仮想通貨トロン(Tron/TRX)とは?今後の将来性や特徴を徹底解説

仮想通貨トロン(Tron/TRX)とは?今後の将来性や特徴を徹底解説

監修者の紹介
増田さん

監修者増田 諒

2021年1月1日現在、全国に891世帯1,257名のクライアントを抱えるコンサルタントとして活動中。年間100件の個別相談のほか「マネー・ライフプランニング」「資産運用」「保険」「確定申告」「住宅ローン」「相続」等のテーマのセミナーで登壇。

MDRT入賞 7回 ・TLC(生命保険協会認定FP) ・CFP ・IFA(証券外務員1種)・ファイナンシャルプランニング技能士1級 ・宅地建物取引士 貸金業務取扱主任者

増田 諒Masuda Ryo

2021年に国内取引所でも取扱いが始まった仮想通貨のトロン(TRX)。すでに所有している方も購入を検討中の方も、今後トロン(TRX)がどうなるのか、気になっているかもしれません。

そこでこの記事では、トロン(TRX)の特徴やメリット・デメリット将来性取り扱い取引所について解説しています。

トロンを保有中の方・購入予定の方、どちらも参考にできる内容です。ぜひ最後までご覧ください。

トロン(Tron/TRX)を購入するなら!

BITPoint(ビットポイント)

\Bitpointで唯一購入可能/

ポイント1国内取引所には珍しいトロン取扱い取引所

ポイント2初めてでも直感的に使用可能なスマホアプリ

ポイント3各種手数料が無料!

仮想通貨の国内取引量No.1※を獲得しているBITPOINTは、各種鉄雨量が無料で信頼性が高いとされる仮想通貨を取引することが可能。
また、取引ツールが使いやすいと評判なため、初心者はもちろん上級者にも長く愛されている取引所です。

公式サイトより

 仮想通貨トロン(TRX)とは?

 仮想通貨トロン(TRX)とは?

トロン(TRX)とはTRON Foundation(トロン財団)により開発された、分散型アプリケーション作成のプラットフォームです。そのプラットフォーム上で使用される仮想通貨をTRXと呼びます。

TRON Foundationは2017年に設立されました。代表はJustin Sunという人物です。

トロンには、イーサリアム同様にスマートコントラクトの機能が備わっています。そのためオリジナルトークンや、分散型アプリケーション(Dapps)を作成できる点も特徴と言えます。

仮想通貨トロン(TRX)の特徴

仮想通貨トロン(TRX)の特徴

仮想通貨名 トロン(TRON)
発行年度 2017年
単位 TRX
取扱い取引所 ビットポイント(Bitpoint)・Huobi Japan
発行上限 無し
承認方式 Dpos
公式サイト https://tron.network/index?lng=jap

出典:ビットポイント公式

TRON財団のJustin Sun氏が代表を務めている

仮想通貨トロン(TRX)の特徴

トロン(TRX)は、TRON Foundation Limited(トロン財団)から発行された仮想通貨です。この財団の代表の、Justin Sun氏(ジャスティン・サン)氏は仮想通貨業界ではかなりの有名人です。

ニュースサイトなどでは、トロン財団やジャスティン・サン氏のニュースを度々目にします。そのため、彼の行動はトロン(TRX)の価格に、小さいとは言えない影響を与えることもあります。

 最近では、トロン財団・ジャスティンサン氏がGameFi市場へも投資することが分かり、話題になりました。

ジャスティン・サン氏は非常に聡明な人物で、中国の名門大学北京大学を卒業。卒業後にはリップルチャイナの事務長を務めた時期もありました。

さらに、中国の音楽ストリーミング配信サービス「Peiwo」を立ち上げたことでも知られています。

ジャスティン・サン氏は、非常に聡明で仮想通貨に精通しています。そんな彼が立ち上げたのがトロン財団なのです。

エンターテイメントのためのプラットフォームである

仮想通貨トロン(TRX)の特徴

TRONプラットフォームは、エンターテイメントのためのプラットフォームです。クリエイターが動画や音楽などのデジタルコンテンツを配信し、視聴者はそれを保存・所有することができます。

現在、動画や音楽配信サービスとしてはyoutubeやニコニコ動画などが存在しています。これらのサービスが持つ以下のような問題を、トロンが解決することが期待されています。

既存プラットフォームの問題点
  • 中間マージンが取られる場合も
  • 作品が正当に評価されにくい

中央集権型の既存プラットフォームには、当然運営会社が存在します。そのため、利用の際には手数料として、利用料の一部を支払わなければならないことがほとんどです。

また、報酬獲得手段が、基本的に広告である点にも問題があります。配信者は収益のために、コンテンツ自体の品質よりも「いかに広告を見せクリックさせるか」を考えるようになるからです。

 手数料の搾取や、コンテンツの品質の低下が、既存プラットフォームの欠点だというわけです。

こうした問題を解決できるのが、トロンプラットフォーム。そこでは、管理者がおらず配信者と利用者は直接報酬を渡すことが可能です。

このことにより中間手数料が発生しなくなり、コンテンツ自体のクオリティが重視されるようになります。そのため、クリエイターは高品質なコンテンツを作ることに集中できるようになるのです。

トロンプラットフォームの広がりにより、高品質で満足度の高いコンテンツが、多数生まれることが期待されます。

仮想通貨トロン(TRX)のメリット

仮想通貨トロン(TRX)のメリット

ロードマップが明確に示されている

トロン(TRX)には、明確なロードマップが存在します。今後どのようにトロンが発展していくのかはっきりしており、将来性の高さを感じることができます。以下のように、6段階で構成されています。

Exodus:
2017年8月〜
2018年12月
P2P、分散型ストレージに、ユーザーは無料アップロード、保存ができる
Odyssey:
2019年1月〜
2020年6月
コンテンツ作成者は著作権をもち、利益を獲得
Great Voyage:
2020年7月〜
2021年7月
ブロックチェーンを利用した、システム管理が可能
Apollo:
2021年8月〜
2023年3月
独自トークンが発行可能
Star Trek:
2023年4月〜
2025年9月
オンラインゲーム等のプラットフォーム作成が可能
Eternity:
2025年9月〜
2027年9月
トロンプラットフォームでゲームが作成でき、資金集めや投資も可能

出典:ビットポイント公式

このように6段階のステップを経て、2027年にプラットフォームは完成をむかえます。その際には、独自トークン発行やオンラインゲーム開発を、行うことができるようになる見通しです。

その際には、クリエイターは自由度の高いプラットフォームでハイクオリティなコンテンツを配信できるようになるでしょう。

 トロン(TRX)プラットフォームが完成し、オンラインコンテンツ配信サービスの主役が、トロンになる日が来るかもしれません。

処理速度が高速

仮想通貨トロン(TRX)のメリット

トロンは、処理速度が非常に高速な点にも特徴があります。送受信速度はビットコインが秒速5件、イーサリアムが秒速25件である一方、トロン(TRX)は秒速2000件ほど。

圧倒的に処理速度が優れているため、スピーディーな取引が可能になっています。

 トロンはプラットフォーム内での支払いに使われるため、送金速度の速さは非常に重要です。

将来的に、トロンプラットフォームでは、トークンのやり取りが盛んに行われるようになると思われます。その際には、処理スピードの速さをユーザーは体感することになるでしょう。

所有しているとエアドロップがもらえる

仮想通貨トロン(TRX)のメリット

2021年下半期ではトロン(TRX)を所有しているとAPENFTというトークンをもらえる可能性があります。

このエアドロップは、日本の取引所ビットポイントでも受け取り可能です。100TRX以上をビットポイントの口座に所有していれば、トークン配布対象になります。

 毎月10日にスナップショップが行われ、100TRX以上所有して入ればエアどっぷの対象になります。

このように非常に簡単にエアドロップを受け取り可能である点も、トロンを所有する大きなメリットの1つと言っていいでしょう。

ちなみに具体的なトークン配布日は現状未定です。日程の詳細は、ビットポイントから発表される予定になっています。

APENFTはすでに仮想通貨取引所に上場しており、売却すれば現金化可能です。

仮想通貨トロン(TRX)のデメリット

仮想通貨トロン(TRX)のデメリット

プラットフォーム完成に時間がかかる

トロンのプラットフォームは、完成が2027年の予定です。そのため、トロンがコンテンツ配信プラットフォームとして、存在感を増すのはそれ以降と考えられます。

 2027年までの間は、トロンが世の中で広く活用される機会は少ないと思われます。

そのため、どうしても2027年まではトロンの存在感は薄いままになると思われます。短期目線では、仮想通貨の大幅な価格上昇を期待するのは、なかなか難しいのが現実かもしれません。

トロンの大きな価値上昇は、2027年以降と考えた方がいいかもしれません。投資は長期目線になりそうです

ホワイトペーパーに盗作疑惑があった

仮想通貨トロン(TRX)のデメリット

トロンのホワイトペーパーに以前コピペ疑惑が生じたことも、デメリットと言えるかもしれません。

2018年に、filecoin・IFPSという2つのプロジェクトのホワイトペーパーと、トロンのホワイトペーパーに類似箇所があるという疑惑が発生しました。

 この疑惑はfilecoin・IFPSの開発者ジュアン・ベネット氏からの指摘で発覚しました。

この指摘をジャスティン・サン氏は明確に否定。「ホワイトペーパーは中国語版がオリジナル。ボランティアによる翻訳の問題だ」と反論しました。とはいえ、この騒動は2018年の出来事でありその後数年間は特に話題に上がっていません。

盗作疑惑が事実かは不明ですが、その後トロンの開発は問題なく進んでいます。特に気にする必要は無いでしょう。

出典:https://markets.bitbank.cc/article/29k6m2xb14556

仮想通貨トロン(TRX)の将来性・今後の見通し

国内取引所でもトロン(TRX)の取扱いが始まっている

仮想通貨トロン(TRX)の将来性・今後の見通し

トロン(TRX)は2017年に開発されて以来、世界中の様々な取引所で取扱いされています。しかし、国内取引所にはなかなか上場しませんでした。

 長年の間、トロンを購入するには海外取引所を利用しなければならず、購入しにくいのが難点だったのです。

しかし、2021年3月にトロン(TRX)はビットポイントで取扱いが開始されました。このことにより、敷居の高い海外取引所にアクセスする必要なく、気軽にトロンを購入できるようになりました。

Huobi Japanでも2021年9月から取り扱いがスタートしています。
※:Huobi Japan

数々の有名企業と提携している

仮想通貨トロン(TRX)の将来性・今後の見通し

トロンは、多くの有名企業と提携しています。一例としては、スマートホンGalaxyを販売している「Samsung」や、中国の音楽ストリーミングサービス「Peiwo」などがあります。

 Galaxyは日本での知名度も高いので、Samsungとの提携はインパクトが大きいですね。

Galaxyストアでは、すでにトロンのブロックチェーンで作られたDapps(分散型アプリケーション)を取扱いしています。ストアでは初の専用セクションを持つブロックチェーンプロジェクトになりました。

トロンがベースになったアプリが、Galaxyストアではすでにダウンロードできるようになっています。

出典:COINPOST公式,ビットポイント公式

現在ロードマップの4段階目

仮想通貨トロン(TRX)の将来性・今後の見通し

トロンは2017年に開発されて以来、10年の時間かけ、6ステップの工程で開発が進行中です。

2021年現在は、第4段階の「APOLLO」の段階にあり、2023年には独自トークンが発行可能になる見込みです。

 トロンはまだ完成へのロードマップの途中段階にあります。トロンが躍進するのはこれからです。

これから先、トロンが2023年4月に開発の5段階目(StarTrek)に突入し2027年には完成予定。その際には各種ニュースメディアはトロンの話題であふれるでしょう。

もしかすれば、そのタイミングでトロン(TRX)の価格は大幅に上昇するかもしれません。

トロンプラットフォームの完成は、エンターテイメントのあり方を変える、一大事になるかもしれません。

仮想通貨トロン(TRX)を購入できる仮想通貨取引所

ビットポイント(Bitpoint)

BITPoint(ビットポイント)

ビットポイント(Bitpoint)のココがおすすめ
  • 国内取引所には珍しいトロン取扱い取引所
  • 初めてでも直感的に使用可能なスマホアプリ
  • さまざまな手数料が無料
  • 最大2倍のレバレッジ取引に対応
  • レンディングで仮想通貨を増やすことも可能

ビットポイントは2021年5月に、国内で初めてトロンを取扱いした仮想通貨取引所です。取引システムが非常に使いやすく作られておりPC・スマホアプリから簡単にトロンを購入できます。

 特にスマホアプリは直感的な操作で利用でき、初心者でも安心して利用できます。

また、トロン(TRX)所有者に対するエアドロップにも対応しています。100TRXをビットポイントの口座内に所有していると、APENFTというトークンを無料で受け取ることができます。

国内取引所がエアドロップに対応するのは珍しいです。ビットポイントの対応力の高さが現れていると言えるでしょう。
さらに、現在ビットポイントでは、口座開設キャンペーンを実施しています。口座開設するとJMY(ジャスミー)という仮想通貨を、もれなく3000円分受け取ることができます。

取扱い通貨数 7種類
レバレッジ 2倍
販売所手数料 無料
取引所手数料 無料
通貨の送金手数料 無料
入金手数料 振込入金:振込手数料のみ
即時入金:無料
出金手数料 無料
社名 株式会社
ビットポイントジャパン
<出典・注釈>
出典公式サイト
※キャンペーン期間 2021.10.29 16:00~2021.11.30 16:00

よくある質問

仮想通貨トロンはどこの取引所で購入できますか?
ビットポイント(Btipoint)で購入できます。初心者でも扱いやすくオススメできる取引所です。
仮想通貨トロンはどんな仮想通貨ですか?
2017年にトロン財団により作られた仮想通貨です。スマートコントラクト機能が備わり、Dapps開発が可能です。
トロンにはどんな特徴がありますか?
トロンはエンターテイメントのためのプラットフォームです。クリエイターが今までより自由に作品を発表し、それを視聴・保管できます。
仮想通貨トロンのメリットを教えてください。
ロードマップが明確、処理速度が高速、所有しているとエアドロップがもらえる、などのメリットがあります。
仮想通貨トロンのデメリットを教えてください。
プラットフォーム完成まで時間がかかる、ホワイトペーパーに盗作疑惑が出たことがあるなどがあります。
仮想通貨トロンには将来性がありますか?
将来性はあるでしょう。数々の有名企業と提携しており、国内取引所でも取扱いが始まっています。トロンプラットフォームの完成も楽しみです。
トロンプラットフォームはいつできますか?
トロンプラットフォームは2027年に完成の計画です。その際には、トロンの存在感が大きく増すことでしょう。

まとめ

この記事では、トロン(TRX)の特徴メリット・デメリット将来性などについて解説しました。トロンは現在開発の途中にあり、2027年にプラットフォームが完成する見通しになっています。

プラットフォーム完成時には、デジタルコンテンツ配信のあり方を大きく変える可能性もあり、今後が楽しみと言えます。引き続き、トロン(TRX)の価格や動向を、注視していきたいところです。

現在、ビットポイントでトロンを保有するとエアドロップを受け取り可能です。ぜひこの機会に購入してみてください。

仮想通貨に関する関連記事

 

 

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事