セントラル短資FXの口コミ・評判は?メリット・デメリットも解説

セントラル短資FXの口コミ・評判は?メリット・デメリットも解説

監修者の紹介
増田さん

監修者増田 諒

2021年1月1日現在、全国に891世帯1,257名のクライアントを抱えるコンサルタントとして活動中。年間100件の個別相談のほか「マネー・ライフプランニング」「資産運用」「保険」「確定申告」「住宅ローン」「相続」等のテーマのセミナーで登壇。

MDRT入賞 7回 ・TLC(生命保険協会認定FP) ・CFP ・IFA(証券外務員1種)・ファイナンシャルプランニング技能士1級 ・宅地建物取引士 貸金業務取扱主任者

増田 諒Masuda Ryo

「初心者におすすめのFX会社が知りたい」「使いやすいFX会社はどれ?」このような悩みを持つ方には、セントラル短資FXがおすすめです。

使いやすい取引ツールやアプリ、サポートツールなどが充実しているため、初めてFXを始める方でも取引しやすい環境が整えられています。

今回は、セントラル短資FXの口コミ・評判やメリット・デメリットについて詳しく解説します。

スワップポイントや手数料も解説するので、口座開設するか悩んでいる方は参考にしてくださいね。

セントラル短資FXの特徴

セントラル短資FX

セントラル短資FXは、創業から100年以上の実績を持つセントラル短資が運営するFXサービスです。2021年12月時点で口座開設数は20万件を突破しました。

預かり資産は5億円を超えており、多くの投資家に支持されていることが分かります。

最低取引通貨単位 1,000
通貨ペア 50
スプレッド
(原則固定・例外あり)
0.2銭(米ドル/円)
最短即日取引 可能

出典:セントラル短資FX
※ 公式サイトの文言による

スプレッド

お金の画像

スプレッドとは売値と買値の差であり、取引にかかるコストのひとつです。一般的に、スプレッドが狭いほど利益が手元に残りやすくなります。

 セントラル短資FXのスプレッドは、狭水準です。

人気の通貨ペアのスプレッドを見ていきましょう。

米ドル/円 0.2銭
ユーロ/円 0.4銭
ポンド/円 0.6銭
豪ドル/円 0.4銭
ユーロ/米ドル 0.2銭

コストを抑えて取引ができるので、初心者も有利に投資を進めることができるでしょう。

手数料

お金の画像

FXで口座を開設して取引をする際には、以下の手数料がかかることが一般的です。

  • 口座開設手数料
  • 口座維持手数料
  • 入金手数料
  • 出金手数料
  • 取引手数料
  • ロスカット手数料
  • 両替手数料

セントラル短資FXでは、投資にかかる各種手数料は無料であり、上記のような手数料も一切かかりません。コストを抑えて取引できます。

証拠金

以下のような高金利通貨も、少額資金で始めやすい点が魅力です。

通貨ペア 証拠金率 必要証拠金
メキシコペソ/円 25倍 225円
トルコリラ/円 10倍 823円
中国人民元/円 25倍 729円
南アフリカランド/円 25倍 300円

※2022年3月1日時点 1,000通貨あたり

最低入金額などは特に設けられておらず、必要証拠金さえ準備できれば、取引可能です。

 1,000円以下の資金で気軽に始められるでしょう。

最低取引単位が1万通貨単位に設定されているFX会社もある中で、セントラル短資FXは1,000通貨からと最低取引単位が少ないメリットもあります。

まずは少額の資金で取引を行い、実践を通してFXを学べるので、初心者の方にもおすすめです。

スワップポイント

お金の画像

セントラル短資FXのスワップポイントは高水準です。スワップポイントとは、2カ国間の金利差によって発生する利益のことをいいます。

保有した建玉を決済することなく、原則毎営業日受け取ることが可能です。10万通貨単位あたりのスワップポイントは、以下の通りです。

米ドル/円 40円/日
トルコリラ/円 45円/日
メキシコペソ/円 80円/日

※2022年2月の1日あたりの平均実績

上記の中でも、特にメキシコペソ/円は10万通貨単位あたり80円/日と、スワップポイントが高い点が魅力です。

スワップポイントでコツコツ利益を出したい方にはぴったりでしょう。

セントラル短資FXのアプリ・取引ツール

セントラル短資FXでは、便利で使いやすいアプリ・取引ツールが無料で用意されています。PC版とスマホ版をそれぞれ見ていきましょう。

スマホアプリ

スマホの画像

スマホアプリはPC版に劣らない、充実のツールが用意されている点が特徴です。場所を選ばず取引したい方にはぴったりでしょう。

テクニカル指標が充実

スマホアプリでは、14種類と豊富なテクニカル指標に対応しています。

 移動平均線やボリンジャーバンドなどの基本的な指標から、DMI/ADXなどの本格的なテクニカル分析にも対応している点が特徴です。

オシレーター系は縦画面を3つ、横画面を2つ同時に表示することができるので、外出先でも快適に取引を進められるでしょう。

1タップだけで即時発注が可能

スピード注文を利用すれば、1タップだけで即時に発注が可能です。大切な取引の瞬間を逃す心配がありません。

新規・決済・ドテン・同一通貨ペアの一括決済に対応しており、短期売買の際に便利に活用できるでしょう。

取引成績が見やすい

過去の取引成績の記録を一覧で確認できるので、取引数量やどのくらい損益が出ているのかを見やすいです。

 週や月、年単位の切り替え表示や、通貨ペアを絞って確認することもできます。

勝率、プロフィット・ファクター、平均建玉保有時間、取引回数なども出来るので、今後の投資分析の貴重な判断材料になるでしょう。

PC版取引ツール

PCの画像

PC版取引ツールでは画面分割など、高い操作性のツールが用意されている点が特徴です。

クイックチャート・トレードプラス

クイックチャート・トレードプラスでは、取引に必要な機能をすべてを1画面で完結させることが可能です。

チャート分析、為替レート、ニュース、経済指標などの必要な機能が集約されているので、毎回画面を切り替える手間がありません。

 投資スタイルに合わせて、取引画面が自由にカスタマイズできる点も魅力です。

自動売買にも対応しているので、日中忙しい方も取引を始めることができます。

指値・逆指値・トレール注文の約定やロスカットが発動した際は、通知が出るので、画面を見ていない時も安心できるでしょう。

チャート上の価格ラインから注文を出すこともできます。

Web取引システム

Web取引システムは、インストールが不要なので、PCの容量が少ない方におすすめのシステムです。

操作が簡単で構成もわかりやすいので、初めての方も直観的に操作することができるでしょう。

充実したツール

クイックチャート・トレードプラスと同様に、すべての取引を1画面でスムーズに操作することができます。

 スピード注文では、1クリックで新規・決済・ドテン・同一通貨ペアの一括決済が発注できます。

AIで未来の値動きを予想する「みらいチャート」がサポートツールとして用意されているので、取引に迷った際には参考にしましょう。

プログレッシブチャート

プログレッシブチャートでは、チャートをみながら新規、決済の成行をワンクリックで発注できる機能が搭載されています。

チャート上の価格ライン操作で注文変更も可能なので、操作を間違ってしまった際にも焦る必要がありません。

移動平均線や一目均衡表など、28種類のテクニカル分析機能が搭載されており、平均足や新値足なども表示することができます。
描画ツールも使いやすい

ペンタゴンなど描画ツールも7種類を搭載されているので、自分にとって使いやすいツールを見つけることができるでしょう。

異なる通貨ペアのチャートなどを最大12分割まで表示することが可能なので、取引画面にもスムーズに切り替えられます。

セントラル短資FXの口コミ・評判

セントラル短資FXを利用するか検討中の方は、ユーザーの口コミ・評判が貴重な判断材料になるでしょう。

ここからは、実際に利用した方の良い口コミとイマイチな口コミの両方を紹介します。

良い口コミ

PCの画像

まずは、セントラル短資FXを利用して満足した方の口コミを紹介します。

良い口コミ
  • 取引ツールがシンプルで分かりやすく、使いやすい
  • スプレッドが狭い上に出金処理も早いので、快適に取引できる
  • サポートの担当者がプロフェッショナルなので安心して任せられる
  • さまざまなキャンペーンが不定期に開催されるのでお得感がある
  • システムが安定しており、会社に対して信頼が持てる
  • アプリでも入出金がスムーズにできるので取引しやすい
  • 自動売買が利用できるので嬉しい

良い口コミには、取引ツールが使いやすい、自動売買が利用できる、入出金の処理がスムーズなどの声が多くありました。

イマイチな口コミ

PCの画像

セントラル短資FXを利用した結果、イマイチに感じた方の口コミを紹介します。

イマイチな口コミ
  • アプリと比較してネットサイト版の使い勝手がイマイチに感じた
  • スワップが他社と比較してあまりお得感がなかったように感じた
  • サポートの窓口の担当者の対応に不満を感じた
  • 軽い気持ちで解説したが、初心者なのでうまく使いこなせなかった

イマイチな口コミには、サポートの窓口の担当者の対応に不満を感じた方や、うまく使いこなせなかったという声がありました。

セントラル短資FXはスキャルピングに対応している?

スキャルピングを禁止しているFX会社も多い中、セントラル短資FXはスキャルピングに対応しているのでしょうか。

スキャルピングとは?

チャートの画像

そもそもスキャルピングとは、数秒から数分程度の極端に短い時間のうちに繰り返し売買を行うことで、コツコツ利益を積み重ねる取引手法です。

 一度保有したポジションをすぐに手放すため、為替変動リスクが比較的低いメリットがあります。

スキャルピングは原則として禁止されていない

スキャルピングを禁止するFX会社が多い中、セントラル短資FXでは原則スキャルピングを禁止していません

なぜなら、セントラル短資FXでは高性能のサーバーが採用されており、スキャルピングにも対応できる仕組みになっているからです。

実際にワンクリック注文などスキャルピングに適した取引ツールも用意されているため、スキャルピングで利益を得たい投資家の方におすすめです。

注意すべきスキャルピング

チャートの画像

スキャルピングができると言っても、例外として、システムやカバー取引に悪影響を及ぼすほどのスキャルピングは注意が必要です。

最悪のケースでは、取引制限や口座解約となる可能性があります。

カバー取引に悪影響を及ぼす場合

カバー取引とは、顧客から受けた注文と同じ注文を金融機関に出すことで、為替変動リスクを回避する方法です。

カバー取引が追いつかなくなるほどのスキャルピングを行った場合には、取引制限や口座凍結、または解約となる可能性があります。

システムに悪影響を及ぼす場合

システムに悪影響を及ぼすスキャルピングにも注意が必要です。

 システムに負荷がかかってしまうことで、注文の約定に時間がかかるなど、他の顧客の取引にも影響が出る可能性があります。

システムに悪影響を及ぼすようなスキャルピング取引は、セントラル短資FXでも規制の対象となっているので注意が必要です。

セントラル短資FXのメリット

セントラル短資FXを活用すると、以下のようなメリットが得られます。

スプレッドが狭水準

お金の画像

セントラル短資FXは、スプレッドが狭水準である点が魅力です。

通貨ペア セントラル短資FX GMOクリック証券 外為どっとコム
米ドル/円 0.2銭 0.2銭 0.3銭
ユーロ/円 0.4銭 0.5銭 0.5銭
ポンド/円 0.6銭 1.0銭 0.8銭
豪ドル/円 0.4銭 0.6銭 0.6銭
ユーロ/米ドル 0.2pips 0.4pips 0.3pips

※2022年5月22日時点の情報

上記のように他社のスプレッドと比較しても、比較的原則固定で狭水準であることが分かります。

 さらに、セントラル短資FXのスプレッドは取引量に関わらず一律です。

取引量が多い方も少ない方も、同じ条件で取引ができます。

自動売買が利用できる

PCの画像

セントラル短資FXでは、自動売買に対応した口座を開設することができます。

自動売買とは、あらかじめ決められたルールに従って、プログラムが自動で売買を行う取引方法です。

人の手を介さず、プログラムがルール通りに売買を行うため、感情や主観に左右されず取引ができます。

自動売買の売買ルールは?

700以上の売買ルールが用意されているので、自分の資産運用のイメージに近いものを選びましょう。

セントラル短資FXで自動売買ができる「セントラルミラートレーダー」は、通常の口座とは違うルールであるため、チェックしておくと安心です。

サポートツールが充実している

PCの画像

セントラル短資FXは、サポートツールが充実している点も特徴です。豊富なサポートツールの中から、特徴的なツールを紹介します。

みらいチャート

過去のチャートからAIが未来の値動きを予測できる「みらいチャート」では、指定した通貨ペアの買い時・売り時を自動で予測してくれます。

 相場の方向性も、7種類のテクニカル指標ごとに分析・予測することが可能です。

FXの知識がない初心者の方も、高度なテクニカル分析ができる点が魅力でしょう。

LINEでお知らせ機能

「LINEでお知らせ」では、経済指標や売買シグナル、急な相場変動をLINEの通知ポップアップで通知してくれます。

最新のマーケットニュースやLINE限定のお得な情報も受け取れるので、情報収集が便利になるでしょう。

最新の情報が通知されるので、チャートを見ていないタイミングでも、取引の逃す心配がありません。

セントラル短資FXのデメリット

セントラル短資FXのデメリットも見ておきましょう。

サポート時間が短い

時計の画像

セントラル短資FXのデメリットのひとつとして、窓口の問い合わせ対応時間が短いことが挙げられます。

 対応時間は、土、日、祝日を除く8~17時です。土日祝日に取引をする方にとっては不便に感じてしまうでしょう。

FX初心者は注文方法や取引ツールの使い方など、何かと分からないことも多く困ってしまうものです。

ただし、時間外にメールを送った場合は対応時間中に返信してくれます。困ったことがあれば、気軽に質問してみましょう。

時間によってはスプレッドが広がることがある

時計の画像

スプレッドとは、買値と売値の差額のことを言います。FX取引を行う上で必要なコストのひとつです。

セントラル短資FXのスプレッドは原則固定であるものの、時間帯によってはスプレッドが広がる可能性がある点に注意が必要です。

 例えば市場参加者が少なくなる早朝や、為替レートが激しく動く経済指標発表時は、スプレッドが広くなる傾向があります。

しかし、スプレッドが安定している時間帯は、狭水準のスプレッドでコストを最小限に抑えて取引が可能です。

スプレッドが広がる時間帯に取引を行わないという方にとっては、大きなデメリットにはならないでしょう。

まとめ

今回は、セントラル短資FXの主な特徴や、口コミ・評判、メリット・デメリットについて詳しく解説しました。

スプレッドが狭水準で最低取引単位は1,000通貨からと、コストを抑えて取引ができるので、初心者も有利に投資を進めることができるでしょう。

まずは少額の資金で取引を行い、実践を通してFXを学べるので、初心者の方にもおすすめです。

自動売買に対応した口座を開設することもできるので、忙しい方も気軽にFX取引が始められますよ。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事