ビットコインは今後暴落する?予想や将来性・おすすめの取引所4選を紹介

【2022年最新】ビットコインの価格は今後どうなる?おすすめ取引所一挙解説!

監修者の紹介
増田さん

監修者増田 諒

2021年1月1日現在、全国に891世帯1,257名のクライアントを抱えるコンサルタントとして活動中。年間100件の個別相談のほか「マネー・ライフプランニング」「資産運用」「保険」「確定申告」「住宅ローン」「相続」等のテーマのセミナーで登壇。

MDRT入賞 7回 ・TLC(生命保険協会認定FP) ・CFP ・IFA(証券外務員1種)・ファイナンシャルプランニング技能士1級 ・宅地建物取引士 貸金業務取扱主任者

増田 諒Masuda Ryo

近年ビットコインに対する注目度が高まっており、価格変動も日を増すごとに大きくなっていっています。

ビットコインの購入を考えている方の中には「ビットコインの今後はどうなるの?」「今は果たして買い時なのか」という疑問を抱えている方も多いでしょう。

そこで今回はビットコインは今後どうなるのかについて解説していきます。

著名人の予想・今後が明るい理由・購入するのに最適なタイミングなどもご紹介しますので、ぜひ最後までご覧ください。

ビットコインに関しては多くの専門家が見解を発表しています。

\最短1日で取引開始!/

Coincheckがおすすめ

コインチェックLP

金融庁の暗号資産交換業者に登録されているCoincheckは取扱銘柄数も国内最大級の17種類で、ビットコインはもちろんのことマイナーなアルトコインも取り扱っていいます
仮想通貨取引初心者の頃から、少し慣れてきた中級者・上級者の頃にも長く使い続けることができる取引所といえるでしょう。

【2022年最新】ビットコインの価格動向

2022年7月時点では、ビットコインの価格は1BTC=約300万円程度に落ち着いています。2022年1月には1BTC=約550万円でしたので、半年で1/2程度になってしまったことになります。

現在ビットコインは下落トレンドとなっていますが、これは仮想通貨全体で見られる傾向です。

 米ドル金利上昇による市場混乱・USTディペッグ騒動の影響が原因だと見られています。

今現在ビットコインは比較的安く買えるので、下落トレンドである今が買い時という見方もできるでしょう。

ビットコインはちょっとしたきっかけで大きく価格が上昇するポテンシャルを秘めています。

2022年に起きたビットコインに関する最新ニュース

2022年に起きたビットコインに関する最新ニュース

ウクライナに20億円を超える仮想通貨の寄付が集まる

2022年2月、ウクライナはロシアの侵攻を受け、SNS上などでビットコインをはじめとする仮想通貨での寄付を呼びかけました。

その結果2月27日までに20億円を超える仮想通貨が、ウクライナに送金されたそうです。

 これまで集まった仮想通貨1890万ドル(約21億8400万円)にも上ります。

この他にもウクライナを支援する非政府団体(NGO)による募金活動も数百ドルの成果を上げています。

デジタルトランスフォーメーション担当相であるフェドロフ副首相の手腕と言えるでしょう。

ウクライナ危機によりビットコインの取引量が増加

ウクライナ危機によりビットコインの取引量が増加

ロシアのウクライナ侵攻が開始されて以来、ビットコインの取引量が増加しています。

ビットコインを始めとする仮想通貨は匿名性・分散性に優れており、保有資産を仮想通貨で保管・移動しようと需要が高まっているのです。

 1日あたりの取引量が2.5倍にまで膨れ上がりました。

ビットコインを始めとする仮想通貨は政府の管理下にないので、今回のウクライナ危機のような緊急事態においても価値に変化はありません。

そのため両国の人々の資産の避難先として選ばれたようです。

ロシアのウクライナ侵攻から5日間でビットコインの価格は13%上昇しています。

カザフスタンが仮想通貨マイニングの増税を発表

2022年2月8日、カザフスタンのトカエフ大統領はビットコインを始めとする仮想通貨のマイニングにかかる税率をアップさせることを発表しました。

仮想通貨のマイニングには莫大な電力を必要とし、停電・電力不足が懸念されているカザフスタンでは死活問題です。

 違法なマイナーを取り締まる目的もあります。

中国のマイニング規制を受けて、カザフスタンにはマイナーが流入しているという現状があります。

そのせいで国内の消費電力量が上がり、カザフスタンのエネルギー網を圧迫しています。

今後マイニングを規制する新たなシステムを取り入れていく方針です。

ビットコインは今後どうなる?著名人の予想は?

ビットコインは今後どうなる?著名人の予想は?

ジェレミー・リー氏・ピーター・スミス氏の予想

投資家ジェレミー・リー氏、「Blockchain社」CEOのピーター・スミス氏は、ビットコインの価格が2030年までに50万ドル(約7000万円)に到達すると予想しています。

 現在の価格が300万円程度なので、20倍以上に跳ね上がることになります。

この二人は「ビットコインはまだそのポテンシャルをほとんど発揮していない」という見解を示しており、そのポテンシャルの高さを示唆しています。

この二人の予想は送金手段としての普及、発展途上国でのビットコイン普及、スマホによるユーザー増加を根拠に挙げています。

かなり夢のあるお話ですね!

Plan B氏の予想

続いて紹介するのは仮想通貨アナリストであるPlan B氏の予想です。

Plan B氏は2025年までにビットコインの価格が100万ドル(約1億4000万円)まで成長するという見解をTwitterで発表しています。

 Twitterでは2009〜2012年のデータを用いて持論を展開していました。

仮想通貨アナリストであるPlan B氏は仮想通貨に関する多くの分析・予想を発表している人物ですので、信憑性がないわけではないでしょう。

Plan B氏はS2F(ストック・フロー)という手法を用いて予想をしています。

ティム・トライパー氏の予想

ティム・トライパー氏の予想

アメリカの有名ベンチャー投資家のティム・トライパー氏もビットコインに対して、自身の予想を発表しています。

ティム・トライパー氏は2030年までに、ビットコインの価格は25万ドル(約3500万円)に到達するという見解を示しています。

 他の予想に比べると控えめですが、大きな金額であることには変わりません。

ティム・トライパー氏は過去にビットコインに関する予想を的中させた経験のある人物で、非常に先見の明があると言えるでしょう。

2017年までにビットコインは1万ドルを超えると予想しており、事実その通りになりました。

ナジブ・ブケレ氏の予想

ビットコインを法定通貨に認定したエルサルバドルの大統領・ナジブ・ブケレ氏はビットコインに関する強気の予想を発表しています。

ナジブ・ブケレ大統領は2022年にビットコインを法定通貨に認定する国が増え、ビットコインの価格は10万ドル(約1400万円)まで到達すると発言。

 実際にナジブ・ブケレ大統領は国の準備金として1370BTCを取得しています。

ビットコインは技術的な課題はありますが、私たちの生活を大きく変えるポテンシャルを備えています。

ナジブ・ブケレ大統領は「ビットコインシティ」の建設を明言している人物です。

ドイツ銀行の予想

ドイツのメインバンクであるドイツ銀行は、2030年までにビットコインをはじめとする仮想通貨が金融商品に代わる存在になると予想しています。

 仮想通貨が金融商品の主流になることを意味しています。

従来の金融商品に比べて、仮想通貨はセキュリティ・取引スピード・保管の簡単さ・手数料などの面で優れています。

ドイツのメインバンクが立てたこの予想には多くの注目が集まっているのです。

GAFAや中国BATXなどが鍵を握るとされています。

ビットコインの今後が明るい理由とは?

ビットコイン決済に対応する店舗が増加

ビットコインの今後が明るい理由とは?

ビットコインは投資目的で購入する以外にも、決済手段としても利用できます。

キャッシュレス決済に注目が集まっている現代では、ビットコイン決済にも興味を持つ人々が増え、社会への浸透度が伺えます。

 ビットコイン決済対応店舗は2014〜2019年の間で6倍も増加しています。

日本国内ではビッグカメラやメガネスーパーなど全国に店舗を展開している大手企業で、ビットコイン決済が導入されています。

これからビットコイン決済導入店舗がさらに増えていけば、ビットコインの価格も上昇していくことでしょう。

決済に利用できればビットコインの需要も増えると予想されています。

大手企業の参入

大手企業の参入

ビットコインの将来が明るい理由としては、大手企業が数多く参入しているという点が挙げられます。

 既にコインベース・テスラなどの超大手企業がビットコインに参入しています。

このような超大手企業がビットコインに参入する理由としては、ビットコイン投資によって得た利益を事業に活かすためです。

企業によって購入されたビットコインは、個人投資家が保有するものと違い頻繁に取引されるものではありませんので、価格上昇に貢献してくれるでしょう。

大手企業が参入すればするほどビットコインへの信頼度が高まります。

送金手段として注目が集まっている

ビットコインを始めとする仮想通貨は、送金手段として非常に優秀です。

従来の法定通貨を送金するには金融機関を経由する必要があり、これには高額な手数料・時間がかかってしまいます。

 海外に送金する場合、数千円の手数料・数週間の時間がかかる場合もあります。

一方で仮想通貨の送金には金融機関を介する必要がなく、個人間で資産を送ることが可能です。

低コスト・スピーディーに送金することが可能なので、これから個人のみならず企業も仮想通貨送金を行うことが予想されます。

送金に特化した仮想通貨も存在します。

メタバースの発展

メタバース技術の発展に伴い、ビットコインを始めとする仮想通貨も成長していくという予想が立てられています。

近年メタバースに注目が集まっており、大手SNSを運営するFacebook社が「Meta」に社名を変更するほどです。

 メタバースとはユーザーがアバターを利用し、現実世界のように社会生活を送れる仮想空間のことです。

メタバース空間の中でビジネスを行うことも可能です。そんな時に活躍するのがビットコインなどの仮想通貨。

ビットコインはメタバース空間での通貨として利用され、ショッピングを楽しむことができます。

adidas・ディズニー・NIKEなどの大手企業もメタバースに参入しています。

ビットコインを今後購入するのに最適なタイミングは?

ビットコインを今後購入するのに最適なタイミングは?

大型アップデート

ビットコインにもスマホアプリなどと同様に、定期的なアップデートが行われます。

大型アップデートが行われた直後は、価格が上昇する傾向があり、購入するタイミングとしてはおすすめです。

 ビットコインは過去2度アップデートが行われており、価格が50%上がっています。

アップデートが行われるとビットコインの機能面が向上し、より使いやすくなります。

ビットコインアップデートのニュースをキャッチしたら購入に向けて動き出しましょう。

次回アップデートの時期は未定です。

ビットコイン半減期後

ビットコインには発行枚数を減らす「半減期」と呼ばれる時期があります。

ビットコインには2100万枚の発行上限が設定されており、これ以上の通貨が発行されることはありません。

 半減期はビットコインの希少価値を高め、価格上昇を狙いやすくなるように行われます。

ビットコインの半減期は3〜4年に1度のペースで訪れており、次回の半減期は2024年ごろだと言われています。

上限枚数に到達してしまうと非常に高額になるので手が届かなくなってしまいます。

機関投資家たちの参入時

ビットコインに機関投資家たちが参入した時は、購入を前向きに検討した方が良いでしょう。

 機関投資家とは顧客から資金を預かり、代わりに運用する金融機関・会社のことです。

機関投資家は個人投資家に比べて、潤沢な資金を持っています。そのため一度に動く金額も莫大です。

このような機関投資家が大金をビットコインに投資することによって、相場が一気に上昇する可能性があります。

世界中の投資家たちの動向も絶えずチェックする必要があります。

ビットコイン法定通貨化

ビットコインを法定通貨として認定する国が増えると、ビットコインへの注目度が上がり価格が上昇する可能性があります。

 2021年9月にエルサルバドルがビットコインを法定通貨に認定した際には、大幅な価格上昇が起きています。

2022年現在エルサルバドルの他に、ビットコインを法定通貨として認定する国は出てきていません。

しかしビットコインの利便性・将来性を考えた際、法定通貨認定を行う国が現れるのも時間の問題でしょう。

実際ビットコインに関心をもつ国は増えています。

今後ビットコインを購入する人におすすめの仮想通貨取引所

仮想通貨の中でも一番有名なビットコインは、世界情勢の影響を受けやすく、常に今後どのような値動きをするのか注目されています。

そんな期待度が高いビットコインを取り扱っている仮想通貨取引所を以下にご紹介します。仮想通貨初心者でも使いやすいので、気になる人はチェックしてみてください。

コインチェック(Coincheck)
DMM Bitcoin
BITPoint
bitFlyer
(ビットフライヤー)
GMOコイン
coincheck
dmmbitcoin
bitFlyer
GMOコイン
取引所手数料
無料
無料
(BitMatch取引手数料を除く)
無料
約定数量 × 0.01 ~ 0.15%
(単位: BTC)
メイカー:-0.01%
テイカー:0.05%
販売所手数料
無料
無料
(BitMatch取引手数料を除く)
無料
無料
無料
レバレッジ
なし
2倍
なし
最大2倍
2倍
最低取引額
0.005通貨単位以上
(500円相当額以上)
0.0001BTC〜
(約1,000円相当)
0.00000001BTC単位
0.00000001BTC
(1円から取引可能)
0.0001 BTC/回
取引通貨数
17種類
20種類
14種類
18種類
22種類
キャンペーン・特典
本人確認と入金で
BTC2,500円分
プレゼント
新規口座開設でもれなく即時2,000円プレゼント!
BTC+ADA+DEP合計3,000円相当プレゼント!
公式サイトをチェック!
-
18銘柄の手数料が
最大半額!

Coincheck(コインチェック)

コインチェックLP

Coincheckの特徴
  • 豊富な17銘柄の仮想通貨
  • 取引所取引の手数料がTaker、Makerともに無料!
  • 積立購入や貸暗号資産でリスクを抑えることができる
  • Coincheckつみたてで毎月一定額自動で積立が可能
  • 保有する仮想通貨を貸し出して利息収入を得られる

老舗企業の仮想通貨取引所であるコインチェックは、アルトコイン含む仮想通貨が17銘柄もあるので初心者の方にもおすすめできます。

また、Coincheckつみたてでは暗号資産を毎月一定額自動で積立し、安定した投資ができるサービスを展開しています。リスクを抑えることが可能です。

さらに、貸仮想通貨を利用することで、保有する仮想通貨を貸し出して利息収入を稼ぐことができるため、長期的に稼ぎたいという人におすすめです。

Coincheckのアプリも使いやすいデザインが人気で、ダウンロード数は国内№1を誇ります。

取扱い通貨数 17種類
レバレッジ

無し

販売所手数料 無料
取引所手数料 無し
主な通貨の送金手数料

通貨によって異なります。
※コインチェックユーザー間無料

取引手数料
  • コンビニ入金
    3万円未満:770円
    3万円以上30万円以下:1018円
  • クイック入金
    3万円未満:770円
    3万円以上50万円以下:1018円
    50万円以上:入金金額×0.11% + 495 円

※全て税込です。

出金手数料
407円(税込)
社名
コインチェック株式会社

DMM Bitcoin

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)

DMM Bitcoinの特徴
  • レバレッジ取引できる仮想通貨の種類が№1※公式より
  • 機能が豊富で使いやすい取引ツール
  • 取引手数料・出金手数料が無料※BitMatch取引手数料を除く
  • 最短1時間以内に取引開始可能
  • スマホアプリもPC版に匹敵する高機能

DMM Bitcoinは、ビットコインはもちろん、イーサリアムなど将来有望なアルトコインを含む20種類の仮想通貨を取り扱っています。また、レバレッジ取引にチャレンジしたい方でも2倍まで対応しています。

また、BitMatch注文というDMM Bitcoinが提供する販売所価格の中値で買い手と売り手がマッチングした際に取引が成立するという取引方法が可能です。

 販売所取引では、買値と売値にスプレッドが上乗せされていますが、BitMatch注文を利用することでスプレッドを気にせず取引ができることが大きなメリットです。

また、入金手数料、出金手数料が無料で利用できるため、頻繁に口座資金を移動する人にも使いやすいです。

さらにレバレッジ取引を行うことでより資金効率を高めて取引を行うことができます。

取扱い通貨数 20種類
レバレッジ 2倍
販売所手数料 無料
取引所手数料 無料
主な通貨の送金手数料 無料
取引手数料 無料
※レバレッジ手数料は0.04%/建玉ごと
出金手数料
無料
社名
株式会社DMM Bitcoin

DMM Bitcoinのキャンペーン情報

DMM Bitcoinでは、現在新規口座開設をした人に即時で2,000円プレゼントするキャンペーンを実施中!

BITPoint(ビットポイント)

BITPoint(ビットポイント)

BITPointのココがオススメ
  • 出来高ランキングが国内№1※公式より
  • 国内で唯一トロン・エイダ・ジャスミーを取扱い中
  • 初めてでも直感的に使用可能なスマホアプリ
  • さまざまな手数料が無料
  • レンディングで仮想通貨を増やすことも可能
  • 最短当日から取引スタートできる

BITPointは、出来高ランキングが国内№1の取引所で、2022年3月現在ではほかの取引所では取扱いの無いエイダジャスミートロンといった仮想通貨を売買できるのが特徴的です。※公式より

また、様々な手数料が無料に設定されており、コストが安く済むのもBITPointの強みと言えます。

 即時入金手数料・取引手数料・仮想通貨の入出金などを0円で行えます。

さらに、仮想通貨を貸して増やせるレンディングサービスも行っています。一定期間仮想通貨を貸し出すと、堅実に所有数量を増やすことができます。

口座開設のスピードの速さも特徴的。スマホからの申し込みで、最短当日にエイダコインを購入可能です。

取扱い通貨数 12種類
レバレッジ 2倍
販売所手数料 無料
取引所手数料 無料
仮想通貨の送金手数料 無料
入金手数料 振込入金:振込手数料のみ
即時入金:無料
出金手数料 無料
社名 株式会社ビットポイントジャパン

キャンペーン情報

期間中に口座開設でもれなくディープコイン(DEP)を3,000円相当プレゼント

bitFlyer(ビットフライヤー)

おすすめの仮想通貨取引所No.1!bitFlyer

bitFlyerの特徴
  • BTCの取引量が国内№1
  • 取引手数料など様々な手数料が完全無料
  • かんたん操作で取引できる
  • 14種類の仮想通貨を100円から売買可能
  • 100%の顧客資産をコールドウォレットで保管

※Bitcoin日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2021 年の年間出来高(差金決済/先物取引を含む)

bitFlyerは15種類のビットコイン・アルトコインが100円から始められるのが大きな特徴です。また、全通貨販売所での手数料が無料なのも初心者にも優しいポイントです。

入金も住信SBIネット銀行のクイック入金であれば日本円の手数料が無料になるので、口座を持っている方はお得に取引することができます。

取扱い通貨数 15種類
レバレッジ 最大2倍
※bitFlyer Lightningで可能
販売所手数料 無料
取引所手数料 0.01%~0.15%
主な通貨の送金手数料 通貨によって異なります。
入金手数料
  • クイック入金手数料
    住信SBI銀行から入金:無料
    住信SBI銀行以外からの入金:330円(税込)
  • 銀行振込:無料
    ※振込手数料の負担はあり
出金手数料
  • 220円~770円(税込)
社名
株式会社 bitFlyer

出典:公式サイト

※公式サイトより

【マネックスビットコイン】暗号資産CFDが可能、レバレッジ手数料は0.04%!小学資金で大きな取引が可能

マネックスビットコイン
ビットコインの特徴
  • レバレッジ手数料は0.04%と業界水準で使いやすい
  • 取引手数料が無料
  • 24時間365日いつでも取引できる

マネックスビットコインの特徴

マネックスビットコインは、マネックス証券が提供する暗号資産取引所です。

実はマネックス証券は、インターネット証券の中で初めて暗号資産のサービスを始めたパイオニア的な会社でもあります。

メジャーな通貨である、ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、リップル(XRP)をはじめ、暗号資産CFDと呼ばれるレバレッジ取引も可能です。

マネックスグループは傘下にコインチェックがありますが、今現在は現物取引が可能である一方レバレッジ取引は不可能です。

ただ、マネックスグループのマネックス証券が提供する暗号資産CFDを利用すれば、最大レバレッジ2倍で取引が可能となります。

 コインチェックユーザーで「どうしてもレバレッジ取引をしたい」という方は、マネックス証券が提供するマネックスビットコインがおすすめです。

また、マネックス証券は暗号資産取引だけではなく、FX、株、投資信託などの金融サービスも提供しています。

取扱い通貨数 4種類
レバレッジ 最大2倍
※bitFlyer Lightningで可能
販売所手数料 無料
取引所手数料 無料
主な通貨の送金手数料 通貨によって異なります。
入金手数料

無料(別途銀行所定の振込手数料がかかります。)

出金手数料

通常出金:無料 即時出金サービス:330円(税込)

社名
マネックス証券株式会社

ビットコインに関するよくある質問 

ビットコインを買うべきタイミングはいつ?
2022年8月現在のビットコインの価格は310万円前後と2021年につけた700万円の最高値から比べると半値以下まで下がっています。そのため、ビットコインを買うタイミングは今がベストです。
ビットコインの将来性は?
ビットコインは将来性が無いと度々言われていますが、700万円を超える価値が付いたことは事実です。また、今後さらに仮想通貨が普及すれば700万円以上の価値となるでしょう。
ビットコインを取引する上での注意点は?
ビットコインに限らず、仮想通貨は比較的値動きが激しいため大きな利益を得やすい反面、大きな損失を被りやすいため適当に投資しないようにしましょう。
資金が少なくてもビットコイン投資はできる?
国内の仮想通貨取引所は100円から投資できるところがいくつかあります。そのため、多くの資金を持っていなくてもビットコインへ投資できます。
ビットコイン投資を始めるためには何をする?
ビットコインに投資するには仮想通貨取引所の口座開設をする必要があります。海外取引所もありますが、安全性の面から国内取引所を利用すると良いです。

まとめ

今回はビットコインの価格は今後どうなるのかについて解説してきました。メタバース技術の発展や法定通貨認定する国の出現などから、ビットコインの今後は明るいという見解が非常に多く見られました。

2022年現在ビットコインを始めとする仮想通貨の相場は全体的に下降傾向にありますが、回復するという意見が多いです。

これらの意見は専門家の意見ですが、確実なものではありません。

ビットコインを購入する際は、いきなり大金を投じるのではなく、少額ずつ積み立てていくことをおすすめします。

ビットコインの注目度は今後も高まっていくことでしょう。

仮想通貨に関する関連記事

 

 

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事