bitbankの口コミ・評判|メリット・デメリットや買い方を解説

bitbankの口コミ・評判|メリット・デメリットや買い方を解説

監修者の紹介
増田さん

監修者増田 諒

2021年1月1日現在、全国に891世帯1,257名のクライアントを抱えるコンサルタントとして活動中。年間100件の個別相談のほか「マネー・ライフプランニング」「資産運用」「保険」「確定申告」「住宅ローン」「相続」等のテーマのセミナーで登壇。

MDRT入賞 7回 ・TLC(生命保険協会認定FP) ・CFP ・IFA(証券外務員1種)・ファイナンシャルプランニング技能士1級 ・宅地建物取引士 貸金業務取扱主任者

増田 諒Masuda Ryo

仮想通貨投資を始めてみたいけど、どの取引所が自分に最適か悩みませんか?

bitbankは国内の仮想通貨取引所の中でも取引所取引の取引量がNo,1となっており、取引所を中心に取引したい方におすすめです。

しかし、bitbankのメリット・デメリットを分析して自分に合っている取引所かどうかはしっかりと分析する必要があります。

今回の記事では、bitbankの口コミ・評判やメリット・デメリットについてわかりやすく解説していきます。

bitbankとは?基本情報と取扱銘柄

bitbank(ビットバンク)

まずは、bitbankの基本的な情報について、詳しく確認していきましょう。

bitbankの基本情報

取り扱い通貨数 12種類
取引手数料 Taker:0.12%
Maker:-0.02%
入金手数料

銀行振込
無料(別途銀行所定の振込手数料がかかります。)

出金手数料 3万円未満:550円
3万円以上:770円
入庫手数料 無料
出庫手数料 仮想通貨によって異なる
BTC:0.0006BTC
レバレッジ 無し
口座開設日数 申し込みから最短翌日

取り扱い銘柄の種類

取り扱い銘柄の種類

bitbankで取り扱う仮想通貨の種類は以下の12種類です。

bitbankの取り扱い銘柄
  • ビットコイン
  • リップル
  • ライトコイン
  • イーサリアム
  • モナコイン
  • ビットコインキャッシュ
  • ステラルーメン
  • ベーシックアテンショントークン
  • オーエムジー
  • シンボル
  • チェーンリンク

bitbankでは、2021年12月3日に新たな銘柄としてチェーンリンク(LINK)の取り扱いを開始しました。日本円だけでなくビットコインを使ってチェーンリンクの購入ができるため、この機会に取引を始めてみるのがおすすめです。

bitbankを利用する4つのメリット

bitbankのメリット

bitbankのメリットとしては、以下の4点が挙げられます。

bitbankのメリット
  1. 取引所取引で扱う銘柄が豊富

  2. Maker手数料が-0.02%

  3. 日本円だけでなく、ビットコインで全銘柄の取引ができる
  4. アプリ・ツールが使いやすい

それぞれのメリットについて、詳しく確認していきましょう。

取引所取引で扱う銘柄が豊富

取引所取引で扱う銘柄が豊富

bitbankでは、12種類の仮想通貨を取り扱っていますが、全ての銘柄が取引所取引で購入できるというメリットがあります。

仮想通貨の取引には販売所取引と取引所取引が利用可能ですが、取引所取引ではスプレッドがかからず、板注文ができるため、使いやすいと感じる人も多いです。

多くの仮想通貨を取り扱う取引所でも、取引所取引に対応する銘柄は少ない場合があるため、より多くの銘柄を取引所で購入したい方はbitbankがおすすめです。

Maker手数料が-0.02%

Maker手数料が-0.02%

bitbankの取引所取引では、Maker手数料が-0.02%となっており、Maker注文を出すことで手数料収入を受け取ることができます。

 そもそも取引所注文には注文を出す人(Maker)と板にある注文を見て成行注文を行う人(Taker)の2種類の注文方法が利用可能です。

Takerの場合には0.12%の手数料がかかってしまいますが、Makerであれば取引が成立するほど受け取れる手数料が増えてお得になります。

さらに、bitbankでは12種類の仮想通貨全てが取引所で取引できるため、どの銘柄でもMaker注文を活用すればお得に取引を始められることがメリットです。

日本円だけでなく、ビットコインで全銘柄の取引ができる

日本円だけでなく、ビットコインで全銘柄の取引ができる

bitbankでは、日本円を使って仮想通貨を交換するだけでなく、ビットコインを使って他の仮想通貨全てに交換することができます

 例えば、最初はビットコインの投資を始めてビットコインを持っていた場合でも、後から他の通貨が上がりそうだなと思った際に持っているビットコインを使って仮想通貨の購入ができます。

投資に回せる資金が少ない場合でも持っているビットコインを売却せずにそのまま他の通貨へ交換できるため、取引しやすいと言えるでしょう。

アプリ・ツールが使いやすい

アプリ・ツールが使いやすい

bitbankはシンプルで軽量かつ高性能なスマホアプリ、PCツールを提供しており、取引しやすいことがメリットです。

 チャートも取引も24時間365日リアルタイムで更新され、PCツールでは60種以上のテクニカル指標を使ってチャートの分析を行うことができます。

スマホアプリもスピード注文に対応しており、ワンタップで簡単に注文ができるため、外出先でも仮想通貨の取引が手軽です。

上記のように、しっかりとテクニカル分析を行いたいという方はPCで、外出先でも手軽に取引を行いたいという方はスマホアプリから取引を始めてみましょう。

bitbankの4つのデメリット

bitbankのデメリット

bitbankのデメリットとしては、以下の4点が挙げられます。

bitbankのデメリット
  1. レバレッジ取引に非対応

  2. 仮想通貨の種類がやや少なめ

  3. Taker手数料が0.12%と高い
  4. 注文方法やサービスなどが少ない

それぞれのデメリットについて、詳しく確認していきましょう。

レバレッジ取引に非対応

bitbankでは、レバレッジ取引のサービスが終了しているため、レバレッジをかけた取引を行うことができません

より効率的に資金を増やしたいという場合にはレバレッジをかけて取引できる資金を増やす方法が効果的です。

したがって、レバレッジ取引を行いたい場合には、対応している取引所の口座開設を行う必要があるでしょう。

仮想通貨の種類がやや少なめ

仮想通貨の種類がやや少なめ

bitbankでは、取り扱う仮想通貨の種類が12種類と国内取引所の中では平均的です。仮想通貨は全世界で100種類以上も提供されているため、どの銘柄が将来的に伸びるかは予測できません。

 最初から取引できる銘柄が少ないとチャンスを逃してしまう可能性があるため、より多くの銘柄から選びたい人は、Coincheckなどの仮想通貨の種類が多い取引所がおすすめです。

ビットコインやイーサリアムなどの主要な仮想通貨から始めたいという場合には、bitbankでも問題なく取引ができるでしょう。

Taker手数料が0.12%と高い

Taker手数料が0.12%と高い

メリットの部分でも触れましたが、bitbankの取引所取引のTaker手数料は0.12%と、他の取引所取引に比べて高いというデメリットがあります。

 Maker手数料は-0.02%と抑えられている分、Taker手数料が割高になっているため、Takerで注文を出すことが多いという場合には、Taker手数料の安い取引所がおすすめです。

仮想通貨取引所のMaker、Taker手数料については、Coincheckのようにどちらも無料な場合もあれば、bitbank、GMOコインのようにMaker手数料をマイナスに設定してTaker手数料が高くなるパターンもあります。

したがって、bitbankで取引所取引を行うのであれば、Makerで注文を出した方がお得であるといえるでしょう。

注文方法やサービスなどが少ない

注文方法やサービスなどが少ない

bitbankでは、取引所取引、販売所取引の現物取引にしか対応しておらず、他の取引所と比べるとサービスや取引方法が少ない傾向にあります。

 例えば、他の取引所では、仮想通貨の積立購入ができる場合や保有する仮想通貨を貸し出すことで金利に応じた収入が受け取れるレンディングサービスなどが利用可能です。

取引が1つしかないというのはシンプルでわかりやすいという側面もありますが、積立購入やレンディングサービスはメリットも大きいため、利用できないのは心許ないかもしれません。

bitbankの口コミ・評判

bitbankの口コミ・評判

bitbankの基本的な情報やメリット・デメリットについて確認しましたが、実際の利用者がどう思っているのかについて気になるという人もいるのではないでしょうか。

ここからは、bitbankの口コミ・評判について、良い評価と悪い評価に分けて解説していきます。

良い口コミ・評判

良い口コミ・評判

bitbankの良い口コミ・評判については、以下のものが挙げられます。

アルトコインを取引所で取引したい場合におすすめ

bitbankの良い点としては、アルトコインの取引所取引が豊富な点です。スマホアプリからでも取引所取引を行うことができて、チャートも見やすく取引しやすいです。

取引所取引であれば、スプレッドがかからないため、取引コストが低いのも良いポイントです。

スマホアプリが使いやすくて愛用しています。

bitbankは取引できる通貨の数も多く、他の取引所に比べてアプリが使いやすいと思います。チャートも見やすいですし、ワンタップで簡単に注文できるため、愛用しています。
手数料の安さとチャートの見やすさが決め手でした

チャートが見やすいという口コミを参考にして口座開設しましたが、評判の通りデザインやレイアウトが良くチャートが見やすいと感じました。

デザインが良いだけでなく、手数料も安いためとても使いやすいです。

取引所取引が充実している点や手数料の安さなどメリットで解説した部分を評価する声が多くありました。

一方で、多くの人がチャートの見やすさについて言及しており、アプリやツールが使いやすいという評判が多いです。
仮想通貨の取引アプリはFXや株式投資のツールに比べて使いにくいものも見受けられますが、bitbankなら安心して利用できる可能性が高いです。

悪い口コミ・評判

悪い口コミ・評判

bitbankの悪い口コミ・評判については、以下のものが挙げられます。

スマホでチャートを見ながら注文できるようにしてほしい

スマホアプリでもチャートが見やすくて良いなと思っていますが、損切り注文などをしたい場合にチャートを見ながら注文できないのが不便です。

注文の段階で価格が動いていることもあるので使いにくさを感じました。

出金手数料がかかるのは地味に痛手

bitbankの取引手数料は評価できるポイントだが、出金手数料550円がかかるのは厳しいです。。他の取引所では全部の手数料が無料な場所もあるため、唯一使いにくいと感じました。
スマホアプリの中でもチャートを見ながら注文できないことに不便さを感じている人がいました。
仮想通貨の取引アプリはどの取引所でも機能性が充実していない場合が多いです。今後、アプリのアップデートなどで機能が追加されることやツールのリニューアルに期待しましょう。

bitbankと徹底比較!おすすめの仮想通貨取引所5選をチェック

コインチェック(Coincheck)
DMM Bitcoin
BITPoint
bitFlyer
(ビットフライヤー)
GMOコイン
coincheck
dmmbitcoin
bitFlyer
GMOコイン
取引所手数料
無料
無料
(BitMatch取引手数料を除く)
無料
約定数量 × 0.01 ~ 0.15%
(単位: BTC)
メイカー:-0.01%
テイカー:0.05%
販売所手数料
無料
無料
(BitMatch取引手数料を除く)
無料
無料
無料
レバレッジ
なし
2倍
なし
最大2倍
2倍
最低取引額
0.005通貨単位以上
(500円相当額以上)
0.0001BTC〜
(約1,000円相当)
0.00000001BTC単位
0.00000001BTC
(1円から取引可能)
0.0001 BTC/回
取引通貨数
18種類
19種類
12種類
15種類
20種類
キャンペーン・特典
本人確認と入金で
BTC2,500円分
プレゼント
新規口座開設でもれなく即時2,000円プレゼント!
※2022年4月1日(金)7時00分~2022年8月1日(月)6時59分
BTC+ADA+DEP合計3,000円相当プレゼント!
公式サイトをチェック!
シンボルの預入または購入で総額100万円相当山分け!
※2022年4月21日11:59まで
公式サイトをチェック
毎日10人に現金1,000円当たる!

Coincheck(コインチェック)

Coincheck(コインチェック)

Coincheckの特徴
  • 豊富な17銘柄の仮想通貨
  • 取引所取引の手数料がTaker、Makerともに無料!
  • 積立購入や貸暗号資産でリスクを抑えることができる
  • Coincheckつみたてで毎月一定額自動で積立が可能
  • 保有する仮想通貨を貸し出して利息収入を得られる

老舗企業の仮想通貨取引所であるコインチェックは、アルトコイン含む仮想通貨が17銘柄もあるので初心者の方にもおすすめできます。

また、Coincheckつみたてでは暗号資産を毎月一定額自動で積立し、安定した投資ができるサービスを展開しています。リスクを抑えることが可能です。

さらに、貸仮想通貨を利用することで、保有する仮想通貨を貸し出して利息収入を稼ぐことができるため、長期的に稼ぎたいという人におすすめです。

Coincheckのアプリも使いやすいデザインが人気で、ダウンロード数は国内№1を誇ります。

取扱い通貨数 17種類
レバレッジ

無し

販売所手数料 無料
取引所手数料 無し
主な通貨の送金手数料

通貨によって異なります。
※コインチェックユーザー間無料

取引手数料
  • コンビニ入金
    3万円未満:770円
    3万円以上30万円以下:1018円
  • クイック入金
    3万円未満:770円
    3万円以上50万円以下:1018円
    50万円以上:入金金額×0.11% + 495 円

※全て税込です。

出金手数料
407円(税込)
社名
コインチェック株式会社

DMM Bitcoin

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)

DMM Bitcoinの特徴
  • レバレッジ取引できる仮想通貨の種類が№1※公式より
  • 機能が豊富で使いやすい取引ツール
  • 取引手数料・出金手数料が無料※BitMatch取引手数料を除く
  • 最短1時間以内に取引開始可能
  • スマホアプリもPC版に匹敵する高機能

DMM Bitcoinは、ビットコインはもちろん、イーサリアムなど将来有望なアルトコインを含む19種類の仮想通貨を取り扱っています。また、レバレッジ取引にチャレンジしたい方でも2倍まで対応しています。

また、BitMatch注文というDMM Bitcoinが提供する販売所価格の中値で買い手と売り手がマッチングした際に取引が成立するという取引方法が可能です。

 販売所取引では、買値と売値にスプレッドが上乗せされていますが、BitMatch注文を利用することでスプレッドを気にせず取引ができることが大きなメリットです。

また、入金手数料、出金手数料が無料で利用できるため、頻繁に口座資金を移動する人にも使いやすいです。

さらにレバレッジ取引を行うことでより資金効率を高めて取引を行うことができます。

取扱い通貨数 19種類
レバレッジ 2倍
販売所手数料 無料
取引所手数料 無料
主な通貨の送金手数料 無料
取引手数料 無料
※レバレッジ手数料は0.04%/建玉ごと
出金手数料
無料
社名
株式会社DMM Bitcoin

新規口座開設キャンペーン!もれなく即時で2,000円プレゼント
※2022年4月1日7:00〜2022年8月1日6:59

BITPoint(ビットポイント)

BITPoint(ビットポイント)

BITPointのココがオススメ
  • 出来高ランキングが国内№1※公式より
  • 国内で唯一トロン・エイダ・ジャスミーを取扱い中
  • 初めてでも直感的に使用可能なスマホアプリ
  • さまざまな手数料が無料
  • レンディングで仮想通貨を増やすことも可能
  • 最短当日から取引スタートできる

BITPointは、出来高ランキングが国内№1の取引所で、2022年3月現在ではほかの取引所では取扱いの無いエイダジャスミートロンといった仮想通貨を売買できるのが特徴的です。※公式より

また、様々な手数料が無料に設定されており、コストが安く済むのもBITPointの強みと言えます。

 即時入金手数料・取引手数料・仮想通貨の入出金などを0円で行えます。

さらに、仮想通貨を貸して増やせるレンディングサービスも行っています。一定期間仮想通貨を貸し出すと、堅実に所有数量を増やすことができます。

口座開設のスピードの速さも特徴的。スマホからの申し込みで、最短当日にエイダコインを購入可能です。

取扱い通貨数 12種類
レバレッジ 2倍
販売所手数料 無料
取引所手数料 無料
仮想通貨の送金手数料 無料
入金手数料 振込入金:振込手数料のみ
即時入金:無料
出金手数料 無料
社名 株式会社ビットポイントジャパン

bitPOINT キャンペーン

  • 口座開設キャンペーン!期間中に3種の暗号資産がもらえる!

  • ※2022年6月30日16:00〜2022年7月12日16:00まで

bitFlyer(ビットフライヤー)

おすすめの仮想通貨取引所No.1!bitFlyer

bitFlyerの特徴
  • BTCの取引量が国内№1
  • 取引手数料など様々な手数料が完全無料
  • かんたん操作で取引できる
  • 14種類の仮想通貨を100円から売買可能
  • 100%の顧客資産をコールドウォレットで保管

※Bitcoin日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2021 年の年間出来高(差金決済/先物取引を含む)

bitFlyerは15種類のビットコイン・アルトコインが100円から始められるのが大きな特徴です。また、全通貨販売所での手数料が無料なのも初心者にも優しいポイントです。

入金も住信SBIネット銀行のクイック入金であれば日本円の手数料が無料になるので、口座を持っている方はお得に取引することができます。

取扱い通貨数 15種類
レバレッジ 最大2倍
※bitFlyer Lightningで可能
販売所手数料 無料
取引所手数料 0.01%~0.15%
主な通貨の送金手数料 通貨によって異なります。
入金手数料
  • クイック入金手数料
    住信SBI銀行から入金:無料
    住信SBI銀行以外からの入金:330円(税込)
  • 銀行振込:無料
    ※振込手数料の負担はあり
出金手数料
  • 220円~770円(税込)
社名
株式会社 bitFlyer

出典:公式サイト

※公式サイトより

【マネックスビットコイン】暗号資産CFDが可能、レバレッジ手数料は0.04%!小学資金で大きな取引が可能

マネックスビットコイン
ビットコインの特徴
  • レバレッジ手数料は0.04%と業界水準で使いやすい
  • 取引手数料が無料
  • 24時間365日いつでも取引できる

マネックスビットコインの特徴

マネックスビットコインは、マネックス証券が提供する暗号資産取引所です。

実はマネックス証券は、インターネット証券の中で初めて暗号資産のサービスを始めたパイオニア的な会社でもあります。

メジャーな通貨である、ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、リップル(XRP)をはじめ、暗号資産CFDと呼ばれるレバレッジ取引も可能です。

マネックスグループは傘下にコインチェックがありますが、今現在は現物取引が可能である一方レバレッジ取引は不可能です。

ただ、マネックスグループのマネックス証券が提供する暗号資産CFDを利用すれば、最大レバレッジ2倍で取引が可能となります。

 コインチェックユーザーで「どうしてもレバレッジ取引をしたい」という方は、マネックス証券が提供するマネックスビットコインがおすすめです。

また、マネックス証券は暗号資産取引だけではなく、FX、株、投資信託などの金融サービスも提供しています。

取扱い通貨数 4種類
レバレッジ 最大2倍
※bitFlyer Lightningで可能
販売所手数料 無料
取引所手数料 無料
主な通貨の送金手数料 通貨によって異なります。
入金手数料

無料(別途銀行所定の振込手数料がかかります。)

出金手数料

通常出金:無料 即時出金サービス:330円(税込)

社名
マネックス証券株式会社

bitbankの取引の始め方・買い方

bitbankが自分に合っている取引所だと感じる場合には、ぜひ口座開設を始めて実際に仮想通貨を購入してみるのがおすすめです。

しかし、仮想通貨取引所の口座開設が初めてという方の中には、口座開設の方法がわからないという方や仮想通貨の買い方がわからないという人も多いのではないでしょうか。

bitbankの始め方・買い方は以下の3つのステップで行います。

仮想通貨の始め方・買い方
  1. 口座開設申し込みを行う
  2. 口座に資金を入金する
  3. 銘柄を選んで購入する

それぞれの手順について、詳しく解説していきます。

1.口座開設申し込みを行う

bitbankで仮想通貨取引を始めるためには口座開設を行う必要があるため、ホームページ上から口座開設の申し込みを行いましょう。

bitbankの口座開設の手順は以下の通りです。
bitbankの口座開設手順
  1. メールアドレスを入力し、アカウント登録を行う
  2. 氏名、住所等の基本情報を入力する
  3. 本人確認書類を提出する
  4. 審査(最短翌日)、口座開設完了

bitbankではメールアドレスを登録するだけでも、アカウント登録が完了しチャートを見ることができますが、実際に取引を始めるためには申込基本情報を入力し、本人確認書類を提出する必要があります。

 本人確認書類の提出の際には運転免許証などの本人の住所、氏名、生年月日が確認できる公的な書類と、マイナンバーカードなどのマイナンバーを確認できる書類が必要です。

また、本人確認書類の提出方法については、スマートフォンで提出する方法郵送で提出する方法の2つのパターンから選ぶことができます。

スマートフォンを持っている場合には、本人確認書類をカメラから撮影するだけで簡単に送付できるためおすすめです。

本人確認書類の提出が完了すると、bitbankの方で口座開設の審査が行われ、最短翌営業日に取引開始となります。

2.口座に資金を入金する

2.口座に資金を入金する

口座開設が完了すると、日本円の入出金、仮想通貨の購入ができます。bitabankで仮想通貨を購入するためには、日本円を入金して購入するか、他のウォレットからビットコインを送金して購入するという方法が利用可能です。

始めて仮想通貨取引を行う場合には、日本円を口座に入金しましょう。bitbankのアプリから入金ボタンをタップすると、振込口座が表示されるため、表示された口座に振込を行い資金を入金します。

 bitbankでは仮想通貨の入金手数料はかかりませんが、銀行振込を行う際には金融機関ごとに所定の振込手数料がかかる点に注意が必要です。

振込が完了し、bitbankの方で入金の確認が取れると、取引口座に資金が反映されます。振込口座についてはGMOあおぞら銀行ネット銀行または住信SBIネット銀行のどちらか任意の口座を選択可能です。

3.銘柄を選んで購入する

3.銘柄を選んで購入する

bitbankの取引口座に資金を入金した後は、日本円を利用して仮想通貨の購入ができます。取引を行いたい銘柄を選択し、仮想通貨を購入しましょう。

 bitbankではビットコイン、イーサリアムをはじめとする12種類の仮想通貨の購入ができます。また、どの銘柄でも販売所、取引所のどちらの取引方法にも対応しているため、取引を行いたい銘柄・取引方法で購入しましょう。

取引所・販売所どちらで取引するのがおすすめかわからない人もいると思いますが、2つの違いについては以下の通りです。

取引所

・投資家同士で通貨の売買を行う
・指値注文を行い販売価格を指定するMaker、Makerの提示条件に従い取引するTakerにわかれる
・bitbankのMaker手数料は-0.02%とお得

販売所

・投資家と仮想通貨取引所が通貨の売買を行う
・手数料は無料だが、買値、売値にはスプレッドが上乗せされている
・提示されているレートですぐに取引が成立する

どちらの取引方法にもメリット・デメリットがあります。販売所取引はすぐに取引が成立しますが、スプレッドがコスト負担になる場合が多いです。

取引所取引はスプレッドを抑えられますが、取引手数料がかかる場合や注文がなかなか成立しない場合もあります。

したがって、すぐに通貨を購入したい場合は販売所、スプレッドがかかるのが嫌な場合には取引所で取引を行いましょう。

まとめ

今回は、bitbankの評判やメリット・デメリット・買い方について解説しました。

bitbankでは取引所取引で多くの銘柄の取引ができる点や、ビットコインで他の仮想通貨を購入できるというようなメリットがあります。

スマートフォンを利用して簡単に口座開設ができるため、仮想通貨投資を始めてみたいという方はこの機会に口座開設の申し込みをしてみてはいかがでしょうか。

仮想通貨に関する関連記事

 

 

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事