アービトラージ

仮想通貨アービトラージは儲からない?やり方やリスクなどを解説

監修者の紹介
増田さん

監修者増田 諒

2021年1月1日現在、全国に891世帯1,257名のクライアントを抱えるコンサルタントとして活動中。年間100件の個別相談のほか「マネー・ライフプランニング」「資産運用」「保険」「確定申告」「住宅ローン」「相続」等のテーマのセミナーで登壇。

MDRT入賞 7回 ・TLC(生命保険協会認定FP) ・CFP ・IFA(証券外務員1種)・ファイナンシャルプランニング技能士1級 ・宅地建物取引士 貸金業務取扱主任者

増田 諒Masuda Ryo

「リスクを抑えて投資を始めたい」「初心者におすすめの仮想通貨取引は?」このような悩みを持つ方には、アービトラージがおすすめです。

しかし、どのような取引の仕組みなのか、禁止されているのかなど、詳しく知りたい方も多いでしょう。そこで今回は、仮想通貨アービトラージは儲からないのか、リスクややり方などを詳しく解説します。

アービトラージが始められるおすすめの取引所も紹介するので、ぜひ参考にしてくださいね。

仮想通貨アービトラージは儲かる?儲からない?

そもそも仮想通貨アービトラージとはどのような特徴を持つのか、詳しく解説します。

アービトラージとは

複数の仮想通貨の画像

そもそもアービトラージとは裁定取引のことを言います。

 商品同士の価格差や金利差に着目して売買を行うことで、利益を得るという手法です。

具体的には安く買って高く売る取引のことで、代表的な活用先としては、株価指数等の現物価格と先物価格を利用した取引などが挙げられます。

もちろん仮想通貨でも価格差が発生するため、アービトラージを行うことは可能です。

複数の口座が必要

アービトラージをするには、あらかじめ複数の取引所に口座を開いておく必要があります。さらに、いつも安い・高い口座はないので、信頼できる取引所に3つ以上口座を開いておくと良いでしょう。

価格差が起こる原因

価格差が起こる要因としては、仮想通貨の価格は需要と供給によって常に変動していることが挙げられます。仮想通貨の需要量は価格が上昇すると減少し、供給量は価格が上昇すると増加する仕組みです。

 売りたい人が多いと価格は下がり、買いたい人多いと価格は上昇します。

その他、需要と供給だけではなく、スプレッドと呼ばれる取引所に支払う手数料によっても、多少の価格差は起こります。理屈が理解できれば、そこまで難しい取引ではないことが分かります。

リスク

スマホの画像

投資にリスクは付き物です。しかし、理論上では、アービトラージはリスクなしで取引を行うことができます。

例えばA取引所で仮想通貨を120円で売却し、B取引所で80円で購入したケースで見ていきましょう。

値上げした場合と値下がりした場合の利益は?

その後、仮想通貨が200円に値上げした場合と50円に値下がりした場合の利益は、以下の通りです。

A取引所の売却分 B取引所の購入分 損益
200円に値上げした場合 120円-200円=-80円 200円-80円=120円 40円の利益
50円に値下がりした場合 120円-50円=70円 50円-80円=-30円 40円の利益

値上げしたケースでも値下がりしたケースでも、利益が出ていることが分かります。

つまり、アービトラージでは価格の変動に関わらず利益が得られる仕組みであるため、理論上ノーリスクで取引が可能です。

ローリスク・ローリターンでの投資方法であるため、リスクを抑えて投資を始めたい、初心者の方にはぴったりです。

必要なツールやアプリ

スマホの画像

アービトラージで利益を出すためには、取引所ごとの価格を把握することが大切ですが、こまめに取引所ごとの価格を見るのは手間がかかります。

取引所を全て調べているうちに、相場が変わってしまう可能性もあるでしょう。そのような場合には、ツールやアプリを利用することがおすすめです。

 例えば「Cryptopippi」では、チェックしている取引所間での価格の差を簡単に比較することが可能です。

このような便利なツールやアプリは数多く存在するので、使いやすいツールを利用すれば、快適に取引を行うことができます。

仮想通貨アービトラージは禁止されている?

仮想通貨アービトラージを取引所で行うことは禁止されているのか、詳しく解説します。

アービトラージは違法?

法律の画像

結論から申し上げますと、アービトラージは違法ではないので安心してください。ひとくちにアービトラージと言っても、以下の4種類があります。

スワップアービトラージ 取引所間の価格差を狙って利益を出す方法
3通貨アービトラージ 複数の仮想通貨を交換しながら利益を得る方法
業者間アービトラージ 高い取引所で空売りしてから購入する方法
ボーナスアービトラージ 口座開設や入金時などに業者から受け取ったボーナスを、別口座に移して利益を出す方法

上記のアービトラージは全て、取引所から不正行為とみなされることや、違法とみなされる心配はありません。

アービトラージは禁止?

禁止の画像

結論から申し上げますと、仮想通貨のアービトラージは禁止されていません

ただし、業者間アービトラージやボーナスアービトラージに関しては、取引所で禁止されていることが多いので注意が必要です。

業者間アービトラージとは?

業者間アービトラージとは、2つの業者を利用して行う両建てを使ったアービトラージのことを言います。

 両建てとは、同じ銘柄の「買いポジション」と「売りポジション」を同時に保有することです。

両建てを行うと値動きの影響を受けなくなるため、フェアな取引ではなくなってしまうので、禁止している取引所は多いです。違法ではないものの禁止行為であるため、両建てを駆使したアービトラージはしないようにしましょう。

ボーナスアービトラージとは?

ボーナスアービトラージとは、口座開設や入金時などに業者から受け取ったボーナスを、別口座に移して利益を出す方法です。

基本的にボーナス自体は出金できない仕組みなのですが、ボーナスを使った取引で得た利益を出金することは可能です。

このような仕組みを悪用した行為は、違法ではないものの禁止行為であるため、ほとんどの取引所では禁止されています。

仮想通貨アービトラージのメリット

仮想通貨アービトラージは儲かるのか、3つのメリットを解説します。

深い知識がなくても取引できる

本と眼鏡の画像

アービトラージは、仮想通貨取引の深い知識を持っていなくても取引を始めることができる点がメリットです。

売買したい銘柄が決まったら、取引所ごとの価格を比較して、安く買って高く売る、という方法を繰り返すだけでコツコツ利益を重ねることができます。

 通常の取引では、銘柄ごとの変動のタイミングについて、深い知識を持っていないと対応できないことが多いです。

その点アービトラージなら、取引所ごとの価格だけを把握していれば、初心者でも取引を行うことが可能です。ある程度の知識が必要な仮想通貨取引において、シンプルさが大きなメリットと言えるでしょう。

価格変動を待つ必要がない

PCの画像

アービトラージは、取引所ごとの価格差で利益を出す方法であるため、その銘柄自体の価格変動はそこまで重要ではありません。価格が変動するタイミングを待つ通常の取引と違って、取引できるチャンスが多いことがメリットです。

スプレッドも気にしなくて良い

通常の取引では、スプレッドという手数料を考慮した上で、取引の機会を待つ必要があります。

 なぜなら、価格がスプレッドよりも値上がりしていないと、利益を出すことができないからです。

価格変動のタイミングを知るためには経済ニュースをチェックすることや、分析ツールなどを使って相場を予測することが必要です。

しかし、価格変動を待つ必要がなければ、このような手間を省くことができます。

通常の取引よりリスクを抑えられる

PCの画像

先ほどお伝えした通り、アービトラージでは価格変動を待つ必要がないため、通常の取引よりも、リスクを抑えて取引を行うことが可能です。

値上がり益・値下がり益を狙った取引はハイリスクであるため、値動きが大きい銘柄は、購入後に暴落する危険性もあります。

 その点アービトラージなら、購入してすぐに売却するので、保有している間に価格が大きく下がってしまうというリスクを下げることもできます。

できるだけリスクを抑えて投資をしたい、という方にも向いています。

仮想通貨アービトラージの注意点

仮想通貨アービトラージを行う際の注意点は以下の通りです。

送金までに価格差がなくなる可能性がある

時計の画像

アービトラージでは、A取引所で購入した仮想通貨を、B取引所に送金するということが必要です。

送金するまでに時間がかかってしまうと、その間に相場が変動して価格差が変わってしまう可能性があります。

 仮想通貨は一般的に値動きが大きい商品であるため、短時間でも相場が変動することは十分に考えられます。

タイミングによっては損失が発生してしまう可能性もあるので、気を付けるようにしてください。

価格差がないと取引できない

コインの画像

アービトラージは、取引所ごとの価格差を利用して取引を行う仕組みです。そのため、価格差が出るまで待つ必要があります。

利益が出るような価格差ではない場合、取引所ごとの価格変動をチェックし続けなければなりません。時間に余裕がない方はデメリットに感じるでしょう。

利益を出したい方は、ある程度の時間を確保した上で、取引のチャンスが来るまで長時間待機することがおすすめです。

稼げる金額が小さい

コインの画像

取引所間の価格差で得られる利益はそこまで大きいわけではないので、1回の取引で稼げる金額が小さい点がデメリットです。

 たくさん稼ぐためには複数回取引を積み重ねる必要があるため、一気に稼ぎたいという方には向いていないと言えるでしょう。

基本的に投資では、リスクを抑えた取引ほど、利益も少ない傾向があります。

仮想通貨アービトラージのやり方

これからアービトラージを始める方向けに、やり方を解説します。

単純売買で価格差分を儲ける

コインの画像

仮想通貨を安く購入し、高く売却するという、最も単純な手法です。必要な資本が比較的少なく、信用取引手数料もかからないメリットがあります。

ただし、取引所間の送金には、30分程度かかることも多く、その間に価格差がなくなってしまう可能性があるので注意が必要です。

仮想通貨の価格は、短時間で大きく変動することも少なくないので、タイミングによっては、損失を出してしまうこともあるでしょう。

空売りを利用して利益を固定する

コインの画像

価格が高いときに売却し、下がってから買い戻すことを空売りと言います。この空売りを利用して、利益を固定する手法です。

空売りは、通貨を保有していなくても証拠金を担保に通貨を売却することが可能です。

 通常の取引では、価格が上昇しければ利益を出すことができません。

一方、空売りなら下降したタイミングでも利益を出すことが可能であるため、利益を出せるチャンスが2倍に増えます。

空売りの特徴

取引所間で送金する間に価格変動が起こっても、売却する取引所で空売りすることで、価格が固定できる点がメリットです。

この手法のメリットは、価格変動のリスクが小さいので、安定して利益を生み出すことができる点が挙げられます。

しかし、空売りするための証拠金が必要であることや、利用する取引所が増えるだけ証拠金が必要になる点がデメリットです。

価格差が収束するのを待つ

チャートの画像

価格差が解消されて、同じ価格になったタイミングで決済する手法です。

 空売りによって価格を固定するまでは、先ほどの手法と同様ですが、その後は価格差がなくなるタイミングを待ち、各取引所で決済を行います。

取引所間で送金を行う必要がないので、資金が少なくてもレバレッジをかけてアービトラージを行うことができます。

ロスカットに注意が必要

レバレッジ取引では、価格差がなくなるのを待っている間に、ロスカットが発生するリスクがあることを覚えておきましょう。

ロスカットとは、一定の水準以上の損失が発生した場合に、さらなる損失の拡大を防ぐため保有ポジションが強制的に決済されることを言います。

仮想通貨アービトラージを始めるのにおすすめの取引所

ここからは、アービトラージにおすすめの取引所を厳選して紹介します。

Coincheck

Coincheck(コインチェック)

Coincheckのおすすめポイント
  • クイック入金サービスも対応している
  • 親会社が東証一部上場企業である安心感
  • シンプルで操作性に優れたアプリ
  • 送金・入金手数料は無料
  • アプリは2021年上半期ダウンロード数国内No.1※

Coincheck「アプリ」

Coincheckは送金・入金手数料は無料なので、コストを抑えてアービトラージが可能です。クイック入金サービスも対応しています。

 東証一部上場企業のマネックスグループが親会社であるため、セキュリティ面でも安心感があるでしょう。

初心者にも使いやすい、シンプルで操作性に優れたアプリが用意されています。実際に、2021年上半期ダウンロード数国内No.1を記録しました。

Coincheckの基本情報

取引所名 Coincheck
取り扱い銘柄数 17種類
取引手数料
  • 取引所:-
  • 販売所:スプレッド
最小注文数量 0.001BTC(500円相当額)

出典:Coincheck

DMM Bitcoin

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)

DMM Bitcoinのおすすめポイント
  • 送金手数料が無料
  • 仮想通貨レバレッジ取引にも対応している
  • DMMグループの傘下でありセキュリティ体制やサポート体制も安心できる
  • 申し込みから最短1時間で取引が開始できる
  • LINEからでも問い合わせができる

DMM Bitcoin (DMMビットコイン)は送金手数料が無料であるため、アービトラージにおすすめの取引所です。DMMグループの傘下であるため、セキュリティ体制やサポート体制も安心できる点が強みです。

 申し込みから最短1時間とスピーディーに取引が開始できます。

仮想通貨レバレッジ取引にも対応しているので、少ない資金で効率よく取引したい方にはぴったりでしょう。

DMM Bitcoinの基本情報

取引所名 DMM Bitcoin
取り扱い銘柄数 15種類
取引手数料
  • 取引所:無料
  • 販売所:無料

※BitMatch取引手数料を除く

最小注文数量 1,000円

出典:DMM Bitcoin

bitFlyer(ビットフライヤー)

bitFlyer(ビットフライヤー)のおすすめポイント
  • 申し込みから最短即日で取引が始められる
  • セキュリティレベルの高いコールドウォレットで資産を保護
  • Tポイントからビットコインを交換できる
  • 「ビットコインをもらう」サービス経由で仮想通貨がもらえる
  • 直感的に操作できる使いやすいアプリ

bitFlyer(ビットフライヤー)は申し込みから最短即日で取引が始められるので、アービトラージのチャンスを逃すことがありません。

 セキュリティレベルの高いコールドウォレットが採用されているので、大切な資産をしっかりと保護してくれます。

Tポイントからビットコインを交換できるなど、他社にはない独自のサービスが魅力です。

bitFlyer(ビットフライヤー)の基本情報

取引所名 bitFlyer
取り扱い銘柄数 14種類
取引手数料
  • 取引所:0.01 – 0.15%
  • 販売所:無料
最小注文数量 Lightning FX : 0.01 BTC(10,000円)
Lightning Futures:0.001 BTC(1,000円)

出典:bitFlyer(ビットフライヤー)

まとめ

今回は、仮想通貨アービトラージは儲からないのか、リスクややり方などを詳しく解説しました。理論上ではリスクなしで取引を行うことができるため、リスクを抑えて投資を始めたい初心者の方にはぴったりの手法です。

ただし、違法性はありませんが、ボーナスアービトラージに関しては、取引所で禁止されていることが多いので注意が必要です。

アービトラージはシンプルで分かりやすい点が魅力なので、これから仮想通貨取引を始めたい方は、ぜひ活用してみてください。

仮想通貨に関する関連記事

 

 

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事