仮想通貨のエアドロップ(Airdrop)とは|開催情報や受け取り方

仮想通貨のエアドロップ(Airdrop)とは|開催情報や受け取り方

監修者の紹介
増田さん

監修者増田 諒

2021年1月1日現在、全国に891世帯1,257名のクライアントを抱えるコンサルタントとして活動中。年間100件の個別相談のほか「マネー・ライフプランニング」「資産運用」「保険」「確定申告」「住宅ローン」「相続」等のテーマのセミナーで登壇。

MDRT入賞 7回 ・TLC(生命保険協会認定FP) ・CFP ・IFA(証券外務員1種)・ファイナンシャルプランニング技能士1級 ・宅地建物取引士 貸金業務取扱主任者

増田 諒Masuda Ryo

仮想通貨のエアドロップとは、無料で仮想通貨・トークンをもらえる方法です。そのため「タダで仮想通貨がもらえるなら、詳細を知りたい」と思う方も少なくないでしょう。

そこで今回の記事では、仮想通貨のエアドロップと何かや、メリット・デメリット、アドロップがもらえる取引所について解説しています。

仮想通貨のエアドロップについて知りたい方にオススメの内容です。ぜひ最後までご覧ください。

エアドロップ(Airdrop)に参加するなら!

BITPoint(ビットポイント)

\BITPointのおすすめポイント/

国内で唯一エアドロップに参加できるBITPointは、2021年10月現在で取扱い仮想通貨数10種類出来高が№1の仮想通貨取引所※1。スマホアプリもPCブラウザともに、取引ツールが非常に使いやすい点に特徴があり、さまざまな手数料はなんと無料。
また、ほかの取引所で扱わない通貨を積極的に上場させており、現在、日本で唯一トロン・エイダ・ジャスミーを取扱っています。

※1…2020年1月 - 12月(データ協力:App Annie)

仮想通貨のエアドロップとは、仮想通貨やトークンを無料でもらえるイベントのことです。条件をクリアすることで、様々なトークンを0円で手に入れることができます。

 多くの場合、エアドロップは新規プロジェクトの宣言の目的で行われます。

エアドロップを受け取る条件には以下のようなものがあります。

エアドロップをもらうためには?
  • 特定の通貨を保有していること
  • SNSでその通貨について決まった投稿をする

こういった、何かしらの条件を満たすことで、仮想通貨の無料配布対象になることができるのです。

SNSでたくさんの人がその通貨のことをつぶやけば、知名度が上がります。それを狙ってエアドロップ配布が行われることがあるのです。

仮想通貨のエアドロップのメリット

仮想通貨のエアドロップのメリット

エアドロップのメリット
  • 完全無料で仮想通貨やトークンが手に入る
  • エアドロップ仮想通貨やトークンが売却できる

完全無料で仮想通貨やトークンが手に入る

仮想通貨のエアドロップのメリット

一番のメリットは、何と言っても完全無料で仮想通貨やトークンがもらえることでしょう。

通常、仮想通貨を手に入れるには、お金を出して購入しなければいけません。しかしエアドロップであれば、無料で仮想通貨がもらえます。

 完全無料で仮想通貨をもらえるのが、エアドロップの一番分かりやすい魅力ですね。

エアドロップでもらえる仮想通貨やトークンは価値が不明な草コインな上に受け取れる量もわずかですが、将来値上がりするコインが含まれていることもあり得ます。

エアドロップは利益を狙いに行くのではなく、あくまで遊び感覚で参加すると良いでしょう。

エアドロップ仮想通貨やトークンが売却できる

仮想通貨のエアドロップのメリット

エアドロップでもらった仮想通貨・トークンは、後々に高値で売れる可能性があります。仮想通貨取引所に上場後に価格が高騰すれば、予想外に儲かることもあり得るのです。

 これまで、上場し大きく価格が上昇したものもあります。

もちろんこういったケースは非常に稀です。ほとんどの場合、エアドロップでもらった仮想通貨は価値上昇せず、全く利益にならないのが正直なところでしょう。

しかし、エアドロップでもらった仮想通貨が大きな利益につながることもあります。そのため、あまり期待しすぎることなくトークンを保管しておくのがオススメと言えます。

エアドロップで大きく儲かる可能性は高くはありませんが、夢がありますね。

仮想通貨のエアドロップのデメリット

仮想通貨のエアドロップのデメリット

悪用のリスク

エアドロップでは、受け取りの際に何かしらの手続きが必要になることが多いです。特にメールアドレスはほぼ必須ですが、この時にメインアドレスを登録するのはオススメできません。

登録したメールアドレスには、その後大量の宣言メールが送られてくる可能性があるからです。

 そのため、普段メインで利用しているメールアドレスを登録するのはやめた方がいいです。エアドロップ専用の捨てメールアドレスを用意しましょう。

また、メールアドレス以外にも、様々なものを要求される可能性があります。特に秘密鍵やウォレットのパスワードを求められた場合は要注意

エアドロップを餌に個人情報を抜き取ろうとする詐欺業者の可能性もあります。不審に思うことがあれば参加を見送ったほうがいいでしょう。

通常ウォレットの秘密鍵やパスワードを求められることはあり得ません。求められたら、参加を見送りましょう。

【2021年10月】開催中の仮想通貨のエアドロップ

【2021年10月】開催中の仮想通貨のエアドロップ

2021年10月現在行われているエアドロップとしては、以下のようなものがあります。

現在開催中のエアドロップ
  • StarSharks (SSS)
  • Vodra(VDR)
  • Dinosaureggs(DSG)
  • APENFT

こういったトークンのエアドロップが、2021年10月現在開催中です。中でもオススメなのはAPENFTというエアドロップです。

APENFTは、トロン(TRX)所有者であれば参加でき、ほかのエアドロップに比べ圧倒的に受け取り方が非常に簡単です。

 APENFTはビットポイント(BITPoint)でトロンを購入することで、受け取ることが可能ですよ。

ちなみに、2021年9月にはIOST所有者に対して、「DON」というトークンを配布するエアドロップも行われていました。

IOSTはコインチェックで取扱いされていますが、コインチェックはエアドロップ未対応でした。そのため、エアドロップ対応の海外取引所に仮想通貨を送ることで受け取りができました。

エアドロップは、取引所が対応していないケースもあるので、確認が必要ですね。

※参照:ビットポイント公式 ヤフーニュース公式

仮想通貨のエアドロップの受け取り方

仮想通貨のエアドロップの受け取り方

仮想通貨のエアドロップの受け取り方
  • 自分で探して受け取る
  • 取引所でエアドロップを受け取る

自分で探して受け取る

仮想通貨のエアドロップの受け取り方

自分で探して受け取る場合には、以下のような手順を踏むことになります。

・メールアドレスやSNSのアカウントを準備する
・ウォレットを準備する
・エアドロップに参加
・注意点を押さえておく

メールアドレスやSNSのアカウントを準備する

仮想通貨のエアドロップの受け取り方

エアドロップの参加にはメールアドレスやSNSのアカウントが必要です。メールアドレスはGmailなどのフリーアドレスを作りましょう。

エアドロップに使用したメールアドレスには、宣伝用のメールが多数届くことが多いです。そのため、普段使用しているアドレスの使用はオススメできません。

 エアドロップ専用の「捨てアド」を用意することをおすすめします。

さらに、SNSのアカウントが必要になることも多いので、作っておきましょう。Telegram・Twitter・Facebookなどのアカウントは専用に用意することをオススメします。

SNSのアカウントについても、個人情報登録済みのアカウントは利用しないほうがいいでしょう。エアドロップ専用アカウントを用意しましょう。

ウォレットを準備する

仮想通貨のエアドロップの受け取り方

エアドロップを手にするには、ウォレットが必要になります。もらえるのは多くがイーサリアムのブロックチェーン上で動くトークンです。

そのため、Metamaskなどのイーサリアムウォレットの準備をしておきましょう。

エアドロップに参加

TwitterやBitcointalkなどで得ることができので、その情報を頼りにエアドロップに参加していきます。

 また、コインマーケットキャップでも、開催中のエアドロップ情報を仕入れることができオススメです。

専用のフォームから申し込む・テレグラムで自動Botに回答するなどのパターンがあります。

注意点を押さえておく

仮想通貨のエアドロップの受け取り方

エアドロップ実施者の中には、悪質な業者が混ざっていることがあります。そのため、以下のような点に注意しましょう。

エアドロップ参加の注意点

・本人確認が必要な場合は参加しない
・ウォレットのパスワードや秘密鍵を要求された場合は参加しない

通常、本人確認書類やウォレットの情報を、エアドロップ参加時に要求されることはありません。こういったものを要求された場合は要注意。エアドロップ参加は見送りましょう。

エアドロップの主催者の中には怪しい団体もあります。個人情報の提出や秘密鍵の入力はしないようにしましょう。

取引所でエアドロップを受け取る

仮想通貨のエアドロップの受け取り方

取引所でエアドロップを受け取りできるケースもあります。この場合は取引所口座に特定仮想通貨を所有することで、エアドロップに参加できます。

このタイプのエアドロップは、登録フォームへの入力などの手間がかかりません。自分でエアドロップを探すのに比べ、非常に楽な方法と言えます。

 ただし、エアドロップに対応した取引所でなければ受け取りできない点には注意が必要です。

取引所で行われたエアドロップの一例として、2021年9月に行われたIOST所有者に対するエアドロップが挙げられます。こちらは韓国の「Donnie Finance」が行ったもの。

IOST所有者にDONというトークンが配布されました。このイベントは終了済みですが、このように特定の仮想通貨所持者に配布するのも開催しています。

ちなみに、コインチェックはIOSTを取扱いしていますがエアドロップに対応していませんでした。
このようにエアドロップに取引所が対応していない場合、対象通貨を持っていてもエアドロップを受け取りできません。
利用している取引所がエアドロップに対応しているかどうかは確認しておく必要がありますね。

エアドロップに唯一参加できる仮想通貨取引所はここ!

BITPoint(ビットポイント)

BITPoint(ビットポイント)

BITPoint(ビットポイント)
  • APENFTのエアドロップがもらえる
  • トロンを国内で唯一取扱い中
  • 様々な手数料が無料
  • レンディングで仮想通貨を増やせる
  • 最短当日取引開始できる

BITPoint(ビットポイント)は、2021年現在、エアドロップを受け取れる唯一の国内仮想通貨取引所です。BITPointを利用すると、APENFTというトークンのエアドロップに参加できます。

参加方法は非常に簡単。取引所の口座内にトロン(TRX)を100TRX以上保有していれば、対象になります。特に申請などは必要なく、取引所がスナップショップを撮影しエアドロップを行います。

 スナップショットは毎月10日の21時に行われています。この時間の前後はメンテナンス中になり、トロンの売買ができなくなります。

エアドロップに興味がある場合、この方法がお手軽なのでオススメです。ビットポイントは口座開設がスピーディなのも大きな特徴。最短当日に仮想通貨を購入できます。

APENFTトークンの配布時期は未定ですが、決まったら運営から発表されます。
注意点としてはレンディングサービスに利用しているトロン(TRX)については、エアドロップの対象にはならないこと。あくまで、通常の口座内にあるトロンのみが対象になると考えましょう。

エアドロップ期間は2023年6月10日(土)までで、それまでは毎月スナップショットされる予定になっています。

 トロンを購入して置いておくだけで気軽にエアドロップを受け取れます。自分で探すのは大変なので、まずはこの方法で体験してみるといいでしょう。
取扱い通貨数 12種類
レバレッジ 2倍
販売所手数料 無料
取引所手数料 無料
仮想通貨の送金手数料 無料
入金手数料 振込入金:振込手数料のみ
即時入金:無料
出金手数料 無料
社名 株式会社ビットポイントジャパン

※参照 公式サイト

エアドロップに関するよくある質問

エアドロップに参加するために口座を作るべき取引所はありますか?
ビットポイント(BITPoint)で口座を作り、トロンを100TRX保有するとAPENFTのエアドロップがもらえます。
エアドロップに参加するメリットにはどういったことがありますか?
完全無料で仮想通貨・トークンがもらえ、高値で売れる可能性があるのが大きなメリットと言えるでしょう。
エアドロップに参加するデメリットはありますか?
個人情報を安易に提出すると、悪用されるリスクがあります。ほかにも、手間をかけて受け取った仮想通貨が、全く価値が無い可能性もあります。
2021年10月現在どんなエアドロップがありますか?
StarSharks (SSS)」「Vodra(VDR)」「APENFT」などのエアドロップがあります。APENFTが最も手軽にもらえるエアドロップと言えるでしょう。
エアドロップを受け取るにはどうしたらいいですか?
エアドロップを探して応募するか、エアドロップがもらえる取引所に仮想通貨を保有すると、受け取ることができます。
エアドロップで利益が出せる可能性はあるのでしょうか?
可能性は高くはありませんが、利益が出ることはあるでしょう。実際に過去にはエアドロップで配られたトークンの価格が大きく上がった例もあります。
エアドロップには危険なものはありますか?
エアドロップの中には危険なものも存在します。個人情報確認書類の提出や、ウォレットの秘密鍵の入力は危険なので絶対に避けてください。

まとめ

エアドロップは、完全無料で仮想通貨をもらえるメリットがあります。有効活用すれば一切自己資金を投資せず利益を出せる可能性もあるでしょう。

しかし、エアドロップ実施者の中には悪質な団体が存在するのも事実。個人情報書類の提出や、秘密鍵の入力を求められた場合には、そのエアドロップへの参加は控えるようにしてください。

今回の記事を参考に、安全にエアドロップを活用し利益を出していきましょう。

まずは、ビットポイントに登録しAPENFTのエアドロップに参加してみるのもいいでしょう。

仮想通貨に関する関連記事

 

 

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事