仮想通貨エイダ/ADAとは?特徴・メリット・将来性を徹底解説!

仮想通貨エイダ/ADAの将来性とは?今後の予想・メリット紹介

監修者の紹介
増田さん

監修者増田 諒

2021年1月1日現在、全国に891世帯1,257名のクライアントを抱えるコンサルタントとして活動中。年間100件の個別相談のほか「マネー・ライフプランニング」「資産運用」「保険」「確定申告」「住宅ローン」「相続」等のテーマのセミナーで登壇。

MDRT入賞 7回 ・TLC(生命保険協会認定FP) ・CFP ・IFA(証券外務員1種)・ファイナンシャルプランニング技能士1級 ・宅地建物取引士 貸金業務取扱主任者

増田 諒Masuda Ryo

CoinMarketCap公式の現在仮想通貨ランキングで上位トップ10以内に位置している、仮想通貨エイダ/ADA。

最近国内での取り扱いが始まったこともあり、今後どうなるのか、気になっている方もいらっしゃるかもしれません。

そこでこの記事では、仮想通貨エイダ/ADAの特徴将来性メリット・デメリット取り扱い取引所について解説しています。

エイダ/ADAが気になっている方にオススメの内容です。ぜひ最後までご覧ください。

エイダコイン/ADAを購入するなら!

BITPoint(ビットポイント)

\BITPointがおすすめ/

ポイント1口座維持費や即時入金手数料が無料!
ポイント2ADA/JMY/DOTなど様々な銘柄を取扱い!
ポイント3最短当日取引が可能、500円以下でも始められる!

エイダコイン/ADAを取り扱っているBITPointは、口座維持費や24時間対応の即時入金手数料などが無料※1!取引手数料や仮想通貨の入出金手数料も無料なのが特徴です。

また、使いやすい取引アプリや500円以下でも取引出来ることから初心者の方でも始めやすいでしょう。口座開設(無料)の申込が完了してからは最短即日で取引することも出来ます!

※1…即時入金は提携の金融機関の場

仮想通貨エイダ/ADAとは?特徴を解説

仮想通貨エイダ/ADAとは?特徴を解説

プラットフォーム名 カルダノ
仮想通貨名 エイダコイン(ADA)
発行元 カルダノ財団
時価総額 ¥6,943,178,754,107
時価総額ランキング 6位
最大発行枚数 45,000,000,000枚

仮想通貨エイダ(ADA)は、カルダノというプラジェクト内で利用される仮想通貨です。カルダノ財団によって生み出され、2017年9月に発行されました。

イーサリアムの開発にも携わった天才数学者、チャールズ・ホスキンソン氏が開発したことでも知られています。

仮想通貨エイダ/ADAの特徴
  • オンラインカジノプラットフォーム「カルダノ」
  • 独自のスマートコントラクト「プルータス」
  • 承認方式「ウロボロス」
  • 専用のウォレット「ダイダロス」「yoroiウォレット」

オンラインカジノプラットフォーム「カルダノ」

仮想通貨エイダ/ADAとは?特徴を解説

カルダノというのは、もともとはオンラインカジノの名称です。開発が始まった当初、エイダコインはオンラインカジノで利用される通貨になると説明されていました。

しかし、現在ではその機能の高さからオンラインカジノの枠を超え、様々な用途で利用される計画が建てられています。

独自のスマートコントラクト「プルータス」

仮想通貨エイダ/ADAとは?特徴を解説

スマートコントラクトとは、イーサリアムなどに実装されている、自動契約が可能になる仕組みのことです。人の手を介さずに契約ができるスマートラクトですが、問題が指摘されていました。

もともとのスマートコントラクトは、決済とアプリケーションの実行が同時のため、新しい機能の変更・修正がしにくいと言われていたのです。

 従来のスマートコントラクトに対して、開発者からは不満の声が上がっていたのですね。

そこで登場したのが、エイダコインのスマートコントラクトである「プルータス」です。プルータスでは、決済とアプリケーションの実行を分けて行うことができます。

そのため、安全性・速度の両方を損なうことなくより複雑な契約への対応が可能になりました。

独自承認方式「ウロボロスの存在」

仮想通貨エイダ/ADAとは?特徴を解説

ブロックの承認の方式として、独自承認方式のウロボロスが採用されています。ウロボロスはPoSの一種ですが承認者の選ばれ方に違いがあります。

 普通、PoSでは仮想通貨の保有量に応じた投票権が与えられるため、保有量が多い人の影響が強くなります。

一方エイダ(AIDの)独自のPoSであるウロボロスでは、承認作業を行うマイナーが完全にランダムに選定されます。

そのため、仮想通貨の保有量に関係なく、あらゆる人が報酬を受け取りやすい仕組みになっているのです。

通常のPoSは、一部の人によってマイナーが選ばれ固定化しがちでしたが、そのウロボロスではその課題を解決しています。

専用のウォレット「ダイダロス」「Yoroi(ヨロイ)」ウォレット

仮想通貨エイダ/ADAとは?特徴を解説

エイダコインには、専用のウォレットが存在するという特徴もあります。専用ウォレットは「ダイダロス」「Yoroi(ヨロイ)」の2つ。いずれも秘密鍵による、強固なセキュリティが構築されています。

これらのウォレットは、カルダノプラットフォームに直接連携できるのが、その他のウォレットとの大きな違いと言えます。

 カルダノプラットフォームに特化しているため、高い安全性のもと、高速で仮想通貨のやり取りが可能になっているのです。

ちなみに、ダイダロスウォレットとYoroiウォレットには、以下のような違いが存在します。

ダイダロスウォレット ・PC用のウォレット。
・セキュリティはYoroiウォレットよりも強固
・ブロックチェーンを全てダウンロードするため、動作は重い
Yoroiウォレット ・PC・スマホ両方で利用可能なウォレット
・ブロックチェーンのダウンロードはしない
・安全性はダイダロスウォレットの方が高い

このように2つのウォレットには違いがあります。Yoroiウォレットでも十分なセキュリティが担保されていますが、より安全に保管するならダイダロスの方がいいでしょう。

スマホで利用でき初期設定がかんたんなので、日常的に利用するのはYoroiウォレットの方がいいかもしれません。

仮想通貨エイダ/ADAの今後の将来性は?

仮想通貨エイダ/ADAの今後の将来性は?

未来のことなので断言はできませんが、仮想通貨エイダ/ADAは、将来性が高い可能性があります。理由は以下の通りです。

仮想通貨エイダ/ADAの今後の可能性
  • 国内仮想通貨取引所に上場の可能性
  • 開発が進み価格が上がる可能性

国内仮想通貨取引所に上場の可能性

仮想通貨エイダ/ADAの今後の将来性は?

エイダは時価総額が10位以内に位置しており、世界的には高い知名度を誇っています。にもかかわらず、2021年11月現在日本国内で上場している取引所は、ビットポイントのみ。

そのため、国内では知名度はまだまだ低い可能性があり、アクセスもしにくい状況であると言えます。

 日本国内では、ビットポイントの口座を持っている人以外は、存在に気が付きにくい状況でしょう。

そのため、今後ほかの仮想通貨取引所に上場すれば、ニュースとなり価格が上昇する可能性は高いです。

コインチェックなどに上場すれば、資金が集まり価格が上昇するかもしれません。

開発が進み価格が上がる可能性

仮想通貨エイダ/ADAの今後の将来性は?

仮想通貨エイダ(ADA)は、2021年11月現在開発の途中にあります。開発のロードマップは以下のように5段階になります。

カルダノのロードマップ
  • Byron(バイロン)
  • Shelley(シェリー)
  • Byron(バイロン)
  • Basho(バショウ)
  • Voltaire(ボルテール)

2021年11月現在は、3段階目のGoguen(ゴーグエン)まで開発が進んでおり、2025年には開発が完了すると公式に発表されています。

 今後のアップデートの内容としては、ATMでのエイダの入出金が可能になる、ADA(エイダ)デビットカードの発行などが予定されています。

このように、エイダ(ADA)は今後、実社会でも実用化される可能性が高いです。そうなれば、将来的にエイダ(ADA)の存在感は飛躍的に大きくなるかもしれません。

現在のビットコインのように、世界中の人がエイダコインの存在を知る日が来てもおかしくありません。
ちなみに決済アプリの「ADA PAY」はすでにリリースされており、一部店舗で支払いに使用できます。

仮想通貨エイダ/ADAのメリット

仮想通貨エイダ/ADAのメリット

仮想通貨エイダ/ADAのメリット
  • ステーキングで保有しているだけで枚数が増える
  • 様々な企業と提携している

ステーキングで保有しているだけで枚数が増える

仮想通貨エイダ/ADAのメリット

カルダノは承認方式としてDPosを採用しています。そのため、ステーキングで所有枚数を増やすことが可能です。ステーキングは専用ウォレットの「Yoroi Wallet」にADAコインを送り、手続きすることで行えます。

 一旦手続きを行えば、そのあとは何もしなくても報酬がもらえます。

ステーキングはトレードやチャート分析などを必要とせずに、仮想通貨を堅実に狙う方法です。そのため、エイダコインを活用すると資産運用が容易になるのです。

様々な企業と提携している

仮想通貨エイダ/ADAのメリット

エイダは様々な企業と提携しているのもメリットと言えます。一例として、以下のような大手企業が提携先として挙げられます。

エイダの提携企業・団体
  • ディッシュ・ネットワーク(Dish Network)
  • チェーンリンク(Chainlink)
  • Awakening Health(医療用ロボット開発企業)
  • Rival(eスポーツとゲームの大手プラットフォーム)
  • メタップスプラス

こういった様々な企業との提携でエイダコイン(ADA)の将来性の高さを図ることができるでしょう。

メタップスプラスは年間1000万回ダウンロードされる、韓国の決済アプリです。すでにエイダコインの実用化が始まっているのです。

仮想通貨エイダ/ADAのデメリット

仮想通貨エイダ/ADAのデメリット

仮想通貨エイダ/ADAのデメリット
  • ICO時点では詐欺ではないかと疑われていた。
  • ICO時点での価格も高かった
  • マルチ商法のような販売手法も使われていた。

ICO時点では詐欺ではないかと疑われていた。

仮想通貨エイダ/ADAのデメリット

エイダコイン(ADA)は実は、発行当初のICOが日本を中心に行われた通貨です。開発資金を集めるために行われたICOは、69億円を集めました。

しかし、実は当時の販売に対しては「煽って販売していた」「マルチ商法ではないか?」との批判があるのです。

 エイダコインの販売に当時携わっていた人物には、情報商材の販売業者も含まれており、販売手法が怪しげでした。

当時、エイダコインは「半年で億万長者になれる」などと、確実とは言えない宣伝の文句が使われていたのです。

ICO開催時には、詐欺と間違われても仕方ないような、派手は宣伝文句がうたわれていました。

しかし、結果的にICOの結果は大成功。価格は一時ICO価格の400倍にまで大暴騰しました。そのため、「半年で億万長者」という一見胡散臭い宣伝文句は、嘘では無かったのです。

結果としては、宣伝文句を信じ投資した人は、大きく資産を増やすことができたでしょう。とはいえ、「当時の販売方法には問題があったのでは」という声は今も存在しています。

 当時は怪しまれたものの、エイダは時価総額ランキングの上位に位置し、国内取引所でも扱われています。もう詐欺という人はいないでしょう。

ICO価格が高額だった

仮想通貨エイダ/ADAのデメリット

ICOの時点での価格が高かったことも、問題視されたことがありました。エイダ(AID)のICOでは最低投資金額が定められており、一口10万円以上が必要でした。

エイダのICOが行われた当時、仮想通貨の業界では怪しいプロジェクトが乱立していました。そのため、エイダコインも詐欺ではないかと疑われたのです。

「投資家から集めた資金を持って、逃げるつもりでは?」と疑われてしまったのですね。

マルチ商法のような販売手法も使われていた。

仮想通貨エイダ/ADAのデメリット

エイダコインのICOで問題と言われる点は他にもあります。代理店を使った紹介制度を販売制度が「マルチ商法のようだ」と批判されたのです。

ICO開催当時、エイダコインには代理店が存在ました。購入者を勧誘した代理店には10%、さらにその上の代理店には5%が紹介報酬が入る仕組みで販売が行われたのです。

 こうした、一時代理店の下に二次代理店が存在する仕組みは、マルチ商法の組織の構造に非常に似ています。

そのため、マルチ商法のようだと批判を浴びてしまったのです。

ただ、全体を通してエイダのデメリットは、ICO時点の販売方法ぐらいしかありません。過去のことなので、気にする必要は無いでしょう。

仮想通貨エイダ/ADAが購入できる仮想通貨取引所

BITPoint(ビットポイント)

BITPoint(ビットポイント)

BITPointのココがオススメ
  • 出来高ランキングが国内№1※公式より
  • 国内で唯一トロン・エイダ・ジャスミーを取扱い中
  • 初めてでも直感的に使用可能なスマホアプリ
  • さまざまな手数料が無料
  • レンディングで仮想通貨を増やすことも可能
  • 最短当日から取引スタートできる

ビットポイントは、出来高ランキングが国内№1の取引所。ほかのでは取扱いの無い、エイダ・ジャスミー・トロンといった仮想通貨を売買できるのが特徴的です。※公式より

また、様々な手数料が無料に設定されており、コストが安く済むのもBITPointの強みと言えます。

 即時入金手数料・取引手数料・仮想通貨の入出金などを0円で行えます。

さらに、仮想通貨を貸して増やせるレンディングサービスも行っています。一定期間仮想通貨を貸し出すと、堅実に所有数量を増やすことができます。

口座開設のスピードの速さも特徴的。スマホからの申し込みで、最短当日にエイダコインを購入可能です。

取扱い通貨数 12種類
レバレッジ 2倍
販売所手数料 無料
取引所手数料 無料
仮想通貨の送金手数料 無料
入金手数料 振込入金:振込手数料のみ
即時入金:無料
出金手数料 無料
社名 株式会社ビットポイントジャパン

出典:ビットポイント公式

よくある質問

仮想通貨エイダ/ADAを購入できる取引所を教えてください。
ビットポイント(BITPoint)がオススメです。2021年11月現在、国内で唯一エイダコインを取り扱っています。
仮想通貨エイダ/ADAの特徴を教えて下さい。
仮想通貨エイダはカルダノ財団によってつくれた仮想通貨です。もともとはオンラインカジノで使われる通貨として開発されました。
仮想通貨エイダ/ADAにはどんなメリットがありますか?
ステーキングで枚数を増やせる、様々な企業と提携している、といったメリットがあります。
仮想通貨エイダ/ADAにはどんなデメリットがありますか?
過去のことではありますが、「ICOでの販売方法が怪しかった」との批判が存在することが、デメリットといえるでしょう。
仮想通貨エイダ/ADAには将来性はあるでしょうか?
将来性はあるでしょう。まだ開発段階ですが、時価総額ランキングは20221年11月現在10位以内です。国内取引所にも追加上場する可能性もあります。
仮想通貨エイダ/ADAはいつ完成するのですか?
ロードマップには5段階が存在しますが、2025年に第5段階が終了すると公式発表されています。
仮想通貨エイダ/ADAはどういった場面で使われていますか?
一例として韓国のメタップスプラスという決済アプリでエイダを利用できます。4万店舗以上で、決済にエイダコインが使用可能になっています。

まとめ

この記事では、仮想通貨エイダ/ADAの特徴将来性メリット・デメリット取り扱い取引所について解説しました。

エイダ/ADAは時価総額が高いことからも分かるように、世界中の人から支持されている仮想通貨です。

ロードマップも着実に前進しており、今後の期待は高いと思われます。今後もエイダ/ADAコインの動向に注視したいところです。

エイダコインはビットポイント(BITPoiot)で購入できます。まずは口座を作るところから始めましょう。

仮想通貨に関する関連記事

 

 

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事