イーサリアムクラシックを徹底解説!イーサリアムとの違いや将来性も

イーサリアムクラシックを徹底解説!イーサリアムとの違いや将来性も

監修者の紹介
増田さん

監修者増田 諒

2021年1月1日現在、全国に891世帯1,257名のクライアントを抱えるコンサルタントとして活動中。年間100件の個別相談のほか「マネー・ライフプランニング」「資産運用」「保険」「確定申告」「住宅ローン」「相続」等のテーマのセミナーで登壇。

MDRT入賞 7回 ・TLC(生命保険協会認定FP) ・CFP ・IFA(証券外務員1種)・ファイナンシャルプランニング技能士1級 ・宅地建物取引士 貸金業務取扱主任者

増田 諒Masuda Ryo

イーサリアムから分裂してできたとされている「イーサリアムクラシック」。イーサリアムに比べると低い価格にて推移を続けていますが、将来性のある通貨だという声もあります。

しかし、仮想通貨は比較的値動きの激しいものであるため、将来性が気になって購入に踏み切れない人も多いのではないでしょうか。

仮想通貨をはじめとする資産運用は、できるだけリスクを抑えて挑戦したいですよね。

そこで今回は、イーサリアムクラシックの概要から将来性まで徹底解説します。

イーサリアムとの違いや購入におすすめの仮想通貨取引所についても詳しく紹介するので、検討中の人はぜひ参考にしてみてくださいね。

イーサリアムクラシックとは?

イーサリアムクラシック

まずは、イーサリアムクラシックがどのような通貨なのか紹介します。

概要

イーサリアムクラシックはイーサリアムと同様にスマートコントラクト機能、分散型アプリケーション(Dapps)の開発に活用できるプラットフォームを兼ね備えています。

 スマートコントラクト機能とは、契約が自動的に実行される仕組みです。

「~~なら~~する」といったようにあらかじめ条件が設定されており、この条件に沿って自動契約ができるようになっています。

通常は第三者機関を通す必要があるため締結までに時間を要しますが、イーサリアムクラシックでは第三者機関が不要のためスピーディーな取引が可能なのです。

基本情報

シンボル ETC
コンセンサスアルゴリズム PoW
時価総額(2022年7月14日現在) 264,816,813,847
現在の価格(2022年7月14日現在) 1,950円
発行上限枚数 2億1,000万枚
最小単位 0.000000000000000001ETC

誕生の経緯

仮想通貨

イーサリアムクラシックは2016年に発生した「THE DAO事件」がきっかけとなり誕生しました。

 「THE DAO事件」とは、スマートコントラクト機能を活用して分散投資を行う組織「THE DAO」が、360万ETH(50億円程度)をハッキングにより流出した事件です。

この事件に対しイーサリアムのコミュニティ内では、取引データを変更してハッキング被害をなかったことにする考え方とハッキング被害を受け入れようとする考えで分裂が起こりました。

最終的に採用されたのは「ハッキング被害をなかったものにする」という考えです。

この結果に対し、反対意見を持つ人は納得できずイーサリアムクラシックの構築に至りました。

イーサリアムクラシックの特徴

コインの画像

イーサリアムから分裂してできた「イーサリアムクラシック」はイーサリアムに納得がいかずにできたコインということもあり、その特徴はイーサリアムとは大きく異なる部分があります。

ここでは、イーサリアムクラシックの特徴について詳しく解説していきます。

非中央集権型の運営を大切にしている

イーサリアムクラシックは、イーサリアムが大量流出したハッキング事件「THE DAO事件」をきっかけに作成された通貨です。

事件当時、ハッキング被害をなかったことにするためイーサリアムのブロックチェーン上ではデータの書き換えが行われました。ただ、イーサリアムは非中央集権型の運営が魅力の仮想通貨です。

非中央集権型とは、中心に管理者が存在していない体制を指します。

保有者全員で監視・管理するため、通貨の将来が誰かの手によって決められることはありません。

 しかし「THE DAO事件」の際には、開発陣が取引データを書き換えるという非中央集権型ではない方法がとられてしまいました。

そのためイーサリアムクラシックでは、緊急事態が発生したときにも開発陣ではなくコミュニティによる意思決定ができる「非中央集権型」を非常に大事にしています。

IoTプラットフォームとしての活用を目指している

イーサリアムクラシックの資料をもとに話し合う人達

イーサリアムクラシックは、IoTプラットフォームとしての開発が進められています。IoTはInternet of Thingsの略称で、物と物をインターネットでつなぐ技術を指します。

車や家電などをインターネットで相互につなげることにより、より便利な生活になることを目指しているのです。

コンセンサスアルゴリズムには「PoW」を採用

イーサリアムクラシックは、コンセンサスアルゴリズムに「PoW」を採用しています

 Proof of Powerの略称で、計算を成功させた人がマイニングや取引データの承認ができる仕組みのことです。

これはビットコインと同様の形式であり、データの改ざんが最も難しいアルゴリズムだとされています。

発行枚数は2億1000万枚まで

仮想通貨の画像

イーサリアムクラシックは、発行枚数上限が2億1,000万枚までとあらかじめ設定されています。上限を迎えたら発行は停止するため、発行枚数が増えるにつれて希少性が高まるという特徴があります。

そのため、イーサリアムクラシックは保有しているだけで資産価値を見い出せる通貨となっているのです。

イーサリアムクラシックとイーサリアムの違い

大量のコインの画像

ここまで、イーサリアムクラシックの特徴を詳しくみていきましたが、実際にどのような点がイーサリアムと異なるのかわからない人も多いでしょう。

イーサリアムクラシックとイーサリアムは、以下の3点に関して大きく異なっています。

イーサリアムクラシックとイーサリアムの違い
  • プラットフォームとしての役割
  • 発行上限の有無
  • コンセンサスアルゴリズムの違い

上記を順に詳しく解説します。

プラットフォームとしての役割

仮想通貨イーサリアムについて調べる人

イーサリアムは、分散型アプリケーション(DApps)の開発に活用できることで現在多くの人から注目を集めている通貨です。

 対してイーサリアムクラシックは、IoTプラットフォームとして活用されることを目指しています。

有名企業が導入を始めており、今後より注目を集める通貨になるかもしれません。

発行上限の有無

イーサリアムは発行上限枚数が設定されていないため、マイニングが行われるとこの先も新規の通貨が発行されることになります。

そのため、イーサリアムの価値は比較的安定しやすい点がメリットです。

対して、イーサリアムクラシックの発行枚数は2億1,000万枚までと定められています。上限枚数になった場合には発行が停止されるので、上限に近づくにつれて希少価値が高まる点がメリットです

コンセンサスアルゴリズムの違い

イーサリアムクラシックについてパソコンで調べる女性

現時点では、イーサリアムもイーサリアムクラシックも「PoW」というコンセンサスアルゴリズムを採用しています。

 ただPoWでは、多くの報酬を得ようとする人々によるマイニング競争での電力の無駄遣いが問題となっています。

そのため、イーサリアムでは今後マイニング量ではなく、コインの保有枚数の量で報酬量が変化する「PoS」というアルゴリズムの導入が検討されているのです。

しかし平等性の面で問題があるのではないかという見方もあり、イーサリアムクラシックではPoSへの変更は行わないとしています。

そのため、今後はアルゴリズムの面でも大きな違いが生まれそうです。

イーサリアムクラシックの価格推移

イーサリアムクラシックのチャート

イーサリアムと異なる特徴を持つ「イーサリアムクラシック」。独自の価値も見い出しつつあるようですが、実際イーサリアムクラシックの価格はどの程度なのでしょうか。

イーサリアムは公開当初100円~200円程度でしたが、1年後には2,000円以上と10~20倍程度上昇しています。しかし、その後は下落し数百円程度での値動きが続いていました。

 しかし、2021年5月には1万4,646円程度まで急上昇しています。

2022年7月15日現在は、1ETCあたり2,061円程度にて推移しています。

イーサリアムクラシック|今後の見通しを大予想!

イーサリアムクラシックのチャート画面を眺める人

イーサリアムと分裂して独自の価値を見出しつつある「イーサリアムクラシック」。現状でも2,000円台とアルトコインのなかでは比較的高い価格帯にある通貨となっています。

そのうえ、無限に発行される通貨ではないため将来性があるのであれば今のうちに購入しておきたいと思う人もいるでしょう。ここからは、イーサリアムクラシックの展開予想をお伝えしていきます。

サイドチェーンの実装により多くの機能を活用できるようになる

イーサリアムクラシックでは、サイドチェーンの実装が目指されています。サイドチェーンとは、メインとは別のブロックチェーンを指す言葉です。

 サイドチェーンを活用することで、さまざまな機能の実現や手数料の抑制につながると考えられています。

スマートコントラクト機能もよりスムーズに使えるようになるとされているので、将来的にも期待できる通貨だといえるでしょう。

仮想通貨市場の拡大により価格上昇の可能性

積み上げられたコイン

イーサリアムクラシックの価格推移は、仮想通貨市場の拡大と関係しているとされています。仮想通貨市場は、現在でもNFTやメタバースなどへの注目の高まりから利用者が拡大しています。

今後も仮想通貨市場が拡大を続けていけば、イーサリアムクラシックの価格も上昇する可能性が高いです。

仮想通貨全体の価格がどのような動きをしているのか、よくチェックしておくとよいでしょう。

イーサリアムクラシックを購入できるおすすめの仮想通貨取引所3選

イーサリアムの良い面を受け継ぎつつ独自性も見い出している「イーサリアムクラシック」。今後、価値が上昇する可能性もあるということで購入を検討している人もいるでしょう。

イーサリアムクラシックは、国内・海外取引所のどちらでも取引可能な通貨です。ここからは、イーサリアムクラシックの購入におすすめな国内の仮想通貨取引所を紹介します。

どの取引所を利用すべきかわからない人は、以下の中から選んで購入してみてくださいね。

コインチェック

コインチェック

おすすめポイント!
  • 関東財務局登録済みであるため安心安全に利用できる!
  • ダウンロード数No.1※公式サイトによる
  • 国内最大級の通貨数※公式サイトによるを取りそろえている
  • 最短1日から取引を開始できる

コインチェックは、ダウンロード数No.1を誇る仮想通貨取引所です。怪しい取引所も多いなかでコインチェックは関東財務局登録済み、かつ多くの人が取引を行っているので安心して利用できます。

仮想通貨の取り扱い数は国内最大級。ビットコインはもちろん、リップルやイーサリアムといった主要コインからIOST、MONA、イーサリアムクラシックなどマイナーなコインもそろえています。

そのため、幅広い通貨の売買をしたい人におすすめな取引所です。

スマートフォンからの登録により最短1日で取引可能となるので、できる限り早く始めたい人にもピッタリといえます。

基本情報

運営会社 コインチェック株式会社
取り扱い通貨数 17種類(BTC/ETH/ETC/LSK/XRP/XEM/LTC/MONA/IOSTなど)
取引手数料(税込) 無料
入金手数料(税込)
  • 銀行振込:無料
  • コンビニ入金:3万円未満 770円、3万円以上30万円以下 1,018円 
  • クイック入金:3万円未満 770円、3万円以上50万円未満 1,018円、50万円以上 入金額×0.11%+495円
出金手数料(税込) 407円
送金手数料(税込) 通貨により異なる(BTC:0.0005BTC、ETC:0.01ETC、ETH:0.005ETH、XRP:0.15XRP、LTC:0.001LTCなど)
最小注文数量 500円相当額以上(BTC建てで0.001BTCから)

DMM Bitcoin

DMM Bitcoin

おすすめポイント!
  • レバレッジ取引ができる仮想通貨数No.1※公式サイトによる
  • 初心者~経験者まで使いやすいツールが充実
  • 入出金手数料、口座開設手数料などさまざまな手数料が無料
  • 365日体制にてLINEでのサポートを受けられる

DMM Bitcoinは、レバレッジ取引ができる仮想通貨数第1位となっている取引所です。ビットコイン・イーサリアム・リップルから、IOST・ポルカドット・シンボルなど幅広いコインが取り扱われています。

イーサリアムクラシックは、現物取引・レバレッジ取引どちらにも対応しています。

入出金手数料や口座開設手数料、取引手数料などは0円であるためコストを抑えた取引が可能です。経験者はもちろん初心者にも使いやすいツールも充実しています。

365日体制でのLINEサポートも行われているため、どなたでも安心して利用できる取引所となっています。

基本情報

運営会社 株式会社DMM Bitcoin
取り扱い通貨数 20種類(BTC/ETH/XRP/TRX/ZPG/BCH/ETC/OMG/ENJなど)
取引手数料(税込) 無料
入出金手数料(税込) 無料
日本円出金手数料(税込) 無料
送金手数料(税込) 無料
最小注文数量 500円相当額以上(BTC建てで0.0001BTCから)

bitFlyer

bitFlyer

おすすめポイント!
  • 各種手数料無料
  • 1円から売買可能
  • 業界唯一7年以上ハッキング0の万全なセキュリティ※公式サイトによる
  • 最短10分で口座開設できる

BitFlyerでは、売買手数料・取引手数料など各種手数料が無料であることが魅力のひとつとなっています。

15種類の仮想通貨を1円から売買可能なので、お試しで取引を始めてみたい人にも最適となっています。

業界唯一7年以上ハッキング0という万全なセキュリティを整えているので、安心して利用することが可能です。

口座開設まで最短10分で完了するので、忙しい人でも隙間時間で簡単に済ませられます。

基本情報

運営会社 株式会社BitFlyer
取り扱い通貨数 15種類(BTC/ETH/ETC/LTC/BCH/MONAなど)
取引手数料(税込) 無料
入金手数料(税込)

銀行振込:銀行により異なる

クイック入金手数料:往信SBIネット銀行の場合は無料、その他銀行からの入金は330円

出金手数料(税込)
  • 三井住友銀行の場合:3万円未満 220円、3万円以上 440円
  • 三井住友銀行以外の場合3万円未満 550円、3万円以上 770円
送金手数料(税込) 仮想通貨により異なる
最小注文数量 1円相当額~

まとめ

今回は、イーサリアムクラシックの概要から将来性まで徹底解説しました。イーサリアムクラシックは「THE DAO事件」をきっかけにイーサリアムから分裂して誕生した仮想通貨です。

スマートコントラクト機能やDAppsの開発プラットフォームなどイーサリアムの良さはそのままに、IoT分野としての活用など独自性を見出しています。

そのため、今後はイーサリアムより価値のある通貨になるのではないかという期待の声も上がっています。

現状は2,000円台とお手頃な価格になっているので、気になる人は一度購入してみるとよいかもしれません。

仮想通貨に関する関連記事

 

 

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事