クレジットカードは何枚持ちがベスト?使い分けるメリットも紹介

クレジットカードは何枚持ちがベスト?使い分けるメリットも紹介

監修者の紹介
増田さん

監修者増田 諒

2021年1月1日現在、全国に891世帯1,257名のクライアントを抱えるコンサルタントとして活動中。年間100件の個別相談のほか「マネー・ライフプランニング」「資産運用」「保険」「確定申告」「住宅ローン」「相続」等のテーマのセミナーで登壇。

MDRT入賞 7回 ・TLC(生命保険協会認定FP) ・CFP ・IFA(証券外務員1種)・ファイナンシャルプランニング技能士1級 ・宅地建物取引士 貸金業務取扱主任者

増田 諒Masuda Ryo

ポイントがたまったり、特典やサービスが利用できることで便利なクレジットカード。「用途によって使い分けたい」と考えている方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、複数枚のクレジットカードの使い分けについて徹底解説。また、カードを使い分けるメリットや「みんなは何枚持ってる?」「クレジットカードは何枚まで持てる?」というよくある疑問についても説明しています。

※記事内で紹介しておりますクレジットカードにつきましては、キャンペーン等によっては本記事の記載よりも高い還元率でポイントが付与される場合がございます。

他にも、使い分けにベストな枚数やその理由、使い分けにおすすめのクレジットカードも厳選し紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

クレジットカードは3枚持ちがベスト!

クレジットカードは3枚持ちがベスト

クレジットカードはメインカード1枚とサブカード2枚の、合計3枚持ちがおすすめです。

普段使いの1枚と、特定の状況で便利に使える2枚を使い分けることで、管理する枚数も多くなりすぎず、お得に使えます。

複数枚のカードを使い分ける主な理由は、それぞれのカードの特徴を活かしお得に利用できることにあります。

そのため、各カードの使用目的を自分の中で明確にする必要があるのです。次の表は、メインカードとサブカードを使用目的と得られるメリットをまとめた、使い分け方の一例です。

使用目的 得られるメリット
メインカード 日常の買い物
  • 高いポイント還元率
  • 加盟店の多さ
サブカード① 旅行時
  • 旅行傷害保険
  • マイル
サブカード② 特定の店舗での買い物
  • 優待店でのみ高くなるポイント還元率
  • サービス料金の割引特典

メインカード

メインのクレジットカードは、利用頻度が高く利用金額が大きくなるので、高還元率のカードや多くの場所で利用できるカードがおすすめです。

 日常的に利用するので、自分の目的に合ったものを1枚選ぶことが大切です。なぜクレジットカードを持つのかを用途に合わせて考えるのもいいでしょう。

例えば、ステータス性を求めているのか、近くのスーパーなどでお得に買い物がしたいのか、特典でホテルに泊まりたいのかなど、明確な目的を決めておくとメインカードは決まりやすくなります。

自分のライフスタイルに合わせて適切なメインカードを選びましょう。

サブカード①

2枚目にはメインカードにないサービス・特典を重視するのがいいでしょう。また、使用頻度がメインほど高くないことから年会費のかからないカードをおすすめいたします。

 メインカードにポイントは集中させ、旅行傷害保険やマイルなど、補助的な役割のものをサブカードとして、メインカードにない部分を補うことができます。

旅行へのサービスが手厚いものは旅行用にするなど、用途を明確に分けて支出の把握をすっきりさせるのもいいでしょう。

また、クレジットカードに付帯している旅行保険は、カードごとに金額を合算することができるので、旅行用のものを一枚持っておくとわかりやすいでしょう。

メインカードとの相性を考えつつサブカードを選びましょう。

サブカード②

3枚目には、利用頻度はあまり頻繁ではない自分のお気に入りの店舗でポイントが高還元になるカードやサービス料金の割引特典があるカードを選ぶのもいいでしょう。

 また、利用頻度が低いのを考慮してこちらも年会費無料のものが負担にならずにすむのでおすすめです。

このように、3枚のカードを使い分けることで、様々なサービスをそれに特化したクレジットカードで利用できるようになります。

現在、1枚しかクレジットカードを持っていない方は、自分が普段使っているサービスがお得に使えるカードから探してみるといいでしょう。

ぜひ、2、3枚のクレジットカードを使いこなして、1枚では得られないメリットを享受してください。

使い分けにおすすめクレジットカード人気比較

使い分け2枚目におすすめのクレジットカード2選!

JCB カード W

JCB W 券面画像

JCB カード Wのココがおすすめ
  • 1.0%の還元率でポイントがたまりやすい
  • Amazonの利用でポイント30倍
  • Oki Dokiランドで還元率最大20倍

JCB カード Wはサブカードとしてだけでなく、メインカードとしても使い勝手の良い一枚。

JCBが独自に発行している「プロパーカード」と呼ばれるもので、信頼性が高くステータスを重視している人にもおすすめです。

年会費が無料な上、還元率が常に1.0%と比較的高い点が魅力です。

すでに1枚を持っている方だけでなく、最初の1枚としてもおすすめできる1枚でしょう。
年会費 永年無料
国際ブランド JCB
ポイント Oki Dokiポイント
ポイント還元率 1.0%~
※1,000円(税込)につき2ポイント付与、『JCBプレモカード Oki Doki チャージ』では1ポイント=5円分のチャージができるため、1ポイント=5円相当として何円分のポイントが還元されるかを基にポイント還元率を算出しております。
追加カード
  • 家族カード
  • ETCカード
付帯保険
  • 海外旅行傷害保険
  • ショッピング保険
申込条件
  • 18歳以上39歳以下で、本人または配偶者に安定継続収入のある方
  • または高校生を除く18歳以上39歳以下の学生

出典:公式サイト

エポスカード

エポスカード

エポスカードのココがおすすめ
  • 最大500万円の海外旅行傷害保険が自動付帯
  • 『たまるマーケット』経由のショッピングでポイント最大30倍
  • 各種電子マネーへのチャージに対応

エポスカードの魅力は、年会費が無料でありながら、海外旅行傷害保険が自動付帯しているところです。最大500万円まで補償してくれるため、不安要素の多い海外旅行時にも役立ちます。

また、ポイントアップサイト『たまるマーケット』を経由して買い物をすると、ポイント還元率が最大で30倍になります。提携店にはApple公式サイトや楽天市場など、人気ショップも勢揃いです。

さらに、一部の電子マネーへのチャージにも対応。ポイントもたまるため、チャージ専用サブカードにもおすすめです。
年会費 永年無料
国際ブランド VISA
ポイント エポスポイント
ポイント還元率 0.5%~
※200円(税込)につき1ポイント付与
追加カード
  • ETCカード
付帯保険
  • 海外旅行傷害保険
申込条件

18歳以上の方(高校生を除く)

出典:公式サイト

使い分け3枚目におすすめのクレジットカード2選!

イオンカードセレクト

イオンカードセレクト

イオンカードセレクトのココがおすすめ
  • 電子マネーWAONに交換できる『WAONポイント』がたまる
  • 「キャッシュ」「クレジット」「電子マネー」が一体化
  • 『イオンカードポイントモール』の利用で還元率最大10%

イオン銀行を利用する方なら、「キャッシング機能」と「クレジットカード機能」「電子マネー」を一枚にまとめられる便利なカードです。

また、毎月20日・30日の「お客さま感謝デー」には、5.0%割引で買い物できます。

イオングループのサービスを利用している方にとってメリットの多い一枚です。
年会費 永年無料
国際ブランド VISA・Mastercard・JCB
ポイント還元率 0.5%~
※200円(税込)につき1ポイント付与
追加カード
  • 家族カード
  • ETCカード
付帯保険
  • カード盗難補償
  • ショッピング保険
電子マネー
  • WAON
  • イオンiD
申込条件 18歳以上で安定した収入のある方orその家族

出典:公式サイト

セブンカード・プラス

セブンカードプラス

セブンカード・プラスのココがおすすめ
  • セブン&アイグループ利用ならポイントが2倍
  • 最大3,400nanacoポイントがもらえるキャンペーン実施中
  • 毎月8のつく日はイトーヨーカドーでほぼ全品5.0%割引

セブン・アイグループでのお店で使うと、2倍のポイントが付与されるのが特徴です。普段系列店を利用する方とっては、お得に使えるカードといえるでしょう。

さらにnanacoカードの機能もついているので、nanacoポイントを集めている方やnanacoにチャージして利用する方にもおすすめです。

年会費 永年無料
国際ブランド VISA・JCB
ポイント還元率 0.5%~
※200円(税込)につき1ポイント付与
追加カード
  • 家族カード
  • ETCカード
付帯保険
  • 海外旅行傷害保険
  • ショッピング保険(海外のみ)
電子マネー nanaco
申込条件
  • 原則として18歳以上で、本人または配偶者に継続して安定収入のある方
  • 18歳以上で学生の方(高校生を除く)

※未成年・学生の申し込みには『親権者同意書』が必要

出典:公式サイト

※2021年12月1日〜2022年1月16日

クレジットカードは何枚まで持てる?

クレジットカード 何枚

結論からいえば、クレジットカードに枚数の所持条件はありません

審査に通りクレジットカードを発行できさえすれば、何枚持っても大丈夫です。

クレジットカードの平均所持枚数は2.7枚

2020年に一般社団法人日本クレジット協会が調査したところ、クレジットカードを発行をした枚数は「2億9,296万枚※1でした。
※1出典:https://www.stat.go.jp/data/jinsui/pdf/202103.pdf

この数から1人あたりの平均所持枚数を計算すると「2.7枚※2」という結果になります。
※2 2021年3月1日時点の20歳以上の総人口1億491万人(総務省統計局「人口推計」)

多くの人が2~3枚のカードを所持していることが分かりますね。

クレジットカードは、複数枚持って状況に応じて適宜使い分けるのが賢い使い方です。そして、調査結果からは、このような使い方は決して珍しくないことも見てとれます。

クレジットカードを何枚も使い分けるメリットと注意点

複数枚のクレジットカードを使い分けることによって、様々なメリットがあります。ただし、闇雲に使途を決めずに新しいカードに申し込むのは賢明ではありません。

メリットを正しく知っておくことで、自分にあった一枚を見つけられます。それでは1つずつ詳しく見ていきましょう。

メリット①カード独自の強みを最大化できる

クレジットカードの使い分けるコツ

クレジットカードは、それぞれで特典やポイント還元率、キャンペーンなど、異なる強みや特徴を持っています。

 複数枚のカードを使い分けることで、それぞれのカードの強みや特徴が、最大限活かせる使い方を選ぶことに繋げられるのです。

例えば、「日常的なシーンで利用するカード」や「特典や優遇サービスが活用できるシーンで使うカード」などといった、使い分けが出来るようになります。

また、付帯保険に関しては、各社で補償金額が大きく異なります。そのため、中には「旅行傷害保険」のみを目当てに、新規でカード発行をする方もいるくらいです。

このように、それぞれのカードの恩恵を最大化させられるのは、複数枚のカードを使い分けるメリットとなるでしょう。

メリット②支出を管理しやすくなり使い過ぎを防止できる

クレジットカードの使い分けるコツ

複数枚のカードを使い分けている場合、支出の管理がしやすくなり、カードの使いすぎを防止することができます。

仮に、すべての支出を同じカードで決済した場合、何にどれくらい使ったのか確認しづらく、「何を節約すべきなのか」把握しづらいでしょう。

一方で、複数枚のカードを使用目的ごとに使い分けることで、この悩みは解決します。

一見、持つカードが増えれば管理が面倒になると考えがちです。しかし、一枚一枚のカードの明細を確認できることで、使いすぎた時に一目で分かるようになります。

例えば「今月は外食が多かった」「娯楽やレジャー費用に多く使っている」といったように、カードごとで内訳が確認できるのです。

Webサイトやスマホのアプリから利用明細をチェックできるものも多いです。日常的な家計管理に役立てましょう。

メリット③保険を掛け合わせて利用できる場合もある

クレジットカードの使い分けるコツ

クレジットカードによっては、付帯保険を他社のカードの付帯保険と掛け合わせて利用できるケースもあります。先ほど軽く説明した「旅行傷害保険」を例に挙げてみます。

例えば、傷害・病気治療での補償金が最高で300万円のAカードと、最高100万円までのBカードを合算し、合計400万円まで補償されるといったものです。

 ただし、このような保険の掛け合わせは、それぞれのカード会社・商品によって、その条件が異なります。

利用を考えるときは、事前にカード会社の公式サイトで確認しておくようにしましょう。

クレジットカードを何枚も使い分ける際の注意点

何かとメリットの多い、クレジットカードに使い分け。一方で、何枚も持っているからこそ気をつけるべきポイントも存在します。

今後、2枚目以降のカードの新規発行を検討している方は、参考にしてみてください。

何枚持っているか分からなくなる

クレジットカードを何枚も持つ際の注意点

クレジットカードは、ネットや郵送、窓口など様々な方法で申し込みできます。中には、入会時に適用される割引などのキャンペーン目当てでカードを申し込んだことがある方も多いでしょう。

キャンペーン以外の目的無くカードを発行した場合、使わない内に存在を忘れてしまうこともありますよね。

もし、キャンペーン目的で発行したカードが、年会費が必要なものであった場合、使わないのに年会費だけを支払わなければならない状況になってしまいます。

これでは、キャンペーンで得するつもりでも、かえって損をしてしまう結果になりかねません。こういった状況を避けるためにも、長期的に気持ちよく使っていけるカードを発行するようにしましょう。

 もし、把握していないものが何枚あるか分からない場合には「個人信用情報機関」で情報の開示請求を行うと、自分の状況を知ることができます。

開示費用として1,000円程度かかりますが、お金に関するあらゆる情報が確認できるので、有効な方法の1つでしょう。

逆に使いすぎてしまう

クレジットカードを何枚も持つ際の注意点

先ほど、カード複数枚の使い分けは、使用目的ごとに支出管理がしやすくなることがメリットだと説明しました。

しかし、カード1枚1枚の利用金額が高額にならないが故に、逆に使いすぎてしまうケースも考えられます。

支出は把握できても、合算すると高額になってしまったケースですね。

こういった状況を避けるためには、それぞれのカードでの利用金額の上限を自分の中で決めて、こまめに明細をチェックすることが重要です。

同じカード会社の商品であれば、一度に複数のクレジットカードの利用履歴などが閲覧できるところもあります。

年会費でコストがかかる

クレジットカードを何枚も持つ際の注意点

クレジットカードの中には、いわゆるカードに維持費となる「年会費」が必要になるカードも存在します。当然ながら、カードを複数枚持っていると、その分年会費を支払い続ける必要があるのです。

考えられる悪いケースは、「初年度年会費無料」や「年間〇回以上の利用で年会費無料」などの謳い文句に釣られ、キャンペーン目的で気軽にカード発行してしまった場合です。

条件を満たせない場合、年会費を支払うことは避けられません。
カードの特典やポイント還元率などに惹かれて新規発行する時は、長期的に見て「年会費を回収しつつお得に利用できるのか」あらかじめ把握しておきましょう。

盗難・紛失のリスクが高まる

クレジットカードを何枚も持つ際の注意点

持っているカードが増えると、その分「紛失」や「盗難」などのリスクが高まることに繋がります。

普段使っているカードの場所はよく覚えていても、サブカードの場合は忘れてしまうということも珍しくありません。

サブカードは保管しておく場所を固定したり、貴重品や通帳などと一緒に保管するといった工夫も良いでしょう。

サブカードの使い分けのコツと選び方

メインカードと並行して使うことで、メリットの多いサブカード。その選び方について気になる方も多いでしょう。

ここからは、賢く使い分けるために、参考にしたいポイントを挙げ、深掘りして解説します。

使い分けのコツ

クレジットカード審査使い分けのコツ

クレジットカードにはそれぞれ特徴があり、特定の分野でメリットのあるカードでも別の分野では使い勝手が悪くなることもあります。

 クレジットカードを2枚以上持つ場合、それぞれの弱点を補うことのできる組み合わせがいいでしょう。

闇雲にクレジットカードを増やすのではなく、自分の生活圏やカードを利用する状況を考慮し、まずは自分の環境を把握して選択することが大切です。

クレジットカードは、ただの決済手段として終わらせてしまうにはもったいないほどの特典がついています。それらをしっかり考慮して、最大限活用できるように選びましょう。

以下に、サブカードの選び方を詳しく説明しますので、ぜひ参考にしてください。

メインカードにないサービス・特典で選ぶ

使い分け用サブカードの選び方

サブカードには、メインカードにないサービスや特典があるものを選ぶと、お得に利用できるためおすすめです。

サブカードに求めるサービス・特典の一例
  • 特定のECサイトでの利用でお得にポイントが付与される
  • 旅行保険の内容が充実している
  • 空港ラウンジが無料で利用できる
  • コンシェルジュサービスが豊富 etc…

例えば、海外旅行などによく行く人であれば、旅行関係のサービスや特典が充実したカードを選ぶのも一つの手です。

自分が利用したいサービスと相性が良いものを選びましょう。

違う国際ブランドを選ぶ

使い分け用サブカードの選び方

各国際ブランドには加盟店の数や対応地域に違いがあります。場合によっては、カードで決済したいのに対応していないケースもあるでしょう。

そこで、違う国際ブランドのカードのを持っておくことで、メインカードが利用できない事態にも対応できるのです。

 国内で普段使うことを想定するならVISAやMastercard、JCBのいずれかを持っておくと、利用できなくて困ることは少ないでしょう。

ポイント還元率・付与条件で選ぶ

メインカードのポイント還元率・付与条件に満足いかない方は、サブカードでカバーするのも手です。実際、各カードでポイントが付与される店舗や還元率に違いがあるため、サブカードが活躍する場面も多いでしょう。

ポイント面を軸にサブカードを選ぶ場合も、先ほど説明したサービスや特典と同様に、自分が使いたいお店やサービスとの相性の良さも考えておくことをおすすめします。

それ以外にも、付与される際の条件も詳しく確認しておきましょう。

ポイントが付与される条件の一例
  • 最低○○円の利用で付与
  • 「税込」か「税別」のどちらでポイントが算出されるか
  • 利用するたびに付与 or 月の利用金額に対し付与

    もし、「100円利用するたびにポイント付与」の場合、98円の買い物をした際には1ポイントも付与されません。一方で、月の利用金額で算出される場合は、漏れなくポイントがためられます

     付与される最低金額はできるだけ低く、月単位、かつ税込で加算されるものを選ぶと効率よくためられます。

    同じ還元率でも、ポイント付与される最低金額が異なると、結果的な獲得ポイントにも差が生まれます。

    よくある質問

    サブカードにおすすめのクレジットカードは?
    “JCB カード W”や『イオンカードセレクト』などがおすすめです。サブカードは、メインカードの欠点をカバーできるものが理想的です。選ぶ基準に関しては、記事内で詳しく解説していますので、ぜひ読んでみてください。
    クレジットカードは何枚まで持てる?
    原則として枚数に制限はありません。カードの所持に必要な審査をクリアできれば、何枚でも持ってもOKです。
    クレジットカードは何枚持つのが理想的?
    もちろん人によって様々ですが、まずはメインカードとサブカードの2枚持ちがおすすめです。普段使いのメインカード、そして特典やサービス目的よってサブカードといった具合に使い分けるのが効果的です。
    使い分け用のサブカードを選ぶ基準は?
    まずは、メインカードでは利用できないサービスや特典で選ぶのがいいでしょう。例えば、旅行傷害保険は各社で補償金額に大きな差があります。他にも、優待店の多さや種類などもサブカードを選ぶ際の基準になるでしょう。
    クレジットカードを複数枚持つメリットは?
    各クレジットカードでそれぞれ明細を分けて管理できるため、支出の管理をしやすくなることがメリットの1つです。他にも、各カードの付帯保険を掛け合わせして利用できるといったメリットもあります。
    クレジットカードを複数枚持つ時の注意点は?
    それぞれのカードの管理うまくいかず使いすぎてしまうおそれがある点がデメリットです。また、年会費がかかるカードであれば、年会費がかさんでしまうというデメリットも挙げられるでしょう。
    サブカードを持つのは一般的?皆は何枚カードを持ってる?
    一般社団法人日本クレジット協会の調査によると、2020年時点で平均2.7枚所持していることが分かります。したがって、2枚~3枚程度持っている人が多いと言えるでしょう。

    まとめ

    この記事では、複数のクレジットカードの使い分けについて、メリットや注意点、サブカードにおすすめのカードなどを紹介しました。

    サブカードには、メインカードにない機能や特典、サービスが利用できるものを選ぶのがおすすめです。

    普段使いのメインカードと、補助的なサブカードを持つことで、より賢くクレジットカードを利用できるでしょう。

    クレジットカード関連記事

     

    ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
    ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
    ・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
    ・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
    ・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
    おすすめの記事