仮想通貨ビットコインFXとは?メリットやおすすめの取引所を紹介

仮想通貨ビットコインFXとは?メリットやおすすめの取引所を紹介

監修者の紹介
増田さん

監修者増田 諒

2021年1月1日現在、全国に891世帯1,257名のクライアントを抱えるコンサルタントとして活動中。年間100件の個別相談のほか「マネー・ライフプランニング」「資産運用」「保険」「確定申告」「住宅ローン」「相続」等のテーマのセミナーで登壇。

MDRT入賞 7回 ・TLC(生命保険協会認定FP) ・CFP ・IFA(証券外務員1種)・ファイナンシャルプランニング技能士1級 ・宅地建物取引士 貸金業務取扱主任者

増田 諒Masuda Ryo

「ビットコインFXを始めたいけど、どのような仕組み?」「ビットコインFXと現物取引の違いは?」このような疑問を持つ方もいるでしょう。

仮想通貨ビットコインFXを始めるには、仕組みを十分に知っておく必要があります。そこで今回は、仮想通貨ビットコインFXの仕組みやメリット・注意点を詳しく解説します。

おすすめの取引所も厳選して紹介するので、参考にしてくださいね。

ビットコインFXとは?|仕組みを解説

まずはビットコインFXの仕組みや特徴について、詳しく見ていきましょう。

ビットコインFXとは

ビットコインの画像

ビットコインFXとは、仮想通貨ビットコインを使ったFX取引のことを言います。

実際にビットコインの売買を行うのではなく、将来の価格の上昇や下落を見込んで取引します。

 買い注文もしくは売り注文で建玉を持ち、決済すると、価格が変動した分の差額を受け取れる証拠金取引です。

レバレッジをかければ、自分の資産を担保にして何倍ものお金を動かすことが可能です。

相場の下落を見込んで高値で売り注文を出しておき、安値となったら買い戻すといった、現物取引ではできない、下落相場の局面でも収益が狙えます。

少ない資金で大きな取引ができる特徴があります。

現物取引との違い

ビットコインの画像

ビットコインの現物取引とは、ビットコインを実際に購入・売却する取引のことを言います。現物を売買するため、仮想通貨の受け渡しが発生します。

一方、ビットコインFXは差金決済取引であるため、実際にビットコインを送受金することはありません。

 つまり、FX取引は実際に仮想通貨を保有しないため、直接的なハッキングリスクなどが無い点が現物取引との違いです。

さらにビットコインの現物取引では、通貨として実際に使用できるコインを購入することが必要であるため、手持ち資金以上の取引をすることはできません

一方ビットコインFXは通常のFXと同様にレバレッジをかけられるため、少額の自己資金で大きな取引できる点も特徴です。

ビットコインFXのメリット

ビットコインFXには、以下のようなメリットがあります。

小さい元手で大きな利益を狙える

コインの画像

ビットコインFXでは「レバレッジ」をかけることができるため、持っている資金以上の取引を行うことが可能です。

実際に日本の金融庁では、国内取引所は最大2倍までレバレッジをかけることが認められています。

 最大のレバレッジをかける場合、持っている資金の2倍ものお金を動かすことができるというわけです。

少額の資金しかない初心者でも大きく利益を狙うことができる点が、ビットコインFX最大のメリットだといえます。

出典:金融庁「暗号資産(仮想通貨)に関連する制度整備について」

下げ相場でも利益を出せる

チャートの画像

株式投資では安く買って高く売る方法により、価格が上昇している場合のみ利益が得られます

このような現物株は相場全体が下落した時には、資産総額が減ってしまう点がデメリットです。

 一方ビットコインFXなら、下落相場でも利益を狙うことが可能であるため、取引チャンスが多い点がメリットとなります。

ビットコインFXでは、価格が高いうちに売却しておき、低くなった際に買い戻すことができます。この取引は、空売りとも呼ばれています。

下落相場でも利益を出せるので、下げ相場でも損切りせずに上がるのを待ち続けるというリスクの高い取引をする必要もありません。

価格が低くなった時に安く買い戻せるので、その分の差額が利益になる仕組みです。

24時間365日いつでも取引できる

カレンダーの画像

株式取引は、市場が休みである土日・祝日は取引を行うことができません。平日が仕事の方は、取引ができない点がデメリットでしょう。

 一方、ビットコインFXなら市場の休みはないため、24時間365日いつでも好きなタイミングで取引を行うことが可能です。

インターネット環境さえあれば、外出先でもスマホのアプリを使って快適に取引ができます。忙しい方も手軽に取引を始められるでしょう。

ビットコインFXの注意点

ビットコインFXには以下のような注意点があります。

ロスカットがある

チャートの画像

ロスカットとは、顧客の資金を守るために強制的に決済することです。ビットコインFXでは、損失が大きくなると「強制ロスカット」が発動します。

通常含み損が出てもそのまま持ち続けることで、価格が回復して損失を軽減させられるケースはよくあります。

 しかし、強制ロスカットが発動すると、その時点で損失が確定してしまうので注意が必要です。

強制ロスカットはこれ以上損失を拡大させないための機能ではあるものの、大きく資産が減少していまいます。

ロスカットが発動しないためには、常に証拠金維持率に余裕を持っておくことが大切です。

ロスカットが発動する前に損切りを行うようにしてください。

追証(おいしょう)になる可能性がある

紙幣の画像

FX取引は高いレバレッジをかけると大きく稼ぐことが可能です。しかし、同時に大きな損失が出る可能性も高まるので注意が必要です。

例えばビットコインの価格が50万円のタイミングで5万円の証拠金を元に1BTCを購入した場合、レバレッジは10倍です。

 ここからビットコインの価格が40万円に下落すれば10万円の損失が発生し、証拠金が不足してしまいます。

証拠金が不足すれば、追証(おいしょう)として5万円を追加で支払う必要があります。

追証はどのくらいの頻度で発生する?

しかし、追証が発生するより前にロスカットが発動することが一般的であるため、ビットコインFXで借金が発生するケースはほとんどありません。

基本的に、取引所に預けた証拠金以上の損失が出ることはほとんどないので、安心してください。

追証が発生するケースは?

ただし、一瞬で相場が大きく動いたケースでは、ロスカットが間に合わずに多額の損失が出ることは考えられます。

FX取引で借金を抱えることが怖いという方は、追証(おいしょう)の無い取引所を利用しましょう。

仮想通貨(ビットコイン)FXのやり方

ここからは、仮想通貨(ビットコイン)FXの始め方を、順番に解説していきます。

1.取引所で口座を開設する

PCの画像

まずは取引所で口座を開設しましょう。ほとんどの国内取引所は口座開設手数料は無料なので、安心してください。登録に必要な情報は、以下の通りです。

  • メールアドレスと設定したパスワード
  • 電話番号(SMS認証)
  • 個人情報
  • 本人確認書類(アップロード)

ほとんどの場合、口座の開設はインターネットで完結しますが、本人確認書類の提出のアップロードが必要です。

あらかじめ、運転免許証やマイナンバーカードなどの書類を用意しておくと良いでしょう。

その他、登録する銀行口座の通帳などの提出が求められます。

2.日本円を入金する

お金の画像

口座が開設できたら、取引を行うために日本円を入金します。主な入金方法は、以下の3種類です。

  • 銀行振込
  • インターネットバンキング入金(おすすめ)
  • コンビニから入金

インターネットバンキングなら自宅にいながら手軽に入金できるので、忙しい方も便利に利用できるでしょう。

 また予想外の損失に対応するため、運用は余剰資金の範囲で入金することが大切です。

余剰資金で運用していれば、普段の生活に支障をきたすことはないでしょう。

3.注文を出す

PCの画像

入金が完了したら、いよいよ仮想通貨FX取引を開始しましょう。

買い注文(ロング)の出し方

まずは取引する通貨ペアを選択し、注文方法を選択します。

注文数量を決定後、指値注文の場合は注文レートを設定して発注すれば注文は完了です。

売り注文(ショート)の出し方

売り注文のやり方は、買い注文とほとんど同じです。「売買」で「売」を選択して発注を行います。注文レートを設定して発注すれば注文は完了です。

4.注文を決済する

決済するポジションを選択したら、注文方法を選択します。注文数量を決め、指値注文の場合は注文レートを設定して発注しましょう。

注文が約定すれば取引は完了です。

仮想通貨ビットコインFXは税金がかかる?

仮想通貨ビットコインFXは税金がかかるのか、手数料以外に必要な費用についても知っておきましょう。

確定申告が必要

PCの画像

結論から申し上げますと、仮想通貨の売買では、一定の利益をあげることで確定申告が必要になります。

確定申告とは、1年間の所得(売上から経費を差し引いた儲け)に対して、所得にかかる税金を計算し、税務署に納めるべき税額を報告する手続きのことを言います。

 通常、会社に勤務している方は会社で計算後に納税を行う仕組みであるため、自分で税金を計算する必要はありません。

しかし副業として仮想通貨取引を行って利益が出ると、自分で利益を含めた計算を行って納税する必要があるのです。

初めて税金の計算をするという方は、少し難しく感じるかもしれませんね。

仮想通貨の税区分

税金の画像

税金には、内容によってさまざまな区分が決められています。税区分ごとにかかる税金の割合は異なるので注意が必要です。

2016年までは仮想通貨の税区分は曖昧だったものの、2017年には国税庁が正式に「雑所得」で申告することを決定しました。

 雑所得は、累進課税制の仕組みが採用されており、利益が大きくなるほど課税額が大きくなる仕組みです。

以下で税率を見ていきましょう。

課税される所得金額 税率 控除額
1,000円~194万9,000円まで 5% 0円
195万円~329万9,000円まで 10% 97,500円
330万円~694万9,000円まで 20% 427,500円
695万円~899万9,000円まで 23% 636,000円
900万円~1,799万9,000円まで 33% 1,536,000円
1,800万円~3,999万9,000円まで 40% 2,796,000円
4,000万円以上 45% 4,796,000円

利益が増えるほど税率は上がり、年間4,000万円以上になると、約半分の金額を納税する必要があります。ただし、所得の全額に課税されるわけではありません。

38万円の基礎控除と各所得に対応した控除を受けることができますが、195万円以下の場合には控除が無いので注意してください。

出典:国税庁「所得税の税率」

出典:国税庁「確定申告書作成コーナーよくある質問」

課税対象になる利益の確定タイミング

税金の画像

ビットコインFX取引を行っている方が全員必ず確定申告が必要というわけではないので、注意が必要です。確定申告が必要なのは、以下のいずれかに該当する方です。

  • 給与での年間収入が2,000万円以上ある方
  • 給与や退職金以外にも、年間20万円以上の所得がある方
  • 2ヶ所以上から給与を受け取り、主な給与以外から年間20万円以上の所がある
  • その他、源泉徴収のない所得がある方

例えば、会社に勤務しながら副業としてビットコインFXの取引を行い、年間20万円以上の利益を得た場合には確定申告が必要です。

 ただし、所得には38万円の基礎控除を受けることができるため、所得が年間38万円以下の方は確定申告は不要です。

確定申告をしないとばれる?

確定申告をしていないことがばれると、後から大きな罰金が課されてしまうので注意が必要です。延滞税という利息も納付しなくてはなりません。

無申告だったために、仮想通貨で儲けたお金の大部分が飛んで行ってしまった、ということにもなりかねません。

利益が20万円以上の方は、必ず確定申告を行うようにしましょう。

仮想通貨ビットコインFXにおすすめの取引所3選

仮想通貨ビットコインFXにおすすめの取引所を厳選して3社紹介します。

DMM Bitcoin

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)

DMM Bitcoinのおすすめポイント
  • 土日祝も含めた365日サポート対応を行っている
  • スマホアプリの「EXモード」はレバレッジ取引にも対応している
  • 申し込みから最短当日で取引が開始できる
  • 使いやすくて豊富な取引ツールが用意されている

DMM Bitcoin (DMMビットコイン)では、ビットコインを含め15の通貨でレバレッジ取引(暗号資産FX)が可能です。

 スマホアプリの「EXモード」ならレバレッジ取引にも対応しているので、外出先でも便利に仮想通貨FX取引ができるでしょう。

土日祝も含めた365日サポート対応を行っているため、取引の上で困ったことがあっても、気軽に相談できるでしょう。LINEからの問い合わせも可能です。

DMM Bitcoinの基本情報

レバレッジ 最大2倍
対応銘柄数 15種類
取引手数料 無料
最小注文数量 0.0001BTC

出典:DMM Bitcoin

bitFlyer(ビットフライヤー)

おすすめの仮想通貨取引所No.1!bitFlyer

bitFlyer(ビットフライヤー)のおすすめポイント
  • 三井住友銀行からの振込手数料等が無料
  • 業界最長7年以上ハッキングゼロの安心感※公式サイトによる
  • 「Lightning FX」でビットコインFX取引ができる
  • 最小発注数量は0.01BTC

bitFlyer(ビットフライヤー)の「Lightning FX」では、最大2倍のレバレッジでビットコインFX取引を行うことが可能です。

 最小発注数量は0.01BTCなので、初心者の方も少額資金で気軽に投資を始めることができるでしょう。

公式サイトによると業界最長7年以上ハッキングゼロであるため、大切な資産も安心して預けることができます。ビットコインを証拠金として預入れることも可能です。

bitFlyer(ビットフライヤー)の基本情報

レバレッジ 最大2倍
Lightning FXの取引手数料 無料
最小注文数量 Lightning FX : 0.01 BTC

出典:bitFlyer(ビットフライヤー)

GMOコイン

GMOコイン

GMOコインのおすすめポイント
  • レバレッジ取引に特化した高機能ツールが用意されている
  • 本格的な暗号資産FX取引が可能なスマホアプリ
  • オリコン顧客満足度&国内取扱銘柄数はNo.1(2021年度実績)※公式サイトの文言による
  • GMOインターネットグループの安心感

GMOコインは、10銘柄の仮想通貨レバレッジ取引に対応しています。ビットコイン(BTC)をはじめ、代表的なアルトコインのFX取引が可能です。

 レバレッジ取引に特化した、ひとつの画面で取引が完結できる高機能ツールが用意されているので、快適に取引ができるでしょう。

スマホアプリでは、1タップで即時発注できる「スピード注文」が搭載されており、新規・決済・ドテンも1タップで注文が可能です。

急騰急落アラート機能も搭載されているので、相場変動時のチャンスを逃すことがないでしょう。

基本情報

レバレッジ 最大2倍
対応銘柄数 10種類
取引手数料 無料
最小注文数量 0.00001 BTC

出典:GMOコイン

まとめ

今回は、仮想通貨ビットコインFXの仕組みやメリット・注意点を詳しく解説しました。FXなら少ない資金で大きなお金を動かすことができます。

ただし、ロスカットや追証(おいしょう)になる可能性もあるため、注意が必要です。無理のない範囲で取引を行うようにしましょう。

初心者の方は、まずはデモトレードを活用してある程度取引環境に慣れてから、本番に挑むこともおすすめです。

仮想通貨に関する関連記事

 

 

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事