初心者向け|仮想通貨(ビットコイン)の始め方・注意点を徹底解説

初心者向け|仮想通貨(ビットコイン)の始め方・注意点を徹底解説

監修者の紹介
増田さん

監修者増田 諒

2021年1月1日現在、全国に891世帯1,257名のクライアントを抱えるコンサルタントとして活動中。年間100件の個別相談のほか「マネー・ライフプランニング」「資産運用」「保険」「確定申告」「住宅ローン」「相続」等のテーマのセミナーで登壇。

MDRT入賞 7回 ・TLC(生命保険協会認定FP) ・CFP ・IFA(証券外務員1種)・ファイナンシャルプランニング技能士1級 ・宅地建物取引士 貸金業務取扱主任者

増田 諒Masuda Ryo

仮想通貨(ビットコイン)は2021年に入ってから、大きく上昇しました。そのため「今後も儲かるチャンスがあるのでは?」と気になっている方も多いのではないでしょうか?

「今後も儲かるチャンスがあるのなら、自分も始めたい!」という方もいらっしゃると思います。

そこでこの記事では、仮想通貨(ビットコイン)の始め方や、メリットやリスクを解説しました。ぜひ最後までご覧下さい。

仮想通貨初心者の方にもおすすめの取引所も紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

\最短1日で取引開始!/

Coincheckがおすすめ

コインチェックLP

金融庁の暗号資産交換業者に登録されているCoincheckは取扱銘柄数も国内最大級の17種類で、ビットコインはもちろんのことマイナーなアルトコインも取り扱っていいます
仮想通貨取引初心者の頃から、少し慣れてきた中級者・上級者の頃にも長く使い続けることができる取引所といえるでしょう。

仮想通貨(ビットコイン)の始め方・買い方

仮想通貨(ビットコイン)とは

仮想通貨(ビットコイン)の始め方・買い方

仮想通貨(ビットコイン)は、世界第1位の時価総額を誇る仮想通貨で、2008年にビットコインの論文を発表したサトシ・ナカモトが創始者と言われています。

仮想通貨の特徴は電子データのみで取引される通貨であり、ドルや円のような国の法定通貨を持たず、中央集権的な存在がないインターネット上で取引に用いられるデジタル通貨です。

 分散型台帳が作成可能なブロックチェーン技術を利用することで、公的な管理者の裏付けなしにネットワークを介し価値の保存や移転を行えます。

今やビットコインが発端となり、様々なアルトコインと言われる派生の仮想通貨が生まれ、全世界に5,000種類以上あるとされています。

また、仮想通貨(ビットコイン)の誕生から法定通貨と仮想通貨を交換できる仮想通貨取引所が登場したことによって、仮想通貨が全世界に広がりバブルが発生しました。

最近では中米のエルサルバドルで「ビットコイン法」が可決され法制化されました。

このように仮想通貨は今後さらに拡大しあらゆるサービスで利用できるようになるでしょう。

 

仮想通貨(ビットコイン)の始め方

仮想通貨(ビットコイン)の始める場合、まずは国内の仮想通貨取引所の口座開設を行いましょう。

その際に必要なものは、銀行口座、本人確認書類、仮想通貨を購入する現金、取引するための機器です。

 各取引所の口座開設ページから申込フォームに個人情報を記載し、その後本人確認書類をスマートフォンで写真撮影を行いアップロードして提出します。

無事口座開設が完了したら取引所に日本円を入金し、実際に仮想通貨(ビットコイン)を購入してみましょう。

購入できる場所は販売所と取引所です。販売所は仮想通貨業者から直接購入できる形式で、取引所は仮想通貨を売買したいユーザーが希望する金額で取引をする場所です。

これらの購入場所で仮想通貨を購入したら実際にチャートを見ながら取引をします。もしも利益が出たら仮想通貨を売却することで日本円を出金することができます。

コインチェックは初心者でも取引アプリが使用でき、取り扱い通貨銘柄の種類が17種類と日本最多なのでおすすめです。

仮想通貨(ビットコイン)の買い方

実際に仮想通貨取引所を開設したのちに仮想通貨を購入するまでどのような流れになるのかをこちらでご紹介します。

【初心者向け】仮想通貨(ビットコイン)を買い方・手順

仮想通貨の買い方
  • 仮想通貨取引所の口座を申し込む
  • 個人情報入力・本人確認書類の提出
  • 二段階認証を実施
  • 仮想通貨取引所に入金
  • 仮想通貨を購入する

STEP①仮想通貨取引所の口座を申し込む

【初心者向け】仮想通貨(ビットコイン)を買い方・手順

まずは仮想通貨の口座に申し込む必要があります。登録する取引所を選択し、手続きしていきましょう。

取引所の登録ページで、メールアドレスを入力し登録ボタンをクリックします。メールが届きますので、本文中のURLをタップしてください。

 登録ページに移行するので、引き続き取引所の開設手続きを進めていきます。

STEP②個人情報入力・本人確認書類の提出

【初心者向け】仮想通貨(ビットコイン)を買い方・手順

続いて個人情報を入力していきます。氏名・連絡先・住所・年収などの個人情報を入力していきましょう。

 情報が誤りや虚偽があると、審査に落ちてしまう可能性があります。正確に入力してください。

個人情報を入力したら、続いて本人確認書類の提出が必要です。多くの取引所では、以下のような書類が本人確認書類として利用可能です。

利用可能な本人確認書類
  • 運転免許証
  • パスカード
  • マイナンバーカード
  • 在留カード

厳密には、口座開設に利用可能な書類は取引所によって変わります。よく確認するようにしましょう。本人確認書類はスマホで撮影すれば、オンラインで提出可能です。

個人情報・本人確認書類の提出が終わったら審査が始まります。審査に通過すれば口座開設完了です。

「申し込み~本人確認書類の提出」まで、スマホ1台で完了できますよ。

STEP③仮想通貨取引所に入金

【初心者向け】仮想通貨(ビットコイン)を買い方・手順

口座開設が完了したら、続いて取引所に入金していきましょう。入金方法としては以下のようなものがあります。

中でもオススメはインターネットバンキングでのクイック入金です。クイック入金は、24時間365日リアルタイムで入金を反映させることができます。

仮想通貨取引所に入金
  • 銀行振込
  • コンビニ入金
  • クイック入金(インターネットバンキング入金)

取引所によって利用可能な入金手段、入金手数料は変わってきます。選択可能な入金方法は確認しておくようにしましょう。

取引所によってはクイック入金を利用すると、入金手数料が無料になる場合もあります。

STEP④仮想通貨を購入する

【初心者向け】仮想通貨(ビットコイン)を買い方・手順

入金が完了したら、仮想通貨を購入していきましょう。購入したい仮想通貨を選択し数量を入力後、購入をタップします。取引所はスマホアプリをダウンロードできることが多いです。

 スマホアプリは直感的な操作で購入できるよう、初心者にもやさしく作られていることが多いです。

取引所によって取り合っている仮想通貨の銘柄が異なります。複数業者の口座を開設しておくと選択肢が増えるのでオススメです。

IOSTなど、特定の取引所でしか購入できない仮想通貨もあります。

初心者におすすめの仮想通貨取引所5選徹底比較

コインチェック(Coincheck)
DMM Bitcoin
BITPoint
bitFlyer
(ビットフライヤー)
マネックスビットコイン
coincheck
dmmbitcoin
bitFlyer
取引所手数料
無料
無料
(BitMatch取引手数料を除く)
無料
約定数量 × 0.01 ~ 0.15%
(単位: BTC)
無料
販売所手数料
無料
無料
(BitMatch取引手数料を除く)
無料
無料
無料
レバレッジ
なし
2倍
なし
最大2倍
2倍
最低取引額
0.005通貨単位以上
(500円相当額以上)
0.0001BTC〜
(約1,000円相当)
0.00000001BTC単位
0.00000001BTC
(1円から取引可能)
0.01 BTC/JPY
取引通貨数
17種類
20種類
14種類
18種類
4種類
キャンペーン・特典
本人確認と入金で
BTC2,500円分
プレゼント
新規口座開設でもれなく即時2,000円プレゼント!
BTC+ADA+DEP合計3,000円相当プレゼント!
公式サイトをチェック!
-
-

Coincheck(コインチェック)

コインチェックLP

Coincheckの特徴
  • 豊富な17銘柄の仮想通貨
  • 取引所取引の手数料がTaker、Makerともに無料!
  • 積立購入や貸暗号資産でリスクを抑えることができる
  • Coincheckつみたてで毎月一定額自動で積立が可能
  • 保有する仮想通貨を貸し出して利息収入を得られる

老舗企業の仮想通貨取引所であるコインチェックは、アルトコイン含む仮想通貨が17銘柄もあるので初心者の方にもおすすめできます。

また、Coincheckつみたてでは暗号資産を毎月一定額自動で積立し、安定した投資ができるサービスを展開しています。リスクを抑えることが可能です。

さらに、貸仮想通貨を利用することで、保有する仮想通貨を貸し出して利息収入を稼ぐことができるため、長期的に稼ぎたいという人におすすめです。

Coincheckのアプリも使いやすいデザインが人気で、ダウンロード数は国内№1を誇ります。

取扱い通貨数 17種類
レバレッジ

無し

販売所手数料 無料
取引所手数料 無し
主な通貨の送金手数料

通貨によって異なります。
※コインチェックユーザー間無料

取引手数料
  • コンビニ入金
    3万円未満:770円
    3万円以上30万円以下:1018円
  • クイック入金
    3万円未満:770円
    3万円以上50万円以下:1018円
    50万円以上:入金金額×0.11% + 495 円

※全て税込です。

出金手数料
407円(税込)
社名
コインチェック株式会社

DMM Bitcoin

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)

DMM Bitcoinの特徴
  • レバレッジ取引できる仮想通貨の種類が№1※公式より
  • 機能が豊富で使いやすい取引ツール
  • 取引手数料・出金手数料が無料※BitMatch取引手数料を除く
  • 最短1時間以内に取引開始可能
  • スマホアプリもPC版に匹敵する高機能

DMM Bitcoinは、ビットコインはもちろん、イーサリアムなど将来有望なアルトコインを含む20種類の仮想通貨を取り扱っています。また、レバレッジ取引にチャレンジしたい方でも2倍まで対応しています。

また、BitMatch注文というDMM Bitcoinが提供する販売所価格の中値で買い手と売り手がマッチングした際に取引が成立するという取引方法が可能です。

 販売所取引では、買値と売値にスプレッドが上乗せされていますが、BitMatch注文を利用することでスプレッドを気にせず取引ができることが大きなメリットです。

また、入金手数料、出金手数料が無料で利用できるため、頻繁に口座資金を移動する人にも使いやすいです。

さらにレバレッジ取引を行うことでより資金効率を高めて取引を行うことができます。

取扱い通貨数 20種類
レバレッジ 2倍
販売所手数料 無料
取引所手数料 無料
主な通貨の送金手数料 無料
取引手数料 無料
※レバレッジ手数料は0.04%/建玉ごと
出金手数料
無料
社名
株式会社DMM Bitcoin

DMM Bitcoinのキャンペーン情報

DMM Bitcoinでは、現在新規口座開設をした人に即時で2,000円プレゼントするキャンペーンを実施中!

BITPoint(ビットポイント)

BITPoint(ビットポイント)

BITPointのココがオススメ
  • 出来高ランキングが国内№1※公式より
  • 国内で唯一トロン・エイダ・ジャスミーを取扱い中
  • 初めてでも直感的に使用可能なスマホアプリ
  • さまざまな手数料が無料
  • レンディングで仮想通貨を増やすことも可能
  • 最短当日から取引スタートできる

BITPointは、出来高ランキングが国内№1の取引所で、2022年3月現在ではほかの取引所では取扱いの無いエイダジャスミートロンといった仮想通貨を売買できるのが特徴的です。※公式より

また、様々な手数料が無料に設定されており、コストが安く済むのもBITPointの強みと言えます。

 即時入金手数料・取引手数料・仮想通貨の入出金などを0円で行えます。

さらに、仮想通貨を貸して増やせるレンディングサービスも行っています。一定期間仮想通貨を貸し出すと、堅実に所有数量を増やすことができます。

口座開設のスピードの速さも特徴的。スマホからの申し込みで、最短当日にエイダコインを購入可能です。

取扱い通貨数 12種類
レバレッジ 2倍
販売所手数料 無料
取引所手数料 無料
仮想通貨の送金手数料 無料
入金手数料 振込入金:振込手数料のみ
即時入金:無料
出金手数料 無料
社名 株式会社ビットポイントジャパン

キャンペーン情報

期間中に口座開設でもれなくディープコイン(DEP)を3,000円相当プレゼント

bitFlyer(ビットフライヤー)

おすすめの仮想通貨取引所No.1!bitFlyer

bitFlyerの特徴
  • BTCの取引量が国内№1
  • 取引手数料など様々な手数料が完全無料
  • かんたん操作で取引できる
  • 14種類の仮想通貨を100円から売買可能
  • 100%の顧客資産をコールドウォレットで保管

※Bitcoin日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2021 年の年間出来高(差金決済/先物取引を含む)

bitFlyerは15種類のビットコイン・アルトコインが100円から始められるのが大きな特徴です。また、全通貨販売所での手数料が無料なのも初心者にも優しいポイントです。

入金も住信SBIネット銀行のクイック入金であれば日本円の手数料が無料になるので、口座を持っている方はお得に取引することができます。

取扱い通貨数 15種類
レバレッジ 最大2倍
※bitFlyer Lightningで可能
販売所手数料 無料
取引所手数料 0.01%~0.15%
主な通貨の送金手数料 通貨によって異なります。
入金手数料
  • クイック入金手数料
    住信SBI銀行から入金:無料
    住信SBI銀行以外からの入金:330円(税込)
  • 銀行振込:無料
    ※振込手数料の負担はあり
出金手数料
  • 220円~770円(税込)
社名
株式会社 bitFlyer

出典:公式サイト

※公式サイトより

【マネックスビットコイン】暗号資産CFDが可能、レバレッジ手数料は0.04%!小学資金で大きな取引が可能

マネックスビットコイン
ビットコインの特徴
  • レバレッジ手数料は0.04%と業界水準で使いやすい
  • 取引手数料が無料
  • 24時間365日いつでも取引できる

マネックスビットコインの特徴

マネックスビットコインは、マネックス証券が提供する暗号資産取引所です。

実はマネックス証券は、インターネット証券の中で初めて暗号資産のサービスを始めたパイオニア的な会社でもあります。

メジャーな通貨である、ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、リップル(XRP)をはじめ、暗号資産CFDと呼ばれるレバレッジ取引も可能です。

マネックスグループは傘下にコインチェックがありますが、今現在は現物取引が可能である一方レバレッジ取引は不可能です。

ただ、マネックスグループのマネックス証券が提供する暗号資産CFDを利用すれば、最大レバレッジ2倍で取引が可能となります。

 コインチェックユーザーで「どうしてもレバレッジ取引をしたい」という方は、マネックス証券が提供するマネックスビットコインがおすすめです。

また、マネックス証券は暗号資産取引だけではなく、FX、株、投資信託などの金融サービスも提供しています。

取扱い通貨数 4種類
レバレッジ 最大2倍
※bitFlyer Lightningで可能
販売所手数料 無料
取引所手数料 無料
主な通貨の送金手数料 通貨によって異なります。
入金手数料

無料(別途銀行所定の振込手数料がかかります。)

出金手数料

通常出金:無料 即時出金サービス:330円(税込)

社名
マネックス証券株式会社

これから始めるなら!おすすめの仮想通貨銘柄3選

ビットコイン(BTC)

ビットコイン(BTC)

おすすめの仮想通貨第1位はビットコイン(BTC)です。ビットコインとは暗号資産であり、2022年1月12日現在、時価総額が仮想通貨ランキングの中で第1位です。

 ビットコイン(BTC)の大きな特徴は、第三者機関を介さないため中央集権的な役割がなく、参加者一人ひとりが管理する分散型の決済システムを構築している点です。

また、ビットコイン(BTC)は知名度が高いため、多くの方が「仮想通貨=ビットコイン」と勘違いしていますが、ビットコイン(BTC)は仮想通貨の中の1つの種類でしかありません。

他の仮想通貨にも強い影響を与えるため、実質的には基軸通貨として考えられています。そのため、仮想通貨に投資をする多くの方がまずはビットコインから投資を始めます。

ビットコイン(BTC)は国や組織に依存することなく、全世界共通認識の価値がある通貨なので、今後どんどん需要が拡大してくでしょう。
ビットコインの購入なら

ネム(XEM)

ネム(XEM)

おすすめの仮想通貨第2位はネム(XEM)です。ネムはビットコインやイーサリアムに比べると、マイナーな仮装通貨ですが2015年3月に公開された新しい銘柄でもあります。

ネム(XEM)の意味は「New Economy Movement」つまり新しい経済活動の意味があり、大きな目的はブロックチェーンを活用し新しい経済の仕組みを確立させることです。

 大きな特徴はデータ処理の速度です。ビットコインが送金に10〜40分かかるのに対し、ネム(XEM)は1分で完了します。また、送金手数料も20分の1と圧倒的に安いです。

ネム(XEM)はPol(Proof of Importance)という独自システムを採用し、保有量や保有機関などから得られるスコアによって評価され報酬を得ることができます。

具体的には1日ごとにスコアが加算されていき、10,000XEM以上になるとデータ承認作用に参加可能になり、そこで報酬を得る資格を持つことができます。

また、一般的には市場に出回るコインは年々増えていますが、ネム(XEM)の場合は公開当初に約90億のコインが配布されて以降、新規のコインを発行していません。

なぜなら、発行枚数が増えることで供給量が増えてしまい、インフレを起こしてしまう不安を軽減しているからです。
ネムの購入におすすめ

イーサリアム(ETH)

イーサリアム(ETH)

おすすめの仮想通貨第3位はイーサリアム(ETC)です。イーサリアムはスマートコントラクト機能と言われる、ブロックチェーン上で自動的に契約が実行する仕組みが搭載されています。

誕生の歴史は2013年にロシア系カナダ人のプログラマー、ヴィタリック・ブテリン氏が暗号通貨イーサリアムを考案し、仮想通貨の中では時価総額がビットコインに次いで第2位です。

 現在の時価総額は約5600億ドルで暗号通貨市場の5分の1を占めており、取引量が多く大人気の通貨です。

このイーサリアム(ETC)は、ブロックチェーンネットワークで、スマートコントラクトを実行する最適なオープンソースのブロックチェーンプラットフォームです。

そのため、イーサリアムの目的は仮想通貨の送受信だけではなく、分散型のアプリケーションの開発プラットフォームになることが大きな目的としています。

また、ビットコインよりも複雑な契約が行えたり、取引商品の生成間隔もビットコインが10分に対してイーサリアムは約15秒と短いところが特徴です。

使用される通貨はEther(イーサ)、イーサリアムを使用する際にかかる手数料をGass(ガス)と言います。

仮想通貨(ビットコイン)はいくらから買える?

仮想通貨(ビットコイン)はいくらから買える?

仮想通貨(ビットコイン)の購入額は取引所によっても異なりますが、現物取引の場合は1,000円〜2,000円程度から買うことができます。

ただ、最低購入金額が提示されている取引所もあれば、仮想通貨の価格に応じて最低取引額が変わる取引所もあるので確認してから購入しましょう。

 仮想通貨を取引するには、「仮想通貨を売買するための資金」「入金手数料」「取引手数料」この3つの費用がかかるので抑えておきましょう。

また、その他にも入金手数料や取引手数料などが発生します。なので、手数料が無料の仮想通貨取引所で取引を行えば、コストを抑えて取引可能です。

取引所によっても異なりますが、0.0001BTCから購入できる取引所もあります。例えば、1BTC=600万円の場合、600円相当から始めることができます。

意外と仮想通貨は誰でも手軽に投資を始められるものなので、「少額資金から試しに仮想通貨を購入してみたい」と考えている方は積極的に行動に移しましょう。

まず開設をするなら

仮想通貨(ビットコイン)は1万円からチャレンジできる?

仮想通貨(ビットコイン)は1万円からチャレンジできる?

仮想通貨(ビットコイン)は取引所によって数千円から始められるところもあれば、1万円からチャレンジできるところもあり、それぞれ最低購入金額が異なります。

少額資金から仮想通貨(ビットコイン)で利益を出す方法は2つです。それは、「現物取引」と「レバレッジ取引」です。

 現物取引はスタンダードな取引方法で、「安く買って高く売る」「高く売って安く買う」二者択一の選択で利益を出すため、初心者でも稼ぎやすいです。

例えば、「1BTC=200万円」の時に購入し、「1BTC=300万円」の時に売却すれば、100万円の利益を出すことができます。

また、レバレッジ取引では、他人資本を利用することで自己資本比率を上げ、少額資金で大きな金額を動かすことができる取引方法です。

 例えば、30万円の資金でレバレッジ2倍の取引を行うと、「30万円(資金)」×「2倍(レバレッジ)」=「60万円」と最大60万円の取引が行えます。

そのため、レバレッジが2倍かかっている分、利益も2倍になります。一方で損失も2倍に膨らむ危険性もあるので注意が必要です。

取引所にもよりますが、数百円〜数千円から仮想通貨(ビットコイン)を始められます。

仮想通貨(ビットコイン)投資を始めるメリット

仮想通貨(ビットコイン)投資を始めるメリット

仮想通貨投資を始めるメリット
  • 24時間・365日取引することができる
  • 少額から取引可能
  • 大きな利益を出せる可能性がある

24時間・365日取引することができる

仮想通貨取引のメリットとして、24時間365日取引可能な点が挙げられます。土日祝日関係なく取引できるため、仕事や趣味などの都合に合わせて投資を行えます。

 株式やFXは売買可能時間が限られています。その点仮想通貨はいつでも取引できるのはうれしいですね。

仮想通貨の価格は日々変動しており、いつでもトレードチャンスがあり、平日忙しい方や夜しか取引できない方には恩恵が大きいでしょう。

土日祝日や深夜でも取引可能なので、ライフスタイルに合わせてトレードができますよ。

少額から取引可能

仮想通貨(ビットコイン)投資を始めるメリット

少額から取引可能な点も仮想通貨のメリットと言えます。仮想通貨取引所によっては500円から売買可能です。

仮にビットコインが「1BTC=500万円」だとしても、もっと小さい単位で購入できます。「1BTC=500万円」だから、500万円用意しなければ購入できない、というわけではないのです。

 0.01BTC、0.001BTCなど小数点以下の単位でも購入可能です。

そのため「資金が少ないから仮想通貨投資はできない」などと思う必要はありません。慣れるまでは、500円~数千円程度の金額で、仮想通貨の購入を試してみるのもいいでしょう。

少額から気軽に購入できるのも、仮想通貨のメリットですね。

大きな利益を出せる可能性がある

仮想通貨(ビットコイン)投資を始めるメリット

仮想通貨には、大きく儲けられる可能性があるというのも、メリットと言えるでしょう。

ビットコイン2009年10月当時に初めてレートが発表されました。その際のレートは「1BTC=0.07円」でほぼ無価値でした。※1

 世界で初めてビットコインが通貨として使われたのは、2010年5月22日です。10000BTC枚とビザ2枚が交換されました ※2

2021年現在、ビットコインの価格は1BTC=500万円を超える金額になっています。1BTC=0.7円だった時代と比べると、実に500万倍以上の価格です。※参照 https://coincheck.com/ja/exchange/charts/coincheck/btc_jpy/3600

この当時からビットコインを所有している人は、言うまでも無く大富豪になっているでしょう。

発行当初から比べると、ビットコインはすでにあり得ないほどに価格が上がっています。そのため、「今から購入しても遅いのでは?」という見方もあるかもしれません。

しかし、「ビットコイン価格は現在価格からさらに上昇する」という分析は実際に存在します。

 ビットコインは将来的に「1BTC=1000万円」になり、その後「1BTC=1億円」になるという予測もあります。※3

今からの購入でも、大きく資産を増やすチャンスはあるでしょう。

※1※2※3 出典:コインチェック公式

レバレッジ取引を掛けた取引も可能

仮想通貨(ビットコイン)投資を始めるメリット

国内取引所では、最大で2倍のレバレッジを掛けることができます。レバレッジ取引が成功すると、通常の取引に比べ利益が2倍になります。

 仮想通貨取引はボラティリティ(値幅)が大きいので、取引が成功すれば大きな利益を狙えます。

また、レバレッジ取引の際には、現物取引では不可能な売り注文での取引もできます。売りから入る取引も行えば、下落の相場でも利益を出すチャンスを得ることが可能です。

レバレッジを掛けると、チャンスが大きくなる分リスクも大きくなります。余裕資金で取引するようにしましょう。

仮想通貨(ビットコイン)投資を始めるリスク

仮想通貨を始めるにあたり、少なからずリスクが発生することは忘れてはいけません。ここからは、仮想通貨取引を始めることで負う可能性があるリスクについて解説いたします。

仮想通貨(ビットコイン)投資を始めるリスク

仮想通貨投資のリスク
  • 相場変動が大きい
  • ボラティリティが高い
  • ハッキングリスクがある
  • システムトラブルやサーバーダウンの可能性がある
  • 詐欺もある

相場変動が大きい

仮想通貨(ビットコイン)投資を始めるリスク

仮想通貨は高騰と下落を何度も繰り返しており、相場変動が非常に大きいという特徴があります。

実際に2017年は長らく横ばいでしたが、2018年には大きく上昇し200万円の高値をつけ、幾度となく乱高下を繰り返し2020年に再び上昇しました。

 最終的に700万円台の高値を付けましたが、その後は以前と同じく急に高騰したり下落を繰り返したりと、相場変動が大きく動くため注意が必要です。

最近は下が300万付近で上が700万円台の相場となっています。いいタイミングでエントリーできれば、相場の波に乗って利益を上げることができるでしょう。

ただ、1日で仮想通貨の価格が半減することも珍しくないので、短期取引ではなく長期投資がおすすめです。このようなリスクを考慮し自己責任で投資をするようにしてください。

仮想通貨は外的要因で大きく働くため、ニュースで仮想通貨関連の情報を逐一チェックしましょう。

ボラティリティが高い

仮想通貨はボラティリティ(価格の変動制)が高いという特徴があります。

仮想通貨は、FXなどではありえないほどの大きく価格が変動します。そのため、購入するタイミングによっては突如暴落し、損失を出す可能性があります。

 仮想通貨は数日間の間に価格が半分になることもあるほどに、ボラティリティが大きいです。

購入のタイミングによっては、激しい価格の下落に巻き込まれ、大きな損失を出す恐れがあります。

反対に言えば、購入のタイミングによっては価格が急騰し、大きく儲かる可能性があるとも言えます。チャンスが大きい分、リスクもあることを理解しておきましょう。

価格が急上昇した後には暴落の可能性が高まります。注意しておきましょう。

ハッキングリスクがある

仮想通貨(ビットコイン)投資を始めるリスク

取引所がハッキングされるリスクがあるのも、仮想通貨のデメリットと言えるでしょう。

仮想通貨取引所には多額の資金が集まっており、ハッカーにとっては格好の攻撃対象と言えます。セキュリティが甘ければ、顧客資産が盗まれるリスクがあります。

 2018年には、コインチェックで580億円の仮想通貨が盗難の被害に遭いました。

2021年現在、コインチェックをはじめとした取引所ではセキュリティが大幅に強化されています。そのためハッキングで資金を失うリスクは2018年当時に比べ小さくなっています。

しかし、今後ハッカーによる盗難が絶対に起こらないとは言い切れません。外付けのウォレットで仮想通貨を保管するなど、盗難リスクを避けるようにしましょう。

取引所で仮想通貨の盗難が起こる可能性はゼロではありません。リスクがあることは知っておきましょう。

システムトラブルやサーバーダウンの可能性がある

仮想通貨(ビットコイン)投資を始めるリスク

仮想通貨は取引所のバグやハッキングなどが原因で、システムトラブルやサーバーダウンの問題が起こる可能性がある点がデメリットです。

実際に世界最大規模の暗号資産取引所のBinance(バイナンス)は、システムメッセージエラーで、6時間以上取引できなくなった事例があります。

 その他にも、Coinbase(コインベース)がトラフィックの急増が理由で、サービス停止に追い込まれてしまったケースもあります。

これらの大きな原因は、「ハードウェア障害」と「テストが行われなかったプログラムの変更」この2つに大きな問題があるとされています。

このような問題が起こってしまうと、身動きが取れず大切な資金を大きく溶かしてしまう可能性が高いので注意が必要です。

いつどのタイミングで、システムトラブルやサーバーダウンが起こってもおかしくないのが仮想通貨の世界なので、リスクを考慮した上で投資を行いましょう。

取引所でのシステムトラブルは頻繁に起きていますが、最近はすぐに復旧するため心配されないで大丈夫です。

詐欺もある

仮想通貨(ビットコイン)投資を始めるリスク

仮想通貨には詐欺コインと呼ばれるものもあるので、注意が必要です。

こういったコインは最初からお金を集めるためだけに発行されており、世の中に利益をもたらすことはありません。

 にもかかわらず「大企業と提携している」とか「政府公認の仮想通貨だ」など嘘情報を出してきます。

もっともらしい会社理念を語り、人々を騙そうとすることもあります。こういった仮想通貨を購入しても、値上がりすることは一切ありません。

ひどい場合には、取引所に上場することすらなく終わることもあります。売却することすらできず、投資したお金が1円も戻って来ないリスクがあるということです。

中には芸能人が宣伝していることもあります。うますぎる話に騙されないよう気を付けましょう。

仮想通貨(ビットコイン)投資で失敗しないためのコツ

うますぎる話しには乗せられないよう、騙されないようにと心がけていても、具体的にどのようなことに気をつけたらいいのか初心者にとっては難しい場面も多いですよね。

こちらでは、仮想通貨取引で失敗しないために知っておきたいコツを3つご紹介します。

仮想通貨(ビットコイン)投資で失敗しないためのコツ

失敗しないためのコツ
  • 情報を正確につかむ
  • 高値掴みをしない
  • 投資は余裕資金で

情報を正確につかむ

仮想通貨界隈では、たくさんの情報が流れます。ツイッターやインスタグラムなどのSNSや、投資セミナーなどで情報を聞く機会があるかもしれません。

しかしこういった情報は、間違ったソースを元に話されていることがよくあります。そのため、セミナーで聞いた情報が間違えており、その結果損をする可能性もあります。

 情報を発信している本人が利益を得るために、意図的に不正確な情報をバラまくケースも存在します。

誤った情報で投資行為を行うと、非常に危険です。情報を取得する際は、その情報がどこから出ているのかを確認することが大事です。

公式サイトや公式ツイッターアカウントの情報は信頼していいでしょう。人の言うことを鵜呑みにせず、一時情を確認することが重要です。

仮想通貨は株式と違い法整備が進んでおらず、誤った情報に対する規制がありません。十分に気を付けましょう。
質の高い情報を受け取ろう

高値掴みをしない

仮想通貨(ビットコイン)投資で失敗しないためのコツ

仮想通貨は価格が高騰している時に話題になりやすく、ニュースなどで取り上げられる機会も増えます。友人などから「仮想通貨で儲かった」という話を聞くこともあるかもしれません。

こういったタイミングでは、ついつい仮想通貨に手を出したくなります。しかし、実はこういうときこそが、損をするリスクが高いのです。

 多くの場合、仮想通貨の話題が世間で出てくるのは、価格が暴騰しているときです。その直後に反動で暴落する可能性は高いと言えます。

投資の格言に「靴磨きの少年が株の話をし始めたら、その株は売れ」というものがあります。投資に詳しくない人の口から仮想通貨の話を聞いたら、危険サインと思うべきです。

価格が上がりきったタイミングで購入し、大損することの無いよう気を付けましょう。反対に、仮想通貨のことを誰も話題にしなくなったら、その時こそ購入のタイミングと言えるかもしれません。

世間で「仮想通貨は儲かる」という情報が流れたら赤信号です。
購入すべきタイミングではない可能性が高いでしょう。

投資は余裕資金で

仮想通貨(ビットコイン)投資で失敗しないためのコツ

仮想通貨に限らず、投資は余裕資金で行うのが鉄則です。失ってはまずいお金まで投資に使うのは絶対にNGです。

仮想通貨は定期的にブームになります。そのたびに「仮想通貨は絶対に儲かる」という情報に踊らされ、余裕資金を超えた金額を投資してしまう方が後を絶ちません。

 中には借金をしてまで仮想通貨につぎ込み、自己破産に陥るケースもあるようです。

仮想通貨に限らず、投資に絶対はありません。投資で損をしても誰も助けてくれませんし自己責任になってしまうのです。

生活資金に手を出したり、クレジットカードで無理な金額を入金するのはやめておきましょう。取り返しのつかない状況になるかもしれません。

投資は必ず余裕資金で行いましょう。無くなってもいいお金で投資するべきです。

仮想通貨(ビットコイン)の始め方についてよくある質問

仮想通貨はどのような手順で購入できますか?
仮想通貨取引所の口座を開設し、入金後に仮想通貨を購入することができます。多くの取引所は、スマホアプリで「口座開設~通貨の購入」まで行うことが可能です。
仮想通貨投資を始めるメリットは?
「24時間取引できる」「大きな利益を出せる可能性がある」「大きな利益を出せるかもしれない」といった点がメリットと言えます。
仮想通貨を始めるためのリスクは?
仮想通貨はボラティリティが高く、大きな損失を出してしまう可能性があります。ハッキングリスクもあるので、リスクを把握した上で投資しましょう。
仮想通貨投資で失敗しないためには、どうしたらいいですか?
「情報を正確につかむ」「高値掴みを防ぐ」「余裕資金で投資を行う」といった点が重要です。こういった点を抑えれば、比較的安全に資産運用できます。
「ビットコインを購入すれば儲かる」と友人から聞かされました。購入すべきでしょうか?
その友人が投資に詳しい人でなければ、やめた方がいいでしょう。投資に詳しくない人から情報が入ってくるタイミングは、暴落直前のことが多いです。
セミナーで仮想通貨の購入をすすめられました。購入しても大丈夫でしょうか?
セミナー講師の話だけを鵜呑みにするのは危険です。仮想通貨発行元の公式ホームページや公式ツイッターを確認し、確実な情報を確認し判断しましょう。
ビットコインはクレジットカードで購入可能ですか?
クレジットカードで入金可能な取引所は、今のところ存在しません。銀行振込、コンビニ払い、インターネットバンキングでの入金が一般的です。

まとめ

本記事では初心者の方向けに、仮想通貨の始め方メリット・デメリットを解説しました。

仮想通貨投資にはリスクもありますが、その分利益を出すチャンスもあります。これから始めたい方はリスクも理解したうえで購入してみるといいでしょう。

まずは仮想通貨取引所の口座を作るのがスタートです。今回の記事を参考に、取引所の口座を作るのもオススメです。

仮想通貨に関する関連記事

 

 

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事