社DMM Bitcoin

※出典:公式サイト

Bit Flyer(ビットフライヤー)

Bit Flyer(ビットフライヤー)

ココがオススメ
  • 様々な手数料が無料
  • かんたん操作で取引できる
  • 13種類の仮想通貨を100円から取引できる

bitFlyerはビットコインの取引所が国内№1の仮想通貨取引所です様々な手数料が無料で、販売所手数料、住信SBIネット銀行からの入金手数料などが0円です。
※Bitcoin日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 20201-12月の月間出来高(差金決済/先物取引を含む)

13種類の仮想通貨を100円から購入でき、気軽にアルトコインの購入をスタート可能です。複数のアルトコインを取引所で取り扱っており、スプレッドがかからない状態で売買できます。

取扱い通貨数 13種類
レバレッジ 2倍
※bitFlyer Lightningで可能
販売所手数料 無料
取引所手数料 0.01%-0.15%
仮想通貨の送金手数料 通貨により様々
入金手数料
  • コンビニ入金
    3万円未満:770円
    3万円以上30万円以下:1018円
    クイック入金
  • クイック入金
    3万円未満:770円
    3万円以上50万円以下:1018円
    50万円以上:入金金額×0.11% + 495 円

※全て税込

出金手数料 無料
 社名 株式会社 bitFlyer

※出典:公式サイト

GMOコイン

GMOコイン

タイトル
  • 10種類の仮想通貨をレバレッジ取引可能
  • 安心のGMOグループ
  • 2021年オリコン顧客満足度№1

インターネット関連事業の大手企業のGMOグループの仮想通貨取引所。販売所・取引所両方で売買でき、それぞれの使い分けが可能です。

 初心者の方でも使いやすい販売所、取引コストが安い取引所という具合です。

また、取扱い通貨が14種類、レバレッジ取引できる通貨は10種類です。アルトコインをレバレッジ取引したい場合にも、GMOコインは使い勝手がいいでしょう。

口座開設がスピーディな点も特徴で、手続き開始から最短10分で仮想通貨を購入できます。

現在、仮想通貨購入者の中から10名に1000円当たるキャンペーン実施中です。※キャンペーン終了時期未定
取扱い通貨数 14種類
レバレッジ 2倍
※個人の場合
販売所手数料 無料
取引所手数料  Maker:-0.01%
Taker:0.05%
仮想通貨の送金手数料 無料
入金手数料

無料(振込手数料は利用客負担)

出金手数料 無料
 社名 GMOコイン株式会社

※出典 公式サイト

今後有望なアルトコインの見分け方・選び方

すでに知名度の高いアルトコインを選ぶ

今後有望なアルトコインの見分け方・選び方

すでに知名度が高いアルトコインを選択するのは、リスクの小さい見分け方です。時価総額ランキングの上位に食い込んでいる通貨であれば、突如価値が0になることは考えにくいです。

そのため、時価総額ランキングなどをチェックし、上位の仮想通貨を購入するのは一つの戦略と言えるでしょう。

存在価値がある

今後有望なアルトコインの見分け方・選び方

世の中には数千種類のアルトコインが存在すると言われています。その中には、存在意義があるとは言えないものも存在します。

ひどいケースだと、最初から資金を集めて持ち逃げするために作られている仮想通貨も存在するのです。

 過去には、仮想通貨の価値がどんどんなくなっていき、0になってしまった仮想通貨が存在します。

このような仮想通貨には特徴があります。発行会社のプロジェクトが全く進んでいなかったり、発信している情報がおかしいといった場合は怪しむべきと言えます。

発行会社が大企業の提携などの嘘情報を流すこともあります。こうしたコインは集金目的なので気を付けましょう。

価値が無い仮想通貨に投資してしまうと、ある日突然価値が0になることもあり得ます。その仮想通貨が本当に世の中に利益をもたらすものなのかどうかを見極め、投資するようにしましょう。

発信が定期的に行われているか

今後有望なアルトコインの見分け方・選び方

きちんとした目的を持って作られた仮想通貨は、必ず情報が定期的に発信されます。たいていの場合発行会社は、ホームページやツイッターで定期的に発信しているのものです。

そのため、更新が途中で途絶えたり、そもそも情報の発信をしていない通貨は要注意。将来性が期待できない可能性が非常に高いでしょう。

 現在時価総額が高いアルトコインはみな、発行したばかりのころから盛んに情報発信をしていました。

そのため、知名度の低い仮想通貨を見極めるときは特に、情報発信の有無を確認しましょう。定期的に発信しているようであれば、将来が期待できるかもしれません。

信用できない仮想通貨は、情報発信が止まることがよくあります。
将来性を見極める重要な基準になります。

アルトコイン購入のメリット

大きく儲けるチャンスがある

アルトコイン購入のメリット

アルトコインは現在数千種類が存在します。そのため、中には非常に将来性が高いにもかかわらず、知名度が低く価格も安い通貨も存在します。

こういった通貨は今後資金が集まることで価格が高騰し、大きな利益を上げられる可能性があります。

 例えばリップルは2017年には「1XRP=3円~5円」程度の価値しかありませんでしたが、最大で「1XRP=300円」以上まで上昇しました
※参照 https://coinmarketcap.com/ja/currencies/xrp/

もちろん、多くの通貨は価格が上がらず消滅してしまうので、アルトコインを買えば絶対に儲かるわけではありません。

しかし、価格が大きく存在する仮想通貨は間違いなく存在します。こういう通貨を購入できれば、資産を大きく増やすことが出来るでしょう。

分散投資できる

アルトコイン購入のメリット

複数のアルトコインに分散投資することで、チャンスが大きくなるのもメリットと言えます。

1種類のアルトコインのみに投資すると、その通貨が暴落すると資金を一気に失ってしまいます。しかし、いくつかのアルトコインに分散投資することでリスクを軽減できます。

 複数のアルトコインに投資し、1つでも大きく価格上昇すれば利益を出せるチャンスがありますね。

アルトコインは価格が上昇するかどうかが非常に読みにくいので、様々な通貨に分散するとメリットがあるでしょう。

アルトコイン購入のデメリット

売りたいときに売れない可能性がある

アルトコイン購入のデメリット

アルトコインには現金化したいときに売れない可能性があるというリスクが存在します。ビットコインに比べ流動性が低く、売買が成立しない恐れがあるからです。

時価総額が高い通貨であれば、こういったリスクは非常に低いです。しかし、マイナーコインであればあるほど、取引が全く成立しないという事態が頻繁に起こりえます。

 知名度が低い仮想通貨を扱う際は特に、売りたいときに売れない可能性があることを理解しておきましょう。

チャート分析が効かないことが多い

取り引きされている量が少ない仮想通貨は、チャート分析が効かないことがよくあります。

チャート見ればすぐ分かりますが、マイナーなアルトコインのチャートは、ビットコインのようにきれいなグラフを描きません。

マイナーなアルトコインは取引量が少なすぎるため、チャートがいびつな形になってしまうのです。
そのため、テクニカル分析をして未来を読むという発想は通用しない可能性があると思ったほうが無難です。チャート分析が効くのはビットコインや、有名アルトコインのみと考えましょう。

よくある質問

アルトコイン取引にオススメの取引所はどこですか?
コインチェック・ビットフライヤー・DMM Bitcoin・GMOコインといった取引所がオススメです。
今後有望なアルトコインはどのように見分ければいいでしょうか?
情報発信が盛んか、社会的な存在意義があるかどうかといった視点で確認すれば、将来性がある程度確認できるでしょう。
2021年現在オススメのアルトコインはありますか?
イーサリアム・エイダコイン・リップル・ポルカドットといった仮想通貨がオススメです。
アルトコインを購入することにはどんなメリットがありますか?
大きく儲けるチャンスがあったり、分散投資が可能な点が大きなメリットと言えます。
アルトコインを購入することにはデメリットはありますか?
売りたいときに売れない可能性があったり、チャート分析が効きにくい点がデメリットと言えるでしょう。
アルトコイン投資で気を付けるべきことはなんですか?
アルトコインには中身が無いコインも存在します。そういった通貨に大きな投資をすると、資金を失うリスクがあるでしょう。
アルトコインには何種類ぐらいの種類がありますか?
全世界で1500種類以上があります。日々新しい仮想通貨が生み出されているので、今後も増えていくでしょう。
※参照 https://bitflyer.com/ja-jp/glossary/altcoin

まとめ

この記事では有望なアルトコインの見つけ方や、オススメ取引所、アルトコイン投資のメリット・デメリットを解説しました。

アルトコインは数多く存在するため、中には将来性の高い仮想通貨も存在するでしょう。

今回の記事を参考にしていただき、資産を増やしてくれそうな仮想通貨を見つけてみてください。

この機会に仮想通貨取引所の口座を作り、アルトコインを購入してみるのもいいでしょう。
仮想通貨関連記事

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事