カードローンの上限額はどうやって決まる?引き上げの条件も解説

カードローンの上限額はどうやって決まる?引き上げの条件も解説

監修者の紹介
増田さん

監修者増田 諒

2021年1月1日現在、全国に891世帯1,257名のクライアントを抱えるコンサルタントとして活動中。年間100件の個別相談のほか「マネー・ライフプランニング」「資産運用」「保険」「確定申告」「住宅ローン」「相続」等のテーマのセミナーで登壇。

MDRT入賞 7回 ・TLC(生命保険協会認定FP) ・CFP ・IFA(証券外務員1種)・ファイナンシャルプランニング技能士1級 ・宅地建物取引士 貸金業務取扱主任者

増田 諒Masuda Ryo

万が一の際に、すぐ現金を借りられるカードローン。便利なサービスであるため、利用したいと考えている方もいるでしょう。

カードローンサービスは消費者金融機関から銀行まで、多くの会社が提供しており契約先の選択肢も広くなっています。

したがっていざお金を借りたいと思っていても「カードローンの上限額は会社によって違うの?」「融資額を増やしたい時はどうしたらよいの?」このような疑問を持っている方も多いのではないでしょうか?

そこで今回はカードローンの上限額について不安を感じている方に向けて、カードローン上限額の決定方法について詳しく解説します。

おすすめカードローン7選や上限額の引き上げ方についても紹介するため、参考にしてみてください。

カードローンの上限額はどう決まる?

カードローン上限まで利用する

収入の安定度

収入の安定度はカードローンの審査に影響するだけでなく、上限額を決めるうえでも重要な判断材料となります。

 カードローン会社は基本的に、申請者の年収をもとに返済可能な金額を割り出しています。

大金を借りて分割やリボで返済することも考えると、年収に加えて収入の安定度は返済能力を測るうえで非常に大切です。

そのため一般的に収入が不安定な個人事業主やフリーランスよりも、毎月給与をもらえる会社員の方が審査には有利になり、上限額も高く設定できる傾向にあります。

収入の安定度が足りないと判断された場合は、上限を引き下げられるか審査に落ちる可能性が高くなります。

他社の利用状況

カードローン上限まで利用する

カードローンやクレジットカードなど借入の利用歴は、各社ではなく業界全体で共有している「クレジットヒストリー」に記載されています。

そのため、今までに利用したことがないカードローンに新規で申し込みをする際も、他社で多額の残高がある場合は上限が引き下げられる可能性があるでしょう。

既に他社で滞納している場合は、新規でカードローンを契約することは困難です。

総量規制のルール内で

総量規制とは賃金業法の一部で、賃金業者が基準を超える金額の貸付を禁止するものです。年収の3分の1を超える借入はできません。カードローンの上限額は、この総量規制のルール内で決まります。

 総量規制の対象となるのは消費者金融や信販会社、クレジットカード会社からの借入で、銀行カードローンは含まれていません。

しかし、銀行カードローンでも各社で独自のルールを定めている場合があり、収入や他社の借り入れ状況などによって上限を決める場合もあります。

カードローンの上限額を引き上げる増額申請とは

カードローン上限まで利用する

増額申請の方法はカードローン会社によって異なりますが、公式サイトまたは電話で申し込み、審査に受かれば数日から数週間で上限額が上がるという流れです。

申し込み内容によっては、指定されている書類の提出が必要となるため把握しておきましょう。

申請をする際のポイント

カードローン上限まで利用する

増額申請をしても、必ず上限が引き上がるとは限りません。審査に通過するためには以下のポイントが大切になります。

主なチェックポイント
  • 年収が増えているか
  • 他社で滞納中または過去に滞納していた履歴はないか
  • 半年以上の利用実績があるか

カードローンの上限を引き上げるということは、支払いに対応できるだけの年収も必要です。

 総量規制によって「最大の借入限度額は年収の3分の1まで」と定められているため、希望する3倍以上の年収があれば、申請が通る可能性はアップします。

例えば、100万円のカードローンにまで引き上げたい場合、最低でも300万円の年収が必要となります。

しかし、カードローンに限らずクレジットカードやローンなどの返済を他社で滞納している履歴が残っている場合は「返済能力が無い」とみなされ、上限額をアップさせることは難しいでしょう。

目安として半年程度の利用実績を残しておくと、比較的通りやすくなります。

増額申請時の必要書類

カードローン上限まで利用する

増額申請の際、以下の書類の提出が求められる場合があります。

主な提出書類
  • 収入証明書(直近2ヶ月分以上の給与明細)
  • 源泉徴収票
  • 確定申告書

申請した収入と実際の収入が一致していることを証明するために、2ヶ月分以上の給与明細が必要となる場合があります。

給与明細が無い場合は増額の申請ができない可能性があるため、事前に準備をしておきましょう。経営者や個人事業主の場合は、代わりに最新の源泉徴収票や確定申告書が必要です。

カードローン上限額を引き上げるメリット

カードローン上限まで利用する

カードローンの上限額を引き上げることによって、以下の3つのメリットがあります。

主なメリット
  • 金利が下がる可能性がある
  • 複数社で借りるより管理しやすい

金利が下がる可能性がある

カードローンの金利は、借入額が大きくなるほど下がる傾向にあります。例えば2社で50万円ずつ借りるよりも、1社で100万円借りた方が低金利での借り入れが可能な場合も。

金利は数%でも変わるとトータルの返済額に大きな差が生まれるため、長期的な返済になるほど金利の低いサービスを利用すべきです。

複数社で借りるより管理しやすい

カードローン上限まで利用する

1社で上限額を引き上げることができれば、複数社でローンを組む必要がなくなります。複数社での借入の場合、金利以外にも管理がしづらいというデメリットが気になります。

ローンの管理ができていないと、返済計画も立てられず借金地獄に陥ってしまうリスクも。

上限額が高くなれば、ローンをひとまとめにでき、返済管理の手間が減るでしょう。

カードローン上限額引き上げ時の注意点

カードローン上限まで利用する

カードローン上限引き上げには上記で述べたようなメリットがある一方、以下のような注意点もあります。

主な注意点
  • 必ず上限額が引き上がる訳ではない
  • 無理をして借りないようにする

必ず上限額が引き上がる訳ではない

カードローン上限引き上げの申請をしても、必ず審査に通過するとは限りません。申請時の収入・職業・他社からの借り入れ状況などによっては、希望が通らない可能性もあります。

 現在進行形で他社からの返済遅延が発生している場合、上限引き上げは厳しいでしょう。

また、収入が下がっている場合、増額どころか上限を引き下げられてしまう可能性もあるため、申請前に自分の収入額をしっかり確認してください。

無理をして借りないようにする

カードローン上限まで利用する

審査に通過し上限額が引き上げられたとしても、決して必要以上に借りすぎてはなりません。上限額を高くすると、それだけ借金を膨らませるリスクも高くなることを意味します。

 増額申請をする前に、いくらまでなら毎月返済できるかをきちんと把握し、返済計画を立てたうえで申請額を決めましょう。

返済能力以上の借金をして滞納リスクを負わないためにも、無理の無い範囲で増額申請をすることが大切です。

増額可能!おすすめカードローン6選

プロミス

プロミス

おすすめポイント
  • 来店不要でWEB完結
  • 24時間受付で即日融資も可能
  • 簡単に借入シミュレーションができる

利用のメリット

プロミスは来店不要で、増額申請をWEBで完結できます。必要情報を入力し、必要書類をデータで送信すれば審査に進めるため非常に手軽です。

 申し込み後は最短30分以内に審査が完了するため、すぐに増額したい人でも安心できます。申し込みは24時間365日対応しており、即日融資も可能です。

借入可能額を確認したい場合は、公式サイトのシミュレーションを活用しましょう。

生年月日・年収・他社からの借入金額を入力するだけで簡単なシミュレーションができるため、ぜひ目安にしてください。

増額方法

プロミスで増額申請をする場合、借入額が50万円以内と以上の場合に分けられます。

借入額が50万円以内の場合は、WEBで増額希望金額を入力し申し込みをします。その後、審査結果が最短60秒で返ってくるため、書類を用意する必要はありません。

 借入額が50万円を超える場合は、収入証明書類を提出します。審査完了後にお知らせメールが届くため、WEBで審査結果を確認しましょう。

審査結果は最短30分程度ですが、状況によってはもっと時間がかかる場合もあるため注意してください。

基本情報

金利 4.5%~17.8%(実質年率)
限度額 500万円
審査時間 最短10秒~30分
申し込み条件 年齢18~69歳の本人に安定した収入がある人
即日融資
web完結

三井住友カード カードローン

三井住友カード カードローン

おすすめポイント
  • 最短5分でカードが発行される
  • 限度額が900万円と高めに設定されている
  • カードタイプか振込専用タイプを選べる

※最短5分の会員番号発行は、新規契約時点でのご利用枠は50万円でのお申込みとなります。
※最短5分の会員番号発行 受付時間:9:00〜19:30

利用のメリット

三井住友カード カードローンは金利が低く設定せれています。消費者金融系の利息が最大18%であるのに対し、三井住友カードカードローンは15%です。

 最高900万円まで借り入れが可能なため、まとまったお金が必要な人は増額を申し込む価値があるでしょう。

三井住友カードカードローンには、カードタイプとスマホでやり取りできる振込専用タイプがあるため、自分にとって使い勝手の良い方を選ぶことをおすすめします。

増額方法

三井住友カード カードローンはWEBでの増額手続きはできません。増額のための別途手続きは、コールセンターにご相談いただく形となります。

基本情報

金利 1.5%~15.0%(実質年率)
限度額 900万円
審査時間

最短5分

※最短5分の会員番号発行は、新規契約時点でのご利用枠は50万円でのお申込みとなります。
※最短5分の会員番号発行 受付時間:9:00〜19:30

申し込み条件 満20歳以上~69歳以下で安定収入のある人(学生は除く)
即日融資 最短5分でお借入れ可能
web完結

アコム

おすすめの消費者金融ランキングアコム

おすすめポイント
  • カードローン3部門で1位を獲得
  • 土日祝日も審査可能
  • 増額手続き方法をインターネット、自動契約機、電話から選べる

利用のメリット

アコムは土日祝日も審査が可能です。審査は原則申し込み当日に完了するため、すぐに結果を知りたい人にもおすすめ。

 店舗や電話でも手続きが可能なため、ネットが苦手な人でも安心です。

好きなタイミングで繰り上げ返済ができるので、なるべく早く返済し利息を膨らませたくない人は利用が向いているでしょう。

増額方法

ネットで手続きをする場合、まずアコム公式サイトのマイページにログインをします。そして、「ご利用可能額を増やす」から必要情報や希望増額を入力するだけで申し込みは完了です。

基本情報

金利 3.0%~18.0%(実質年率)
限度額 800万円
審査時間 最短30分
申し込み条件 18歳以上(高校生を除く)、安定した収入と返済能力を有し当社基準を満たす人
即日融資
web完結

アコム

おすすめの消費者金融ランキングアコム

おすすめポイント
  • カードローン3部門で1位を獲得
  • 土日祝日も審査可能
  • 増額手続き方法をインターネット、自動契約機、電話から選べる

利用のメリット

アコムは土日祝日も審査が可能です。審査は原則申し込み当日に完了するため、すぐに結果を知りたい人にもおすすめ。

 店舗や電話でも手続きが可能なため、ネットが苦手な人でも安心です。

好きなタイミングで繰り上げ返済ができるので、なるべく早く返済し利息を膨らませたくない人は利用が向いているでしょう。

増額方法

ネットで手続きをする場合、まずアコム公式サイトのマイページにログインをします。そして、「ご利用可能額を増やす」から必要情報や希望増額を入力するだけで申し込みは完了です。

基本情報

金利 3.0%~18.0%(実質年率)
限度額 800万円
審査時間 最短30分
申し込み条件 18歳以上(高校生を除く)、安定した収入と返済能力を有し当社基準を満たす人
即日融資
web完結

三菱UFJ銀行 バンクイック

バンクイック

おすすめポイント
  • 消費者金融系と比べて金利が低い
  • 三菱東京UFJ銀行の口座を持っていると便利
  • 利用明細をインターネットで照会できる

利用のメリット

バンクイックは三菱東京UFJ銀行のサービスで、銀行系カードのため金利が低い傾向にあります。一般的な消費者金融の金利が最大18%であるのに対し、バンクイックは最大14.6%です。

 三菱東京UFJ銀行の口座があれば、返済日を自由に設定し自動で引き落としとなるため、振込忘れなどによる返済遅延のリスクもありません。

そして、バンクイックの会員専用ページでは、直近3ヶ月の利用明細をチェックできます。明細を気軽に確認したい人は、ぜひバンクイックを検討してみてください。

増額方法

バンクイックの増額手続きのためには、第二リテールアカウント支店に連絡する必要があります。なお、増額の申し込みはインターネットではなく電話となるため注意してください。

ただし現在進行形で返済が遅延している場合は、相談の対象外となります。

基本情報

金利 1.8%~14.6%(実質年率)
限度額 10万~500万円
審査時間 翌営業日以降
申し込み条件 満20歳以上65歳未満かつ原則安定した収入がある
即日融資 ×
web完結

SMBCモビット

smbcモビット

おすすめポイント
  • 三井住友銀行のATM利用で手数料ゼロ
  • 振込・ATM・スマホATM取引から好きな借り入れ方法を選べる
  • カードローン利用でTポイントも貯まる

利用のメリット

SMBCモビットはSMBCグループの会社であるため、三井住友銀行のATMで取り引きをすれば手数料は無料となります。

 三井住友銀行の振込以外にも、提携先のATMやスマホATM取引からの借入・返済方法があり、利用しやすいものを選ぶことで滞納のリスクも減らせるでしょう。

そして、SMBCモビットでカードローンを利用すると、返済に応じてTポイントが貯まります。

増額方法

SMBCモビットで増額をするには、「SMBCモビット公式スマホアプリ」、またはMyモビの「増額審査申込」から申し込み手続きをします。

基本情報

金利 3.0~18.0%(実質年率)
限度額 800万円
審査時間 最短即日
申し込み条件 年齢満20歳以上69歳以下の安定した定期収入のある人
即日融資
※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
web完結

レイクALSA

レイクALSA

おすすめポイント
  • 増額審査がいつでも3秒で完了
  • 60日間の無利息期間サービスあり
  • 最短25分で融資可能

利用のメリット

レイクALSA最大の特徴は、60日間の無利息期間サービスを利用できる点です。

 審査スピードも早いので、すぐにお金を準備したい人には向いているでしょう。

また返済においてもアプリからいつでも簡単にできるため、できる限り早く返済をしたいと考えている人にもおすすめです。

増額方法

増額をする際は、WEBで「ご利用限度額の増額」を選択し、希望の上限額で申請します。その後は3秒で審査結果が出るため、すぐに融資を受けたい人でも安心です。

基本情報

金利 4.5%~18.0%(実質年率)
限度額 500万円
審査時間 25分以内
申し込み条件 満20歳~70歳の国内居住で日本の永住権を取得されている方
即日融資
web完結

アイフル

アイフル

おすすめポイント
  • 最短25分融資可能
  • 平日申込で原則当日中の返答
  • 価格.comの人気ランキングで1位獲得歴あり

利用のメリット

アイフルは人気ランキング1位を獲得したことのある、信頼性の高いカードローンサービスです。webからの申し込みの場合、平日に申し込めば原則当日中に結果が分かるため、最短即日融資も可能です。

ただし、土日に申し込みをした場合は審査結果は翌営業日以降となるため注意してください。

 アイフルは返済日や返済方法を選べることから、増額後の返済計画を立てやすいというメリットがあります。

しかし、返済までの期間が長くなるほど利息も増えてしまうため、増額前にしっかり計画を立てておきましょう。

増額方法

増額申請は、インターネットもしくは電話で行います。webから手続きをする場合、会員ログインをした後は「増額お申込みフォーム」から申し込みましょう。

審査結果は原則当日返ってくるので、急いでいる方も安心です。

基本情報

金利 3.0%~18.0%(実質年率)
限度額 800万円
審査時間 最短25分程度
申し込み条件 満20歳以上の定期的な収入と返済能力を有するかつ当社基準を満たす人
即日融資
web完結

まとめ

この記事では、カードローンの上限額はどのように決まるのか、そして引き上げの条件などを解説しました。

上限額は、基本的に収入の安定度や他社からの借り入れ状況、総量規制などをもとに決定されます。なお、申請方法は各社で異なりますが、主にWEB・電話などで手軽に申し込み可能です。

おすすめカードローンもチェックし、サービス内容を比較して自分に合った先へ申し込みをしましょう。

カードローン関連記事

 

 

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事