仮想通貨リンク/LINKとは?特徴・メリット・将来性を徹底解説!

仮想通貨リンク/LINKの今後・将来性を予想|特徴やメリットも解説

監修者の紹介
増田さん

監修者増田 諒

2021年1月1日現在、全国に891世帯1,257名のクライアントを抱えるコンサルタントとして活動中。年間100件の個別相談のほか「マネー・ライフプランニング」「資産運用」「保険」「確定申告」「住宅ローン」「相続」等のテーマのセミナーで登壇。

MDRT入賞 7回 ・TLC(生命保険協会認定FP) ・CFP ・IFA(証券外務員1種)・ファイナンシャルプランニング技能士1級 ・宅地建物取引士 貸金業務取扱主任者

増田 諒Masuda Ryo

「仮想通貨リンク/LINKってどうなんだろう?」と思いませんか?

LINEが発行していることで、仮想通貨に詳しい人には存在を知られており、今後が気になる方もいらっしゃることでしょう。

そこでこの記事では、仮想通貨リンク/LINKの特徴、将来性、メリット・デメリット、おすすめ取引所を紹介しています。

仮想通貨リンク/LINKについて詳しく解説しています。ぜひ最後までご覧ください。

仮想通貨リンク/LINKとは?特徴を解説

仮想通貨リンク/LINKとは?特徴を解説

通貨名 LINK
シンボル LI
発行元 LINE TECH PLUS PTE. LTD.
総発行量 10億LINK
時価総額 ¥160,158,318,709
時価総額ランキング 215位
現在価格 ¥26,805
仮想通貨リンク/LINKの特徴
  • LINKはLINEが発行した仮想通貨
  • LINE Token Economyと独自通貨LINK
  • 様々なdApps(分散型アプリ)を提供予定

LINKはLINEが発行した仮想通貨

仮想通貨リンク/LINKとは?特徴を解説

LINKはコミュニケーションツールのLINEが発行した仮想通貨です。仮想通貨の世界では日々、さまざまな通貨が生み出されています。

しかし、その多くがユーザーの生活の向上にはつながっておらず、価値の高いサービスはほぼ提供されていないとLINEは考えています。

 LINE社は、ユーザーの価値にとって意義のあるサービスが提供されていないことを問題視したわけです。

そこで、LINE株式会社は「LINE Token Economy」を基盤とし、独自仮想通貨であるLINK(リンク)を発行しました。

今後LINE BLOCKCHAINからは、独自のdApps(分散型アプリケーション)が発表される見通し。ユーザーにとって、価値のあるサービスが展開される予定です。

LINE Token Economyと独自通貨LINK

仮想通貨リンク/LINKとは?特徴を解説

LINEは独自通貨LINKを利用した、独自トークンエコノミー「LINE Token Economy」の実現を目指しています。

このトークンエコノミー内では、オンラインコンテンツ・ゲームなど様々なものがリリースされ、LINKが流通する予定です。具体的には、以下のようにLINKが使われる計画です。

LINEトークンエコノミー内でのLINK流通
  • コンテンツクリエイターへの還元
  • コンテンツへのレビュー投稿に対する還元
  • SNS投稿・いいね、シェアに対する還元
  • ゲームプレイでLINK獲得・ゲームアイテムをLINKで購入できる
  • LINKを取引所で日本円に換金し、LINEPayにチャージ

仮想通貨LINKは、LINE経済圏の中で様々な用途で利用され、現金化してLINEPayにチャージすることもできます。このようなトークンエコノミー構築を、LINEでは目指しているのです。

LINKトークンエコノミーが実現すれば、LINEユーザーの大部分がLINKを利用する日がくることでしょう。

LINEブロックチェーンを利用したサービスがすでに存在

仮想通貨リンク/LINKとは?特徴を解説

LINEブロックチェーン上では、独自サービス開発プラットフォーム「LINE Blockchain Developers」が存在します。

このツールを利用すると、LINE Blockchainを利用した製品を簡単に開発可能です。ちなみに、LINEブロックチェーンを基盤にしたサービスはすでに存在しています。

LINEブロックチェーンを基盤にしたサービス
  • モバイルRPGゲーム「ないとストーリー」
  • 電子契約サービス「リンクサイン(linksign)」
  •  ソーシャルメディア「aFan」
  • MMO戦略ゲーム「リーグオブキングダム for LINE Blockchain」
  • コインプッシュゲーム「CryptoDozer」
  • ソーシャルカラオケアプリ「SOMESING」
  • スポーツゲーム「Crypto Sports(仮称)」
LINEブロックチェーンを利用し開発されたサービスは、今後も増えていくことでしょう。

仮想通貨リンク/LINKの今後の将来性は?

仮想通貨リンク/LINKの今後の将来性は?

仮想通貨リンク/LINKには高い将来性があるかもしれません。理由の以下の通りです。

仮想通貨リンク/LINKの将来性
  • NFTマーケットがスタートしている
  • NFT領域でヤフオクと連携
  • 2021年に価格が大きく上昇している

LINE発行の仮想通貨である

仮想通貨リンク/LINKの今後の将来性は?

なんと言ってもLINEが発行している仮想通貨であることは、LINKの将来性が高い一番の要因と言えるでしょう。

LINEのユーザー数は日本国内で8000万人、全世界では1億6700万人。LINEトークンエコノミーが完成すれば、この中の大部分がLINKを利用する可能性があります。

 プラットフォーム内ではLINKが流通するため、トークンエコノミーで発表されるアプリを利用すれば、必然的にLINKを使うことになります。

特に日本では、LINEツムツムやLINEmusicなどの、LINEリリースのアプリが多くの人に使われています。そのためLINEがリリースするdApps(ブロックチェーンアプリ)も、使用される機会が非常に多いことが予想できます。

8000万人以上の人がLINKを利用すれば、当然価格は跳ね上がることでしょう。

NFTマーケットがスタートしている

仮想通貨リンク/LINKの今後の将来性は?

2021年6月、LINEは独自NFTマーケットプレイス「Adam byGMO」β版をリリースしました。このマーケットプレイスでは、NFTの売買の際に仮想通貨LINKを利用します。

2021年現在、NFTは2021年の流行語と言えるまでに流行っています。そのため、NFTマーケットをLINEがリリースしたのは大きなニュースと言えます。

 2021年はNFTアートが75億円で購入されており、NFTがブームになっています。

ちなみに、NFTマーケットオープンの際には記念とししオリジナルNFTのプレゼントも行われました

8月~9月に、LINEのキャラクター「BROWN & FRIENDS」のNFTがもらえるキャンペーンが開催されました。

現在LINEのNFTマーケットはまだ実験段階のβ版。まだ正式なオープンには至っていません。正式にスタートされればLINEから気軽にNFTにアクセスできる環境ができたことが大きなニュースになるでしょう。

 ちなみにLINEブロックチェーン上で作られたNFTとして、ももくろのトレーディングカードが存在します。

NFT領域でヤフオクと連携

仮想通貨リンク/LINKの今後の将来性は?

NFTの領域で、LINEとヤフオクは提携しています。2021年度の冬からヤフオクで、LINE Blockchain上で発行されたNFTの取扱いが開始することが決まっているのです。

取扱いがスタートすれば、LINEブロックチェーン上で発行されたNFTを、ヤフオク上で出品・落札できるようになります。

 日本人のほとんどが知っている、ヤフオクとLINEブロックチェーンが連携したのは大ニュースでしょう。

2021年11月現在、まだNFTの売買開始時期は発表されていませんが、そう遠くない未来にスタートするはずです。

そうなれば、LINEブロックチェーンや、LINKの存在感はさらに増すことになるでしょう。

ヤフオクとの提携を知る人は少ないはず。多くの人がこの事実に気が付けば、価格は高騰するかもしれません。

2021年に価格が大きく上昇している

仮想通貨リンク/LINKの今後の将来性は?

2021年1月ごろ、LINKは1LN=1000円程度の価格でした。しかし、2021年4月には、最高で1LN=35000円以上を記録。

2021年11月現在は、1LN=28000円程度の価値になっています。このように2021年に入り、LNは非常に大きな価格上昇を見せています。

 LINKの価格は、今年に入ってから最大で30倍以上に、跳ね上がったのですね。

もちろん、仮想通貨市場全体の盛り上がりの恩恵で、価格が上昇したという可能性はあります。しかし、もしも全く期待できない仮想通貨であればこのような価値上昇はしなかったはずです。

やはりLINEが発行している仮想通貨ということで、LINKに注目する人は多いのでしょう。
こうした価格上昇の事実から考えても、今後さらに大きく価格が上昇する可能性は、低くないはずです。

仮想通貨リンク/LINKのメリット

仮想通貨リンク/LINKのメリット

仮想通貨リンク/LINKのメリット
  • THETA.tv for LINE Blockchainの提供開始
  • サービス利用で、LINKリワードがもらえる
  • 全LINEユーザーが利用する可能性を持っている

THETA.tv for LINE Blockchainの提供開始

仮想通貨リンク/LINKのメリット

動画ストリーミングサービスのTHETA.tvが、2021年にLINEブロックチェーンを利用し、日本にサービス提供を開始しました。

THETA.tvは、ブロックチェーンを利用した、分散型の動画ストリーミングサービス。国内での知名度は低いですが、世界では広く利用されています。

 THETA.tvは、動画配信によって、報酬として独自トークンを得られることで知られています。

THETA.tvは仮想通貨への規制が厳しい日本国内には、なかなか参入できませんでした。しかし、2021年にLINEブロックチェーンを利用することでついに国内でのサービス開始が実現したのです。

具体的なサービスとの提携で、LINEブロックチェーンの実用化が始まったと言えるでしょう。

サービス利用でLINKリワードがもらえる

仮想通貨リンク/LINKのメリット

今後LINEが提供する様々なサービスを利用すると、LINKリワードがもらえるのは、メリットの一つと言えます。LINKリワードは申請すると仮想通貨LINKに変換され、BITMAX取引所の口座に残高として反映されます。

 仮想通貨LINKは、取引所で売買することで日本円に換金可能です。

つまり、LINKリワードは現金化することが可能ということ。トークンエコノミー内のサービスを使うと、現金がもらえることになります。

ちなみに2021年11月現在、LINKリワードを受け取れるサービスには以下があります。

SOMESING 歌を投稿していいねをもらうと、LINKリワードがもらえるアプリ
Theta.TV 動画視聴でLINKリワードがもられるアプリ

今後さらに、LINE内の様々なサービス利用で、LINKリワードが受け取れるようになる予定です

将来的には、LINE内で購入、EC、送金、ゲーム内取引などの際に、リワードを受け取れるようになる見込みです。

仮想通貨リンク/LINKのデメリット

取扱い取引所が少ない

仮想通貨リンク/LINKのデメリット

現在、LINKの取扱い取引所が少ないのはデメリットと言えるかもしれません。LINEが運営するBITMAXを含めても、世界で全部で3か所でしか取り扱いしていません。

そのため、ほとんどの人にとって、存在に気が付きにくい仮想通貨となってしまっています。

 仮想通貨によほど詳しい人でないと、LINEが仮想通貨を発行していることにも気が付かないかもしれません。

そのため、今後取扱い取引所が増えるかどうかが、LINKの価格に影響するかもしれません。国内外で有名取引所に上場すれば今後の大幅な価格上昇のきっかけになるでしょう。

逆に考えれば、取り扱い取引所が少ない今は投資チャンスとも言えるかもしれません。

リンク/LINKが購入できるおすすめの取引所

BITMAX(ビットマックス)

BITMAX(ビットマックス)

LINEの仮想通貨取引所。国内で唯一LINK/リンクを売買できます。スマホのラインアプリから口座登録の申し込みができ、だれでも気軽に仮想通貨取引を始められます。

 口座開設の際の入力画面は非常にシンプルにできています。そのため、初心者でも迷わず口座開設できます。

LINEPayでの入出金に対応しているため、毎回銀行口座から振り込む必要があります。LINEPayをもともと利用していれば、好きな時にすぐ入金が可能です。

また、セキュリティが強固な点にも安心感があります。顧客資産の分別管理が徹底されており、万が一取引所が破綻しても、預けてある資産は守られます。

仮想通貨取引所はセキュリティ体制が非常に重要なので、心強いですね。

さらに、レンディングサービスも利用可能です。仮想通貨の貸し出しによって、堅実に保有数量を増やせます。

 現在ウェルカムキャンペーンを開催中。口座開設完了すると100円相当のLINKがもらえます。※
取扱い通貨数 6種類
レバレッジ取引 無し
販売所手数料 無料
仮想通貨の送金手数料 通貨により異なる
入金手数料 無料
出金手数料 LINE PAY:110円(税込)
銀行口座:400円(税込)
社名 LVC株式会社

※キャンペーン開催期間 2021.11.18(木曜)12:00~
出典:LINE BITMAX公式

よくある質問

仮想通貨リンク/LINKはどこで買えますか?
仮想通貨取引所でBitmaxで購入できます。LINEからかんたんに口座開設申し込みが可能です。
仮想通貨リンク/LINKには将来性がありますか?
将来性は高そうです。NFTマーケットがスタートし、THETA.tvとも提携しました。実際2021年には価格も急騰しています。
仮想通貨リンク/LINKのメリットは?
LINEブロックチェーン上のサービス利用で、LINKがもらえる点です。LINEユーザーの間で今後利用が広がっていくでしょう。
仮想通貨リンク/LINKのデメリットは?
取扱い取引所が少なく、なかなか知名度が上がりにくいところが、デメリットと言えるかもしれません。
仮想通貨リンク/LINKに最新ニュースはありますか?
ヤフオクでLINEブロックチェーン上で作成されたNFTの取扱い始まるのは、大きなニュースと言えるでしょう。
LINEトークンエコノミーはいつ頃完成しますか?
完成時期は明らかになっていません。Bitmaxには公式ブログが存在するので、時期がはっきりしたら発表があるかもしれません。
LINKはすでに実用化されているのでしょうか?
LINEブロックチェーンを利用したアプリがすでに存在します。そのため、すでに実用化はされ始まっています。

まとめ

この記事では、仮想通貨リンク/LINKの特徴将来性メリット・デメリットおすすめ取引所について解説しました。

将来、LINEトークンエコノミーが完成すれば、LINKの大幅な価格上昇が見込めるでしょう。NFTの分野ですでにヤフオクとも提携しているのも、注目すべき点と言えます。

色々と価格が上がる材料はありそうなので、今後の動きも注視したいところです。

LINK/リンクは、Bitmaxで購入できます。まずは口座開設をしてみましょう。

仮想通貨に関する関連記事

 

 

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事