仮想通貨取引所バイナンスについて|入金方法やメリットを徹底解説

仮想通貨取引所バイナンスについて|入金方法やメリットを徹底解説

監修者の紹介
増田さん

監修者増田 諒

2021年1月1日現在、全国に891世帯1,257名のクライアントを抱えるコンサルタントとして活動中。年間100件の個別相談のほか「マネー・ライフプランニング」「資産運用」「保険」「確定申告」「住宅ローン」「相続」等のテーマのセミナーで登壇。

MDRT入賞 7回 ・TLC(生命保険協会認定FP) ・CFP ・IFA(証券外務員1種)・ファイナンシャルプランニング技能士1級 ・宅地建物取引士 貸金業務取扱主任者

増田 諒Masuda Ryo

仮想通貨数600種類以上、利用者数約9,000万人を誇る仮想通貨取引所「BINANCE(バイナンス)」。圧倒的に多い通貨数で、かつ多くの人から信頼されている取引所のため利用したい人も多いでしょう。

ただ「海外が運営する仮想通貨取引所だから不安」「他の仮想通貨取引所と比べて具体的にどのようなメリットがあるのかわからない」という理由により、なかなか利用できない人もいるかもしれません。

自身の資産を預ける場所であるため、安心して任せられる取引所を選びたいですよね。

そこで今回は、仮想通貨取引所バイナンスの概要から、メリット・デメリットまで徹底解説していきます。バイナンスへの登録方法、仮想通貨の購入方法も併せて紹介するので参考にしてください。

仮想通貨取引所・BINANCE(バイナンス)とは?

BINANCE

BINANCE(バイナンス)の特徴
  • 世界最大の仮想通貨取引所
  • 取り扱い仮想通貨数600種類以上※公式サイトによる
  • 約9,000万人ものユーザーが利用している※公式サイトによる
  • セキュリティ技術も万全

仮想通貨バイナンスは2017年創業以来、業界のトップに君臨している仮想通貨取引所です。仮想通貨の取り扱い数は600種類以上※1となっており、現在約9,000万人※1ユーザーが利用しています。

24時間の取引量は760億ドル程度※1国内の仮想通貨取引所「Coincheck」は130億ドル程度※2、bitFlyerも180億ドル程度※2なので圧倒的に多くの人に取引されているのがわかります。

リアルタイムの監視体制、高度なデータ暗号化やアクセス制御などセキュリティ体制も万全になっています。

そのため、いつでも安心して取引を行うことが可能です。

基本情報

利用者数 9,000万人
取り扱い仮想通貨数 600種類以上
24時間取引量 760億ドル
入出金手数料 無料
取引手数料 0.10%以下

BINANCE(バイナンス)のメリット

仮想通貨取引所バイナンスの公式サイトへアクセスする人

バイナンスは登録者数9,000万人、24時間の取引量760億ドルという世界最大の仮想通貨取引所です。

ただ、仮想通貨取引所には多くの種類がありバイナンスを利用すべきなのかわからない人もいるのではないでしょうか。ここからは、バイナンスにあるメリットを紹介します。

豊富な仮想通貨を取り扱っている

仮想通貨取引所BINANCE(バイナンス)は、取り扱い通貨数の豊富さが魅力のひとつとなっています。

バイナンスでは、ビットコインやイーサリアムなどはもちろん、ドージコインやエンジンコイン・ライトコイン・サンドボックスなど600以上の仮想通貨※1が取り扱われています

 国内にある仮想通貨取引所では、多くて19種類程度※2の通貨しか取り扱われていません。

そのため、国内の仮想通貨取引所を利用するよりも30倍以上多い通貨を取引できることがわかります。

代表的なコインはもちろん、将来性を期待してマイナーなコインも購入したい人にはとくにおすすめな取引所といえるでしょう。

日本語対応をしている

仮想通貨取引所バイナンスをpcとスマホで確認

バイナンスは、海外の会社が運営している仮想通貨取引所です。そのため、英語に自信のない人には使いづらそうなイメージがあるかもしれません。

 しかし、バイナンスのホームページは、日本語に対応しています。

そのため、英語が苦手な人でも安心して利用できる取引所です。登録者が疑問を抱くことの多い項目への回答をまとめたFAQもあるので、わからないことが出てきてもすぐに解決できます

BNB(バイナンスコイン)を利用すると手数料の割引を受けられる

仮想通貨取引所バイナンスについて調べる人

バイナンスが発行している独自の仮想通貨「BNB(バイナンスコイン)」は、取引手数料の支払いに活用可能な通貨です。

 手数料の支払い方法をBNB払いにすることで、現物取引・証拠金取引手数料は25%割引※1、先物取引では10%※1の割引を受けられます。

VIPユーザーはランクに応じて証拠金借入金利・先物取引手数料などに対し0.01~0.1%※2の割引を受けられるのですが、BNB払いにすることでさらに25%※1の割引を受けることが可能です。

このような割引制度は他の取引所にはあまり設けられていないので、できる限り手数料を抑えて取引を行いたい人にもおすすめな取引所といえるでしょう。

取引サービスが豊富

仮想通貨取引所での取引は、現物取引・レバレッジ取引・OTC取引の3種類が一般的です。

ただ、バイナンスでは一般的な取引サービスのほかにもP2P取引や先物取引、マージントレード、戦略取引など幅広い種類を取り扱っています。

そのため、通常よりもさまざまな手法にて資産運用を行えるのも魅力のひとつです。

仮想通貨取引所・BINANCE(バイナンス)を利用するデメリット

タブレットの画像

海外の取引所でありながら日本語対応もしており、お得な割引制度も設けられている仮想通貨取引所BINANCE(バイナンス)。取り扱い通貨も豊富で使いやすそうな取引所ですが、デメリットもあります。

利用前には、デメリットもしっかりと把握しておきましょう。ここからは、バイナンスにあるデメリットを詳しく解説します。

日本円での直接入金ができない

バイナンスは海外の仮想通貨取引所であり、口座開設をしても日本円の直接入金はできません。

そのため、あらかじめ国内仮想通貨取引所にて口座開設を行って仮想通貨を購入し、そこからバイナンスへ送金をする必要があります。

 これにより、国内にある仮想通貨取引所で取引を始めるよりも手間がかかってしまうのが大きなデメリットです。

手数料の割引制度は設けられていますが、送金が必要になることでほかの取引所よりも手数料が割高になってしまう可能性もあります。

仮想通貨取引所を選ぶ際には、手数料の面も併せてよく検討することが大切です。

今後利用できなくなる可能性がある

PCの画像

バイナンスは日本国内の金融庁から「無登録で暗号資産交換行を行っている」ということで警告を受けたことが何度かあります

 過去には、日本国内からの利用を停止されたこともあるようです。

現在は問題なく利用できるようになっていますが、今後金融庁から警告を受けた場合日本国内ではバイナンスを利用できなくなる可能性があります。

預けていた資産が凍結してしまう可能性もあるので、利用時にはバイナンスの動向をしっかりと追うことが大切です。

仮想通貨取引所・BINANCE(バイナンス)への登録方法

pc

バイナンスへの登録方法は、バイナンスアプリを利用するかWebサイトを利用するかによって異なります。

バイナンスアプリへの登録方法

まずはバイナンスアプリにて取引したい人へ向け、アプリへの登録方法を解説します。

バイナンスアプリへの登録手順
  1. バイナンスアプリを開いて「Sign Up」をタップする
  2. Eメールアドレス・電話番号・AppleもしくはGoogleアカウントの中から登録方法を選択する
  3. 「Email」もしくは「Phone Number」を選択して情報を入力する
  4. パスワードを作成する
  5. Eメールもしくは電話で送られてくる認証コードを確認し、30分以内にコードをコードを入力する
  6. 「Submit」をタップする

Emailアドレスもしくは電話番号の入力後、認証コードが送られてきます。

30分以内に送付されてきたコードを入力しないと再度入力が必要になってしまうので、確認したらできる限り早めに入力するようにしましょう。

Webサイトへの登録方法

スマートフォンでバイナンスを検索する人

バイナンスアプリではなくWebサイトにて取引を行いたい場合は、以下のような方法で登録を行いましょう。

Webサイトへの登録手順
  1. バイナンスのWebサイトへアクセスする
  2. 画面右上にある「Register」をタップする
  3. Eメールアドレス・電話番号・Apple/Googleアカウントの中から登録方法を選択する
  4. 「Email」または「Phone Number」をタップする
  5. Eメールアドレス/電話番号を入力しパスワードを作成する
  6. 利用規約とプライバシーポリシーを確認して「同意」をタップする
  7. 「Create Account」をタップする
  8. 送られてきた認証コードを確認し入力する
  9. 「Submit」をタップする

Webサイトへの登録も、アプリへの登録と同じくらい簡単に済ませられます。登録に利用するアカウントは1種類しか選択できないので、慎重に選びましょう。

アカウント用のパスワードは、大文字と数字を含む8文字以上にする必要があります。メールまたは電話番号を入力すると、登録したメールまたは電話番号宛てに認証コードが届きます。

認証コードは30分以内に入力しないと無効になってしまうので、届き次第早めに入力するのが大切です。

BINANCE(バイナンス)での仮想通貨の買い方

仮想通貨取引所バイナンスで取引する人

国内の取引所からバイナンスへ仮想通貨を送金

バイナンスは、日本円の直接入金に対応していません。バイナンスで取引するには、国内の取引所から仮想通貨を送金する必要があります。

以下の手順にて仮想通貨をバイナンスへ送金しましょう。

バイナンスへの仮想通貨送金手順
  1. 国内仮想通貨取引所にて口座を開設
  2. 送金に利用する仮想通貨を選択し購入
  3. 国内の取引所にて購入した仮想通貨を送金

口座開設をする仮想通貨取引所や購入する仮想通貨の種類にとくに決まりはありません。ただ、仮想通貨の種類や取引所によって手数料は異なります。

できる限り資金の減りを抑えるためにも、手数料が安い取引所にて取引・送金コストが低い仮想通貨を選択しましょう。

バイナンスにて仮想通貨を購入

バイナンスのWebサイトにアクセスする男性

バイナンスで仮想通貨を購入する主な方法には、現物取引と先物取引の2通りがあります。

現物取引にて購入する場合

現物取引での購入手順
  1. バイナンスにログインする
  2. 画面上部にある「マーケット」をタップ
  3. 仮想通貨の一覧から購入したい仮想通貨を探し「トレード開始」をタップ
  4. 注文方法を選択する
  5. 購入数量を設定する

現物取引での注文方法には「指値注文」「成行注文」「ストップリミット注文」「トレーリングストップ注文」「OCO注文」の5通りがあります。

指値注文 買値または売値を指定する注文方法。
成行注文 値段を指定せずに注文する方法。
ストップリミット注文 取引利益の下限または損失の上限を設定する注文方法。
トレーリングストップ注文 市場価格から特定の割合で事前に設定された注文を出す方法。
OCO注文 指値注文とストップリミット注文を同時に行う方法。

自身に合った注文方法を選択して、必要な数だけ通貨を購入しましょう。

先物取引にて購入する場合

バイナンスアプリにクレジットカードを登録する人

先物取引での購入手順
  1. バイナンスへログインする
  2. ウォレットから「フィアットと現物」を選択する
  3. 画面上部にある「振替」をタップする
  4. 振替元をフィアットと現物、振替先をUSDⓈ-M先物またはCOIN-M先物に設定する
  5. 現物のコインと金額を入力して確認をタップする
  6. デリバティブからUSDⓈ-M先物またはCOIN-M先物をタップする
  7. 注文方法を選択する
  8. 購入数を決めて「購入」をタップする

先物取引をする際には、現物ウォレットから先物ウォレットに送金する必要があります。先物取引には、USDⓈ-MとCOIN-Mの2通りがあります。

USDⓈ-M 有効期限がない取引
COIN-M 有効期限がある取引
注文方法

注文方法は、USDⓈ-M・COIN-Mのどちらの場合も同様で以下の7種類があります。

指値注文 あらかじめ買値または売値を設定して注文する方法
成行注文 値段を決めずに注文する方法
ストップリミット注文 損失の上限、利益の下限を設定して指値注文する方法
ストップマーケット注文 あらかじめ決めた価格になったら成行注文する方法
トレーリングストップ注文 市場価格から特定の割合で事前に設定された注文を出す方法
ポストオンリー注文 オーダーブックに注文が入った場合のみ注文を入力できる方法
TWAP注文 指定した期間の時間加重平均価格に近い平均約定価格を目指す注文方法

バイナンスを利用する際におすすめの国内仮想通貨取引所!

Coincheck(コインチェック)

コインチェックLP

Coincheckの特徴
  • 豊富な17銘柄の仮想通貨
  • 取引所取引の手数料がTaker、Makerともに無料!
  • 積立購入や貸暗号資産でリスクを抑えることができる
  • Coincheckつみたてで毎月一定額自動で積立が可能
  • 保有する仮想通貨を貸し出して利息収入を得られる

老舗企業の仮想通貨取引所であるコインチェックは、アルトコイン含む仮想通貨が17銘柄もあるので初心者の方にもおすすめできます。

また、Coincheckつみたてでは暗号資産を毎月一定額自動で積立し、安定した投資ができるサービスを展開しています。リスクを抑えることが可能です。

さらに、貸仮想通貨を利用することで、保有する仮想通貨を貸し出して利息収入を稼ぐことができるため、長期的に稼ぎたいという人におすすめです。

Coincheckのアプリも使いやすいデザインが人気で、ダウンロード数は国内№1を誇ります。

取扱い通貨数 17種類
レバレッジ

無し

販売所手数料 無料
取引所手数料 無し
主な通貨の送金手数料

通貨によって異なります。
※コインチェックユーザー間無料

取引手数料
  • コンビニ入金
    3万円未満:770円
    3万円以上30万円以下:1018円
  • クイック入金
    3万円未満:770円
    3万円以上50万円以下:1018円
    50万円以上:入金金額×0.11% + 495 円

※全て税込です。

出金手数料
407円(税込)
社名
コインチェック株式会社

DMM Bitcoin

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)

DMM Bitcoinの特徴
  • レバレッジ取引できる仮想通貨の種類が№1※公式より
  • 機能が豊富で使いやすい取引ツール
  • 取引手数料・出金手数料が無料※BitMatch取引手数料を除く
  • 最短1時間以内に取引開始可能
  • スマホアプリもPC版に匹敵する高機能

DMM Bitcoinは、ビットコインはもちろん、イーサリアムなど将来有望なアルトコインを含む20種類の仮想通貨を取り扱っています。また、レバレッジ取引にチャレンジしたい方でも2倍まで対応しています。

また、BitMatch注文というDMM Bitcoinが提供する販売所価格の中値で買い手と売り手がマッチングした際に取引が成立するという取引方法が可能です。

 販売所取引では、買値と売値にスプレッドが上乗せされていますが、BitMatch注文を利用することでスプレッドを気にせず取引ができることが大きなメリットです。

また、入金手数料、出金手数料が無料で利用できるため、頻繁に口座資金を移動する人にも使いやすいです。

さらにレバレッジ取引を行うことでより資金効率を高めて取引を行うことができます。

取扱い通貨数 20種類
レバレッジ 2倍
販売所手数料 無料
取引所手数料 無料
主な通貨の送金手数料 無料
取引手数料 無料
※レバレッジ手数料は0.04%/建玉ごと
出金手数料
無料
社名
株式会社DMM Bitcoin

DMM Bitcoinのキャンペーン情報

DMM Bitcoinでは、現在新規口座開設をした人に即時で2,000円プレゼントするキャンペーンを実施中!

BITPoint(ビットポイント)

BITPoint(ビットポイント)

BITPointのココがオススメ
  • 出来高ランキングが国内№1※公式より
  • 国内で唯一トロン・エイダ・ジャスミーを取扱い中
  • 初めてでも直感的に使用可能なスマホアプリ
  • さまざまな手数料が無料
  • レンディングで仮想通貨を増やすことも可能
  • 最短当日から取引スタートできる

BITPointは、出来高ランキングが国内№1の取引所で、2022年3月現在ではほかの取引所では取扱いの無いエイダジャスミートロンといった仮想通貨を売買できるのが特徴的です。※公式より

また、様々な手数料が無料に設定されており、コストが安く済むのもBITPointの強みと言えます。

 即時入金手数料・取引手数料・仮想通貨の入出金などを0円で行えます。

さらに、仮想通貨を貸して増やせるレンディングサービスも行っています。一定期間仮想通貨を貸し出すと、堅実に所有数量を増やすことができます。

口座開設のスピードの速さも特徴的。スマホからの申し込みで、最短当日にエイダコインを購入可能です。

取扱い通貨数 12種類
レバレッジ 2倍
販売所手数料 無料
取引所手数料 無料
仮想通貨の送金手数料 無料
入金手数料 振込入金:振込手数料のみ
即時入金:無料
出金手数料 無料
社名 株式会社ビットポイントジャパン

キャンペーン情報

期間中に口座開設でもれなくディープコイン(DEP)を3,000円相当プレゼント

bitFlyer(ビットフライヤー)

おすすめの仮想通貨取引所No.1!bitFlyer

bitFlyerの特徴
  • BTCの取引量が国内№1
  • 取引手数料など様々な手数料が完全無料
  • かんたん操作で取引できる
  • 14種類の仮想通貨を100円から売買可能
  • 100%の顧客資産をコールドウォレットで保管

※Bitcoin日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2021 年の年間出来高(差金決済/先物取引を含む)

bitFlyerは15種類のビットコイン・アルトコインが100円から始められるのが大きな特徴です。また、全通貨販売所での手数料が無料なのも初心者にも優しいポイントです。

入金も住信SBIネット銀行のクイック入金であれば日本円の手数料が無料になるので、口座を持っている方はお得に取引することができます。

取扱い通貨数 15種類
レバレッジ 最大2倍
※bitFlyer Lightningで可能
販売所手数料 無料
取引所手数料 0.01%~0.15%
主な通貨の送金手数料 通貨によって異なります。
入金手数料
  • クイック入金手数料
    住信SBI銀行から入金:無料
    住信SBI銀行以外からの入金:330円(税込)
  • 銀行振込:無料
    ※振込手数料の負担はあり
出金手数料
  • 220円~770円(税込)
社名
株式会社 bitFlyer

出典:公式サイト

※公式サイトより

【マネックスビットコイン】暗号資産CFDが可能、レバレッジ手数料は0.04%!小学資金で大きな取引が可能

マネックスビットコイン
ビットコインの特徴
  • レバレッジ手数料は0.04%と業界水準で使いやすい
  • 取引手数料が無料
  • 24時間365日いつでも取引できる

マネックスビットコインの特徴

マネックスビットコインは、マネックス証券が提供する暗号資産取引所です。

実はマネックス証券は、インターネット証券の中で初めて暗号資産のサービスを始めたパイオニア的な会社でもあります。

メジャーな通貨である、ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、リップル(XRP)をはじめ、暗号資産CFDと呼ばれるレバレッジ取引も可能です。

マネックスグループは傘下にコインチェックがありますが、今現在は現物取引が可能である一方レバレッジ取引は不可能です。

ただ、マネックスグループのマネックス証券が提供する暗号資産CFDを利用すれば、最大レバレッジ2倍で取引が可能となります。

 コインチェックユーザーで「どうしてもレバレッジ取引をしたい」という方は、マネックス証券が提供するマネックスビットコインがおすすめです。

また、マネックス証券は暗号資産取引だけではなく、FX、株、投資信託などの金融サービスも提供しています。

取扱い通貨数 4種類
レバレッジ 最大2倍
※bitFlyer Lightningで可能
販売所手数料 無料
取引所手数料 無料
主な通貨の送金手数料 通貨によって異なります。
入金手数料

無料(別途銀行所定の振込手数料がかかります。)

出金手数料

通常出金:無料 即時出金サービス:330円(税込)

社名
マネックス証券株式会社

まとめ

今回は、世界最大といわれている仮想通貨取引所「BINANCE(バイナンス)」について、概要からメリット・デメリットまで徹底解説しました。

海外にある会社が運営している取引所ですが、Webサイトは日本語に対応しており英語が苦手な人でも安心して取引を行えます。

手数料の割引制度もあり、出費をできる限り抑えて資産運用したい人にもおすすめです。ただ、日本円で直接入金できないため利用までに手間がかかってしまうというデメリットがあります。

バイナンスを利用する際は、国内の仮想通貨取引所の経由しましょう。

仮想通貨に関する関連記事

 

 

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事