徹底比較からメリットまで徹底解説!

【2022年】おすすめETCカード比較ランキング|年会費無料も紹介

監修者の紹介
増田さん

監修者増田 諒

2021年1月1日現在、全国に891世帯1,257名のクライアントを抱えるコンサルタントとして活動中。年間100件の個別相談のほか「マネー・ライフプランニング」「資産運用」「保険」「確定申告」「住宅ローン」「相続」等のテーマのセミナーで登壇。

MDRT入賞 7回 ・TLC(生命保険協会認定FP) ・CFP ・IFA(証券外務員1種)・ファイナンシャルプランニング技能士1級 ・宅地建物取引士 貸金業務取扱主任者

増田 諒Masuda Ryo

クレジットカードの本会員になると、希望者はETCカードを発行することができます。

普段から高速道路などの有料道路を使う方の中には、どのETCカードを選べばよりお得に使えるのか迷っている方も多いのではないでしょうか。

そこでこの記事では、年会費無料のETCカード5選と還元率の比較ランキングを紹介します。ETCカードを発行する3つのメリットも解説するため、ぜひ参考にしてみてください。

女性や学生におすすめのETCカードをはじめ、ガソリン代がお得になるETCカードも紹介します。

おすすめのETCカード徹底比較紹介

さっそく、おすすめのETCカードをご紹介します。まずはあなたがどのようなETCカードを求めているのか、以下からピンとくるものを選んでください。

気になるETCカードの紹介をしておりますので、タップしてあなたに最適なETCカードを見つけてくださいね。

年会費無料おすすめETCカード5選徹底比較!

※条件付きで無料となるカードを含む

JCBカードW 三井住友カードナンバーレスNL 三菱UFJカード VIASOカード エポスカード dカード
名称 JCB カード W 三井住友カード(NL) 三菱UFJカード
VIASOカード
エポスカード dカード
基本ポイント還元率 1.0% 1.0% 0.5% 0.5% 1.0%
ETC利用時のポイント還元率 ETCマイレージ
10.0%
0.5%+ETCマイ
レージ10.0%
1.0% 0.5%+
ETCマイレージ10.0%
1.0%
年会費 永年無料 永年無料 永年無料 永年無料 永年無料
ETCカード作成料 無料 無料 1,100円
(税込)
無料 無料
ETCカード年会費 無料 初年度無料
次年度以降550円
無料 無料 初年度無料
2年目以降1度の利用で無料
詳細

ETCカードのポイント還元率比較ランキング!

ETCカードをよく利用する方にとって、ETCカード選択時にはクレジットカードの還元率も非常に重要な要素になります。

同じETC料金を支払うのであれば、ポイントの還元が受けられずに支払うよりも少しでも高い還元率を有するクレジットカードで支払う方がお得なのは明白です。

弊サイトでETCカードのポイント還元率を徹底調査した結果、受けられるポイントの還元率が高いクレジットカードから順にランキング形式でご紹介します。
dカード
JCB カード W
三菱UFJカード
VIASOカード
dカード JCBカードW 三菱UFJカード VIASOカード
基本ポイント還元率 1.00%~5.50% 1.0% 0.5%
ETC利用時のポイント還元率 1.0% ETCマイレージ
10.0%
1.0%
年会費 永年無料 永年無料 永年無料
ETCカード作成料 無料 無料 1,100円
(税込)
ETCカード年会費 初年度無料
2年目以降1度の利用で無料
無料 無料
詳細

女性におすすめのETCカード3選

女性におすすめのETCカード3選

※本記事内で紹介したクレジットカードの中で、ETC利用時の還元率が高いものを順に紹介(期間限定キャンペーンを除く)しています。

※ETCマイレージは、NEXCO東/中/西日本・宮城県道路公社の道路事業者を利用した場合の還元率で比較しています。

※VIASOカードは、ETCマークのある全国の高速道路、一般有料道路を利用した場合の還元率で比較しています。

※ETC利用時の還元率が同じ場合は、クレジットカードの基本還元率が高い方を上位としています。

JCB W plus L エポスカード イオンカードセレクト
名称 JCB W plus L エポスカード イオンカードセレクト
基本ポイント還元率 1.0% 0.5% 1.0%
ETC利用時のポイント還元率 1.0% 0.5%+
ETCマイレージ10.0%
0.5%
年会費 永年無料 永年無料 永年無料
ETCカード作成料 無料 無料 無料
ETCカード年会費 無料 無料 無料
詳細

学生におすすめのETCカード4選

学生におすすめのETCカード4選

普段から車を利用される学生の方は特に、少しでもガソリンや高速道路料金といった出費は抑えたいと思いますよね。高速道路料金の節約をするならばETCカードの導入がおすすめです。

お得にたくさんのポイントの還元を受けられれば、買い物やクレジットカードの支払いの充当にポイントを利用できます。

弊サイトが学生の方におすすめするETCカードを5つ紹介しますので参考にしてください。
ライフカード 「ビュー・スイカ」カード ファミマTカード セゾンパール・アメリカン・エキスプレスカード
名称 ライフカード
「学生専用」
「ビュー・スイカ」
カード
ファミマTカード セゾンパール
アメックス
基本ポイント還元率 0.3%~0.6% 0.5% 0.5% 0.5%
ETC利用時のポイント還元率 0.0% 0.5%

0.5%
・Tポイントが貯まる
・マイレージサービスや
各種ETC割引サービス

1.0%
年会費 永年無料

524円
(税込)

永年無料 1,100円(税込)
※前年利用で
年会費無料
ETCカード作成料 無料 無料 無料 無料
ETCカード年会費 無料 524円
(税込)
無料 無料
詳細

ガソリン代がお得になるETCカードおすすめ3選

車を普段から利用される方であれば、最小限にガソリン代は抑えたいですよね。特に高速道路や有料道路の節約はETCカードがおすすめです。

そこで、こちらでは弊サイトが徹底調査したガソリン代がお得になるおすすめのETCカードを3枚紹介しますので参考にしてください。
apollostation card ENEOSカード シェルスターレックスカード
名称 apollostation card ENEOSカード S シェルスターレックスカード
基本ポイント還元率 0.5% 0.6%
年会費 無料 ・初年度無料
・年1回以上利用で次年度無料
・次年度以降通常1,375円(税込)
・初年度無料
・年24万円以上利用で次年度無料
・次年度以降通常1,375円(税込)
ETCカード年会費 無料 無料 無料
ガソリンサービス内容 apollosttion・出光SS・
シェルSSでいつでも
ガソリン・軽油2円/L引き!
ENEOSでいつでも
ガソリン・軽油2円/L引き!
・レギュラー・軽油最大8円/L還元
・ハイオク最大13円/L還元
詳細

ETCカードの種類と作り方

ETCカードの種類と作り方を知って、よりお得かつ便利に使いこなしましょう。

ETCカードの種類

ETCカードの種類

個人向けのETCカードには、クレジットカード会社が発行する「ETC専用カード」をイメージする方が多いかもしれません。しかし、高速道路6社が共同で発行しているクレジットカードが不要の「ETCパーソナルカード」もあります。

それぞれの違いを見ていきましょう。

ETC専用カード

クレジットカードを発行した際に、追加で作ることのできるカードです。契約しているクレジットカードの利用限度額範囲内でETCの利用ができます。

 通行料金は普段のお買物の利用金額と合算して、クレジットカード会社から毎月請求されます。

本会員が申し込めるほか、家族カード会員もETCカードを発行することが可能です。

つまり、家族が1人でもクレジットカードを作れば、家族みんなで別々のETCカードを持つこともできます

ETCパーソナルカード

ETCパーソナルカードは、以下の高速道路6社が共同で発行しているETCカードのことです。

クレジットカードを持っていない方でもETCカードを使うことができます。

 クレジットカードのETCカードとの違いとしては、預り金であるデポジットが必要な点が挙げられます。

申込みの際には、あらかじめ最低20,000円のデポジットを預託する必要がありです。ETCカードが使える利用限度額はデポジットの80%までとなり、それ以上は利用できません。

毎月の通行料金は指定した金融機関口座から引落とされます。

また、毎年所定の年会費がかかることも覚えておきましょう。

ETCカードの作り方

ETCカードの種類と作り方の高速道路の画像

ETCカードの作り方は、「ETC専用カード」と「ETCパーソナルカード」で大きく異なっています。

ETC専用カード

クレジットカードをすでに持っている方は、会員専用WEBサービスから申込むことが可能です。申し込みが無事に終われば、自宅にETC専用カードが郵送されます。

 手元に届くまでの期間はクレジットカード会社によって異なりますが、一般的には1週間程度が目安です。

ETCカードを利用する予定が決まっている方は、早めに申し込むのが良いでしょう。クレジットカードを持っていない方は、まずは新規でクレジットカードに申し込むことが必要です。

新規申し込みの際に、ETC専用カードも同時に申込むことができます。

クレジットカード会社の審査が終われば、自宅に郵送されますよ。

ETCパーソナルカード:高速道路6社が発行

まずは、ETCパーソナルカードWebサービスを開き、「ETCパーソナルカード利用申込書」入力フォームで必要事項を入力しましょう。

入力が終わったらプリンターで印刷して利用申込書を作成します。

 その後、利用申込書と本人確認資料等の必要書面を同封し、ETCパーソナルカード事務局宛に郵送します。

事務局から郵送されるデポジット払込用紙が届いたら、最寄りのコンビニでデポジットを振込みましょう。

デポジットの入金確認後、2週間程度でETCパーソナルカードが郵送されます。

届いたその日からETCパーソナルカードの利用が可能です。

ETCカードのメリット

ここからは、ETCカードを持つメリットを解説します。

ETCカードの魅力
  • 料金所で止まる必要がない
  • 車載器がなくても利用できる
  • お得なサービスが利用できる

①料金所で止まる必要がない

大きな特徴であり魅力といえば、料金所で支払いのために止まる必要がないという点です。カードを持っているだけで車載器から自動的に支払いが完了します。

支払いのために渋滞に並ぶ必要もないので快適に移動ができますね。

②車載器がなくても利用できる

自動車

実は、車載器を搭載していなくても、ETCカードがあれば通過が可能となっています。ただし、その場合は一般レーンでの通過となります。

 また、割引の適用は車載器を通した場合でないと原則行われないので、ご注意ください。

機械の故障・トラブルで使えない時は、その旨を料金所のスタッフに伝えて指示に従いましょう。

③お得なサービスが利用できる

ETCカードには「マイレージサービス」というものがあります。

マイレージサービスとは
マイレージサービスとは、ETCカードでの支払い額に応じてポイントが貯まるサービスです。

登録は公式サイトまたはPAに設置されている専用の用紙からも可能なため、ぜひ手続きを済ませておきましょう。

時間帯によって割引が適用される「平日朝夕割引」も利用できますよ。

ETCカードを作るデメリットと注意点

ETCカードにはメリットがある一方、デメリットもあります。注意点などを知っておけば、うまく使いこなすことができるでしょう。

年会費・発行手数料がかかるものもある

ETCカードを作るデメリットと注意点のお金の画像

ETCカードによっては、年会費や発行手数料がかかるものもあります。

 1年間で数回程度しか高速道路などの有料道路を使わなければ、年会費や発行手数料で損をしてしまうでしょう。

ETCカードを発行するなら、年会費や発行手数料が無料のETCカードを選ぶのがおすすめです。

ETCカードをたくさん利用するという方なら、年会費がかかってもさほど影響はないかもしれません。

しかし、年会費無料のETCカードは、使っても使わなくても維持費不要で持つことができます。

クレジットカードを作る際には、追加カードの年会費・発行手数料についても見ておけば安心です。
\年会費無料で高コスパ/

車載器の搭載には料金がかかる

ETCカードを作るデメリットと注意点の車の画像

高速道路などの有料道路でETC専用レーンでETCカードを使うためには、以下の準備が必要です。

  • 無線通行をするための車両情報の登録
  • 車載器の購入
  • 専門業者による車載器の取り付けの委託

セットアップ、車載器の購入、取り付けの3つは無線通行に欠かせません

 上記全ての費用の合計は1万円から4万円程度かかります。

特に車載器の価格は、メーカーやグレードによって異なります。数千円ほどのものがあれば数万円するものもあるので、ネットなどで調べてみましょう。

セットアップや取り付けにもそれぞれ数千円程度の費用が必要ですよ。

ETC車載器がないと割引は受けられない

ETCカードを作るデメリットと注意点の車の画像

ETCカードの大きなメリットとしては、深夜割引、休日割引などの割引が受けられるということがあります。

 これらの割引サービスは、入口料金所をETC無線通信により走行することが適用要件のひとつです。

そのため、ETCカードで通行料金を支払うだけでは適用されません。車載器を所有していなくてもETCカードは発行できますが、ETCレーンを利用することはできません。

ETCレーンが使えなければ、有人の料金所で車を停車させてカードを手渡すなどの手間がかかってしまいます。せっかくETCカードを作るなら、車載器を所有して使うのが良いでしょう。

ETCカードを持っているだけでは割引が適用されないことを覚えておいてくださいね。

クレジットカード付帯のETCカードの選び方6つのポイント

最後にETCカードの選び方について、主な比較ポイントを紹介します。

①初期費用の有無

ETCカードを作る際に必要になるコストも、カード会社によって異なります。

 年会費が無料でも、翌年度からは年会費が発生する場合や、年会費を無料にするには条件を満たす必要がある場合もあります。

とはいえ、「年に1回以上の利用で次の年は0円」など、それほど厳しい条件ではないものが多いようです。

②年会費の有無

ETCカードを利用する高速道路の画像

クレジットカードに付帯できるETCカードを調べていると、ETCカードの年会費がかかるタイプだったというケースもあるでしょう。

ETCカードの中でも、年会費の金額は異なります。発行手数料がかかるものもあり、さまざまです。

 できるだけ維持費を抑えて利用するなら、ETCカードが無料になるクレジットカードがおすすめです。

ただし、単に年会費が無料と言っても、年に1回以上の利用など、無料になるための条件が設定されているものもあるので注意が必要です。

せっかくETCカードを作っても、ほとんど利用しないという方も中にはいるでしょう。

その場合、ハードルの高い条件が設定されていて達成できなかった場合には、年会費分を損してしまう可能性があります。

今後どのくらいETCカードを使うか分からないという方は、条件なしで年会費が無料になるものを選ぶようにしましょう。最近は、クレジットカードの年会費もETCカードの年会費も無料、発行手数料も無料というものも増えています。

全く維持費をかけずにカードがお得に使えるので、そのようなクレジットカードを選べば、間違いなく家計の節約になるでしょう。

年会費無料で高コスパなカードなら!

JCBカードW

\JCBカードWがおすすめ/

ポイント1本カードも家族カードも年会費無料

ポイント2高速道路の利用料金に応じてポイントがもらえる・割引が受けられる!

ポイント3ポイントはそのまま高速道路の料金として利用可能!

年会費永年無料、国内・海外ともにいつでもどこでもポイント2倍で高コスパなJCBカードWは、本カードはもちろんのこと家族カードもETCカードも年会費無料!
ETCカードを発行しても、利用料金は本カードと同時に引き落としされるので管理の煩わしさもありません。

③ポイント還元率

クレジットカードに付帯できるETCカードは、ETCの利用金額に応じてポイントが貯まります。付与されるポイント数は、高速国道などの有料道路で支払った通行料金から計算されます。

クレジットカードによっては、ETCの利用で2倍に還元率がアップするものなどがあるのでお得です。

 普段ETCを利用する頻度が多い方は、どんどんポイントを貯めることができるでしょう。

一般的に、クレジットカードの還元率は1.0%以上であれば高い水準であると言われています。還元率重視でカードを選びたいという方は、1.0%以上のものを選ぶのがおすすめです。

貯まったポイントをガソリン代などの支払いに活用できるメリットもありますよ。

ETC利用でポイント還元率2倍なら!

三菱UFJカード VIASOカード

\三菱UFJカード VIASOカードがおすすめ/

ポイント1ETCカード利用時のポイント還元率が2倍

ポイント2年会費無料で貯まったポイントは自動キャッシュバック

ポイント3ポイントはそのまま高速道路の料金として利用可能!

手続き扶養で直接口座に現金がキャッシュバックされる三菱UFJカード VIASOカードは、ETCカード利用時のポイントが2倍還元されるだけでなく、ETCマイレージサービスに登録すると平日朝夕割引も適用されます。
家族カードでもETCカードの発行が可能なので、家族で別のETCカードを持ちたいという希望にも応えられます!

④特典内容

クレジットカードによっては、以下のような車がお得に使える特典が付帯されているものもあります。

  • ガソリン代の割引サービス
  • ロードサービス
  • 無料点検サービス
  • 旅行傷害保険
  • 新車購入時の特典

車好きの方や、ドライブや出張で車を使う機会の多い方にとっては嬉しいメリットでしょう。

 給油量が多いほど割引率がアップするカードもあれば、カード利用額に応じて値引率が決まるカードもあり、また無料のロードサービスがついていれば、レッカー移動や路上修理など万が一の時にも安心できるでしょう。

日ごろ使うガソリンスタンドがある程度固定されている場合には、そのお店でお得に使えるカードを選ぶのもおすすめです。

⑤発行枚数の限度

画像

クレジットカードに付帯できるETCカードは、発行できる枚数に上限が設定されている場合があります。車を家族で複数台所有している場合には、複数のETCカードを作れるものを選ぶのがおすすめです。

 バラバラのクレジットカードでETCカードを発行するよりも、請求がまとめられるなどのメリットがあります。

クレジットカードによっては、家族カードに1枚ETCカードが紐づけられるものもあり、またポイントも合算されるため、家族で車を使えばどんどん貯めることができるでしょう。

ただし、2枚目以降のETCカードに年会費がかかるものもあるので注意が必要です。

⑥手元に届くまでの時間

クレジットカードによって、申し込みからカードが手元に届くまでのスピードは異なります。

 すぐにカードを作りたいという方は、発行スピードの速いものを選ぶのが良いでしょう。

一般的なクレジットカードの発行スピードは1週間程度ですが、カードによっては、店舗受け取りを選択することで最短即日カードが受け取れるものもあります。

すぐにクレジットカードを作りたい方は、インターネットからの申し込みがおすすめです。書類もアップロードして送付でき郵送にかかる時間が短縮されるので、スピーディーに申し込みできます。

【よくある質問】ETCカードはクレジットなしでも使える?

おすすめETCカードは?
年会費が無料のJCBカードWがおすすめです。家族カードからも発行できます。ETCマイレージサービスも利用できるので、ぜひ本記事でチェックしてみてください。
ETCカードは、クレジットなしでも使える?
クレジット機能がついていない『ETCパーソナルカード』も存在します。ただし、一般的には年会費が割高に設定されており、コストがかかるのがデメリットです。
ETCカードの魅力は?
有料道路を利用する際の料金支払い時に、料金所で車を停める必要がないことや、マイレージサービスが利用できることなどが挙げられます。
ETCカードはどこを比較すればいい?選び方は?
ポイント還元率や年会費、特典を比較してみましょう。また、複数台の車で利用するなら、発行できる限度枚数も確認しておく必要があります。
ETCカードの請求はどうやって支払う?
請求は基本的に、本会員のカードに合算される仕組みです。有料道路などの利用額に加えて、年会費も本カードの利用分と併せて請求されます。
ETCカードは車載器がなくても利用できる?
可能です。入り口で通行券をもらい、出口で料金所のスタッフに受け取った通行券とETCカードを渡すというのが一連の流れです。ただし、この場合車載器を搭載した場合に受けられる割引が適用されなくなるため注意があ必要です。
家族カードからETCカードを申し込める?
可能です。この場合も、家族カードと同様に、利用額の請求先は本会員が設定した金融機関口座となります。通常はクレジットカード1枚あたり1枚しか申し込めなくても、家族カードからも申し込みができれば複数台の車を同時に利用できます。

まとめ

本記事では、おすすめのETCカードや還元率を比較したランキングなどを紹介しました。ETCカードを持っていると、高速道路の料金所で支払いのために止まる必要がないため、スムーズにドライブを楽しめるでしょう。

また、事前登録をすればマイレージサービスも使えるので、効率的にポイントを貯めたい方や時間帯による割引を受けたい方はぜひご活用ください。

ETCカードに申し込む際には、還元率や特典内容、年会費、発行限度数などを比較して、自分に合ったカードを選びましょう。

カードによっては条件を満たせば年会費が無料になるものもあるため、維持コストを抑えたい方にもおすすめです。

今回の記事を参考にしながら、自分に合った1枚を見つけてみてください。

クレジットカード関連記事

 

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事