クレジットカード最強の2枚の組み合わせは?最強候補の2枚の活用術も紹介!

クレジットカード最強の2枚の組み合わせは?最強候補の2枚の活用術も紹介!

監修者の紹介
増田さん

監修者増田 諒

2021年1月1日現在、全国に891世帯1,257名のクライアントを抱えるコンサルタントとして活動中。年間100件の個別相談のほか「マネー・ライフプランニング」「資産運用」「保険」「確定申告」「住宅ローン」「相続」等のテーマのセミナーで登壇。

MDRT入賞 7回 ・TLC(生命保険協会認定FP) ・CFP ・IFA(証券外務員1種)・ファイナンシャルプランニング技能士1級 ・宅地建物取引士 貸金業務取扱主任者

増田 諒Masuda Ryo

近年キャッシュレス決済が進み、クレジットカードを複数枚持ち歩く人も多くなってきました。付帯サービス・保険が充実しているカードも増え、2枚以上持つメリットも多いです。

しかし中には「クレジットカードを2枚以上持つ必要はあるの?」「2枚以上持つならどの組み合わせが良い?」というような疑問を持っている方も多いでしょう。

そこで今回はクレジットカード最強の2枚の組み合わせをご紹介していきます。クレジットカードを2枚以上持つメリット・デメリット、効率的な活用術なども解説していきますので、ぜひ最後までご覧ください。

メイン・サブカードと自分に合ったカードを選びましょう。

クレジットカード最強の2枚の組み合わせ

JCBカードW×ライフカード

とにかくクレジットカードを利用してポイントを貯めたいという方には、JCBカードW×ライフカードの組み合わせがおすすめです。

それぞれ年会費が無料なのにもかかわらず、ポイント還元率が非常に高いクレジットカードとなっています。

 JCBカードWは最大5.5%、ライフカードは12.5%までポイント還元率がアップします。

またJCBカードWとライフカードには海外・国内旅行補償が付帯されていますので、旅先でトラブルがあっても安心です。

年会費はどちらも無料なので、持っておいて損はないでしょう。

JCBカード・ライフカードの基本情報

JCBカードW ライフカード-Master青
年会費 無料 無料
貯まるポイント Oki Dokiポイント LIFEサンクスポイント
ポイント還元率 1.0〜5.5% 0.5%
ブランド
付帯保険
  • 海外:最高2000万円
  • 国内:なし
  • 海外旅行傷害保険
  • 国内旅行傷害保険
  • 海外アシスタントサービス
電子マネー QUICPay
  • Apple Pay
  • Google Pay
  • 楽天Pay
詳細

ライフカードの期間限定!
お得なキャンペーン情報

  • 新規入会プログラム!カード発行と利用額などに応じて最大1万円相当プレゼント

終了期間未定

出典:ライフカード公式サイト

楽天カード×ENEOS Sカード

普段車によく乗るという方には毎日の運転がお得になりやすい楽天カード×ENEOS Sカードがおすすめです。

こちらはポイント還元率が高く、発行しやすい楽天カードと、ガソリン代がお得になるENEOS Sカードの組み合わせとなっています。

 ENEOS Sカードを利用するとガソリン・軽油が2円/L引きになります。

普段の買い物には楽天カードを利用し、ガソリンを入れたりと車関係の買い物にはENEOS Sカードを利用すると、お支払いがお得になります。

最寄りのガソリンスタンドがエネオス系列の場合にはさらにおすすめです。
楽天カード ENEOSカードS
年会費 無料 1,375円(税込・初年度無料)
貯まるポイント 楽天ポイント ENEOSカードポイント
ポイント還元率 1.0% 0.6%
ブランド
付帯保険
  • 海外:最高2000万円
  • 国内:なし

なし

電子マネー 楽天Edy
  • Google Pay
  • 楽天Pay
詳細

出典:ENEOS Sカード公式サイト

エポスカード×ルミネカード 

エポスカードルミネカード

普段からマルイやルミネなどの駅ビルを利用している頻度が高い方は、エポスカード×ルミネカードの組み合わせが最強です。

エポスカードは、マルイを含めた全国10,000店舗にて優待を受けられるため、ポイントアップや割引などのサービスを受けやすいです。

 年4回開催される「マルコとマルオの7日間」での利用で10%OFFになるサービスがあります。

また、ルミネカードもエポスカードに負けず劣らずでルミネ系列店の利用ならいつでも5%OFFになります。バーゲン時も関係なく5%OFFされるのは大きな魅力です。 

マルイやルミネ、NEWoManで食事やショッピングをお得にしたい方におすすめの2枚です。

ルミネカードの基本情報

エポスカード
年会費 無料 1,048円(税込・初年度無料)
貯まるポイント エポスポイント JRE POINT
ポイント還元率 0.5% 0.5%
ブランド
付帯保険
  • 海外:最高2000万円
  • 国内:なし

なし

電子マネー
  • モバイルSuica
  • 楽天Edy
  • ApplePay
  • スターバックスカード
  • au PAY プリペイドカード
  • Apple Pay
  • 楽天Pay
詳細

リクルートカード×楽天カード 

楽天カード

インターネット決済にて商品やサービスをよく購入しているならリクルートカード×楽天カードの組み合わせがおすすめです。

リクルートカードは、「じゃらん」「ポンパレモール」「HOT PEPPER Beauty」「HOT PEPPERグルメ」などのオンラインサービスで利用すると通常ポイントに加えて1.2%分還元されます。

 オンラインサービスの利用が多い、リクルート提携店での利用が多いならおすすめです。

楽天カードは「楽天市場」でカード利用すると通常より3倍ポイントが貯まります。他にも楽天関連サービスを利用するとお得にポイントを貯められます。

リクルートカードと楽天カードは自社オンラインサービスやネット通販での利用で多くのポイントをもらえることが特徴的です。

最近利用者が急増してネット通販でポイントがお得にもらえるのは嬉しいですよね。

楽天カードの基本情報

楽天カード
年会費 無料 無料
貯まるポイント リクルートポイント 楽天ポイント
ポイント還元率 1.2% 1.0%
ブランド
付帯保険
  • 海外:最高2000万円
  • 国内:最高1000万円

海外旅行保険:最高2,000万円

電子マネー
  • nanaco
  • 楽天Edy
  • モバイルSuica
  • スマートICOCA
楽天PAY
詳細

おすすめのメインカード候補

複数枚持ちにお得なカードをご紹介しましたが、複数枚も上手に利用できる自信がない…使いこなせるかどうかが不安という方もいるでしょう。

そこで、これだけは持っておきたい一枚!というカードをご紹介します。複数枚持ちにおすすめでご紹介したカードも併せてご紹介します。

これからカードを利用したい人、カードの使い方を見直したい人はぜひチェックしてみてください。

JCBカードW
エポスカード
リクルートカード
楽天カード
dカード GOLD
ANA To Me CARD
PASMO JCB GOLD
(ソラチカゴールド
カード)
JCB EXTAGE
ゴールド
JCBカードW
エポスカード
リクルートカード・マスターカード
楽天カード
dカード-GOLD
ソラチカゴールド
JCB EXTAGEゴールド
年会費
永年無料
永年無料
永年無料
永年無料
11,000円(税込)
15,400円(税込)
3,300円(税込)
初年度無料
還元率
1.0%〜5.5%
0.5%〜
1.2%〜21.2%
1.0%〜3.0%
1.0%〜
1.0%
0.5%
発行
最短3営業日
約30分
-
-
-
-
-
国際ブランド
JCB
VISA
MasterCard・VISA・JCB
Mastercard・
JCB・VISA
American Express
VISA
Mastercard
JCB
JCB
特典
キャンペーン
Amazon利用で
最大10,000円
キャッシュバック
2,000円分
エポスポイント
プレゼント
最大6,000円分
ポイントプレゼント
5,000ポイント
プレゼント
最大20,000
dポイント
プレゼント
最大47,900円相当プレゼント
・Amazon利用で最大25,000円キャッシュバック
・抽選でJCBギフトカード総額5,000万円分プレゼント
申込対象
高校生を除く18歳以上39歳以下
高校生を除く
18歳以上
高校生を除く
18歳以上
高校生を除く
18歳以上
学生を除く
20歳以上
20歳以上で
本人に安定継続収入のある方
(学生不可)
20歳以上29歳以下で
本人に安定継続収入のある方(学生不可)

JCBカードW

JCBカードW

JCB CARD Wのおすすめポイント
  • ポイント還元率が通常のJCBカードの2倍

  • 年会費無料

  • 優待店舗での利用でポイント還元率最大11倍

JCB CARD Wは「JCBグループ」が発行しているクレジットカードです。18〜39才まで限定のカードで、年会費が無料となっています。

JCB CARD Wはポイント還元率が通常のJCBカードの2倍となっており、常時1%のポイントが還元されます。

 対象店舗でカードを利用するとポイント還元率が最大11倍にアップします。

対象店舗にはスターバックスやAmazon、セブンイレブンなど普段からよく利用するお店が揃っているので、効率的にポイントを貯められるでしょう。

ポイントの交換先も非常に豊富です。

JCBカードWの基本情報

年会費 無料
貯まるポイント Oki Dokiポイント
ポイント還元率 1.0〜5.5%
ブランド JCB
付帯保険
  • 海外:最高2000万円
  • 国内:なし
電子マネー QUICPay

JCBカードWの期間限定!
お得なキャンペーン情報

JCBカードw キャンペーン
  1. 新規入会でAmazon.co.jp利用分ポイント20%キャッシュバック※1 

※1…入会申し込み期間:2022年7月1日~9月30日まで。 期間中に、Amazon.co.jpでのカードご利用合計金額の20%をキャッシュバック。

出典:JCB CARD W公式サイト

エポスカード

エポスカード

エポスカードのおすすめポイント
  • 年会費永年無料

  • 最短で即日発行

  • 紛失・盗難時は全額保証

エポスカードは年会費永年無料で、紛失・盗難時は全額保証なのでメインカードにおすすめのクレジットカードです。

最短で即日発行されるカードなので、とりあえずすぐにクレジットカードが欲しいという方には最適でしょう。

 コラボカードも多いので、デザインを選ぶ楽しみもあります。

エポスカードには豊富な優待サービスが付帯されており、飲食店・レジャー施設・宿泊施設などをお得に利用することが可能です。

対象店舗は全国1000店舗以上もあります。

エポスカードの基本情報

年会費 無料
貯まるポイント エポスポイント
ポイント還元率 0.5%
ブランド VISA
付帯保険
  • 海外:最高2000万円
  • 国内:なし
電子マネー
  • モバイルSuica
  • 楽天Edy
  • ApplePay
  • スターバックスカード
  • au PAY プリペイドカード

出典:エポスカード公式サイト

リクルートカード

リクルートのおすすめポイント
  • ポイント還元率が1.2%

  • ポイントを貯められるチャンスが豊富

  • 付帯保険が充実している

リクルートカードは「株式会社リクルート」が発行しているクレジットカードです。大手企業が発行しているカードなので、初めての方も安心でしょう。

リクルートカード最大の特徴はポイント還元率が業界トップレベルに高いこと。リクルートポイント還元率は1.2%です。

 貯まったリクルートポイントはPontaポイント・dポイントなどに交換できます。

リクルートカードには豊富な電子マネーに対応しているので、スムーズにキャッシュレス決済を行えます。

保険も充実しているのでメインカードにおすすめです。

リクルートカードの基本情報

年会費 無料
貯まるポイント リクルートポイント
ポイント還元率 1.2%
ブランド VISA・MasterCard・JCB
付帯保険
  • 海外:最高2000万円
  • 国内:最高1000万円
電子マネー
  • nanaco
  • 楽天Edy
  • モバイルSuica
  • スマートICOCA

出典:リクルートカード公式サイト

楽天カード

楽天カード

楽天カードのおすすめポイント
  • 年会費永年無料

  • 楽天ポイントが貯まり安い

  • 学生・フリーターでも作りやすい

楽天カードは「楽天グループ」が発行しているクレジットカードです。フリーターや学生でも発行しやすく、初めてクレジットカードを持つ方にもおすすめです。

楽天ポイントはポイント還元率が常時1%と非常に高く、メインカードとして利用していればザクザクポイントが貯まっていくことでしょう。

 楽天系サービスを利用すれば、ポイント還元率がさらにアップします。

年会費は永年無料で、ブランドもVISA・MasterCard・JCB・AMEXと幅広く展開していますので、とりあえず持っておいて間違いないでしょう。

入会特典がもらえるのも魅力的です。

楽天カードの基本情報

年会費 無料
貯まるポイント 楽天ポイント
ポイント還元率 1%
ブランド VISA・MasterCard・JCB・AMEX
付帯保険
  • 海外:最高2000万円
  • 国内:なし
電子マネー 楽天Edy

*SPU(スーパーポイントアップ)…対象サービスの条件達成で楽天市場でのショッピングで得られるポイントがアップするプログラム

出典:楽天カード公式サイト

2枚持ちにおすすめのゴールドクレジットカード 

dカードGOLD 

dカードGOLD

dカードGOLDのおすすめポイント
  • 購入から3年間最大10万円の携帯補償が付く
  • 携帯・ドコモ光の利用で毎月10%還元
  • ahamoならカード利用料金の10%還元

dカードGOLDは、携帯関連の還元やサービスが非常に充実しているゴールドカードです。利用している携帯がドコモならおすすめの1枚です。

さらに、ドコモ光を契約して毎月使用しているならさらにお得で、利用料金の10%を還元してくれるので毎月ポイントが一定量貯まります。

 携帯が紛失や修理不能になってもdカードGOLDを持っていれば最大10万円の補償が3年間付きます。

ドコモ携帯に乗り換えを考えている、毎月ザクザクポイントを貯めたいという方に適しているクレジットカードといえます。

dカードGOLDの基本情報

年会費 11,000円(税込)
貯まるポイント dポイント
ポイント還元率 1.00%~4.50%
ブランド VISA・MasterCard
付帯保険
  • 海外:最高1億円
  • 国内:最高5,000万円
電子マネー iD

出典:dカード公式

ソラチカゴールド

ソラチカゴールドカード

ソラチカゴールドのおすすめポイント
  • メトロポイントが貯まりやすい
  • 海外旅行傷害保険が最高1億円
  • 入会と継続でANAマイルが貯まる

ソラチカゴールドはANAカードにPASMO機能が付いた公共交通機関に強いゴールドカードです。東京メトロ1乗車につき平日は20ポイント、休日は40ポイント貯まります。

メトロポイントとANAマイルは1ポイント=1マイルで相互に交換可能なため、普段の通勤で貯めたメトロポイントをANAマイルにできます。

メトロポイントに対応した自動販売機やお店でPASMO利用すると一般カードよりも2倍貯まります。

もちろん旅行保険や旅行サービスは充実しているため、通勤などでコツコツポイントを貯めてANAマイルに交換し、お得に国内・海外旅行を満喫しましょう。

ソラチカゴールドの基本情報

年会費 15,400円(税込)
貯まるポイント Oki Dokiポイント
ポイント還元率 0.50%~3.00%
ブランド JCB
付帯保険
  • 海外:最高1億円
  • 国内:最高5,000万円
電子マネー QUICPay、PASMO、PiTaPa

出典:ソラチカゴールドカード公式

JCB EXTAGEゴールド 

JCB GOLD EXTAGE

JCB EXTAGEゴールドのおすすめポイント
  • ゴールドカードなのに年会費が安い
  • 入会後3ヶ月はポイントが3倍
  • 付帯保険も充実している

JCB EXTAGEゴールドは20歳以上29歳以下の方限定のカードで、ゴールドカードにも関わらず年会費初年度無料で翌年以降は3,300円と安いです。

通常のJCBゴールドカードやゴールドランクのカードは年会費が11,000円(税込)であることが多いため、年齢制限はあるもののお得といえるでしょう。

 年会費が安いのに付帯保険が充実していたり、空港ラウンジを無料で使うことができる優れものです。

入会3ヶ月間はOki Dokiポイントは3倍貯まるため、ポイントもたくさん貯まる使いやすく、初めてゴールドカードを利用したい人にも人気のクレジットカードです。

JCB EXTAGEゴールドの基本情報

年会費 3,300円(税込)
貯まるポイント Oki Dokiポイント
ポイント還元率 0.50%~5.00%
ブランド JCB
付帯保険
  • 海外:最高5000万円
  • 国内:最高5000万円
電子マネー

出典:JCB EXTAGEゴールド公式サイト

クレジットカードを2枚以上持つメリットは?

クレジットカードを2枚以上持つメリットは?

利用できるサービス・保険が増える

クレジットカードを2枚以上持つ最大のメリットは、利用できるサービス・保険が増えるという点でしょう。

クレジットカードにはサービスや保険が付帯されている場合が多く、内容は発行元によって異なります。

 ポイント還元以外にも日々の買い物をお得にできるサービスは豊富です。

中には対象店舗で利用することによってポイント還元率がアップするクレジットカードもあります。

自分のよく行く店舗の優待が受けられるカードを持っておくとお得です。

付帯サービス・保険の内容は事前に公式サイトなどで確認しておきましょう。

万が一のリスクヘッジができる

クレジットカードを2枚以上持っていると、万が一片方が使えなくなっても、焦ることがなくなります。

店舗の中には特定の国際ブランドにしか対応していないところもあり、1枚しかクレジットカードを持っていないと困ってしまいます。

 2枚以上カードを持つなら異なる国際ブランドを選択しましょう。

また1枚のカードを紛失してしまっても、2枚以上のカードを持っておけば支払いに困ることはありません。

紛失・盗難補償が充実しているクレジットカードを選ぶと安心です。

限度額を増やせる

限度額を増やせる

クレジットカードには限度額が設定されており、毎月それ以上の金額を利用することはできません。

クレジットカードを2枚以上持っていると限度額を実質的に増やすことができるというメリットがあります。

 50万円限度額のカードと30万円限度額のカードを持っていた場合、利用限度額は80万円まで上ります。

ただし限度額が増えたからといって考えなしに使っていると、翌月の支払いが大変になりますので使い過ぎには注意しましょう。

ある程度自分に制限を設けることが必要です。

使い分けができる

2枚以上のクレジットカードを持っていると、場面場面でカードを使い分けるという活用法が利用できます。

クレジットカードには特定の店舗・サービスで利用するとお得になるサービスが付帯されていることも多いので、使い分けることで日々の買い物がお得になるのです。

 ポイント還元率がアップする場合が多いです。

また普段使い・公共料金の支払いなど用途によってクレジットカードを使い分けると、管理もしやすくなりますのでおすすめです。

明細を混同しないように注意しましょう。

クレジットカードを2枚以上持つデメリットは?

クレジットカードを2枚以上持つデメリットは?

管理の手間が増える

クレジットカードを2枚以上持っていると、管理する手間が増えるというデメリットがあります。

クレジットカードには締日・支払日、ポイント有効期限など気にしなければならない点が多く、数が増えると管理が雑になってしまう可能性もあります。

 管理が雑になってしまうと使い過ぎてしまうことにも繋がるでしょう。

クレジットカードの管理は家計簿アプリを利用するのがおすすめです。

カードを登録しておけば明細が勝手に登録されるので、わざわざレシート・明細を取っておいて入力する必要はありません。

無料で利用できるアプリも多いので、積極的に活用しましょう。

使いすぎてしまうリスクがある

使いすぎてしまうリスクがある

クレジットカードを2枚以上持っていると、利用できる限度額が上がるため使い過ぎてしまうリスクがあります。

クレジットカードを使い過ぎてしまい、支払日にお金が足りないという事態に陥ってしまうと大変なことになります。

 支払いを延滞すると信用情報が傷ついてしまいます。

クレジットカードを2枚以上持つ場合は、支出管理をしっかりと行い、支払いが収入を上回ることの内容に注意しましょう。

アプリなどでしっかり管理しておけば問題はありません。

ポイントが分散してしまう

クレジットカードを2枚以上持っていると、ポイントが分散してしまい、貯まりにくくなるというデメリットがあります。

1枚のクレジットカードを利用していると、重点的にポイントが還元されていきますので、効率的にポイントを貯めることができますが、2枚以上だとポイントが分散されてしまいます。

 年会費がかかるカードだと、年会費の分が損失になる可能性もあります。

2枚以上のクレジットカードで効率的にポイントを貯める場合、ポイント還元率の高いカードをメインで利用し、もう1枚はサブカードとして持っておくのがおすすめです。

年会費無料でもポイント還元率の高いカードは多いです。

クレジットカード最強の2枚の効率的な利用法

クレジットカード最強の2枚の効率的な利用法

全ての支払いをクレジットカードにする

クレジットカード最強の2枚の効率的な利用法としては、全ての支払いをクレジットカードに集約するという方法です。

現金で支払いをしているとポイントが貯まらず、機会を損失していると言えるでしょう。

 現金支払いのみの店舗には行かないことも重要です。

なるべくクレジットカード対応の店舗で買い物をするようにすれば、クレジットカードを2枚以上持っていても、効率的にポイントを貯めることができるでしょう。

クレジットカードが使えないお店も少なくなってきています。

状況に応じてカードを使い分ける

状況に応じてカードを使い分ける

状況に応じてカードを使い分けるのも、クレジットカード最強の2枚を効率的に利用する上で重要です。

 特定の店舗・サービスで利用するとポイント還元率がアップするので積極的に狙いましょう。

おすすめの使い分けは家賃・光熱費などの支払い用日々の買い物用と使い分けることです。

その際は家賃や光熱費の支払いでもポイントが還元されるクレジットカードを選びましょう。

固定費でポイント還元されれば、多くのポイントをゲットできます。

利用しないクレジットカードは解約する

クレジットカードを2枚、3枚と持っていると、その中でほとんど使わないカードも出てくると思います。

使わないカードはさっさと解約してしまいましょう。

 解約は無料で行えます。

特に年会費がかかるクレジットカードは、利用しないで持っているだけでもコストがかかるので、大きな負担になってしまいます。

また複数のクレジットカードを持つことで盗難・紛失のリスクも上がります。

不正利用されると大きな損害を被る場合もあるので注意しましょう。

まとめ

今回はクレジットカード最強の2枚の組み合わせについて解説してきました。

クレジットカードを2枚以上持っていると、それぞれの付帯サービス・保険が利用できるため、日々の支払いがよりお得になるというメリットがあります。

しかしその一方で管理の手間が増える、使いすぎるリスクがあるなどのデメリットもありますので注意が必要です。

クレジットカードは使い過ぎてしまうと、自身の生活を破綻させてしまうリスクもあるため、注意しすぎることはありません。

今回の記事を参考に自分なりの最強の2枚を探し、快適なクレジットカードライフを送ってみてはいかがでしょうか?

クレジットカードとは程よく付き合いましょう。

クレジットカード関連記事

 

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事