仮想通貨の積立投資とは?メリット・おすすめ銘柄・税金を解説!

仮想通貨の積立投資とは?メリット・おすすめ銘柄・税金を解説!

監修者の紹介
増田さん

監修者増田 諒

2021年1月1日現在、全国に891世帯1,257名のクライアントを抱えるコンサルタントとして活動中。年間100件の個別相談のほか「マネー・ライフプランニング」「資産運用」「保険」「確定申告」「住宅ローン」「相続」等のテーマのセミナーで登壇。

MDRT入賞 7回 ・TLC(生命保険協会認定FP) ・CFP ・IFA(証券外務員1種)・ファイナンシャルプランニング技能士1級 ・宅地建物取引士 貸金業務取扱主任者

増田 諒Masuda Ryo

「仮想通貨の積立投資ってどうなんだろう」と思いませんか?

仮想通貨取引所は積立投資を受け付けていることがあり、利用すべきかどうか迷うこともあるかもしれません。

そこでこの記事では、積立におすすめの取引所5選、積立に最適な仮想通貨4種類、積立投資のメリット・デメリット、積立投資の税金について解説しています。

仮想通貨の積立を行うべきかどうか、悩んでいる人にピッタリの内容です。ぜひ参考にしてください。

仮想通貨の積立投資とは?

仮想通貨の積立投資とは?

積立投資とは、毎月一定金額を投資していく投資方法です。多くの場合、仮想通貨投資の際には、チャートの動きを確認しながら利益を狙う方法を取ります。

一方で、積み立て投資はレートの動きを考慮せずに一定の間隔で、仮想通貨を購入していきます。

 そのため、投資先が長期的に値上がりし続けることが見込める場合に、有効な投資方法と言えます。

ビットコインをはじめとした仮想通貨は、毎年のように価格が上昇し続けているため、積み立て投資の対象としては適していると言えるでしょう。

反対に、一瞬価格が上がってその後暴落するような投資商品は、積み立てには向きません。

仮想通貨を積み立て投資するメリットとは?

仮想通貨を積み立て投資するメリットとは?

仮想通貨を積み立て投資するメリットとは?
  • 少額から始められる
  • ほったらかしでの投資が可能
  • 分散投資で安定した結果が得られる

少額から始められる

仮想通貨を積み立て投資するメリットとは?

積立投資は少額から投資を始められるのが、一つ目のメリットです。毎月の積立金額は取引所によっては500円程度からスタート可能。

仮想通貨投資に不慣れな方でも、少額から気軽に投資を開始できます。

 いきなり大きな金額を投資すると怖い場合も、1000円未満なら気軽にスタートできますね。

もちろん仮想通貨投資に慣れてきたら、金額を大きくするなど柔軟に変更することもできます。

ほったらかしでの投資が可能

仮想通貨を積み立て投資するメリットとは?

積立投資は一度投資金額や日にちを設定したら、あとは放置しておくだけで積み立てを行えます。チャートを見て値動きを確認したり、購入の操作を行う必要は一切ありません。

そのため一切投資に手間がかからず、チャート確認の時間が無い方でも、問題なく資産運用が可能です。

 投資というと頻繁にチャートを確認するイメージがあるかもしれませんが、積み立てならばその必要は一切ありません。

もちろん完全に放置せず、たまには資産状況を確認するのは大切です。しかし、基本的には何もせずに資産を増やせる可能性があるのは大きなメリットでしょう。

設定してしばらくして取引所にログインしたら、忘れている間に大きく資産が増えていることもあり得るでしょう。

分散投資で安定した結果が得られる

仮想通貨を積み立て投資するメリットとは?

分散投資には、ほかには分散投資できるというメリットがあります。通常、投資を行際には、使える金額を一度に投入することが多いはず。

しかしこのやり方では、その後に暴落した場合に購入タイミングを後悔することになりかねません。そこで分散投資が役に立つのです。

 購入タイミングを分けることで、暴落前に大量に仮想通貨を購入してしまうことを避けることができ、リスク分散になります。

分散投資によるリスク回避は、様々な投資商品で実践されています。そのため、仮想通貨に限らず有効な投資手法であると言えます。

特に、ビットコインはボラティリティが非常に激しくリスクも大きいため、分散投資をするメリットは大きいと言えるでしょう。

仮想通貨の積み立て投資におすすめの取引所5選を紹介

コインチェック(Coincheck)
DMM Bitcoin
BITPoint
bitFlyer
(ビットフライヤー)
GMOコイン
coincheck
dmmbitcoin
bitFlyer
GMOコイン
取引所手数料
無料
無料
(BitMatch取引手数料を除く)
無料
約定数量 × 0.01 ~ 0.15%
(単位: BTC)
メイカー:-0.01%
テイカー:0.05%
販売所手数料
無料
無料
(BitMatch取引手数料を除く)
無料
無料
無料
レバレッジ
なし
2倍
なし
最大2倍
2倍
最低取引額
0.005通貨単位以上
(500円相当額以上)
0.0001BTC〜
(約1,000円相当)
0.00000001BTC単位
0.00000001BTC
(1円から取引可能)
0.0001 BTC/回
取引通貨数
17種類
20種類
14種類
18種類
22種類
キャンペーン・特典
本人確認と入金で
BTC2,500円分
プレゼント
新規口座開設でもれなく即時2,000円プレゼント!
BTC+ADA+DEP合計3,000円相当プレゼント!
公式サイトをチェック!
-
18銘柄の手数料が
最大半額!

Coincheck(コインチェック)

コインチェックLP

Coincheckの特徴
  • 豊富な17銘柄の仮想通貨
  • 取引所取引の手数料がTaker、Makerともに無料!
  • 積立購入や貸暗号資産でリスクを抑えることができる
  • Coincheckつみたてで毎月一定額自動で積立が可能
  • 保有する仮想通貨を貸し出して利息収入を得られる

老舗企業の仮想通貨取引所であるコインチェックは、アルトコイン含む仮想通貨が17銘柄もあるので初心者の方にもおすすめできます。

また、Coincheckつみたてでは暗号資産を毎月一定額自動で積立し、安定した投資ができるサービスを展開しています。リスクを抑えることが可能です。

さらに、貸仮想通貨を利用することで、保有する仮想通貨を貸し出して利息収入を稼ぐことができるため、長期的に稼ぎたいという人におすすめです。

Coincheckのアプリも使いやすいデザインが人気で、ダウンロード数は国内№1を誇ります。

取扱い通貨数 17種類
レバレッジ

無し

販売所手数料 無料
取引所手数料 無し
主な通貨の送金手数料

通貨によって異なります。
※コインチェックユーザー間無料

取引手数料
  • コンビニ入金
    3万円未満:770円
    3万円以上30万円以下:1018円
  • クイック入金
    3万円未満:770円
    3万円以上50万円以下:1018円
    50万円以上:入金金額×0.11% + 495 円

※全て税込です。

出金手数料
407円(税込)
社名
コインチェック株式会社

DMM Bitcoin

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)

DMM Bitcoinの特徴
  • レバレッジ取引できる仮想通貨の種類が№1※公式より
  • 機能が豊富で使いやすい取引ツール
  • 取引手数料・出金手数料が無料※BitMatch取引手数料を除く
  • 最短1時間以内に取引開始可能
  • スマホアプリもPC版に匹敵する高機能

DMM Bitcoinは、ビットコインはもちろん、イーサリアムなど将来有望なアルトコインを含む20種類の仮想通貨を取り扱っています。また、レバレッジ取引にチャレンジしたい方でも2倍まで対応しています。

また、BitMatch注文というDMM Bitcoinが提供する販売所価格の中値で買い手と売り手がマッチングした際に取引が成立するという取引方法が可能です。

 販売所取引では、買値と売値にスプレッドが上乗せされていますが、BitMatch注文を利用することでスプレッドを気にせず取引ができることが大きなメリットです。

また、入金手数料、出金手数料が無料で利用できるため、頻繁に口座資金を移動する人にも使いやすいです。

さらにレバレッジ取引を行うことでより資金効率を高めて取引を行うことができます。

取扱い通貨数 20種類
レバレッジ 2倍
販売所手数料 無料
取引所手数料 無料
主な通貨の送金手数料 無料
取引手数料 無料
※レバレッジ手数料は0.04%/建玉ごと
出金手数料
無料
社名
株式会社DMM Bitcoin

DMM Bitcoinのキャンペーン情報

DMM Bitcoinでは、現在新規口座開設をした人に即時で2,000円プレゼントするキャンペーンを実施中!

BITPoint(ビットポイント)

BITPoint(ビットポイント)

BITPointのココがオススメ
  • 出来高ランキングが国内№1※公式より
  • 国内で唯一トロン・エイダ・ジャスミーを取扱い中
  • 初めてでも直感的に使用可能なスマホアプリ
  • さまざまな手数料が無料
  • レンディングで仮想通貨を増やすことも可能
  • 最短当日から取引スタートできる

BITPointは、出来高ランキングが国内№1の取引所で、2022年3月現在ではほかの取引所では取扱いの無いエイダジャスミートロンといった仮想通貨を売買できるのが特徴的です。※公式より

また、様々な手数料が無料に設定されており、コストが安く済むのもBITPointの強みと言えます。

 即時入金手数料・取引手数料・仮想通貨の入出金などを0円で行えます。

さらに、仮想通貨を貸して増やせるレンディングサービスも行っています。一定期間仮想通貨を貸し出すと、堅実に所有数量を増やすことができます。

口座開設のスピードの速さも特徴的。スマホからの申し込みで、最短当日にエイダコインを購入可能です。

取扱い通貨数 12種類
レバレッジ 2倍
販売所手数料 無料
取引所手数料 無料
仮想通貨の送金手数料 無料
入金手数料 振込入金:振込手数料のみ
即時入金:無料
出金手数料 無料
社名 株式会社ビットポイントジャパン

キャンペーン情報

期間中に口座開設でもれなくディープコイン(DEP)を3,000円相当プレゼント

bitFlyer(ビットフライヤー)

おすすめの仮想通貨取引所No.1!bitFlyer

bitFlyerの特徴
  • BTCの取引量が国内№1
  • 取引手数料など様々な手数料が完全無料
  • かんたん操作で取引できる
  • 14種類の仮想通貨を100円から売買可能
  • 100%の顧客資産をコールドウォレットで保管

※Bitcoin日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2021 年の年間出来高(差金決済/先物取引を含む)

bitFlyerは15種類のビットコイン・アルトコインが100円から始められるのが大きな特徴です。また、全通貨販売所での手数料が無料なのも初心者にも優しいポイントです。

入金も住信SBIネット銀行のクイック入金であれば日本円の手数料が無料になるので、口座を持っている方はお得に取引することができます。

取扱い通貨数 15種類
レバレッジ 最大2倍
※bitFlyer Lightningで可能
販売所手数料 無料
取引所手数料 0.01%~0.15%
主な通貨の送金手数料 通貨によって異なります。
入金手数料
  • クイック入金手数料
    住信SBI銀行から入金:無料
    住信SBI銀行以外からの入金:330円(税込)
  • 銀行振込:無料
    ※振込手数料の負担はあり
出金手数料
  • 220円~770円(税込)
社名
株式会社 bitFlyer

出典:公式サイト

※公式サイトより

【マネックスビットコイン】暗号資産CFDが可能、レバレッジ手数料は0.04%!小学資金で大きな取引が可能

マネックスビットコイン
ビットコインの特徴
  • レバレッジ手数料は0.04%と業界水準で使いやすい
  • 取引手数料が無料
  • 24時間365日いつでも取引できる

マネックスビットコインの特徴

マネックスビットコインは、マネックス証券が提供する暗号資産取引所です。

実はマネックス証券は、インターネット証券の中で初めて暗号資産のサービスを始めたパイオニア的な会社でもあります。

メジャーな通貨である、ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、リップル(XRP)をはじめ、暗号資産CFDと呼ばれるレバレッジ取引も可能です。

マネックスグループは傘下にコインチェックがありますが、今現在は現物取引が可能である一方レバレッジ取引は不可能です。

ただ、マネックスグループのマネックス証券が提供する暗号資産CFDを利用すれば、最大レバレッジ2倍で取引が可能となります。

 コインチェックユーザーで「どうしてもレバレッジ取引をしたい」という方は、マネックス証券が提供するマネックスビットコインがおすすめです。

また、マネックス証券は暗号資産取引だけではなく、FX、株、投資信託などの金融サービスも提供しています。

取扱い通貨数 4種類
レバレッジ 最大2倍
※bitFlyer Lightningで可能
販売所手数料 無料
取引所手数料 無料
主な通貨の送金手数料 通貨によって異なります。
入金手数料

無料(別途銀行所定の振込手数料がかかります。)

出金手数料

通常出金:無料 即時出金サービス:330円(税込)

社名
マネックス証券株式会社

仮想通貨の積み立てにおすすめの4銘柄を紹介

おすすめの4銘柄を紹介
  • ビットコイン
  • イーサリアム
  • リップル
  • シンボル

ビットコイン(BTC)

仮想通貨の積み立てにオススメの4銘柄を紹介

紹介するまでも無いかもしれませんが、ビットコインは積み立てに非常に適した仮想通貨です。世界的な知名度を誇る仮想通貨で、時価総額ランキングも堂々の1位です。

毎年のように価格が上がり続け、過去に投資し長期保有した人たちは、資産を大幅に増やせていることでしょう。今後もビットコインの価格は上がり続ける可能性があるため、積立投資に最適です。

 ビットコイン価格は毎年のように上がり続けています。数ある仮想通貨の中でも、抜群の信頼性を誇ると言っても過言ではないでしょう。
仮想通貨名 Bitcoin(ビットコイン)
通貨シンボル BTC
時価総額ランキング 1位

出典:Coinmarketcap公式

イーサリアム(ETH)

仮想通貨の積み立てにオススメの4銘柄を紹介

イーサリアムは、ビットコインよりも実用性に優れた仮想通貨です。ブロックチェーン上で自動的に契約を締結できるスマートコントラクトという機能に特徴があります。

また、イーサリアムブロックチェーンを利用することで、独自トークンを作ることも可能です。イーサリアムがベースのトークンは多数存在し、世界中の開発者に重宝されています。

イーサリアムはdApps(分散型アプリケーション)やDEX(分散型取引所)の作成に利用されています。
イーサリアムも年々価格を上昇させ続けており、積み立て投資にはピッタリの仮想通貨との見方ができるでしょう。
仮想通貨名 Ethereum(イーサリアム)
通貨シンボル ETH
時価総額ランキング 2位

出典:Coinmarketcap公式

リップル(XRP)

仮想通貨の積み立てにオススメの4銘柄を紹介

リップルは国際送金のために作られた仮想通貨です。国境をまたいだ送金の際に、法定通貨をリップルに変換し送ることで、一瞬で資金を移動させることが可能になっています。

リップルネットには世界中で多数の銀行・大企業が参加しています。将来的には、国際送金の際に頻繁に使われる可能性があり、価格上昇を期待できます。

 リップルは国際送金に特化しており、今後多くの場面で利用される可能性があることから、今後が期待されています。
仮想通貨名 Ripple(リップル)
通貨シンボル XRP
時価総額ランキング 6位

出典:Coinmarketcap公式

シンボル(xym)

仮想通貨の積み立てにオススメの4銘柄を紹介

シンボルはネムから生まれた仮想通貨。2021年のネムの大型アップデートとして誕生しました。シンボルはネムよりも簡単に、独自トークンやアプリを作り出せることが画期的で、将来性を期待されています。

 実際に、2022年ワールドカップのホテル建設にも利用されることが決まっているなど、すでに実用化が進んでいます。

シンボルは与沢翼氏が所有していることでも有名ですよね。
仮想通貨名 Symbol(シンボル)
通貨シンボル XYM
時価総額ランキング 206位

出典:Coinmarketcap公式

仮想通貨を積立投資するデメリットとは?

仮想通貨を積立投資するデメリットとは?

仮想通貨を積立投資するデメリットとは?
  • 手数料が割高になる可能性がある
  • 短期間で大きな利益を上げるのは難しい
  • 短期的には損失がでる可能性がある

手数料が割高になる可能性がある

仮想通貨を積立投資するデメリットとは?

積立投資は月1回など、複数回に分けて投資を行う手法です。そのため、必然的に投資の回数が多くなり、そのたびに手数料が発生してしまいます。

積立投資は多くの場合販売所で行われるため、毎回スプレッドが発生することになります。

 ボラティリティが広がるタイミングと購入時期が重なると、スプレッドが非常に広くなる可能性も考えられます。

短期間で大きな利益を上げるのは難しい

仮想通貨を積立投資するデメリットとは?

積立投資は、投資するタイミングを分けてリスクを分散し長期的に確実な利益を狙う手法です。そのため、短期的に大きな利益を狙うのは難しく一獲千金を期待することはできないでしょう。

 「仮想通貨で一瞬で人生を変える」というような、驚くほどの利益が得られる可能性は低いです。

一方で、長期的に仮想通貨が上昇すると考えるのであれば、積み立て投資は高確率で利益を出せる手法です。

長い目線での利益を狙うのであれば、おすすめできるのが積み立て投資であると言えるでしょう。

短期的には損失が出る可能性がある

仮想通貨を積立投資するデメリットとは?

仮想通貨に限らず、投資商品は価格が上下するもの。そのため、タイミングによっては数か月単位で下降トレンドが発生し、利益が全く出ない恐れもあります。

そのため、積み立て投資のように長期目線で利益を狙う場合には、数年単位で結果を見ていかなければなりません。

 短いスパンで考えてしまうと、積み立てをして損をしたと思ってしまうこともあり得るでしょう。

しかし、ビットコインなどの仮想通貨は毎年のように値上がりしており、長い目で見ればプラスになる可能性が高いはず。

積立を行うのであれば、最低でも1年~3年程度の長期スパンで結果を考えた方がいいでしょう。

長い目で見て利益が出ればOKと考えられる方が、積み立て投資に向いていると言えますね。

仮想通貨の積立投資した場合税金はどうなる?

仮想通貨の積立投資した場合税金はどうなる?

仮想通貨の積立投資で利益が出た場合、税金はいったいどうなるのでしょうか?

答えとしては、雑所得に分類されるため、利益に応じて課税額が変化します。以下は、利益額と税率を示した一覧表です。

195万円以下 5%
195万円を超え 330万円以下 10%
330万円を超え 695万円以下 20%
695万円を超え 900万円以下 23%
900万円を超え 1,800万円以下 33%
1,800万円を超え 4,000万円以下 40%
4,000万円超 45%

出典:国税庁「No.2260 所得税の税率

このように税率は5%~45%の累進課税です。高い収入を得るほど税率が上がるため、理解しておきましょう。

 ちなみに、「仮想通貨は稼いでも税金で半分持っていかれる」という話を聞いたことがあるかもしれませんが、そうとは限りません。

たしかに最大で税率45%ですが、それは4000万円以上の利益を得た人限定の話です。利益額が小さければ、それほど大きな税率にはなりません。ですが税金についてはしっかり頭に入れておきましょう!

利益が195万円以下なら税率は5%のため、それほど税金を気にする必要もないでしょう。

よくある質問

仮想通貨の積立におすすめの取引所はどこですか?
コインチェック・ビットフライヤー・GMOコインなどが、積み立て投資を受け付けておりおすすめできます。
仮想通貨の積立におすすめの仮想通貨はありますか?
ビットコイン、イーサリアム、リップル、シンボルといった仮想通貨を積立てるといいでしょう。もちろんそのほかにも将来性が高い通貨は存在します。
仮想通貨の積立投資とはそもそもなんですか?
月2回、1日1回など、決まったペースで積み立てを行える投資方法です。国内取引所でも、積み立て投資を受け付けている取引所が存在しています。
仮想通貨を積み立て投資するメリットとは?
少額から始められる、ほったらかしで投資できる、分散投資で安定した結果が得られるといったメリットが挙げられます
仮想通貨を積立投資するデメリットとは?
手数料が割高になる、短期間では大きな利益を得にくい、短期的には損失が出る可能性があるといった点が挙げられます。
 仮想通貨の積立投資した場合税金はどうなる?
仮想通貨のトレーディングで利益を得た場合と同様に、雑所得として扱われます。累進課税のため、利益額に応じて5%~45%の税率が発生します。
仮想通貨の積立はどんな人に向いていますか?
チャート分析がよくわからない初心者の方や、チャートを見る時間が取れない方に、特におすすめできる投資方法です。

まとめ

この記事では、積立におすすめの取引所5選、積立におすすめの仮想通貨4種類、積立投資のメリット・デメリット、積立投資の税金について解説しました。

積立投資は少額から仮想通貨投資を行いたい人や、長期目線での投資を希望している方に特におすすめです。

積立は取引所によっては500円から行えるので、この機会に少額から申し込んでみるのもいいでしょう。

まずは積立可能な取引所の口座を作るところから始めてみるのもおすすめです。

仮想通貨に関する関連記事

 

 

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事