仮想通貨取引所のチャート分析ツールおすすめ4選|選び方も紹介【2021年最新】

仮想通貨取引所のチャート分析ツールおすすめ4選|選び方も紹介【2021年最新】

監修者の紹介
増田さん

監修者増田 諒

2021年1月1日現在、全国に891世帯1,257名のクライアントを抱えるコンサルタントとして活動中。年間100件の個別相談のほか「マネー・ライフプランニング」「資産運用」「保険」「確定申告」「住宅ローン」「相続」等のテーマのセミナーで登壇。

MDRT入賞 7回 ・TLC(生命保険協会認定FP) ・CFP ・IFA(証券外務員1種)・ファイナンシャルプランニング技能士1級 ・宅地建物取引士 貸金業務取扱主任者

増田 諒Masuda Ryo

仮想通貨の取引所はたくさん存在しますが、チャート分析ツールの性能は取引所によって様々です。

「一体どの取引所の分析ツールを使えばいいんだろう?」と迷ってしまう方も多いでしょう。

この記事では、オススメのチャート分析ツールを取り扱っている『取引所4選』をお伝えします。さらに、「取引ツールを使うことでわかること」や「取引ツールの選び方」についても説明しています。

取引ツールについては、仮想通貨取引をする上で必ず知っておくべきです。ぜひ参考にしてください。

仮想通貨取引所のチャート分析ツールおすすめ4選

コインチェック(Coincheck)
bitFlyer
(ビットフライヤー)
DMM Bitcoin
GMOコイン
取引所手数料
無料
約定数量 × 0.01 ~ 0.15%
(単位: BTC)
無料(BitMatch取引手数料を除く)
メイカー:-0.01%
テイカー:0.05%
販売所手数料
無料
無料
無料(BitMatch取引手数料を除く)
無料
レバレッジ
なし
2倍
2倍
2倍
最低取引額
0.005通貨単位以上
(500円相当額以上)
0.00000001BTC
(1円から取引可能)
0.0001BTC〜
(約1,000円相当)
0.0001 BTC/回
取引通貨数
17種類
13種類
12種類
14種類
キャンペーン
-
-

コインチェック(Coincheck)

Coincheck

コインチェックの特徴
  • Tradeviewを採用しており、操作性に優れている
  • インジケーター、描画ツールが豊富
  • 17種類の仮想通貨の分析が可能

コインチェックではTrade Viewが搭載されており、多彩な機能が搭載された環境で取引が可能です。ボリンジャーバンド、RSIなどの定番のインジケーターはもちろん、様々な取引ツールを利用できます。

トレンドライン・フィボナッチリトレース面となどの、図形の描画ツールも豊富に用意されていますよ。

注文方法については「成行注文」と「指値・逆指値注文」が利用可能です。チャート画面を見ながら注文を出せるので、値動きやローソク足の形を確認しながら取引することができます。

Trade Viewで売買可能なのはビットコインのみですが、ほかのアルトコインもチャート分析は可能です。

 様々な仮想通貨のテクニカル分析を行って、今後の取引計画を建てることが出来ます。

取引ツール Trade View
レバレッジ 無し

取扱い通貨数
※2021年9月時点

17種類
利用できる注文方法 成行注文、指値注文、逆指値注文
主な通貨の送金手数料
  • BTC : 0.0005BTC
  • ETH : 0.005ETH
  • XRP : 0.15XRP
    ※一部変動性あり
    ※コインチェックユーザー間無料
入金手数料
  • コンビニ入金
    3万円未満:770円
    3万円以上30万円以下:1018円
  • クイック入金
    3万円未満:770円
    3万円以上50万円以下:1018円
    50万円以上:入金金額×0.11% + 495 円

※全て税込です。

出金手数料 407円(税込み)
会社名 コインチェック株式会社

bit Flyer(ビットフライヤー)

BitFlyer

bitFlyerの特徴
  • bitFlyer Lightningで3つの
    チャートモードが使える
  • 注文方法に多様性がある
  • IFDやOCOなどの注文も可能

bit Flyerでは「bitFlyer Lightning」を利用することで、高度な取引をすることが出来ます。

bitFlyer Lightningには3つのチャートモード(ライトチャート・クリプトウォッチ・オリジナル)を選択可能です。最も高機能なのはクリプトウォッチです。

最も高機能な「クリプトウォッチ」では、33種類ものインジケーターを利用できます。

bitFlyer ligntningは注文方法についても様々な方法を選択できます。成行・指値・ストップ注文などを使い分けることが出来ます。

 bitFlyer Lightningでは、IFD、OCO、IFDOCOなどの特殊注文も利用可能ですよ

様々なインジケーターを導入しチャート分析できるため、上級者の方も満足できる取引ツールと言えるでしょう。

取引ツール bitFlyer Lightning
レバレッジ 2倍

取扱い通貨数 ※2021年9月時点

13通貨

利用できる注文方法

IFD注文、OCO注文、IFDOCO注文、成行注文、指値注文、ストップ注文、ストップ・リミット注文、トレーリング・ストップ注文

主な通貨の送金手数料

BTC:0.0004BTC
ETH:0.005ETH
XRP:無料

入金手数料
  • クイック入金手数料
    住信SBI銀行から入金:無料
    住信SBI銀行以外からの入金:330円(税込)
  • 銀行振込:無料
    ※振込手数料の負担はあり
出金手数料 三井住友銀行:220円(税込・3万円未満)
三井住友銀行以外:550円(税込・3万円未満)
会社名 株式会社 bitFlyer

DMM Bitcoin (DMMビットコイン)

DMM Bitcoin

DMM Bitcoinの分析ツールの特徴

  • 独自の取引ツールを使用できる
  • 12種類の銘柄でレバレッジ取引が可能
  • スプレッドが半額になる「BItMatch注文」が便利

DMMビットコインでは、使いやすい独自の取引システムを提供しており、カスタマイズ性に優れています。DMMグループではFXや株取引のシステムも提供しており、そのノウハウが生きている雰囲気があります。

FXや株取引のための取引ツールに仕様を、仮想通貨に応用している感じですね。
インジケーターは、トレンド系が8種類、オシレーター系が8種類を利用可能です。これだけの種類があれば、順張り・逆張りなどのトレードスタイルを問わず不便を感じることはないでしょう。
※公式サイト参照

スプレッドが半額になるBItMatch注文もDMMビットコインの特徴です。発注から30秒以内に顧客の注文がマッチングすると、仲値で約定される注文方法です。

 30秒以内にマッチングすればスプレッドが半額になり、マッチングしなければ通常のスプレッドでの取引が成立します。ほかには無い、スプレッドが安くなるうれしいシステムですね。

スマホアプリでもPCの取引システムに匹敵した機能が搭載されています。インジケーターを導入し、チャートを分析しながら発注が可能です。

取引ツール オリジナル取引システム(PC版・スマホ版)
レバレッジ 2倍

取扱い通貨数 ※2021年9月時点

12種類

利用できる注文方法

現物取引

ストリーミング注文、BitMatch注文、指値・逆指値注文、OCO注文

レバレッジ取引

ストリーミング注文、BItmatch注文、指値・逆指値注文、IFD注文、OCO注文、IFO注文、クイック注文、一括決済、FIFO注文

主な通貨の送金手数料

無料

入金手数料

振込入金手数料:無料(銀行手数料は利用客負担)
クイック入金手数料:無料
出金手数料:無料

出金手数料 無料
会社名 株式会社DMM Bitcoin

GMOコイン「Web Trader」

Web Trader

WebTraderの特徴
  • 10種類のコインでレバレッジ取引が可能
  • Trading View搭載で多機能
  • アプリもインジケーターが使えるなど多機能

Web Traderは機能性に優れたトレードツールです。レバレッジ取引に特化しており一つの画面で取引が完了できるよう作られています。

Trade VIewを搭載しているため、様々なインジケーターや描画ツールを使い分けることが出来ます。81種類のインジケーター、70種類以上の描画機能があり、上級者でも満足できる機能が備えられています。

 マイナーなインジケーターも揃っていて、自分好みにチャートをカスタマイズ可能です。

ローソク足の種類も全12種類(Tick、1分、5分、10分、15分、30分、1時間、4時間、8時間、日、週、月)の選択が可能です。

WEBアプリでも高機能チャートを利用でき、暗号資産FXやレバレッジ取引なども気軽に行うことが可能です。口座を作らなくても取引画面を見て使い心地を試すことができるのもメリットと言えるでしょう。

使い心地を試してから口座開設するかどうか試すことが出来ますよ。
取引ツール

Web Trader(PC)
GMOコイン 暗号資産ウォレット(スマホ)

レバレッジ 2倍

取扱い通貨数 ※2021年9月時点

13通貨

利用できる注文方法

IFD注文、OCO注文、IFDOCO注文

主な通貨の送金手数料

無料

入金手数料 無料(振込手数料は利用客負担)
出金手数料 無料
会社名 GMOコイン株式会社

仮想通貨取引所のチャート分析ツールで何が分かる?

仮想通貨取引所のチャート分析ツールで何が分かる?

仮想通貨取引所のチャート分析ツールを使うと、過去チャートをテクニカル分析することで、今後の値動きを予想することが可能になります。

テクニカル分析とは?

テクニカル分析とは、過去のチャートを分析することで、今後の値動きを予測する根拠を掴む方法です。

仮想通貨のチャートは、過去の値動きに影響された動きをすることが多いです。そのため、過去を分析することで未来の予測がしやすくなるのです。

過去に大きな売りが入った価格は意識されやすいなど、反発するポイントや

ただし、常にチャートの動きは過去の動きに則った動きをするわけではなく、全く違うパターンで突如大きな値動きをすることもあります。

そのため、現実的にはテクニカルだけを妄信せず、経済のニュースや国際情勢など様々な要因を総合的にとらえて取引することが必要になります。

テクニカル分析はどういった点を見るべき?

仮想通貨取引所のチャート分析ツールで何が分かる?

テクニカル分析を行う際に、見るべきポイントは以下のような点です。

テクニカル分析の際に見るべきポイント
  • ローソク足
  • 支持線・抵抗線
  • インジケーター

ローソク足

ローソク足は、特定の期間の値動きをあらわしたものです。1分足、5分足、15分足など様々な時間単位のローソク足が存在します。

太い部分が始値と終値をあらわしており、陽線と陰線が存在します。細い部分は髭と呼ばれ、髭を見ることで時間単位での最安値・最高値を知ることが可能です。ローソク足が売買のサインになることもよくあります。

「長い上髭のローソク足が高値圏で現れたら『売り』のサイン」など、売買根拠の一つとしてローソク足が利用できます。
売買根拠としてローソク足のみを利用するトレーダーも存在し、ローソク足を見るだけでもいろいろな情報を掴むことが出来るのです。

支持線・抵抗線

仮想通貨取引所のチャート分析ツールで何が分かる?

支持線(サポートライン)・抵抗線(レジスタンスライン)は過去の値動きを見ることで引くことが出来る水平線です。

過去のチャートを観察すると、上昇していたチャートが折り返して下落に向かうポイントを見つけることが出来ます。ここに水平線を引いたものがレジスタンスラインです。

 反対に下降していたチャートが上昇に転じた価格に、水平線を引くことがサポートラインが引けます。

支持線や抵抗線を引くことで、価格がどこで折り返すかが分かりやすくなり、売買の際の根拠にできることがよくあります。

インジケーター

インジケーターとは仮想通貨の売買をサポートしてくれるツールのことです。インジケーターを活用することで、売買の根拠がより明確になることがあります。

インジケーターは大きく分けると以下の2種類に分類できます。

①:トレンド系

仮想通貨取引所のチャート分析ツールで何が分かる?

相場の流れを予測しトレンドの方向性を確認する際に使われるインジケーターです。

現在の相場の流れと同方向にエントリスルー「順張り」に使われることが多く、一方向に勢いよく動く相場において、有効なことが多いです。トレンド系のインジケーターとしては、以下のようなものがあります。

トレンド系のインジケーター
  • 移動平均線
  • ボリンジャーバンド
  • 一目均衡表
  • オシレーター

特にポピュラーなのは移動平均線でしょう。移動平均線の傾きを見たり、長期短期の移動平均線のクロスを見たりするだけでも、売買のサインとして利用できることがよくあります。

短期MAが長期MAを下から上に追い抜くのがゴールデンクロス。反対に短期MAが長期MAを上から下に追い抜くのをデッドクロスと呼ばれます。

ゴールデンクロスは「買い」のサイン、デッドクロスは「売り」のサインとしてよく用いられます。

②:オシレーター系

仮想通貨取引所のチャート分析ツールで何が分かる?

一方オシレーター系のインジケーターは、買われすぎや売られすぎを判断する際に用いられます。逆張りする際の根拠に使われるもので、以下のようなものが代表的です。

オシレーター系のインジケーター
  • RSI
  • MACD
  • ストキャスティクス

MACD(Moving Average Convergence Divergence)は、「MACD」と「シグナル」の2つのラインで作られたインジケーターです。

移動平均線と同じように、ゴールデンクロスとデッドクロスで売買タイミングを見極めることが出来ます。動平均線の同様、「ゴールデンクロスは買いのサイン」「デッドクロスは売りのサイン」です。

移動平均線のクロスに比べ、MACDの方が早く発生するため、売買判断が迅速に行えます。

RSIは買われすぎ、売られすぎをあらわすインジケーターです。数値が70%以上になると「買われすぎ」で売りのサイン、30%以下になると「売られすぎ」で買いのサインと言われます。

ほかのインジケータと違い、単純にグラフがどこにあるかだけを見ればいいので、分かりやすいと言えるでしょう。

 RSIは「買われすぎたときには売る、売られすぎたときには買う」という発想なので、完全に逆張りのインジケーターです。
ストキャスティクスも逆張りによく用いられ、%Kと%Dの2種類の線が描画されます。20%以下で%Kが%Dを上抜けると買い、80%以上で%Kが%Dを割り込むと売りのサインと言われています。

仮想通貨取引所のチャート分析ツールの使い方

仮想通貨取引所のチャート分析ツールの使い方

チャート分析のツールはどのように使えばいいでしょうか?代表的なテクニカルインジケーターの使い方を解説します。

ローソク足

ローソク足は、特定の時間内での値動きをあらわしたものです。1本のローソク足で始値、終値、高値、安値を示すことが出来ます。

ローソク足は「陽線」と「陰線」にわかることが出来ます。始値より終値が高いものを「陽線」、始値より終値が低い場合は「陰線」と呼ばれます。

ローソク足の髭や組み合わせを見ることで、売買のタイミングを図ることが出来ると言われています。

ローソク足は実体と髭の形の組み合わせで様々な形になりますが、一例として以下のようなローソク足が売買のサインと言われています。

売買サインになるローソク足の形
  • 大陽線・大陰線
  • 上髭陰線
  • 小陽線

大陽線・大陰線

仮想通貨取引所のチャート分析ツールの使い方

大陽線・大陰線は髭がほとんどない実体の大きいローソク足で、相場の勢いの強さを示します。大陽線が出たら強気相場で上昇傾向が強く、大陰線が出たら弱気で下降傾向する傾向が強くなります。

「大陽線が出たら買い、大陰線が出たら売り」という根拠でトレードできますね。

非常に単純な根拠に思えますが、意外とあてになるケースもあるかもしれません。

上髭陽線・下髭陰線

上髭陽線・下髭陰線とは、実体が小さく髭が長いローソク足です。以下のような基準で判断することが出来ます。

判断基準
  • 上髭陽線・・・高値圏で上髭陽線が現れたら、売りのサイン
  • 下髭陰線・・・安値圏で下髭陰線が現れたら、買いのサイン

こちらもまた非常に単純な売買根拠ですが、当てになる可能性もあり相場の転換サインになるかもしれません。。

小陽線・小陰線

小陽線・小陰線とは、上下に髭が付いた実態が小さいローソク足のことです。こういったローソク足が出ると、相場がどちらに行くか迷っていることが分かります。

小陽線・小陰線が出た場合は、まだどちらに行くかわからないので、様子見が正しい選択です。

こういったローソク足が出現した場合は、まだ売買はせずにしばらく見守りましょう。

方向感をはっきりと示すローソク足が出たのを確認し、トレードスタートするべきです。

単純移動平均線

仮想通貨取引所のチャート分析ツールの使い方

移動平均線は一定期間の平均価格を線でつなげたものです。21日移動平均線であれば、21日間の価格の平均値をその日ごとに求めラインにすると、出来上がります。

移動平均線が斜め上方向を向いていれば上昇トレンド、斜め下を向いていれば下降トレンドと判断できます。

移動平均線を見ることで、現在のトレンドの向きが簡単に分かります。

移動平均線は、移動線と長期線を同時に使うことが一般的で、以下のようにトレンド転換を予測するのに非常に役立ちます。

チャート分析ツールの選び方
  • ゴールデンクロス・・・短期移動平均線が長期移動平均線を下から上に抜くこと。
  • デッドクロス・・・短期移動平均線が長期移動平均線を上から下に抜くこと

ゴールデンクロスが発生した時は買いのサインで、デッドクロスが発生した時は売りのサインです。

移動平均線のクロスを売買の根拠に使う方法は、トレーダーの間で広く使われていますよ。

仮想通貨取引所のチャート分析ツールの選び方

仮想通貨取引所のチャート分析ツールの選び方

仮想通貨のチャート分析ツールはどのような視点で選べばいいでしょうか?重要なポイントを解説します。

チャート分析ツールの選び方
  • 見やすさ
  • 機能性
  • 使いやすさ

見やすさ

チャートを見るときには、見やすいかどうかは非常に重要です。チャートが見にくいと、値動きを確認する際にストレスが溜まりますし、見間違いがあるとトレードの判断を間違える恐れもあります。

チャート・板・注文画面などがどこにあるか一目でわかるような、取引ツールを選ぶようにしましょう。

チャートが見やすいかどうかは好みの問題もあるので、複数口座を開設して気に入ったところを使うのもいいでしょう。

機能性

仮想通貨取引所のチャート分析ツールの選び方

チャート表示、インジケーターや描画ツールの種類などの機能性も重要です。チャートの表示はローソク足とラインチャートで好みが分かれることも多いです、使いたいインジケーターの取扱いが無いのも困るでしょう。

理想の環境で取引するためには、使いたい機能がその取引所で利用できるかどうかは確認しておいた方がいいでしょう。

機能性が低い取引ツールは避けて、機能が豊富なものを選ぶことをおすすめします。

使いやすさ

使いやすさも非常に重要です。以下のような点に注意し、選択するといいでしょう。

使いやすさにおける注意ポイント
  • 注文はしやすいかどうか
  • アプリは使いやすいのか?
  • ライン・インジケーターを出すなどの操作はしやすいのか?
  • 目的の仮想通貨は購入できるのか?

注文はしやすいのか?

仮想通貨取引所のチャート分析ツールの選び方

注文しやすいかどうかは非常に重要です。仮想通貨を購入する際に直感的に操作できないと、毎回ストレスを感じたり、売買のタイミングが遅れる恐れがあります。

売買がスムーズにできないと、購入するチャンスを逃したり、利確・損切が遅れる可能性もあります。
利益を最大化し、損失を抑えるためにも、注文しやすい取引ツールを選択するようにしましょう。

アプリは使いやすいのか

仮想通貨の購入はPCのブラウザから行ったとしても、普段の価格チェックはアプリで行う場合が多いと思います。そのアプリが見にくかったり、売買の方法が分からないと、利確や損切が遅れてしまう可能性もあります。

そのため、アプリをあらかじめ触っておき、使いやすさを確かめておきましょう。

アプリが使いやすいかどうかは好みの問題もありますので、実際に使って確かめるのがオススメです。

ラインを引く・インジケーターを出すなどの操作はしやすいのか?

仮想通貨取引所のチャート分析ツールの選び方

ラインを引いたり、インジケーターを利用する場合には、その出しやすさも重要でしょう。こういった操作がしにくいと、チャートを利用するたびにストレスを感じてしまいます。

直感的に操作でき、簡単にラインを引いたり、インジケーターを表示したりできるのが望ましいですね。

目的の仮想通貨は購入できるのか?

当然のことではありますが、希望のコインの取扱いがあるかは必ずチェックしておきましょう。

いくら取引ツールが使いやすくても、そもそも希望の仮想通貨の取扱いが無ければ、購入することは不可能です。

目的の通貨の取扱いがあるかどうかは意外と見落としがちなので、事前に確認しておきましょう。

よくある質問

オススメのチャート分析ツールを教えてください。
コインチェック、DMMビットコイン、ビットフライヤー、GMOコインの4取引所のツールがオススメです。どの取引所のツールも操作性や機能性に優れています。
チャート分析ツールを使うことで何が分かりますか?
チャート分析ツールを使い相場を分析することで、過去の値動きを知ることが出来ます。その結果未来の予測をしたり、売買のタイミングを見定めることが可能になります。
チャート分析ツールはどのように使うべきですか?
インジケーターを利用したり、ラインを引いたりすることで、相場を分析しましょう。分析した結果から未来を予測すれば、利益を上げられる可能性が上がってきます。
チャート分析ツールはどのように選べばいいですか?
見やすさ、機能性、使いやすさの3つが重要なポイントです。今回の記事で紹介した取引所からいくつかの取引所の口座を作り、お気に入りのチャート分析ツールを見つけてみてください。
チャート取引ツールに必要な機能は何でしょうか?
チャート機能と注文機能です。インジケーターを出すなどのチャート機能は正確なテクニカル分析のために重要です。ストレスのない取引のためには注文のしやすさや機能も重要になります。
アプリの性能差はどのようなところに現れるのでしょうか?
インジケーター、描画ツールの数、操作性に現れます。どの取引所でも仮想通貨の価格推移をみることはできますが、使えるインジケーターが少なかったり、描画ツールが使いにくかったりする取引所もあります。
アプリでも相場分析がしやすいのはどの取引所ですか?
アプリでもテクニカル分析ができるのはGMOコインや、DMMビットコインです。この2つの取引所はインジケーターを表示したり、ラインを引いたりできます。ただ、スマホだとどうしても画面が小さいので、分析はPCで行うことをオススメします。

まとめ

今回は取引分析ツールについて解説しました。仮想通貨取引をする際に必ず使用するのがチャート分析ツールです。

操作性や機能面が充実したツールを選択することで、快適に仮想通貨取引を行えるようになります。

本日紹介した取引所のツールは、使いやすさ・機能の豊富さなど様々な面でおすすめできるものばかりですので、快適に取引できるでしょう。

自分に合った取引所を選び、気に入った取引ツールでのトレードを試してみてくださいね。

仮想通貨関連記事

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事