3大国際ブランドごとの特徴とおすすめクレジットカードを紹介

おすすめの国際ブランドとおすすめのカード、特徴を徹底解説!

監修者の紹介
増田さん

監修者増田 諒

2021年1月1日現在、全国に891世帯1,257名のクライアントを抱えるコンサルタントとして活動中。年間100件の個別相談のほか「マネー・ライフプランニング」「資産運用」「保険」「確定申告」「住宅ローン」「相続」等のテーマのセミナーで登壇。

MDRT入賞 7回 ・TLC(生命保険協会認定FP) ・CFP ・IFA(証券外務員1種)・ファイナンシャルプランニング技能士1級 ・宅地建物取引士 貸金業務取扱主任者

増田 諒Masuda Ryo

クレジットカードにはJCB・VISA・Mastercardなど様々な国際ブランドがあり、どれを選ぶべきか迷うこともあるでしょう。

おすすめのクレジットカードの中でも、ご自身のライフスタイルや要望に合った国際ブランドを選択できるとより豊かなカードライフが送れます。

そこで、この記事では3大ブランドそれぞれのメリットどんな人におすすめかブランドごとのおすすめクレジットカードについて解説しています。

国際ブランドやクレジットカード選びに悩む方にピッタリの内容です。ぜひ参考にしてください。

国内利用ならJCBでおすすめがこのカード!

JCBカードW

\JCBカードWカードがおすすめ/

ポイント1年会費永年無料

ポイント2いつでもどこでもポイント2倍還元

ポイント3パートナー店利用でポイント最大11倍

JCBカードWは、18歳から39歳が限定入会できる※1屈指の高還元率クレジットカード※2。家族カードやETCカードも無料で作成&年会費無料!
スターバックスやAmazon、セブン-イレブンをはじめとするパートナー店での利用でポイントが最大11倍還元されるなどコスパの良さで人気の1枚です。

出典:公式サイト

※1…40歳以降も年会費無料のまま利用可能


各国際ブランドごとの特徴やメリット

弊サイトが独自で開催したクレジットカードに関するアンケート調査結果によると、現在クレジットカードを活用している人がメインで利用しているカードの国際ブランドはVISAが半数を超え、次いでJCB、Mastercardという結果となりました。

メインで利用しているクレジットカードの国際ブランドは何ですか?

VISA、JCB、Mastercardはそれぞれにメリットや特徴があり、クレジットカードを持つ方の属性やライフスタイルによりおすすめできる国際ブランドは異なってきます。

こちらでは、各国際ブランドごとの特徴やメリットをそれぞれご紹介します。

VISAカードの特徴とメリット、おすすめのカード5選

各ブランドごとの特徴やメリット

VISAカード世界でのシェア率が約50%を誇る、シェア率が世界№1の国際ブランドになっています。

そのため、世界中どこに行っても利用できる確率が高く、海外に行く機会が多い場合にはぜひ持っておきたい国際ブランドであると言えます。

出典:公式サイト

クレジットカードの国際ブランドとは? - 三井住友カード公式サイト

VISAのクレカのメリット

VISAカードの最大のメリットは、やはり利用できる店舗があらゆる国際ブランドの中でも最も多いという点でしょう。

クレジットカードは利用できないと意味がありませんので、その点シェア率の高いVisaカードは安心感が大きいです。

 1位のVisaが50%であるのに対し、2位のマスターカードのシェア率は25%。これほどまでにVisaカードのシェア率は高いのです。

具体的にはVisaカードは全世界200以上※1の国や地域のVisaマークのあるお店で利用でき、世界の270万台※2のATMから現地通貨を引き出しできます。

こういった汎用性の高さが、Visaカードの大きなメリットです。

VISAカードはこんな人におすすめ

VISAカードはシェア率の高さが特徴なので、国内・海外の様々な場面で使えるカードが欲しい方におすすめできます。

 国際ブランド選びに迷った場合には、とりあえずVISAカードを選択しておけば、困る機会はほとんどないでしょう。

また、万が一紛失した際にも、Visaが公式に運営するコールセンターが、24時間日本語で紛失対応をしているためいつでも連絡でき安心です。

おすすめのVISAカード5選を徹底比較

三井住友カード(NL)

三井住友カード(NL)

三井住友カード(NL)の特徴
  • ナンバーレスで安心して利用できる
  • 年会費永久無料
  • 最短5分で発行可能

三井住友カード(NL)は、クレジットカード本体にカード番号の記載が無いクレジットカードです。ナンバーが無いため、カード本体の盗み見による不正利用のリスクを抑えて安全に利用できるメリットがあります。

 また、カード番号はスマホアプリで確認する形式なので、無事審査に通ればすぐにネットショッピングなどで利用できます。

さらに、ポイント還元率の高さにも特徴があり、基本的な還元率は0.5%。セブン-イレブン・ローソン・マクドナルドなどでの利用なら200円利用ごとに2.5%還元されます。

上記対象店舗でVisaのタッチ決済・Mastercard®コンタクトレスを利用すると、さらにポイント還元率がUPして最大5%になります。

※一部ポイント加算対象とならない店舗および指定のポイント還元にならない場合があります。ポイント還元率は利用金額に対する獲得ポイントを示したもので、ポイントの交換方法によっては、1ポイント1円相当にならない場合がございます。

※一部Visaのタッチ決済/Mastercard®コンタクトレスがご利用いただけない店舗がございます。また、一定金額(原則 税込1万円)を超えるとタッチ決済でなく、決済端末にカードを挿してお支払いいただく場合がございます。その場合のお支払い分は、+2.5%還元の対象となりませんのでご了承ください。 上記、タッチ決済とならない金額の上限は、ご利用される店舗によって異なる場合がございます。

※最短5分発行受付時間:9:00~19:30。ご入会には、ご連絡が可能な電話番号をご用意ください。

ライフカード

ライフカード-VISA青

ライフカードの特徴
  • 年会費無料
  • 発行+利用で最大10,000円相当のポイントがもらえる
  • ETCカード無料

ライフカードは年会費無料で所持でき、初年度はポイントが1.5倍になるクレジットカードです。ポイント還元率は年間利用金額によって毎年上がる仕組みで、年間利用金額200万円以上なら2倍になります。

 また、誕生月はもれなくポイントが3倍になるため、さらにオトクにカードを利用可能です。

さらに、ポイントの有効期限が5年と長いのもライフカードの特徴です。そのため、貯めたポイントがいつの間にか失効してしまい、無駄になる心配がほとんどありません。

エポスカード

エポスカードの特徴
  • 入会金・年会費永久無料
  • ポイントで2~30倍が貯まる
  • タッチ決済で迅速に取扱い

エポスカードは入会金・年会費永久無料のクレジットカード。タッチ決済が搭載されているので、カードをかざすだけで簡単に支払いができます。

 WEBからの新規入会の場合、2,000円相当のプレゼントされます。

また、エポスカードは最短当日に発行できる点も特徴です。ネットで申し込み後に、マルイ店頭で最短当日に受け取り可能です。

優待サイトの「エポトクプラザ」では、10,000店舗で優待サービスを受けられます。

セブンカード・プラス

セブンカード・プラス

セブンカード・プラスの特徴
  • 年会費永久無料
  • 最大3,400ポイントプレゼント
  • 7&iグループでポイントがもらえる

セブンカード・プラスは年会費永久無料で、nanacoポイントがたまるクレジットカードです。セブン-イレブンやイトーヨーカドーなどの7&iグループでは、200円(税込)ごとに2nanacoポイントが貯まります。

 貯まるポイントはnanacoポイントなので、nanacoにチャージできすぐに利用でき使い勝手がいいです。

イオンカードセレクト

イオンカードセレクト

イオンカードの特徴
  • 全国55,000台のATMで入出金手数料無料
  • 他銀行あての振込手数料が月5回0円
  • 「お客様感謝デー」は買い物金額が5%OFF

イオンカードセレクトは、入会金・年会費無料のクレジットカードです。

イオングループの対象店舗での利用時にポイントが増えるなどのメリットがあり、さらに毎月10日にはワオンポイントが5倍に上がります。

 イオンシネマでの映画鑑賞も、イオンカード所持者は割引価格で鑑賞可能です。

また、利用実績に応じてゴールドカードが無料発行されるため、年会費無料でゴールドカードを所持できます。

年会費無料ですが、ゴールドカードなので、空港のラウンジなども利用できます。

JCBカードの特徴とメリット、おすすめのカード5選

各ブランドごとの特徴やメリット

JCBは日本産の国際カードブランドです。加盟店数は国内外合わせると約3,700万店※1に上り、日本国内で高いシェア率を誇っています。

JCBのクレカのメリット

JCBカードを利用すると、独自ポイントであるOki Dokiポイントが貯まります。通常は、1,000円ごとに1ポイントが貯まり、還元率は0.1%です。

通常利用ではそれほど高還元とは言えませんが、提携店舗を利用することで、ポイント還元率を大幅に高めることが可能になります。

Okidokiランド
  • JCBが運営するポイント優待サイト
  • ネットショッピングでOki Dokiポイントが最大20倍貯まる
  • Amazon、楽天といった大手ショッピングサイトも加入
JCB ORIGINAL PARTNERS(JCBオリジナルパートナーズ)
  • パートナーに加盟している店舗でJCBカードを利用すると、ポイントの優遇を受けられる
  • Oki Dokiポイントが最大30倍貯まる
  • スターバックス・モスバーガー・マクドナルドなども加入している

このように提携店舗を利用することで、オンライン・オフライン共に、ポイント面での優遇を受けられる機会が多いのがJCBカードです。

OkiDokiランド, JCB ORIGINAL PARTNERS

※1 2021年9月末現在

JCBカードはこんな人におすすめ

国内でショッピングする機会が多い方におすすめできます。海外でのシェア率はVisaやMasterに比べ低いものの、日本国内ではほとんどの店舗で利用できるからです。

チェーン店を始め、様々な店舗と提携しているため、JCBを使うことでお得にポイントを貯められる機会も多いでしょう。

おすすめのJCBカード5選徹底比較

JCBカードW

JCBカードW

JCBカードWの特徴
  • 年会費永久無料
  • 18歳~39歳入会限定
  • いつでもポイント2倍

JCB カード Wは、18歳~39歳という年齢制限が付いたカードです。そのため、若年層向けのカードであると言えます。

また、ポイント還元率が高く、特定のパートナー店舗での利用の際には、ポイント還元率が大幅にアップするメリットがあります。

 最大でポイント還元が11倍にアップします。スターバックスやセブン-イレブン、Amazonなどでポイントアップします。

JCBカード W plus L

JCBカード W plus L

JCBカード W plus Lの特徴
  • 年会費永久無料
  • 18歳~39歳入会限定
  • 女性向けの保険に入れる

JCBカード W plus Lは、年会費無料で所持でき、18歳~39歳のみ限定で入会できるクレジットカードです。

JCBカードW同様、ポイント還元率の高さに特徴がありますが、女性のための保険にも加入できる点がJCBカードWとは異なっています。

ほかにもコスメやネイルの割引といった、女性のためのお得なサービスが充実しています

イオンカード

2枚目におすすめ!最強候補サブカード3選

イオンカードの特徴
  • 申し込み後最短5分でカード発行可能
  • 200円買い物ごとに1WAONポイントがたまる
  • イオングループでの利用でいつでもポイント2倍

イオンカードは年会費が完全無料のクレジットカード。WAON一体型なので、WAONポイントをチャージし、決済に利用することも可能です。

 クレカ決済で貯まるのはWAONポイント。電子マネーWAONに交換することで、買い物にも利用できます。

また、毎月20日・30日の「お客様感謝デー」は、カード決済をすると買い物代金が5%OFFになります。

さらに55歳以上だと、毎月15日の「G.G感謝デー」には買い物金額が 5%OFFになる特典もあります。

楽天カード

楽天カード

楽天カードの特徴
  • 年会費永久無料
  • 新規入会&利用で5,000ポイント
  • お買い物マラソン中の利用でポイント最大44倍

楽天カード楽天グループが発行するクレジットカード。年会費は永久無料で、入会+利用で合計5,000ポイントがもらえます。

 入会するだけで2,000ポイント、さらに利用すると3,000ポイント追加で付与されます。

楽天グループ以外での利用でもポイント還元率が1%なので、ザクザクとポイントが貯まります。さらに楽天アプリで楽天カード決済をすると、還元率が3.5倍になります。

楽天の買物マラソンに参加するとポイントが最大44倍になるので、楽天市場で買い物が多い方にもおすすめできます。
*SPU(スーパーポイントアップ)…対象サービスの条件達成で楽天市場でのショッピングで得られるポイントがアップするプログラム

リクルートカード

リクルートカード

リクルートカードの特徴
  • 年会費永久無料
  • ポイント還元率が1.2%
  • 対象サービス利用時はさらにポイントアップ

リクルートカードは、ポイント還元率の高さが魅力のクレジットカード。常時1.2%のポイントが付くため、普段の買物などの利用ごとにポイントが貯まります。

また、ポンパレモールじゃらんといった提携サービスを利用すると、ポイント還元率がさらに高まります。

ポンパレモール利用時は4.2%、じゃらん利用時は3.2%のポイントが常時つきます。

Mastercardの特徴とメリット、おすすめのカード5選

各ブランドごとの特徴やメリット

MastercardはVisaカードと共に、世界中で高いシェア率を持つ国際ブランドです。国内はもちろん、海外でも利用できる店舗が非常に多く、決済手段として重宝する場面が多くなっています。

Mastercardのクレカのメリット

Mastercardは世界で第2位のシェア率を持っており、世界中の様々な店舗で決済に利用できます。

特ヨーロッパ圏でのシェア率が高く、旅行などでヨーロッパに行く機会の多い人は、ぜひMastercardを持っておきたいところです。

 また、独自グローバルATMシステムの「Cirrus(シーラス)」マークのあるATMでは、Mastercardでキャッシングができます。

さらに、Mastercardには「プライスレス・シティ」という特典プログラムが用意されている、という特徴もあります。プライスレス・シティでは、特別なイベントへの参加や優待サービスを受けることができます。

Mastercardはこんな人におすすめ

海外に行く機会の多い人にMastercardはおすすめできます。特にヨーロッパに行く機会の多い方は、Mastercardを持っておくと多くの店舗で利用でき便利でしょう。

 また、ATMでのキャッシング機能を使えば、急にお金が必要になったときにも対応しやすいです。

プライスレス・シティプログラムでは、宿泊や旅行での無料・割引チケットなどの優待サービスがあります。日本国内でサービスを受けられることもあるので、こういったサービスが必要な方にもMastercardはおすすめできます。

Mastercardは日本のコストコで利用できる唯一のブランドでもあります。コストコを利用する方にもおすすめです。

おすすめのMastercard5選を徹底比較

三菱UFJカード VIASOカード

三菱UFJカード VIASOカード

三菱UFJカード VIASOカードの特徴
  • 年会費はずっと無料
  • 新規入会で最大10,000円キャッシュバック
  • 貯まったポイントは自動還元!

三菱UFJカード VIASOカードは、ポイントが自動還元されるのが特徴的なクレジットカードです。そのため、ポイント還元手続きが不要で、いつの間にかポイントが失効してしまうことを防げます。

 ショッピングご利用代金1,000円で5ポイントたまり、携帯電話・インターネット、ETC利用時にはポイント2倍になります。

au PAYカード

au PAYカード

au PAYカードの特徴
  • 入会&利用特典でポンタポイントプレゼント
  • auユーザー以外も年会費無料
  • PONTAポイント貯まる

au PAYカードな年会費無料のカードです。新規入会と利用特典で、合計最大10,000PONTAポイントがもらえます。au PAYは還元率1%という高還元で、利用方法によっては還元率がさらに1.5%になります。

 au PAY残高へのチャージし、au PAY(コード支払い)利用だと、還元率1.5%になります。

さらにau PAYマーケットでの買い物なら、最大16%ポイントを還元されます。

ACマスターカード

ACマスターカード

ACマスターカードの特徴
  • 年会費完全無料
  • 最短即日発行
  • バーチャルカードの発行もできる

ACマスターカードは年会費完全無料です。一部の自動契約機では、その場で即日カードを発行できるため、すぐにクレジットカードが手に入る可能性があります。

 また、ACマスターカードでは、毎月の利用料金から0.25%自動でキャッシュバックされます。

また、クレジットカードは利用限度額が300万円なので、資金が必要なタイミングですぐに用意できる可能性があります。

ACマスターカードはリボ払いで支払いが基本ですが、一括で支払うことで手数料を抑えることも可能です。

セゾンカードインターナショナル

セゾンカードインターナショナル

セゾンカードインターナショナルの特徴
  • 年会費永久無料
  • デジタル発行なら最短5分で発行可能
  • ポイントが永久不滅

セゾンカードインターナショナルは年会費が無料で、番号の記載ありのカードと、無印字のカードを選択可能です。WEB申し込みが、最短即日でセゾンカウンターで受け取り可能です。

 審査が即日完了すれば、使いたいタイミングですぐにクレジットカードが手に入ります。

また、スマホアプリでカード番号・セキュリティコードを確認でき、カードレスで利用することもできます。

TRUST CLUBプラチナ マスターカード

TRUST CLUBプラチナ マスターカード

プラチナ マスターカードの特徴
  • 還元率が2%の高還元
  • 海外・国内旅行保険が最高3,000万円まで
  • 空港ラウンジが利用無料

TRUST CLUBプラチナ マスターカードは、年会費が3,300円(税込)のクレジットカードです。年会費有料ではありますが、ポイント還元率が2%と高いので、利用金額が多ければ十分に元を取れる可能性があります。

リボルビング払いなら、さらにポイント還元率が3%にアップします。

また、空港ラウンジが無料利用でき、最高3,000万円までの国内・海外の旅行損害保険が付帯しています。

3大国際ブランドに関するよくある質問

JCBの特徴・メリットは?
日本国産の国際ブランドで、OkiDokiポイントが貯まりやすいメリットがあります。
VISAの特徴・メリットは?
シェア率世界№1の国際ブランドです。そのため、世界の様々な店舗で利用できる可能性が高いです。
出典: クレジットカードの国際ブランドとは? 三井住友カード
Mastercardの特徴・メリットは?
VISAに次いでシェア率が高く、特にヨーロッパ圏では利用可能店舗が多いと言われています。
VISAでおすすめクレジットカードは?
三井住友カード(NL)、ライフカード、エポスカード、セブンカード・プラス、オンカードセレクトがおすすめです。
Mastercardのおすすめクレジットカード
三菱UFJカード VIASOカード、au PAYカード、ACマスターカード、セゾンカードインターナショナルなどがおすすめです。
JCBでおすすめクレジットカードは?
JCBカードW、JCBカード W plus L、リクルートカード、イオンカード、楽天カードがおすすめです。
クレジットカードはどのように選べばいいですか?
年会費・ポイント還元率・優待サービスを比較し、最適なものを選択するようにしましょう。

まとめ

この記事では、3大ブランドそれぞれのメリット、どんな人におすすめか、おすすめカードについて紹介しました。

JCB、VISA、Mastercardにはそれぞれの特徴があるため、それらを抑えた上で最適な一枚を選択すれば、ぴったりの一枚が見つかることでしょう。

国内での利用が多い方はJCBブランドがおすすめ!中でも対象コンビニやスタバでポイント付与がUPする年会費無料の「JCBカードW」が汎用性もあり持っておきたい一枚です。

他にも国際ブランド別でクレジットカードを何枚か紹介しましたので、最後まで読んで国際ブランドの検討がついた方は再度チェックしてみましょう!

クレジットカード関連記事

 

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事