JALカードのおすすめ7選を徹底比較!選び方やマイルの貯め方を解説

JALカードおすすめ7選を徹底比較!選び方やマイルの貯め方を解説

監修者の紹介
増田さん

監修者増田 諒

2021年1月1日現在、全国に891世帯1,257名のクライアントを抱えるコンサルタントとして活動中。年間100件の個別相談のほか「マネー・ライフプランニング」「資産運用」「保険」「確定申告」「住宅ローン」「相続」等のテーマのセミナーで登壇。

MDRT入賞 7回 ・TLC(生命保険協会認定FP) ・CFP ・IFA(証券外務員1種)・ファイナンシャルプランニング技能士1級 ・宅地建物取引士 貸金業務取扱主任者

増田 諒Masuda Ryo

JALのマイルを貯めようと考えている方で、JALカードを発行しようと検討している人も多いでしょう。JALカードを利用すれば、飛行機に乗った際だけでなく普段のお買い物でもマイルを効率よく貯めることができます

しかし、どのカードがおすすめなのかや効率的なマイルの貯め方について分からないという人も多いでしょう。

今回は、JALカードのおすすめ7選おすすめの選び方マイルの貯め方を紹介していきます。

おすすめのJALカード7選を徹底比較!

JALカードでマイルを貯めたいと考えている人の中にもどのカードを選べばいいか分からないという人も多いのではないでしょうか。

まずは、JALカードの中でも特におすすめのカードを7枚、徹底比較&紹介していきます。

JALカードSuica
JALカード
JAL CLUB-A
カード
JAL CLUB-A
ゴールドカード
JALカード Suica
JALカード
CLUB-Aカード
CLUB-Aゴールドカード
年会費
初年度無料
2年目以降2,200円税込
初年度無料
2年目以降2,200円税込
※JALアメックスカードのみ本会員6,600円税込
11,000円税込
17,600円税込
還元率
0.5%~
0.5%
0.5%
1.0%
発行
最短2週間
-
-
-
国際ブランド
JCB
VISA
Mastercard
JCB
AMEX
VISA
Mastercard
JCB
VISA
Mastercard
JCB
AMEX
Diners Club
特典
キャンペーン
随時開催
最大13,500マイル プレゼント
最大18,500マイル プレゼント
最大19,000マイル プレゼント
申込対象
18歳以上
高校生を除く
18歳以上
高校生を除く
18歳以上
20歳以上
安定した継続収入のある方
学生を除く

JALカードSuica

JALカードSuica

JALカードSuicaの特徴
  • マイルとJREポイントが効率よく貯められる
  • JREポイントをマイルやSuicaチャージに利用可能
  • JRE MALLのネットショッピングでのJREポイント還元率は3%!

JALカードSuicaは、通常のJALカードの機能に加えて、Suicaが利用できるクレジットカードです。

フライトやショッピングでマイルが貯まるだけでなく、JRE POINT加盟店でのショッピングの際にカードを提示すると、JREポイントという独自のポイントも貯まります。

貯まったJRE POINTポイントは、マイルへの交換やSuicaへのチャージに利用できるため、使い道にも困りません

また、Suicaのオートチャージ機能が利用できることやJALのタッチ&ゴーで空港のチェックインが不要で保安検査場に入れる機能など非常に便利なため、鉄道や空港の利用が多いビジネスマンにおすすめです。

カード名

JALカードSuica

申込条件

18歳以上(高校生を除く)の日本に生活基盤のある方で、日本国内でのお支払いが可能な方

年会費

本会員:2,200円/家族会員:1,100円

入会後1年間の年会費が無料

国際ブランド

JCB

マイル還元率 0.5%
ショッピングマイル・プレミアム入会で1.0%に
旅行傷害保険

海外:最高1,000万円

国内:最高1,000万円

電子マネー

Suica、QUICPay、WAON(別途カード発行)

JALカード

JALカード

JALカードの特徴
  • 入会金が1年間無料!
  • ショッピングマイル・プレミアム入会でマイル還元率が1.0%
  • JALの機内販売、免税店の割引やフライトにボーナスマイルが貯まる

JALカードは、JALが提供するクレジットカードの中でも最も一般的なカードで、まずはJALカードを試してみたいという方におすすめです。

年会費が2,200円(税込)と比較的安価で保有でき、ショッピングの利用200円ごとに1マイルが貯まります。

また、年会費3,300円のショッピングマイル・プレミアムに入会することでマイル還元率が2倍になり、200円ごとに2マイル貯めることが可能です。

そのほかにも、入会で1,000マイル、毎年初回のフライト搭乗で1,000マイル、航空券の購入で得られるフライトマイル10%ボーナスとなるなど飛行機をよく乗るという方にも使いやすくなっています。

カード名

JALカード

申込条件

18歳以上(高校生を除く)の日本に生活基盤のある方で、日本国内でのお支払いが可能な方

年会費

本会員:2,200円/家族会員:1,100円

入会後1年間の年会費が無料

国際ブランド

JCB、Visa、Mastercard、American Express

マイル還元率 0.5%
ショッピングマイル・プレミアム入会で1.0%に
旅行傷害保険

海外:最高1,000万円

国内:最高1,000万円

電子マネー

QUICPay(JCBのみ)、WAON(別途カード発行)

JAL CLUB-Aカード

JAL CLUB-Aカード

JAL CLUB-Aカードの特徴
  • 普通カードに比べてボーナスマイルがアップ!
  • 海外・国内の旅行傷害保険が最高5,000万円

JAL CLUB-AカードはJALカードよりもワンランク上のサービスが充実しているクレジットカードで、旅行によく行く方や出張の多いビジネスマンにおすすめです。

一般のJALカードと比べて年会費は上がりますが、フライト時にもらえるボーナスが非常に高いため、毎年航空券に乗る際にはお得になります。

JAL CLUB-Aカードのフライトボーナス
  • 入会搭乗ボーナス:5,000マイル
  • 毎年初回搭乗ボーナス:2,000マイル
  • 搭乗ボーナス:フライトマイルから25%プラス

特に、毎年初回搭乗ボーナスは1,000マイルから2,000マイルへ増えるため、年1回以上航空券を利用する際にはおすすめです。

また、旅行傷害保険が充実しており、海外・国内の旅行傷害保険が最高5,000万円まで補償されるため、旅行の際にも安心です。

カード名

JAL CLUB-Aカード

申込条件

18歳以上(高校生を除く)の日本に生活基盤のある方で、日本国内でのお支払いが可能な方

年会費

本会員:11,000円/家族会員:3,850円

国際ブランド

JCB、Visa、Mastercard

マイル還元率 0.5%
ショッピングマイル・プレミアム入会で1.0%に
旅行傷害保険

海外:最高5,000万円

国内:最高5,000万円

電子マネー

QUICPay(JCBのみ)、WAON(別途カード発行)

JAL CLUB-Aゴールドカード

JAL CLUB-Aゴールドカード

JAL CLUB-Aゴールドカードの特徴
  • JAL CLUB-Aカードの機能に加えて発行するカード会社のゴールドカードの機能が利用できる
  • ショッピングマイル・プレミアムに自動入会するためマイル還元率が1%に!
  • 旅行傷害保険は国内・海外共に最高5,000万円〜1億円と充実の補償内容

JAL CLUB-AゴールドカードはJAL CLUB-Aカードよりもワンランク上のクレジットカードで、各カード会社のゴールドカードのサービスが利用できます。

JAL・アメリカン・エキスプレスカード 空港ラウンジ無料
・世界8,000以上のホテル・レストランで10〜70%OFF
JAL・Suicaカード

・入会、利用特典としてJRE POINT 5,000ポイント
・国内主要空港ラウンジが無料
・東京駅構内にある「ビューゴールドラウンジ」を利用可能

JAL・JCBカード ・世界1,100ヵ所以上のラウンジが利用可能
・全国7万ヶ所以上の施設での優待サービス

また、ショッピングマイル・プレミアムに自動入会してくれるため、通常のお買い物で貯まるマイルが2倍になり、陸マイラーにもおすすめです。

 国内・海外共に最高5,000万円〜1億円の旅行傷害保険もあるため、安心して旅行に行くことができます。

カード名

JAL CLUB-Aゴールドカード

申込条件

20歳以上で、一定以上の勤続年数・営業歴と安定収入のある方(学生を除く)

年会費

本会員:17,600円/家族会員:8,800円

国際ブランド

JCB、Visa、Mastercard、American Express、Diners Club

マイル還元率 1.0%
旅行傷害保険

海外:最高5,000万円〜1億円

国内:最高5,000万円〜1億円

電子マネー

QUICPay(JCBのみ)、WAON(別途カード発行)

JALカード navi(学生専用)

JALカード navi(学生専用)

JALカード navi(学生専用)の特徴
  • 年会費無料でコストを抑えて保有できる
  • 在学期間中のマイル有効期限が無期限に!
  • 一般カードの2倍のマイル還元率でショッピングの際にもお得

JALカード navi(学生専用)は学生限定で発行できるカードで、限度額は10万円〜30万円に限定されていますが、年会費無料で保有できるためお得です。

 JALカード navi(学生専用)は在学期間中までしか持つことができませんが、在学期間中のマイル有効期限が無期限であり、気にせず貯めることができます。

また、通常のJALカードでは、マイル還元率が200円ごとに1マイルですが、JALカード navi(学生専用)では200円ごとに2マイルが貯まり、一般カードの2倍の還元率でマイルがお得にたまります。

他にも、卒業後JALカードに切り替えると2,000マイルがもらえることや語学検定に合格すると500マイルがもらえるなど、学生ならではのサービスが豊富です。
カード名

JALカード navi(学生専用)

申込条件

高校生を除く18歳以上30歳未満の学生の方で、日本に生活基盤があり、日本国内でのお支払いが可能な方。

※未成年者の場合には親権者の同意が必要
※一部、対象外となる学校あり

年会費

在学期間中の年会費無料

国際ブランド

JCB、Visa、Mastercard

マイル還元率 1.0%
旅行傷害保険

海外:最高1,000万円

国内:最高1,000万円

電子マネー

QUICPay(JCBのみ)、WAON(別途カード発行)

JAL CLUB EST(20代限定)

JAL CLUB EST(20代限定)

JAL CLUB EST(20代限定)の特徴
  • 毎年2,500マイルが自動的にもらえる!
  • フライト時のボーナスマイルに追加でボーナスが受け取れる
  • ショッピングマイルが2倍貯まるショッピングマイル・プレミアムに自動入会し還元率は1.0%に!

JAL CLUB EST(20代限定)は、20代の方限定で保有でき、普通カード、CLUB-Aカード、CLUB-Aゴールドカード、プラチナの4種類のカードに20代向けに嬉しいサービスを追加したクレジットカードです。

 通常のクレジットカードの年会費に追加でCLUB EST年会費を支払う必要がありますが、会費以上の充実したサービスが期待できます。

特に、マイルの還元性が非常に上がるため、従来のJALカード以上に効率よくマイルを貯めることが可能です。

ショッピングマイルが2倍貯まるショッピングマイル・プレミアムに自動入会してくれるため、マイルの還元率は1.0%となり、通常のショッピングでも効率よくマイルを貯めることができます。

カード名

JAL CLUB EST(20代限定)

申込条件

原則として20歳以上30歳未満で、日本に生活基盤があり日本国内でのお支払いが可能な方

年会費

通常のカード年会費に加えて、 CLUB EST会費として以下の金額が発生

普通カード/CLUB-Aカード:5,500円

CLUB-Aゴールドカード/プラチナ:2,200円

国際ブランド

JCB、Visa、Mastercard、American Express

マイル還元率 1.0%
旅行傷害保険

発行するカードの付帯保険金額となる

電子マネー

QUICPay(JCBのみ)、WAON(別途カード発行)

JALアメックスプラチナカード

JALアメックスプラチナカード

JALアメックスプラチナカードの特徴
  • JALカードの中でも最高位のステータスカード
  • 140以上の国や地域で空港ラウンジが無料になるプライオリティ・パスが利用できる
  • プラチナ・コンシェルジュサービスで高級レストラン・ホテルなどの手配をしてくれる

JALアメックスプラチナカードはJALカードの中でも最もランクの高いカードに分類されており、高いステータス性が魅力です。

JAL CLUB-Aゴールドカードで利用できるサービスに加えて、新たにプライオリティ・パスプラチナ・コンシェルジュサービスが利用できます。

プライオリティ・パスでは、全世界140の国や地域で空港ラウンジを無料で利用でき、飛行機の待ち時間を快適に過ごすことが可能です。

 また、プラチナ・コンシェルジュサービスでは、レストラン・ホテル・ミュージカルなどの手配を行なってくれるため、忙しい方にもおすすめです。
カード名

JALアメックスプラチナカード

申込条件

・20歳以上で、本人に安定した継続収入のある方(学生を除く)
・日本に生活基盤のある方で日本国内での支払いが可能なことが条件

年会費

本会員:34,100円/家族会員:17,050円

国際ブランド

JCB、American Express

マイル還元率 1.0%
旅行傷害保険

海外:最高1億円

国内:最高1億円

電子マネー

QUICPay(JCBのみ)、WAON(別途カード発行)

JALカードの口コミ・評判からわかるメリット・デメリット

JALカードの口コミ・評判からわかるメリット・デメリット

JALカードの口コミ・評判の中で、メリットを感じていたものは次のものがありました。

普段のお買い物にもマイルが貯まりお得

フライトだけでなく、普段の買い物の際にもJALカードを使うことでたくさんマイルを貯めることができるため、毎年マイルで旅行ができます。
毎年1回飛行機に乗るとマイルがもらえてお得

JAL提携の飛行機に乗ることで初回は1,000マイルがもらえます。また、フライトで貯まるマイルにもボーナスが加算されビジネスでの出張の際に役に立っています。
マイルの還元性の高さやフライトボーナスなどが魅力と回答している人が多く、飛行機に良く乗る人だけでなく、陸マイラーにもおすすめなことがわかります。
一方で、デメリットとしては次のような口コミ・評判が挙げられました。
一般カードでも年会費がかかる

クレジットカードの一般カードでは無料のものが多い中、JALカードは2,200円もかかるためコストは高い
マイルの有効期限が切れた

毎年コツコツとマイルを貯めていたのに使い切れずに有効期限が切れてしまった。
JALカードは学生カード以外は全て年会費がかかるため、保有コストが重たくなってしまいます。

また、マイルの有効期限は3年となっており、普段クレジットカードをあまり使わない方や飛行機に全く乗らないという方は有効期限が切れるリスクがあるでしょう。

JALカードのおすすめの選び方!種類や国際ブランド別に解説

JALカードのおすすめの選び方!種類や国際ブランド別に解説

JALカードは豊富な種類のカードが提供されており、様々な人のニーズに応えられる反面、自分に合っているカードを選ぶ基準が分からないという人も多いでしょう。

ここからは、JALカードを選ぶ際のポイントについて、詳しく解説していきます。

JALカードの種類とおすすめの選び方

JALカードの種類を大きく分けると、次の4つに分けられます。

JALカードの種類
  • 一般カード
  • Club-Aカード
  • Club-Aゴールドカード
  • プラチナカード

一般カードが最もランクが低く、年会費も安くなっています。また、プラチナカードは最高級のカードでステータス性が高くサービスが充実していますが、年会費が高額になります。

種類別の選び方としておすすめなのが、年会費を重視するかサービス性・ステータスを重視する方法です。

年会費を重視する方であれば、一般のJALカードが2,200円と安く、使いやすいでしょう。一般カードで物足りないと感じる場合には、ランクを1つずつあげることがおすすめです。

 一方で、ステータス性やサービス内容を重視する場合には、年会費とのバランスを考えながら、最適なカードを選びましょう。

また、上記とは別に学生限定カードや20代限定のカードも提供されているため、対象者は検討することが望ましいです。

国際ブランドのおすすめの選び方

国際ブランドのおすすめの選び方

JALカードで発行できる国際ブランドは、以下の5種類です。

JALカードで発行できる国際ブランド

国際ブランドによって使えるお店や地域にばらつきがあるため、自分のお買い物の傾向を考えて選ぶようにしましょう。

幅広い店舗や地域で使いやすい国際ブランドは、JCB、Visa、Mastercardで、自分が持っていない国際ブランドにすると使いやすいです。

弊サイトが独自で開催したアンケート調査結果によると、クレジットカード利用者がメイン利用しているクレジットカードの国際ブランドは1位がVisa、2位がJCB、3位がMastercardと続いています。

メインクレカの国際ブランド

American ExpressやDiners Clubでは、他の国際ブランドよりもステータス性が高く、サービスが充実している国際ブランドになるため、年会費よりも高いステータス性を重視する方に適しています

各国際ブランドによっておすすめのクレジットカードもありますので、気になる方はそちらもチェックしてみてください。

マイル別の選び方

マイル還元率別の選び方

JALカードの種類ごとにマイルの還元率やフライトボーナスが異なるため、飛行機に乗る頻度などやショッピングの傾向に合わせてカードを選びましょう。

フライトボーナスについてはJALカードのランクをあげるほど、たくさんマイルが貯まるようになっています。

したがって、飛行機に乗る機会が多い方であれば、よりランクの高いカードがおすすめです。

また、JALカードのマイル還元率は0.5%ですが、ショッピングマイル・プレミアムに入会することで、2倍の1.0%になります

 ショッピングマイル・プレミアムに自動入会のカードもあるため、お買い物による還元率を高くしたい場合には、自動入会のカードを選ぶか個別にショッピングマイルに入会しておきましょう。

陸マイラーにおすすめのJALカードの使い方・マイルの貯め方

陸マイラーにおすすめのJALカードの使い方

クレジットカードでマイルを貯める場合には、飛行機に乗らなくてもマイルを貯めることができる陸マイラーの方も多く、JALカードを利用してたくさんマイルを貯めることができます。

陸マイラーにおすすめのJALカードの使い方は、次の通りです。

陸マイラーにおすすめのJALカードの使い方
  • ショッピングの際にJALカードを利用する
  • ネットショッピングでJALマイレージパークを利用する
  • JAL特約店でカード払いを行う
  • ショッピングマイル・プレミアムに入会する

それぞれの利用方法について、詳しく確認していきましょう。

ショッピングの際にJALカードを利用する

陸マイラーの方がたくさんマイルを貯めるためには、お買い物の際にJALカードで支払いを行うことが重要です。

通常のJALカードであれば、200円のお支払いごとに1マイルが貯まる仕組みであるためたくさんお買い物をすることが重要です。

例えば、毎月JALカードで80,000円のお買い物の支払いを行えば、月に400マイル、年間で4,800マイルが貯まります。

毎月コツコツとお支払いを続けていけば、年間でもたくさんのマイルが貯まるため、JALカードを積極的に利用しましょう。

ネットショッピングの際にJALマイレージパークを利用する

ネットショッピングの際にJALマイレージパークを利用する

JALマイレージパーク内にあるJALマイレージモールを経由してネットショッピングを行うことで、マイルを効率よく貯めることができます。

 JALマイレージモールでは、JALカードを使ったお支払いを行うと通常貯まるマイルの2倍〜7倍のマイルを受け取ることができて非常にお得です。

Amazonや楽天市場などのECサイトも利用できるため、ネットショッピングの頻度が多い方はJALマイレージモールを活用しましょう。

JAL特約店でカード払いを行う

JAL特約店でカード払いを行う

JAL特約店でJALカードを利用してお支払いを行うことで、マイルの還元率が2倍になります。日本全国に約50,000店舗以上の特約店があるため、幅広く使えます。

イオンやENEOSなどの普段から利用しやすい店舗もJAL特約店となっているため、手軽に利用できることがメリットです。

陸マイラーの場合には、どの店舗が特約店であるかを事前に調べることで、よりお得にマイルを貯めることができるでしょう。

ショッピングマイル・プレミアムに入会する

ショッピングマイル・プレミアムに入会する

ショッピングマイル・プレミアムとは、年会費3,300円で入会でき、JALカードでのショッピングで貯まるポイントが2倍になるという仕組みです。

 通常の店舗では1.0%、JALカード特約店では2.0%のマイル還元率となるため、効率よくマイルを貯めることができます。

年会費が3,300円以上かかりますが、JALカードで積極的にお買い物を行なっている方であれば、マイルで元を取ることも十分可能なため、入会する余地はあります。

また、カードによっては自動的にショッピングマイル・プレミアムに入会しているものもあるため、カードを選ぶ際に検討してみましょう。

まとめ

今回はJALカードのおすすめカードについて、解説しました。JALカードを利用することで、一般カードよりも航空券の利用時にマイルが貯まるだけでなく、普段のショッピングでもマイルが貯まります。

陸マイラーの方でもお得にマイルを貯めやすいカードとなっているため、興味のある方は今回紹介したカードの申し込みをしてみてはいかがでしょうか。

クレジットカード関連記事

 

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事