bitFlyer(ビットフライヤー)の評判・口コミを徹底調査|メリット・デメリット

bitFlyer(ビットフライヤー)の評判を徹底調査|メリット・デメリット

監修者の紹介
増田さん

監修者増田 諒

2021年1月1日現在、全国に891世帯1,257名のクライアントを抱えるコンサルタントとして活動中。年間100件の個別相談のほか「マネー・ライフプランニング」「資産運用」「保険」「確定申告」「住宅ローン」「相続」等のテーマのセミナーで登壇。

MDRT入賞 7回 ・TLC(生命保険協会認定FP) ・CFP ・IFA(証券外務員1種)・ファイナンシャルプランニング技能士1級 ・宅地建物取引士 貸金業務取扱主任者

増田 諒Masuda Ryo

「仮想通貨取引してみたいけど、bitFlyer(ビットフライヤー)ってどうなんだろう?」と思っていませんか?有名な仮想通貨取引所は国内に複数存在するため、比べてしまうと、どこがいいのか悩むのは当然と言えるでしょう。

そこで今回はbitFlyer(ビットフライヤー)がどんな取引所なのかを解説します。併せて、評判や口コミの調査結果についてもまとめました。

bitFlyer(ビットフライヤー)が気になっている方にピッタリの内容です。ぜひ参考にしてください。

bitFlyer(ビットフライヤー)とはどんな仮想通貨取引所?

おすすめの仮想通貨取引所No.1!bitFlyer

bitFlyer(ビットフライヤー)は、ビットコインの国内取引量が№1仮想通貨取引所です。

ビットコインはもちろん、様々なアルトコインを販売可能です。リップルやイーサリアムなどの有名仮想通貨はもちろん、比較的マイナーな通貨も売買できます。

 合計14種類の仮想通貨を売買できます。2021年にはBOT(ポルカドット)やチェーンリンク(LINK)という通貨も上場しています。

取引画面は使いやすく設計されており、PCからでもスマホからでもシンプルな操作画面で仮想通貨を売買できます。セキュリティの強固さも特徴的で、創業の2014年から現在に至るまで一度もハッキング被害に遭っていません。※公式より

複数の国内取引所が過去にハッキングの被害を経験している中、bitFlyerは一度も被害を受けていません。
また、最小取引金額が小さいのも特徴です。14種類の仮想通貨を100円から取引できるため、投資初心者の方や少額から仮想通貨を購入してみたい方にもオススメできます。
会社名 株式会社 bitFlyer
住所
東京都港区赤坂 9-7-1 ミッドタウン・タワー
取引扱い銘柄数 14種類
各種手数料
  • 販売所手数料:無料
  • 取引所手数料:0.01~0.15%
  • 銀行振込:無料
  • 出金手数料:220~770円(税込み)
  • クイック入金:無料(住信SBIネット銀行から入金した場合)

出典:bitFyler公式
※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2021 年の年間出来高(差金決済/先物取引を含む)

キャンペーン・特典

bitFlyerでは「キャンペーン期間中に所定の数量以上、販売所にて暗号資産(仮想通貨)をご購入いたいだいたお客様のうち抽選で15名様に最大5万円をプレゼント!」を実施しています。

キャンペーン条件
  • 販売所で暗号資産(仮想通貨)を合計5万円以上ご購入された場合:抽選で 5 名様に、5万円をプレゼント!

  • 販売所で暗号資産(仮想通貨)を合計1万円以上 5 万円未満ご購入された場合:抽選で10名様に、1万円をプレゼント!

キャンペーン期間は2021年12月14日(火)~2022年1月13日(木)午後 11 時 59 分までとなり、公式よりエントリーしてから、期間中に上記条件をクリアすることでプレゼント適用となります。

チェーンリンク(LINK)の上場記念のキャンペーンです、ぜひ活用してみましょう!

bitFlyer(ビットフライヤー)の評判・口コミを徹底調査

bitFlyer(ビットフライヤー)の評判・口コミを徹底調査

bitFlyer(ビットフライヤー)のポジティブな口コミ

ポジティブな口コミ
  • スマホアプリが使いやすい。初心者にも分かりやすい作りになっている
  • ユーザー数が多く、セキュリティも強固で安心できる
  • ポイントサイトで貯めたポイントを利用でき嬉しい
  • チャートがごちゃごちゃしておらず、シンプルで見やすい

アプリが使いやすいチャートが見やすいなどの評判がありました。特に「使いやすい」「見やすい」という口コミは多く、取引のしやすさに対するポジティブな評価が多くみられます。

また、セキュリティが安心という口コミもあり、安心して利用できると感じている人の割合も高いようです。ユーザー数が多いことに対するポジティブな評価もありました。

bitFlyerは初心者に優しいという点で特に評価されている印象ですね。

bitFlyer(ビットフライヤー)ないまいちな口コミ

bitFlyer(ビットフライヤー)の評判・口コミを徹底調査

いまいちな口コミ
  • サーバーが重く注文が通らないことがある
  • スプレッドが広く感じる
  • 取扱い通貨数が少なめ

サーバーが重いという口コミがありました。bitFlyerはユーザー数が多く、アクセスが集中すると注文が通りにくくなるようです。

スプレッドについては、値動きが激しいタイミングに広く感じてしまう可能性があります。これはどの取引所でも起こりえるので、bitFlyer(ビットフライヤー)だけに限ったことではありません。

 取扱い通貨が少ないとの口コミもわずかながら存在します。取扱い通貨は14種類で標準的ですが物足りなく感じる方もいるようです。

bitFlyer(ビットフライヤー)の手数料を紹介

取引手数料

bitFlyer(ビットフライヤー)の手数料を紹介

 bitFlyer(ビットフライヤー)では2種類の取引形態があり、それによって手数料が異なります。

2つの取引形態
  • 販売所形式
  • 取引所形式

販売所はbitFlyerから仮想通貨を購入・売却する取引形態です。一方、取引所はユーザー間で売買し、それぞれ発生するコストに違いがあります。

販売所形式

bitFlyer(ビットフライヤー)の手数料を紹介

販売所形式では取引手数料は無料ですが、スプレッドが発生します。スプレッドとは購入時の価格(Aks)と売却時の価格(Bid)の差です。

スプレッドは常に変動しますが、値動きが激しいときには広がる傾向にあります。仮想通貨は値動きが激しいため、どうしてもスプレッドが広いタイミングが存在します。

 スプレッドが広いと口コミしている人は、値動きが激しいタイミングでチャートを見た可能性があるかもしれません。

取引所形式

bitFlyer(ビットフライヤー)の手数料を紹介

取引所ではユーザー同士で売買するため、スプレッドというものは存在しません。売買で発生するのはあらかじめ設定された取引手数料のみです。

BTC(ビットコイン) アルトコイン
0.01%~0.15%
(単位: BTC)

約定数量 × 0.01 ~ 0.2%
※アルトコインや通貨ぺアによって異なる

取引手数料は上記のように低く設定されているので、スプレッドがかかる販売所よりも、コストが安くなることが多いです。

取引所はとっつきにくく感じるかもしれませんが、取引コストを抑えるには積極的に使うべきと言えます。

入出金手数料

bitFlyer(ビットフライヤー)の手数料を紹介

入金手数料

銀行振込手数料 各銀行所定額
クイック入金手数料(住信SBIネット銀行から入金の場合)  無料
クイック入金手数料(住信SBIネット銀行以外からご入金の場合) 330 円(税込)/件
 

※参照 https://bitflyer.com/ja-jp/commission

出金手数料

bitFlyer(ビットフライヤー)の手数料を紹介

出金先が三井住友銀行の場合
  • 3万円未満の出金 : 220 円(税込)
  • 3万円以上の出金 : 440 円(税込)
出金先が三井住友銀行以外の場合
  • 3万円未満の出金 : 550 円(税込)
  • 3万円以上の出金 : 770 円(税込)

※参照 https://bitflyer.com/ja-jp/commission

bitFlyer(ビットフライヤー)の特徴・メリット

bitFlyer(ビットフライヤー)の特徴・メリット

メガバンク・大手企業が出資する取引所

ビットフライヤーは以下のようなメガバンク・大手企業から出資を受けている取引所です。

出資している企業
  • 三菱 UFJ キャピタル
  • 三井住友海上キャピタル
  • リクルート、
  • GMO
  • 電通デジタルホールディングスなど

    こういった大企業からの支援を背景に、取引所の運営を行っています。その結果、質の高いサービスの提供と信頼性が保たれていると考えられます。

    初心者でも利用しやすいアプリ

    bitFlyer(ビットフライヤー)の特徴・メリット

    bitFlyer(ビットフライヤー)のアプリは、初心者でも簡単に取引できることに特徴があります。

    シンプルなレイアウトで直感的に操作可能。初めてアプリに触った方でもストレスを感じずに仮想通貨の売買ができます。

    アプリを開けば感覚的に売買方法が分かるのは、大きなメリットと言えるでしょう。

    レバレッジ取引ができる

    bitFlyerには「bitFlyer lightning」という中級者~上級者向けのサービスが存在します。bitFlyer lightningでは、最大2倍までのレバレッジを効かせた状態での取引が可能です。

    そのため、FXなどでレバレッジ取引に慣れている人にとっては、資金効率を上げて取引できる環境が整っています。

    レバレッジ取引をうまく使えば、利益が大きくなり資金効率が良くなります。

    スプレッド無しで取引所で売買可能

    bitFlyer(ビットフライヤー)の特徴・メリット

    bitFlyer(ビットフライヤー)では販売所・取引所両方で仮想通貨を購入可能です。

    取引所での売買を選択すればスプレッドなしで仮想通貨を売買できます。コストを抑えて取引したい場合、取引所を選択できるのはうれしいポイントになるでしょう。

    販売所はスプレッドが発生する代わりに、簡単な操作で売買できます。初心者は販売所を使うといいでしょう。

    Tポイントとビットコインを交換できる

    bitFlyer(ビットフライヤー)の特徴・メリット

    bitFlyer(ビットフライヤー)なら、Tポイントをビットコインに交換できます。100ポイントから交換可能なので、貯まったポイントを使って気軽に仮想通貨投資にチャレンジ可能です。

    さらにビットコインウォレットでビットコイン決済をすると、Tポイントが貯まります。500円を支払うごとにTポイントが貯まるうれしいサービスです。

    ポイントはヤマダ電機・エイチ・アイ・エスなどでの決済で貯まります。

    ※https://bitflyer.com/pub/tpoint-stores-ja.pdf

    bitFlyer(ビットフライヤー)はやばい?デメリットを紹介!

    bitFlyer(ビットフライヤー)はやばい?デメリットを紹介!

    デメリット
    • 販売所でしか取引できないアルトコインがある
    • サーバーが重いという口コミがある
    • 銀行の振込手数料が高い

    販売所でしか取引できないアルトコインがある

    bitFlyer(ビットフライヤー)はやばい?デメリットを紹介!

    アルトコインの中には、販売所でしか取引できないものがあります。そのため、スプレッドが発生し取引コストが割高になる傾向があります。

    アルトコインを安い手数料で売買したい場合には、デメリットになるでしょう。

    売買したいアルトコインが販売所でしか取引できない場合、コストが高くなるのはデメリットですね。

    サーバーが重いという口コミがある

    bitFlyerには数は少ないにせよ、サーバーが重いという口コミが存在します。取引量が多いため、アクセスが集中すると動きが遅くなることもあるのかもしれません。

    こうなると、注文が希望のタイミングで約定しなくなり、売買タイミングがずれてしまう可能性があります。

    値動きが早い仮想通貨取引では、注文が通らないと損失につながる可能性も否定できません。

    銀行の振込手数料が高い

    bitFlyer(ビットフライヤー)はやばい?デメリットを紹介!

    bitFlyerは入金原則手数料が若干高めに設定されています。住信SBIネット銀行からのクイック入金は手数料無料ですが、それ以外の銀行からの入金では入金手数料がかかります。

    銀行振込の際には、220円~770円(税込み)の手数料が発生し、手数料が高めに感じる可能性があるでしょう。

    bitFlyer Lightning(ビットライトニング)とは?

    bitFlyer Lightning(ビットライトニング)とは、仮想通貨の現物・FX・先物取引を行える取引所です。レバレッジ取引にも対応しており、中上級者向けのサービスと言えます。

    bitFlyer Lightning(ビットライトニング)のメリット

    bitFlyer Lightning(ビットライトニング)とは?

    メリット
    • 様々なインジケーターを利用可能
    • 先物取引、FX取引を行うことができる
    • 特殊な注文方法も利用可能

    様々なインジケーターを利用可能

    bitFlyer LightningではTrading Viewを採用しており、多くのテクニカルインジケーターや描画ツールを利用できます。

    そのため、チャートを分析し戦略を建てたトレードを行えるメリットがあります。

    株式やFXでテクニカル分析に慣れている方には特に、大きなメリットと言えるでしょう。

    先物取引、FX取引を行うことができる

    bitFlyer Lightning(ビットライトニング)とは?

    Lightning Futuresでは先物取引・Lightning FXではFX取引が利用可能。そのため、レバレッジを掛けることができ、資金効率を上げた取引を行えます。

    また、FXでは売りから取引をスタートでき、下落相場でも利益を狙うことができます。現物取引に比べ、取引のチャンスが広がるでしょう。

    特殊な注文方法も利用可能

    bitFlyer Lightning(ビットライトニング)とは?

    指値・成行はもちろん、IFO・OCO・IFDOCO・TRAILINGなど様々な特殊な注文方法を利用できます。そのため、FXや株式に慣れた、トレードの上級者の方も満足できるでしょう。

    これらの注文方法をうまく使うと、トレード開始時に決済の注文を同時に出すなど、様々な投資戦略を実践できます。

    チャートを頻繁に見なくても、設定したレートで利確や損切ができます。使いこなせれば非常な機能です。

    bitFlyer Lightning(ビットライトニング)のデメリット

    bitFlyer Lightning(ビットライトニング)とは?

    デメリット
    • 取引量が多くサーバーが重くなることがある
    • 初心者には画面操作が難しい可能性がある

    取引量が多くサーバーが重くなることがある

    bitFlyerは取引量が多い業者なので、アクセスが集中することがあります。すると、どうしても一時的にサーバーが重くなることがあり得ます。

    ただ、常に動きが重いということはありません。あくまで一時的な問題なので、そこまで気にする必要は無いと思われます。

    サーバーの動きが重いときは時間を変えてアクセスすれば、サクサク動くことがほとんどです。

    初心者には画面操作が難しい可能性がある

    bitFlyer Lightning(ビットライトニング)とは?

    bitFlyer Lightning(ビットフライヤーライトニング)は中上級者向けに作られています。豊富なインジケーターや多様な注文方法など、機能が多いです。

    そのため、販売所と比べるとどうしても取引画面は複雑になりやすく、慣れていない人だと操作方法が全く分からない可能性があります。

    bitFlyer lightningの操作が難しい場合には、もっと仮想通貨に慣れてから使ってみるといいでしょう。

    bitFlyerと徹底比較!おすすめの仮想通貨取引所5選

    コインチェック(Coincheck)
    DMM Bitcoin
    BITPoint
    bitFlyer
    (ビットフライヤー)
    GMOコイン
    coincheck
    dmmbitcoin
    bitFlyer
    GMOコイン
    取引所手数料
    無料
    無料
    (BitMatch取引手数料を除く)
    無料
    約定数量 × 0.01 ~ 0.15%
    (単位: BTC)
    メイカー:-0.01%
    テイカー:0.05%
    販売所手数料
    無料
    無料
    (BitMatch取引手数料を除く)
    無料
    無料
    無料
    レバレッジ
    なし
    2倍
    なし
    最大2倍
    2倍
    最低取引額
    0.005通貨単位以上
    (500円相当額以上)
    0.0001BTC〜
    (約1,000円相当)
    0.00000001BTC単位
    0.00000001BTC
    (1円から取引可能)
    0.0001 BTC/回
    取引通貨数
    17種類
    20種類
    14種類
    18種類
    22種類
    キャンペーン・特典
    本人確認と入金で
    BTC2,500円分
    プレゼント
    新規口座開設でもれなく即時2,000円プレゼント!
    BTC+ADA+DEP合計3,000円相当プレゼント!
    公式サイトをチェック!
    -
    18銘柄の手数料が
    最大半額!

    Coincheck(コインチェック)

    コインチェックLP

    Coincheckの特徴
    • 豊富な17銘柄の仮想通貨
    • 取引所取引の手数料がTaker、Makerともに無料!
    • 積立購入や貸暗号資産でリスクを抑えることができる
    • Coincheckつみたてで毎月一定額自動で積立が可能
    • 保有する仮想通貨を貸し出して利息収入を得られる

    老舗企業の仮想通貨取引所であるコインチェックは、アルトコイン含む仮想通貨が17銘柄もあるので初心者の方にもおすすめできます。

    また、Coincheckつみたてでは暗号資産を毎月一定額自動で積立し、安定した投資ができるサービスを展開しています。リスクを抑えることが可能です。

    さらに、貸仮想通貨を利用することで、保有する仮想通貨を貸し出して利息収入を稼ぐことができるため、長期的に稼ぎたいという人におすすめです。

    Coincheckのアプリも使いやすいデザインが人気で、ダウンロード数は国内№1を誇ります。

    取扱い通貨数 17種類
    レバレッジ

    無し

    販売所手数料 無料
    取引所手数料 無し
    主な通貨の送金手数料

    通貨によって異なります。
    ※コインチェックユーザー間無料

    取引手数料
    • コンビニ入金
      3万円未満:770円
      3万円以上30万円以下:1018円
    • クイック入金
      3万円未満:770円
      3万円以上50万円以下:1018円
      50万円以上:入金金額×0.11% + 495 円

    ※全て税込です。

    出金手数料
    407円(税込)
    社名
    コインチェック株式会社

    DMM Bitcoin

    DMM Bitcoin(DMMビットコイン)

    DMM Bitcoinの特徴
    • レバレッジ取引できる仮想通貨の種類が№1※公式より
    • 機能が豊富で使いやすい取引ツール
    • 取引手数料・出金手数料が無料※BitMatch取引手数料を除く
    • 最短1時間以内に取引開始可能
    • スマホアプリもPC版に匹敵する高機能

    DMM Bitcoinは、ビットコインはもちろん、イーサリアムなど将来有望なアルトコインを含む20種類の仮想通貨を取り扱っています。また、レバレッジ取引にチャレンジしたい方でも2倍まで対応しています。

    また、BitMatch注文というDMM Bitcoinが提供する販売所価格の中値で買い手と売り手がマッチングした際に取引が成立するという取引方法が可能です。

     販売所取引では、買値と売値にスプレッドが上乗せされていますが、BitMatch注文を利用することでスプレッドを気にせず取引ができることが大きなメリットです。

    また、入金手数料、出金手数料が無料で利用できるため、頻繁に口座資金を移動する人にも使いやすいです。

    さらにレバレッジ取引を行うことでより資金効率を高めて取引を行うことができます。

    取扱い通貨数 20種類
    レバレッジ 2倍
    販売所手数料 無料
    取引所手数料 無料
    主な通貨の送金手数料 無料
    取引手数料 無料
    ※レバレッジ手数料は0.04%/建玉ごと
    出金手数料
    無料
    社名
    株式会社DMM Bitcoin

    DMM Bitcoinのキャンペーン情報

    DMM Bitcoinでは、現在新規口座開設をした人に即時で2,000円プレゼントするキャンペーンを実施中!

    BITPoint(ビットポイント)

    BITPoint(ビットポイント)

    BITPointのココがオススメ
    • 出来高ランキングが国内№1※公式より
    • 国内で唯一トロン・エイダ・ジャスミーを取扱い中
    • 初めてでも直感的に使用可能なスマホアプリ
    • さまざまな手数料が無料
    • レンディングで仮想通貨を増やすことも可能
    • 最短当日から取引スタートできる

    BITPointは、出来高ランキングが国内№1の取引所で、2022年3月現在ではほかの取引所では取扱いの無いエイダジャスミートロンといった仮想通貨を売買できるのが特徴的です。※公式より

    また、様々な手数料が無料に設定されており、コストが安く済むのもBITPointの強みと言えます。

     即時入金手数料・取引手数料・仮想通貨の入出金などを0円で行えます。

    さらに、仮想通貨を貸して増やせるレンディングサービスも行っています。一定期間仮想通貨を貸し出すと、堅実に所有数量を増やすことができます。

    口座開設のスピードの速さも特徴的。スマホからの申し込みで、最短当日にエイダコインを購入可能です。

    取扱い通貨数 12種類
    レバレッジ 2倍
    販売所手数料 無料
    取引所手数料 無料
    仮想通貨の送金手数料 無料
    入金手数料 振込入金:振込手数料のみ
    即時入金:無料
    出金手数料 無料
    社名 株式会社ビットポイントジャパン

    キャンペーン情報

    期間中に口座開設でもれなくディープコイン(DEP)を3,000円相当プレゼント

    bitFlyer(ビットフライヤー)

    おすすめの仮想通貨取引所No.1!bitFlyer

    bitFlyerの特徴
    • BTCの取引量が国内№1
    • 取引手数料など様々な手数料が完全無料
    • かんたん操作で取引できる
    • 14種類の仮想通貨を100円から売買可能
    • 100%の顧客資産をコールドウォレットで保管

    ※Bitcoin日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2021 年の年間出来高(差金決済/先物取引を含む)

    bitFlyerは15種類のビットコイン・アルトコインが100円から始められるのが大きな特徴です。また、全通貨販売所での手数料が無料なのも初心者にも優しいポイントです。

    入金も住信SBIネット銀行のクイック入金であれば日本円の手数料が無料になるので、口座を持っている方はお得に取引することができます。

    取扱い通貨数 15種類
    レバレッジ 最大2倍
    ※bitFlyer Lightningで可能
    販売所手数料 無料
    取引所手数料 0.01%~0.15%
    主な通貨の送金手数料 通貨によって異なります。
    入金手数料
    • クイック入金手数料
      住信SBI銀行から入金:無料
      住信SBI銀行以外からの入金:330円(税込)
    • 銀行振込:無料
      ※振込手数料の負担はあり
    出金手数料
    • 220円~770円(税込)
    社名
    株式会社 bitFlyer

    出典:公式サイト

    ※公式サイトより

    【マネックスビットコイン】暗号資産CFDが可能、レバレッジ手数料は0.04%!小学資金で大きな取引が可能

    マネックスビットコイン
    ビットコインの特徴
    • レバレッジ手数料は0.04%と業界水準で使いやすい
    • 取引手数料が無料
    • 24時間365日いつでも取引できる

    マネックスビットコインの特徴

    マネックスビットコインは、マネックス証券が提供する暗号資産取引所です。

    実はマネックス証券は、インターネット証券の中で初めて暗号資産のサービスを始めたパイオニア的な会社でもあります。

    メジャーな通貨である、ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、リップル(XRP)をはじめ、暗号資産CFDと呼ばれるレバレッジ取引も可能です。

    マネックスグループは傘下にコインチェックがありますが、今現在は現物取引が可能である一方レバレッジ取引は不可能です。

    ただ、マネックスグループのマネックス証券が提供する暗号資産CFDを利用すれば、最大レバレッジ2倍で取引が可能となります。

     コインチェックユーザーで「どうしてもレバレッジ取引をしたい」という方は、マネックス証券が提供するマネックスビットコインがおすすめです。

    また、マネックス証券は暗号資産取引だけではなく、FX、株、投資信託などの金融サービスも提供しています。

    取扱い通貨数 4種類
    レバレッジ 最大2倍
    ※bitFlyer Lightningで可能
    販売所手数料 無料
    取引所手数料 無料
    主な通貨の送金手数料 通貨によって異なります。
    入金手数料

    無料(別途銀行所定の振込手数料がかかります。)

    出金手数料

    通常出金:無料 即時出金サービス:330円(税込)

    社名
    マネックス証券株式会社

    よくある質問

    bitFlyer(ビットフライヤー)にはどんな口コミがありますか?
    スマホアプリが使いやすい・セキュリティが安心・チャートがシンプルで見やすいといった口コミがあります。
    bitFlyer(ビットフライヤー)はどんな仮想通貨取引所ですか?
    bitFlyer(ビットフライヤー)はビットコインの国内取引量№1の仮想通貨取引所です。ビットコインはもちろん、色々なアルトコインを売買可能です。
    ※https://bitflyer.com/ja-jp/
    bitFlyer(ビットフライヤー)の手数料はどうなっていますか?
    販売所は取引手数料が無料です。取引所ではビットコイン、アルトコインそれぞれで別々の手数料が設定されています。
    bitFlyer(ビットフライヤー)のメリットを教えてください。
    大手企業が出資している・アプリが使いやすい・レバレッジ取引ができるなどのメリットがあります。
    bitFlyer(ビットフライヤー)はやばいですか?どんなデメリットがありますか?
    「販売所でしか取引できないアルトコインがある」「サーバーが重いという口コミあり」などのデメリットがあります。やばいと言うほどの欠点はないでしょう。
    bitFlyer Lightning(ビットライトニング)とはどんなサービスですか?
    仮想通貨の現物・FX・先物取引を行える中上級者向けの取引所です。様々なインジケーターでの相場分析や、レバレッジ取引を行うことができます。
    bitFlyer Lightning(ビットライトニング)にはどんなメリットがありますか?
    売りから入る取引や、レバレッジを掛けたトレードができます。ほかにも特殊注文を利用可能なため、上級者も満足できるでしょう。

    まとめ

    本記事では、bitFlyer(ビットフライヤー)の特徴や、メリット・デメリットについてまとめました。

    bitFlyer(ビットフライヤー)はセキュリティが強固で、シンプルで使いやすい取引所と言えます。しかし、割合は少ないとはいえ、イマイチな口コミも存在するのが事実です。

    使い心地が良いかどうかは使ってみて初めて分かるのが正直なところ。実際に口座開設しアプリやチャートを触ってみるのが、一番でしょう。

    ぜひこの機会に口座開設し、実際に使ってみることをオススメします。

    仮想通貨に関する関連記事

     

     

    ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
    ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
    ・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
    ・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
    ・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
    おすすめの記事