仮想通貨おすすめランキング|将来性がある人気銘柄を徹底比較

【2022年7月】仮想通貨おすすめランキング|将来性がある人気銘柄も徹底比較

監修者の紹介
増田さん

監修者増田 諒

2021年1月1日現在、全国に891世帯1,257名のクライアントを抱えるコンサルタントとして活動中。年間100件の個別相談のほか「マネー・ライフプランニング」「資産運用」「保険」「確定申告」「住宅ローン」「相続」等のテーマのセミナーで登壇。

MDRT入賞 7回 ・TLC(生命保険協会認定FP) ・CFP ・IFA(証券外務員1種)・ファイナンシャルプランニング技能士1級 ・宅地建物取引士 貸金業務取扱主任者

増田 諒Masuda Ryo

仮想通貨(暗号資産)で儲かった」という話を聞いて仮想通貨の将来性に興味を持ち、「自分も取引をやってみようかな」と思っている方は増えてきています。

ですが、現在仮想通貨の銘柄は20,000種類に到達しようとしています。どの銘柄がこれから伸びるのか分からず、手を出せずにいる方も多いのではないでしょうか。
※2022年5月25日時点。coinmarketcap参照

そこで、今回はおすすめの仮想通貨の銘柄、最適な選び方、当サイト独自アンケートの人気仮想通貨ランキングをご紹介します。

仮想通貨の銘柄や取引所が気になっている方や初心者の方にピッタリの内容です。ぜひ参考にしてください。

Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2021 年の年間出来高(差金決済/先物取引を含む)

おすすめの仮想通貨取引所7選徹底比較!

仮想通貨おすすめ銘柄・取引所人気比較ランキング最新版

8割強の認知率※1を誇り、より身近になりつつある仮想通貨は、平成29年4月、金融庁が仮想通貨に関する新たな制度の開始を打ち出す※2など、より安心・安全の体制で取引が可能になっています。

弊サイトが独自で行ったアンケート調査結果によると、仮想通貨取引を開始したきっかけは多くの方が「投資目的」、「興味があったから」を理由に挙げています。

仮想通貨の購入や取引は、すべてパソコンやスマートフォンを使いネットで完結しますが、仮想通貨を購入するためには仮想通貨取引所にて口座の開設が必須です。

これからご紹介する6つの仮想通貨取引所は、弊サイトが手数料やスプレッド、サービスなど様々な面からおすすめできる厳選した取引所です。

もちろん金融庁暗号資産交換業者登録一覧に掲載されている取引所限定です。

各取引所それぞれに特長がありますので、比較表でより最適な取引所を見つけてくださいね。

MyVoice 【 仮想通貨 】に関するアンケート調査 2018年

金融庁「仮想通貨」をより安全に使うために。改正資金決済法がスタートしました

DMM Bitcoin…『スマホでスピード本人確認』を利用し7:00-22:00の間に口座開設申込をした場合

【Coincheck(コインチェック)】ダウンロード数・取り扱い銘柄数日本最大級!17種類の銘柄が約500円から購入可能

Coincheck(コインチェック)
おすすめポイント
  • ダウンロード数・取り扱い銘柄数日本最大級
  • 18種類の仮想通貨が約500円から購入できる!
  • 取引所の取引手数料が無料

Coincheck(コインチェック)の特徴

Coincheck(コインチェック)はコインチェック株式会社が運営する仮想通貨取引所です。

 2022年5月現在17種類の通貨を取り扱っており、ユニークなアルトコインも多数存在します。

また、仮想通貨取引だけではなくビットコイン決済サービスや、最大年率5%の貸暗号資産サービスなども展開しています。

Coincheck(コインチェック)のおすすめポイント

Coincheck (コインチェック)のチャートは暗号資産取引が初めての方でも安心して取引が行える、直感的操作性と機能性を兼ね備えた設計となっています。

シンプルで見やすく分かりやすいデザインを基調としており、少し使用してみればすぐに慣れます。
投資初心者でも手軽に投資を始められるのがポイントです。

また、経営陣や役員陣がSNSで顔出しで情報発信しているため、信頼と安心のあるサービスとしてCoincheckアプリダウンロード数「国内No.1」を獲得しています。

Coincheck(コインチェック)の基本情報

取り扱い通貨
  1. ビットコイン(BTC)
  2. イーサリアム(ETH)
  3. イーサリアムクラシック(ETC)
  4. リスク(LSK)
  5. リップル(XRP)
  6. ネム(XEM)
  7. ライトコイン(LTC)
  8. ビットコインキャッシュ(BCH)
  9. モナコイン(MONA)
  10. ステラルーメン(XLM)
  11. クアンタム(QTUM)
  12. ベーシックアテンショントークン(BAT)
  13. アイオーエスティー(IOST)
  14. エンジンコイン(ENJ)
  15. オーエムジー(OMG)
  16. パレットトークン(PLT)
  17. サンド(SAND)
レバレッジ 2020年3月13日レバレッジ取引のサービスが終了
最小注文数量 0.001BTC(500円相当額)
販売所手数料 無料
取引所手数料 無料
入金手数料 無料
出金手数料 出金手数料は一律407円

【DMM Bitcoin (DMMビットコイン)】初心者と上級者用に高機能取引ツールを提供!レバレッジ取引通貨数日本No1

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)
おすすめポイント
  • 最短1時間で取引開始可能!※1
  • 取引手数料無料(BitMatch取引手数料を除く)
  • 取引ツールの機能が豊富

※1『スマホでスピード本人確認』を利用し7:00-22:00の間に口座開設申込をした場合

DMM Bitcoin (DMMビットコイン)の特徴

DMM Bitcoin (DMMビットコイン)は、DMMグループが提供している仮想通貨取引所です。グループ全体の売上高は年間2000億円以上を超えている大企業です。

 証券、FX、バヌーシー、暗号資産などの金融システム関連サービスを多数提供しており、それぞれのジャンルで日本国トップクラスの口座数・取引所数を誇ります。

レバレッジ取引通貨数は日本No.1で、特に少額資金からレバレッジを利用して増やしたい方におすすめです。

DMM Bitcoin (DMMビットコイン)のおすすめポイント

DMMはFXや証券などの高機能取引ツールを提供しているため、DMM Bitcoin (DMMビットコイン)の取引ツールもシンプルで使いやすい設計になっています。

特に人間工学に基づき作られたスマホアプリは、ワンタッチでレバレッジ取引や現物取引の注文が出せるので、チャンスを逃さずスピーディーな取引を実現。

また、上記でも触れた通りレバレッジが2倍で取引可能なので、FXや株式投資をされている多くの方がDMM Bitcoin (DMMビットコイン)を利用しています。

DMM Bitcoin (DMMビットコイン)の基本情報

取り扱い通貨
  1. ビットコイン(BTC)
  2. イーサリアム(ETH)
  3. リップル(XRP)
  4. ライトコイン(LTC)
  5. ビットコインキャッシュ(BCH)
  6. ステラ・ルーメン(XLM)
  7. イーサクラシック(ETC)
  8. テゾス(XTZ)
  9. オーエムジー(OMG)
  10. エンジンコイン(ENJ)
  11. ネム(XEM)
  12. クアンタム(QTUM)
  13. ベーシック アテンション トークン(BAT)
  14. モナーコイン(MONA)
  15. シンボル(XYM)
レバレッジ 2倍
最小注文数量 1,000円(0.0001BTC)
販売所手数料 無料
取引所手数料 無料(※BitMatch取引手数料を除く
入金手数料 無料
出金手数料 無料
新規口座開設キャンペーン!もれなく即時で2,000円プレゼント
※2022年4月1日7:00〜2022年8月1日6:59

【BITPoint最小約500円以下から取引可能!販売・取引・入金・出金手数料が全て無料

BITPoint(ビットポイント)
おすすめポイント
  • 最短当日に口座開設ができる
  • さまざまな手数料が無料
  • 500円以下の少額取引が可能

Bit Point(ビットポイント)の特徴

Bit Point(ビットポイント)は、2016年に設立された暗号資産取引所で、最小注文数量0.00000001BTC(最小約500円以下)から取引を始められます。

販売手数料、取引手数料、入金手数料、出金手数料が全て無料なので、コストを最小限に抑えながら少額資金から投資を始めたい方に最適な取引所です。

Bit Point(ビットポイント)のおすすめポイント

他社の取引所にはないエイダコイン(ADA)トロン(TRX)は2022年1月時点で国内唯一取引できるメリットがあります。

これらの通貨が高騰した場合は優先的にBit Point(ビットポイント)で取引できるため、投資戦略の幅を広げることが可能です。

また、口座開設時はスマホで写真を送るだけなので、最短即日で暗号資産の取引を始められるところも嬉しいポイントです。

Bit Point(ビットポイント)の基本情報

取り扱い通貨
  1. ビットコイン(BTC)
  2. ビットコインキャッシュ(BCH)
  3. イーサリアム(ETH)
  4. ライトコイン(LTC)
  5. リップル(XRP)
  6. ベーシックアテンショントークン(BAT)
  7. トロン(TRX)
  8. エイダ(ADA)
  9. ジャスミー(JMY)
  10. ポルカドット(DOT)
  11. チェーンリンク(LNK)
  12. ディープコイン(DEP)
レバレッジ 2倍
※新規レバレッジ口座の受付を停止中
最小注文数量 0.00000001BTC(最小約500円)
販売所手数料 無料
取引所手数料 無料
入金手数料 無料
出金手数料 無料

bitPOINT キャンペーン

  • 口座開設キャンペーン!期間中に3種の暗号資産がもらえる!

  • ※2022年6月30日16:00〜2022年7月12日16:00まで

【bitFlyer(ビットフライヤー)】ビットコイン取引量No.1の実績。※1Tポイントをビットコインに交換できる

おすすめの仮想通貨取引所No.1!bitFlyer

おすすめポイント
  • さまざまな手数料が0円
  • Tポイントをビットコインに交換できる
  • 仮想通貨の種類は14種類

bitFlyer(ビットフライヤー)の特徴

bitFlyer(ビットフライヤー)は、2014年1月に日本で初めて暗号資産取引所が設立されたパイオニア的存在です。

他社に比べて運営歴が長く多くのノウハウを持ち合わせていることから、総合的に評価の高い取引所だと投資家達から絶大な信頼を寄せています。

 ほかにも、手持ちのTポイントをビットコインに交換できるサービスや決算額に応じてビットコインがキャッシュバックされるbitFlyerクレカのサービスも展開。

好みの仮想通貨を自身のペースで自動購入できるbitFlyerかんたん積立もありますので、他社にないサービスを楽しむこともできるでしょう。

bitFlyer(ビットフライヤー)のおすすめポイント

bitFlyer(ビットフライヤー)はビットコイン取引量No.1※1の仮想通貨取引所なので、流動性が高く値動きがハッキリしていて取引しやすいです。

この取引量というのは取引所の信頼の高さの証でもあるため、多くの投資家はbitFlyer(ビットフライヤー)を好んで使用されている方が多いです。

bitFlyer(ビットフライヤー)の基本情報

取り扱い通貨
  1. ビットコイン(BTC)
  2. イーサリアム(ETH)
  3. イーサリアムクラシック(ETC)
  4. ライトコイン(LTC)
  5. ビットコインキャッシュ(BCH)
  6. モナコイン(MONA)
  7. リスク(LSK)
  8. リップル(XRP)
  9. ベーシックアテンショントークン(BAT)
  10. ステラルーメン(XLM)
  11. ネム(XEM)
  12. リスク(LISK)
  13. テゾス(XTZ)
  14. チェーンリンク(LINK)
  15. ポルカドット(DOT)

レバレッジ 最大2倍
最小注文数量 Lightning FX : 0.01 BTC(10,000円)
Lightning Futures:0.001 BTC(1,000円)
販売所手数料 無料
取引所手数料 0.01 – 0.15%
入金手数料

無料
※クイック入金(住信SBI銀行以外)1件につき330円

出金手数料 3万円以上:三井住友銀行220円(三井住友銀行以外550円)
3万円未満:三井住友銀行440円(三井住友銀行以外770円)

出典:公式サイト

bitFlyer経由でサービスを利用しておトクにビットコインをもらおう!

ビットコインが貯まる bitFlyer クレカ

※1  Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2021 年の年間出来高(差金決済/先物取引を含む)

【マネックスビットコイン】暗号資産CFDが可能、レバレッジ手数料は0.04%!小学資金で大きな取引が可能

マネックスビットコイン
おすすめポイント
  • レバレッジ手数料は0.04%と業界水準で使いやすい
  • 取引手数料が無料
  • 24時間365日いつでも取引できる

マネックスビットコインの特徴

マネックスビットコインは、マネックス証券が提供する暗号資産取引所です。

実はマネックス証券は、インターネット証券の中で初めて暗号資産のサービスを始めたパイオニア的な会社でもあります。

メジャーな通貨である、ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、リップル(XRP)をはじめ、暗号資産CFDと呼ばれるレバレッジ取引も可能です。

マネックスビットコインのおすすめポイント

マネックスグループは傘下にコインチェックがありますが、今現在は現物取引が可能である一方レバレッジ取引は不可能です。

ただ、マネックスグループのマネックス証券が提供する暗号資産CFDを利用すれば、最大レバレッジ2倍で取引が可能となります。

 コインチェックユーザーで「どうしてもレバレッジ取引をしたい」という方は、マネックス証券が提供するマネックスビットコインがおすすめです。

また、マネックス証券は暗号資産取引だけではなく、FX、株、投資信託などの金融サービスも提供しています。

マネックスビットコインの基本情報

取り扱い通貨
  • ビットコイン(BTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • イーサリアム(ETH)
  • リップル(XRP)
レバレッジ
最小注文数量
販売所手数料
取引所手数料
入金手数料
出金手数料

【GMOコイン】レバレッジ取引ができワンコインから自動購入可能!投資目的でサービスを使い分け

GMOコイン
おすすめポイント
  • レバレッジ取引が可能!
  • ワンコインから自動購入可能!
  • 各種手数料全て無料

GMOコインの特徴

GMOコインは2016年に設立された東証一部上場の最大年率5%の貸暗号資産サービスが提供する暗号資産取引所です。

 証券や投信、FXやCFDなど金融システム関連サービスとIT関連事業のノウハウや実績があるので、安心・安全に取引できる点が大きな特徴です。

また、暗号資産のレバレッジ取引レバレッジ取引ことや、取引手数料や入出金手数料がほとんど無料な点も魅力の一つです。

GMOコインのおすすめポイント

GMOコインは18種類の銘柄に投資できるため、投資戦略の幅を広げられる点が大きなポイントで、この取扱銘柄数は2022年3月現在大手仮想通貨取引所の中で一番多くの取扱銘柄数を誇ります。

また、投資目的によってサービスを使い分けでき、初心者でも手軽に取引ができる販売所や、板情報を使用して精度の高い分析が行える取引所(現物取引/レバレッジ取引)があります。

その他にも、2wayプライスで最大2倍のレバレッジ取引ができる暗号資産FXなど、自身の投資戦略に応じて使い分けできる点もおすすめポイントです。

GMOコインの基本情報

取り扱い通貨
  1. ビットコイン(BTC)
  2. イーサリアム(ETH)
  3. ビットコインキャッシュ(BCH)
  4. ライトコイン(LTC)
  5. リップル(XRP)
  6. ネム(XEM)
  7. ベーシックアテンショントークン(BAT)
  8. オーエムジー(OMG)
  9. テゾス(XTZ)
  10. クオンタム(QTUM)
  11. エンジンコイン(ENJ)
  12. ポルカドット(DOT)
  13. コスモス(ATOM)
  14. シンボル(XYN)
  15. モナコイン(MONA)
  16. カルダノ(ADA)
  17. メイカー(MKR)
  18. ダイ(DAI)
  19. リンク(LINK)
  20. ステラルーメン(XLM)
レバレッジ 2倍
最小注文数量 価格:1 BTC = 約500万円
最小注文可能数量:0.00001BTC / 回
最小購入可能金額:約50円
販売所手数料 無料
取引所手数料 Maker:-0.01%
Taker:0.05%
入金手数料
  • 日本円(JPY)
    即時入金:無料

    振込入金:振り込み手数料はお客様負担
  • 仮想通貨(暗号資産)
    無料
    マイナーに支払う手数料はお客様負担
出金手数料
  • 日本円(JPY)
    出金:無料
    大口出金:400円
  • 仮想通貨(暗号資産)
    無料

【ビットバンク(bitbank)】国内No.1セキュリティ承認実績あり!70種類以上を超えるテクニカル分析も

bitbank(ビットバンク)
おすすめポイント
  • 申し込みから最短即日で取引が可能
  • 24時間リアルタイム入金が可能
  • 11種類の仮想通貨を取り扱い

bitbank(ビットバンク)の特徴

bitbank(ビットバンク)は2014年5月に設立された暗号資産取引所で、仮想通貨取引量国内No.1の実績と信頼のあるサービスです。

また、ICORatingという仮想通貨のマーケット調査を行う第三者機関から「国内No.1のセキュリティ」と認められた実績があるため、安心・安全に利用可能です。

bitbank(ビットバンク)のおすすめポイント

bitbank(ビットバンク)のポイントは使いやすいインターフェイスです。そのため、初心者から上級者まで幅広いニーズに対応しています。

シンプルなデザインで直感的操作が可能なことに加え、上級者向けには70種類以上を超えるテクニカル分析が使用できるTradingViewも搭載されています。

メジャーなトレンドラインや一目均衡表はもちろんのこと、通貨ペアの比較分析も可能です。

また、bitbank(ビットバンク)は0.00000001 BTC(最小約500円)という少額資金から取引を始められるので、少額から購入したい人におすすめです。

bitbank(ビットバンク)の基本情報

取り扱い通貨
  1. ビットコイン(BTC)
  2. イーサリアム(ETH)
  3. リップル(XRP)
  4. ライトコイン(LTC)
  5. ビットコインキャッシュ(BCH)
  6. モナコイン(MONA)
  7. ステラルーメン(XLM)
  8. クアンタム(QTUM)
  9. ベーシックアテンショントークン(BAT)
  10. オーエムジー(OMG)
  11. シンボル(XYM)
レバレッジ レバレッジ取引はできない
最小注文数量 0.00000001 BTC(最小約500円)
販売所手数料 無料
※一部銘柄を除く
取引所手数料 メイカー -0.02%
テイカー  0.12%
※一部銘柄を除く
入金手数料 無料
出金手数料 550円/770円(3万円以上)
日本初!ポリゴン(MATIC)の手数料が0%キャンペーン
※2022年7月20日まで 詳細

出典:公式サイト

※2 2021年2月14日 CoinMarketCap調べ

仮想通貨(暗号資産)取引所の選び方

仮想通貨(暗号資産)取引所の選び方

仮想通貨を取引するためには、取引所で口座開設する必要があります。ですが、数ある取引所の中からどれを選んだらいいのかわからない方も多いでしょう。

下記の5つのポイントを確認しながら、自分に合った取引所で口座開設するのがおすすめです。

仮想通貨取引所の選び方ポイント
  1. セキュリティ面の頑丈さ
  2. 取引所手数料・スプレッドの金額
  3. ツール・アプリの使用感
  4. 取扱銘柄数の多さや取扱銘柄
  5. ウォレットとして利用できるか

セキュリティ面の頑丈さ

弊サイトが独自で開催したアンケート調査の結果によると、仮想通貨取引を行っている方が現在メインで利用している取引所を選んだ理由として重視した項目TOP2に「セキュリティの高さ」があります。

メインの仮想通貨取引所を利用する最もあてはまる理由はなんですか?

仮想通貨取引をする上で、セキュリティが頑丈であることは非常に重要です。

仮想通貨(暗号資産)取引所は、過去にハッキング被害にあっているところもあります。セキュリティ対策が万全にされていなければ、資産が流出してしまう可能性が否定できません。

2018年1月26日 00:02:13から08:26:13にかけて、コインチェックが保持している仮想通貨のうちNEM(ネム)(通貨記号はXEM)建ての顧客資産がクラッキングにより取引所から外部に送金されさらに別口座に移転されてほぼ100%流出してしまう事態が発生した。

Wikipedia

コインチェック(Coincheck)は事件後にセキュリティの見直しを行っているので、現在は非常に強固なセキュリティ対策が実施されています。

大切な資産が流出しないためにも、セキュリティ面を強固にしている取引所で口座開設しましょう。

セキュリティが向上しても、ハッキング被害の可能性はゼロにはなりませんので、注意すべきと言えます。

取引手数料・スプレッドの金額

取引所によって手数料やコストが異なります。できるだけ利益を残すためには、手数料の安い取引所で口座開設するのがおすすめです。

仮想通貨取引の際に発生する手数料
  • 口座開設手数料
  • 仮想通貨の入金・送金手数料
  • 取引手数料

上記のような手数料を無料、または安く設定しているところで口座開設しましょう。また、取引所ごとに設定されているスプレッド」にも注意しましょう

スプレッドは買値(Ask)と売値(Bid)の価格差を指し、スプレッド幅が狭いほど取引コストを抑えることが可能です。

 取引回数が多ければ多いほど、スプレッド幅が手元に残る利益に影響を与えます。

特に初心者の頃は取引回数が多くなりがちなので、できるだけスプレッド幅が狭い取引所で口座開設するべきです。

ただ、仮想通貨取引所のスプレッドは常に変動するため、スプレッドが常に最安の取引所は存在しません。取引時に複数の取引所を見比べることでコストを抑えることができます。

面倒かもしれませんが、複数の取引所にログインしてスプレッドを比べるとコストカットできます。
まずは作っておきたい

ツール・アプリの使用感

ツール・アプリの使用感にも注目しましょう。特にこれから仮想通貨(暗号資産)の取引に挑戦する方は、ツール・アプリが取り扱いやすい取引所を選択するべきだと言えます。

特にスマホアプリは頻繁に開くことになるため、見やすさ・使いやすさは非常に重要になるでしょう。

 アプリが直感的に操作できないとストレスの原因になってしまうかもしれません。

一方、上級者向けのツール・アプリを提供している取引所も存在します。こういった取引所は機能が多すぎて、操作方法がわかりにくい可能性があるのでご注意ください。

いくつかの業者の口座を作り、実際に使い勝手を試してみると、使いやすい取引所がはっきりします。
それぞれの取引所において、アプリの特長が異なりますのでご自身が一番使いやすさを覚える取引所を見つけてください。
Coincheck dmmbitcoin bitFlyer bitbank
名称 Coincheck DMM Bitcoin bitFlyer bitbank
アプリの特長 ・ダウンロード数が国内№1※1
・操作性が高く画面がシンプル
・2種類のチャート画面
・ダウンロード回数100万回以上※2
・初心者用「STモード」と
上級者用「EXモード」に切替可能
・アプリでクイック入金、
リアルタイムに資金を
口座に反映
・プロ向け取引ツール
bitFlyer lightningも用意
・「ビットコインをもらう」
経由で
ビットコインをもらえる
・積立投資も簡単に行える
・TradingView採用で70種類
以上のインジケーターを
利用可能
・デザイン性の高さが秀逸
年会費
弊サイトおすすめの仮想通貨取引所アプリは、2種類のチャートを1画面で比較できるCoincheck、初心者用と上級者用の2種類が用意されていて使い分けができるDMM Bitcoin、そしてとにかく簡単な操作でわかりやすいbitFlyerです。

取扱銘柄数の多さや取扱銘柄

こちらでは、仮想通貨の銘柄数をより多く取り扱っている仮想通貨取引所をランキング形式でご紹介します。

仮想通貨を初めたばかりの初心者の頃はメジャーな銘柄に挑戦するのをおすすめしますが、慣れてきた頃により多くの銘柄数を扱っている方が投資の幅が広がります

弊社独自アンケート調査においても、直近1年以内に最も利用した仮想通貨の銘柄はビットコインという結果になっている一方で、イーサリアムリップルネムといったアルトコインの取引も多く見られました

直近1年間で最も利用した仮想通貨取引所はなんですか?

取り扱っている仮想通貨銘柄の数も注目したい方必見です!

※このランキングは2022/03/28時点の情報をもとに作成しています。最新の情報とは異なる場合があります。
※このランキングは本記事で紹介した仮想通貨取引所の取扱通貨銘柄数を比較し作成しています。

GMOコイン Coincheck bitFlyer dmmbitcoin bitbank
名称 GMOコイン Coincheck bitFlyer DMM Bitcoin bitbank
取扱銘柄数 20種類 17種類 14種類 15種類 11種類
詳細

ウォレットとして利用できるか

仮想通貨におけるウォレットとは、「仮想通貨(暗号資産)専用の財布」のことであり、仮想通貨を保管する場所をあらわします。

仮想通貨のウォレットは2種類存在します。

ポイント
  • ホットウォレット:インターネットに接続できる環境にあるウォレット
  • コールドウォレット:インターネットが不要な環境にあるウォレット

ウォレットのメリットは、口座開設時に設定したIDとパスワードだけで、いつでもどこでも簡単に利用が可能な点が挙げられます。

仮想通貨のウォレットの選び方として、以下の4点が挙げられます。

仮想通貨(暗号資産)ウォレットの選び方

セキュリティ面はもちろんのこと、海外産のアプリでは、日本語に対応していない可能性も高いため日本語対応しているかもポイントです。

英語でしか利用できないと、日本語表示できるウォレットに比べ、どうしても使いにくくなります。そのため、できるだけ日本語表示できるものを選びましょう。

弊サイト厳選のおすすめウォレットをご紹介します!
Coincheck dmmbitcoin bitFlyer bitbank Liquid by Quoine
名称 Coincheck DMM Bitcoin bitFlyer bitbank Liquid by Quoine
おすすめポイント ・シンプルなウェイアウト
・セキュリティが強固
キャンペーンや
マーケットレポート等
コンテンツも豊富
創業以来
ハッキング被害なしの
安心のセキュリティー
・創業以来ハッキングなし
・アプリストアNo1獲得
・顧客資産の100%を
コールドウォレットで管理
安全性が高い
日本語対応
詳細

また、ビットコインやイーサリアムといったメジャーな銘柄であればほぼ全ての取引所で取り扱いがありますが、しかしIOSTジャスミーなど比較的マイナーな仮想通貨は、取り扱い業者が限られています。

目的の通貨の取扱いが無い場合、口座開設しても無意味なので、あらかじめ開設予定の口座の取扱い通貨を確認しましょう。

おすすめの仮想通貨銘柄4選と最適な選び方

たくさんの種類が存在する仮想通貨銘柄なだけに、どの銘柄を購入すれば良いのか分からなくなるのは当然のこと。

 しかし、中でも価格が何倍にも跳ね上がる銘柄や既に仮想通貨取引をしている投資家に選ばれる銘柄には必ず理由があります。

こちらでは、そんな仮想通貨銘柄から特におすすめできる銘柄と、銘柄を選ぶ際何を基準に選べば良いのか具体的な方法を解説します。

おすすめの仮想通貨銘柄3選

仮想通貨おすすめ銘柄ランキング

ビットコイン(BTC)

まず第一番目におすすめしたい仮想通貨銘柄はビットコイン(BTC)です。

ビットコイン(BTC)の特徴
  • 世界で最初に発行された仮想通貨で時価総額が1位
  • 発行上限枚数が2,100万枚に設定されているためインフレが起きにくい
  • デジタル通貨として決済手段に特化し、法定通貨へ採用する動きが見られる

ビットコイン(BTC)とは、2008年にサトシ・ナカモトという人物が構想と論文を発表し、2009年に発行が開始された世界で最初の仮想通貨で、弊サイト独自アンケート調査結果においても一番投資した人口が多い銘柄でした。

直近1年以内に最も投資した仮想通貨は?

最大の特徴は、発行上限枚数が2,100万枚と制限されており供給量が増えないことからインフレが起きにくいという点です。

 円や米ドルなどの法定通貨は、中央銀行によって貨幣や紙幣を発行するため、インフレが起きると通貨の価値が減少してしまいます。しかしビットコインは通貨の価値が下がりにくいため、資産として保有するのに優れています。

また、世界共通で決済可能な通貨として注目を集めており、エルサルバドルではビットコインを法定通貨として採用する動きが見られるなど今後の将来性に期待が持てる通貨です。

特に、海外でビットコイン決済が普及すれば、日本円を外貨に両替するというコストがなくなるため、決済が非常に便利になります。

他の仮想通貨への交換や海外への送金にも利用することができ、法定通貨よりもコストを抑えながら決済ができることも魅力の1つとなっています。

イーサリアム(ETH)

次いでおすすめしたい仮想通貨銘柄は、弊サイトアンケート調査結果でもビットコイン(BTC)の次に投資人口が多かったイーサリアム(ETH)です。

イーサリアム(ETH)の特徴
  • 時価総額第2位の仮想通貨(暗号資産)
  • 「スマートコントラクト」を採用
  • 発行上限・半減期がない

イーサリアム(ETH)は、ビットコインに次ぐ時価総額第2位の通貨です。それだけ多くの人が取り扱っている通貨なので、信頼性と流動性の高さは申し分ないと言えます。

また「スマートコントラクト」という、契約を自動化するシステムを採用しているのもポイントです。

 これまで人間が行っていた内容を自動化できるのが魅力です。

スマートコントラクトは企業間の重要な契約や、サービスの売買に応用できるので、世界中の企業から注目を集めています。

さらに、発行上限・半減期がないことから、今後も安定して供給される通貨として注目されています。

決済・送金手段など、様々な場面ですでに実用化され始めています。

リップル(XRP)

続いておすすめしたい仮想通貨銘柄は、時価総額第6位※1リップル(XRP)です。

リップル(XRP)の特徴
  • 時価総額第6位の仮想通貨(暗号資産)※1
  • 国際送金に特化している「ブリッジ通貨」
  • 国内の大手金融機関とも提携済み

リップルの特徴といえば、国際送金に特化しているところでしょう。今までの国際送金では「高額な手数料がかかる」や「時間がかかる」などのデメリットが存在しました。

 一方、リップルで国際送金を行った場合、手数料は安く、送金時間は1~4秒程度で済みます。

国内外の仮想通貨取引所の中には、リップルが基軸通貨になっている取引所も存在します。

また、みずほ銀行三菱東京UFJ銀行などの大手金融機関とも提携済みなので、今後身の回りで活躍することが予想できるでしょう。※2

世界中の国際送金がリップルで行われるようになれば、リップルの価格は値上がりしていくかもしれません。

※1 出典:参考サイト
※2 出典:bloomberg

ネム(XEM)

続いておすすめしたい仮想通貨銘柄はネム(XEM)です。

ネム(XEM)の特徴
  • 時価総額は比較的低め
  • ビットコインやイーサリアムの欠点をカバー
  • セキュリティが頑丈

ネムはビットコインやイーサリアムに比べると時価総額が低い通貨ですので、まだまだ伸びしろがある通貨だと言えます。また、ビットコインやイーサリアムの欠点をカバーして作られています。

 ネムは新しい経済圏の創出を目標に作られた仮想通貨です。

決済スピードやセキュリティが頑丈に作られており、将来性のある通貨だと考えられるでしょう。

ネムはアラブ首長国連邦、マレーシア政府の国家機関との提携をしています。

仮想通貨銘柄の最適な選び方

実際にこれから仮想通貨を購入しようとしている方にとって、購入する銘柄はどれがいいのか迷いますよね。弊サイト独自アンケート調査結果では、ビットコイン、イーサリアム、リップルが3強の人気となっていました。

数ある仮想通貨の中からこれから伸びる銘柄を選定するためには、下記のポイントを確認するのがおすすめです。

仮想通貨(暗号資産)の銘柄を選ぶポイント

将来性のある仮想通貨に投資するために、それぞれ詳しく確認していきましょう。

信頼性の高さ

まずは、信頼性について確認しましょう。比較的新しい投資対象である仮想通貨には、信頼性の高いものとそうでないものが存在します。

信頼性が高いと評価されている仮想通貨は、ホワイトリスト」に掲載されている暗号資産(仮想通貨)取引所が取り扱っている銘柄を参考にすると良いでしょう。

 ホワイトリストとは、金融庁で認定を受けた暗号資産(仮想通貨)取引所を指します。

2022年4月1日現在、国内での取り扱いがある仮想通貨銘柄は以下の38種類となります。

ホワイトリスト掲載の38銘柄
1 エイダ ADA
2 コスモス ATOM
3 ベーシックアテンショントークン BAT
4 ビットコインキャッシュ BCH
5 ビットコイン BTC
6 カイカコイン CICC
7 コムサ COMSA
8 ポルカドット DOT
9 エンジンコイン ENJ
10 イーサリアムクラシック ETC
11 イーサリアム ETH
12 ファクトム FCT
13 フィスココイン FSCC
14 フォビトークン HT
15 アイオーエスティー IOST

16

ジャスミー JMY
17 チェーンリンク LINK
18 リンク LN
19 リスク LSK
20 ライトコイン LTC
21 モナコイン MONA
22 ネクスコイン NCXC
23 オーケービー OKB
24 オーエムジー OMG
25 オントロジー ONT
26 パレットトークン PLT
27 キャッシュ QASH
28 クアンタム QTUM
29 こばん RYO
30 トロン TRX
31 カウンターパーティ XCP
32 ネム XEM
33 ステラルーメン XLM
34 リップル XRP
35 テゾス XTZ
36 シンボル XTM
37 ザイフ ZAIF
38 ゼン ZEN

ホワイトリストに掲載されているから必ず安全であるという保証があるわけではもちろんありませんが、金融庁に認可されている取引所が取り扱っているため一定の安全性と安心感が担保されます

金融庁の認可を受けるためには、役員ヒアリングや書面審査、訪問審査等多くのプロセスを経てしか認可されません。また、以下に挙げるような条件を満たす必要性があります

国内取引所に認定される条件(一部)

・株式会社もしくは国内に営業所を置いていること
・資本金の額が1000万円以上であること
・利用者保護措置がなされていること
・利用者財産の分別管理がされていること
・利用者情報管理がされていること
・システムリスク管理がされていること
・マネーロンダリング及びテロ資金供与対策がされていること、など

このことからも、仮想通貨銘柄を選ぶ際はホワイトリスト掲載取引所が扱う銘柄を購入することをおすすめします。

流動性の高さ

仮想通貨(暗号資産)の銘柄を選ぶポイント

続いて、仮想通貨の流動性について確認します。「流動性の高い銘柄=市場でたくさん取引されている銘柄」ということです。

流動性の低い銘柄を取り扱う場合「適正価格で購入できない」「約定価格が大幅にずれる」などのデメリットがあるので注意が必要です。

 取引している人が少ないため、なかなか取引が成立するまで時間がかかることもあります。
流動性が低いと、チャートから値動きを分析できないという面もあります。取引量が少ないと少量の注文でもレートが急激に動きがちです。
そのため、チャートから値動きを予想するのが困難という欠点もあります。流動性が高い通貨を購入する方が無難と言えるでしょう。
流動性が低い仮想通貨は、スプレッドが広がりやすい傾向もあります。

時価総額規模

最後に時価総額を確認しましょう。時価総額が高いというのは、それだけ多くの人が投資しているということです。「投資している人が多い=信頼性・流動性」が高いということになります。

【時価総額の計算方法】

時価総額=発行数×市場価格

時価総額が高い仮想通貨は多くの取引所で取り扱っているため、売買しやすいという特徴もあります。また、時価総額の低い銘柄は、いずれ上場廃止になる可能性も否定できません。

取り扱いがなくなった場合、価格が暴落すると予想されるので、基本的には時価総額の高い銘柄に投資しましょう。

 あえて時価総額が低い通貨に投資する方法も考えられますが、ギャンブル性が非常に高くなることは理解しておきましょう。
2022年4月6日現在、仮想通貨銘柄の時価総額ランキングは以下のとおりです。
仮想通貨銘柄の時価総額ランキング
順位 銘柄 時価総額
1 ビットコイン ¥106,822,843,753,240
2 イーサリアム ¥50,095,757,544,249
3 テザー ¥10,223,183,086,229
4 バイナンスコイン ¥9,058,511,447,231
5 USDコイン ¥6,365,256,124,525
6 テラ ¥5,091,916,746,389
7 ソラナ ¥5,090,770,676,767
8 リップル ¥4,864,387,983,062
9 カルダノ ¥4,821,892,400,597
10 アバランチ ¥3,003,134,200,472

 

仮想通貨取引や開始についてのアンケート調査結果

新たに仮想通貨を始めようとしている方にとって、すでに仮想通貨取引をしている投資家が仮想通貨を始めたきっかけや利用している仮想通貨取引所、取引中の銘柄など気になることがたくさんありますよね。

なかなか多くの投資家に聞いてまわれることではないので、ご自身が取引を開始するにあたって参考になることも多くあるでしょう。

今回は、以下のアンケート調査項目とその結果をご紹介します。

仮想通貨に関するアンケート調査項目
  1. 仮想通貨をはじめたきっかけは?
  2. 主に利用している仮想通貨取引所は?
  3. 直近1年以内に最も投資した仮想通貨は?
  4. 今後の仮想通貨(暗号資産)投資に期待していますか?
  5. 仮想通貨を始めた年齢はいくつですか?

それぞれの結果をご紹介していきます。

仮想通貨をはじめたきっかけは?

仮想通貨に興味がある、また仮想通貨を始めようと考えている方にとって、すでに仮想通貨取引をしている投資家がなぜ仮想通貨を始めたのか、そのきっかけは気になりますよね。

今回、総数548名の投資家が回答した仮想通貨取引を始めたきっかけは以下のとおりでした。

仮想通貨を始めたきっかけはなんですか?

回答 パーセンテージ
投資目的  30.1%
興味があったから 27.7%
儲けが期待できるから 17.9%
資産として保有したいため 8.8% 
気軽に始められるから 7.7%
勧められたから 4.4%
その他 3.5%

やはり、現在仮想通貨取引をしている方の半数以上が”投資目的”として興味があったため仮想通貨を始めたと回答しており、また1割強の方が”儲けが期待できる”と考えたことから仮想通貨投資を開始したことがわかります。

一方で、仮想通貨取引を”気軽に始められるから”始めたと回答した方は全体の1割に満たない数字となったことからも、仮想通貨取引は難しそうといった印象があることも見てとれます。

はやり仮想通貨は投資ですから、安易に開始はできませんし、最低限の知識を持って進めていくのがベターでしょう。

主に利用している仮想通貨取引所は?

仮想通貨取引をする際に必ず必要になるのが仮想通貨の取引所。弊サイトでもおすすめの仮想通貨取引所はすでに紹介済みですが、仮想通貨投資家は実際どの取引所を利用しているのでしょうか

直近1年間のなかで最も利用した仮想通貨取引所を、有効回答総数500人が回答した結果は以下のとおりです。

直近1年間で最も利用した仮想通貨取引所はなんですか?

Coincheck bitFlyer dmmbitcoin GMOコイン その他
取引所名 Coincheck
(コインチェック)

bitFlyer
ビットフライヤー)

DMM Bitcoin GMOコイン その他
パーセンテージ 30.2% 24.2% 22.6% 11.2% 11.8%
詳細

およそ3割の投資家が最も利用していると回答したのは当サイトでも一番おすすめの取引所として紹介しているCoincheck(コインチェック)。

2022年1月現在、取引所の中でも最も取扱銘柄数が多い17種類の取引が可能です。

豊富な取扱銘柄数のみでなく、これら仮想通貨が約500円から購入できるというのも魅力で、アプリのダウンロード数はNo.1

取引所の取引手数料も無料、アカウントの登録から取引開始まで最短1日で完了できるスピード感も人気の秘訣でしょう。

直近1年以内に最も投資した仮想通貨は?

仮想通貨の銘柄数は、2022年2月現在なんと6,600種類以上ある※1といわれており、この中から儲けに繋がる銘柄を見つけたり投資することはなかなか至難の業ですよね。

現在仮想通貨取引をしている投資家たちが注目して投資をしている銘柄を尋ねたところ、1位は不動のビットコイン、さらにイーサリアムリップルネムと続きました。

直近1年以内に最も投資した仮想通貨は?

回答 パーセンテージ
ビットコイン 55.8%
イーサリアム 12.2%
リップル 10.2%
ネム 5.1%
ビットコインキャッシュ 3.3%
その他 4.6%
1年以内には投資していない 8.8%

ビットコインに投資したと回答した投資家がおよそ半数以上いるなか、イーサリアムやリップルに最も投資をしたと回答した方も見られたことから、今後の動向に大きく期待されていることがわかります。

今回のアンケート調査結果の3強を取引するならやはり王道のCoincheckの口座を開設しておくと安心です。

取扱銘柄数国内最多の17種類

今後の仮想通貨(暗号資産)投資に期待していますか?

今後の仮想通貨(暗号資産)投資に期待していますか?

回答 パーセンテージ
はい 68.8%
いいえ 15.3%
わからない 15.9%

今後の仮想通貨(暗号資産)投資に期待していますかという問いに対する回答として、「はい」と回答した方がおよそ7割弱でした。

「いいえ」(今後の仮想通貨投資に期待していない)と「わからない」を合わせて3割強という数字になりますが、今後の仮想通貨投資に期待をしている方の多さが顕著に現れる結果となっています。

現在仮想通貨に投資をしている投資家は、今後も継続して取引をする可能性が高いとも考えられますね。

仮想通貨を始めた年齢はいくつですか?

仮想通貨は、投資手段としては比較的近年にできたこともありますが、投資方法として仮想通貨取引を行っている投資家は何歳の頃に仮想通貨取引を開始したのでしょうか。

有効回答数548のうちの分布は以下のとおりです。

仮想通貨取引を始めた年齢はいくつですか?

回答 パーセンテージ
20歳未満 1.8%
20歳~29歳 15.0%
30歳~39歳 23.4%
40歳~49歳 29.9%
50歳~59歳 20.6%
60歳以上 9.3%

最も多い割合だったのは40歳から49歳に開始したという29.9%で、次いで30歳から39歳に開始した23.4%、さらに50歳から59歳に開始した20.6%の割合を合わせると、30歳から59歳のうちに開始した割合が実に全体の7割を占めています

仮想通貨取引所の開設にあたっては満20歳以上で日本国内居住であることが条件である取引所が多いことから、20代のうちから仮想通貨取引を開始する方もいることがわかります。

\幅広い層に人気の取引所なら!/

DMMビットコインがおすすめ

DMMビットコイン

20代の方から60代の方まで幅広い層に支持されているのがDMMビットコインビットコインのアプリです。
初心者向けのSTモードはシンプルで直感的に投資が可能で、上級者になってくると豊富な機能が備わるEXモードを利用することでさらに奥深く分析・投資が可能に。
土日祝も含めた1年間365日フルサポート。わからないことがあれば、LINEで気軽に質問することができるので一人で悩むことなく投資をすすめることができます。

アンケート調査の概要
調査目的 仮想通貨に関するアンケート
調査対象者数 20歳から70歳未満の男性396名、女性154名 計550名
調査方法 インターネットリサーチ
調査実施会社 株式会社ジャストシステム

ファストアスク

調査実施期間 2022年1月

おすすめの仮想通貨についてよくある質問

仮想通貨取引におすすめの取引所は?
国内で取り扱う仮想通貨の種類が最も多い、Coincheckが挙げられます。

17種類の仮想通貨に取引できるという点やCoincheckつみたて、レンディング(貸仮想通貨)サービスなどの取引方法も豊富で、取引手数料もMaker、Taker手数料ともに0円となっており、初心者から取引経験者まで幅広くおすすめです。

仮想通貨取引におすすめの銘柄は?
初心者の場合には、ビットコイン、イーサリアムなどのメジャーな通貨の取引から始めることがおすすめです。

ほとんどの仮想通貨はビットコインやイーサリアムなどの価格の大きな通貨の影響を受けます。ビットコインが暴落した際には他の通貨も暴落するため、ビットコインの相場を理解することが重要です。

仮想通貨取引におすすめの草コインは?
Coincheckで取り扱っているIOST(アイオーエスティー)がおすすめです。

IOSTは分散型金融(DeFi)を代表するブロックチェーン技術で、金融サービスに利用可能なため、今後様々な金融サービスで利用される可能性のあるブロックチェーンです。

また、JavaScriptを採用しているため、サービス開発者が利用しやすく設計されていることもメリットです。

まとめ

ここまで、おすすめの仮想通貨(暗号資産)の銘柄や取引所(ウォレットアプリ)をランキング形式で紹介してきました。

これから伸びるであろう銘柄を見つけるために、記事の中でご紹介したポイントを確認してみてください。

また、今後仮想通貨に投資する方は、最新ニュースを常に取り入れながら取引をしましょう。ぜひこの記事を参考にして、今後普及していくであろう仮想通貨に投資してみてはいかがでしょうか。

複数口座を開設し使ってみて、好みの取引所を見つけるのもオススメです。

仮想通貨に関する関連記事

 

 

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事