【初心者向け】FXとは?基礎知識や利益を得る方法をわかりやすく解説!

【初心者向け】FXとは?基礎知識や利益を得る方法をわかりやすく解説!

監修者の紹介
増田さん

監修者増田 諒

2021年1月1日現在、全国に891世帯1,257名のクライアントを抱えるコンサルタントとして活動中。年間100件の個別相談のほか「マネー・ライフプランニング」「資産運用」「保険」「確定申告」「住宅ローン」「相続」等のテーマのセミナーで登壇。

MDRT入賞 7回 ・TLC(生命保険協会認定FP) ・CFP ・IFA(証券外務員1種)・ファイナンシャルプランニング技能士1級 ・宅地建物取引士 貸金業務取扱主任者

増田 諒Masuda Ryo

株式投資などと同様、FXは資産運用のひとつとして注目を浴びています。少額から始められる点やいつでも取引ができる点がメリットです。

とはいえ「FXで失敗したくない」「FXの利益を得る方法を知ってから挑戦してみたい」このように、初心者にとっては疑問や不安な点も多いでしょう。

失敗すれば損失も大きくなってしまうため、稼げるコツも気になるところですよね。そこで本記事ではFX取引の仕組みなど基礎知識について、初心者にもわかるよう簡単に解説します。

利益を得る方法やFX口座の選び方についても紹介するため、ぜひ参考にしてみてください。

FXとは?わかりやすく簡単に解説

FX取引

FXと「Foreign Exchange」の略であり、「外国為替取引」「外国為替証拠金取引」という意味です。

各国の通貨は、経済情勢などによって価値が変動しています。例えば、1ドルが100円のときもあれば、80円や120円になるときもあります。

 このように、そのときの為替レートに基づいて両替を行うことを「外国為替取引」と呼び、この為替レートの差額で利益を出す方法がFX取引です。

1ドル100円のときに円をドルに両替し、1ドルが120円のときに再びドルを円に両替し直せば、差額の20円が利益になります。

為替レートは変動するため、ドルの価値が上がることもあれば下がることもあります。1ドル100円のときに円をドルに両替し、1ドル80円のときに両替し直せば20円の損失が発生するのです。

また、FX取引を始めるためには外貨を扱っている証券会社で口座の開設が必要であり、証券会社によって扱っている通貨の種類(通貨ペア)が異なります。

この通貨(外貨)は国の経済情勢によって価値が大きく変動するため、FX取引を始める際は、関連している国のニュースや経済事情について情報を集める必要があるでしょう。

FXの特徴

FX 少額投資

少ない資金で取り組める

FX取引は、株式投資や不動産投資など、他の資産運用の方法と比較すると少ない資金で取り組める投資方法です。

 株式投資の場合は一般的に購入単位が100株からで、投資を始めるには大きな資金が必要です。1株5,000円の銘柄だと100株で50万円を用意しなければなりません。

その点、FX取引の場合だと、利用する証券会社によって1通貨から取引できるため少額投資が可能です。1通貨から選べれば、比較的少額で外貨を購入できます。

ただし、証券会社の中には最低取引単位が1万通貨などに設定されていることもあるため利用前に確認しておきましょう。

レバレッジで大きな取引も可能

FX レバレッジ取引

FX取引は投資金額が少なくても、それ以上の金額の大きな取引が可能です。これは、FX取引が「証拠金」を使った「レバレッジ」取引に対応しているからです。

現在のFX取引では、実際に現金を交換しているわけではなく、売買の損益のみを受け渡すことで成立しています。その際の担保となる証拠金を用意できれば取引が可能になるのです。

 100万円分のドルを取引する際は日本円で100万円を用意しますが、FXは証拠金の取引であるため、取引総額の内の数%を担保にできれば取引可能です。

取引で利益が出れば預けている証拠金に加算され、損失が出た場合は証拠金から差し引かれます。そのため、証拠金として10万円を預けていれば、その何倍もの金額の取引ができます。

レバレッジの倍率は金融庁により最大25倍までと定められているため、証拠金が10万円の場合は250万円までの取引が可能です。

24時間取引可能

FX 取引時間帯

24時間いつでも取引ができる点も、FXの大きな特徴です。株式投資で国内の株式の取引を行う場合、取引所が開いている時間帯でなければ注文・取引できません。

東京証券取引所の場合、平日の午前9時から11時30分までと12時30分から15時までが取引できる時間帯です。

 FX取引の場合、平日であれば24時間取引できます。

また、FX取引では取引所を介さない「相対取引」も可能です。この相対取引とは、電話・インターネットなどの通信網を利用し、外貨を買いたい人と売りたい人が個々で取引を成立できます。

この取引方法だと、時間帯の制限なく取引できます。

売りから取引ができる

FX 売り注文

FX取引では外貨の価格が上がるときだけでなく、下がるときにも利益を得られるチャンスがあります。

FXで稼ぐための基本的な考え方は、外貨が安いときに購入し、高くなったときに売却することで差額が利益になります。

 しかしFX取引では将来の値下がりを狙い、「売り」からでも取引を始めることができるのです。

例えば、1ドル120円のときに米ドルを売り、値下がりして1ドル100円になったときに買い戻すと、20円の値下がり分の利益を得られます。

つまり、10,000ドル分であれば20万円の為替差益を得られます。このように価格が上がるときだけでなく下がるときでも利益を得られて、稼げるチャンスが多い点もメリットです。

FXの仕組み|利益を得る方法

FX取引で利益を得る主な方法は「為替差益」と「スワップポイント」の2つです。この2つの方法では、得られる利益の性質が異なるため、それぞれの違いを押さえておきましょう。

FX取引で利益を得る主な方法
  • 為替差益
  • スワップポイント

為替差益

FXの仕組み

為替差益とは、為替レートの差額を利用して利益を得る方法です。FX取引では、外貨の価格の高騰・下落のいずれかを予想して注文します。

注文したときと決済したときの差額によって利益が発生しますが、同時に損失が発生する可能性もあるため注意が必要です。

具体例

購入する外貨の価格が「上がる」と予想するときは、買い注文をします。例えば、1ドル100円のときに10,000ドル購入した場合、購入する総額は100万円です。

 1ドルが120円に上昇すれば10,000ドルは120万円の価値になり、このタイミングでポジションを決済すると「120万円ー100万円=20万円」の利益が生まれます。

反対に、購入する外貨の価格が「下がる」と予想するときは、売り注文。1ドル100円のときに10,000ドル分を売り、1ドル80円になったときに買い戻すと、20万円の利益を得られます。

スワップポイント

FX スワップポイント

スワップポイントとは、取引する通貨ペアの2国間の金利差を利用して利益を得る方法であり、「金利差益」とも呼ばれます。

 外貨を売買するFX取引では、購入した外貨の利子を受け取り、売却した外貨の利子を支払う仕組みです。

そのため金利が低い外貨を売り、金利が高い外貨を購入すると、金利の差額分だけ利益を得られます。

反対に、金利が高い外貨を売り、金利が低い外貨を購入するときは、金利差分の金額を支払わなければなりません。

また、このスワップポイントはポジションを確定するまで基本的に毎日得られます。

日本は超低金利と呼ばれるほど金利は低く、トルコ・メキシコ・南アフリカなどの新興国は金利が高い水準にあります。

スワップポイントで利益を得るためには、日本のような低金利の国の通貨を売り、トルコなどの新興国の金利が高い国の外貨を購入する必要があります。

具体例

FX 新興国

スワップポイントはポジションを保有していれば、毎日一定の金額分だけ受け取れます。

 外為ドットコムの政策金利一覧によると、2022年6月時点でのメキシコの金利は7.75%であり、日本の金利は-0.10%です。

その差額は7.85%ですが、スワップポイントによって得られる金額や、対象になる保有通貨数は証券会社によって変わるため注意しましょう。

例えば、メキシコペソ/円の通貨ペアの場合、10万通貨で100円/日のスワップポイントを得られるとします。この場合、条件が変わらなければ年間で36,500円の利益が生まれます。

FXの注意点|リスクについて

相場変動によるリスク

FX 相場変動リスク

FX取引は、為替相場の変動によって損失が生まれるリスクがあります。

 為替レートは各国の政策や景気などと密接に関わっており、経済指標・金融政策・政治情勢・要人の発言によって大きく変動する可能性があります。

このような相場の変動によって大きな利益を得られる可能性がある一方で、大きな損失が出る可能性もあるのです。実際に相場が急変すると、証拠金を上回る損失が出るケースもあるでしょう。

金利変動によるリスク

FX 金利変動によるリスク

FX取引では、金利差によるスワップポイントの受取り・支払いが日々発生しています。

 スワップポイントを有効活用することで利益を得られますが、同時に金利が変動することで損失が生まれる可能性も。

実際に金利が変動することで、予定していた受け取り額よりも少なくなるケースがあるでしょう。また、場合によっては、スワップポイントの受取りから支払いに転じる可能性もあります。

流動性によるリスク

FX取引では、同じタイミングでも買うときは高く、売るときは低く設定されています。この差額はスプレッドと呼ばれ、取引で発生する手数料のようなものです。

スプレッドは取引の流動性が低下したときに広がる傾向があり、手数料が増加します。また、意図した取引ができなくなるケースや、決済自体が困難になることも考えられるでしょう。

実際に、通貨の流動性が低くなっていると、希望する金額での取引ができなくなる可能性が高くなるため注意が必要です。

その他のリスク

FXのリスク

FXでは、システム上のトラブルによって取引ができなくなるリスクがあります。

例えば、取引をするためにはFX業者を介する必要がありますが、業者の財務状況が悪化した場合、取引が全面的にストップする可能性があります。

 業者が運営している取引システムに障害が発生した際も、取引ができなくなってしまうでしょう。

また近年ではオンラインでの取引が一般的であり、信障害・ネットワーク障害による不具合にも注意が必要です。

FXの始め方

FX 口座開設

取引手順
  1. 口座を開設する
  2. 口座に入金する
  3. 通貨ペアを選択し、注文する
  4. ポジションを決済する

1.口座を開設する

FX口座 開設

まずは、FX会社を選び口座を開設します。口座は無料で開設できるケースが多いのですが、場合によっては手数料がかかることもあるため注意してください。

 FX会社のホームページから口座開設の申し込みフォームにアクセスし、メールアドレスや氏名などの必要事項を入力します。

必要事項の入力が完了したら、本人確認書類やマイナンバー確認書類を提出します。スマートフォンであれば、カメラを使ってアップロードできるため簡単です。

全ての手順が完了すると審査に移り、審査に通過すると口座が開設されて利用できるようになります。

2.口座に入金する

FXの取引をする際には、保証金(証拠金)を用意する必要があるため、口座に入金します。FX口座によって入金方法は異なりますが、銀行振込やネットバンキングによるものが一般的です。

すぐに取引を始めたい場合は、入金額が即日反映されるクイック入金がおすすめです。

3.通貨ペアを選択し、注文する

FX 通貨ペア

口座への入金が完了した後は、好きな通貨ペアを選択し注文しましょう。買い注文・売り注文のいずれかを選択し、通貨の数量を選択します。

また、注文の種類には「成行注文」「指値注文」「ストップ注文」があり、上手く使い分けることで取引の効率が良くなります。

成行注文 現在のレートで注文する方法。すぐに注文が成立する。
指値注文 有利な為替レートを指定して注文する方法。指定したレートになると自動的に注文を出す。
ストップ注文 今のレートよりも不利なレートで発注する方法。主に損切りのために使われる。

4.ポジションを決済する

新しく注文を発注した後は、その注文と反対の売買を行う「決済注文」を出す必要があります。つまり、買い注文のときは売り注文、売り注文のときは買い注文を出さなければなりません。

取引が成立するとポジションが決済され、利益・損失が確定します。

初心者にもおすすめのFX口座5選!

※情報は2022年4月時点のものです。最新の情報と異なる可能性があります。

※1 スプレッド表記は米ドル/円のものです。2022年4月現在のキャンペーンスプレッドを含みます。

※2 最短即日取引には各社が定める条件を満たす必要があります。また、申し込み時間によっては即日取引できない可能性もあります。詳細は各社公式サイトをご確認ください。

1.DMM FX

おすすめのFX口座ランキング1位DMM FX

DMM FXのココがおすすめ!
  • 口座数80万口座突破※1の人気!
  • 最短1時間で取引可能!
  • 新規取引で20万4千円のキャッシュバック
  • あらゆる手数料が無料!
  • 24時間安心のサポート体制!

DMM FXは、口座数80万口座を突破している人気のFX会社です※2。業界最狭水準※4のスプレッドを誇る通貨ペアを擁することに加えて、あらゆる手数料が無料※4のため、コストを抑えて取引できます。

新規取引毎にポイントが還元されるのも特徴です。貯めたポイントは「1ポイント=1円相当」として手軽に現金化できます。お試し用のFXデモ取引もあるので初心者でも気軽に一歩踏み出せます。

最低取引単位 10,000 通貨ペア 21
スプレッド
(原則固定・例外あり)※1
0.2銭 取引手数料 無料
最短即日取引※2 デモ取引

新規口座申し込み後、2ヶ月以内に1Lotの新規取引で4,000円キャッシュバック!

さらに新規口座開設後、3ヶ月以内の取引量に応じて最大200,000円キャッシュバック!

出典:公式サイト

※1 2020年8月31日DMM FX調べ・DMM FXと外為ジャパンFXを合算した数値になります。

※2 公式サイトの文言によります

2.GMOクリック証券

GMOクリック証券FXネオ

GMOクリック証券のココがおすすめ
  • FX取引高が世界第1位※1の人気!
  • 高機能な取引ツール
  • 口座開設費用・維持費用は全て無料!
  • デモ取引可能
  • 24時間無料でサポート!

GMOクリック証券は、FX取引高が世界第1位※1実績・人気を誇るFX会社です。特徴は、安心・安全の運営体制です。不明点や不安点があれば、電話またはメールから、24時間無料でサポートしてくれます。

GMOクリック証券では、預かっている証拠金を信託口座で分けて管理しています。そのため、万一GMOクリック証券が破綻しても大切な資産は守られるので安心です。

最低取引単位 10,000 通貨ペア 20
スプレッド
(原則固定、例外あり)※1
0.2銭 取引手数料 無料
最短即日取引※2 デモ取引

新規でFX口座開設+お取引で最大30万円キャッシュバック!取引金額に応じてお得にキャッシュバックできるキャンペーンを開催中です。

出典:公式サイト

※1 ファイナンス・マグネイト社調べ(2020年1月〜2021年12月)

3.LINE FX

LINE FX

LINE FXのココがおすすめ!
  • 公式LINEを通じて為替変動や経済指標の通知を受け取れる
  • 最低取引単位は1,000通貨から
  • 専用アプリ、取引ツールの機能が充実している
  • LINEの画面から専用アプリをすぐに開ける
  • スプレッドが業界最狭水準

LINE FXLINEグループであるLINE証券が運営しています。LINEグループだけでなくMUFGグループが提携してサービスを提供しているため、安心感のあるサービスです。

他のFX会社と比べてサービス開始したばかりのFXではありますが、わずか8ヶ月で口座開設数が10万口座※を超えるなど人気を集めています。

通貨ペア数やスプレッドも充実しており、初心者にもおすすめです。

最低取引単位 1,000 通貨ペア 23
スプレッド※

0.2銭

取引手数料 無料
最短即日取引 デモ取引 ×

4.外為どっとコム

外為どっとコム

外為どっとコムのココがおすすめ
  • 業界最狭水準※1のスプレッドの通貨ペアあり
  • スワップポイント振替機能あり!
  • 豊富な投資情報を配信!

外為どっとコムは、みんかぶ調べ2022年FX会社比較部門別ランキング「総合」部門で1位※2の人気FX会社です。取引デバイスはPC・スマートフォン・iPadから選択できるので、自分のスタイルでトレードできます。

さらに、FX初心者にも分かりやすい情報が満載で、少額投資(1,000通貨)も可能です。デモ取引もあり、未経験者でも始めやすいFX会社のひとつです。

最低取引単位 1,000 通貨ペア 30
スプレッド
(原則固定、例外あり)※1
0.2銭(米ドル/円) 取引手数料 無料
最短即日取引 デモ取引

外為どっとコム キャンペーン

口座開設&1万通貨の取引1回行うことで2,000円キャッシュバックされるキャンペーン開催中!

さらに取引量に応じて最大30万円キャッシュバックキャンペーンも同時開催!

※1 公式サイトの文言によります。
※2 『みんかぶFX』の同サイト運営者が定める指標に基づく各FX会社のサービス等の調査。調査期間:2021年1月1日〜2021年12月20日 調査機関:ミンカブ・ジ・インフォノイド

5.松井証券 MATSUI FX

松井証券 MATSUI FX

松井証券 MATSUI FXのココがおすすめ
  • 100円と少額からFX取引が始められる
  • スプレッドが0.2銭と狭水準
  • 各種手数料が無料でコストがかからない
  • レバレッジを選択できる
  • 高性能な取引ツールが用意されている

MATSUI FXでは、各種手数料が無料な上にスプレッドが0.2銭~と狭水準であるため、初心者でも始めやすいメリットがあります。

また、最低取引単位が1通貨単位であることも初心者に人気の要素です。少額投資を始めたい方は必見です!

さらに、高性能な取引ツールが用意されているので、PCでもアプリでも快適に取引を楽しむことができるでしょう。

最低取引単位 1 通貨ペア 20
スプレッド
(原則固定、例外あり)
0.2銭(米ドル/円) 取引手数料 無料
最短即日取引※2 デモ取引

松井証券MATSUI FXでは、新規で口座開設&対象の通貨ペアの取引で最大500,000円キャッシュバックするキャンペーンを開催中!

FX口座の選び方

FX口座の選び方

スプレッド・手数料を比較する

FX口座を選ぶときは、手数料などのコストが小さいものがおすすめです。取引手数料やスプレッドなどの負担が大きければ、取引で得られる利益が小さくなります。

FX取引の際に必要な手数料の種類には次のようなものがあります。

FX取引に関する手数料
  • 口座開設手数料・口座維持手数料
  • 入金手数料
  • 出金手数料
  • 取引手数料
  • ロスカット手数料

この中でも、口座開設手数料や口座維持手数料は無料のものが多いです。取引手数料は、取引する数量などによって金額が変わる場合があります。

手数料の中でも取引手数料や入出金手数料などは日々の取引で発生することが多いため、負担にならないFX業者を選ぶのがおすすめです。

 スプレッドは通貨ペアによってある程度決まっていますが、通貨の流動性の影響も受けるため、使っているFX業者によって異なります。

このスプレッドも取引ごとに発生するため、できるだけ幅が狭いものを選ぶとよいでしょう。

通過ペア数の多さ

FX 通過ペア数

通貨ペアの種類が多いと、その分だけ取引の選択肢が増えます。例えば、同じタイミングでも価格が下がっている通貨があれば、価格が上がっている通貨もあります。

 通貨ペアの数が少ないときは、投資できる通貨ペアの種類が限定されてしまい、稼げるチャンスも少なくなってしまうでしょう。

また、スワップポイントで利益を狙っている場合は、高金利の国の通貨と低金利の国の通貨を扱っているFX業者を選ばなければなりません。

これからFX取引を始める人であれば、初心者向けの通貨ペアを扱っているFX業者がおすすめです。

スワップポイントは高水準か

先程の通り、スワップポイントも利用するFX業者によって異なります。同じ通貨数を取引していても、スワップポイントの水準が低ければ利益も小さくなります。

また、スワップポイントを受け取れる通貨量にも違いがあるため注意が必要です。スワップポイントを狙える通貨ペアを扱っているだけでなく、受け取れる金額も確認しましょう。

取引ツールの機能性

取引ツールの機能性

現在では、各FX業者はそれぞれ取引ツールを扱っており、活用次第では快適に取引できます。

しかし、ツールの機能性が低ければ適切に分析できません。なかには機能が優れていても画面が見にくかったり、専門用語ばかりで分かりにくかったりするものもあります。

 初心者には、画面が見やすく操作性の優れたツールがおすすめです。FX業者によっては、初心者向け・上級者向けなど複数のツールを扱っています。

業者を選ぶ際は、自分のレベルに合ったツールを利用できるかどうかを確認しましょう。

まとめ

この記事では、FX取引の特徴や利益を得る方法について解説しました。FXでは為替レートの差額によって利益を得る為替差益と、金利の差によって利益を得る金利差益があります。

また、FX取引では相場が上がるときだけでなく、相場が下がるときにも利益を得られることも大きな特徴です。

開設するFX口座によって取引の選択肢が変わるため、自分に合ったものを選びFX取引で利益を得てみてください。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事