ビットコインキャッシュとは?将来性や今後の予想、買い時を解説

ビットコインキャッシュとは?将来性や今後の予想、買い時を解説

監修者の紹介
増田さん

監修者増田 諒

2021年1月1日現在、全国に891世帯1,257名のクライアントを抱えるコンサルタントとして活動中。年間100件の個別相談のほか「マネー・ライフプランニング」「資産運用」「保険」「確定申告」「住宅ローン」「相続」等のテーマのセミナーで登壇。

MDRT入賞 7回 ・TLC(生命保険協会認定FP) ・CFP ・IFA(証券外務員1種)・ファイナンシャルプランニング技能士1級 ・宅地建物取引士 貸金業務取扱主任者

増田 諒Masuda Ryo

「ビットコインキャッシュってどんな仮想通貨?」「ビットコインの価格は今後上がる?」

上記のようなお悩みをお持ちの方も多いのではないでしょうか。ビットコインキャッシュはビットコインのハードフォークにより誕生した仮想通貨でビットコインに似た機能を持っています。

しかし、ビットコインキャッシュとビットコインの違いが分からなければどちらを購入するべきかの判断や買い時の判断がつかないでしょう。

今回の記事では、ビットコインキャッシュの特徴や将来性、買い時について解説していきます。

\最短1日で取引開始!/

Coincheckがおすすめ

coincheck

金融庁の暗号資産交換業者に登録されているCoincheckは取扱銘柄数も国内最大級の17種類で、ビットコインはもちろんのことマイナーなアルトコインも取り扱っていいます
仮想通貨取引初心者の頃から、少し慣れてきた中級者・上級者の頃にも長く使い続けることができる取引所といえるでしょう。

ビットコインキャッシュとは?ビットコインとの違い

ビットコインキャッシュとは?ビットコインとの違い

ビットコインキャッシュという名前を聞くと、ビットコインと関連がある仮想通貨であることはわかりますが、実際にどのような特徴を持っているのかや、ビットコインとの違いについてわからないという人も多いのではないでしょうか。

ここからは、ビットコインキャッシュの特徴、ビットコインとの違いについて詳しく解説していきます。

ビットコインキャッシュの基本情報

まずは、ビットコインキャッシュの価格や時価総額などの基本的な情報について、以下の表にまとめました。

通貨 BCH(ビットコインキャッシュ)
価格(2021年12月23日現在) 50,131.47円
時価総額(2021年12月23日現在) 949,251,333,959円
時価総額ランキング(2021年12月23日現在) 24位
発行上限 21,000,000枚
現在発行枚数 18,935,238枚

ビットコインキャッシュは、2017年8月1日にビットコインのブロックチェーンにハードフォークが発生して新しく誕生した仮想通貨です。

 ビットコインのハードフォークが発生して誕生した通貨はビットコインキャッシュ以外にもビットコインゴールドやビットコインダイアモンドなどがあります。

ビットコインキャッシュはビットコインのハードフォークの中で最初に誕生した銘柄として話題を集めています。

ハードフォークとは?

ハードフォークとは?

そもそもハードフォークという現象がどのようなものなのか知らないという人も多いのではないでしょうか。ハードフォークという言葉を簡単に説明すると「仕様変更」という言葉が当てはまります。

 仮想通貨はブロックチェーンと呼ばれる技術によって通貨の取引が行われています。通貨ごとに利用しているブロックチェーンが異なり、専用のブロックでしか取引を行うことができません。

しかし、ブロックチェーンで発生する問題を解決するために、使用を変更してしまうとそれまでのブロックチェーンとの互換性がなくなってしまい、互換性がなくなったブロックには全く新しい通貨が誕生します。

こうして誕生した仮想通貨がビットコインキャッシュです。

ビットコインキャッシュとビットコインの共通点

ビットコインキャッシュの特徴

ビットコインキャッシュの特徴を解説する上では、ビットコインと共通する部分と異なる部分について理解しておく必要があります。

ビットコインキャッシュとビットコインの共通点は、以下の3点です。

ビットコインキャッシュとビットコインの共通点
  • 発行上限枚数が2,100万枚であること

  • 4年に1度半減期が訪れること

  • コンセンサスアルゴリズムにPoWを採用していること

それぞれの共通点について、詳しくみていきましょう。

発行上限枚数が2,100万枚であること

発行上限枚数が2,100万枚であること

ビットコインキャッシュの発行上限枚数は、2,100万枚で、ビットコインと全く同じ枚数です。仮想通貨の中には、発行上限枚数が設定されていないものもありますが、ビットコインの仕様をそのまま受け継いでいます。

 発行上限枚数が2,100万枚であるということは、ビットコインキャッシュの需要が大きく伸びた時に価格も大きく上がるという性質があります。

日本円のように発行量を調節できる通貨では、需要に合わせて多く発行したり少なく発行したりできます。したがって、日本円の場合には通貨の価値が大きく変動することは起こりにくいです。

ビットコインキャッシュのように上限がある通貨では、今後需要が伸びれば伸びるほど価格が上昇するため今後に期待が持てるでしょう。

4年に1度半減期が訪れること

4年に1度半減期が訪れること

ビットコインキャッシュでは、半減期というものが4年に1度のタイミングで訪れます。半減期とは、通貨の発行料が半減となる時期のことです。

ビットコインキャッシュでは、発行上限枚数が2,100万枚と決まっているため、当初と同じペースで発行し続けてしまうとあっという間に上限に達してしまいます。

したがって、半減期を設けることで、恒常的に通貨の発行を行えるようにしているのです。
 そもそもビットコインキャッシュの元となるビットコインでは、金や銀のように有限の資産をとなることを想定して作っているため、上限があり、段々と採掘(発行)できる数量が少なくなっていくという仕組みを作っています。

ビットコインキャッシュでは、2020年に1回目の半減期が訪れました。次回の半減期はぴったり4年後というわけではなく、ずれる可能性はありますが、半減期に合わせて価格が変動するという性質を覚えておくと買い時を判断しやすいです。

コンセンサスアルゴリズムにPoWを採用していること

コンセンサスアルゴリズムにPoWを採用していること

コンセンサスアルゴリズムにPoW(プルーフ・オブ・ワーク)を採用しているという点も、ビットコインとの共通点になります。

 PoW(プルーフ・オブ・ワーク)というのは、いわゆるマイニングの仕組みのことです。マイニングでは、ブロックチェーンの承認作業を行うことで、新規発行された通貨をもらうことができます。

ビットコインのマイニングでは、一番早くブロックの承認作業を行なった人に報酬を付与するという仕組みで、これがPoWというコンセンサスアルゴリズムになります。

他の仮想通貨では、PoW以外の方法を採用している場合もあります。例えば、イーサリアムではPoS(プルーフ・オブ・ステーク)という方法で、仮想通貨を多く保有している人にブロックチェーンの承認作業を多く与えるという方法です。

したがって、ビットコインキャッシュのマイニングを行う場合には、通貨の保有量よりも承認スピードが重要になるため、PCなどのスペックが重要です。

ビットコインとの違い

ビットコインとの違い

一方で、ビットコインキャッシュとビットコインの相違点は、以下の2点が挙げられます。

ビットコインキャッシュとビットコインの相違点
  • 1つのブロックの容量が大きい

  • スマートコントラクトの機能を有する

それぞれの違いについて、詳しく確認していきましょう。

1つのブロックの容量が大きい

ビットコインキャッシュとビットコインの大きな違いは、ブロックの容量が挙げられます。ビットコインのブロックチェーンでは、1つのブロックにつき1MBの容量しかありませんでした。

 しかし、ビットコインキャッシュでは現在、32MBまで容量が拡張されています。ブロックの容量が大きいということは、処理速度が速いとうことです。

ビットコインでは、過去にスケーラビリティ問題が発生したことにより、処理スピードを問題視されていましたが、ビットコインキャッシュでは問題点が改善されています。

スマートコントラクトの機能を有する

スマートコントラクトの機能を有する

ビットコインキャッシュにはビットコインには機能としてスマートコントラクトがあります。

 そもそもスマートコントラクトとは、取引や契約などの作業をデジタル化・自動化するという仕組みです。

スマートコントラクトはイーサリアムのブロックチェーンにも用いられています。スマートコントラクトの機能を持つブロックチェーンでは、取引アプリやサービスを開発することが可能な点がメリットです。

したがって、ビットコインキャッシュのブロックチェーンを利用してアプリケーションを開発することで、ビットコインキャッシュが活発に利用されることとなるでしょう。

ビットコインキャッシュの今後の将来性・予想は?

ビットコインキャッシュの今後の将来性・価格予想は?

ビットコインキャッシュの将来性について、気になっているという人も多いのでないでしょうか。ビットコインキャッシュの将来性や予想としては次の2点が挙げられます。

ビットコインキャッシュの将来性・予想
  • スマートコントラクトの普及
  • 半減期による価格変動

それぞれの要因について、詳しく確認していきます。

スマートコントラクトの普及

スマートコントラクトの普及

ビットコインキャッシュでは、ビットコインにない仕組みとして、スマートコントラクトという機能があります。

 スマートコントラクトを利用することで、ブロックチェーン技術を取り入れたアプリケーション、サービスの開発が簡単に行えるため、今後が期待されています。

スマートコントラクトを利用することで、ブロックチェーンの取引手数料として、ビットコインキャッシュを支払わなければいけないため、通貨の需要が伸びます。

 ただし、スマートコントラクトの機能を持つ仮想通貨はビットコインキャッシュだけにとどまらず、イーサリアムなどの数多くの仮想通貨が競合しています。

したがって、今後他の仮想通貨とのスマートコントラクトの競合に勝てるかどうかが価格を左右するポイントと言えるでしょう。

半減期による価格変動

半減期による価格変動

ビットコインキャッシュでは半減期がおよそ4年ごとに発生するため、半減期による価格変動に注目する必要があります。

半減期では、通貨の新規発行量が減少するため、マイニングによる報酬が半減します。マイニングを行う人は仮想通貨を稼ぐために行なっていますが、報酬を受け取った後は売却することが多いです。

したがって、マイニング報酬で発行された通貨は多く売られることで、通貨の売り圧力が強くなってしまいます。

一方で、半減期を迎えると仮想通貨の発行量が減るため、マイナーが売る仮想通貨の量が少なくなり、市場全体の売り圧力が弱くなります。

 つまり、半減期が起こることは長期的に考えると価格を上昇させる要因となりやすいです。したがって、半減期が来る前に仮想通貨を購入しておくことで、長期的な値上がりが期待できる可能性があります。

ビットコインキャッシュの買い時・売り時は?

ビットコインキャッシュの買い時・売り時は?

ビットコインキャッシュの買い時、売り時はいつなのかについて気になっているという人も多いのではないでしょうか。

ビットコインキャッシュの買い時を判断するポイントは、以下の

ビットコインキャッシュの買い時
  • 半減期が来る前

  • ビットコインが値上がりしたタイミング

  • スマートコントラクトを大手企業や研究機関が利用したタイミング

  • 仮想通貨の暴落後

それぞれの買い時について、詳しく解説していきます。

半減期が来る前

半減期が来る前

ビットコインキャッシュの将来性を解説した際にも説明しましたが、新規発行量が半分になる半減期が到来することで、マイナー報酬が半減します

半減期が起きるたびにマイナーによる売り圧力が弱くなるため、価格が上がるタイミングになりやすいです。

したがって、半減期の前を狙って通貨を購入しておくことで、長期的な値上がりが期待できるでしょう。

ビットコインが値上がりしたタイミング

ビットコインキャッシュのハードフォーク元であるビットコインの価格変動によってビットコインキャッシュの価格が変動することがあるため、ビットコインが値上がりしたタイミングや値上がりしそうなタイミングが買い時です。

 ビットコインのハードフォーク元という点に限らず、仮想通貨全体の銘柄は概ね連動することが多いです。仮想通貨の中でもっとも取引量が多い通貨がビットコインであるため、値動きの参考にしやすいでしょう。

したがって、ビットコインキャッシュの投資を検討している人でも、ビットコインのニュースは積極的に確認しておくことが望ましいです。

スマートコントラクトを大手企業や研究機関が利用したタイミング

スマートコントラクトを大手企業や研究機関が利用したタイミング

仮想通貨のスマートコントラクトを利用してサービスが開発されると、ブロックチェーンの手数料として仮想通貨を支払う必要があります。

したがって、ビットコインキャッシュのスマートコントラクトを大手企業や研究機関のサービスが提携することで、価格が上昇する可能性が高いです。

ビットコインのニュースを日々情報収拾することで、スマートコントラクトに関するニュースを見ることができるため、積極的に情報を検索しましょう。

仮想通貨の暴落後

そもそも仮想通貨投資で稼ぐためには、安値で買って高値で売るということが重要です。ビットコインキャッシュが大きく伸びているタイミングも良いですが、高値掴みしてしまう可能性も考えられます。

もし、ビットコインキャッシュが伸びると期待できる場合には、伸びている最中よりも暴落したタイミングで購入すると、利益を増やしやいです。

仮想通貨が暴落したタイミングでは、相場の流れ以上に売り注文が殺到します。売りが殺到して価格が下がりきった後はリバウンドで価格が上がることが多いため、逆張り投資の狙い時でもあります

 ただし、仮想通貨の価格が暴落した後に、さらに狼狽売りが発生して暴落し続けるということも起こり得るため、購入するタイミングの見極めが重要です。

暴落から回復しそうなタイミングで購入できるとベストであり、暴落直後にすぐに取引を行うのはリスクが高くなってしまうため注意が必要です。

ビットコインキャッシュの取引におすすめの取引所

コインチェック(Coincheck)
DMM Bitcoin
bitFlyer
(ビットフライヤー)
GMOコイン
coincheck
dmmbitcoin
bitFlyer
GMOコイン
取引所手数料
無料
無料
(BitMatch取引手数料を除く)
約定数量 × 0.01 ~ 0.15%
(単位: BTC)
メイカー:-0.01%
テイカー:0.05%
販売所手数料
無料
無料
(BitMatch取引手数料を除く)
無料
無料
レバレッジ
なし
2倍
最大2倍
2倍
最低取引額
0.005通貨単位以上
(500円相当額以上)
0.0001BTC〜
(約1,000円相当)
0.00000001BTC
(1円から取引可能)
0.0001 BTC/回
取引通貨数
18種類
19種類
15種類
20種類
キャンペーン・特典
本人確認と入金で
BTC2,500円分
プレゼント
新規口座開設でもれなく即時2,000円プレゼント!
※2022年4月1日(金)7時00分~2022年8月1日(月)6時59分
シンボルの預入または購入で総額100万円相当山分け!
※2022年4月21日11:59まで
公式サイトをチェック
毎日10人に現金1,000円当たる!

ビットコインキャッシュをどこの取引所で取引するか迷っているという人も多いのではないでしょうか。ビットコインキャッシュは数多くの取引所に上場していますが、国内の取引所を利用するのがおすすめです。

国内取引所の中でも特にビットコインキャッシュの購入がおすすめなのは、上記4つの取引所が挙げられます。

それぞれの取引所の特徴やメリットについて、詳しく解説していきましょう。

Coincheck

Coincheck(コインチェック)

Coincheckの特徴
  • 取り扱う仮想通貨が17種類!
  • 取引所取引の手数料がTaker、Makerともに無料!
  • 積立購入や貸暗号資産でリスクを抑えることができる

Coincheckは国内の取引所で最も取り扱う仮想通貨の種類が多い取引所で、17種類の仮想通貨を取り扱います。

 ビットコインキャッシュも取引所取引、販売所取引どちらにも対応しており、取引所取引ではTaker、Makerともに手数料が無料なため、コストを抑えて取引ができます。

また、Coincheckつみたてでは、ビットコインキャッシュを毎月積み立てて購入することができリスクを抑えることが可能です。

さらに、貸仮想通貨を利用することで、保有するビットコインキャッシュを貸し出して利息収入を稼ぐことができるため、長期的に稼ぎたいという人におすすめです。

※出典:Coincheck公式サイト

取り扱い通貨数 17種類
取引手数料 販売所取引
無料(別途スプレッド有)

取引所取引
Taker:0%
Maker:0%

入金手数料

銀行振込
無料(別途銀行所定の振込手数料がかかります。)

クイック入金
3万円未満:770円
3万円以上50万円以下:1018円
50万円以上:入金金額×0.11% + 495円

コンビニ入金
3万円未満:770円
3万円以上30万円以下:1018円

出金手数料 407円
入庫手数料 無料
出庫手数料 仮想通貨によって異なる
BTC:0.0005 BTC
レバレッジ 無し
その他サービス Coincheckつみたて
貸暗号資産
Coincheckでんき
Coincheckガス
Coincheck NFT(β版)

DMM Bitcoin

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)

DMM Bitcoinの特徴
  • BitMatch注文でスプレッドを抑えて取引できる
  • 各種手数料が全て無料
  • レバレッジを最大2倍まで利用可能

DMM Bitcoinでは、ビットコインキャッシュをBitMatch注文という方法で取引可能です。BitMatch注文とは、DMM Bitcoinが提供する販売所価格の中値で買い手と売り手がマッチングした際に取引が成立するという取引方法になります。

 販売所取引では、買値と売値にスプレッドが上乗せされていますが、BitMatch注文を利用することでスプレッドを気にせず取引ができることが大きなメリットです。

また、入金手数料、出金手数料が無料で利用できるため、頻繁に口座資金を移動する人にも使いやすいです。

さらにレバレッジ取引を行うことでより資金効率を高めて取引を行うことができます。
取り扱い通貨数 15種類
取引手数料

現物取引:無料

BitMatch注文
通貨により異なる

入金手数料

無料

出金手数料

無料

入庫手数料 無料
出庫手数料 無料
レバレッジ 最大2倍
その他サービス BitMatch注文

新規口座開設キャンペーン!もれなく即時で2,000円プレゼント
※2022年4月1日7:00〜2022年8月1日6:59

bitFlyer

おすすめの仮想通貨取引所No.1!bitFlyer

bitFlyerの特徴
  • bitFlyerかんたん積立で積立購入が可能
  • 最短10分で口座開設が完了する
  • bitFlyer Lightningで本格的な取引を行うことができる

bitFlyerは14種類の仮想通貨を取り扱う取引所で、ビットコインキャッシュの積立取引やレバレッジ取引が可能です。リスクを抑えたいという人は積立取引、リターンを最大化させたい人はレバレッジ取引が適しています。

スマートフォンから申し込み手続きを行うことで、最短10分で口座開設が完了するため、すぐに取引を始めたいという方にもおすすめです。

また、bitFlyer Lightningではテクニカル分析を利用したチャートの予測や仮想通貨の先物取引に対応しているため、より本格的な取引を行うことができます。

取り扱い通貨数 15種類
取引手数料

取引所
通貨により異なる
BTC:約定数量 × 0.01 ~ 0.15%(単位: BTC)

販売所:無料(別途スプレッドが発生)

入金手数料

クイック入金手数料
住信SBIネット銀行から入金の場合:無料
住信SBIネット銀行以外からご入金の場合:330 円(税込)/件

銀行振込手数料
無料(別途振込手数料が発生)

出金手数料

三井住友銀行の場合
3万円未満:220円
3万円以上:440円

三井住友銀行以外の場合
3万円未満:550円
3万円以上:440円

入庫手数料 無料
出庫手数料 仮想通貨により異なる
BTC:0.0004 BTC
レバレッジ 最大2倍
その他サービス

bitFlyer Lightning
bitFlyerかんたん積立
bitFlyerクレカ
Tポイントサービス

GMOコイン

GMOコイン

GMOコインの特徴
  • 金融サービスを多数提供するGMOグループが運営する取引所で安心
  • 万全なセキュリティを提供
  • 500円からビットコインキャッシュの積立購入ができる

GMOコインはGMOクリック証券やGMOあおぞらネット銀行などの多くの金融サービスを多数提供するGMOインターネットグループが運営する仮想通貨取引所で運営元に安心感があります。

 システムへの侵入対策・アカウント乗っ取り対策だけでなく、内部不正対策やウォレットの管理を徹底しており、ハッキングの不安なく取引を行うことが可能です

さらに、GMOコインでは仮想通貨の積立購入に対応しており、ビットコインキャッシュを500円から購入することができます

したがって、投資に使える資金があまりないという人でも取引を始めやすいです。

取り扱い通貨数 20種類
取引手数料

取引所
Maker:-0.01%
Taker:0.05%

販売所:無料(別途スプレッドが発生)

入金手数料

即時入金:無料
振込入金:振り込み手数料はお客様負担

出金手数料

無料

入庫手数料 無料
マイナーに支払う手数料はお客様負担となります
出庫手数料 無料
レバレッジ 最大2倍
その他サービス

暗号資産FX
貸暗号資産
積立暗号資産
ステーキング

仮想通貨(暗号資産)の購入で毎日10名当選のチャンス!現金1,000円が当たる!
終了時期未定

まとめ

今回は、ビットコインキャッシュについて解説しました。ビットコインキャッシュはビットコインからハードフォークが発生してできた通貨で、スマートコントラクト機能を有していることから今後に期待が持てる銘柄です。

ビットコインキャッシュの取引を始めてみたいという方は、今回紹介した仮想通貨取引所の口座開設を行なってみてはいかがでしょうか。

仮想通貨に関する関連記事

 

 

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事