ダイナースクラブカードの審査やメリット、ポイント還元など徹底解説

ダイナースクラブカードの審査やメリット、ポイント還元など徹底解説

監修者の紹介
増田さん

監修者増田 諒

2021年1月1日現在、全国に891世帯1,257名のクライアントを抱えるコンサルタントとして活動中。年間100件の個別相談のほか「マネー・ライフプランニング」「資産運用」「保険」「確定申告」「住宅ローン」「相続」等のテーマのセミナーで登壇。

MDRT入賞 7回 ・TLC(生命保険協会認定FP) ・CFP ・IFA(証券外務員1種)・ファイナンシャルプランニング技能士1級 ・宅地建物取引士 貸金業務取扱主任者

増田 諒Masuda Ryo

ダイナースクラブカードは、年会費無料のクレジットカードと比較して一般カードでも年会費が高額な部類なので、ステータスの高いカードとして知られています。

国内外の旅行傷害保険やラウンジ利用など特典も手厚くなっている一方で、申込み条件は詳細まで公開されておらず気になっている方も多いのではないでしょうか。

今回は、ダイナースクラブカードの特徴やメリット、お得な特典やサービスなども詳しく紹介していきます。
ダイナースクラブカードのポイント還元やポイントの使徒、有効期限なども解説しますので気になっている方は必見です。

ダイナースクラブカードとは?年会費などの基本情報

ダイナースクラブカード

ダイナースクラブカードは本会員の年会費が税込24,200円、家族会員の場合は税込5,500円で申し込めるクレジットカードです。

ダイナースクラブカードは2015年までは「シティカードジャパン」が発行していたカードですが、それ以降は「三井住友トラストクラブ」が発行するようになりました。

 その結果、審査基準を「35歳以上」「5年以上の勤続年数」といった厳しい条件から「27歳以上を目安」と緩和された経緯があります。

カードの特徴として、旅行傷害保険が海外・国内どちらも手厚いので、世界中で活躍してくれるカードといえるでしょう。

なお申し込み条件は27歳以上を目安と公表しているほか、詳しい条件などは非公開となっています。

基本情報

年会費 本会員 24,200円(税込)
家族会員 5,500円(税込)
利用可能枠 一律の制限なし
国際ブランド Diners
ポイントの種類 ダイナースクラブ リワードポイント
ポイント還元率 1.00%(100円で1ポイント)
付帯保険
  • 海外旅行保険
    傷害死亡・後遺障害:最高1億円(自動付帯分最高5,000万円、利用条件分最高5,000万円)
  • 国内旅行傷害保険
  • 死亡・後遺障害:最高1億円(利用条件付)
  • ショッピングリカバリー:年間500万円まで(利用条件付)
申込条件(目安) 年齢27歳以上の方

出典:ダイナースクラブカード

優待サービスが豊富!ダイナースクラブカードのメリット

コンパニオンカードがある

コンパニオンカード

ダイナースクラブカードには会員限定で入会できる「ダイナースクラブ コンパニオンカード」があります。このカードにはMastercardのプラチナグレードである「TRUST CLUB プラチナマスターカード」が付帯。

 ポイントや利用料金の請求・明細情報もダイナースクラブカードに一本化できるのが特徴です。

ダイナースクラブカード会員の場合は、通常3,300円(税込)かかる年会費が「無料」となっています。ダイナースクラブは加盟店が他のブランドよりも少ない傾向にあります。

Mastercardブランドが使えるカードを持つことで、より快適になるということですね。

利用可能枠に一律の制限がない

ダイナースクラブカードの大きな特徴として「利用可能枠に一律の制限を設けていない」という点があります。

 一般的にクレジットカードには毎月使える金額があらかじめ決められており、利用可能枠を変更するためには所定の手続きを経なければなりません。

しかしダイナースクラブカードは一人ひとりの利用状況に応じて利用可能枠を個別に設定できるのがメリットです。

海外旅行に行くときや大きな支払いが生じる月であっても柔軟に対応できる仕組みなので、利用枠を気にして使う必要がありません。

優待サービスが充実

優待サービスが充実

ダイナースクラブカードでは豊富活充実した優待サービスが用意されています。

優待・サービス一例
  • グルメ
  • トラベル
  • エンターテイメント
  • ゴルフ

どの優待・サービスもダイナースクラブカード会員だからこそ受けられるものばかりです。

グルメ

グルメ系の優待内容としては、普段使いや特別な日のお食事にも大活躍するサービスが充実しています。

優待内容
  • エグゼクティブダイニング
  • ごほうび予約
  • ごひいき予約.com
  • Wishダイニング
  • 「ビフテキのカワムラ」からの特別優待
  • 「ひらまつ」からの特別優待
  • 料亭プラン
  • ナイト イン 銀座
  • デュカス・パリとのパートナーシップ

一人でのお食事時間を充実させるためのプランや、なかなか予約の取れない人気店の席を確保して、会員に提供してくれるといったサービスが受けられます。

さらに高級レストランや料亭の予約も代行してくれるので、行ってみたかったお店の予約もスムーズに取れるのが魅力です。

トラベル

旅行を楽しむ女性

ダイナースクラブカードは海外・国内旅行でも活躍できるカードなので、当然旅行関係の優待サービスも豊富です。

優待内容
  • 国内外のホテル旅館を特別優待でお得に
  • 国内外1,000か所以上の空港ラウンジで快適に過ごせる
  • 国内/海外パッケージツアーを最大5%割引
  • 旅行プランニング・トラブルケアサポート
  • 世界各国でレンタカーを特別割引で利用できる
  • 旅行の手配・相談が電話でできる

日本国内の高級旅館やホテル、海外のラグジュアリホテルを特別割引で宿泊できる他、ダイナースクラブ ポイントモール」を使っての予約の場合、ボーナスポイントやキャッシュバックといった特典が受けられます。

さらに、宿泊・航空券の予約・手配といった個人旅行で様々な手配サービスが受けられる他、相談なども電話1本だけで出来るのが特徴です。

パッケージツアーをお得に予約したい・忙しくてホテルや航空券の予約まで手が回らない人にもうれしいサービスといえますね。

エンターテイメント

エンターテイメントを楽しむ女性

ショッピングやスポーツクラブ・カルチャーなど、ライフスタイルをさらに充実させるためのサービスも豊富なのがダイナースクラブカードの魅力でもあります。

優待内容
  • ショッピング
  • ヘルス・フィットネス
  • コンサルティング・投資
  • カルチャー

ショッピングサービスでは、会員限定・数量限定の商品などがお取り寄せできる他、松坂屋や高島屋のオンラインショッピングで割引が受けられるといったサービスが用意されています。

また、投資に関する金融サービスを紹介してくれたり、保険コンサルティングを無料で受けられるなど、手厚いサービスが受けられるのも魅力です。

ゴルフ

ゴルフを趣味としている人にとってもうれしい優待であるこのサービスではゴルフ場を特別優待価格で利用できるなど色々なメリットがあります。

優待内容
  • プリンスゴルフリゾーツ特別優待
  • 名門ゴルフ場、国内約100か所のラウンド予約を代行
  • プライベートレッスン料を最大50%割引
  • ゴルフレッスン優待
  • フィッティングサービス優待
  • ゴルフ練習場優待価格
  • ゴルフコンペ・プレープラン

国内にある名門ゴルフ場の予約を代わりに予約してくれるサービスや、プライベートレッスン・ゴルフレッスンを優待料金or無料で受けられるなど、お得に利用できる内容がメインです。

ゴルフ初心者にもうれしいフィッティングサービスも優待料金で受けられるのでゴルフに挑戦してみたい人にもおすすめできます。

ポイントの有効期限がない

ポイントが溜まっていくイメージ

ダイナースクラブカードは100円の利用につき「1ポイント」が付与されます。そのため、還元率は1%ということになります。

 一般的なクレジットカードではポイント還元率が0.5%程度なので、比較して高還元率といえるでしょう。

そして得たポイントの有効期限がないというのもダイナースクラブカードのメリットです。

自分の好きなタイミングで交換・使用できるので、計画的な「ポイ活」もできますね。

旅行傷害保険が手厚い

ダイナースクラブカードは海外・国内旅行に関する傷害保険が手厚いのが特徴です。

海外旅行傷害保険

海外旅行傷害保険での補償内容は多岐に渡っており、条件に応じて補償内容が区別されています。

補償内容
傷害死亡・後遺障害 最高1億円
※下記1.と2.の合算額
1.自動付帯分
…最高5,000万円
2.利用条件分
…最高5,000万円
傷害治療費用 300万円
(自動付帯)
疾病治療費用 300万円
(自動付帯)
賠償責任 1億円
(自動付帯)
携行品損害 50万円
(自動付帯)
救援者費用 300万円
(自動付帯)

なお、自動付帯分の補償は入会した翌日以降に開始された旅行から3か月を限度に受けられます。

利用条件分の場合は、公共交通乗用具または募集型企画旅行の料金をダイナースクラブカードで支払った場合に適用とされる仕組みです。

国内旅行傷害保険

忠霊塔から望む富士山

国内での旅行における事故やトラブルに対して、最高1億円までの補償が受けられる内容となっています。

補償内容
傷害死亡・後遺障害
  • 死亡の場合:1億円 
  • 後遺障害の場合:最高1億円
入院 日額5,000円
手術 入院中の手術:5万円
入院中以外の手術:2.5万円
通院 日額3,000円

なお、事故・保険金請求の連絡は、事故の日から「30日以内」に「三井住友トラストクラブ カード付帯保険受付デスク」まで連絡しましょう。

ショッピング・リカバリー

ショッピング・リカバリーでは、ダイナースクラブカード支払いをした商品が破損・盗難の被害に遭った場合に、年間500万円まで補償してくれる保険です。

補償期間は商品の購入日から「90日間」有効となっています。

自己負担額は1商品につき「10,000円」となっているので、日常的な買い物においても安心できる保険内容と言えるでしょう。

年会費が高額?ダイナースクラブカードのデメリット

ダイナースクラブカードのデメリット

入会に年齢制限がある

ダイナースクラブカードは誰でも申し込めるわけではありません。

 目安ではありますが、申し込み条件を「27歳以上」としているからです。

年会費無料のクレジットカードなどでは、申し込み条件が「18歳以上(高校生を除く)」としているところが多いので、それと比較すると申し込み条件が厳しいといえるでしょう。

年会費が2万円以上

ダイナースクラブカードは毎年24,200円(税込)の年会費が発生します。

 さらに家族会員も年間5,500円(税込)の年会費が必要なので、家族会員1人と合わせると、年間3万円近くの維持費が発生することになります。

そのため、できるだけ維持費を抑えたクレジットカードを探している人にとってはおすすめできないかもしれません。

旅行好きの人・付帯サービスを使うことを目的としている人にとってはおすすめでしょう。

ダイナースクラブカードの審査は厳しい?甘い?

疑問に感じる男性

ダイナースクラブカードも他のクレジットカードと同様に、申し込みをして審査を通過しないと発行できません。

 入会目安として27歳以上であること以外の情報・条件は公表されていませんが、年会費が無料のクレジットカードよりは審査条件が厳しい傾向にあると言えるでしょう。

27歳以上という年齢から学生や社会人になりたての人にとっては作りにくいカードといえますね。またダイナースクラブカードが三井住友トラストクラブという「信販会社」で発行されていることも理由として挙げられます。

発行元別審査難易度の傾向(高い→低い)

銀行→信販会社→流通系会社→消費者金融

銀行ほどの厳しさではないにしても、流通系や消費者金融が発行するカードよりは厳しい傾向にあります。

ダイナースクラブカードに関するよくある質問

ダイナースクラブカードの年会費は?
本会員が24,200円(税込)で、家族会員の場合は5,500円(税込)となっています。申し込み条件は27歳以上を目安としていますが、それ以外の条件は非公開です。

また利用可能枠に一律の制限はないので、会員ごとの利用状況・支払い実績などから上限が決められるシステムになっています。

ダイナースクラブカードの付帯保険は?
海外旅行傷害保険が傷害死亡・後遺障害の場合最高1億円です。最高5,000万円までが自動付帯、もう5,000万円が利用条件分です。
ダイナースクラブカードの締め日・支払日は?
毎月15日(土・日・祝日含む)に締め切り、翌月10日(土・日・祝日の場合は、翌営業日)に指定の金融機関から口座振替によりお支払いです。
貯めたポイントは何に使える?
アイテムや商品券などに交換できる他、TポイントやANA SKYコインなどのポイントに移行することができます。

その他、10,000円ポイント貯まると、3,000円単位で利用代金の支払いに充てることも可能です。

ダイナースクラブカードにはどんな優待・サービスが受けられる?
高級レストランの予約代行・会員限定の「おもてなし」などグルメに関してワンランク上のサービスが受けられる他、空港までの送迎サービス・スポーツクラブの優待・ゴルフのプライベートレッスン料の割引などの多彩なサービスが受けられます。
ダイナースクラブカードの支払い方法は?
一回払いの他、ボーナス一括払い・リボルビング払いが選べます。
ポイントを効率よく貯めるには?
「ダイナースクラブ ポイントモール」を経由してカード利用をすれば、通常ポイントにプラスしてボーナスポイントやキャッシュバックが得られます。

まとめ

ダイナースクラブカードの特徴やメリット、お得な特典・サービスなどを紹介していきました。

 利用可能枠に一律の制限を設けていないのが大きな特徴なので、自分の使い方にあった金額が設定できるのが魅力です。

海外・国内旅行傷害保険やショッピングリカバリーなど安心の保険が付帯されているので、いざという時にも安心できます。

ポイントのほかに、マイルも貯めることができるので飛行機によく乗る人・旅行に行くことが多い人にもぜひおすすめしたい1枚です。

クレジットカード関連記事

 

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事