ビットコインは今後暴落する?予想や将来性・おすすめの取引所4選を紹介

ビットコインは今後暴落する?予想や将来性・おすすめの取引所5選を紹介

監修者の紹介
増田さん

監修者増田 諒

2021年1月1日現在、全国に891世帯1,257名のクライアントを抱えるコンサルタントとして活動中。年間100件の個別相談のほか「マネー・ライフプランニング」「資産運用」「保険」「確定申告」「住宅ローン」「相続」等のテーマのセミナーで登壇。

MDRT入賞 7回 ・TLC(生命保険協会認定FP) ・CFP ・IFA(証券外務員1種)・ファイナンシャルプランニング技能士1級 ・宅地建物取引士 貸金業務取扱主任者

増田 諒Masuda Ryo

ビットコインは、2021年に700万円近くまで高騰し、話題になりました。世間には「ビットコインは今後さらに高騰するのでは?」という噂もあり、今後どうなっていくのか気になっている方も多いでしょう。

現に、弊サイトの独自アンケート調査で「直近1年以内に最も投資した仮想通貨の銘柄は?」という質問に対し、全体の約3割もの方が「ビットコイン」と回答

また、「今後最も注目している仮想通貨銘柄はどれですか?」という設問についても「ビットコイン」と回答した方が全体の5割弱にのぼりました。

そこで今回は、ビットコインがいったい今後どうなっていくのかについて、考察していきたいと思います。またビットコインにおすすめの仮想通貨取引所5選も紹介します。

今回の記事を読めば、ビットコインの2022年や今後についてヒントを得ることが出来ます。ぜひ参考にしてください。

\最短1日で取引開始!/

Coincheckがおすすめ

coincheck

金融庁の暗号資産交換業者に登録されているCoincheckは取扱銘柄数も国内最大級の17種類で、ビットコインはもちろんのことマイナーなアルトコインも取り扱っていいます
仮想通貨取引初心者の頃から、少し慣れてきた中級者・上級者の頃にも長く使い続けることができる取引所といえるでしょう。

2022年のビットコイン今後について最新のニュース速報

2022年の今後について最新のニュース速報

2022年1月

ビットコイン(BTC)は2022年1月19日、4万1000ドル付近で推移していましたが、1月21日大きく下落し3万5000ドル付近と約1ヶ月間売られ続けています。

米投資銀行のモルガン・スタンレーは1月18日、「FRBの金融引き締めが迫っていることで、暗号資産市場に圧力がかかっている」と述べていることから短期的な反発の可能性が高いです。

 ビットコインに対する短期的な需要の低下は、市場参加者の関心がファントム(FTM)やFTXトークン(FTT)などのハイパフォーマンスを上げている通貨に関心が移っている理由も挙げられます。

今現在は短期的に下落していますが、2022年以降のビットコイン(BTC)は、「Coin Price Forecast」「Digitalcoin」この2社とも2025年には価格は13万ドルを超えると予想しています。

1月21日現在の価格が3万5000ドルですので、予想通りに価格が上昇すると仮定すると、3年後には約4倍の価値になります。

予想通りになるとは限りませんが、全世界でビットコイン(BTC)の需要が増え続けており、中には中央アメリカの国エルサルバドルではビットコインを法定通貨として認めています。

ビットコイン(BTC)は将来性に期待できる仮想通貨と言えます。

ビットコインに関する2022年のニュースとしては以下のものが挙げられます。

ビットコインのハッシュレートが過去最高の200EH/sに迫る

マイニングの際の処理能力を表すハッシュレートが過去最高の数値である200EH/sを記録しました。

マイニングプールの計算能力が上昇したことで、マイナーにとっては嬉しいニュースとなっています。

エルサルバドル政府が12月21日、21BTCを追加購入

ビットコインを法廷通貨として採用しているエルサルバドルで政府が21BTCを購入したことでビットコインの価格の押し上げにつながりました。

2022年、ビットコインはどうなる?最新版予想

2022年、ビットコインはどうなる?最新版予想

2022年のビットコインの価格についてはやや明るい見通しが持てるのではないかと考えられています。

2021年11月に700万円近くあったビットコインの価格は、12月までには500万円にまで下落しましたが、12月の後半にかけてやや上昇の流れが見え始めました。

エルサルバドルの追加購入マイニングのハッシュレートの最高値更新などポジティブなニュースがあり、2022年の初めは上昇するための材料が増えつつあります。

しかし、ビットコインに関しては各国の仮想通貨規制やマイニングの環境問題などのネガティブなニュースが出る可能性もあるため、今後の動きには注意が必要です。

2021年中にビットコイン価格はどうなった?

テクニカルインジケーターから見るビットコインの今後の価格推移

2021年中にビットコイン価格はどうなったのでしょうか?

テクニカル分析を行う際に分かりやすいのが、「ハッシュリボン」というインジケーターでしょう。ハッシュリボンは、購入すべきタイミングで「Buy(買い)」と表示されるのが特徴です。

 過去に「Buy(買い)」のサインが13回点灯※1しており、ハッシュリボンの点灯後には毎回価格が上昇していました。

詳しい上昇率は以下表をご覧ください。※1

2011年12月 6159%
2012年5月 5213%
2012年6月 4165%
2013年2月 5715%
2015年1月 8436%
2015年4月 8097%
2015年5月 8068%
2016年8月 3188%
2019年1月 283%
2019年12月 47%
2020年4月 36%
2020年7月 114%
2020年12月 238%

このように上昇率にムラはあるものの、過去13回のハッシュリボンの予想は全て的中しています。

実際、「Buy」のサインが2021年8月に出た後、ビットコインの価格は「1BTC=550万円程度」まで上昇しました。※2

※1 出典:honest crypt

※2 出典:bitFlyer公式

ビットコインの将来性は?有識者の意見をもとに予想!

マイケル・ノボグラーツ氏のビットコイン価格予想

マイケル・ノボグラーツ氏のビットコイン価格予想

仮想通貨投資会社ギャラクシー・デジタル創始者のマイケル・ノボグラッツ氏は、「2021年内にビットコインは10万ドルに達する」と述べています。

ノボグラッツ氏が考える、「ビットコイン価格が10万ドルに到達する」という根拠がわかる発言は以下です。

ノボグラッツ氏の発言

「マスターカードがビットコイン決済を受け入れたように、多くの米国企業が続くことになる」

ちなみに、仮想通貨取引所コインベースの元最高財務責任者(CTO)のパラジ・スリニヴァサン氏も、この考えに賛同しています。

ノボグラーツ氏は、ビットコイン価格が2021年内に1000万という強気な予想をしています。

マイク・マクグローン氏の予測

マイク・マクグローン氏の予測

ブルームバーグの仮想通貨アナリスト、マイク・マクグローン氏の見解です。同氏は以下のように述べ、ビットコインの未来は明るいとの見解を示しています。

「ビットコインは2021年に10万ドルに達する可能性が高い。2021年5月の仮想通貨の暴落は、2021年中に10万ドルに達するための調整である。」

マイク・マクグローン氏はビットコインに対し、非常に肯定的な発言をしていますね。

マクグローン氏は、以下のような理由でビットコイン価格は上昇すると考えています。

マクグローン氏の見解
  • カナダ・ヨーロッパでのETFの立ち上げ
  • 2020年の半減期・期間投資家のポートフォリオへの移行

マクグローン氏の見解が正しければ、今後もビットコイン価格は順調に上昇しそうですね。

ビットコインが今後暴落する可能性は?

ビットコインは今後暴落する可能性はある?

ビットコインは今後暴落する可能性があるのでしょうか?結論としては、暴落の可能性は十分にあると言えます。具体的に、以下のようなことが起こると、価格が暴落する恐れがあると言えるでしょう。

ビットコインの暴落の原因になる要因
  • 国際情勢の変化
  • 各国の規制
  • 大量の売却

国際情勢の変化

国際情勢の変化

国際情勢の変化も、ビットコイン価格の下落につながるでしょう。

一例として、2021年9月7日~9月8日にかけての暴落が挙げられます。この際、ビットコインは約580万円から500万円付近まで価格を落としました。※1

 たった1日で10%以上価格が下落を起こしています。

この暴落は、エルサルバドルでのビットコイン法定通貨化が影響しているとみられています。エルサルバドルでは、ビットコインが2021年9月7日に法定通貨化されました。※2

その際、政府が公式ウォレットとして用意した「CHIVO」が、技術的問題により一時アクセスできなくなり、このことが価格の下落につながったのです。

ビットコインに関するアプリや取引所などでトラブルが起こると、価格が下落する傾向にあります。

国家による仮想通貨への規制

国家による仮想通貨への規制

2021年6月にビットコイン価格は大きく下落しましたが、要因の一つに、中国によるビットコインマイニングへの規制があると言われています。※1

中国がマイニングを規制するのは、“電力の大量消費”が理由の一つ。マイニングに必要な電力を供給するために、違法な炭鉱採掘が増えているための規制でした。※2

 中国は2019年にもマイニング規制を打ち出しており、その際にもビットコイン価格が下落しています。※3

このように、国家が仮想通貨を規制するとビットコインのマイナスイメージにつながり、価格が下落する傾向が強くなります。

※1 ※2 出典:Bloomberg

※4 出典:REYTERS

大量の売却

大量の売却

ビットコインの売却が大量に入ると、暴落の原因になります。ビットコインはFXや株式の市場に比べると、市場規模が小さいです。

そのため、まとまった金額のビットコインが売られると一気に価格の下落が始まります。一度売りが入ると、売りが売りを呼び暴落が起こりがちです。

株式のようなストップ安も存在せず、際限なく暴落することがあります。

実際、過去の値動きを見ても、2021年にビットコインは700万円付近から320万円程度にまで、大暴落しています。

※出典:bitFlyer公式

ビットコインの今後に関するAIの分析

ビットコインの今後に関するAIの分析

AIはビットコインの価格の変動に対し、どんな見解を示しているのでしょうか?米誌マーケットウォッチ社が、仮想通貨運用についてAIの「GPT3」に尋ねた例があります。

GPT3の質問に対する回答は、以下です。

AI「GPT3」の仮想通貨に対する見解

仮想通貨にトライすることはいいでしょう。しかし、資金を失いたくないのであれば、競馬に賭けるのと同様の認識が必要です。

投資は単純なものですが、簡単ではありません。以下の3つを覚えておく必要があります。

(1)分散する
(2)コストと税金を低くする
(3)方針を変えない

このようにAI「GPT3」はビットコインの価格などには触れず、投資について一般的な見解を答えました。

 結局、ビットコインの投資については「わからない」というのが、GPT3の見解なのかもしれません。

ストックフローモデルの分析

ストックフローモデルの分析

AIとは異なりますが、ストックフローモデルと呼ばれる分析モデルの予測も紹介します。

ストックフローモデルは、ストックフロー比率を基に算出される分析モデルです。ストックフロー比率は以下の計算式で求めることができます。

 ストックフロー比率=市場に存在する量(ストック)÷年間供給量(フロー)

ストックフローモデルでは、ビットコインは2021年中に「1BTC=10万ドル約(1000万円)」を超えるとの予測を出しました。

さらにストックフローモデルは、2025年には100万ドル(約1億円)を超えると予測しています。

ストックフローモデルは、「2020年5月以降にビットコインが約580万円になる」との予測を的中させています。

今後の予測も当たる可能性が十分にあるので、参考になるでしょう。

ビットコイン購入のおすすめ時期や買い時は?

ビットコイン購入のおすすめ時期や買い時は?

ビットコインの購入時期や買い時としておすすめなタイミングは次の2つの場合が考えられます。

ビットコイン購入のおすすめ時期
  • 価格が暴落した時期
  • ビットコインに関するポジティブなニュースが出た直後

それぞれの時期がなぜおすすめなのかについて、詳しく確認していきましょう。

価格が暴落した時期

価格が暴落した時期

ビットコインの価格は各国のビットコイン規制や金融情勢の変化などによって暴落することも多くありますが、暴落時にビットコインを購入することはチャンスであると言えます。

なぜなら暴落が起きるタイミングでは過剰に売り注文が殺到する可能性が高く、相場の状況以上に価格が下落する可能性があるからです。

 例えばビットコインの価格が数日で20%程度下落した場合に多くの投資家はさらに暴落することを危惧して急いで売りに出そうとします。

したがって、投資家達による狼狽売りによって価格が急激に下落することも多く、本来の価値以上に暴落してしまうことも多くあります。

つまり、暴落時に購入することができれば、その後ビットコインの価格が見直された際に価格が戻るタイミングで利益を得ることが可能です。

また、長期的な視点でビットコインの価格がさらに伸びると考えているのであれば暴落のタイミングで買うことで利益を増やすことができます。

したがって、今後ビットコインが伸び続けると予想するのであれば暴落時は良い買い時といえるでしょう。

ビットコインに関するポジティブなニュースが出た直後

ビットコインに関するポジティブなニュースが出た直後

ビットコインの価格を上昇させる要因として挙げられるのが、法定通貨への採用やETFの取り扱い、決済サービスの拡充など、ポジティブなニュースが出るということです。

ビットコインに関する良いニュースが出ることで、多くの投資家はビットコインの価格が上昇することを期待して購入します。

したがって、ビットコインの需要が増えることで価格が上昇トレンドに転じるため、価格上昇の波に乗れれば利益を得ることが可能です。

 ただし、時期を逃すと上昇トレンドが終わってしまう可能性もあるため、買い時には注意が必要です。

上昇トレンドの後には必ず価格調整の時期として下落するタイミングも考えられるのでテクニカル分析なども活用しながら見極めるようにしましょう。

ビットコインの購入におすすめの取引所5選徹底比較

ビットコインの購入におすすめの取引所5選徹底比較

弊サイトが独自で行ったアンケート調査の結果によると、仮想通貨取引をしている投資家全体の68.8%の方が今後の仮想通貨(暗号資産)投資に期待をしており、その中でも最も注目している仮想通貨銘柄にビットコインを挙げた方が約半数を占めていました。

多くの投資家が期待と注目をする銘柄、ビットコインの購入が可能な仮想通貨取引所を厳選5選に絞ってご紹介します。

まだ取引所を開設していない方は、ぜひ気になる取引所で開設をしてみてくださいね。

コインチェック(Coincheck)
DMM Bitcoin
BITPoint
bitFlyer
(ビットフライヤー)
GMOコイン
coincheck
dmmbitcoin
bitFlyer
GMOコイン
取引所手数料
無料
無料
(BitMatch取引手数料を除く)
無料
約定数量 × 0.01 ~ 0.15%
(単位: BTC)
メイカー:-0.01%
テイカー:0.05%
販売所手数料
無料
無料
(BitMatch取引手数料を除く)
無料
無料
無料
レバレッジ
なし
2倍
なし
最大2倍
2倍
最低取引額
0.005通貨単位以上
(500円相当額以上)
0.0001BTC〜
(約1,000円相当)
0.00000001BTC単位
0.00000001BTC
(1円から取引可能)
0.0001 BTC/回
取引通貨数
18種類
15種類
12種類
15種類
20種類
キャンペーン・特典
本人確認と入金で
BTC2,500円分
プレゼント
新規口座開設でもれなく即時2,000円プレゼント!
※2022年4月1日(金)7時00分~2022年8月1日(月)6時59分
BTC+ADA+DEP合計3,000円相当プレゼント!
公式サイトをチェック!
シンボルの預入または購入で総額100万円相当山分け!
※2022年4月21日11:59まで
公式サイトをチェック
毎日10人に現金1,000円当たる!

Coincheck(コインチェック)

Coincheck(コインチェック)

Coincheckの特徴
  • 豊富な17銘柄の仮想通貨
  • 取引所取引の手数料がTaker、Makerともに無料!
  • 積立購入や貸暗号資産でリスクを抑えることができる
  • Coincheckつみたてで毎月一定額自動で積立が可能
  • 保有する仮想通貨を貸し出して利息収入を得られる

老舗企業の仮想通貨取引所であるコインチェックは、アルトコイン含む仮想通貨が17銘柄もあるので初心者の方にもおすすめできます。

また、Coincheckつみたてでは暗号資産を毎月一定額自動で積立し、安定した投資ができるサービスを展開しています。リスクを抑えることが可能です。

さらに、貸仮想通貨を利用することで、保有する仮想通貨を貸し出して利息収入を稼ぐことができるため、長期的に稼ぎたいという人におすすめです。

Coincheckのアプリも使いやすいデザインが人気で、ダウンロード数は国内№1を誇ります。

取扱い通貨数 17種類
レバレッジ

無し

販売所手数料 無料
取引所手数料 無し
主な通貨の送金手数料

通貨によって異なります。
※コインチェックユーザー間無料

取引手数料
  • コンビニ入金
    3万円未満:770円
    3万円以上30万円以下:1018円
  • クイック入金
    3万円未満:770円
    3万円以上50万円以下:1018円
    50万円以上:入金金額×0.11% + 495 円

※全て税込です。

出金手数料
407円(税込)
社名
コインチェック株式会社

DMM Bitcoin

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)

DMM Bitcoinの特徴
  • レバレッジ取引できる仮想通貨の種類が№1※公式より
  • 機能が豊富で使いやすい取引ツール
  • 取引手数料・出金手数料が無料※BitMatch取引手数料を除く
  • 最短1時間以内に取引開始可能
  • スマホアプリもPC版に匹敵する高機能

DMM Bitcoinは、ビットコインはもちろん、イーサリアムなど将来有望なアルトコインを含む15種類の仮想通貨を取り扱っています。また、レバレッジ取引にチャレンジしたい方でも2倍まで対応しています。

また、BitMatch注文というDMM Bitcoinが提供する販売所価格の中値で買い手と売り手がマッチングした際に取引が成立するという取引方法が可能です。

 販売所取引では、買値と売値にスプレッドが上乗せされていますが、BitMatch注文を利用することでスプレッドを気にせず取引ができることが大きなメリットです。

また、入金手数料、出金手数料が無料で利用できるため、頻繁に口座資金を移動する人にも使いやすいです。

さらにレバレッジ取引を行うことでより資金効率を高めて取引を行うことができます。

取扱い通貨数 15種類
レバレッジ 2倍
販売所手数料 無料
取引所手数料 無料
主な通貨の送金手数料 無料
取引手数料 無料
※レバレッジ手数料は0.04%/建玉ごと
出金手数料
無料
社名
株式会社DMM Bitcoin

新規口座開設キャンペーン!もれなく即時で2,000円プレゼント
※2022年4月1日7:00〜2022年8月1日6:59

BITPoint(ビットポイント)

BITPoint(ビットポイント)

BITPointのココがオススメ
  • 出来高ランキングが国内№1※公式より
  • 国内で唯一トロン・エイダ・ジャスミーを取扱い中
  • 初めてでも直感的に使用可能なスマホアプリ
  • さまざまな手数料が無料
  • レンディングで仮想通貨を増やすことも可能
  • 最短当日から取引スタートできる

BITPointは、出来高ランキングが国内№1の取引所で、2022年3月現在ではほかの取引所では取扱いの無いエイダジャスミートロンといった仮想通貨を売買できるのが特徴的です。※公式より

また、様々な手数料が無料に設定されており、コストが安く済むのもBITPointの強みと言えます。

 即時入金手数料・取引手数料・仮想通貨の入出金などを0円で行えます。

さらに、仮想通貨を貸して増やせるレンディングサービスも行っています。一定期間仮想通貨を貸し出すと、堅実に所有数量を増やすことができます。

口座開設のスピードの速さも特徴的。スマホからの申し込みで、最短当日にエイダコインを購入可能です。

取扱い通貨数 12種類
レバレッジ 2倍
販売所手数料 無料
取引所手数料 無料
仮想通貨の送金手数料 無料
入金手数料 振込入金:振込手数料のみ
即時入金:無料
出金手数料 無料
社名 株式会社ビットポイントジャパン

bitFlyer(ビットフライヤー)

おすすめの仮想通貨取引所No.1!bitFlyer

bitFlyerの特徴
  • BTCの取引量が国内№1
  • 取引手数料など様々な手数料が完全無料
  • かんたん操作で取引できる
  • 14種類の仮想通貨を100円から売買可能
  • 100%の顧客資産をコールドウォレットで保管

※Bitcoin日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2021 年の年間出来高(差金決済/先物取引を含む)

bitFlyerは15種類のビットコイン・アルトコインが100円から始められるのが大きな特徴です。また、全通貨販売所での手数料が無料なのも初心者にも優しいポイントです。

入金も住信SBIネット銀行のクイック入金であれば日本円の手数料が無料になるので、口座を持っている方はお得に取引することができます。

取扱い通貨数 15種類
レバレッジ 最大2倍
※bitFlyer Lightningで可能
販売所手数料 無料
取引所手数料 0.01%~0.15%
主な通貨の送金手数料 通貨によって異なります。
入金手数料
  • クイック入金手数料
    住信SBI銀行から入金:無料
    住信SBI銀行以外からの入金:330円(税込)
  • 銀行振込:無料
    ※振込手数料の負担はあり
出金手数料
  • 220円~770円(税込)
社名
株式会社 bitFlyer

出典:公式サイト

※公式サイトより

GMOコイン

GMOコイン

ココがオススメ
  • オリコン顧客満足度№1※公式より
  • 国内で唯一コスモス(ATOM)を取扱い中
  • 安心のGMOグループ
  • レバレッジ取引の銘柄数が国内最多
  • APIでの自動売買も可能
  • 81種類のインジケーター・70種類を超える描画機能が利用できる
  • 口座開設は最短わずか10分程度で完了

GMOグループの仮想通貨取引所。販売所・取引所両方で仮想通貨を売買できます。取引所では、Maker側であれば取引手数料を受け取ることが可能です。

 スマホからの申し込みで、最短10分間で取引開始可能なスピード感もうれしいです。※2

定期的にキャンペーンを実施しているのもGMOコインの特徴です。2021年9月19日現在は、毎日10人に現金1000円が当たる、キャンペーンを実施中です※3

パソコンの取引ツール、スマホアプリともに高機能で使いやすいのもGMOコインの魅力と言えるでしょう。
取扱い通貨数 20種類
レバレッジ 最大2倍
販売所手数料 無料
取引所手数料 Maker:-0.01%
Taker:0.05%
主な通貨の送金手数料 無料
入金手数料

無料(振込手数料は利用客負担)

出金手数料

無料

社名
GMOコイン株式会社

仮想通貨(暗号資産)の購入で毎日10名当選のチャンス!現金1,000円が当たる!
終了時期未定

出典:公式サイト

※1※2 公式サイトより

※3 常時開催。ただし予告なく延長・変更または終了する場合があります。

 

ビットコインとは?基礎知識を復習しよう

ビットコインとは?基礎知識を復習しよう

ビットコイン(BTC)とは全世界で最も時価総額が高い暗号資産(仮想通貨)の一種です。サトシ・ナカモトと名乗る人物がネット上にビットコインの論文を公開してから始まりました。

この暗号資産はインターネット上で流通することを前提とした、国や政府などの管理主体を持たず、権力が各端末に分散される管理モデルのことです。

 この管理モデルはブロックチェーンという技術で作られており、取引記録の電子データをブロックチェーンで分散させ、お互いにチェックし合うことで整合性を担保しています。

そのため、非中央集権的な構造になっておりネットワークの意思決定は各端末の多数決で行われます。

また、ビットコイン(BTC)の発行枚数には上限があり、2100万枚に設定されています。

また、中央集権的な管理方法とは異なり、分散型台帳ではサーバーに障害が発生してもデータやシステムを維持できる障害への耐性があります。

 ビットコイン(BTC)は特定の政府が発行主体となっている各種法定通貨とは異なり、国や政府、企業などの組織に依存せず、国際的な支払いや送金の手段として利用できます。

最近では徐々にビットコイン(BTC)を利用して生活用品が購入できたり、寄付ができたりと利用シーンが徐々に広がっています。

ビットコイン(BTC)は金融機関による仲介を不要とし、相手との直接的なやり取りができます。

仮想通貨に関する独自アンケート調査結果

新たに仮想通貨を始めようとしている方やビットコインの今後が気になっている方にとって、他の投資家が仮想通貨(暗号資産)やビットコインなどにどのような見解を持っているのかは気になるとことですよね。

なかなか多くの投資家に聞いてまわれることではないので、ご自身が取引を開始するにあたって参考になることも多くあるでしょう。

今回は、以下のアンケート調査項目とその結果をご紹介します。

仮想通貨に関するアンケート調査項目
  1. 今後の仮想通貨(暗号資産)投資に期待をしていますか?
  2. 直近1年以内に最も投資した仮想通貨の銘柄は?
  3. 今後最も注目している仮想通貨の銘柄はどれですか?
  4. 直近1年以内に最も利用した仮想通貨取引所は?

それぞれの結果をご紹介していきます。

今後の仮想通貨(暗号資産)投資に期待をしていますか?

今後の仮想通貨(暗号資産)投資に期待していますか?

回答 パーセンテージ
はい 68.8%
いいえ 15.3%
わからない 15.9%

今後の仮想通貨(暗号資産)投資に期待をしている割合は、「はい(68.8%)」が圧倒的に高く約7割の人が前向きな反応を示しています。

 実際に2022年1月時点で、コジマやビックカメラなどの実店舗でビットコイン決済が普及してきたり、2025年には13万ドル以上の価値になると予想されています。

このような背景から、仮想通貨(暗号資産)投資に期待をされている方が多います。また、最近はビットコインに限らずアルトコインなどにも積極的に投資を行う方が年々増えています。

皆が価値があると判断しているものは、右肩上がりに価値が上昇していく確率が高いので、仮想通貨に投資するならビットコインが一番おすすめと言えます。

直近1年以内に最も投資した仮想通貨は?

直近1年以内に最も投資した仮想通貨は?

回答 パーセンテージ
ビットコイン 30.2%
イーサリアム 15.3%
リップル 15.9%
ネム 22.6%
ビットコインキャッシュ 24.2%
その他 11.2%
1年以内には投資していない 11.8%

直近1年以内に最も投資した仮想通貨は、「ビットコイン(30.2%)」とほぼ3人に1人の割合で投資していることがわかります。

 選んだ理由で最も大きいのは、利用者が多い安心感や時価総額の高さ、知名度や流動性の高さなどに着目して投資される方が多いです。

そして、ビットコインに次いで多かったのは、イーサリアムリップルなどの有名なアルトコインアルトコインです。投資先として人気があるので検討してみてください。

国内最大級!取扱銘柄数17種類

今後最も注目している仮想通貨銘柄はどれですか?

今後最も注目している仮想通貨銘柄はどれですか?

回答 パーセンテージ
ビットコイン 47.3%
イーサリアム 16.6%
リップル 12.4%
ネム 4.2%
ビットコインキャッシュ 4.7%
その他 4.4%
特にない 10.4%

今後最も注目している仮想通貨銘柄は、「ビットコイン(47.3%)」と2人に1人と圧倒的な割合を占めており、将来の期待値の高さが伺えます。

 特にビットコインは仮想通貨銘柄の中でトップの時価総額、ビットコインETF(上場投資信託)の承認、エルサルバドルで法定通貨など、全世界が注目している銘柄です。

次いでイーサリアム(16.6%)」「リップル(12.4%)」この2つの銘柄も大きな注目を浴びているので、今後が期待されています。

これから仮想通貨に投資を検討されている方は、ビットコイン、イーサリアム、リップルこの3つの銘柄にフォーカスして投資をすることをおすすめします。

将来有望銘柄が購入可能!

直近1年以内に最も利用した仮想通貨取引所は?

今後最も注目している仮想通貨銘柄はどれですか?

coincheck bitFlyer dmmbitcoin GMOコイン
名称 Coincheck bitFlyer DMM Bitcoin GMOコイン その他
利用率 30.2% 24.2% 22.6% 11.2% 11.8%
詳細

直近1年以内に最も利用した仮想通貨取引所は、「Coincheck(コインチェック)30.2%」が第1位となっています。

 コインチェックは仮想通貨の取扱銘柄数が日本1位で、暗号資産取引初心者の方でも使いやすく見やすいインターフェースが魅力の取引所とです。

次いで「bitFlyer(ビットフライヤー)24.2%」「DMM Bitcoin(DMMビットコイン)22.6%」となっており、ユーザーの割合は各社均等していることが分かります。

取引所によってレバレッジの有無、取扱銘柄数、手数料、使いやすさなど、人それぞれ異なります。

まずは色々と触ってみてからメインの取引所を決めることをおすすめします。

\最短1日で取引開始!/

Coincheckがおすすめ

coincheck

金融庁の暗号資産交換業者に登録されているCoincheckは取扱銘柄数も国内最大級の17種類で、ビットコインはもちろんのことマイナーなアルトコインも取り扱っていいます
仮想通貨取引初心者の頃から、少し慣れてきた中級者・上級者の頃にも長く使い続けることができる取引所といえるでしょう。

ビットコインの今後についてよくある質問

ビットコインは今後暴落する可能性はありますか?
過去の値動きを振り返ると、ビットコインは急騰・暴落を繰り返しています。今後も暴落する可能性はあると言えるでしょう。
ビットコインの今後に関するAI分析はどのようになっていますか?
AIによって分析結果は変わってきますので、一概には言えません。ストックフローモデルでは今後も上昇するという分析結果が出ています。
2021年中にビットコイン価格はどうなりますか?
未来のことなのではっきりしたことは言えません。ただ、10万ドルを超えるという専門家も多くいるため、その可能性もあるでしょう。
過去にビットコインは暴落した原因はなんですか?
世界情勢の変化、中国などの各国による仮想通貨への規制、著名人の発言、仮想通貨取引所へのハッキングなどがきっかけになり暴落しています。
なぜビットコインの価格は上昇すると言えますか?
ビットコインは数量が限定されているため希少価値があり、法定通貨になるなど各国で普及が進んできています。
そのため、上昇を期待することもできるでしょう。
ビットコインは2022年以降どうなっていきますか?
やはり未来のことなので正確には不明です。しかし、ストックフローモデルで2025年に「1 BTC=1億円」との予測もあり、上昇していくかもしれません。

ビットコインの購入におすすめの取引所はどこですか?
コインチェック、DMMビットコイン、bitFlyer、GMOコインの4か所がオススメです。いずれの取引所も初心者でもビットコインを手軽に購入可能です。

まとめ

今回はビットコインが今後どうなるのかについて、解説させていただきました。未来のことは不明なので、確実なことは言えません。

しかし、専門家の予想やインジケーター分析の結果など、ビットコインの上昇を予測できる材料は色々とあります。

是非、今回の記事内容を参考にしていただき、ビットコインの購入を検討してみてください。

この機会に仮想通貨取引所の口座を開設し、ビットコインを購入してみるのもいいでしょう。

仮想通貨に関する関連記事

 

 

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事