チェーンリンク

仮想通貨チェーンリンク(Chainlink)/LINK|今後の見通しを解説!

監修者の紹介
増田さん

監修者増田 諒

2021年1月1日現在、全国に891世帯1,257名のクライアントを抱えるコンサルタントとして活動中。年間100件の個別相談のほか「マネー・ライフプランニング」「資産運用」「保険」「確定申告」「住宅ローン」「相続」等のテーマのセミナーで登壇。

MDRT入賞 7回 ・TLC(生命保険協会認定FP) ・CFP ・IFA(証券外務員1種)・ファイナンシャルプランニング技能士1級 ・宅地建物取引士 貸金業務取扱主任者

増田 諒Masuda Ryo

「アルトコイン取引に興味がある」「今後の将来性が高い仮想通貨が知りたい」このような悩みを持つ方には、チェーンリンクがおすすめです。

しかし、チェーンリンクはどのような特徴を持つのか、価格チャートや将来性があるのか、購入方法などを知りたいという方もいるでしょう。

そこで今回は、チェーンリンクの基本情報や価格チャート、今後の将来性などを詳しく解説します。

おすすめの取引所も紹介するので、仮想通貨取引を検討している方は参考にしてくださいね。

仮想通貨チェーンリンクとは?

チェーンリンク

チェーンリンクは、スマートコントラクト社が、ブロックチェーン専門の研究機関IC3と協力しながら開発している仮想通貨です。

 ブロックチェーンと外部データを接続することを目的として開発された、分散型オラクルという機能が搭載されています。

橋渡しのような役割を果たすため、今後の価格の上昇が注目されている仮想通貨です。

外部データとブロックチェーンをつなげられる

「分散型オラクル」の中間処理役の機能を持ったプラットフォームです。チェーンリンクを経由することで、ブロックチェーンは金融市場や送金、決済、気象情報など、外部データにアクセスできるようになります。

実世界のデータをスマートコントラクトの条件に組み込むことが可能になり、より広い領域でブロックチェーンを利用が利できます。

オラクルとは?

オラクルとは、スマートコントラクトと、外部のデータソースを接続するサービスのことを言います。オラクルには、中央集権型と分散型の2種類があります。

オラクル自体が、データの情報源そのものを指しているわけではなく、外部データの情報源を検証して情報を渡す、橋渡しのような役割です。

中央集権型オラクルとは

PCの画像

中央集権型の場合、中央管理者がブロックチェーンやスマートコントラクトへの情報提供を行う仕組みです。仕組みがシンプルである反面、データを提供する単独の主体への信用が重要視されます。

 情報伝達ミスやハッキング、サーバーダウンなどが起こると、オラクルとつなぐこと自体がシステムの障害になりかねません。

ブロックチェーンやスマートコントラクトは分散管理で中央管理者を排除できることが特徴であるため、その良さを潰すことにもなってしまいます。

このような問題を解決するために、分散型オラクルが登場したのです。

分散型オラクルとは

チェーンリンクのような分散型オラクルは、外部データを連結された複数のオラクルで検証する仕組みです。中央管理者がいないため、システムの脆弱性を排除して、データの信頼性を向上することができます。

さらにオラクルを運営する複数のオペーレーターに、報酬としてチェーンリンクが支払われる仕組みになっています。

ブロックチェーンを外部システムで利用できる

タイピングの画像

外部データとブロックチェーンをつなぐだけではなく、ブロックチェーンのデータや技術を、外部システムで利用すること可能です。

この技術を活用すれば、スマートコントラクトを広い分野で活用することができるようになり、さまざまなサービスで利用されることが期待できます。

ブロックチェーンとは?

ブロックチェーンとは、情報を記録するデータベース技術の一種のことです。

 ブロックと呼ばれる単位でデータを管理し、それを鎖(チェーン)のように連結してデータを保管する技術です。

ビットコインをはじめとする仮想通貨の多くは、第三者を介さずにユーザー同士で直接取引が行われていることが一般的です。

この取引履歴を記録するために、ブロックチェーンの技術が使われています。

例えばPayPalなどの電子決済や、銀行決済などに活用することができるので、将来性のある仮想通貨と言えるでしょう。

異なるブロックチェーン同士がつなげられる

握手の画像

外部データとブロックチェーンをつなぐだけではなく、異なるブロックチェーン同士もつなぐことが可能です。通常ほとんどのブロックチェーンは、互換性がありません。

 例えばビットコインのブロックチェーンとリップルのブロックチェーンを、そのまま繋ぐことは不可能です。

しかし、チェーンリンクを経由すれば、異なるブロックチェーン同士であっても繋ぐことができます。

このように、一般的にブロックチェーンが抱えている問題を解決し、外部システムやブロックチェーンを繋ぐ重要な役割を果たす点が特徴です。

LINEのリンクとは別物?

LINEのリンク

チェーンリンクは、LINKという仮想通貨と別物なのか、疑問を持つ方もいるでしょう。LINKはメッセージアプリのLINEが発行する仮想通貨であるため、チェーンリンクとは全くの別物です。

LINKはティッカーシンボルは「LN」となっており、チェーンリンクの「LINK」とは異なるので、注意しましょう。

仮想通貨チェーンリンクの価格チャート推移

チェーンリンクの価格チャート推移を、詳しく見ていきましょう。

2020年

チャートの画像

6月頃までは大きく価格が上昇することもなく、低い位置で推移していたものの、7月には飛躍的な高騰を記録しました。その後は一旦価格が下落しましたが、それ以降は高い価格帯で激しい変動を見せています。

 2020年に価格が高騰した理由としては、分散型金融の「DeFi」の影響を受けたことが挙げられます。

DeFiは仮想通貨のブロックチェーンと他のプラットフォームを繋いで成立させる仕組みであることがほとんどです。

その仲介役として、チェーンリンクが活用されました。チェーンリンクは、特定のプラットフォームや、ブロックチェーンではありません。

それぞれのサービスを繋ぐ橋渡しのような存在であるため、うまくDeFiの波に乗ることができたと考えられるでしょう。

2021~2022年

チャートの画像

年始から5月にかけて大きく高騰しましたが、その後急落します。7月から11月にかけて復調しますが、再び高値を更新することはありませんでした

11月以降は価格が下落し、2022年に入った現在でも、明確な復調の兆しは見られません。

価格が下落した理由は?

価格が下落した理由としては、年末に仮想通貨市場全体の価格が下落したことに影響を受けたことが考えられます。しかし、今後市場が盛り上がりを見せれば、以前のように価格が高騰することが十分に考えられます。

そのため、今チェーンリンクを割安で購入し、価格が高騰するのを待つことがおすすめです。

仮想通貨チェーンリンク|今後の見通し

仮想通貨チェーンリンクの今後の将来性を、詳しく解説します。

採用する企業やプロジェクトの増加

グラフの画像

今後、チェーンリンクを採用する企業やプロジェクトが増えることで、価格が上昇することが期待できます。

 チェーンリンクに限らず、一般的に仮想通貨は大企業との連携を発表することで、価格が上昇する傾向があります。

現在、すでにチェーンリンクは、GoogleやOracle、SWIFTなどの世界的な大企業と提携を発表しています。

最大の強みである中間処理役の機能はさまざまなシーンで活用可能なため、今後も多様な職種で利用されることが期待できるでしょう。

分散型オラクル市場でのシェア

グラフの画像

分散型オラクル市場が今後どのようにシェアを伸ばすかによっても、価格は大きな影響を受けます。現在分散型オラクル市場のほとんどのシェアは、チェーンリンクが占めています。

 しかし、分散型オラクルを持つ仮想通貨チェーンリンク以外にも存在するため、注意が必要です。

分散型オラクルは高額なコストがかかることやリスクなどの面で、途中で乗り換えることが難しいという特徴があります。

そのため、提携企業やプロジェクトを他の仮想通貨よりも早く増やせば、シェアを維持することができるでしょう。

DeFi関連銘柄の上昇

チャートの画像

チェーンリンクはDeFi関連銘柄の価格の上昇に影響を受けて、需要がさらに拡大することが予想されています。

2017年に開発された新しい通貨であるにも関わらず、今後はDeFiやスマートコントラクト、NFTなどの分散型技術に大きく関係しています。

 実際、2021年のNFTとDeFi関連銘柄が上昇した際には、チェーンリンクも同様に価格が上昇しました。

今後も流れが変わることがない限り、市場の拡大によって価格が上昇することが期待できるでしょう。

仮想通貨チェーンリンクの購入方法

これから仮想通貨投資を始める方向けに、チェーンリンクの購入方法を解説します。

1.口座開設の申し込みをする

PCの画像

まずは好きな取引所を選び、口座を開設しましょう。チェーンリンクは新しい通貨であるため、取り扱いがない取引所もあるので注意が必要です。

取引所で口座を開設する流れは、以下の通りです。

  1. メールアドレスを登録する
  2. 申し込みフォームに沿って情報を入力する
  3. 本人確認書類とマイナンバーを提出する
  4. 口座開設の審査を受ける
  5. 口座の開設が完了

公式サイトの「口座開設」ページから申し込みフォームに移動し、氏名、住所、電話番号などの個人情報を入力します。申し込み状況などによっては、口座開設には時間がかかるケースもあります。

仮想通貨投資をしたいと思ったら、余裕を持って手続きしておきましょう。

2.本人確認書類を提出

スマホの画像

インターネット申し込みの場合、本人確認書類は運転免許証やマイナンバーカードをスマホで撮影して、アップロードして送信するだけです。

本人確認書類として利用できる書類は、以下の通りです。

  • 運転免許証
  • マイナンバーカード
  • パスポート
  • 特別永住者証明書
  • 健康保険証
  • 住民票
  • 印鑑登録証明書

郵送などの手間は不要で、自宅にいながら手軽に手続きを進めることができます。

 ただし、本人確認書類に申し込み情報と異なる住所が記載されている場合や、期限が切れている場合には、使用することができません。

手続きに時間がかかってしまう原因にもなるので、申し込みの前に確認しておきましょう。

3.指定の銀行口座に入金

紙幣の画像

本人確認が終われば取引所で審査が行われ、口座開設が完了します。口座が開設されたら、日本円を仮想通貨口座に入金しましょう。一般的に、取引所では以下のような入金方法が選べます。

  • 銀行振り込み
  • インターネットバンキングで入金
  • コンビニから入金

上記の中でも、インターネットバンキングでの入金なら基本的に24時間365日の即時振り込み可能なので、おすすめです。

急に相場が変動したタイミングでも、取引のチャンスを逃すことがありません。

4.チェーンリンクを購入する

PCの画像

日本円が入金できたら、取引画面からチェーンリンクを購入しましょう。購入画面にて、買いたい金額をタップまたは金額入力し、「SUCCESS!」と表示されたら購入完了です。

 チェーンリンクに限らず、仮想通貨の購入方法には、「指値」と「成行」の2つの注文方法があります。

それぞれの特徴を理解した上で、投資スタイルに合った購入方法を選択してください。

指値注文とは?

指値注文は、「〇円になったら購入する」というように、価格と数量を指定する注文方法です。指値以上の価格にならなければ、注文が成立しない点がメリットです。

しかし、指定した価格にならない場合には、いつでも購入できないデメリットがあります。

成行注文とは?

成行注文は、価格を指定せずに数量のみを指定して購入する方法です。すぐに購入できるメリットはあるものの、相場の値動きが激しいときには、割高になってしまうデメリットがあります。

仮想通貨チェーンリンク取引におすすめの取引所

2022年4月現在で、チェーンリンクを直接購入できる国内取引所はbitFlyerとbitbankのみです。それぞれの特徴を見ていきましょう。

bitFlyer(ビットフライヤー)

bitFlyer(ビットフライヤー)のおすすめポイント
  • チェーンリンクの売買手数料が無料※
  • 15種類の仮想通貨を1円から購入できる
  • 住信SBIネット銀行からなら入金手数料が無料※
  • Tポイントをビットコイン(BTC)と交換できる
  • スマホアプリのデザイン性が高く使いやすい

bitFlyer「手数料」(スプレッドの負担はあり)

bitFlyer(ビットフライヤー)は、チェーンリンクの売買手数料が無料であるため、コストを抑えて取引することが可能です。

 チェーンリンクを始めとする15種類の仮想通貨を1円から購入できるので、初心者でも気軽に利用できるでしょう。

スマホアプリのデザイン性が高く使いやすいので、直感的に操作することが可能です。外出先でも快適に取引を楽しめます。

住信SBIネット銀行からなら入金手数料が無料なので、住信SBIネット銀行の口座を登録することをおすすめします。

bitFlyer(ビットフライヤー)の基本情報

取引所名 bitFlyer
取り扱い銘柄数 15種類
取引手数料
  • 取引所:0.01 – 0.15%
  • 販売所:無料
最小注文数量 Lightning FX : 0.01 BTC(10,000円)
Lightning Futures:0.001 BTC(1,000円)

出典:bitFlyer(ビットフライヤー)

BitPoint(ビットポイント)

BitPoint(ビットポイント)のおすすめポイント
  • 出来高ランキング3つの暗号資産の部門でNo.1を獲得※(2020年実績)
  • 現物取引にかかる手数料が全て無料
  • 初心者でも使いやすいスマホアプリ
  • 珍しいアルトコインの取り扱いがある
  • 提携の銀行口座からなら無料で即時入金可能

出典:BitPoint(ビットポイント)

BitPoint(ビットポイント)は、出来高ランキング3つの暗号資産の部門でNo.1を獲得するなど、高い実績を誇っています。

 現物取引にかかる手数料が全て無料である上に、提携の銀行口座からなら無料で即時入金可能が可能です。

ビットコインなどのメジャーな通貨の取り扱いはもちろん、ジャスミー(JMY)やディープコイン(DEP)などの珍しいアルトコインも取り扱っています。

初心者でも使いやすいよう、直感的で見やすいスマホアプリが用意されているので、うまく活用してスムーズに取引を行いましょう。

BitPoint(ビットポイント)の基本情報

取引所名 BitPoint
取り扱い銘柄数 11種類
取引手数料
  • 取引所:無料
  • 販売所:無料
最小注文数量 0.00000001BTC(最小約500円)

出典:BitPoint(ビットポイント)

まとめ

今回は、チェーンリンクの基本情報や価格チャート、今後の将来性、おすすめ取引所などを詳しく解説しました。

一般的にブロックチェーンが抱えている問題を解決し、外部システムやブロックチェーンを繋ぐ重要な役割を果たす強みを持っています。

今後もさまざまなサービスで利用されることが期待できる、将来性のある仮想通貨と言えるでしょう。

仮想通貨取引を検討中の方は、ぜひチェーンリンクを検討してみてください。

仮想通貨に関する関連記事

 

 

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事