仮想通貨IOSTの今後の価格や将来性予想!購入できる国内取引所も紹介

仮想通貨IOSTの今後の価格や将来性予想!購入できる国内取引所も紹介

監修者の紹介
増田さん

監修者増田 諒

2021年1月1日現在、全国に891世帯1,257名のクライアントを抱えるコンサルタントとして活動中。年間100件の個別相談のほか「マネー・ライフプランニング」「資産運用」「保険」「確定申告」「住宅ローン」「相続」等のテーマのセミナーで登壇。

MDRT入賞 7回 ・TLC(生命保険協会認定FP) ・CFP ・IFA(証券外務員1種)・ファイナンシャルプランニング技能士1級 ・宅地建物取引士 貸金業務取扱主任者

増田 諒Masuda Ryo

最近仮想通貨に詳しい人の間で徐々に存在を知られるようになってきた、仮想通貨IOST(アイ・オー・エス・ティー)。

現在保有している人も、これから購入するかどうか迷っている人も「IOSTの価格は今後どうなるんだろう?将来性はあるのかな?」と気になっていることと思います。

本記事では、IOSTの将来性を考えた上で今後の価格について検討します。また、国内では有数のIOST取引可能な仮想通貨取引所も紹介します。

IOSTに興味がある場合、この記事の内容はきっと役に立つでしょう。ぜひ目を通してみてください。

\最短1日で取引開始!/

Coincheckがおすすめ

coincheck

金融庁の暗号資産交換業者に登録されているCoincheckは取扱銘柄数も国内最大級の17種類で、ビットコインはもちろんのことマイナーなアルトコインも取り扱っていいます
仮想通貨取引初心者の頃から、少し慣れてきた中級者・上級者の頃にも長く使い続けることができる取引所といえるでしょう。

IOSTの今後の将来性は?価格動向を徹底予想

IOSTの今後の将来性は?価格動向を徹底予想

IOSTの価格は2021年に9円程に達した後、2円程まで暴落しました。ビットコイン価格の暴落に引っ張られて、一緒に価格が下落してしまった様子です。

しかし、2021年7月ごろから再度価格上昇し、2021年9月現在7円程度にまで回復しています。

一旦は暴落したものの、やはりIOSTに注目している人も多い様子で、再度価格が上昇してきています。

現在上昇の勢いが強いので、今後も価格が上昇し続ける可能性が十分にあるでしょう。いったいどんな要因でIOSTは注目されているのでしょうか?IOSTの将来性が高いと思われる要素をいくつか紹介します。

IOSTに将来性があると言える理由4選

IOSTの今後の将来性は?価格動向を徹底予想

イーサリアムよりも処理速度が高速

ビットコインに次いで知名度のあるイーサリアムですが、スケーラビリティの問題で処理の遅延・手数料の高騰などの問題が起こっています。

しかし、IOSTはイーサリアムよりも後に作られたこともあり、機能面でイーサリアムを上回っています。

イーサリアムのPOWを1秒間に処理できるトランザクション数は15なのに対し、IOSTは2008なので処理速度が全く違うんですね。

今後IOSTがイーサリアムにとって代われば、トランザクションが追い付かないという問題が解消されるでしょう。そうなれば、より仮想通貨の利用環境が快適になると考えられます。

その際には、IOSTの価格が現在とは比較にならないほどに高騰しているはずです。

出典:参考サイト

DeFiの分野に積極的

IOSTの今後の将来性は?価格動向を徹底予想

現在DeFi(分散型)はイーサリアムを基盤に作られていますが、IOSTもDeFi構築には積極的です。

イーサリアムではスケーラビティの問題があり手数料が高騰していますが、IOSTでDeFiを開発するとこういった問題を解決することが出来ます。

イーサリアムの弱点を補えるのがIOSTなんですね。

IOSTは処理速度が速く、スケーラビリティ問題が起こりにくく、イーサリアムよりも利用しやすいDeFiがIOSTにより開発されるかもしれません。

そうなれば、IOSTに資金が集まり価格が高騰する可能性もあるでしょう。

国内取引所の新規上場

IOSTの今後の将来性は?価格動向を徹底予想

国内の取引所に仮想通貨が新規上場すると、その通貨を購入する人が増えるため、価格が上昇する傾向があります。

2021年9月現在、IOSTはコインチェックでのみ取扱いされていますが、次の取引所に上場すると一気に価格が上がるかもしれません。

実はIOSTは2021/9/15に、「OKコインジャパン」で取扱いスタートすることが決まっています。
今後次々に新しい取引所で取引できるようになれば、さらに価格が上がっていくかもしれません。

出典:「 OKCoinjapanの「IOST」の取扱いに関するお知らせ」

NFTマーケットプレイスの登場

IOSTの今後の将来性は?価格動向を徹底予想

2021年1月にIOSTで作成された、NFTのオンラインマーケットプレイスの「TOKEN LINK」が作られました。TOKEN LINKでは、様々なデジタルデータが販売されIOSTがメインの通貨として取引がされています。

現在はオンラインゲーム「Cross Link」のアイテムばかりが取引されていますが、CrossLink以外の商品の売買が行われれば、IOSTの需要はより大きくなることでしょう。

 ほかのオンラインゲームなどのアイテムの取扱いがされれば、TOKEN LINKはより盛り上がりを見せそうですね。

出典:参考サイト

エアドロップの効果

エアドロップとは、定期的にユーザに対して行っている無料トークン配布のことです。保有している通貨が同じ量配られることが多く仮想通貨界隈では大きなイベントと言えるでしょう。

IOSTもたまにエアドロップが開催されることがありましたが、その際は価格上昇の傾向が見られていました。エアドロップによってIOSTが広く知れ渡れば価格にも期待できるかもしれません。

無料トークンをもらうには、開催時に通貨を保有している必要があります。

IOSTが2022年中に100円に達するのは難しい?

IOSTが2021年中に100円に達するのは難しい?

IOSTは2022年にどこまで上昇するのでしょうか?もちろん未来のことは正確には誰にも分かりませんが、2022年中に100円まで価格が上昇するのはさすがに厳しいと思われます。

現在IOSTの価格は「1IOST=6.75円程度」です。「1IOST=100円」まで上がるには価格が15倍程度にならなければいけません。

もちろん、将来的に「1IOST=100円」に達する可能性はありますよ!

IOSTはイーサリアムを超える機能を持っており仮想通貨として価値がありますので、今後おそらく価格上昇するのではないかと予測・期待ができます。

※2021年9月13日現在

仮想通貨のIOSTとは?

IOSTとは?

仮想通貨名 IOST(Internet of service token)
開発者 IOST財団

発行上限数

210億IOST
時価総額 111,811,037,199円(2021年9月6日現在)

※出典:参考サイト

そもそもIOSTはどんな仮想通貨なのか?についても解説していきます。IOSTは「特定の条件下で決められた処理が自動的に実行される」スマートコントラクトを実装した、分散型アプリケーション構築するためのプラットフォームです。

Internet of service token(インターネット・オブ・サービス・トークン)の略で、2018年1月にシンガポールの非営利団体「IOST財団」によって開発されました。

 仮想通貨の名前も同じ「IOST」です

IOSTが開発されてからまだ3年程度しか経過しておらず、日本国内での知名度もまだまだ高いとは言えません。2021年9月7日現在、IOSTを国内で取り扱っているのは、コインチェックだけです。

日本国内で初めてIOSTを取り扱ったのはコインチェックで、2020年9月に上場しています

IOSTは、格闘家の朝倉未来さんが購入し、資産を増やしたことでも知られています。彼はIOSTを「1IOST=0.6円」の時に購入し、元本を1億円以上に増やすことに成功しました。
※出典:参考サイト

このように有名人が購入していることで、徐々に知名度が上がってきてはいます。とはいえまだまだ、存在を知らない人も多いのが現実でしょう。

国内での取り扱い取引所も少なく、これからの仮想通貨と言えるでしょう。

IOSTの特徴

IOSTの特徴

IOSTの特徴
  • PoBを採用している
  • シャーディング記述
  • JavaScriptでスマートコントラクトを開発できる
  • EDSを採用している
  • ノードの負担が軽い

PoBを採用している

IOSTはPOBという独自のコンセンサスアルゴリズムを採用しています。ビットコインやアルトコインは、POWもしくはPOSというコンセンサスアルゴリズムを利用しています。

POWやPOSでは保有量や資金量が優れていることが、マイニング上有利になる条件でしたが、PoBではノードとしての評判などの印象も重視されています。

POBの採用により、IOSTでは高速取引が可能になっています。

シャーディング技術

IOSTの特徴

より早い送金を目指して使われている「シャーディング技術」も特徴的です。

仮想通貨にはブロック内のデータ容量が大きすぎることにより、送金スピードが遅くなるという問題がありました。こうした問題を解決するために作られたのがシャーディングなのです。

 シャーディングによりデータ処理が迅速になり、送金スピードが向上しています。
シャーディング技術には、処理に手間がかからないというメリットもあり、送金の際の手数料も節約することが出来ます。送金スピード、処理コストの両方の面でメリットのある技術ということです。

JavaScriptでスマートコントラクトを開発できる

IOSTの特徴

IOSTはJavaScriptというポピュラーなプログラミング言語で開発可能です。そのため、ほかの言語に比べ、多くの人が容易に開発可能です。

JavaScriptはエンジニアのほとんどが扱える言語なので、比較的容易にスマートコントラクトを書くことが出来ます。

IOSTであれば、JavaScriptが分かれば、dApps開発にも参入可能です。これまでハードルが高かったdApps開発に気軽に参入できるようになったことで、ブロックチェーン技術の発展に貢献する可能性があります。

 イーサリアムは「Solidity」という独自言語が使われているため、扱える人が限られてきます。一方、Javascriptで開発可能なIOSTは、参入しやすくスマートコントラクト活用の普及に貢献する要因になります。

EDSを採用している

IOSTの特徴

EDS(Efficient Distributed Sharding)が用いられていることも、IOSTの特徴です。EDSはトランザクションの処理速度を高める技術で、ブロックチェーンネットワークを複数同時に処理することが出来ます。

ブロックチェーンの情報処理は、ブロックチェーンを構成するノード(パソコンやスマホ)で行われます。これまでの仮想通貨では、情報処理が1つのノードに集中し、負担が重くなり処理が遅くなるという問題点がありました。

一方で、EDSでは情報処理を分割し、各ノードの負担を減らすことで情報処理速度を迅速にすることが可能です。
イーサリアムを利用すると、スケーラビリティの影響で送金速度が遅くなる問題が発生しがちですが、IOSTの登場により解決に向かうことが期待できます。

ノードの負担が軽い

IOSTの特徴

IOSTでは、最新のブロックさえあればノードになることが出来る仕組みを取り入れました。このことにより、ノードの負担を大幅に減らすことが出来るようになりました。

 IOST登場前は、全てのブロックを保存しなければノードになれず、負担が大きかったのです。

このことによりノードに参加しやすくなったため、IOSTの価値が高まるほどにノード数が増えることが予想されます。こうなれば、より高速に送金などの処理を行うことが可能になるでしょう。

IOSTに投資する際の注意点

IOSTに投資する際の注意点

IOSTに投資する際には注意するべき点もあるので、見ていきましょう。

IOSTに投資する際に注意すべきこと
  • 時価総額が低めなので、相場変動が激しい
  • 情報が多いとは言えない

時価総額が低めなので、相場変動が激しい

IOSTは現在仮想通貨の時価総額ランキングが98位と、まだまだ時価総額が低いです。そのため、資金の出入りが多少あっただけでも容易に値動きするので、今後、急騰・暴落を繰り返す可能性が高いと言えます。※参照コインマーケットキャップ参照

実際、2021年に入ってから価格は1円未満~9円近くまで非常に激しく変動しており、値動きは非常に激しいです。そのため、資金を大きく増やせる可能性がある一方で、大きな損失を出してしまう恐れもあります。

 購入のタイミングによっては、資金を大きく減らすリスクもありえます

そのため、生活費などの失ってはいけない資金を使ってIOSTを購入するのはやめるべきでしょう。

情報が多いとは言えない

IOSTに投資する際の注意点

IOSTはビットコインやイーサリアムに比べると歴史が浅く、情報も少なめです。そのため、仮想通貨系のニュースサイトなどで情報が出てくることは非常に少ないです。

日本語での情報を取るには、公式ツイッターや公式テレグラムを見る必要があります。意識的に情報を取りにいかないと、最新のニュースを知ることはできません。

仮想通貨に限らず、投資を行う際には情報が命です。ツイッターやテレグラムを定期的にチェックすることをオススメします。

IOSTが購入できる唯一のおすすめ取引所を紹介!

コインチェック

Coincheck(コインチェック)

Coincheckのおすすめポイント
  • IOSTを取り扱っている仮想通貨取引所
  • アプリでもIOSTを購入できる
  • 売買手数料無料※スプレッドは発生します。

2021年9月14日現在、IOSTを購入可能な取引所はコインチェックのみです。

コインチェックはマネックスグループの取引所です。2018年にハッキング被害があり仮想通貨の盗難に遭いましたが、現在はセキュリティが強固な体制に生まれ変わりました。

 コインチェックはIOSTの取引を2020年9月8日からスタートしています。※1

国内で初めてIOSTの取扱いをスタートした取引所で、将来性が高い通貨を積極的に取り扱う姿勢も好感が持てます。最低500円から仮想通貨を購入可能なため、少額資金でもIOSTを所有することが出来ます。

アプリも使いやすく、直感的な操作で手いIOSTを購入可能です。

取扱い通貨数 17種類
レバレッジ

無し

販売所手数料 無料
取引所手数料 無し
主な通貨の送金手数料
  • BTC : 0.0005BTC
  • ETH : 0.005ETH
  • XRP : 0.15XRP
    ※一部変動性あり
    ※コインチェックユーザー間無料
取引手数料
  • コンビニ入金
    3万円未満:770円
    3万円以上30万円以下:1018円
  • クイック入金
    3万円未満:770円
    3万円以上50万円以下:1018円
    50万円以上:入金金額×0.11% + 495 円

※全て税込です。

出金手数料
407円(税込)
社名
コインチェック株式会社

※公式サイト参照

IOSTに関するよくある質問

IOSTの購入におすすめの取引所は?
2021年9月7日現在、国内取引所でIOSTを売買できるのはコインチェックのみです。最短5分でコインチェックの口座を開設するにはこちらから!
IOSTの今後の価格はどうなりますか?
正確なところは誰にも分かりませんが、今後も価格が上がっていく可能性はあるでしょう。IOSTは高機能で将来性が高いと考えられるため、今後に注目したいところです。
IOSTはどんな仮想通貨ですか?
2018年にIOST財団で開発された仮想通貨です。日本では2020年にコインチェックで初めて取り扱いが始まり、朝倉未来さんがIOSTの購入で大きな利益を出したことで注目されました。
IOSTにはどんな特徴がありますか?
独自コンセンサスアルゴリズム「PoB」の採用、シャーディング技術、Javascriptで開発できる、EDSを採用しているなど、様々な特徴があります。ひと言で表現するならイーサリアムの上位互換と言ってもいいかもしれません。
IOSTを購入する際の注意点は?
まだ時価総額が低く価格が乱高下しやすいのが注意点です。購入タイミングによっては大きな損失が出る可能性もあるでしょう。売買の根拠になる情報に乏しく、自分から情報を取りに行く必要があるのも注意点と言えます。
IOSTは2021年中に100円になる可能性はありますか?
2021年現在のIOSTの価格は「1IOST=6.75円程度」です。現在は2021年9月のため、残り3か月程度では100円に達するのは困難と考えられます。もっと長期的に価格推移を見守りたいところです。
※出典:参考サイト
IOSTは今後国内取引所に上場の予定はありますか?
OKCOIN JAPANにて9月15日から取り扱い開始することが決まっています。国内仮想通貨での取り扱いが増えていけば、IOSTの取引量が増え、価格が上昇することが期待できるかもしれません。
出典:OKコイン公式サイト「IOST取扱いに関するお知らせ」

まとめ

今回は仮想通貨のIOSTについて、その特徴や将来性について紹介しました。IOSTはまだ国内で取引できる仮想通貨取引所も少なく、ビットコインやイーサリアムに比べ知名度も低いです。

しかし、NFTの発展や送金の需要が高まることでIOSTの実用性も期待されています。シャーディング技術やEDSなどの最新技術も特徴的です。

その機能性から将来性が期待できるので今後が楽しみといえるでしょう。

コインチェックでは500円から購入できますので、この機会にIOSTを購入してみるのもいいでしょう。

仮想通貨に関する関連記事

 

 

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事