アメックスビジネスカードの特徴

アメックスビジネスカードの7つのメリット|ゴールドと徹底比較

監修者の紹介
増田さん

監修者増田 諒

2021年1月1日現在、全国に891世帯1,257名のクライアントを抱えるコンサルタントとして活動中。年間100件の個別相談のほか「マネー・ライフプランニング」「資産運用」「保険」「確定申告」「住宅ローン」「相続」等のテーマのセミナーで登壇。

MDRT入賞 7回 ・TLC(生命保険協会認定FP) ・CFP ・IFA(証券外務員1種)・ファイナンシャルプランニング技能士1級 ・宅地建物取引士 貸金業務取扱主任者

増田 諒Masuda Ryo

法人カードを検討している企業経営者や個人事業主の方でアメックスカードについて興味があるという方も多いでしょう。

アメックスカードはクレジットカードの中でもステータス性が高くサービスが充実しており、法人向けカードであるアメックスビジネスにも同様の事がいえます。

また、ワンランク上のビジネスゴールドではアメックスビジネス以上に充実したサービスを受けられます。

今回の記事では、アメックスビジネス・ビジネスゴールドのメリット・デメリットを徹底的に比較していきます。

アメックスビジネス/ビジネスゴールドの基本情報・違いについて解説

アメックスビジネスカード/アメックスビジネスゴールドの基本情報

アメックスビジネスやビジネスゴールドがどのようなスペックを持っているかについて分からないという方も多いと思います。

まずは、アメックスビジネスの特徴やビジネスゴールドの基本的な情報について解説していきます。

アメックスビジネスの基本情報

アメックスビジネスカードの基本情報

アメックスビジネスの概要・特徴については以下の通りです。

カード名

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カード

申込条件

法人代表者または個人事業主

年会費

13,200円(税込)

追加カード1 枚につき年会費6,600円(税込)

国際ブランド

American Express

ポイント還元率 1.0%
支払い方法 1回払い/2回払い/ボーナス払い/リボ払い/分割払い
サービス

経費のお支払い
一律の制限のないご利用可能額
リボ払いサービス
ペイフレックス あとリボfor Business
クラウド会計ソフトfreee会計へのデータ連携(登録制)
オンライン・サービス
追加カード

アメックスビジネスは、中小企業経営者や個人事業主向けに作られている法人カードで、経費の支払いなどをスムーズに行い管理しやすくされたカードです。

経費の支払いの際に個人で代金を立て替えて精算するという方法が一般的ですが、法人カードを利用することで社員が立替える必要がなくなります。

アメックスビジネスゴールドの基本情報

アメックスビジネスゴールドの基本情報

アメックスビジネスゴールドの概要・特徴については以下の通りです。

カード名

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールドカード

申込条件

法人代表者または個人事業主

年会費

年会費36,300円(税込)

追加カード1 枚につき13,200円(税込)

国際ブランド

American Express

ポイント還元率 1.0%
支払い方法 1回払い/2回払い/ボーナス払い/リボ払い/分割払い
サービス

経費のお支払い
一律の制限のないご利用可能額
リボ払いサービス
ペイフレックス あとリボfor Business
クラウド会計ソフトfreee会計へのデータ連携(登録制)
オンライン・サービス
追加カード

アメックスビジネスゴールドは、アメックスビジネスのワンランク上のグレードに当たるカードです。

グレードは上がりますが、個人事業主や中小企業向けに作られているという点は変わらず、アメックスビジネスと同様の機能を持ちながらサービス内容を充実させた法人カードになります。

アメックスビジネス/ビジネスゴールドのメリット

アメックスビジネスカード/アメックスビジネスゴールドのメリット

アメックスビジネスやアメックスビジネスゴールドでは、通常のビジネスカード以上に特典が豊富で、様々なメリットがあります。

ここからは、アメックスビジネスやアメックスビジネスゴールドのメリットについて、詳しく確認していきましょう。

アメックスビジネスカードのメリット

アメックスビジネスのメリットとしては、次の7つが挙げられます。

アメックスビジネスのメリット
  • 利用可能額に制限がない

  • 「クラウド会計ソフト freee会計」へのデータ連携をしてくれる

  • 追加カードの利用限度額を個別に設定できる

  • 旅行の際のサービスが充実

  • 福利厚生プログラム「クラブオフ」が利用できる

  • ビジネス情報閲覧サービス「ジー・サーチ」の登録が無料

  • テレワークやリモートワークなどの施設の割引サービスが利用できる

それぞれのメリットについて、詳しく確認していきましょう。

利用可能額は発行時に個別で設定され、上限がない

利用可能額は発行時に個別で設定され、上限がない

アメックスビジネスでは、利用可能額には一律の制限を設けていないため、他のビジネスカードとは異なり限度額の上限が設定されていません。

 設備投資などで通常よりも高額のカードご利用時には、あらかじめ電話による相談が推奨されていますが、事前承認を得ることで高額なお支払いの際にもビジネスカードを利用できるため使いやすいです。

「クラウド会計ソフト freee会計」へのデータ連携をしてくれる

アメックスビジネスでは、有料サービスにて「クラウド会計ソフト freee会計」へのデータ連携を自動で行なってくれるサービスがあります。

アメックスビジネスを利用して経費のお支払いを行った際にfreee会計のクラウドシステムに自動で項目を入力してくれるため、経理担当者の手間を省くことが可能です。

追加カードの利用限度額を個別に設定できる

追加カードの利用限度額を個別に設定できる

アメックスビジネスでは追加カードを発行することができ、1枚1枚のカードには個別で利用限度額を設定することが可能です。

 従業員等が経費を支払う際にビジネスカードを持たせると経費精算の手間がなく非常に便利ですが、不正利用や経費流用などのリスクも考えられます。

したがって、あらかじめ限度額を設定して使いすぎないようにすれば経費の流れをコントロールできるため、経営者が監視していなくても管理しやすくなるでしょう。

旅行の際のサービスが充実

アメックスビジネスでは、旅行や出張の際に活用できるサービスが豊富で、普段の経費の支払い以外にもメリットが多いです。

アメックスビジネスの旅行関連サービス
  • 国内旅行傷害保険
    カードで支払いを行った国内飛行機・ホテルなどでの事故、病気に対して最高5,000万円まで補償してくれる

  • 海外旅行傷害保険
    カードで支払いを行った海外の飛行機・ホテルなどでの事故、病気に対して最高5,000万円まで補償してくれる
  • オーバーシーズ・アシスト
    海外滞在の際のホテル・レストランの予約やトラブルの対応などを24時間365日いつでも対応してくれるサービス
  • 空港ラウンジ
    カード会員と同伴者1名まで空港ラウンジを無料で利用できるサービス
  • 手荷物宅配サービス
    出発時には自宅から空港まで、到着時には空港から自宅までスーツケース1個を無料で届けてくれるサービス

上記のサービスが全て利用できるため、年会費以上にサービスが充実していることがわかるでしょう。

出張から社員旅行の際まで役立つため、幅広い用途で利用できます。

福利厚生プログラム「クラブオフ」が利用できる

福利厚生プログラム「クラブオフ」が利用できる

アメックスビジネスでは、国内外20万ヵ所以上の契約施設を特別優待料金でご利用いただける福利厚生プログラムである「クラブオフ」のVIP会員年間登録料が通常6,600円のところ無料となります。

本人会員だけでなく、追加カードを発行した社員も福利厚生施設が無料で利用できるため、社員のモチベーションアップにもつながります。

クラブオフの会員になるだけで年会費が6,600円分お得になるため、アメックスビジネスを持つメリットは大きいといえるでしょう。

ビジネス情報閲覧サービス「ジー・サーチ」の登録が無料

アメックスビジネスでは、「帝国データバンク企業情報」や「東京商工リサーチ企業情報」などのビジネス情報サービスを利用できる「ジー・サーチ」が無料で利用できます。

 ジー・サーチでは、他にも入札・落札公告情報、企業情報、新聞・雑誌記事、人物情報などの幅広いデータを掲載しているため、取引先や市場調査の際に役立つでしょう。

テレワークやリモートワークなどの施設の割引サービスが利用できる

テレワークやリモートワークなどの施設の割引サービスが利用できる

アメックスビジネスではテレワークやリモートワークに役立つ施設の優待が利用できます。

優待サービス
  • WeWorkのメンバーシップの特別優待サービス
    全世界38カ国150都市843拠点にあるシェアオフィスの契約料金を割引してくれる
  • OFFICE PASSの利用料金が10%OFFに
    全国200ヶ所以上のシェアオフィスやコワーキングスペースの自由席が利用できる

働き方の改革によりテレワークやリモートオフィスという働き方が多くなっている中、施設の割引サービスが利用できることは大きなメリットとなります。

アメックスビジネスゴールドのメリット

アメックスビジネスゴールドのメリット

アメックスビジネスゴールドのメリットとしては、アメックスビジネスで紹介したメリットに加えて次の4つが挙げられます。

アメックスビジネスゴールドのメリット
  • 入会特典が充実
  • カードがメタル製で高級感があり、追加カードも1枚までメタル製に
  • 高級レストランの優待サービスが利用できる
  • ホテルや飛行機のキャンセル料金を補償してくれる

それぞれのメリットについて、詳しく確認していきましょう。

入会特典が充実

入会特典が充実

ビジネスゴールドの入会特典としては、入会後から1年以内に200万円以上のカード利用で30,000ポイントがプレゼントされます。

入会後1年以内に200万円以上利用するだけで30,000ポイントがもらえて、年会費36,300円のうちの30,000円分を還元されるため、非常にお得になります。

カードがメタル製で高級感があり、追加カードも1枚までメタル製に

ビジネスゴールドのカードはメタル製であり、重厚感や高級感があります。接待や会合などのお支払いに利用しても恥ずかしくないカードで、周りから一目置かれるでしょう。

また、追加カードも1枚までメタル製になるため、従業員の方でもメタル製のカードを持つことができます。

メタル製のビジネスカードは稀少性が高いため、周りとは違うカードを持ちたい場合におすすめです。

高級レストランの優待サービスが利用できる

高級レストランの優待サービスが利用できる

ビジネスゴールドでは、全国約150店舗のレストランで2名以上のコース料理をご利用いただいた場合、1名分のコース料理が無料になるビジネス・ダイニング・コレクションが利用できます。

接待や会合の際の飲食費のお支払いや、個人的な利用の場合にも活用できる優待サービスのため非常にお得です。

ホテルや飛行機のキャンセル料金を補償してくれる

病気・ケガによる入院などで、計画していた出張へ行けなくなった場合、カードで購入したチケット・ホテル代のキャンセル費用などの損害を年間最高10 万円まで補償してくれるキャンセル・プロテクションが利用できます。

 突然のトラブルで飛行機やホテルをキャンセルしなければいけない場合に費用負担がないためもしもの際に安心できるサービスとなっています。

アメックスビジネス/ビジネスゴールドのデメリット

アメックスビジネスカード/アメックスビジネスゴールドのデメリット

アメックスビジネスやアメックスゴールドカードにはメリットもある一方で、デメリットもいくつか挙げられます。

ここからは、それぞれのカードのデメリットや欠点について、詳しく確認していきましょう。

アメックスビジネスのデメリット

アメックスビジネスのデメリットとしては、年会費が高いということが挙げられます。年会費が13,200円で通常のビジネスカードの中では非常に高い水準で、ゴールドカード級の会費です。

 また、追加カードも1枚あたり6,600円と高く、カードを発行すればするほど年会費負担が重たくなってしまうでしょう。

サービスは他のビジネスゴールドカード以上に充実していますが、コストを抑えて法人カードを持ちたい場合にはあまりおすすめできません。

アメックスビジネスゴールドのデメリット

Ipadを使用しながらテーブルの横に座っている女性

アメックスビジネスのデメリットとして挙げた年会費の高さは、ビジネスゴールドでも同様のことが言えます。

ビジネスゴールドでは年会費が36,300円と法人カードの中でもプラチナカード水準の年会費です。

さらに、追加カードは1枚あたり13,200円と、アメックスビジネス1枚分に相当するため、コスト面では重たくなってしまうでしょう。

サービス内容はプラチナカードに匹敵するものが多いため、年会費に見合うカードではありますが、法人カードのゴールドカード水準のもので十分な場合にはグレードを下げることも検討しましょう。

アメックスビジネス/ビジネスゴールドの審査に落ちる理由

アメックスビジネスカード/アメックスビジネスゴールドの審査基準は?

アメックスビジネスやビジネスゴールドの審査に落ちる原因としては、次の3つが挙げられます。

アメックスビジネスやビジネスゴールドの審査に落ちる原因
  • 年齢・申込条件を満たしていない
  • 経営者の信用情報に問題がある
  • 法人の経営実態が不明

それぞれの原因について、詳しく解説していきましょう。

年齢・申込条件を満たしていない

基本的な項目になりますが、アメックスビジネスの申込条件を満たしていない場合には、審査に落ちてしまいます。

 アメックスビジネスの申込条件は、20歳以上の法人代表者または個人事業主に限定されているため、会社員などの経営者以外の方の申込は原則できません。

法人代表者や個人事業主でない場合には個人向けのアメックスカードであれば申込可能なため、個人カードを検討しましょう。

経営者の信用情報に問題がある

経営者の信用情報に問題がある

アメックスビジネスやビジネスゴールドでは、経営する会社だけでなく、個人の収入や信用情報なども審査対象になります。

したがって、通常の個人向けクレジットカードと同様に信用情報を照会した際に問題があった場合には審査に落ちる可能性が高いです。

普段のクレジットカードの支払いや各種ローンの返済、分割払いやリボ払いなどあらゆる返済の情報が信用情報に記録されることになるため、支払いを延滞することのないよう普段から注意しましょう。

法人の事業実態が不明

法人の事業実態が不明

アメックスビジネスやビジネスゴールドの審査に落ちる原因としては事業実態が不明であるという事が考えられます。

 本当に会社が実在して、営業しているのかという事業実態が不明だと、法人カードを不正に利用される恐れがあるため、審査に通りません。

事業実態を証明するためには、次のような基準を満たしている事が必要になる可能性があります。

事業実態を証明するためのポイント
  • 事業を行う店舗や会社の住所、固定電話が存在している
  • 店舗名や会社名があり、ホームページなどが作られている
  • 法人が登記されており、法人番号がある

個人事業主の場合には店舗名や固定電話などがなく、自宅で仕事を行う人もいるため、必ずしも上記の内容を満たしている必要があるわけではありません。

 ただし、自宅で仕事をするフリーランスはそもそもビジネスカードの必要性について問われる可能性があるため、審査に落ちてしまう可能性も考えられるでしょう。

アメックスビジネスと徹底比較!おすすめの法人カードを厳選紹介

JCB一般
法人カード
アメックス
ビジネスカード
セゾンプラチナ
ビジネスアメックス
JCB 法人一般カード 券面画像
アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カード
セゾンプラチナ・ビジネスプロ・アメックス
年会費
WEB入会で初年度無料/2年目以降1,375円税込
弊サイトから申込みで初年度無料/2年目以降13,200円税込
初年度無料
2年目以降22,000円税込
還元率
0.5%
1.0%
0.5%
発行
2〜3週間程度
1~3週間
1~3週間
国際ブランド
JCB
AMEX
AMEX
特典
キャンペーン
新規入会+利用で最大20,000円分プレゼント
本ぺージからのお申し込みで初年度年会費無料
永久不滅ポイント3,000円相当プレゼント
申込対象
18歳以上
法人または個人事業主
20歳以上
法人の代表者または個人事業主
法人代表者または個人事業主

JCB一般法人カード

JCB 法人一般カード 券面画像

JCB一般法人カードのおすすめポイント
  • リーズナブルでお手頃な年会費
  • ETCカードの年会費無料
  • ビジネスに役立つサービスが豊富

JCB一般法人カードの特徴は、年会費がお手頃なことです。一般的に法人カードの多くは年会費が10,000円以上ですが、JCB一般法人カードなら1,000円台で発行できます。

またETCカードの年会費は無料のため、コストを抑えられます。魅力的な年会費ながら、ビジネスのための付帯サービスは十分に備わっていることも、JCB一般法人カードのメリットです。

国際ブランド JCB 年会費(税込) 1,375円
通常ポイント還元率 0.5%
※1,000円(税込)につき1ポイント付与、1ポイント=5円相当として何円分のポイントが付与されるかを基に還元率を算出しております。
ポイント期限 2年
ETCカード年会費
(税込)
無料 追加カード年会費
(税込)
1,375円
国内旅行保険 最高3千万円 海外旅行保険 最高3千万円
締め日・支払い日 15日締め/翌月10日払い 申込対象 18歳以上(法人または個人事業主

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カード

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カード

アメックスビジネスのココがおすすめ
  • ビジネス情報サービスの年会費無料
  • 福利厚生プログラムの登録無料
  • 充実の出張サポートサービス

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードは、アメックスの法人カードでは一般カードにあたるカードです。法人代表者だけでなく、個人事業主の方でも発行できます。

特徴は、ビジネスのためのサービスがお得に利用できることです。取引先情報や市場動向を調べるのに便利なビジネス情報サービス”G-Search”は、年会費無料で利用できます。

会員と社員のための福利厚生プログラムや、出張をサポートしてくれるサービスも充実しています。

国際ブランド American Express 年会費(税込) 13,200円
通常ポイント還元率 1.00%
※100円につき1ポイント付与
ポイント期限 最大3年
ETCカード年会費
(税込)
550円 追加カード年会費
(税込)
6,600円
国内旅行保険 最高5千万円 海外旅行保険 最高5千万円
締め日・支払い日 口座振替金融機関により異なる 申込対象 法人代表者または個人事業主

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレスカード

セゾンプラチナ・ビジネス・アメックス

セゾンプラチナビジネスアメックスのおすすめポイント
  • ポイントは有効期限のない永久不滅ポイント
  • 業務が効率化するビジネスサービス
  • 出張時も安心の保険サービス

セゾンプラチナ・ビジネス・アメックスは、セゾン・アメックス法人カードのプラチナランクに値する1枚です。ワンランク上のサービスが用意されています。

出張先でも安心の手厚い旅行保険サービスや、プラチナ会員専用のコンシェルジュサービスなどが利用できるので、ビジネスに役立つでしょう。

ポイントアップサービスが豊富なため、貯まったポイントは事業用の商品購入などに利用すれば、経費の削減にも繋がります。

国際ブランド American Express 年会費(税込) 22,000円
通常ポイント還元率 0.50%
※200円につき1ポイント付与
ポイント期限 無期限
ETCカード年会費
(税込)
無料 追加カード年会費
(税込)
3,300円
国内旅行保険 最高1億円 海外旅行保険 最高5千万円
締め日・支払い日 10日締め・翌月4日支払い 申込対象 法人代表者または個人事業主

出典:公式サイト

まとめ

今回は、アメックスビジネス・ビジネスゴールドのメリット・デメリットや審査基準について解説しました。

アメックスビジネスは法人カードの機能に加えて、旅行や出張時に役立つサービスが豊富です。

他の法人カードよりも年会費が高いというデメリットはありますが、年会費以上の機能を持ち合わせているため、経費の支払いをスマートに行いたいという方は申込を検討してみてはいかがでしょうか。

クレジットカード関連記事

 

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事