【FX口座開設手順】おすすめ会社やボーナス・審査に必要なものを解説

【FX口座開設手順】おすすめ会社やボーナス・審査に必要なものを解説

監修者の紹介
増田さん

監修者増田 諒

2021年1月1日現在、全国に891世帯1,257名のクライアントを抱えるコンサルタントとして活動中。年間100件の個別相談のほか「マネー・ライフプランニング」「資産運用」「保険」「確定申告」「住宅ローン」「相続」等のテーマのセミナーで登壇。

MDRT入賞 7回 ・TLC(生命保険協会認定FP) ・CFP ・IFA(証券外務員1種)・ファイナンシャルプランニング技能士1級 ・宅地建物取引士 貸金業務取扱主任者

増田 諒Masuda Ryo

FXにおける為替の取引は、FX会社で開設した口座を介して行います。しかし、FX会社の数は多く「どこで口座を開設すべきなのか分からない」「口座開設の方法が分からない」という方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、口座開設におすすめなFX会社や口座開設に必要なもの、口座開設の具体的な流れ・審査について解説しています。

※本記事は、FXで必ず利益を生む方法を記載するものではありません。FXはご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

FX口座を開設する際の注意点やボーナス・キャンペーンについても解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

FX口座開設の流れ

さっそく、FX口座を開く手順をご紹介します。FX口座を開設する流れは、大きく分けて次のようになります。

開設の流れ
  1. 申し込みフォームに入力
  2. 必要書類の提出
  3. 審査通貨後、ログインアカウントを受け取る
  4. 日本円を入金する

1、申し込みフォームに入力

FXの口座開設の流れ

まずは、申し込みフォームに必要事項を入力してください。主な入力事項は次のとおりです。

主な入力事項
  • メールアドレス
  • 住所や生年月日などの個人情報
  • 職業・勤務先
  • 出金先の銀行口座
  • 年収
  • 投資経験・目的
  • 金融資産など

審査に必要な情報なので、どれも正直かつ誤字脱字がないように記しましょう。

入力事項はFX会社によって異なります。

2、必要書類の提出

FXの口座開設の流れ

必要事項の入力が終わったら本人確認書類・マイナンバーカードなど必要書類の提出です。書類の提出には、主に次の3つの方法があります。

書類の提出方法
  • Web上にアップロード
  • 郵送
  • メールに添付

アップロードは、次のようなパターンで対応できます。

書類写真の出し方
  • 事前に撮影したものをスマートフォンのフォルダに収め、手続き時にFXサイトの所定欄へ出力
  • FXサイトに撮影機能が備えられており、その場で書類を撮影する

よりスピーディーに手続きを進めたい場合は、すぐに提出できるアップロードやメールへの添付がおすすめですよ。

スマートフォンで簡易的な本人確認もできる

FXの口座開設の流れ

スマートフォンを使えば、素早く本人確認ができて、手続きの一部を省略できることがあります。

 DMM FXの「スマホでスピード本人確認」というシステムがその一例です。

必要書類を持ったうえでの自撮り写真をスマートフォンで行い、所定欄にアップすれば、郵送での書類受け取りが省略されます。これによりDMM FXでは最短で即日取引を始められるのです。

少しでも手続きの時間を省くためには、スマートフォンの活用が重要でしょう。

3、審査通過後、ログインアカウントを受け取る

FXの口座開設の流れ

本人確認まで終わったら審査開始です。多くのFX会社では最短1日程度で終わります。

 審査に通過していれば、ログインアカウントを受け取ることができます。

ログインアカウントを受け取れば口座にログインして取引を開始できますが、落ちれば口座は開設できません。

審査結果がすぐに分かるので、審査に通過していればすぐに取引を開始できますね。

審査に通らなかった場合は?

万が一審査に通らなかった場合は、次のような対応を行います。

審査に通らなかったときの対応
  • 申請内容の見直し
  • 別の会社への申し込み

通過すれば、ログインIDとパスワードを示した案内書が自宅に送られます。こちらをもとに改めてFX取引所にアクセスしましょう。

4、日本円を入金する

FXの口座開設の流れ

FX会社の審査に通過できれば、日本円を入金しましょう。手順は次のようになります。

手順
  1. FXのマイページに口座情報を入力
  2. 該当口座からFX専用口座へ日本円を入金

FX会社指定の金融機関なら、最短数分で入金が終わります。

FX専用口座に入れたお金は「証拠金」となります。

FX口座開設に必要なもの

ここからは、FXの口座開設に必要なものについて解説していきます。口座開設には、主に次の2つの書類が必要です。

必要なもの
  1. 本人確認書類
  2. マイナンバー確認書類

1.本人確認書類

FXの口座開設に必要なもの

本人確認書類とは、いわゆる身分証明書です。身分証明書には、主に次のものがあてはまります。

身分証明書の例
  • 運転免許証
  • パスポート
  • 健康保険証
  • 住民票のコピー
  • 在留カード

上に挙げたように様々な書類が身分証明書として利用可能です。

ただし、FX会社によって身分証明書として利用できる書類が異なる場合があるため、ご注意ください。

2.マイナンバー確認書類

FXの口座開設に必要なもの

マイナンバー確認書類は、税金や行政の手続きをスムーズに進めるためのアイテムです。FXでも、マイナンバー確認書類がなければ申し込めません。

マイナンバー確認書類には、次の3種類があります。

マイナンバー確認書類
  • マイナンバーカード
  • 通知カード
  • マイナンバーが記載された住民票

マイナンバーカードとは、顔写真付きのカードのことです。

 どの書類を使用するかによって提出書類の枚数が異なる場合があるため、注意が必要です。

例えば、SBI証券の場合は利用するマイナンバー確認書類によって次のような違いがあります。

SBI証券の場合
  • マイナンバーカード(裏表)+本人確認書類1点
  • マイナンバーが記載された住民票+本人確認書類1点
  • 通知カード+本人確認書類2点

このように、提出する本人確認書類を少なくするためには個人番号カードまたはマイナンバーが記載された住民票の準備が必要です。

個人番号カードは、自治体に交付申請をすれば入手できますよ。

マイナンバーカードを手に入れる方法

マイナンバーカードを持っていないときは、自治体に申請して交付してもらう必要があります。次の手順で進めましょう。

取得の流れ
  1. 自治体に交付申請書を出す
  2. 交付通知が自治体から送られてくる
  3. 通知書に加え、通知カード、本人確認書類を揃える
  4. 自治体の窓口で本人確認を行い、暗証番号を設定する

以上でマイナンバーカードの交付手続きは完了です。

 交付申請から発送まではの期間は、約1カ間が目安です。

ただし、書類に不備がある場合や申請が混みあった場合など、状況により目安より遅れる可能性もあります

マイナンバーカードを持っていない方は、早めに交付の手続きをしておきましょう。

口座開設におすすめのFX会社5選徹底比較!

DMM FX
GMOクリック証券
LINE FX
外為どっとコム
みんなのFX
DMMFX
GMOクリック証券
外為どっとコム
みんなのFX
最低取引単位
10,000通貨単位
10,000通貨単位
1,000通貨単位
1,000通貨単位
1,000通貨単位
最低入金額
制限なし
制限なし
制限なし
1,000円〜
1,000円〜
通貨ペア数
21通貨ペア
20通貨ペア
23通貨ペア
30通貨ペア
29通貨ペア
即日口座開設
最短即日
最短即日
最短即日
最短即日
最短即日
取引所手数料
無料
無料
無料
無料
無料
レバレッジ
個人口座25倍
※固定
最大25倍
最大25倍
最大25倍
※個人の場合
個人口座25倍
※固定
キャンペーン・特典
最大
204,000円
キャッシュバック
最大30万円
キャッシュバック
最大55,000円
プレゼント
最大
302,000万円
キャッシュバック

対象期間:口座開設月から翌々月末まで
最大
50,000円
キャッシュバック

※情報は2022年4月時点のものです。最新の情報と異なる可能性があります。

※1 スプレッド表記は米ドル/円のものです。2022年4月現在のキャンペーンスプレッドを含みます。

※2 最短即日取引には各社が定める条件を満たす必要があります。また、申し込み時間によっては即日取引できない可能性もあります。詳細は各社公式サイトをご確認ください。

1.DMM FX

おすすめのFX口座ランキング1位DMM FX

DMM FXのココがおすすめ!
  • 口座数80万口座突破※1の人気!
  • 最短1時間で取引可能!
  • 新規取引で20万4千円のキャッシュバック
  • あらゆる手数料が無料!
  • 24時間安心のサポート体制!

DMM FXは、口座数80万口座を突破している人気のFX会社です※2。業界最狭水準※4のスプレッドを誇る通貨ペアを擁することに加えて、あらゆる手数料が無料※4のため、コストを抑えて取引できます。

新規取引毎にポイントが還元されるのも特徴です。貯めたポイントは「1ポイント=1円相当」として手軽に現金化できます。お試し用のFXデモ取引もあるので初心者でも気軽に一歩踏み出せます。

最低取引単位 10,000 通貨ペア 21
スプレッド
(原則固定・例外あり)※1
0.2銭 取引手数料 無料
最短即日取引※2 デモ取引

新規口座申し込み後、2ヶ月以内に1Lotの新規取引で4,000円キャッシュバック!

さらに新規口座開設後、3ヶ月以内の取引量に応じて最大200,000円キャッシュバック!

出典:公式サイト

※1 2020年8月31日DMM FX調べ・DMM FXと外為ジャパンFXを合算した数値になります。

※2 公式サイトの文言によります

2.GMOクリック証券

GMOクリック証券FXネオ

GMOクリック証券のココがおすすめ
  • FX取引高が世界第1位※1の人気!
  • 高機能な取引ツール
  • 口座開設費用・維持費用は全て無料!
  • デモ取引可能
  • 24時間無料でサポート!

GMOクリック証券は、FX取引高が世界第1位※1実績・人気を誇るFX会社です。特徴は、安心・安全の運営体制です。不明点や不安点があれば、電話またはメールから、24時間無料でサポートしてくれます。

GMOクリック証券では、預かっている証拠金を信託口座で分けて管理しています。そのため、万一GMOクリック証券が破綻しても大切な資産は守られるので安心です。

最低取引単位 10,000 通貨ペア 20
スプレッド
(原則固定、例外あり)※1
0.2銭 取引手数料 無料
最短即日取引※2 デモ取引

新規でFX口座開設+お取引で最大30万円キャッシュバック!取引金額に応じてお得にキャッシュバックできるキャンペーンを開催中です。

出典:公式サイト

※1 ファイナンス・マグネイト社調べ(2020年1月〜2021年12月)

3.LINE FX

LINE FX

LINE FXのココがおすすめ!
  • 公式LINEを通じて為替変動や経済指標の通知を受け取れる
  • 最低取引単位は1,000通貨から
  • 専用アプリ、取引ツールの機能が充実している
  • LINEの画面から専用アプリをすぐに開ける
  • スプレッドが業界最狭水準

LINE FXLINEグループであるLINE証券が運営しています。LINEグループだけでなくMUFGグループが提携してサービスを提供しているため、安心感のあるサービスです。

他のFX会社と比べてサービス開始したばかりのFXではありますが、わずか8ヶ月で口座開設数が10万口座※を超えるなど人気を集めています。

通貨ペア数やスプレッドも充実しており、初心者にもおすすめです。

最低取引単位 1,000 通貨ペア 23
スプレッド※

0.2銭

取引手数料 無料
最短即日取引 デモ取引 ×

4.外為どっとコム

外為どっとコム

外為どっとコムのココがおすすめ
  • 業界最狭水準※1のスプレッドの通貨ペアあり
  • スワップポイント振替機能あり!
  • 豊富な投資情報を配信!

外為どっとコムは、みんかぶ調べ2022年FX会社比較部門別ランキング「総合」部門で1位※2の人気FX会社です。取引デバイスはPC・スマートフォン・iPadから選択できるので、自分のスタイルでトレードできます。

さらに、FX初心者にも分かりやすい情報が満載で、少額投資(1,000通貨)も可能です。デモ取引もあり、未経験者でも始めやすいFX会社のひとつです。

最低取引単位 1,000 通貨ペア 30
スプレッド
(原則固定、例外あり)※1
0.2銭(米ドル/円) 取引手数料 無料
最短即日取引 デモ取引

外為どっとコム キャンペーン

口座開設&1万通貨の取引1回行うことで2,000円キャッシュバックされるキャンペーン開催中!

さらに取引量に応じて最大30万円キャッシュバックキャンペーンも同時開催!

※1 公式サイトの文言によります。
※2 『みんかぶFX』の同サイト運営者が定める指標に基づく各FX会社のサービス等の調査。調査期間:2021年1月1日〜2021年12月20日 調査機関:ミンカブ・ジ・インフォノイド

5.松井証券 MATSUI FX

松井証券 MATSUI FX

松井証券 MATSUI FXのココがおすすめ
  • 100円と少額からFX取引が始められる
  • スプレッドが0.2銭と狭水準
  • 各種手数料が無料でコストがかからない
  • レバレッジを選択できる
  • 高性能な取引ツールが用意されている

MATSUI FXでは、各種手数料が無料な上にスプレッドが0.2銭~と狭水準であるため、初心者でも始めやすいメリットがあります。

また、最低取引単位が1通貨単位であることも初心者に人気の要素です。少額投資を始めたい方は必見です!

さらに、高性能な取引ツールが用意されているので、PCでもアプリでも快適に取引を楽しむことができるでしょう。

最低取引単位 1 通貨ペア 20
スプレッド
(原則固定、例外あり)
0.2銭(米ドル/円) 取引手数料 無料
最短即日取引※2 デモ取引

松井証券MATSUI FXでは、新規で口座開設&対象の通貨ペアの取引で最大500,000円キャッシュバックするキャンペーンを開催中!

FX口座開設ボーナス・キャンペーンの種類

口座開設に関するボーナス・キャンペーン

FX会社の中には、口座を開設するだけでボーナスを受け取れたり、口座開設後に規定の条件を満たせばキャッシュバックされるキャンペーンを開催したりしている場合があります。

FX会社が提供しているボーナスには、主に次の4種類があります。

ボーナスの種類
  • キャッシュバック
  • スプレッドの縮小
  • クレジットカード等のポイント
  • 商品の進呈

ボーナスを受け取るためには、対象のFX会社で口座を開設し、各FX会社が設けている条件を満たす必要があります。

キャンペーンによっては対象期間が決まっているものもあるため、気になるキャンペーンやボーナスがあれば、まずは条件をしっかりと確認しておきましょう。

キャンペーンは不定期で開催されるため、各FX会社の公式サイトで最新情報をご確認ください。

FX口座開設の審査について

ここからは、FX口座開設の審査について知っておくべき7つのことについて、深掘りして解説します。

口座開設に必要な情報
  1. 審査基準は非公表
  2. 金融情報は自己申告
  3. 当日に審査終了の会社も
  4. ローンや借金があっても開ける場合がある
  5. 無職・学生でも開設できる場合がある
  6. FX口座開設の審査に落ちる原因
  7. マイナンバーなしでは口座を開設できない

1、審査基準は非公表

FX口座開設の審査について(学生も申し込み可能?)

FX会社は、審査基準を明かしていませんしかし、次のように申し込み条件を示している例もあります。

申し込み条件の例
  • 日本国内に住んでいる
  • 満20歳以上である
  • 本人名義で取引を行う
  • 証券会社に勤めていない

正確な審査基準は不明ですが、申し込み条件を満たしていることが前提となります。

FX会社によって申し込み条件が異なるため、事前によくご確認ください。

2、金融情報は自己申告

FX口座開設の審査について

FXの申し込みでは、金融情報に答えなければいけません。しかし、FX会社から資産や年収を証明する書類の提出を求められることはなく、基本的には自己申告です。

 自身や家族の収入や過去のFXの投資額などを正確に覚えていない場合でも、自己申告で申し込むことができます。

しかし証拠の提出がないからと言って、年収を過剰に多く示すなど虚偽の申告をすることは審査に悪影響です。

審査では、単に金額だけを見ているのではなく、年収や投資額とのバランスも見られている可能性があります。したがって、年収を高く記入したからと言って審査に通るとは限りません。

自己申告でもなるべく実態に即した数字で申し込みましょう。

3、当日に審査終了の会社も

FX口座開設の審査について(学生も申し込み可能?)

多くのFX会社は、申し込みを受けてから最短当日に審査を完了します。例えば、最短当日で結果が早く出る主なサービスは次のとおりです。

最短当日で結果が出るFXサービスの例
  • DMM FX
  • 外為どっとコム など

以上の2つに限らず、申請から口座開設までの時間が早い会社は、審査手続もスムーズである傾向があります。

すぐに取引を始めたいと思ったら、最短審査時間を比較して業者を選ぶのも良いかもしれません。

4、ローンや借金があっても開ける場合がある

FX口座開設の審査について(学生も申し込み可能?)

FX取引は、審査に通過すればローンや借金がある人でも始められます

 住宅ローンや消費者金融からの借金があっても、仕事で一定の収入をもらっていれば審査に通過する可能性が考えられます。

ただし、利益で借金を返そうと多額を継ぎこむと生活をさらに悪化させるおそれがあるため、推奨できません。

ローンや借金がある場合は、FXを始める前にできるだけ返済しておくのが望ましいでしょう。

5、無職・学生でも開設できる場合がある

FX口座開設の審査について(学生も申し込み可能?)

無職や学生でも、申し込み条件を満たし、資産状況にも問題がないと判断されればFXの口座を開設できる可能性が考えられます

FX会社によっては、18歳から申し込みが可能なものもありますよ。

6、FX口座開設の審査に落ちる原因

FX口座開設の審査について(学生も申し込み可能?)

FXの審査に落ちる理由として、主に次のようなものが考えられます。

審査に落ちる理由の例
  • 申請情報に間違いや虚偽がある
  • 資産が100万円以下
  • 投資予定額が年収の半分に達している
  • 一部のFX会社では投資経験の不足を理由にすることも

資産が少なかったり、投資予定が非現実的であったりと、お金に対する責任感が低いと判断された場合は審査に通りづらいと推測できます

申請情報の間違いも結果に悪影響を及ぼすことが考えられるので、申請時の見直しが大切です。

7、マイナンバーなしでは口座を開設できない

FX口座開設の審査について(学生も申し込み可能?)

FXでは、マイナンバーなしでは口座を開けません理由は次の2点です。

マイナンバーが必要な理由
  • 2016年1月から日本では提出義務あり
  • FX会社の損益報告に重要

2016年1月から日本では提出義務あり

2016年1月からFXの口座開設手続きではマイナンバーが必須です。法令上の提出義務があるからです。

FXにおけるお金の流れを管理するうえで、ユーザーに割り当てられたマイナンバーが重要になります

運営会社の業務効率を上げる意味でも、マイナンバーの情報が必要なのですね。

FX会社の損益報告に重要

FX口座開設の審査について(学生も申し込み可能?)

FX会社は、ユーザーの損益報告の際にマイナンバーを使っています。

 税務署はFXの利益を申告せず所得隠し・脱税をしている人がいないか確かめるために、運営会社に納税確認を行います。

やり取りをスムーズに進めるためにも、マイナンバーが大切です。

口座開設手続きでマイナンバーを要するのも、税務署への報告を正確に済ませるためです。

FX口座開設時の注意点

FXの口座を開設する際には、口座開設から間もない人やこれから解説しようと検討している人を狙った詐欺にお気を付けください。

主にあるのは、自動売買システムを売りつける詐欺です。予防の心構えとともに知っておきましょう。 

自動売買詐欺が横行

FX口座開設時の注意点

自動売買システムをめぐる詐欺に注意が必要です。

自動売買とは、FXや株式などの投資を機械にまかせることです。銘柄や投資タイミングなど、ユーザーの事前設定に応じて機械が注文を進めてくれます。 主に次のような被害体験があるようです。

主な被害
  • 発表された実績よりもパフォーマンスが明らかに悪い
  • SNSを通してシステム購入も、返金対応がない
  • 購入後に売った人が連絡を絶つ

自動売買システム詐欺は、次のような手口で顧客を呼び寄せます。

主な手口
  • SNSによる誇大宣伝や、取引実績の改ざん
  • 限定販売
  • 高額での売りつけ

詐欺を行う業者は、「絶対に稼げる」「○○万円の利益達成」などと大げさなアピールをして、劣悪なシステムを売りつける場合もあります。

しかし、FXのシステムが商品発表どおりに稼げる保証はありません

詐欺が疑われる業者を見つけたら、決して手を出さないようにしましょう。

詐欺を防ぐ心構え

FXの口座開設時の注意点

詐欺を防ぐには、次のような心がまえが大切です。

注意点
  • 商品発表の利益率や誇大と思われる広告は信じない
  • 商品名で検索し、評判や口コミを見る

粗悪品をつかまされないためには、口コミサイトなどの評判も参考にしながら、情報が信じられるかどうか事実確認を行いましょう。

利用前に情報を収集して、信用できる商品であるか自分の目で確認することが大切です。

まとめ

今回はFXの口座開設について、おすすめのFX会社や申し込みに必要なもの、審査などについて解説しました。

学生や主婦、ローンがある人も、申し込み条件を満たせば審査に通る可能性はあると考えられます。

FXの口座開設には本人確認書類とマイナンバーが必要となるため、必要書類は早めに準備しておきましょう。

ボーナスやキャンペーンもあるので口座開設の流れを押さえて、FX取引を始めてみてください。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事