フリーランスにおすすめのクレジットカード4選!審査通過のコツも

フリーランスにおすすめのクレジットカード4選!審査通過のコツも

監修者の紹介
増田さん

監修者増田 諒

2021年1月1日現在、全国に891世帯1,257名のクライアントを抱えるコンサルタントとして活動中。年間100件の個別相談のほか「マネー・ライフプランニング」「資産運用」「保険」「確定申告」「住宅ローン」「相続」等のテーマのセミナーで登壇。

MDRT入賞 7回 ・TLC(生命保険協会認定FP) ・CFP ・IFA(証券外務員1種)・ファイナンシャルプランニング技能士1級 ・宅地建物取引士 貸金業務取扱主任者

増田 諒Masuda Ryo

クレジットカードは、個人としての利用だけでなく、仕事上で使用する際にも数多くのメリットがあります。フリーランスや個人事業主も積極的に活用すべきです。

とはいえ「フリーランスに向いているクレジットカードが分からない」「フリーランスでも審査に通るか心配」このような悩みを持ち、利用をためらっている方も多いのではないでしょうか?

フリーランスはクレジットカードの審査に通りにくいと考えられていますが、必ずしも利用できないわけではありません。またフリーランスに向いているクレジットカードも多く存在します。

そこで今回は、フリーランスにおすすめのクレジットカード4選を紹介します。審査通過のコツも解説するため、ぜひ参考にしてみてください。

個人用と事業用で分けるべき理由についても触れていくため、あわせてチェックしておきましょう。

フリーランスにおすすめのクレジットカード4選

JCB一般法人カード

JCB一般法人カード

おすすめポイント
  • 会計ソフト「MyJCB」で経理計算を自動で処理
  • JCBならではの割引プランがあり、出張が多い人におすすめ
  • 年会費が割安

JCB一般法人カードは、JCBブランドの法人カードですがフリーランスでも利用できます。年会費が安い点やポイントが貯まる点は、大きな魅力だといえます。

フリーランスや法人が苦労しがちな経費計算も、JCB独自のクラウド会計ソフト「MyJCB」を利用すれば自動で処理してくれます。

 カードの利用履歴をそのまま自動で処理してくれるため、手作業よりも断然楽になり手間を軽減できるでしょう。

メリット:移動や出張などが多いフリーランスに嬉しい特典が多い

フリーランス向けクレジットカードを使う

移動の多いフリーランスは、多くの交通費を支払っているでしょう。現金で支払うとポイントも付かず、経費精算も面倒になってしまいます。

JCB一般法人カードはポイントが貯まるだけでなく、独自の割引プランによってお得に利用できるため、出張の機会が多い人にもおすすめです。

メリット2:フリーランス歴が短くても発行しやすい

JCB法人カードは、審査時に決済書を提出する必要がありません。フリーランス歴に関係なく申し込めるので、収入面で不安がある方でも比較的審査に通りやすいカードだといえます。

基本情報

年会費 1,375円(税込)※オンライン入会の場合のみ初年度無料
国際ブランド JCB
通常ポイント還元率

0.5%
※1,000円につき1ポイント付与、1ポイント=5円相当として何円分のポイントが還元されるかを基に還元率を算出しております。

締め日・支払い日 毎月15日締め・翌月10日払い(土日祝の場合は翌営業日)
申し込み資格 法人または個人事業主かつ18歳以上
旅行傷害保険 最高3,000万円

セゾン・ブルー・アメリカン・エキスプレス・カード

セゾン・ブルー・アメリカン・エキスプレス・カード

おすすめポイント
  • 26歳になるまで年会費無料
  • 国内・海外旅行保険は最高3,000万円
  • セゾンポイントモール利用でポイント最大30倍
  • 動画配信サービス「Hulu」や「U-NEXT」の割引あり

セゾン・ブルー・アメリカン・エキスプレス・カードは、セゾンとアメリカン・エキスプレスが提携しているクレジットカードです。

 年会費は初年度無料、2年目より3,300円(税込)発生しますが、26歳になるまでは無料で利用できます。

電子マネーやETCカードも利用できるので、様々なニーズに対応している点がメリットです。

メリット1:付帯している旅行保険が充実している

フリーランス向けクレジットカードを使う

セゾン・ブルー・アメックスカードは、国内・海外旅行時の保険や優待サービスが充実しています。

 旅行傷害保険は最高3,000万円まで、他にも海外アシスタンスデスク、海外用Wi-Fi・携帯電話レンタルサービスなどが利用可能です。

出張が多いフリーランスは、持っていて損のないクレジットカードだといえます。

メリット2:お店やサービスの優待が多い

セゾン・ブルー・アメックスカードは、提携しているお店やサービスで利用するとお得になります。

セゾンポイントモールを利用するとポイントは最大30倍、動画配信サービス「Hulu」や「U-NEXT」やディズニーランドチケットの割引も。

仕事上だけでなく、プライベートでも利用したい1枚です。

基本情報

年会費 初年度無料(2年目以降3,300円/税込)※26歳になるまで無料
国際ブランド AMEX
通常ポイント還元

0.5%

※1,000円につき2ポイント付与、2,000ポイント=1,000マイル(ANA)相当としてどのくらいのポイントが還元されるかを基に還元率を算出しております。

締め日・支払い日 毎月10日締め・翌月4日払い
申し込み資格 18歳以上のご連絡可能な方(高校生を除く)
旅行傷害保険 最高3,000万円

ライフカード

ライフカード-Master青

おすすめポイント
  • 年会費永年無料
  • 入会後1年間はポイントが1.5倍
  • お誕生月の利用はポイント3倍
  • ポイントの貯まりやすさはステージで変わる

ライフカードは、株式会社ライフカードが発行しており年会費無料で利用できるクレジットカードです。

 iDやEdy、モバイルSuica、nanacoなどの電子マネー決済にも対応している点がメリットでもあります。

最短3営業日で発行できるので、急いで利用したい方にもおすすめです。

メリット1:ポイントを効率よく貯められる

フリーランス向けクレジットカードを使う

ライフカード最大の魅力は、ポイントの貯めやすさにあります。入会から1年間は還元率が1.5倍、誕生月の利用は3倍です。

 ポイント還元率はステージ制で変化し、最大2倍となります。

また会員限定ショッピングモールサイト「L-Mall」利用すると最大25倍となるため、普段の買い物から使いたい1枚です。

メリット2:3種類の国際ブランドから選択できる

クレジットカードのなかには、提携先の支払いで利用できる国際ブランドが特定されている方もいるでしょう。

ライフカードの国際ブランドはVisa・Mastercard・JCBの3種類があり、自分が持っていないブランドを選べる点もメリットです。

基本情報

年会費(スタンダード) 無料
国際ブランド Visa・Mastercard・JCB
通常ポイント還元率 0.50%
※1,000円につき1ポイント付与、1ポイント=5円相当として何円分のポイントが還元されるかを基に還元率を算出しております。
締め日・支払い日 毎月5日締め・27日払い、または翌月3日払い
申し込み資格 日本国内に住む18歳以上(高校生を除く)で、電話連絡が可能
旅行傷害保険

楽天カード

楽天カード

おすすめポイント
  • 楽天市場で買い物をすると、ポイント還元率3.5%以上に
  • 楽天Payや楽天Edyと組み合わせてキャッシュレス決済にも利用可能
  • 楽天ブックスや楽天トラベルで利用するとさらに還元率アップ
  • ポイントを運用することもできる

楽天カードは年会費無料で利用できるクレジットカードです。スーパーポイントアッププログラムにより、さまざまな方法で利用するとポイントを効率よく貯められます。

貯まったポイントは運用して増やすこともできるので、簡易的な投資に挑戦している人もいるようです。

メリット1:ポイント還元率が高い

フリーランス向けクレジットカードを使う

楽天カード最大のメリットは、ポイント還元率が高い点です。

 通常でも1%と他の年会費無料のクレジットカードにはない高還元率ですが、楽天市場や楽天ブックスなどで利用すると、さらに効率よくポイントを貯められます。

楽天市場では「お買い物マラソン」や「0と5のつく日はポイント5倍」などさまざまなキャンペーンが開催されているため、仕事に必要なものを購入する際にもおすすめです。

メリット2:タッチ決済が利用できる

楽天カードはタッチ決済に対応しているため、お買い物がスムーズにできる点も魅力のひとつです。

イオンやマクドナルド、モスバーガーなどタッチ決済の対応マークがあるお店であれば、どこでも利用できます。

海外のタッチ決済にも対応しているので、出張の際にも便利です。
*SPU(スーパーポイントアップ)…対象サービスの条件達成で楽天市場でのショッピングで得られるポイントがアップするプログラム

基本情報

年会費 無料
国際ブランド American Express、Mastercard、VISA、JCB
通常ポイント還元率 1.0%
※100円につき1ポイント付与、1ポイント=1円相当として何円分のポイントが還元されるかを基に還元率を算出しております。
締め日・支払い日 毎月末締め・翌月27日払い
申し込み資格 年齢18歳以上の方(原則として高校生は除く)
旅行傷害保険 海外:最高2,000万円
*SPU(スーパーポイントアップ)…対象サービスの条件達成で楽天市場でのショッピングで得られるポイントがアップするプログラム

【フリーランス】クレジットカードの選び方

フリーランス向けクレジットカードを使う

フリーランスがビジネス用のクレジットカードを選ぶ際は、以下をチェックしてみましょう。

カードの選び方
  • ポイント還元率が高い
  • 限度額が高い
  • フリーランスになったばかりでも発行しやすい

ポイント還元率が高い

フリーランスがクレジットカードを利用すると、年会費は経費に換算されるうえポイントは非課税というメリットがあります。そのため、少しでも還元率の高いカードを選ぶとお得です。

 毎月大きな金額を支払うことが多い場合、0.1%異なるだけでも還元されるポイントに大きな差が生じます。

例えば、年間100万円を利用すると、還元率0.5%の場合は5,000円、0.6%の場合は6,000円と1,000円の差が生まれるのです。

経費が多い人ほど、ポイント還元率に注目することをおすすめします。

限度額が高い

フリーランス向けクレジットカードを使う

フリーランスがクレジットカードを選ぶうえで、限度額は欠かせない要素でしょう。すべての経費を事業用のクレジットカードで一元管理したい場合、限度額に余裕がなければ支払いができなくなってしまうからです。

時期によって経費は一月の支払いが多額となるケースもあり得るため、最低でも100万円の限度額があると安心です。

フリーランス歴が短くても発行しやすい

事業用カードと言っても、クレジットカードによって審査基準は異なります。フリーランス用でも、必ずカードを発行できるとは限りません。

 例えば、公式サイトなどでビジネスを応援する旨が記載されたクレジットカードは、審査に通過できる可能性に期待が持てます。

何度も審査に落ちている人は審査基準の厳しい会社を選んでいる可能性があるため、一度違うカード会社への申し込みを検討してみましょう。

フリーランスがクレジットカード審査に通過しにくい理由

フリーランス向けクレジットカードを使う

一般的に、フリーランスはクレジットカードの審査に通過しにくいと言われています。その大きな理由の一つとして、フリーランスは収入が不安定という点が挙げられるでしょう。

クレジットカードの審査では、収入の多さだけでなく安定性も加味されています

 カード会社は、長期に渡っても遅れなく返済できる利用者を求めているからです。

たとえ高収入のフリーランスであっても、これから先に収入が減って返済が滞る可能性があるため、審査は会社員より厳しくなってしまう傾向にあります。

特に起業したての人やフリーランスになりたての人は、クレジットカードの審査に通りにくいと考えておいた方がよいでしょう。

会社員の方で将来起業をしたいと考えている場合は、退職前にクレジットカードを申し込んでおくと確実です。

フリーランスがクレジットカード審査に通過するためのコツ

フリーランス向けクレジットカードを使う

フリーランスとしての実績を作る

キャリア面と収入面どちらにおいても、フリーランスとしての実績を作ると審査に通過できる可能性に期待が持てます。

 キャリア面で信頼性を高めるためには、3年以上に渡り安定した仕事量・収入があることを証明できると良いでしょう。

また、収入面は横ばいまたは増加の実績があると、クレジットカードを持てる可能性は高くなります。収入証明書を提出できると、さらに審査通過率のアップが見込めるでしょう。

普段から延滞に気を付ける

フリーランス向けクレジットカードを使う

フリーランスに限らず、クレジットカードを利用するにあたって滞納記録はマイナスの印象に繋がり、最悪の場合はブラックリストに登録されます。

 ブラックリストは、返済遅延など金融事故を起こした人のリストです。登録された時点で、職業や収入に関わらず審査通過は極めて厳しくなります。

また、クレジットカード以外に携帯電話の料金滞納も金融事故として取り扱われ、審査に影響する場合があるため注意してください。

開業届を出す

開業届を出すことで、社会的な信用がアップします。フリーランスは開業届け無しでもスタートできますが、提出することで事業が公に認められたという証明になるのです。

クレジットカードの審査に通過しやすくなる以外にも、屋号付き口座が開設できる・補助金や助成金の対象になるなどのメリットがあります。

固定電話を持つ

固定電話

フリーランスだと、連絡手段として携帯電話があれば十分な人は多いでしょう。しかし、固定電話を持っていれば仕事環境が整っている証明となり、社会的信用も上がります。

クレジットカード会社にとっては、連絡を取りやすいというメリットもあります。

キャッシング枠を希望しない

クレジットカードは、通常のショッピング枠以外にキャッシング枠を申し込める場合があります。

 しかし、キャッシング枠はクレジットカード会社にとって現金未回収のリスクを抱えているため、クレジット枠より審査が厳しい傾向にあるのです。

クレジットカードの申請時には、キャッシング枠はゼロまたは最低金額にすると、貸し倒れのリスクに対する懸念が軽減されるため、審査通過の期待が持てるようになります。

【フリーランス】クレジットカードを分けるべき理由

フリーランス向けクレジットカードを使う

最後に、個人用と事業用で分けるべき理由を解説します。事業用クレジットカードを持つと、以下のような3つのメリットがあります。

分けることで得られる主なメリット
  • 経費処理がしやすい
  • 確定申告用のソフトと連携しやすい
  • 事業用カードの年会費は経費として落とせる

経費処理がしやすい

事業用クレジットカードの明細を見れば、どのような項目にいくら使ったか一目瞭然です。明細から経費を把握でき、キャッシュフローの管理が楽になるでしょう。

 反対に事業用と個人用を1枚のクレジットカードにしてしまうと、明細が出た後に、出費ごとに事業用か個人用かを分けなければなりません。

この作業は非常に手間や時間がかかるうえ、計算や分類の間違いによって経営に影響を及ぼしてしまう可能性があるので要注意です。

確定申告用のソフトと連携しやすい

フリーランス向けクレジットカードを使う

会計ソフトなどの確定申告用ソフトには、金融機関やクレジットカードと連携して利用できるものがあります。

 事業用のクレジットカードを会計ソフトと連携させておくと、自動的にクレジットカードで購入した項目ごとに経費を振り分けてくれます。

そのクレジットカードでの支払いがすべて事業用の出費であれば管理は簡単ですが、私用の支払いが混ざっていると、手動で仕訳し直さなければなりません。

事業用カードの年会費は経費として落とせる

事業用カードの年会費は経費として落とせるため、節税対策になります。さらに、事業用カードの利用で発生したポイントは課税対象とはならないため、利用するほどお得になっていきます。

まとめ

この記事では、フリーランスにおすすめのクレジットカード4選や、審査通過のコツなどを解説しました。

各カードでサービス内容は異なるため、自分が使いやすいカードを選びましょう。その際は、審査通過のコツについても把握しておくことをおすすめします。

実績を作る、延滞をしない、開業届けを出すなど、審査通過のために押さえておくべきポイントを把握しておいてください。

クレジットカード関連記事

 

,
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事