カードローンとは?仕組みや他ローンとの違いをわかりやすく解説

カードローンとは?仕組みや他ローンとの違いをわかりやすく解説

監修者の紹介
増田さん

監修者増田 諒

2021年1月1日現在、全国に891世帯1,257名のクライアントを抱えるコンサルタントとして活動中。年間100件の個別相談のほか「マネー・ライフプランニング」「資産運用」「保険」「確定申告」「住宅ローン」「相続」等のテーマのセミナーで登壇。

MDRT入賞 7回 ・TLC(生命保険協会認定FP) ・CFP ・IFA(証券外務員1種)・ファイナンシャルプランニング技能士1級 ・宅地建物取引士 貸金業務取扱主任者

増田 諒Masuda Ryo

「急な出費でお金が足りない」「気軽に借り入れできる方法はある?」このような悩みを持つ方には、カードローンがおすすめです。

仕組みや他ローンとの違いなどを知っておけば、より賢くカードローンを使いこなすことができます。

今回は、カードローンの特徴や申し込み方法、審査などを詳しく解説します。

メリットや注意点、おすすめのカードローンを紹介するので、参考にしてくださいね。

カードローンとは?

そもそもカードローンとはどのような仕組みであるのか、特徴を詳しく見ていきましょう。

クレジットカードとの違い

クレジットカード

クレジットカードとの大きな違いとしては、機能面の違いが挙げられます。

 カードローンはキャッシング専用のカードであるため、カードは借り入れ以外には利用することはできません。

一方、クレジットカードは買い物で利用できるショッピング機能と、キャッシングができるローン機能の両方が搭載されています。

その他、カードローンはクレジットカードのリボ払いや分割払いより低金利な傾向にあります。

フリーローンの違い

銀行の画像

フリーローンとは、使い道に制限がない個人向けローンのことです。住宅ローンや自動車ローン、教育ローンなどとは違い、利用目的が定められていません。

一般的に銀行で提供されていることが多いですが、中には信販会社・クレジット会社でも提供されていることがあります。

 一方、カードローンは銀行以外にも、信販会社やクレジットカード会社、消費者金融業者などが提供している点が特徴です。

それぞれの違いを表で比較してみましょう。

フリーローン カードローン
取扱業者
  • 銀行
  • 信販
  • クレジット会社

など

  • 銀行
  • 信販
  • クレジット会社
  • 消費者金融業者

など

借入可能回数 1回 借入上限以内なら制限なし
返済期間の有無 あり なし
用途の制限
  • 事業資金、投資や投機の資金は不可
  • 用途を申告しなければならない場合がある
なし
借入金の管理のしやすさ 1回のみの利用なので返済計画が立てやすい

残高照会や返済額の確認をすれば管理しやすい

フリーローンは借り入れできるのは1度のみであるため、管理がしやすい反面、何度も利用したい方は不便に感じてしまいます。

その点カードローンなら限度額内で何度も借り入れできるので、利便性が高いでしょう。

カードローンの特徴とメリット

カードローンの特徴やメリットを詳しく解説します。

担保や保証人が不要

家の画像

一般的にお金を借りる際、担保として不動産や保証人を求められることが多いなか、カードローンは担保や保証人が不要です。

 審査にさえ通過できれば、お金を借りることができます。

保証人になってくれる人がいない方や、担保になる資産を持っていない方も利用しやすい点がメリットです。

保証人が必要な場合、保証人をお願いする時にお金を借りることを伝えなければなりません。誰にもばれずに借り入れしたい方は、不便に感じるでしょう。

その点カードローンなら、担保が不要なので、誰にもばれることなく気軽に借り入れができます。

利用目的を問われない

お金の画像

一般的にローンと聞くと、住宅ローンや自動車ローン、教育ローンなど、利用目的がある程度限定されているローンをイメージする方もいるでしょう。

これらの利用目的が限定されたローン契約で借り入れたお金は、それ以外の目的で利用することが難しく、不便に感じることもあります。

 一方、カードローンなら利用目的が問われないので、生活費や給料までのつなぎなど、自由にお金が使えます。

ただし、例えば事業資金など、一部の用途では利用できない場合があるので、申し込み時には注意しましょう。

利便性が高い

お金の画像

カードローンは、申し込み時の審査で個別に利用限度額が設定されます。設定された限度額内なら、何度借り入れを繰り返しても問題ありません

借りたお金を完済しなくても、毎月きちんと返済していれば、追加で借り入れすることも可能です。

必要な金額だけを都度借り入れできるので、利便性が高い点がメリットです。

返済もしやすい

さらに臨時収入が入った際には、繰り上げ返済を行うことも可能です。借り入れしやすく、返済しやすいので、初めて利用する方も安心でしょう。

 返済方法は口座振込や銀行、コンビニATMなど、カードローン会社によってさまざまです。

長期間利用するなら、できるだけ利用しやすいカードローンを選ぶようにしましょう。

おすすめのカードローン5選

初心者の方におすすめのカードローンを厳選して紹介します。

プロミス

プロミス

プロミスのココがおすすめ

プロミスは、運転免許証などの本人確認書類があれば、すぐに審査・借入が可能です。

メリット①:事前回答は最短15秒事前審査!

プロミスは、スピーディーな審査・融資手続が特徴です。「少ない入力項目で最短15秒事前審査※2,3,4では、簡易的な審査結果が目安としてわかります。

 最短30分で融資可能なため「今すぐに現金が欲しい」という方にも心強いでしょう。

申し込みはネットから可能です。50万円以下の融資を希望する場合、原則として収入証明書類は不要です。

申し込み時間や条件によって融資スピードは異なるので注意しましょう。

メリット②:会員向け優待サービスあり

プロミスには、プロミスカード会員限定の優待サービスおとくらぶが付帯しています。

 おとくらぶでは、国内外20万ヶ所以上の施設が割引価格になります。

レジャー・グルメ・宿泊・日帰り湯などが、最大80%OFFです。優待特典にはコスモ石油やピザーラ、ビッグエコーなど、様々なサービスや店舗があります。

例えば、オリックスレンタカーの基本料金が最大55%OFFやドミノピザが15%OFFになります。

金利(実質年率) 年4.5%~17.8% 限度額 最大500万円
審査時間 最短30分 申込可能年齢 18~69歳
お申込時の年齢が18歳および19歳の場合は、収入証明書類のご提出が必須となります。
※高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)はお申込いただけません。
WEB完結 最短即日融資

三井住友カード カードローン

三井住友カード カードローン

おすすめポイント
  • カード申し込みから最短5分で審査完了※1,※2
  • インターネットで申し込みが完結できる
  • 適用利率引き下げサービスでお得に借り入れできる

三井住友カード カードローンの特徴

三井住友カード カードローンは、申し込みから最短5分で審査完了※1※2し、店舗まで足を運ぶ必要がなくインターネットで申し込みが完結できるので、面倒な書類の記入なども不要。

また、条件を満たすことで返済実績に応じて翌年度利率を0.3% 最大1.2%引き下げてくれる適用利率引き下げサービスが魅力です。

例えば利用枠900万円の場合、1.5%から最大0.3%まで引き下げられるのでお得です。金利引き下げの条件毎月の返済に遅れがないことなので、そうハードルが高いものでもありません。

長期に渡って利用する予定の方は、負担を抑えながら借り入れができるでしょう。

三井住友カード カードローンの基本情報

金利(実質年利) 1.5%~15.0%
限度額

900万円

審査時間

最短5分※1※2

WEB完結

最短即日融資 最短5分でお借り入れ可能
※最短5分の会員番号発行での利用枠は50万円まで
※最短5分発行 受付時間9:00〜19:30
申込可能年齢 満20歳以上~69歳以下で安定収入のある方(学生は除く)

出典:公式サイト

※1:最短5分発行は、新規契約時点でのご利用枠が50万円でのお申込みとなります。

※2:最短5分の会員番号発行 受付時間:9:00~19:30

アコム

【PostSnippets用】おすすめカードローン アコム

アコムのココがおすすめ

※18,19歳の方は契約に至りづらい可能性がございます。
また、収入証明書のご提出が必要になりますので、ご準備をお願いいたします。

メリット①:初めてでも安心のサポート

アコムは、利用者の不安を解消する安心サービスを提供しています。eメールサービスが一例です。

 eメールサービスに登録すると、返済期日を事前に知らせてくれます。

そのほか、簡単な質問に答えるだけで借入可能かの目安がすぐに分かる3秒診断もあり、年齢・年収・他社の借入状況を入力するだけで、簡易的な審査結果がわかります※4

契約後は24時間ネット返済できるので「忙しい・ATMまで行けない……」という方でも安心です。
※18,19歳の方は契約に至りづらい可能性がございます。
また、収入証明書のご提出が必要になりますので、ご準備をお願いいたします。

メリット②:ライフスタイルに応じて返済方法を選べる

アコムには、様々な返済方法が用意されています。

アコムの返済方法
インターネット(パソコン・スマートフォン)/ コンビニエンスストア(セブン銀行・ローソン銀行・Enet)/ アコムATM/ アコムの店頭窓口/ 振り込み・自動融資

店頭窓口・ATM、提携ATMだけでなく、インターネットからも24時間返済可能※5です。返済方法を選べるので、ライフスタイル合った利用ができます。

返済は期日前でもOKです。利息は利用日数分しかかかりません。
金利(実質年率) 年3.0%~18.0% 限度額 最大800万円
審査時間 最短30分 申込可能年齢 18歳以上(高校生を除く)の安定した収入と返済能力を有する方で、アコムの基準を満たす方
WEB完結 最短即日融資

※18,19歳の方は契約に至りづらい可能性がございます。
また、収入証明書のご提出が必要になりますので、ご準備をお願いいたします。

出典:公式サイト

・アコムが不適当と判断した場合は対象外となる可能性があります。

・無担保カードローンが対象です。その他の契約(クレジット・借換えローンなど)は対象外となります。

・利用可能時間は店舗・ATM等により異なります。

・3秒診断は借入を検討される際の目安であり、実際の借入時の審査結果と異なる場合があります。

・事前に利用の金融機関でインターネットバンキングの申し込みが必要です。

三菱UFJ銀行カードローン『バンクイック』

バンクイック

三菱UFJ銀行カードローンのココがおすすめ
  • 返済日を35日ごと指定した日に選べる柔軟さ
  • 提携ATM手数料が常に0円
  • 三菱UFJ銀行の口座がなくても申込可能!
  • 申込方法がWEB、電話から選べる!

POINT①:最小返済額は月1,000円から!

三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」では、毎回返済する最小の返済額が1,000円からと非常に安価なので、身構えることなく利用することができます。

返済の方法自動支払い(口座引き落とし)ATM振り込みの3パターンから選ぶことができます。

返済期日も都合に合わせて35日ごとの返済か毎月指定日の返済かのいずれかを選択することができますので、全体的に非常に柔軟に対応してもらえることがわかります。

POINT②:Eメールサービスで返済をサポートしてくれる

Eメールアドレスを申し込み時に登録することで、返済期日の3営業日前になるとメールでお知らせしてくれます。返済期日管理に役立つことはもちろん、利用に役立つ各種サービスの案内も送られてくるため、ぜひご活用ください。

金利 実質年率1.8%~14.6%
利用限度額 10万円~500万円
WEB完結 お申込みまで可能
審査スピード 最短翌日以降
融資スピード 最短翌日以降
申し込み対象 年齢が満20歳以上65歳未満の国内に居住する個人の方で、原則安定した収入があり、保証会社(アコム)の保証を受けられる方

SMBCモビット

smbcモビット

SMBCモビットのココがおすすめ
  • Tポイントが返済で貯まる・返済に使える
  • 2020年HDI格付け調査で業界初の最高ランク「三つ星」を獲得※1
  • 三井住友銀行ATM利用手数料0円
  • スマホでキャッシング可能、WEB完結のカードローン

メリット①:手続き完了後、最短3分で銀行口座へ振込融資!

SMBCモビットは、スピード感がある対応・融資が期待できます。簡易審査結果は10秒で表示、最短即日融資は簡単3ステップ!

手続き完了後は、最短3分で銀行口座への振込融資が完了しているというスマートさです。
今すぐお金が必要になったり突然の祝儀が重なったり、幅広いシーンで活用できること請け合いです。

メリット②:スマホだけで入出金が可能

SMBCモビットでは、専用アプリをインストールすることでスマホキャッシングが可能です。全国各地にあるセブン銀行ATMで24時間入出金※2できます。

スマホキャッシングの利用手順
専用アプリを起動して「スマホATM取引」を選択 → アプリでQRコードを読み取り、表示された企業番号をATMに入力 → ATM画面の案内にそって金額と認証番号を入力

セブン銀行ATMは、全国に約25,000台※7あります。セブン-イレブンやイトーヨーカードはじめ、駅やショッピングセンターにもATMが設置されているため、利便性は十分でしょう。

お昼休みや移動中のスキマ時間にも手軽に利用できそうですね。
金利(実質年率) 年3.0%~18.0% 限度額 最大800万円
審査時間 最短30分※3 申込可能年齢 20~69歳
WEB完結 最短即日融資 ※3

出典:公式サイト

※2 審査の際に確認が必要な場合は、電話が必要な場合があります(電話はオペレーターの個人名でかかってきます)。

※3 申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

※4 延長中の返済については、Tポイントは付与されません。

※5 ATMの利用等で、返済額に手数料が含まれている場合、最低利用単位は手数料を超えるポイントとなります。

※6 セブン銀行ATM休止時間、および会員サービスMyモビのメンテナンス時間帯は利用できません

※7 2019年9月時点・公式サイト参照

アイフル

アイフル

アイフルのココがおすすめ
  • 申し込みはWebで完結できる
  • おまとめローンとして活用できる
  • WEB申込みなら最短25分融資も可能!
  • 初めての利用で最大30日間利息0円
  • 24時間365日即時振り込み可能

アイフルは、申し込みから借り入れ、返済までをWEB上で行え、完結することができます。このことにより、郵便物も一切発生しないため誰にも知られることなくお金を借りることができます。

WEB契約時にカードレスあるいは口座振替(自動引落)を選択した場合に限りますので選択をお忘れなく!

特徴②:スマホひとつでATM取引可能!

アイフルのアプリをスマホにダウンロードしておくだけで、最寄りのアイフルのアプリならびにローソン銀行ATMにて原則24時間、365日取引が可能!

カードも不要の”カードレス”なので、本当にスマホさえあれば申込みから借り入れまでの操作すべてが完結してしまうという手軽さです。

融資金額 1万円~800万円
貸付利率 3.0%~18.0%
返済方式 借入後残高スライド元利定額リボルビング返済方式
返済期間・返済回数 1回の支払いにつき35日以内または毎月約定日払い
借入直後最長14年6ヶ月(1~151回)
遅延損害金(年率) 20.0%
担保・連帯保証人 不要

レイクALSA

レイクALSA最新LP

レイクALSAのココがおすすめ
  • 無利息サービスが選べる!
  • Web最短60分融資も可能
  • カードなしで利用できる

特徴①無利息サービスが選べる

レイクALSA無利息サービスを選ぶことができます。借入額が少ない場合は、約半年間も無利息で利用できるので初めて利用する方におすすめです。

特徴②カードなしで利用できる

カードなしでも利用できるので、手元にカードがないときにも利用可能です。レイクALSA公式アプリ『e-アルサ』を使うことで、全国のセブン銀行ATMでカードを使わず借入・返済できます。

融資金額 1万円~500万円
貸付利率 4.5%~18.0%
返済方式 残高スライド元利定額返済方式
返済期間・返済回数

最長5年・最大60

遅延損害金(年率) 20.0%
担保・連帯保証人 不要

楽天銀行スーパーローン

楽天銀行カードローン

楽天銀行のココがおすすめ
  • 新規入会で楽天ポイントプレゼント
  • 楽天会員ランクに応じて審査優遇※1
  • アルバイトも申し込みOK
  • スマホで申し込み完結

メリット①:いつもの口座で利用できる!

いつもの口座で利用できるのも、楽天銀行スーパーローンのメリットです。パソコン・携帯電話から簡単な手続きをすれば、登録口座に振り込まれます。

手数料も無料です。

メリット②:楽天グループのサービスである

楽天銀行スーパーローンは、楽天銀行株式会社が提供する金融商品です。楽天グループ特典やキャンペーンが複数あります。

独自の特典・キャンペーン(例)
新規入会で楽天ポイント1,000ポイントプレゼント / 楽天会員ランクに応じて審査優遇※1

楽天銀行スーパーローンは、入会するだけで1,000ポイント獲得可能です。また、楽天会員ランクが高いほど審査で優遇される可能性があります。

楽天会員の方や楽天関連サービスを使っている方におすすすめです。

金利(実質年率) 年1.9%~14.5% 限度額 最大800万円
審査時間 最短翌日 申込条件 20~62歳
WEB完結 最短即日融資 -

出典:公式サイト

※1 必ずしも全楽天会員が審査が優遇されるとは限りません。

カードローンの申し込み方法|審査基準も

カードローンを初めて利用する際は、何かと不安に感じてしまうものです。ここからは、申し込み方法や審査基準を解説します。

カードローンの申し込み方法

PCの画像

申し込み方法はカードローン会社によっても異なりますが、主にWeb、電話、郵送、ローン契約機などで申し込みができます。

上記の中でもWeb申し込みなら、書類のアップロードなどもネット上で完結できるメリットがあります。

24時間365日好きなタイミングで申し込みができるので、ネット環境がある方は、Web申し込みが便利でしょう。

スピーディーに申し込める方法は?

最もスピーディーに申し込みができるのはWeb完結ですが、電話の申し込みでもスピード審査に対応しているカードローン会社もあります。

 融資までの最短スピードは公式サイトでも公表している場合があるので、申し込み前にチェックしておきましょう。

ただし、あくまで最短のスピードであり、審査状況や混み具合によっては、時間がかかってしまうこともあるので注意が必要です。

できるだけ早くお金を借りたい方は、同時に金融機関口座の設定を行うことが必要です。利用したい口座をあらかじめ用意しておけば安心でしょう。

カードローンの審査基準

チェックの画像

審査基準はカードローン会社によっても異なりますが、具体的な審査内容を公表している会社はほとんどありません

そのため審査基準を知ることは難しいですが、一般的に審査では返済能力の有無をチェックされると言われています。

 利用者が借りたお金を返済できなくなると、カードローン会社は貸し倒れになってしまうからです。

このような事態に陥らないために、申し込み時に返済能力の有無を確認します。

審査では申し込み書の内容をもとに、安定した収入があるか、過去にローンの滞納の記録がないかなどを見られます。

申し込み書は、漏れやミスがないように、しっかりと記入しましょう。

安定した収入があること

審査に通過するためには、毎月一定の収入を得られているかどうかが重要なポイントとなります。安定した収入が無い方は、返済できなくなるリスクが高いと判断されてしまうからです。

その他、勤続年数が浅い方は審査に通りずらい傾向があります。転職したばかりの方は、最低でも半年程度経過してから申し込むようにしましょう。

貸し付け条件に合致しているか

星の画像

どのようなカードローンを選んでも、借り入れできる上限額が設定されています。

なぜなら、個人が借り入れできる上限額は、2010年から施行された「総量規制」という法律で定められているからです。

 この法律により、年収の3分の1を超える金額は借り入れができないようになっています。

例えば年収が450万円の方が借り入れをする場合、150万円までが上限になります。

複数のカードローンを利用する場合は?

複数のカードローンを利用する際にも、借り入れ額の合計が年収の3分の1未満である必要があるので注意が必要です。

ただし、必ずしも上限額いっぱいまで総量規制の上限額が設定されるとは限りません。希望よりも低い金額が上限に設定されることもあります。

カードローン利用時の注意点

カードローン利用時に、気を付けるべき点を見ていきましょう。

金利が高い

コインの画像

カードローンは借金であるため、返済時に利息が発生します。一般的に目的別ローンと比べると、カードローンはやや金利が高い傾向があるので注意が必要です。

 無担保で借り入れできるため、カードローン会社は目的別ローンよりもリスクを考慮して金利を高く設定しているのです。

目的が制限されず利便性が高い一方で、金利が高く返済が長期化するとトータルの返済額が負担になってしまうリスクがあります。

最近ではアプリをダウンロードすることで、返済額や利用可能額などが確認できるカードローンもあります。

しっかりと計画を立てて利用するようにしましょう。

借りすぎのリスクがある

ATMの画像

カードローンは、カードが1枚あれば簡単に借り入れができます。

便利だからと言って無計画にどんどん借り入れをしていると、返済できなくなってしまう危険性があるので注意が必要です。

 借入をしている期間はしっかりと返済計画を立て、計画的に借入額を減らしていきましょう。

毎月の返済に加えて、臨時収入が入った時には繰り上げ返済などを活用して、できるだけ早めに返済してしまうことがおすすめです。

返済が長期化する可能性がある

カレンダーの画像

カードローンは完済までの期間が決められていないので、返済が長期化しやすい可能性があります。

毎月の返済額を少なく設定すれば、その分返済期間が長くなってしまうため支払う利息は増えてしまいます。

しっかりと返済計画を立てて、返済が長期化してしまうことのないようにしましょう。

延滞や未払いになると記録が残ってしまう

PCの画像

ローンの利用状況は、CICなどの個人情報機関に全て記録されています。万が一返済を滞納してしまうと、滞納の記録が残ってしまうので注意が必要です。

一度記録されてしまった滞納の記録は完済から5年程度残るので、その期間は他社のローンの審査に通らない可能性が高くなってしまいます。

 毎月しっかりと返済を行い、滞納などがないように気を付けて下さい。

万が一口座残高不足などで返済ができなかった場合には、放置せずにカードローンのサポート窓口で相談しましょう。

まとめ

今回は、カードローンの特徴や申し込み方法、審査などを詳しく解説しました。利用目的が定められておらず、自由に利用できる特徴があります。

限度額内なら何度も借り入れできるので、利便性は高いといえるでしょう。返済方法などをチェックして、使いやすいカードローンを選ぶことが大切です。

中には無利息期間キャンペーンを行っているカードローン会社もあるので、賢く活用してくださいね。

カードローン関連記事

 

 

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事