FXの元手はいくらから?最低限必要な資金の基準や注意点などを解説

FXの元手はいくらから?最低限必要な資金の基準や注意点などを解説

監修者の紹介
増田さん

監修者増田 諒

2021年1月1日現在、全国に891世帯1,257名のクライアントを抱えるコンサルタントとして活動中。年間100件の個別相談のほか「マネー・ライフプランニング」「資産運用」「保険」「確定申告」「住宅ローン」「相続」等のテーマのセミナーで登壇。

MDRT入賞 7回 ・TLC(生命保険協会認定FP) ・CFP ・IFA(証券外務員1種)・ファイナンシャルプランニング技能士1級 ・宅地建物取引士 貸金業務取扱主任者

増田 諒Masuda Ryo

FXは株式投資や不動産投資などと同様、資産運用のひとつとして挑戦している人が多くいます。少額からスタートできる点が最大の魅力でしょう。

とはいえ「実際に元手はいくら必要なのだろう?」「FXに必要な資金の基準はどうやって決めたらよいの?」このような疑問を持っている方も多いはずです。

FXで用意するべき資金は、取引スタイルや利用するFX会社によって変わります。まずは、FXの資金に関する基礎知識を押さえることも大切です。

そこで今回は、FXの元手はいくらから必要なのか、最低限の資金基準について解説します。

資金に関する注意点もあわせて紹介するため、ぜひ参考にしてみてください。

FXとは?

FXとは

FXと「Foreign Exchange」であり「外国為替証拠金取引」という意味です。日本円や米ドルなど、各国の通貨は経済状況や政策によって価値が変動します。

 FXは、為替レートの変化を利用し利益を得る仕組みです。

1ドル100円のときに米ドルを購入し、1ドル120円に上がったタイミングで日本円に両替すれば20円の利益が生まれます。

1通貨だけでは得られる利益は小さいですが、10,000通貨など取引規模が大きくなれば、比例して利益も大きくなります。

FXの仕組み

FXの仕組み

利益を得る方法は2種類

FXで利益を得る方法は、為替差益である「キャピタルゲイン」と金利差益である「スワップポイント」があります。

キャピタルゲインとは

キャピタルゲインは相場の上下を予想して注文し、価格差で利益を得る方法です。

 一般的に価格が低いときに注文し、上がったときにポジションを決済すると利益となります。

また、FX取引では価格が下がった場合にも利益が出る「売り注文」も可能です。この方法では、将来の値下がりを予想して事前に外貨を売り、値下がりした後に買い戻します。

スワップポイントとは

FX スワップポイント

スワップポイントとは金利差益と呼ばれており、取引する2国間の金利差によって利益を得られます。

FX取引では購入した外貨の利子を受け取れますが、売却した場合は外貨の利子を支払わなければなりません。

 そのため金利が低い外貨を売却し、金利が高い外貨を購入すると、金利差分の利益をポジションを決済するまで毎日得られます。

例えば、外為ドットコムの政策金利一覧によると日本の金利は-0.10%であり、トルコの金利は14.00%です。この場合、日本円を売却しトルコリラを購入することでスワップポイントを得られます。

しかし、金利が高い外貨を売り、金利が低い外貨を購入するとスワップポイントがマイナスになるため支払いが生じるため注意が必要です。

スワップポイントを狙うときは、政策金利が高い新興国の通貨をチェックするのがおすすめです。

レバレッジとは

FX レバレッジ

FXでは、口座に入金した証拠金以上の金額の取引が可能です。この仕組みを「レバレッジ」と呼び、最大25倍までレバレッジをかけられる決まりとなっています

 FX取引では取引をする実際の金額を用意する必要がなく、取引によって発生する損益のみを受け渡しすることで成立しています。

FX取引で買い注文をすると、将来的に必ず売り注文をしなければなりません。このことを「差金決済」と呼び、担保金を用意すれば取引が成立します。

つまり、100万円分のドルを購入する場合でも、取引ではその内の何割かの証拠金を用意できれば取引できるということです。例えば、レバレッジ25倍の場合、証拠金4万円で100万円分の取引ができます。

メリット

FX レバレッジのメリット 

レバレッジ最大のメリットは、少額でも大きな資金で取引できることです。取引できる金額が増えることで、予想が当たったときの利益は大きくなるでしょう。

先程の通り、レバレッジは最大で25倍までかけられるため、4万円の資金でも100万円分の通貨量まで取引できます。

 例えば、仮に1通貨のみの取引をする場合、100ドル1万円のときに購入して、100ドル12,000円のときに売却すれば利益は2,000円です。

このとき、最大である25倍のレバレッジをかけていれば、利益は5万円まで大きくなります。

デメリット

FX レバレッジのデメリット

レバレッジ取引のデメリットは、生じる損失が大きくなりやすいことです。

 ハイリスク・ハイリターンな取引方法であり、価格が上昇すると見込んでいたところ暴落すれば、レバレッジをかけた分だけ損失が大きくなります。

FXは高いリスクを伴うことから投資者を保護するため、ロスカットという仕組みがあります。ロスカットとは、証拠金を上回る損失が出ないように強制的にポジションを決済することです。

しかし、高倍率のレバレッジをかけた取引の場合、ロスカットの処理が追いつかず証拠金の値がマイナスになることがあります。

たとえば、FX取引に使える資金が10万円のとき、全額を口座に入金すると最大のレバレッジで250万円分の取引が可能です。

もし1ドルが80円に値下がりしたとき1通貨あたりの損失は20円であり、レバレッジなしの場合2万円の損失ですみますが、レバレッジ25倍をかけると50万円の損失が発生します。

レバレッジをかける場合には、利益だけでなく損失額も想定しておく必要がありそうです。

FXに必要な最低限の資金はいくら?

FXに必要な最低限の資金

取引量とレバレッジで変わる

FXに必要な資金は、取引通貨量・レバレッジ・外貨の種類など利用しているFX会社によって変わります。1ドル100円でドル/円の取引をする場合、必要な資金は100円です。

 また、通貨ペアによっては1通貨あたり5円~10円ほどのものもあり、このような通貨であれば100円だけで10通貨ほど購入できます。

しかし、資金が100円であったとしても、レバレッジをかけることでそれ以上の取引が可能です。最大の25倍であれば約4円の資金を用意することで1通貨の取引ができます。

利用するFX会社によって最低取引数量が決まっており、1通貨単位で取引できる会社もあれば、1,000通貨・10,000通貨に設定されていることもあります。

シミュレーション①

FXに必要な資金

ドル/円の通貨ペアを1通貨で取引する場合、1ドル100円であれば必要な資金は100円です。しかしレバレッジをかける場合は、その倍率によって必要な資金が異なります。

レバレッジ 必要な資金
2倍 50円
5倍 20円
10倍 10円
25倍 4円

シミュレーション②

ドル/円の通貨ペアを1,000通貨で取引する場合、1ドル100円であれば必要な資金は10万円です。レバレッジをかける場合は、以下の資金が必要となります。

レバレッジ 必要な資金
2倍 5万円
5倍 2万円
10倍 1万円
25倍 4,000円

理想はレバレッジの5倍

FX レバレッジ

レバレッジは低すぎると利益が出ず、高すぎるとリスクが大きくなります。ある程度余裕を持って取引をするために、理想的なレバレッジは5倍と言われています。

 レバレッジ5倍であれば、20万円の資金で100万円の取引が可能です。大きな金額で利益を狙えるだけでなく、相場が崩れたときでも損失リスクの少ない金額だといえるでしょう。

その一方で、レバレッジが5倍を超えるような取引の場合、相場が急落したときに対処できません。リーマンショックのような「100年に1度」と言われる相場の崩壊にも備えておくことが大切です。

1ドル100円のとき、レバレッジ5倍のときの必要な資金は以下の通りです。

1通貨 20円
1,000通貨 2万円
10,000通貨 20万円

【初心者向け】FXの上手な始め方

FXの始め方

少額から取引を開始する

初心者がFX取引を始めるときは、少額からのスタートがおすすめです。FX取引は他の投資方法と比較しても、少額から始められることが強みのひとつでもあります。

 少ない資金から取引して、経験を積んでいきましょう。実践を繰り返すことで、チャートからトレンドや相場の動き方を予想しやすくなります。

多額の資金で始める場合、成功したときの利益は大きいですが損失の規模も膨らみます。

同様に、高倍率のレバレッジをかけて取引することも、リスクが大きいため初心者にはおすすめしません。慣れないうちは、損失を抑えコツコツ利益を増やせるような取引スタイルがおすすめです。

デモトレードで取引に慣れてから始める

FX デモトレード

多くのFX会社では、ホームページやアプリなどでデモトレードを行えます。デモトレードは、本番環境と同じ取引画面を無料で試せることがメリットです。

 デモトレードではコスト・リスクがゼロで取引の経験が積めるため、本番の取引に備えて練習すると良いでしょう。

また、快適に取引するためには操作性が良いツールを使うことが大切です。デモトレードでは、ツールの使いやすさを試せることも大きな魅力です。

メジャーな通貨を選ぶ

FX メジャーな通貨

初心者がFX取引を始めるときは、数ある通貨ペアの中から日本円とメジャーな通貨を選ぶのがおすすめです。

 メジャーな通貨は流通量が多いため相場が安定しており、スプレッドの幅が比較的狭い傾向にあります。

他にもマイナー通貨よりも相場の変化を予測する材料が多く、初心者でも情報収集しやすいため、リスクも小さくなります。

損切りルールを明確にする

損切りルール

損切りとは、損失を抱えている状態でポジションを決済し、損失を確定させることです。相場が下がり続けている場合、そのままにしておくと損失が膨らんでいきます。

 その後相場が上がる可能性もありますが、証拠金以上の金額まで損失が大きくなると、ロスカットによって強制的に損失が確定してしまいます。

その前に、損失をなるべく最小限に抑えるようにしましょう。損切りルールとは、事前に自分なりの「〇〇になったら損切りをする」というルールを決めることです。

損切りルールは自由に設定して構いませんが、買値の5%~10%の損失が出たときが目安とされています。

初心者にもおすすめのFX口座5選!

※情報は2022年4月時点のものです。最新の情報と異なる可能性があります。

※1 スプレッド表記は米ドル/円のものです。2022年4月現在のキャンペーンスプレッドを含みます。

※2 最短即日取引には各社が定める条件を満たす必要があります。また、申し込み時間によっては即日取引できない可能性もあります。詳細は各社公式サイトをご確認ください。

1.DMM FX

おすすめのFX口座ランキング1位DMM FX

DMM FXのココがおすすめ!
  • 口座数80万口座突破※1の人気!
  • 最短1時間で取引可能!
  • 新規取引で20万4千円のキャッシュバック
  • あらゆる手数料が無料!
  • 24時間安心のサポート体制!

DMM FXは、口座数80万口座を突破している人気のFX会社です※2。業界最狭水準※4のスプレッドを誇る通貨ペアを擁することに加えて、あらゆる手数料が無料※4のため、コストを抑えて取引できます。

新規取引毎にポイントが還元されるのも特徴です。貯めたポイントは「1ポイント=1円相当」として手軽に現金化できます。お試し用のFXデモ取引もあるので初心者でも気軽に一歩踏み出せます。

最低取引単位 10,000 通貨ペア 21
スプレッド
(原則固定・例外あり)※1
0.2銭 取引手数料 無料
最短即日取引※2 デモ取引

新規口座申し込み後、2ヶ月以内に1Lotの新規取引で4,000円キャッシュバック!

さらに新規口座開設後、3ヶ月以内の取引量に応じて最大200,000円キャッシュバック!

出典:公式サイト

※1 2020年8月31日DMM FX調べ・DMM FXと外為ジャパンFXを合算した数値になります。

※2 公式サイトの文言によります

2.GMOクリック証券

GMOクリック証券FXネオ

GMOクリック証券のココがおすすめ
  • FX取引高が世界第1位※1の人気!
  • 高機能な取引ツール
  • 口座開設費用・維持費用は全て無料!
  • デモ取引可能
  • 24時間無料でサポート!

GMOクリック証券は、FX取引高が世界第1位※1実績・人気を誇るFX会社です。特徴は、安心・安全の運営体制です。不明点や不安点があれば、電話またはメールから、24時間無料でサポートしてくれます。

GMOクリック証券では、預かっている証拠金を信託口座で分けて管理しています。そのため、万一GMOクリック証券が破綻しても大切な資産は守られるので安心です。

最低取引単位 10,000 通貨ペア 20
スプレッド
(原則固定、例外あり)※1
0.2銭 取引手数料 無料
最短即日取引※2 デモ取引

新規でFX口座開設+お取引で最大30万円キャッシュバック!取引金額に応じてお得にキャッシュバックできるキャンペーンを開催中です。

出典:公式サイト

※1 ファイナンス・マグネイト社調べ(2020年1月〜2021年12月)

3.LINE FX

LINE FX

LINE FXのココがおすすめ!
  • 公式LINEを通じて為替変動や経済指標の通知を受け取れる
  • 最低取引単位は1,000通貨から
  • 専用アプリ、取引ツールの機能が充実している
  • LINEの画面から専用アプリをすぐに開ける
  • スプレッドが業界最狭水準

LINE FXLINEグループであるLINE証券が運営しています。LINEグループだけでなくMUFGグループが提携してサービスを提供しているため、安心感のあるサービスです。

他のFX会社と比べてサービス開始したばかりのFXではありますが、わずか8ヶ月で口座開設数が10万口座※を超えるなど人気を集めています。

通貨ペア数やスプレッドも充実しており、初心者にもおすすめです。

最低取引単位 1,000 通貨ペア 23
スプレッド※

0.2銭

取引手数料 無料
最短即日取引 デモ取引 ×

4.外為どっとコム

外為どっとコム

外為どっとコムのココがおすすめ
  • 業界最狭水準※1のスプレッドの通貨ペアあり
  • スワップポイント振替機能あり!
  • 豊富な投資情報を配信!

外為どっとコムは、みんかぶ調べ2022年FX会社比較部門別ランキング「総合」部門で1位※2の人気FX会社です。取引デバイスはPC・スマートフォン・iPadから選択できるので、自分のスタイルでトレードできます。

さらに、FX初心者にも分かりやすい情報が満載で、少額投資(1,000通貨)も可能です。デモ取引もあり、未経験者でも始めやすいFX会社のひとつです。

最低取引単位 1,000 通貨ペア 30
スプレッド
(原則固定、例外あり)※1
0.2銭(米ドル/円) 取引手数料 無料
最短即日取引 デモ取引

外為どっとコム キャンペーン

口座開設&1万通貨の取引1回行うことで2,000円キャッシュバックされるキャンペーン開催中!

さらに取引量に応じて最大30万円キャッシュバックキャンペーンも同時開催!

※1 公式サイトの文言によります。
※2 『みんかぶFX』の同サイト運営者が定める指標に基づく各FX会社のサービス等の調査。調査期間:2021年1月1日〜2021年12月20日 調査機関:ミンカブ・ジ・インフォノイド

5.松井証券 MATSUI FX

松井証券 MATSUI FX

松井証券 MATSUI FXのココがおすすめ
  • 100円と少額からFX取引が始められる
  • スプレッドが0.2銭と狭水準
  • 各種手数料が無料でコストがかからない
  • レバレッジを選択できる
  • 高性能な取引ツールが用意されている

MATSUI FXでは、各種手数料が無料な上にスプレッドが0.2銭~と狭水準であるため、初心者でも始めやすいメリットがあります。

また、最低取引単位が1通貨単位であることも初心者に人気の要素です。少額投資を始めたい方は必見です!

さらに、高性能な取引ツールが用意されているので、PCでもアプリでも快適に取引を楽しむことができるでしょう。

最低取引単位 1 通貨ペア 20
スプレッド
(原則固定、例外あり)
0.2銭(米ドル/円) 取引手数料 無料
最短即日取引※2 デモ取引

松井証券MATSUI FXでは、新規で口座開設&対象の通貨ペアの取引で最大500,000円キャッシュバックするキャンペーンを開催中!

少額から始められるFX口座の選び方

FX口座の選び方

取引可能通貨数

FX会社によって取引できる通貨の数量が決まっています。先程の通り、1通貨から取引できる会社もあれば、1,000通貨や10,000通貨の場合もあります。

通貨の取引単位が大きいと、その分だけ必要になる資金が多くなるため注意が必要です。初心者で少額からスタートしたい人であれば、1通貨など取引単位が小さくても始められるFX口座がおすすめです。

取り扱い通貨ペア数

取り扱い通貨ペア数

取引単位だけでなく通貨ペアの種類もFX会社によって違いがあります。通貨ペア数が多いほど取引の選択肢は広がるため、できるだけ種類の多いFX会社がおすすめです。

初心者はメジャーな通貨から取引を始める方が良いのですが、少ない資金から取引を始めたい場合は相場が低い通貨ペアを選ぶのもひとつの選択肢です。

またスワップポイントを狙う場合は、金利が高い新興国の通貨を取り扱っているFX会社を選ぶ必要があります。

スプレッドや手数料

スプレッド・手数料

FX口座の利用や取引には、スプレッドや手数料などのコストがかかります。これらの費用もFX会社によって変わるため、口座を開設する前に確認しましょう。

買値と売値の差であるスプレッドは、取引の度に発生する実質的な手数料であり、スプレッドの幅が広いほど費用は大きくなります。

コストが大きければ、取引で得た利益分が少なくなってしまうため、注意が必要です。

FXの資金に関する注意点

FX 注意点

実力・知識に見合わない金額の取引は避ける

FXで利益を出し続けるためには、相場の変動を分析・予測する高い精度が求められます。

精度を高めるためには勉強によって知識を増やし、取引を繰り返して経験を積み、ニュースなどから情報を集める必要があります。

 初心者の場合は、知識や経験が足りていない傾向があるため、大きな金額の取引はリスクが高くなってしまいます。

まずは、自分の実力・知識に合う少額から取引を始めましょう。金額と同様に、高倍率のレバレッジをかけた取引も、大きな損失が生じる可能性があるためおすすめしません。

少な過ぎるとゲーム感覚になり向上しない

FX 資金

FX取引でリスクを抑えるためには少額から始めるのがおすすめですが、資金が少な過ぎるとゲーム感覚になり成長に繋がらないケースもあります。

 投資している資金が少ないと取引の際に緊張感が欠けてしまい、「負けてもいい」という感覚になりやすいからです。

このままでは取引を成功させるために勉強したり、熱心に分析したりすることも少なくなるでしょう。経験を積むためにも、慣れてきたら少しずつ取引の額を増やしてみましょう。

損失を取り返すための無理はしない

FX 損切り

FX取引は、冷静な判断ができないときに大きな損失が生じやすいです。特に損失を取り返すのために無理をすると、状況がさらに悪化するケースもあります。

例えば、予想が外れて損失が生じたとき取り返して勝ち越そうとすると、さらに大きな金額を入金したり、レバレッジを大きくしたりしてしまいます。

 他にも相場が下がったときに、さらにポジションを追加する「ナンピン」もリスクが高い方法であるため、慎重に行いましょう。

ナンピンによりポジションを追加すると、平均取得単価(平均コスト)が下がり相場が上がったときに利益が出やすい傾向にあります。

しかし、そのまま相場が下がり続けると一度に大きな損失が生じる可能性があるため、十分に注意しつつ取引をすることが重要です。

まとめ

この記事では、FXの元手はいくらから必要なのか、最低限の資金について解説しました。FXで必要な資金は、取引する通貨量や通貨ペア、レバレッジの倍率などによって変わります。

初心者の場合は、リスクを抑えるために少額からスタートしましょう。損失を回避するためにも、適切な知識と経験を得ることも大切です。

資金を抑えて取引をしたい場合は、開設するFX口座の影響も受けるため、取引通貨単位や取り扱い通貨ペア数を確認する必要もあります。

自分のスタイルに合ったFX口座を開設し、損失が大きくならないように取引をしてみてください。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事