【2021年最新】取引手数料が安いおすすめ仮想通貨取引所4選比較

【最新】取引手数料が安いおすすめ仮想通貨取引所5選を徹底比較!

監修者の紹介
増田さん

監修者増田 諒

2021年1月1日現在、全国に891世帯1,257名のクライアントを抱えるコンサルタントとして活動中。年間100件の個別相談のほか「マネー・ライフプランニング」「資産運用」「保険」「確定申告」「住宅ローン」「相続」等のテーマのセミナーで登壇。

MDRT入賞 7回 ・TLC(生命保険協会認定FP) ・CFP ・IFA(証券外務員1種)・ファイナンシャルプランニング技能士1級 ・宅地建物取引士 貸金業務取扱主任者

増田 諒Masuda Ryo

仮想通貨取引所を利用すると必ず発生する手数料。手数料が高くなるとその分利益が減るため、できるだけ安く抑えたいと思うのが当然でしょう。

そこでこの記事では、仮想通貨取引にかかる手数料の種類や、取引所と販売所の違い手数料を安く抑えるコツについて解説します。併せて、手数料で選びたいおすすめ取引所5選も紹介します。

手数料を安く抑えた方にピッタリの内容です。ぜひ最後までご覧ください。

手数料が安いおすすめ取引所5選比較

コインチェック(Coincheck)
DMM Bitcoin
BITPoint
bitFlyer
(ビットフライヤー)
GMOコイン
coincheck
dmmbitcoin
bitFlyer
GMOコイン
取引所手数料
無料
無料
(BitMatch取引手数料を除く)
無料
約定数量 × 0.01 ~ 0.15%
(単位: BTC)
メイカー:-0.01%
テイカー:0.05%
販売所手数料
無料
無料
(BitMatch取引手数料を除く)
無料
無料
無料
レバレッジ
なし
2倍
なし
最大2倍
2倍
最低取引額
0.005通貨単位以上
(500円相当額以上)
0.0001BTC〜
(約1,000円相当)
0.00000001BTC単位
0.00000001BTC
(1円から取引可能)
0.0001 BTC/回
取引通貨数
18種類
15種類
12種類
15種類
20種類
キャンペーン・特典
本人確認と入金で
BTC2,500円分
プレゼント
新規口座開設でもれなく即時2,000円プレゼント!
※2022年4月1日(金)7時00分~2022年8月1日(月)6時59分
BTC+ADA+DEP合計3,000円相当プレゼント!
公式サイトをチェック!
シンボルの預入または購入で総額100万円相当山分け!
※2022年4月21日11:59まで
公式サイトをチェック
毎日10人に現金1,000円当たる!

Coincheck(コインチェック)

Coincheck(コインチェック)

Coincheckの特徴
  • 豊富な17銘柄の仮想通貨
  • 取引所取引の手数料がTaker、Makerともに無料!
  • 積立購入や貸暗号資産でリスクを抑えることができる
  • Coincheckつみたてで毎月一定額自動で積立が可能
  • 保有する仮想通貨を貸し出して利息収入を得られる

老舗企業の仮想通貨取引所であるコインチェックは、アルトコイン含む仮想通貨が17銘柄もあるので初心者の方にもおすすめできます。

また、Coincheckつみたてでは暗号資産を毎月一定額自動で積立し、安定した投資ができるサービスを展開しています。リスクを抑えることが可能です。

さらに、貸仮想通貨を利用することで、保有する仮想通貨を貸し出して利息収入を稼ぐことができるため、長期的に稼ぎたいという人におすすめです。

Coincheckのアプリも使いやすいデザインが人気で、ダウンロード数は国内№1を誇ります。

取扱い通貨数 17種類
レバレッジ

無し

販売所手数料 無料
取引所手数料 無し
主な通貨の送金手数料

通貨によって異なります。
※コインチェックユーザー間無料

取引手数料
  • コンビニ入金
    3万円未満:770円
    3万円以上30万円以下:1018円
  • クイック入金
    3万円未満:770円
    3万円以上50万円以下:1018円
    50万円以上:入金金額×0.11% + 495 円

※全て税込です。

出金手数料
407円(税込)
社名
コインチェック株式会社

DMM Bitcoin

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)

DMM Bitcoinの特徴
  • レバレッジ取引できる仮想通貨の種類が№1※公式より
  • 機能が豊富で使いやすい取引ツール
  • 取引手数料・出金手数料が無料※BitMatch取引手数料を除く
  • 最短1時間以内に取引開始可能
  • スマホアプリもPC版に匹敵する高機能

DMM Bitcoinは、ビットコインはもちろん、イーサリアムなど将来有望なアルトコインを含む15種類の仮想通貨を取り扱っています。また、レバレッジ取引にチャレンジしたい方でも2倍まで対応しています。

また、BitMatch注文というDMM Bitcoinが提供する販売所価格の中値で買い手と売り手がマッチングした際に取引が成立するという取引方法が可能です。

 販売所取引では、買値と売値にスプレッドが上乗せされていますが、BitMatch注文を利用することでスプレッドを気にせず取引ができることが大きなメリットです。

また、入金手数料、出金手数料が無料で利用できるため、頻繁に口座資金を移動する人にも使いやすいです。

さらにレバレッジ取引を行うことでより資金効率を高めて取引を行うことができます。

取扱い通貨数 15種類
レバレッジ 2倍
販売所手数料 無料
取引所手数料 無料
主な通貨の送金手数料 無料
取引手数料 無料
※レバレッジ手数料は0.04%/建玉ごと
出金手数料
無料
社名
株式会社DMM Bitcoin

新規口座開設キャンペーン!もれなく即時で2,000円プレゼント
※2022年4月1日7:00〜2022年8月1日6:59

BITPoint(ビットポイント)

BITPoint(ビットポイント)

BITPointのココがオススメ
  • 出来高ランキングが国内№1※公式より
  • 国内で唯一トロン・エイダ・ジャスミーを取扱い中
  • 初めてでも直感的に使用可能なスマホアプリ
  • さまざまな手数料が無料
  • レンディングで仮想通貨を増やすことも可能
  • 最短当日から取引スタートできる

BITPointは、出来高ランキングが国内№1の取引所で、2022年3月現在ではほかの取引所では取扱いの無いエイダジャスミートロンといった仮想通貨を売買できるのが特徴的です。※公式より

また、様々な手数料が無料に設定されており、コストが安く済むのもBITPointの強みと言えます。

 即時入金手数料・取引手数料・仮想通貨の入出金などを0円で行えます。

さらに、仮想通貨を貸して増やせるレンディングサービスも行っています。一定期間仮想通貨を貸し出すと、堅実に所有数量を増やすことができます。

口座開設のスピードの速さも特徴的。スマホからの申し込みで、最短当日にエイダコインを購入可能です。

取扱い通貨数 12種類
レバレッジ 2倍
販売所手数料 無料
取引所手数料 無料
仮想通貨の送金手数料 無料
入金手数料 振込入金:振込手数料のみ
即時入金:無料
出金手数料 無料
社名 株式会社ビットポイントジャパン

bitFlyer(ビットフライヤー)

おすすめの仮想通貨取引所No.1!bitFlyer

bitFlyerの特徴
  • BTCの取引量が国内№1
  • 取引手数料など様々な手数料が完全無料
  • かんたん操作で取引できる
  • 14種類の仮想通貨を100円から売買可能
  • 100%の顧客資産をコールドウォレットで保管

※Bitcoin日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2021 年の年間出来高(差金決済/先物取引を含む)

bitFlyerは15種類のビットコイン・アルトコインが100円から始められるのが大きな特徴です。また、全通貨販売所での手数料が無料なのも初心者にも優しいポイントです。

入金も住信SBIネット銀行のクイック入金であれば日本円の手数料が無料になるので、口座を持っている方はお得に取引することができます。

取扱い通貨数 15種類
レバレッジ 最大2倍
※bitFlyer Lightningで可能
販売所手数料 無料
取引所手数料 0.01%~0.15%
主な通貨の送金手数料 通貨によって異なります。
入金手数料
  • クイック入金手数料
    住信SBI銀行から入金:無料
    住信SBI銀行以外からの入金:330円(税込)
  • 銀行振込:無料
    ※振込手数料の負担はあり
出金手数料
  • 220円~770円(税込)
社名
株式会社 bitFlyer

出典:公式サイト

※公式サイトより

GMOコイン

GMOコイン

ココがオススメ
  • オリコン顧客満足度№1※公式より
  • 国内で唯一コスモス(ATOM)を取扱い中
  • 安心のGMOグループ
  • レバレッジ取引の銘柄数が国内最多
  • APIでの自動売買も可能
  • 81種類のインジケーター・70種類を超える描画機能が利用できる
  • 口座開設は最短わずか10分程度で完了

GMOグループの仮想通貨取引所。販売所・取引所両方で仮想通貨を売買できます。取引所では、Maker側であれば取引手数料を受け取ることが可能です。

 スマホからの申し込みで、最短10分間で取引開始可能なスピード感もうれしいです。※2

定期的にキャンペーンを実施しているのもGMOコインの特徴です。2021年9月19日現在は、毎日10人に現金1000円が当たる、キャンペーンを実施中です※3

パソコンの取引ツール、スマホアプリともに高機能で使いやすいのもGMOコインの魅力と言えるでしょう。
取扱い通貨数 20種類
レバレッジ 最大2倍
販売所手数料 無料
取引所手数料 Maker:-0.01%
Taker:0.05%
主な通貨の送金手数料 無料
入金手数料

無料(振込手数料は利用客負担)

出金手数料

無料

社名
GMOコイン株式会社

仮想通貨(暗号資産)の購入で毎日10名当選のチャンス!現金1,000円が当たる!
終了時期未定

出典:公式サイト

※1※2 公式サイトより

※3 常時開催。ただし予告なく延長・変更または終了する場合があります。

 

仮想通貨取引でかかる手数料の種類を解説

仮想通貨取引の手数料の種類
  • 口座開設手数料
  • 日本円の入出金手数料
  • 仮想通貨の入出金手数料
  • 取引手数料

口座開設手数料

仮想通貨取引でかかる手数料の種類を解説

最初の手数料は口座開設手数料です。口座開設の際に手数料がかかる金融機関も存在しますが、仮想通貨取引所は基本的に手数料無料になっています。

弊サイトで紹介している取引所は、全て口座開設手数料は完全無料です。

日本円の入出金手数料

日本円の入出金の際にも手数料がかかることが多いです。まず入金の際には、銀行の振り込み手数料とは別に、取引所の側でも入金手数料がかかるのが一般的です。

 つまり入金の際には、銀行に払う手数料と、取引所に払う手数料の両方がかかるということです。

また、出金の際にも多くの取引所では出金手数料が発生します。

DMM Bitcoinなど、入出金手数料が無料の取引所も存在します。
※ BitMatch取引手数料を除く

仮想通貨の入出金手数料

仮想通貨取引でかかる手数料の種類を解説

仮想通貨の入出金の際にも手数料がかかることが多いです。自分のウォレットなどから入出金の際には、自動的に手数料が引かれると認識しておきましょう。

 仮想通貨の入出金手数料は、仮想通貨の種類によって異なることが多いです。

取引手数料

取引所での取引の際にも手数料が発生します。注文の約定の際に、自動的に差し引かれます。

一方、販売所では取引手数料は無料に設定されていることが多いです。しかし、その分スプレッドが実質の手数料として存在します。

取引所で発生する売買手数料よりも、販売所で設定されているスプレッドの方が割高になることが多いです。

仮想通貨取引所の販売所と取引所の違いを解説

仮想通貨取引所の販売所と取引所の違いを解説

販売所

販売所では、仮想通貨業者と取引を行います。業者が所有している仮想通貨を、日本円や他の仮想通貨と交換する形で購入できます。

そのため、売買の際には仮想通貨交換業者が提示する金額で、取引することになります。販売所では売値と買値には差があり、この値をスプレッドと言います。

 販売所は業者とのやり取りになるため、必要な時にすぐに仮想通貨の売買を行えるのが、大きなメリットです。

取引所

仮想通貨取引所の販売所と取引所の違いを解説

取引所は、ユーザー同士が仮想通貨の取引を行える場所です。希望価格での注文後に、買い手と売り手の価格が一致すれば取引が成立します。

 取引所では取引手数料がかかりますが、販売所のスプレットと比べると安価なことが多いです。

取引所での売買は、販売所と比べ取引コストが安いのがメリットと言えます。その反面、取引画面が販売所に比べると複雑に見える可能性があり、初心者には使いにくいかもしれません。

取引コストを抑えたい場合には、取引所にも積極的に慣れていったほうがいいでしょう。

仮想通貨取引の手数料を安く抑えるコツは?

仮想通貨取引の手数料を安く抑えるコツは?

手数料を安く抑えるコツ
  • 価格変動が激しい時には販売所を使わない
  • 慣れてきたら取引所をメインで使うようにする
  • 入出金はまとめて行うべき

価格変動が激しい時には販売所を使わない

仮想通貨は値動きが激しい時には、需要と供給のバランスが崩れスプレッドが広がる傾向があります。そのため、値動きが激しいときに取引すると、コストが高くなりやすいです。

 可能であれば、値動きが落ち着いてから取引したほうが、スプレッド狭くなりやすいです。

よって、値動きが激しくスプレッドが広い時には、取引を避けるのが一番です。どうしてもすぐにトレードしたい場合には、取引所で売買を行うといいでしょう。

慣れてきたら取引所をメインで使うようにする

仮想通貨取引の手数料を安く抑えるコツは?

取引所では売買手数料が発生し、販売所ではスプレッドが発生します。いずれにしてもコストがかかりますが、取引所の手数料の方が安いケースがほとんど。

 販売所は操作が簡単なので使いたくなりますが、割高のスプレッドを支払わなくてはなりません。

そのため、取引に慣れてきたら取引所をメインで利用することをおすすめします。販売所を使い続けていると、広めのスプレッドに悩まされ続けることになるかもしれません。

コストを抑えるには、販売所をメインに使うのは初心者のうちだけにした方がいいでしょう。

入出金はまとめて行うべき

コストを抑えるためには、入出金はできるだけまとめて行うべきです。入出金を頻繁に行うと、そのたびに手数料がかかるからです。

例えば10万円を入金するのに1度で入金すれば手数料の発生は一度のみ。それに対し、1万円を10回入金すれば手数料は10回分かかってしまいます。

 このように小分けに入出金をすると、手数料を損してしまいます。

やむを得ない場合を除き、入出金はまとめて行ったほうがいいでしょう。

手数料以外の、取引所を選ぶ際のポイントは?

メインの仮想通貨取引所を利用する最もあてはまる理由はなんですか?

弊サイトが独自で行った仮想通貨に関するアンケート調査において、「メインで利用している仮想通貨取引所を選んだ際の最も当てはまる理由は?」の問に対し、多くの方が回答したのが「会社の信頼性」と「セキュリティの高さ」でした。

投資ということもあり、手数料の安さよりも重点的に取引所を選ぶポイントとして挙げた方が多い結果となりました。
上記に挙げた理由と、それ以外も含めて仮想通貨取引所を選ぶ際のポイントとして挙げられる詳細を解説します。
取引所を選ぶ際のポイント
  • 会社の信頼性は高いか
  • 取扱い仮想通貨の種類
  • 流動性があるかどうか
  • 使いやすさ

会社の信頼性は高いか

手数料以外の、取引所を選ぶ際のポイントは?

仮想通貨取引所を選ぶ際には、安全性の高さを必ず確認しなければいけません。多くの資金が存在する仮想通貨取引所は、常に世界中のハッカーから狙われています。

そのため、セキュリティがしっかりしているかどうか必ず確認しましょう。

 コールドウォレットでの管理やマルチシグの利用、秘密鍵の管理体制などは、チェックすべきポイントと言えます。

また、金融庁に登録済みかどうかを確認するのも有効です。登録業者は一定水準以上のセキュリティが備わっているので、登録番号の有無をみるのもいいでしょう。

安全性の高さなら

取扱い仮想通貨の種類

手数料以外の、取引所を選ぶ際のポイントは?

取り引きしたい仮想通貨を取り扱っているかどうかは、言うまでも無く重要です。ビットコインやイーサリアムなどの有名通貨は多くの取引所で売買できます。

しかし、ほかの通貨はどこでも買えるというわけではありません。そのため、取引したい仮想通貨の取扱いがあるかを確認してから、口座開設するようにしましょう。

 欲しい通貨を取り扱っていない取引所の口座を作っても、購入できないので気を付けましょう。

弊サイトで紹介している仮想通貨取引所の中では、取り扱い通貨数が最も多いのがCoincheckで17種類もの銘柄を取り扱っています。

17種類の銘柄に投資できる

流動性の高さ

利用者が多く売買が盛んに行われているかどうかも重要です。取引所を利用する場合、仮想通貨の売買はユーザー同士で行われるため、相手がいなければ売買が成立しません。

流動性が高い取引所であれば、市場価格に近い金額での売買であればすぐに成立します。一方、流動性が低いとなかなか取引成立しない恐れがあります。

流動性の高さは板を見ればすぐわかります。板に多くの注文が並んでいる業者を選択するようにしましょう。
弊サイトで紹介した取引所は、高い流動性が確保できている業者ばかりです。

使いやすさ

手数料以外の、取引所を選ぶ際のポイントは?

取引所ツールの使いやすさも重要です。特にスマホアプリは使用頻度が多くなりがちなので、操作しやすいか同課は非常に重要でしょう。

また、スマホアプリにどういった機能が備わっているも大切です。スマホアプリでできることは、取引所によって違いがあります。

 分析ツール・描画ツールでの相場分析や、チャートの分割表示ができるアプリもあります。

とはいえ、使わない機能が大量に詰め込まれていると、かえって使いにくく感じる可能性もあります。

好みの問題もあるので、どの取引所のアプリが使いやすいか比較したり、無料で開設ができるため一度試してみるのも一つの手です。

よくある質問

取引手数料が安い仮想通貨取引所はどこですか?
Coincheck・DMM Bitcoin・GMOコイン・BITPointなどの取引所は、取引コストが安くおすすめできます。
仮想通貨取引にはどんな種類の手数料がかかりますか?
口座開設手数料・日本円、仮想通貨の入出金手数料・取引手数料といった手数料が発生します。
仮想通貨取引所の販売所と手数料の違いを教えてください。
販売所では仮想通貨の交換業者と取引を行い、取引所ではユーザーどうしで取引を行います。
仮想通貨取引の手数料を抑える方法はありますか?
価格変動が激しいときに販売所を使わない、できるだけ取引所をメインで利用する、入出金はまとめて行う、などを心がけるといいでしょう。
手数料以外に取引所を選ぶポイントはありますか?
取扱い仮想通貨・安全性・流動性・使いやすさといった点を確認し、使用する取引所を選択するといいでしょう。
販売所で発生するスプレッドを抑えるにはどうしたらいいですか?
値動きが激しいときはスプレッドが広がる傾向があるので、避けた方がいいでしょう。また、取引所を使うとスプレッドを気にせず取引可能です。
取引所のmakerとtakerの違いはなんですか?
makerは取引所で注文を出す立場の人で、takerはすでにある注文を約定する立場の人です。makerとtakerでは手数料に違いがあるのが一般的です。

まとめ

この記事では、仮想通貨の手数料の種類販売所と取引所の違い手数料を安く抑えるコツおすすめの仮想通貨取引所についてお伝えしました。

取引業者によって入出金手数料の有無や、取引所での取引が可能かどうかに違いなどのあります。

仮想通貨交換業者を上手に使うことで、取引コストは大幅に節約できる可能性があります。

ぜひ今回の内容を参考に、手数料の安い取引所で仮想通貨投資を始めてみてください。

仮想通貨に関する関連記事

 

 

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事