おすすめキャッシュレス決済はどれ?カード・アプリを徹底比較!

キャッシュレス決済おすすめ3選!カード・アプリ徹底比較

監修者の紹介
増田さん

監修者増田 諒

2021年1月1日現在、全国に891世帯1,257名のクライアントを抱えるコンサルタントとして活動中。年間100件の個別相談のほか「マネー・ライフプランニング」「資産運用」「保険」「確定申告」「住宅ローン」「相続」等のテーマのセミナーで登壇。

MDRT入賞 7回 ・TLC(生命保険協会認定FP) ・CFP ・IFA(証券外務員1種)・ファイナンシャルプランニング技能士1級 ・宅地建物取引士 貸金業務取扱主任者

増田 諒Masuda Ryo

最近では当たり前になりつつあるキャッシュレス決済。2019年には、政府主導で最大5.0%還元の事業を行ったこともありました。

記事を読んでいる方の中には、キャッシュレス決済をあまり利用していないという方もいるのではないでしょうか?いまさら、周囲の人に聞くのも恥ずかしいと感じる方もいることでしょう。

そこで今回は、キャッシュレス決済について解説。主要なキャッシュレス決済方法であるクレジットカードとスマホアプリのおすすめをそれぞれ紹介します。

記事の後半ではメリットや注意点も記載していますよ。ぜひ参考にしてくださいね。

キャッシュレス決済とは?主な2つの方法

キャッシュレス決済とは、現金を使わない決済方法のことを言います。大きく分けて以下の2つがあります。

主なキャッシュレス決済
  • カード決済
  • スマホ決済

カード決済

キャッシュレス決済とは?

クレジットカードに代表されるカード決済は、主に以下の3つです。

カード決済の種類
  • クレジットカード
  • デビットカード
  • プリペイドカード

これらのカードの違いとしては、クレジットは後払い、デビットは即時払い、プリペイドは前払いという違いがあります。

VISAタッチなどのタッチ決済は、カード決済の一部に位置付けられます。

スマホ決済

キャッシュレス決済とは?

近年、主流になってきているのがスマートフォンを使ったスマホ決済です。スマホ決済も大きく2つに分かれます。

スマホ決済の種類
  • 非接触IC決済
  • QRコード/バーコード決済

非接触IC決済は、ICチップ搭載のスマホでの決済のことです。代表的なものとしては、Apple PayGoogle Payがあります。

一方で、QRコード/バーコード決済は、QRコード/バーコードを読み取り決済を行います。決済アプリをインストールして、そのアプリで支払いを行うのが特徴です。

キャッシュレスにおすすめのクレジットカード3選徹底比較!

三井住友カード(NL)
JCBカードW
VIASOカード
三井住友カード(NL)
JCBカードW
三菱UFJカード VIASOカード
年会費
永年無料
永年無料
永年無料
還元率
0.5%〜5.0%
1.0%〜10%
0.5%〜12.5%
発行
最短5分
最短5分発行受付時間9:00~19:30
※ご入会には、ご連絡が可能な電話番号をご用意ください。
最短3営業日
最短翌営業日
国際ブランド
MasterCard・VISA
JCB
MasterCard
特典
キャンペーン
随時開催
公式HPをチェック!
Amazon利用で
最大10,000円
キャッシュバック
最大10,000円
キャッシュバック
申込対象
高校生を除く
18歳以上
高校生を除く18歳以上39歳以下
高校生を除く18歳以上

三井住友カード(NL)

三井住友カード ナンバーレス (NL)

おすすめポイント
  • カードナンバー記載なしで盗み見防止
  • 年会費永年無料
  • コンビニ(セブンイレブン、ファミリーマート、ローソン)・マクドナルドで最大5.0%還元※1

カードナンバーと有効期限が印字されてないカードです。盗み見防止にもなり、防犯性の高いカードとなっています。年会費は永年無料です。

このカードの大きなメリットは、カードのタッチ決済機能を使うと大手コンビニ3社とマクドナルドで5%還元を受けられる点です。

※ローソン、セブン-イレブン、マクドナルド

年会費 永年無料
基本ポイント還元率 0.5〜5.0%
ポイントプログラム Vポイント
付帯保険 海外旅行保険
追加カード ETCカード、家族カード
電子マネー・スマホ決済 iD、Apple Pay、Google Pay
国際ブランド VISA、Mastercard
申込条件 18歳以上

参照:https://www.smbc-card.com/nyukai/card/numberless.jsp
※1:
一部ポイント加算対象とならない店舗および指定のポイント還元にならない場合があります。ポイント還元率は利用金額に対する獲得ポイントを示したもので、ポイントの交換方法によっては、1ポイント1円相当にならない場合がございます。
※1:
一部Visaのタッチ決済/Mastercard®コンタクトレスがご利用いただけない店舗がございます。また、一定金額(原則 税込1万円)を超えるとタッチ決済でなく、決済端末にカードを挿してお支払いいただく場合がございます。その場合のお支払い分は、+2.5%還元の対象となりませんのでご了承ください。 上記、タッチ決済とならない金額の上限は、ご利用される店舗によって異なる場合がございます。

JCB CARD W

JCBカードW

おすすめポイント
  • 年会費永年無料
  • 基本還元率はJCB一般カードの2倍
  • JCB優待店で還元率アップ

39歳まで申し込み可能なJCBプロパーカードです。年会費は永年無料で基本還元率はJCB一般カードの2倍の1.0%となっています。

JCB優待店(JCBオリジナルシリーズパートナー)では還元率が上がるのが特徴です。代表的な優待店は以下の通りです。

  • スターバックス(5.5%)
  • Amazon(2.0%)
  • セブンイレブン(2.0%)
  • ビックカメラ(1.5%)
    ※()内は最大還元率を記載しています。

カフェやコンビニ、家電量販店やネットショップなどさまざまなお店で還元率アップが得られるカードです。

女性の方は、女性向け特典がついたJCB CARD W plus Lもおすすめですよ。
年会費 無料
基本ポイント還元率 1.0%
ポイントプログラム Oki Dokiポイント
付帯保険 海外旅行保険、ショッピング保険
追加カード ETCカード、家族カード、QUICPay
電子マネー・スマホ決済 Apple Pay、Google Pay
国際ブランド JCB
申込条件 18〜39歳

参照:https://www.jcb.co.jp/ordercard/kojin_card/os_card_w.html

三菱UFJカード VIASOカード

三菱UFJカード VIASOカード

おすすめポイント
  • 年会費無料
  • 利用額の0.5%をオートキャッシュバック
  • 豊富なカードデザイン

年会費は無料で基本還元率は0.5%です。貯めたポイントはカード利用金額にオートキャッシュバックされるので、ポイント管理の手間はありません。

 キャッシュバックを受けるには、1年以内に1,000ポイント以上貯める必要があります。

カードデザインが豊富なのも特徴です。サンリオキャラクターゆるキャラ人気アニメなどとのコラボデザインがあります。

海外旅行保険も最高2,000万円の補償があるので、年会費無料カードとしては手厚いです。
年会費 無料
基本ポイント還元率 0.5%
ポイントプログラム VIASOポイント
付帯保険 海外旅行保険、ショッピング保険
追加カード ETCカード、家族カード
国際ブランド VISA、Mastercard
申込条件 18歳以上(高校生を除く)

参照:https://www.cr.mufg.jp/apply/card/viaso_collabo/index.html

キャッシュレス決済アプリおすすめ6選

au PAY

au PAY

携帯電話サービス大手のauが展開するキャッシュレス決済です。

おすすめポイント
  • au PAY カードチャージで1.5%還元
  • Pontaポイントが貯まる

通常還元率は0.5%ですが、au PAY カードからau PAY残高へチャージすれば、チャージ分との合計で1.5%還元となります。貯まるポイントは、様々な使い道があるPontaポイントです。

使い道に困って、ポイントを持て余すこともないでしょう。
基本ポイント還元率 0.5%
ポイントプログラム Pontaポイント
チャージ方法 現金、クレジットカード、ポイント
クレカ決済 不可

参照:https://aupay.wallet.auone.jp/

d払い

d払い

携帯電話サービス大手のNTTドコモが手がけるキャッシュレス決済サービスです。

おすすめポイント
  • ネットショピングは1.0%還元
  • クレジットカードと紐付けできる
  • dポイント加盟店ではポイント3重取り

d払いの還元率は街の買い物では0.5%ですが、ネットショッピングは1.0%です。ネットショッピングでお得に使えるのが特徴です。

クレジットカードも登録できるので、d払いクレジットカードの両方で還元を受けられます。d払い加盟店なら、d払いアプリに付帯するdポイントカード機能の提示でポイント3重取りも可能です。

d払いのキャンペーンは、dカード支払いの場合対象となることが多いです。
基本ポイント還元率 0.5〜1.0%
ポイントプログラム dポイント
チャージ方法 現金
クレカ決済 可能

参照:https://service.smt.docomo.ne.jp/keitai_payment/

PayPay

PayPay

PayPayはソフトバンクとヤフーにより2018年に設立された決済サービスです。

おすすめポイント
  • 利用できる店舗数が多い
  • 定期的に大規模キャンペーンを開催
  • 利用頻度に応じて還元率アップ

ペイペイの特徴は利用できる店舗数の多さです。使えるお店は日本全国で328万カ所以上と急激なペースで拡大しています。

定期的にお得なキャンペーンも開催しています。抽選で最大100%還元などキャンペーン内容も魅力的です。基本還元率は0.5%ですが、決済回数と利用金額に応じて最大1.5%まで還元率はアップします。

※ 2021年7月現在(PayPay公式サイトより)

基本ポイント還元率 0.5%
ポイントプログラム PayPayボーナス
チャージ方法 現金、クレジットカード
クレカ決済 可能

参照:https://paypay.ne.jp/

LINE Pay

LINE Pay

LINE Payは、メッセージアプリのLINEが手がけるキャッシュレス決済です。

おすすめポイント
  • 特典クーポンが豊富
  • 使いやすいLINEポイントが貯まる
  • 請求書支払いに対応

毎月、特典クーポンが配布されるのが特徴です。コンビニやスーパー、家電量販店など様々なジャンルのクーポンが発行され自由に使えます。

 VISA LINE Payクレジットカードと連携させて決済すれば、0.5%のLINEポイントが貯まります。

キャッシュレスアプリでは珍しい請求書支払いに対応している点も魅力です。LINE Payの利用にはLINEのアカウント登録が必須なので、事前に登録しておきましょう。

基本ポイント還元率 0.5%
ポイントプログラム LINEポイント
チャージ方法 現金
クレカ決済 可能

参照:https://pay.line.me/portal/jp/main

楽天ペイ

楽天ペイ

楽天が手がけるキャッシュレス決済アプリが楽天ペイです。

おすすめポイント
  • 楽天系サービスと紐付けで常時1.0%還元
  • 楽天カードからのチャージで1.5%還元
  • 暗号資産やラクマ売上金からもチャージ可能

楽天カードや楽天銀行など、楽天系サービスを支払い元に紐付けすれば1.0%還元です。さらに、楽天カードからチャージして支払えばチャージ分と合わせて1.5%還元を受けられます。

楽天ウォレットで保有している暗号資産からもチャージできます。楽天のフリマアプリ「ラクマ」の売上金もチャージ可能です。

楽天のサービスをメインで利用している方にはメリットが大きいでしょう。
基本ポイント還元率 1.0%
ポイントプログラム 楽天ポイント
チャージ方法 現金、クレジットカード、暗号資産
クレカ決済 可能

参照:https://pay.rakuten.co.jp/

メルペイ

メルペイ

フリマアプリ大手のメルカリが手がけるキャッシュレス決済サービスです。

おすすめポイント
  • メルカリの売上金を使える
  • お得なクーポンを発行

フリマアプリのメルカリの売上金を残高として使えます。メルカリで得た売上金を引き出す必要がありません。通常のポイント還元はありませんが、メルカリ売上金を便利に使いたい方には向いています。

お得なクーポンを発行しており、コンビニやドラッグストア、ファーストフード店で使えます。
基本ポイント還元率 0%
ポイントプログラム メルペイポイント
チャージ方法 現金
クレカ決済 不可

参照:https://www.merpay.com/

キャッシュレス決済アプリのメリット3つを紹介

現在さまざまなお店でキャッシュレス決済アプリが利用できるようになっています。ここでは、キャッシュレス決済アプリのメリットを3つ紹介します。

メリット①:現金(財布)がいらない

現金がなくても決済可能です。財布に現金が少ない場合でも心配いりません。持ち物を少なくしたい方には、大きなメリットと言えるでしょう。

あえて、財布を持たずに身軽で外出することもできますね。

メリット②:支払いが楽

店頭にてスマホを見せてコードを読み込んでもらうか、店頭にあるコードを自分で読み込むだけです。現金を使わないので、お釣りを気にする必要がありません。

スマホを店員に渡す必要もなく、決済を自己完結できるのでセキュリティ面でも安全です。

メリット③:ポイント2重取りができる

キャッシュレス決済アプリのメリット3つ

アプリへの入金をクレジットカードから行うと、ポイントの2重取りができる可能性があります。入金時のクレジットカードの還元決済時のアプリでの還元による二重取りです。

 アプリへのチャージが還元対象外のクレジットカードもあります。

楽天ペイなら楽天カード、LINE PayならVISA LINE Payクレジットカードなど、同系列のクレジットカードならカード入金でも還元対象となります。

キャッシュレス決済アプリの注意点を3つ紹介

キャッシュレス決済アプリには、メリットだけではなく注意点も存在します。ここでは、覚えておきたい注意点を3つ紹介します。

注意点❶:スマホが電池切れだと使えない

キャッシュレス決済アプリの3つの注意点

スマホアプリで決済を行うので、当然スマホ自体が使えない環境では使えません。充電切れ以外でもスマホに電波が入らない場合は利用できません。

モバイルバッテリーやモバイルWi-Fiがあれば、対策になりますよ。

注意点❷:対応していない店舗がある

キャッシュレス決済に対応している店舗は年々増加していますが、現金のように万能ではありません。

キャッシュレス決済自体には対応していても、使いたいアプリ決済が導入されているかは別問題です。どの決済アプリが使えるかも重要になります。

例えば、PayPay決済には対応しているが、楽天ペイ決済には対応していないなどが挙げられます。

注意点❸:システムの不具合が起こることがある

キャッシュレス決済アプリの3つの注意点

稀にですが、システム不具合が起きて利用不可となる場合があります。決済アプリが使えないと支払いができないということを避けるためにも、現金やクレジットカードと併用することをおすすめします。

常に複数の決済手段を用意しておきましょう。

よくある質問

キャッシュレス決済のクレジットカードのおすすめは何ですか?
年会費無料で1.0%還元のJCB CARD Wです。Amazonを始めとする優待店では還元率が上がるのも特徴です。コンビニを多用する方は、タッチ決済で大手コンビニでの還元率が5.0%になる三井住友カード(NL)でも良いでしょう。三井住友カード(NL)も年会費は永年無料です。
キャッシュレス決済のおすすめアプリは何ですか?
利用店舗数の多いPayPayがおすすめです。定期的に大規模なキャンペーンを開催しているのも特徴で、場合によっては利用額以上の還元を受けられます。その他のおすすめアプリでは、LINEポイントを貯めている方ならLINE Pay、楽天ポイントを貯めている方なら楽天ペイもおすすめです。
キャッシュレス決済ができる店舗では、カードとアプリの両方が使えますか?
店舗により対応が異なります。カードのみ対応している店舗、アプリのみ対応している店舗、どちらも対応している店舗など様々です。なお、キャッシュレス対応している場合でも、店側が対応していないカードやアプリは利用できません。
カードとアプリ両方対応している店舗ではどちらがお得ですか?
店舗によりお得度は変わります。記事内でも解説した三井住友カード(NL)なら、コンビニでは5.0%還元でお得ですが通常還元率は0.5%です。PayPayもキャンペーン期間中ならお得ですが、通常還元率は0.5%となっています。店舗や時期に応じてお得になる決済をその都度選択するようにしましょう。
税金の支払いはクレジットカードとキャッシュレス決済アプリのどちらが良いですか?
還元率が高いものを選びましょう。なお、税金の種類によってはポイント付与の対象外となるものもあります。さらに、自治体によってはカード払いやアプリ決済が認可されてないところもあるので、事前に確認しておきましょう。
クレジットカードはどのように選べば良いですか?
年会費やポイント還元率、付帯する特典、国際ブランド、ステータス性などを総合的に判断して自分が使いやすいものを選びましょう。国際ブランドは、海外でも利用可能店舗が多いVISAやMastercardがおすすめです。
キャッシュレス決済アプリはどのように選べば良いですか?
利用できる店舗数ポイント還元率、貯まるポイントの使いやすさクレジットカードとの紐付けなどを総合的に判断して選びましょう。複数のアプリをダウンロードして使い分けるのもおすすめです。

まとめ

今回は、キャッシュレス決済のおすすめクレジットカード、おすすめ決済アプリを紹介しました。キャッシュレス決済を利用する上では、クレジットカードとスマホアプリを併用することをおすすめします。

併用することでそれぞれのデメリットをカバーできます。

キャッシュレス決済は現金なしで決済ができる上、ポイント還元もあります。便利でお得な決済方法なので、ぜひ日常の生活に取り入れてみましょう。

クレジットカード関連記事

 

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事