エポスカードのポイント還元率や審査基準、メリットなど徹底解説!

エポスカードのポイント還元率や審査基準、メリットなど徹底解説!

監修者の紹介
増田さん

監修者増田 諒

2021年1月1日現在、全国に891世帯1,257名のクライアントを抱えるコンサルタントとして活動中。年間100件の個別相談のほか「マネー・ライフプランニング」「資産運用」「保険」「確定申告」「住宅ローン」「相続」等のテーマのセミナーで登壇。

MDRT入賞 7回 ・TLC(生命保険協会認定FP) ・CFP ・IFA(証券外務員1種)・ファイナンシャルプランニング技能士1級 ・宅地建物取引士 貸金業務取扱主任者

増田 諒Masuda Ryo

エポスカードは会員数709万人を誇るクレジットカードです。今までとデザインが一新されスタイリッシュな雰囲気となり、機能性も増した一枚に仕上がっています。

そこで今回は、エポスカードのポイント還元率や審査基準について解説していきます。また、所持することで得られるメリットも紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

効率良くポイントを貯める方法や使い方なども説明していくので、あわせてチェックしておきましょう。

※出典:https://s.srdb.jp/8252/content-2-1.html

エポスカードの基本情報

エポスカード

年会費 永年無料
申し込み条件 満18歳以上(高校生を除く)で日本国内に居住している方
旅行傷害保険
海外:最高500万円
国内:-
ショッピング保険 年間50万円
ポイント還元率 0.5%
追加可能カード ETCカード
締め日と支払日
  • 毎月27日締めの翌月27日払い
  • 毎月4日締めの翌月4日払い

出典:https://www.eposcard.co.jp/index.html

特徴1:年会費永年無料

エポスカードは年会費無料で所持できます。特に年間利用額や数回利用などの条件もないため、ただ持っているだけでも費用は一切かかりません。

また初年度無料といったカードも少なくないため、永年無料となる点は大きな特徴の一つと言えるでしょう。

年会費はクレジットカードを所持するにあたって、出費となり得ることなので事前にチェックが必要です。

特徴2:コラボレーションカードによりデザインが豊富

エポスカードの基本情報

カードデザインにこだわる人には朗報とも言うべきもので、エポスカードは数多くのコラボレーションにより、好みに合わせた券面を選べます。

主なコラボレーション
NieR CLOTHING/おそ松さん/17LIVE/ヒプノシスマイク/リラックマ/エヴァンゲリオン/超特急/新サクラ大戦/バンドリ!ガールズバンドパーティー!/スタンドマイヒーローズ/ワンピース/すみっコぐらし

人気アニメとのコラボレーションカードは、通常デザインのスタイリッシュな見た目と違い華やかな雰囲気です。

特徴3:無料でETCカードが発行できる

エポスカードの基本情報

ETCカードは、車移動が多い人にとって必需品と言っても過言ではありません。エポスカードでは、ETCカードを年会費永年無料で発行しています。

 有料道路を利用するごとにエポスポイントも貯まるため、日常的に通行する人は自然と獲得できるためおすすめです。

万が一、ETCカードを紛失した、あるいは盗難に遭った場合はお届け日を含め61日前に遡り、それ以降の不正使用による損害を全額補償してくれます。

ETCマイレージサービスに登録すると、通行料金の支払額で貯まるETCポイントを無料通行分として交換可能です。

特徴4:ポイントで資産形成ができる

貯めたエポスポイントを使い、資産づくりができます。エポスポイントの新しい使い方であり、100エポスポイントから投資信託が買えるのです。

 投資信託は、投資のプロが世界中の株や債券から厳選した商品を少額から取購入できる投資方法です。

資産形成をはじめるには「tsumiki証券」の申し込みをしなければいけないため、まずは手続きをしましょう。その際、マイナンバー書類と本人確認書類の準備が必要です。

エポスカードのポイント還元率

エポスカードのポイント還元率

基本還元率は0.5%となり、200円(税込)につき1ポイント貯まります。

 獲得したポイントの有効期限は2年間ですが、3ヶ月以内に有効期限切れとなるポイントを持っている場合は、有効期限延長の申し込みが可能です。

では、エポスポイントの貯め方・使い方について見ていきましょう。

エポスポイントの貯め方

エポスカードのポイント還元率

キャッシュレス化が進んでいる現代において、いかに効率良くポイントを貯めるかは重要です。エポスポイントの貯め方として、おすすめの方法は以下となります。

貯める方法
  • 月々の支払いに使う
  • スマホ決済・電子マネーで貯める
  • ポイントアップサイトを経由して買い物をする
  • 家族や友だちを紹介して貯める

貯め方①:月々の支払いに使う

毎月固定でかかってくる公共料金等をエポスカードにて支払うことで、効率良くポイントを貯められます。

支払可能なもの
携帯電話料金/保険料/税金/電気料金/ガス料金/水道料金/固定電話料金/プロバイダ料金/放送料金/新聞購読料金/電子マネー料金/家賃

会社によって支払いに対応しているもの・していないものがあるため、事前にチェックしておきましょう。

エポスカードで支払いをまとめると、ポイントを貯められることはもちろん、家計の管理が楽になります。

貯め方②:スマホ決済・電子マネーで貯める

エポスカードのポイント還元率

エポスカードは、簡単・手軽に支払いができるスマホ決済・電子マネーに対応しています。

対応するスマホ決済・電子マネー
Apple Pay/EPOS PAY/楽天Edy/PayPay/d払い/楽天ペイ/モバイルSuica

通常の支払いと同様に200円(税込)につき1ポイントが貯まるため、コンビニやスーパーなど身近な場所で決済に活用しましょう。

貯め方③:ポイントアップサイトを経由して買い物をする

たまるマーケットがリニューアルして誕生した「EPOSポイントUPサイト」を経由して買い物をすることで、通常の2倍~30倍ものポイントを獲得できます。

普段からネットショッピングをしている人は、ぜひEPOSポイントUPサイトを経由して買い物を楽しみましょう。主な掲載ショップと還元率を紹介します。

ショップ名 還元率
楽天市場 通常の2倍
Yahoo!ショッピング 通常の2倍
Qoo10 通常の3倍
ふるさとチョイス 通常の2倍
【さとふる】ふるさと納税 通常の4倍
ベルメゾンネット 通常の3倍

ただ経由するだけなため簡単で、人気のショップをはじめさまざまなジャンルが揃っています。

注目ショップやランキングも発表されているため、チェックしておきましょう。

貯め方④:家族や友だちを紹介して貯める

エポスカードのポイント還元率

ネット入会限定で、家族や友だちを紹介しエポスカードに入会すると紹介した人に2,000ポイント・入会する人に2,500ポイントがプレゼントされます。

紹介は4名まで可能なため、最大4,000ポイントを獲得可能です。

エポスポイントの使い方

貯めたポイントが使いやすい点も、エポスカードの特徴となります。主な使い道について見ていきましょう。

活用の仕方
  • マルイでのショッピング割引
  • ネット通販利用分の割引
  • 商品やギフト券への交換・他社ポイントに移行
  • プリペイドカードに移行

使い方①:マルイでのショッピング割引

エポスカードのポイント還元率

マルイの店舗や通販サイトにて、1ポイント1円換算で割引利用ができます。使い方は簡単で、精算前にカードを提示してポイントを使用する旨を伝えるだけです。

マルイ店内のレストランや月々の支払いなど、一部割引対象外があるため注意しましょう。

使い方②:ネット通販利用分の割引

ネット通販での買い物時に、貯めたポイントを割引に使えます。使い方について見ていきましょう。

利用手順
  1. 支払予定額照会画面で「ポイントで割引(ネット通販限定)」を押下
  2. 割引したい支払いを選択
  3. 使用するポイント数もしくは「全額利用する」を選択
  4. 内容を確認し問題なければ「ポイント利用を確定する」を押下
  5. 利用完了

なお、UNIQLOやGUオンラインなど一部対象外の加盟店もあるため、利用前に確認しておきましょう。

使い方③:商品やギフト券への交換・他社ポイントに移行

エポスカードのポイント還元率

貯まったポイントに応じて商品券やギフトカード、クーポンなどに交換できます。注文をしてから1週間ほどで登録している自宅住所に届くため、うまく活用しましょう。

交換できる主な商品券やギフト券
マルイの商品券/VJAギフトカード/クオ・カード/Amazonギフト券/APP Store&iTunesコード/スターバックスカード

ANA・JALマイルやdポイント、Pontaポイントなどにも交換できるため、日常生活で使いやすいものに換えてショッピングなどを楽しめます。

交換手数料はかからないため、気軽に利用可能です。

使い方④:プリペイドカードに移行

国内外合わせて約3,800万カ所のVisa加盟店で利用できる「エポスVisaプリペイドカード」に1ポイントから移行できます。

 エポスVisaプリペイドカードは、コンビニやスーパー、飲食店など身近な場所で支払いに利用可能です。

支払いに使った利用金額分の0.5%はキャッシュバックが受けられるため、お得にショッピングを楽しめます。

エポスカードの審査基準

エポスカードの審査基準

エポスカードの審査基準は、残念ながら一般的に公表されていません。しかし、審査難易度は申し込み条件をもとにある程度は予想できます。

申し込み条件
  • 満18歳以上(高校生を除く)
  • 日本国内在住
  • 未成年の場合は親権者の同意が必要

条件を満たしていれば、アルバイトやパートでも申し込み可能です。金銭面についても特に触れていないことから、安定して収入を得ていれば申し込み対象となります。

これらを踏まえ推測するに、エポスカードの審査基準は決して厳しいものではないと言えるでしょう。

あくまで申し込み条件をもとにした予想に過ぎないため、参考程度にしておくことをおすすめします。

エポスカードのメリットを7つ紹介!

エポスカードのメリット

1.優待店が多い

居酒屋やカフェ、アミューズメント施設など約10,000店舗もの優待店があります。

主な優待店
魚民/白木屋/笑笑/APA HOTELS&RESORTS/BIG ECHO/HIS/カラオケ館/Times

また、マルイ通販や店舗にて年4回実施されるマルコとマルオの7日間では、期間中何度でも10%オフとなるため大変お得です。

2.スマホ決済が使用できる

エポスカードのメリット

スマホ決済やVisaのタッチ決済が使用できるため、スピーディーな支払いを可能にしています。決済時にサインや暗証番号入力が不要なため大変便利です。

もちろんスマホ決済等の利用でもエポスポイントが貯まるため、積極的に活用していきましょう。

3.あんしんサービスが充実

キャッシュレス化が進み便利になっている反面、トラブルに巻き込まれる可能性も高まっています。その点、エポスカードはあんしんサービスが充実している点はメリットです。

ICカード 高度なセキュリティのICチップを搭載しており偽造が困難
紛失・盗難時の全額補償 お届け日を含め61日前に遡りそれ以降の不正使用による損害を全額補償
カードの利用通知サービス カード利用のたびに利用日時・金額をメールで通知
不正使用検知システム 第三者によるカード利用がないかをシステムでチェック
バーチャルカード機能 実際のクレジットカードと別の番号でインターネット通販ができる
ネットログイン通知 ネットログイン時にメールで通知しフィッシング防止

いざというときは、エポスカスタマーセンターに電話・メールで相談できます。店舗のカードセンターでも相談可能です。

4.エポス会員限定特典がある

エポスカードのメリット

エポスカードを使うことで、お得に食事や遊びを楽しむことが可能です。以下のような会員特典が用意されています。

主な特典
全国の飲食店での割引や特典/遊園地・水族館の入場料割引/カラオケルーム料金割引/美容院・ネイル割引/スパ・温泉入場料割引/舞台・イベントのチケット優待/レンタカー・カーシェア割引

他にも多くの特典が提供されているため、ぜひチェックしておきましょう。

5.旅行傷害保険が自動付帯

年会費無料にも関わらず、海外旅行傷害保険が自動付帯されています。補償期間はカード加入日の翌日以降に日本を出発する旅行が対象で、1旅行につき最長90日間です。

保険の種類 保険金額
傷害死亡・後遺障害 最高500万円
傷害治療費用 200万円(1事故の限度額)
疾病治療費用 270万円(1疾病の限度額)
賠償責任(免責なし) 2,000万円(1事故の限度額)
救援者費用 100万円(1旅行・保険期間中の限度額)
携行品損害(免責3,000円) 20万円(1旅行・保険期間中の限度額)

ケガや病気はもちろん、携行品の損害に対しても補償されるため安心です。

6.スマホアプリで安心・便利に使える

エポスカードのメリット

エポスカードアプリがリリースされており、iPhone・Androidともに無料でダウンロードできます。

 アプリを使えば、手軽に支払いやポイント照会が可能です。

また、エポ家計といい月々の家計管理に活用できる機能も付帯されています。リボ・分割払いのシミュレーションもできるため、ぜひ活用してみましょう。

7.最短即日発行が可能

エポスカードは、ネットで申し込み後にマルイ店頭で受け取れば最短即日発行を可能にしています。急ぎで手元にカードが欲しい場合には、大いに活用できるでしょう。

カード発行審査に時間を要す場合があります。余裕を持って申し込み手続きを進めることが大事です。

エポスカードのデメリット

エポスカードのデメリット

家族カードはない

エポスカードは家族カードを発行していないため、本会員とあわせて所持という使い方はできません。家族も所持する場合は、本会員として申し込む必要があります。

所持することに負担はありませんが、審査に不安を抱えている人にとってはデメリットとなるでしょう。

基本還元率は決して良くない

エポスカードの基本還元率は0.5%です。クレジットカードとしては高くもなく低くもない平均的な数値と言えるでしょう。

使用する店舗によって還元率はアップするものの、いつでも高還元率という訳にはいかないため、ポイント重視で選ぶ人は若干魅力を感じられないかもしれません。

よくある質問

エポスカードの特徴は?
年会費が無条件で永年無料なこと、かつETCカードも無料という所持しやすい点は大きな特徴です。また、コラボレーションにより券面デザインのラインナップが豊富な点も、見た目にこだわりたい人にとっては大変魅力的です。
エポスカードのポイントの貯め方は?
加盟店での支払いはもちろん、月々の公共料金等の支払いに使ったり、EPOSポイントUPサイトを経由して買い物をしたりという貯め方があります。また、友だちや家族を紹介し入会するとポイントがプレゼントされます。
エポスカードのポイントの使い方は?
マルイ店舗や通販での割引を受けたり、商品やギフト券に交換するといった使い方が可能です。他社ポイントに移行もできるため、大変使い道は広くなっています。
エポスカードのメリットは?
優待店が約10,000店舗と多いこと、スマホ決済に対応していることなどが挙げられます。エポス会員限定特典も充実しており、お得に買い物を楽しめる点も魅力です。また、海外旅行傷害保険が自動付帯となる点も見逃せません。
エポスカードのデメリットは?
家族カードがないこと、基本還元率は0.5%と決して良くないことなどが挙げられます。家族カードという枠ではありませんが、年会費無料なため本会員として所持するうえでコストはかかりません。また、還元率アップとなる加盟店等で使えば、決して高くない基本還元率をカバーできるでしょう。
エポスカードの審査基準は?
審査基準は公表されていませんが、満18歳以上(高校生を除く)・日本国内在住などの申し込み条件から予想するに、決して厳しい基準は敷かれていないと推測できます。
エポスカードの締め日は?
毎月27日締めの翌月27日払い、もしくは毎月4日締めの翌月4日払いがあります。都合に合わせて選択できるため使いやすいです。

まとめ

この記事では、エポスカードのポイント還元率や審査基準について解説し、所持することで得られるメリットについても紹介しました。

基本還元率は0.5%と決して高くありませんが、EPOSポイントUPサイトを使えば還元率がアップするなど、使い方次第で効率良くポイントを貯められます。

割引を受けられる優待店が約10,000店舗あり、会員限定の特典が充実しているなどメリットが多いカードです。

審査基準は公表されていませんが、申し込み条件から察するに決して厳しくはないと推測できるでしょう。

クレジットカード関連記事

 

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事