JCB法人カードおすすめ5選!種類やポイント、審査基準など徹底解説

JCB法人カードおすすめ5選!種類やポイント、審査基準など徹底解説

監修者の紹介
増田さん

監修者増田 諒

2021年1月1日現在、全国に891世帯1,257名のクライアントを抱えるコンサルタントとして活動中。年間100件の個別相談のほか「マネー・ライフプランニング」「資産運用」「保険」「確定申告」「住宅ローン」「相続」等のテーマのセミナーで登壇。

MDRT入賞 7回 ・TLC(生命保険協会認定FP) ・CFP ・IFA(証券外務員1種)・ファイナンシャルプランニング技能士1級 ・宅地建物取引士 貸金業務取扱主任者

増田 諒Masuda Ryo

法人カードの発行を検討している企業や事業主の方の中にも、日本を代表する国際ブランドであるJCBのクレジットカードについて気になっている方も多いでしょう。

法人カードを利用することで経費削減や経費精算業務の効率化のメリットがあります。

一方で、JCBが発行する法人カードは、中小企業向けのものから大企業向けのものまで全5種類あるため、どのカードを発行すべきか頭を悩ませてしまいます

今回の記事では、JCBの法人クレジットカードのおすすめを中小企業・大企業別に紹介し、申し込み方法や審査の手続きなども解説していきます。

JCB法人カードの種類とおすすめポイント

JCB法人カードの種類とおすすめポイントを解説(個人事業主・中小企業向け)

JCBが発行している個人事業主・中小企業向け法人カードには、以下の3種類のカードがあります。

JCB法人カードの種類
  • JCB法人カード
  • JCB CARD Biz
  • JCBビジネスプラス法人カード

まずは、自社に合ったカードを発見するために、それぞれのカードの特徴やおすすめポイントを解説していきます。

JCB法人カード

JCB-法人一般カード

JCB法人カードの特徴
  • インターネット入会で初年度年会費が無料に!
  • 経費・出張費の支払いにOki Dokiポイントが貯まる
  • 専用ETCカードを複数枚発行可能

JCB法人カードは、JCBが発行する法人カードの中でもスタンダードな機能を持っており、個人事業主や中小企業向けのクレジットカードです。

JCB法人カードでは、一般カードとゴールドカードに申し込むことができます。

一般カードもゴールドカードも、インターネット入会に限り初年度の年会費が無料になるため、お得に発行できることがメリットです。

 また、経費や出張費などの支払い1,000円ごとに1ポイントのOki Dokiポイントが貯まる、各種ポイントサービスやお得な商品に交換することができます。

また、一枚のカードでも複数枚のETCカードを発行することができるため、社用車の高速道路の支払いをスムーズに利用可能です。

年会費

年会費は一般カードとゴールドカードで以下のように異なります。

一般カード ゴールドカード
本会員

1,375円(税込)

初年度年会費無料

11,000円(税込)

初年度年会費無料

追加カード一枚ごと 3,300円(税込) 1,375円(税込)

利用限度額

ご利用限度額は一般カードとゴールドカードで以下のように異なります。

一般カード ゴールドカード
公式サイト参照 公式サイト参照

旅行傷害保険

旅行傷害保険の補償額はは一般カードとゴールドカードで以下のように異なります。

一般カード ゴールドカード
海外

最高3,000万円

最高1億円

国内 最高3,000万円 最高5,000万円

ゴールドカードの特典

  • 空港ラウンジサービス
    国内の主要空港、またはハワイ ホノルルの国際空港内ラウンジを無料で利用可能
  • JCBゴールド グルメ優待サービス
    →全国の対象店舗にてJCBカードで支払いを行うと、飲食代金の割引が受けられる

JCB CARD Biz

JCB CARD Biz

JCB CARD Bizの特徴
  • 個人事業主、法人代表者が発行する法人カード
  • 法人の確認書類不要で申し込みが可能!
  • QUICPay、Apple Payや Google Payなどの電子マネーが利用できる

JCB CARD Bizは個人事業主や法人の代表者が発行することができるクレジットカードで、個人カードのような使い勝手でありながら法人カードの機能を持ち合わせています

申し込み時には登記簿謄本などの法人を確認する書類が不要なため、手続きが手軽です。

JCB法人カードの機能が利用できるだけでなく、QUICPay、Apple Payや Google Payなど電子マネーを利用して経費のお支払いを簡潔に行うこともできるため、支払いをスピーディーに行いたい方におすすめです。

年会費

年会費は一般カードとゴールドカードで以下のように異なります。

一般カード ゴールドカード
本会員

1,375円(税込)

初年度年会費無料

11,000円(税込)

初年度年会費無料

追加カード

利用限度額

利用限度額

ご利用限度額は一般カードとゴールドカードで以下のように異なります。

一般カード ゴールドカード
公式サイト参照 公式サイト参照

旅行傷害保険

旅行傷害保険の補償額はは一般カードとゴールドカードで以下のように異なります。

一般カード ゴールドカード
海外

最高3,000万円

最高1億円

国内 最高3,000万円 最高5,000万円

ゴールドカードの特典

  • 空港ラウンジサービス
    国内の主要空港、またはハワイ ホノルルの国際空港内ラウンジを無料で利用可能
  • JCBゴールド グルメ優待サービス
    →全国の対象店舗にてJCBカードで支払いを行うと、飲食代金の割引が受けられる

JCBビジネスプラス法人カード

JCBビジネスプラス法人カード

JCBビジネスプラス法人カードの特徴
  • 個人事業主、法人代表者が発行する法人カード
  • 出張・交通費にかかる利用金額の3%を自動キャッシュバック
  • ETCカードを複数枚発行可能

JCBビジネスプラス法人カードは、経営者・個人事業主向けに作られた完全キャッシュバック型の法人カードです。

毎月の出張費・交通費の利用金額の3%を最大15,000円分まで翌月キャッシュバックとなるため、経費の節約が可能になります。

 JCB法人カードで貯まるOki Dokiポイントは受け取れませんが、キャッシュバック還元率が非常に高く、ポイントよりも現金で還元したい方におすすめです。

さらに、通常の法人カードで利用できる機能も使え、ETCカードの複数枚発行にも対応しており、複数の車にETCカードをセットすることができます。

年会費

年会費は一般カードとゴールドカードで以下のように異なります。

一般カード ゴールドカード
本会員

1,375円(税込)

初年度年会費無料

11,000円(税込)

初年度年会費無料

追加カード 1,375円(税込) 3,300円

利用限度額

利用限度額

ご利用限度額は一般カードとゴールドカードで以下のように異なります。

一般カード ゴールドカード
公式サイト参照 公式サイト参照

旅行傷害保険

旅行傷害保険の補償額はは一般カードとゴールドカードで以下のように異なります。

一般カード ゴールドカード
海外

なし

最高1億円

国内 なし 最高5,000万円

ゴールドカードの特典

  • 空港ラウンジサービス
    国内の主要空港、またはハワイ ホノルルの国際空港内ラウンジを無料で利用可能
  • ゴルフエントリーサービス
    全国約1,200ヵ所の有名ゴルフ場のプレー予約を法人デスクで対応可能

JCB法人カードの種類とおすすめポイントを解説(大企業向け)

JCB法人カードの種類とおすすめポイントを解説(大企業向け)

大企業向けにおすすめなJCB法人カードは、次の2種類が挙げられます。

大企業向け法人カードの種類
  • JCBコーポレートカード
  • JCBビジネスカード

それぞれのカードの特徴やおすすめポイントについて詳しく解説していきます。

JCBコーポレートカード

JCBコーポレートカード

JCBコーポレートカードの特徴
  • 限度額、発行枚数を個別に設定できる
  • 部署、部門ごとに請求書や利用明細を作成可能
  • カードの利用データを外部の経費精算システムに手軽に移行可能

JCBコーポレートカードは、大企業など多くの部門で法人カードを利用する場合におすすめのカードです。限度額の設定は企業ごとに個別に設定可能で、発行枚数も必要な人数に応じて作成できます。

また、部門、部署ごとに利用明細や請求書を個別作成できるため、経費の管理や複数の組織で分類されている場合にも便利です。

さらに、「楽々精算」や「Concur Expense」「MAJOR FLOW Z KEIHI」などの経費精算システムとカードを連携させることが可能で、支払いの明細から自動的に経費の精算を行うことができます。

基本情報

年会費 企業年会費:33,000円(税込)
個人年会費:無料
支払い方法 ・全利用代金を指定口座から振替
・全利用代金をJCBの口座に振込
支払い期日 公式サイト参照
旅行傷害保険 海外:最高5,000万円
国内:最高5,000万円
発行枚数 指定人数分発行できる

JCBビジネスカード

JCBビジネスカード(スタンダード)

JCBビジネスカードの特徴
  • カード利用者ごとに個別で発行し、利用者の口座から引き落としされる法人カード
  • 社員のプライベートな費用にも利用可能
  • 支払い者が明確になるため、経費の管理がしやすい

JCBビジネスカードは大企業向けの法人カードの中でもカード利用者個人が個別発行を行い、利用者の口座から直接引き落としされる法人カードです。

年会費は企業が支払うため、社員が年会費を負担するというデメリットはありません。

また、法人カードでありながら社員のプライベートな費用にも利用することが可能です。経費として使用した分のみを精算するため、既存の経理事務の負担を減らせることがメリットになります。

 また、クレジットカードの利用者を判別しやすく誰が支払った経費かが明確になるため、経理事務の面からも利用しやすいでしょう。

基本情報

年会費 企業年会費:33,000円(税込)
個人年会費:無料
支払い方法 カード使用者個人の金融機関口座より、各カード使用者の利用分を自動振替
支払い期日 公式サイト参照
旅行傷害保険 海外:最高5,000万円
国内:最高5,000万円
発行枚数 個別相談

JCBの法人カードの申し込みと審査の流れ

JCBの法人カードの申し込みと審査の流れ

JCBの法人カードの申し込み方法や必要な書類が複雑でわからないという方も多いでしょう。ここからは、JCBの法人カードを申し込む際に必要な書類や具体的な手順を簡単に解説していきます。

申し込みに必要な書類

JCBの法人カードを申し込むのに必要な書類は以下の通りです。

JCBの法人カードの必要書類
  • 法人の本人確認書類(現在事項全部証明書・履歴事項全部証明書のどちらか)
  • 法人代表者の本人確認書類(運転免許証など)

現在事項全部証明書・履歴事項全部証明書については、発行日から6ヵ月以内である必要があります。原本でもコピーでも問題ありませんが、発行日に注意が必要です。

また、個人事業主の場合には、事業者の本人確認書類が必要となります。

申し込みから審査の流れ

申し込みから審査の流れ

JCBの法人カードの申し込みから審査までの流れについては、以下の通りです。

申し込み・審査の流れ
  1. インターネットから申し込み手続き
  2. 申し込み内容の審査
  3. 入会申込書(自署・捺印届)の郵送、記入
  4. 申し込み書類・必要書類の送付
  5. カードの発行

①インターネットから申し込み手続き

まずは、JCBのホームページから法人カードの申し込み手続きを行います。申し込みの際に必要な入力項目は以下の通りです。

入力に必要な項目
  • 法人種別(個人事業主、株式会社、合同会社など)
  • 法人名
  • 業種
  • 資本金
  • 従業員数等
  • その他法人や代表者の情報

上記の項目を入力完了後、入力内容を送信すると契約が完了します。

②申し込み内容の審査

申し込み内容の審査

インターネットからの申し込み手続きが完了すると、JCBの方で申し込み内容の審査が行われます。審査については法人や代表者の情報を確認するため、数日かかる可能性が高いです。

無事に審査に通過すると、申し込み時に登録したメールアドレスに審査結果が届き、次の手続きに進みます。

③入会申込書(自署・捺印届)の郵送、記入

審査に通過すると、JCBから契約手続きに必要な入会申込書(自署・捺印届)が郵送されるため、届いたら記名・押印しましょう。

 入会申込書の通りに記載すれば問題ありませんが、代表者欄は本人の自署・捺印でなければなりません。

また、入会申し込みの際には実質的支配者の確認が必要であるため、事前に議決権の25%以上を有している個人を確認しておくことが望ましいです。

④申し込み書類・必要書類の送付

申し込み書類・必要書類の送付

入会申込書に必要事項を記名、押印後、書類をJCBに返送します。書類送付の際に前述した本人確認書類などの必要書類も添付して郵送する必要があるため注意が必要です。

送付した種類はJCBが確認後、問題なければ発行手続きに進みます。

⑤契約確認書類の郵送後、カードを発行

入会申込書をJCBに返送し、内容や書類に不備がなければ、書類到着から約1週間程度で契約確認書類が送付されます。

 契約確認書類を申込者が受け取ったことを確認後、カードを発行し郵送するため、申込書を送付してから2週間程度かかる可能性が高いです。

また、個人カードよりも必要書類や手続きが多いため、インターネット申込から発行までに3週間〜1ヶ月程度かかることに注意しておきましょう。

JCBの法人カードの新規入会キャンペーン・特典を徹底解説

JCBの法人カードの新規入会キャンペーン・特典を徹底解説

JCBの法人カードでは、様々なキャンペーンが開催されていますが、特に新規入会キャンペーンが充実しています。ここからはそれぞれの法人カードの新規入会特典について詳しく解説していきます。

JCB法人カード

JCB 法人一般カード 券面画像

JCB法人カードのキャンペーンについては以下の通りです。

一般
  • 初年度年会費無料キャンペーン
  • 最大20,000円分プレゼント
  • 使用者追加で最大9,000円分のギフトカードプレゼント
ゴールド
  • 初年度年会費無料キャンペーン
  • 最大23,000円分プレゼント
  • 使用者追加で最大9,000円分のギフトカードプレゼント
プラチナ
  • 最大30,000円分プレゼント
  • 使用者追加で最大9,000円分のギフトカードプレゼント

ランクが上がると入会時にもらえるプレゼントの金額が増えるため、検討しておきましょう。

JCB CARD Biz

JCB CARD Biz

JCB CARD Bizのキャンペーンについては以下の通りです。

一般
  • 初年度年会費無料キャンペーン
  • Amazonギフト券(メールタイプ)を最大20,000円分プレゼント
ゴールド
  • 初年度年会費無料キャンペーン
  • Amazonギフト券(メールタイプ)を最大23,000円分プレゼント
プラチナ
  • 初年度年会費無料キャンペーン
  • Amazonギフト券(メールタイプ)を最大30,000円分プレゼント

JCB CARD Bizでは、Amazonギフト券がもらえるためネットショッピングの際に役立ちます。

JCBビジネスプラス法人カード

JCBビジネスプラス法人カード

JCBビジネスプラス法人カードでもらえるキャンペーンは以下の通りです。

一般
  • 初年度年会費無料キャンペーン
  • 最大20,000円分プレゼント
  • 使用者追加で最大9,000円分のギフトカードプレゼント
ゴールド
  • 初年度年会費無料キャンペーン
  • 最大23,000円分プレゼント
  • 使用者追加で最大9,000円分のギフトカードプレゼント

JCB法人カードと同じ内容のキャンペーンとなっているため、使い勝手が良いカードを選びましょう。

まとめ

今回は、JCBの法人カードのおすすめや申込方法、必要書類について解説しました。

法人カードを発行することで従業員の経費の支払いをスムーズに行うことができ、経理担当者の業務負担を減らすことができます。

ポイントや特典も付帯されていおり一石二鳥な部分も多いため、この機会にぜひ申し込みをしてみてはいかがでしょうか。

クレジットカード関連記事

 

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事