クレジットカードのタッチ決済は危険?やり方やメリットを解説

クレジットカードのタッチ決済は危険?やり方やメリットを解説

監修者の紹介
増田さん

監修者増田 諒

2021年1月1日現在、全国に891世帯1,257名のクライアントを抱えるコンサルタントとして活動中。年間100件の個別相談のほか「マネー・ライフプランニング」「資産運用」「保険」「確定申告」「住宅ローン」「相続」等のテーマのセミナーで登壇。

MDRT入賞 7回 ・TLC(生命保険協会認定FP) ・CFP ・IFA(証券外務員1種)・ファイナンシャルプランニング技能士1級 ・宅地建物取引士 貸金業務取扱主任者

増田 諒Masuda Ryo

日頃のお買い物などで便利なクレジットカードですが、中にはタッチ決済可能なクレジットカードもあります。

タッチ決済になるとさらに簡単に買い物ができますが、仕組みや不正利用されないかが分からず、利用するのに抵抗がある人も多いでしょう。

そこで実際のタッチ決済は危険なのか、メリットについても知っておけば効率よく使いこなすことができるでしょう。今回は、タッチ決済についてやり方や注意点などについて解説します。

タッチ決済対応のおすすめクレジットカードも紹介するので、参考にしてくださいね。

タッチ決済は危険?デメリット・メリットを解説

タッチ決済のデメリット 

Hands of men making cashless payments

便利で使いやすいタッチ決済ですが、デメリットがあるのも事実です。タッチ決済のデメリットは危険につながるのかどうか確認していきましょう。

タッチ決済のデメリット
  • 利用上限額が決まっている
  • タッチ決済が使えない店舗がある

利用上限額が決まっている

クレジットカードのタッチ決済は、簡単スピーディで便利なところが大きな利点ですが利用上限額が決まっており、上限額以上だと暗証番号の入力が必要になります。

日本でクレジットカードのタッチ決済を使うとなると、利用上限額は1万円と定められており、1万円を超える決済はスピーディには行えません。

 1万円以上の大きなお買い物をする時タッチ決済は通常のクレジットカード決済とあまり変わらなくなります。

なぜ1万円を超える決済には暗証番号の入力が必要なのか。それは、高額支払いの不正利用という危険から利用者を守るためです。

クレジットカードを紛失してしまった時、知らない誰かにタッチ決済で1万円以上不正利用されることこそ「危険」であるといえます。

クレジットカードを紛失してしまったらすぐにカード会社へ連絡して利用停止をしましょう。

利用上限額が決まっているのはデメリットではありますが、セキュリティ面からいうとメリットといえるでしょう。

タッチ決済が使えない店舗がある

Close up of cashier is using contactless credit card pos terminal to getting the payment.

クレジットカードのタッチ決済は大きく普及してきていますが、まだクレジットカード自体に対応していないレジを使用している店舗もあります。

また、クレジットカードのタッチ決済となるとVisaタッチ決済が主流で、MastercardやJCBのタッチ決済に対応していないこともあります。

 タッチ決済で支払いを済ませたいのに対応していないとなると不便に感じてしまうでしょう。

そのため、クレジットカードのタッチ決済を使う時は、普段利用しているコンビニやスーパーがどのようなタッチ決済に対応しているのかを確認してからクレジットカードを選ぶと良いです。

現在はまだ現金派の人がいるように、クレジットカードは危険なのではないかという考えがありますが、今後より普及していくことでタッチ決済はさらに便利に使いやすくなっていくでしょう。

タッチ決済のメリット

利用っ上限や、まだまだ使えないお店が多くタッチ決済は危険なのか心配な方もいるかもしれませんが、決してそのようなことはありません。メリットを見ていきましょう。

タッチ決済のメリット
  • 簡単スピーディーに決済できる
  • セキュリティ対策になる
  • 衛生的にカードが使える

簡単スピーディーに決済できる

タッチ決済は危険?メリットを解説のクレジットカードの画像

タッチ決済は通常のクレジットカード支払いよりも簡単かつスピーディーに決済できるため、支払いの待ち時間がかかりません

短時間で効率的に会計ができるので、レジが混んでいる時や時間が無い時でも素早く買い物を済ませることができます。

 さらにタッチ決済は操作も簡単であるため、現金払いで起こる釣り銭の受け渡しミスなども発生しません。

クレジットカードやスマホをかざすだけで数秒で決済が完了するので、荷物で片手が塞がっている時にも便利に活用できるでしょう。

クレジットカード払いよりもさらに簡単スピーディー決済ができますよ。

セキュリティ対策になる

タッチ決済は危険?メリットを解説のクレジットカードの画像

クレジットカード払いの際には暗証番号の入力が必要ですが、店員や周りの人に番号を盗み見られるリスクがあります。

一方、タッチ決済なら暗証番号の入力が不要なので、暗証番号を人に知られる心配がありません。安心して会計できます。

衛生的にカードが使える

タッチ決済は自ら端末にクレジットカードやスマホをかざす仕組みであるため、他人にクレジットカードを手渡す必要がありません

衛生的にカードを利用することができます。

タッチ決済とは?特徴と種類

キャッシュレス決済が進んでいく中でよく聞く言葉である「タッチ決済」ですが、一体どのような意味なのでしょうか。

タッチ決済の特徴

タッチ決済とは?特徴を解説のクレジットカードの画像

タッチ決済とは、NFCという近距離で利用できる無線通信技術を使った非接触決済サービスのことを言います。

専用の端末にクレジットカードやスマホなどをタッチするだけで簡単に決済ができるため、利便性が高いのが特徴です。

 従来のクレジットカード支払いのようにカードリーダーに差し込む必要もなく、面倒なサインや暗証番号は不要です。

店員にクレジットカードを手渡すこともないので、衛生面から考えてもとても魅力的な決済方法といえるでしょう。

最近ではタッチ決済に対応しているクレジットカードは、徐々に増えてきています。

タッチ決済の種類

タッチ決済とは?特徴を解説のクレジットカードの画像

タッチ決済に対応しているクレジットカードの種類が気になる方もいるでしょう。

実は、5大国際ブランドでは、どれを選んでもタッチ決済に対応しています。タッチ決済の名称は次のとおりです。

VISA VISAタッチ決済
Mastercard Mastercardコンタクトレス
JCB JCBコンタクトレス
アメリカン・エキスプレス コンタクトレス
ダイナースクラブ コンタクトレス

ただし、全てのクレジットカードにタッチ決済機能が搭載されているわけでありません。

タッチ決済に対応しているかは公式サイトに記載されています。

【タッチ決済対応】おすすめクレジットカード5選徹底比較!

ここからは、タッチ決済に対応しているおすすめのクレジットカードを厳選して5枚紹介します。

JCBカードW

JCBカードW

JCB カード Wのココがおすすめ
  • 券面にカード番号が印字されないナンバーレスタイプ
  • JCBオリジナルパートナーズではポイントが最大11倍にアップ
  • 年会費は永年無料!家族カードも年会費無料
  • Oki Dokiランド経由のネットショッピングでポイントが最大20倍

JCB カード Wは18~39歳の限定カードです。39歳までに入会すれば40歳以降も引き続きカードを持ち続けることができます。

 年会費は永年無料、ポイント還元率は0.2%です。

スターバックスやメルカリなど、JCBオリジナルパートナーズ加盟店の買い物ではポイントが最大11倍にアップするのでお得です。

Oki Dokiランド経由のネットショッピングではポイントが最大20倍にアップするので、ぜひ積極的に活用しましょう。

JCB カード Wの基本情報 

年会費  永年無料
ポイント還元率(基本) 1.0%
※1,000円につき2ポイント付与、1ポイント=5円相当として何円相当のポイントが付与されるかを基に還元率を算出しております。
発行スピード 最短3営業日
主な付帯サービス
  • 海外旅行保険:最高2,000万円
  • 海外ショッピング保険:最高100万円

出典:JCB カード W

エポスカード

エポスカード

エポスカードのココがおすすめ
  • 年会費が永年無料!ETCカードも無料
  • 国内約10,000店舗以上で優待サービスが受けられる
  • エポスゴールドカードのインビテーションが届く
  • 最短即日にカードが受け取れる

エポスカードは、マルイなどの店舗受け取りを選択すれば、申し込んでから最短即日にカードを受け取ることが可能です。

 急にクレジットカードが必要になった場合でも、エポスカードなら発行が間に合う可能性があります。

レジャー施設やグルメ、レンタカーなど、国内約10,000店舗以上で優待サービスが受けられるので、休日もお得に過ごせるでしょう。

年間50万円以上利用すれば、ワンランク上のエポスゴールドカードのインビテーションが届きます。

インビテーションからの切り替えなら、年会費が永年無料なのでお得です。

エポスカードの基本情報 

年会費  永年無料
ポイント還元率(基本) 0.50%
発行スピード 最短即日発行
主な付帯サービス 海外旅行保険:最大500万円

出典:エポスカード

アメリカン・エキスプレス・カード

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カード

アメックスカードのココがおすすめ
  • プロテクションサービスが豊富で安心して利用できる
  • Apple Payに対応・タッチ決済が利用できる
  • 国内の主要空港ラウンジが利用できる
  • ステータス性が高いアメックスブランド

アメックスカードは、ステータス性が高いアメックスブランドのうち、一般カードに当たる1枚です。

 Apple Payに対応、タッチ決済が利用できるので、街中でも簡単スピーディーに支払いができます。

次のようにプロテクションサービスが豊富であるため、安心して買い物が楽しめます。

オンライン・プロテクション ネット上の不正利用時の補償
リターン・プロテクション 購入した商品の返品を断られた場合の補償
ショッピング・プロテクション カードで購入した消費の破損・盗難の補償

ネットショッピングの際の万が一のトラブルも補償が受けられます。

アメリカン・エキスプレス・カードの基本情報 

年会費  13,200円(税込)
ポイント還元率(基本) 1.0%
発行スピード
主な付帯サービス
  • 海外旅行保険:最高5,000万円
  • 海外ショッピング保険:年間最高500万円

出典: アメリカン・エキスプレス・カード

イオンカードセレクト

イオンカードセレクト

イオンカードセレクトのココがおすすめ
  • イオン系列のお店でいつでもポイント2倍で買い物できる
  • 20日・30日の「お客さま感謝デー」は5%割引
  • 家族カードやETCカードも年会費・発行手数料無料
  • イオンゴールドカードへのインビテーションが届く

イオンカードセレクトは年会費が永年無料で、家族カードやETCカードも年会費・発行手数料も無料であるため、維持費がかかりません。

イオン系列のお店でいつでもポイント2倍で買い物できるので、普段イオンで買い物をする機会が多い方にぴったりのカードです。

 電子マネーサービスWAONとイオン銀行のキャッシュカード機能も付帯されています。

20日・30日の「お客さま感謝デー」は5%割引で買い物ができる上に、毎月10日はイオン系列のお店以外でも還元率が2倍にアップします。

イオンゴールドカードへのインビテーションが届くこともあるので、利用実績を詰みましょう。

イオンカードセレクトの基本情報 

年会費  永年無料
ポイント還元率(基本) 0.5%
発行スピード 最短即日
主な付帯サービス ショッピング保険:年間最高50万円

出典:イオンカード

楽天カード

楽天カード

楽天カードのココがおすすめ
  • 通常のポイント還元率は1%と高い水準
  • 楽天市場ではいつでも+2倍の還元率で買い物ができる
  • セキュリティ対策が万全で安心できる
  • SPU(スーパーポイントアッププログラム)でポイントが最大15倍

楽天カードの通常のポイント還元率は1%と高い水準です。さらに楽天市場では、+2倍の還元率で買い物ができます。

楽天の各サービスを利用することでポイント還元率がアップするSPUを活用すれば、最大15倍までポイントの還元率を高めることが可能です。

 ポイントアッププログラムが豊富であることから、使い方によってはどんどんポイントを貯めることができるでしょう。

貯まったポイントは1ポイント1円相当で楽天グループで利用できるため、ポイントの使い道に困ることもありません。

券面デザインはシンプルなものからお買い物パンダデザイン、ディズニーデザインまで豊富に用意されています。

楽天カードの基本情報 

年会費  永年無料
ポイント還元率(基本) 1.0%
発行スピード
主な付帯サービス 海外旅行障害保険:最大2,000万円
*SPU(スーパーポイントアップ)…対象サービスの条件達成で楽天市場でのショッピングで得られるポイントがアップするプログラム

出典:楽天カード

タッチ決済のやり方・手順を解説

タッチ決済の利用は以下の手順で行います。

①タッチ決済対応マークがあるかを確認する

タッチ決済のやり方のレジの画像

まずはレジの対応マークを確認して、お持ちのクレジットカードのタッチ決済に対応しているかを確認しましょう。

 国際ブランドによって利用できるタッチ決済の種類は異なるので、注意が必要です。

最近では、スーパーやドラッグストア、飲食店などタッチ決済が利用できるお店は増えてきています。

②ワンタッチでお支払い

タッチ決済のやり方のクレジットカードの画像

タッチ決済の対応マークが確認できたら、会計の際に店員に「タッチ決済で支払います」と伝えてください。

 専用の端末のライトが点灯したら、クレジットカードもしくはスマホを静かにかざします。

決済ができたら決済完了の音が鳴るので、すぐにカードを離さず、数秒はかざしたままにすることが大切です。

③お支払い完了

タッチ決済のやり方のクレジットカードの画像

決済完了の音が鳴ったら支払いは完了です。サインや暗証番号は特に必要ないので、クレジットカードを財布にしまいましょう。

 利用金額によってタッチ決済が利用できない場合もあるので、注意が必要です。

原則1万円超える支払いでは、カードを挿し暗証番号を入力するかカードのタッチ後にサインが必要です。

利用店舗によって金額が異なるケースもあるので注意しましょう。

タッチ決済利用時の注意点

タッチ決済利用時には、主に次の点に注意する必要があります。

利用上限額がある

タッチ決済利用時の注意点のクレジットカードの画像

1万円以上の商品の購入など利用金額が大きいケースでは、タッチ決済をスムーズに利用できないことがあります。

 なぜなら、高額な支払いではセキュリティ上不正利用を防ぐため、徹底した本人確認が必要であるからです。

その場合、クレジットカード払いと同じようにサインもしくは暗証番号の入力が求められることが一般的です。

高額な買い物が多い方は毎回サインもしくは暗証番号の入力が必要になるため、不便に感じてしまうかもしれません。

タッチ決済は主にスーパーやドラッグストア、コンビニなど、1万円以下の少額の買い物で利用するようにしてください。

セキュリティ面の心配がある

タッチ決済利用時の注意点のクレジットカードの画像

タッチ決済はサインもしくは暗証番号の入力が不要であるため、面倒な手間がなくスピーディーに決済できるのがメリットです。

 しかし、簡単に決済できることから、紛失・盗難時に悪用されやすいデメリットがあります。

万が一クレジットカードの紛失・盗難が発生した時には、速やかにカード会社に連絡して、利用停止の手続きを取りましょう。

よくある質問

タッチ決済の特徴は?
NFCという近距離で利用できる非接触決済サービスのことを言います。従来のクレジットカード支払いのようにカードリーダーに差し込みは不要です。
タッチ決済の種類は?
全てのクレジットカードがタッチ決済機能が搭載されているわけではないので、申し込み時には公式サイトなどでよく確認しましょう。
タッチ決済のやり方は?
専用の端末のライトが点灯したら、クレジットカードもしくはスマホを静かにかざします。決済完了の音が鳴ったら支払いは完了です。
タッチ決済対応のおすすめクレジットカードは?
JCBカードWがおすすめです。スタバなどのJCB特約店でポイント還元をお得に貯めることができます。
タッチ決済のメリットは?
タッチ決済は通常のクレジットカード支払いよりも簡単かつスピーディーに決済でき、素早く買い物を済ませることができます。
タッチ決済利用時の注意点は?
1万円以上の利用金額が大きいケースでは、サインもしくは暗証番号の入力が求められます。高額な買い物が多い方は不便に感じてしまうかもしれません。
タッチ決済は危険?
タッチ決済は暗証番号などの盗み見・スキミングなどの不正利用対策など、セキュリティの向上をはかれますので、通常のクレジットカードより安心して使うことができるでしょう。

まとめ

タッチ決済についてやり方や注意点などについて解説しました。面倒なサインや暗証番号は不要であるなど、メリットが豊富です。

5大国際ブランドはそれぞれタッチ決済に対応していますが、全てのクレジットカードに搭載されているわけでありません。

原則1万円超える支払いでは、タッチ決済が利用できない場合もあるので注意が必要です。

特典や付帯サービスなどを比較しながら、自分にとってぴったりのクレジットカードを見つけましょう。

クレジットカード関連記事

 

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事