急な出費を乗り切るための方法3選とおすすめの借入先を徹底解説

急な出費を乗り切るための方法6選とおすすめの対処法を徹底解説!

監修者の紹介
増田さん

監修者増田 諒

2021年1月1日現在、全国に891世帯1,257名のクライアントを抱えるコンサルタントとして活動中。年間100件の個別相談のほか「マネー・ライフプランニング」「資産運用」「保険」「確定申告」「住宅ローン」「相続」等のテーマのセミナーで登壇。

MDRT入賞 7回 ・TLC(生命保険協会認定FP) ・CFP ・IFA(証券外務員1種)・ファイナンシャルプランニング技能士1級 ・宅地建物取引士 貸金業務取扱主任者

増田 諒Masuda Ryo

急な出費が発生した場合に、急いでお金が必要だというお悩みを抱えている人も多いのではないでしょうか。

また、一時的に急な出費を乗り越えたとしても、今後さらに大きな出費が発生してお金が足りなくなるかもしれないという不安がある方も多いと思います。

急な出費が発生してお金が必要な際にはいくつかの方法で対処することが可能です。特に、カードローンを利用することで将来の出費に対しても対処できます。

今回は、急な出費を乗り越えるための解決策や具体的におすすめのカードローンについて解説していきます。

急な出費例6つを一覧で把握しておこう

急な出費例6つを一覧で把握しておこう

日常生活を普通に送っているだけなのに、急に出費が必要になった経験が1度や2度、それ以上ある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

急な出費は意外と予期していなかった病気や怪我、事故などのハプニング、もしくは結婚式や葬式の冠婚葬祭など、自分が思いもよらぬタイミングで起こり得ることが多いです。

 予め不測の事態に備えて毎月コツコツと貯金をしていれば、ある程度のお金があることで、いざという時に「お金がない」という事態は防ぐことができます。

一方で貯金ができない性格の方や、ある程度貯金はするものの定期的に大きな買い物をしてしまい、なかなか大きな貯金ができないという方も沢山いらっしゃいます。

実際に「急な出費」や「まとまった出費」のことを考えず、日常生活を送っている方は多いです。

いざという時の出費に困らないように普段から意識して生活することが大切です。

そこで下記では急な出費例を大きく分けて6つ紹介します。一つずつのカテゴリに分けて詳細についても紹介しますので、予め把握して不測の事態に備えましょう。

「急な出費」や「まとまった出費」は、年間予測を立てて出費の備えを作っておけばリスクを最小限に抑えることが可能です。

急な出費の種類 詳細 出費金額
故障

 

家具 買い替え:20,000円~100,000円
修理:8,000円~50,000円
家電 買い替え:50,000円~200,000円
修理:30,000円~50,000円
1,000,000円~8,000,000円
医療費 事故による怪我 5,000円~100,000円
病気 220,000円~600,000円
冠婚葬祭 葬式の香典 5,000円~100,000円
結婚式の祝儀 30,000円~100,000円
結婚祝い、出産祝い 30,000円~100,000円
税金 自動車税 軽自動車:10,800円
乗用車:25,000円~110,000円
住民税 年10,000円~500,000円(収入により異なる)
固定資産税 年100,000円~200,000円(不動産により異なる)
車検代 30,000円~100,000円
イベント費 入学祝い 5,000円~30,000円
習い事の発表会代 10,000円~20,000円
旅費 50,000円~200,000円
その他 家の修繕 1,000,000円~5,000,000円
親の介護 月80,000円~100,000円
保険適用の場合50,000〜
交通違反の反則金 40,000円~100,000円

故障について

「故障」は、車、家具、家電など毎日使用するものが故障するととても不便です。これらの故障は修理費用が高い傾向があります。

特に車の故障の場合は、保険に入っていればある程度カバーされますが、保険に入っていないと数十万円〜数百万円と費用がかかってしまうので注意が必要です。

また、家具や家電は一度故障してしまうと修理した後も故障が続くことが多く、買い替えを余儀なくされる場合があるので抑えておきましょう。

家電製品や家具は安すぎない質の良い商品を購入しましょう。

医療費について

「医療費」については、気をつけていてもいつどこで怪我や病気に遭うか誰にも分かりません。家族が健康保険に加入していても医療費を全て賄うのは難しいのが現実です。

入院するとなると、入院時の食事代、ベット代などがかかり、入院時の自己負担用の平均額は20.8万円となっています。10〜20万円未満が約3割で20万円以上が3割弱です。

少しでも体に違和感を感じた時点で病院に行くことが大切です。なぜなら、軽度な症状を放置していると、後々高額な医療費を負担することになる場合があるからです。

入院費や治療費は公的医療保険により自己負担は3割とされています。

冠婚葬祭・イベントについて

「冠婚葬祭」や「イベント」などは、社会人として失礼のないように対応することが大切です。「お金がないから」という理由は社会的信用を失うので気をつけましょう。

 例えば、冠婚葬祭の場合は、ご祝儀、衣装代、交通費、二次会費用、入学祝い、旅費、出産祝いなどがあり、冠婚葬祭に関する支出は多いので把握しておくことが大切です。

また、「税金」に関しては、自動車税、住民税、固定資産税、車検代などが挙げられます。税金によって納期が決まっているので忘れないように支払いましょう。

税金の支払いが遅れると信用情報にも傷が付いてしまう可能性が高いので要注意です。

急な出費を乗り越えるための解決策6選

急な出費を乗り越えるための解決策

急な出費が発生した場合にお金が足りないという事態を乗り越えるための方法としては次の3つが考えられます。

急な出費を乗り越えるための解決策
  • カードローン
  • クレジットカードのキャッシング
  • フリーローン
  • リサイクルショップやフリマアプリで不用品を売る
  • 日払いや即日払いのバイトでお金を作る
  • ブランド品や貴金属を担保にして質屋でお金を借りる

それぞれの借入の特徴やメリットについて、詳しく解説していきます。

カードローン

カードローンとは、カードを使ってATMから融資を受けることができる借入方法のことを言います。

限度額を設定したカードを一度発行しておくことで、契約期間中はいつでもお金の借入と返済が可能です。

カードローンの中には消費者金融系と銀行系の2つがあり、それぞれの特徴が次のように異なっています。

カード 消費者金融 銀行
メリット ・最短即日発行に対応
・利息無料期間がある
金利が低い
デメリット 金利が高め 審査スピードが最短翌営業日

それぞれのカードローンによってメリットとデメリットが異なるため、使い分けが重要です。

例えば、急な出費でも即日で対応しなければいけない場合には最短即日発行対応の消費者金融系カードローンがおすすめといえ、なるべく金利が低い方がよい場合は銀行カードローンをおすすめします。

クレジットカードのキャッシング

クレジットカードのキャッシング

クレジットカードのキャッシングとは、クレジットカードを使用してATMなどからお金を借りることができる借入方法です。

 使い方に関してはカードローンとほとんど同じではありますが、カードローンは借入機能しかないのに対し、クレジットカードのキャッシングはショッピング機能と借入機能の両方を持ち合わせています。

クレジットカードのキャッシングは一度限度枠の申し込みをしておけば、契約期間中はいつでもATMなどからお金を借りることができます。

 ただし、キャッシングの申請から審査完了までに数日かかる可能性があり、キャッシング機能が付帯されていない場合には借入までに時間がかかるというデメリットも挙げられます。

また、キャッシング枠はカードローンに比べても限度額が低く、金利が高い傾向にあるため、必要な金額が大きい場合にはカードローンの方が優れているといえるでしょう。

フリーローン

フリーローン

フリーローンとは、マイカーローンや住宅ローンとは異なり、使い道が問われないローンです。

 ただし、事業のための資金に使うことや投資のために利用することは禁止されており、個人で必要なお金についてのみ借入ができます。

カードローンも使い道が自由なローンで知られていますが、フリーローンとの違いは借入と返済の方法です。

フリーローンでは、あらかじめ必要な金額と返済回数、使い道を事前に申告し、申告した内容に基づいた金額が一度に融資されます。

カードローンでは、限度額を設定して契約期間中いつでもお金を借りられるという側面を持っているため、フリーローンとは異なり何回でもお金を借りることが可能です。

したがって、フリーローンでは、一度きりの契約となってしまい、再度お金が必要になった場合には再び借入の申し込みが行う必要があります。

 ただし、フリーローンの場合には返済期間が決まっている点や金利がカードローンに比べて低い傾向にあることなど、メリットもあります。

リサイクルショップやフリマアプリで不用品を売る

リサイクルショップやフリマアプリで不用品を売る

急な出費で手元にお金がない場合、今自分が保有している不用品などをリサイクルショップやフリマアプリで売ることをおすすめします。

リサイクルショップではお店によって買取利の仕組みは様々で、大型家電専用、書籍や衣類、ブランドバッグなど様々なジャンルを取り扱っています。

 フリマアプリではジャンルの広さが特徴の「メルカリ」、LINE連携で利用できる「LINEモール」、女子向けに特化した「Fril」、オタクグッズに特化した「otamart」などがあります。

リサイクルショップやフリマアプリで不用品を売却するメリットは即金性がある点です。人気商品だと数分〜数時間で売れてお金に変えることが可能です。

特に「今すぐお金が欲しい」「人にお金を借りる訳にはいかない」と思っている方は、自分が保有する物に価値がある不用品があるかどうか確認してみてください。

使用しなくなった古いものが、意外と高価に取引されている可能性もあるので、お金に困ったら身の回りの不用品を売って現金に変えてみることをおすすめします。

フリマアプリでは小物商品を出店し、大型商品はリサイクルショップへ持っていくことおすすめします。

日払いや即日払いのバイトでお金を作る

日払いや即日払いのバイトでお金を作る

急な出費で手元にお金がない場合は、即金性のある日払いバイトや即日払いバイトを利用してお金を作ることをおすすめします。

日払いバイトでは、労働した分のお給料が1日ごとに貰えるシステムです。その中でも即日払いバイトは、基本的に手渡して1日のお給料が貰えることが多いです。

 未経験で誰でも働ける仕事が多く、イベントスタッフ、軽作業スタッフ、フロアレディ、リゾートバイト、交通量調査、チラシ・ティッシュ配り、商品カウントなどが挙げられます。

いずれにしても、勤務する日が自由に決められて未経験でも始めることが可能です。日払いや即日払いに対応しているため、単発での募集が多いのでおすすめです。

日払いバイトや即日払いバイトは皆んなでワイワイ働ける環境から、一人で黙々と作業する仕事などバラエティ豊かなので、自分に適した仕事を探してみてください。

特に短期バイトは履歴書や面接が不要の場合が大半なので、「明日からでも働いてお金を稼ぎたい」「来週中には手元にお金が必要だ」という方には最適です。

日払いバイトといっても即日でお金が貰えるバイト先ばかりではないので注意しましょう。

ブランド品や貴金属を担保にして質屋でお金を借りる

ブランド品や貴金属を担保にして質屋でお金を借りる

急な出費でお金が欲しいと思った時にオススメなのが、ブランド品や貴金属を担保にして質屋でお金を借りる方法です。

質屋とはブランドバッグやゲーム機、パソコンやスマートフォンなどの商品の「買取」や「質預かり」などを行うところです。

 「買取」は商品をお客さんから買い取ることで現金を貰いますが、「質預かり」はある商品を質屋に預け、その商品を担保にしてお金を借りれる制度です。

例えば、あなたがブランドバッグを質屋に「質預かり」してもらうと、一定の期間質屋からお金を借りることができます。

期限までに返済すると商品は再び自分の手元に戻り、期限までに返済できないと商品は「質流れ」となり、商品は返却されず質屋の所有物になるシステムです。

質屋が提供する「質預かり」という仕組みを利用すれば、今お金がなくて困っていても、ブランド品や貴金属を担保にしてお金を借りれるので即金性がありるのでオススメです。

質屋でお金を借りる場合は、預ける品物以外にも「本人確認書類」が必要なのでお忘れずに。

急な出費におすすめな消費者金融&銀行カードローンを徹底比較

プロミス
アコム
SMBCモビット
レイクALSA
アイフル
三菱UFJ銀行
カードローン
「バンクイック」
楽天銀行
スーパーローン
横浜銀行
カードローン
三井住友銀行
カードローン
プロミスのカードローンの特徴を徹底解説!借入・返済方法も紹介
アコム
SMBCモビット
レイクALSA
アイフル
三菱UFJ銀行カードローンバンクイック
楽天銀行スーパーローン
三井住友銀行カードローン
実質年利
4.50%~17.80%
3.0%~18.0%
3.0%~18.0%
4.5%~18.0%
3.0%~18.0%
1.8〜14.6%
1.9%~14.5%
1.5%〜14.6%
1.5%〜14.5%
借入限度額
最大500万円
最大800万円
最大800万円
最大500万円
最大800万円
10〜500万円
最大800万円
最大1000万円
10〜800万円
無利息期間
30日
30日
最大180日間
30日
-
審査期間
最短30分
最短30分
10秒簡易審査
お申込み後、最短15秒
最短25分
最短翌営業日
最短当日
土日祝未対応
最短翌日
最短翌営業日
※申込完了後の確認事項や本人確認書類の提出状況で異なる場合あり
融資スピード
最短即日
最短即日
最短即日
※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
最短即日
※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
最短即日
最短翌営業日
最短翌日
最短翌日
最短翌営業日
※申込完了後の確認事項や本人確認書類の提出状況で異なる場合あり
WEB完結
融資まで
融資まで※2
融資まで
融資まで
融資まで
可能※お申し込みまで
融資まで
融資まで
可能
※普通預金口座かキャッシュカードをお持ちの場合
取引手数料
不要
不要
不要
不要
※ATM以外
不要
-
不要
-
不要

プロミス

プロミス

プロミスのココがおすすめ
  • 2021年オリコン顧客満足度調査「ノンバンクカードローン」第1位※1
  • 担保・保証人不要のフリーキャッシング!
  • 原則24時間振込可能
  • 初めて利用で30日間無利息サービス

プロミスは、運転免許証などの本人確認書類があれば、すぐに審査・借入が可能です。

メリット①:30日間の無利息期間がある

プロミスは、初めて申し込みをした方限定で「30日間の無利息期間」が利用できます。

 無利息期間は借り入れした日の翌日から開始されるので、自分の借り入れるタイミングでお得に利用できるのがメリットです。

この期間内であれば何度借り入れを行っても利息は一切かからないので、給料のつなぎなど、短期間の借り入れを検討している方におすすめです。

初めて借り入れで不安を感じている方も、気軽に始められるでしょう。

メリット②:カードレス取引ができる

プロミスは、専用アプリをダウンロードすれば「スマホATM」でカードレス取引ができるようになります。

 「スマホATM」はカードを持っていなくても、スマホさえあればセブン銀行ATMでカードレス取引ができる便利な機能です。

セブン銀行ATMで表示されたQRコードを、スマホで読み取ると企業番号と暗証番号が表示されます。

スマホで読み取った企業番号と暗証番号をATMに入力すれば、簡単にカードレス取引ができる仕組みです。

基本情報:

融資金額 最大500万円
貸付利率 年4.5%~17.8%
申込可能年齢
  • 年齢18歳以上、69歳以下のご本人に安定した収入のある方
  • プロミスの基準を満たす方

(※主婦・学生でもアルバイト・パートなど安定した収入のある場合はお申込いただけます。ただし、高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)はお申込いただけません。)

審査時間 最短30分
WEB完結
最短即日融資
返済方式 残高スライド元利定額返済方式
返済期間・返済回数 最長80回
遅延損害金(年率) 20.00%
担保・連帯保証人 なし

出典:公式サイト

※1出典ページ

※2最短15秒回答の申込はスマートフォンのみとなり、受付時間は9:00〜21:00までとなります

※3最短15秒で事前審査結果を確認した後、本審査が必要となり、新規契約時点の融資上限は50万円までとなります

アコム

【PostSnippets用】おすすめカードローン アコム

アコムのココがおすすめ
  • 審査回答時間は最短30分最短即日振り込み対応!
  • 利息は利用日数分だけ
  • ネットや全国各地の提携ATMから借入・返済が可能※3
  • 最大30日間金利0円サービス!

メリット①:30日間の無利息期間がある

アコムは初めての契約時に限り、30日間無利息で借り入れができるお得なサービスが用意されています。

ただし、無利息期間が開始されるのは、借り入れ日の翌日からではなく、契約日の翌日からである点に注意が必要です。

 借り入れの予定よりも早いタイミングで契約してしまうと、日数分損してしまう可能性があります。

無利息期間を賢く活用してお得に借り入れしましょう。

メリット②:家族にバレにくい

アコムは利用者のプライバシーに配慮したさまざまな取り組みが行われているので、家族にばれにくい点がメリットです。例えば郵送物にはアコムという社名は記載されておらず、全て「ACサービスセンター」という名前で発送されます。

 郵送物を見ただけでは、アコムを利用していることが分からないでしょう。

より慎重に借り入れをしたいという方は、郵送物自体を送らないように依頼する、という方法を取ることも可能です。

その他に不安なことがある方はコールセンターが親切に相談にのってくれるので、一度相談してみてくださいね。

基本情報:

融資金額 最大800万円
貸付利率 年3.0%~18.0%
申込可能年齢
20~69歳
審査時間 最短30分
WEB完結
最短即日融資
返済方式 定率リボルビング方式
返済期間・返済回数 最長87回
遅延損害金(年率) 20.00%
担保・連帯保証人 なし

※18,19歳の方は契約に至りづらい可能性がございます。
また、収入証明書のご提出が必要になりますので、ご準備をお願いいたします。

出典:公式サイト

※1アコムが不適当と判断した場合は対象外となる可能性があります。

※2無担保カードローンが対象です。その他の契約(クレジット・借換えローンなど)は対象外となります。

※3利用可能時間は店舗・ATM等により異なります。

※4 3秒診断は借入を検討される際の目安であり、実際の借入時の審査結果と異なる場合があります。

※5事前に利用の金融機関でインターネットバンキングの申し込みが必要です。

SMBCモビット

smbcモビット

SMBCモビットのココがおすすめ
  • Tポイントが返済で貯まる・返済に使える
  • 2020年HDI格付け調査で業界初の最高ランク「三つ星」を獲得※1
  • 三井住友銀行ATM利用手数料0円
  • スマホでキャッシング可能、WEB完結のカードローン

メリット①:Tポイントが貯まる

SMBCモビットは、返済でTポイントが貯まる点がメリットです。貯まったTポイントは1ポイント1円として返済に使うこともできます。

 Tポイントは、全国の加盟店の買い物で使えるポイントサービスなので、使い道に困ることはないでしょう。

加盟店はスーパーやコンビニ、ドラッグストアなど、幅広いラインナップが魅力です。200円の支払いにつき1ポイントが貯まる仕組みなので、利用するほどどんどんポイントが貯まります。

メリット②:三井住友銀行のATMなら手数料が無料

SMBCモビットは、大手メガバンクであるSMBCグループが運営しているカードローンサービスであるため、安心感があります。

 さらに三井住友銀行と同じグループ会社であるため、三井住友銀行ATMでは無料で借り入れ・返済が可能です。

三井住友銀行は全国各地にあるため、出先で急きょお金が必要な時にも利用しやすいでしょう。

手数料を気にせずこまめに借り入れと返済ができるので、計画的に利用することができます。

基本情報:

融資金額 最大800万円
貸付利率 年3.0%~18.0%
申込可能年齢
  • 年齢満20歳〜69歳の安定した定期収入のある方
  • SMBCモビットの基準を満たす方
  • アルバイト、派遣社員、パート、自営業の方も利用可
審査時間 最短30分
WEB完結
最短即日融資
返済方式 残高スライド元利定額返済方式
返済期間・返済回数 最長60回
遅延損害金(年率) 20.00%
担保・連帯保証人 なし

出典:公式サイト

※1参照ページ

※2 セブン銀行ATMが 26,000 台に到達

※2審査の際に確認が必要な場合は、電話が必要な場合があります(電話はオペレーターの個人名でかかってきます)。

※3 申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

※4延長中の返済については、Tポイントは付与されません。

※5ATMの利用等で、返済額に手数料が含まれている場合、最低利用単位は手数料を超えるポイントとなります。

※6 セブン銀行ATM休止時間、および会員サービスMyモビのメンテナンス時間帯は利用できません

出典:公式サイト

レイクALSA

レイクALSA最新LP

レイクALSAのココがおすすめ
  • 無利息サービスが選べる!
  • Webで最短60分融資も可能!※1
  • カードなしで利用できる

特徴①:無利息サービスが選べる!

長期間の選べる無利息サービスがあり、条件に応じていずれかを選べます(このほかに30日間無利息サービスもあります)。

60日間、利息0円
  • Web申込み限定

  • 初回契約日翌日から無利息

  • 契約額1~200万円の方

180日間、利息0円
  • 5万円まで利息0円(5万円を超えた分は通常金利適用)

  • 初回契約日翌日から無利息

  • 契約額1~200万円の方

借入額が少ない場合は、約半年間も無利息で利用できる約半年間も無利息で利用できるので初めて利用する方におすすめです。

選べる無利息サービスについての注釈
≪60日・180日共通の注釈≫
※初めてなら初回契約翌日から無利息
※無利息期間経過後は通常金利適用。
※30日間無利息、60日間無利息、180日間無利息の併用不可。
※ご契約額が200万超の方は30日無利息のみになります。
≪60日間無利息の注釈≫
※Webで申込いただき、ご契約額が1~200万円の方。
※Web以外で申込された方は60日間無利息を選べません。
≪180日間無利息の注釈≫
※契約額1万円~200万円まで
貸付条件
融資限度額 1万円~500万円
貸付利率 4.5%~18.0%
ご利用対象 年齢が満20歳以上70歳以下の国内に居住する方,ご自分のメールアドレスをお持ちの方,日本の永住権を取得されている方
遅延損害金(年率) 20.0%
ご返済方式 残高スライドリボルビング/元利定額リボルビング
ご返済期間・回数 最長5年、最大60回
必要書類 “運転免許証 ※収入証明(契約額に応じて、新生銀行フィナンシャルが必要とする場合)
担保・保証人 不要
※商号:新生フィナンシャル株式会社
※貸金業登録番号:関東財務局長(10) 第01024号

メリット②:カードなしで利用できる

レイクALSAは、「e-アルサ」というアプリを使えば、最寄りのセブン銀行ATMを利用する際に、カードレスで取引を行うことができます。

 カードを持ち歩くのが面倒な方や、カードを無くすリスクが怖い方、財布がカードで膨らむのが嫌という方におすすめです。

他人にカードローンを利用していることがばれたくない方も、カードレスなら他人にローンカードを見られる心配もありません。

申し込みの手続きもスマホで完結できる

e-アルサでは、お持ちのスマホを使って、新規申し込みから借り入れまでを自宅にいながら手軽に進めることができます

新規申し込みの場合は、スマホの専用フォームから個人情報や借入希望額、収入などの項目を入力するだけです。

e-アルサの利用方法

まずは最寄りのセブン銀行ATMで「スマートフォン取引」を選択したあと、QRコードにスマホをかざします。

バーコードリーダーがQRコードを読み取ると、スマホの画面に企業番号が現れる仕組みです。

ATMに企業番号を入力したら、確認ボタンをタップして取引を行いましょう。

基本情報:

融資金額 最大500万円
貸付利率 4.5%~18.0%
申込可能年齢
  • 満20歳〜70歳
  • 国内居住の方、日本の永住権を取得されている方
審査時間 最短60分
WEB完結
最短即日融資
返済方式 残高スライド元利定額返済方式
返済期間・返済回数 最長36回
遅延損害金(年率) 20.00%
担保・連帯保証人 なし

出典:公式サイト

出典:http://lakealsa.com/beginner/nointerest.asp

※1…21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。

アイフル

アイフル

アイフルのココがおすすめ
  • 申し込みはWebで完結できる
  • おまとめローンとして活用できる
  • WEB申込みなら最短25分融資も可能!
  • 初めての利用で最大30日間利息0円
  • 24時間365日即時振り込み可能

メリット①:初めての利用で最大30日間利息0円

アイフルでは初めて契約の方限定で、最大30日間利息0円サービスを利用することができます。

 無利息期間が開始されるのは初めて契約した日の翌日から30日間で、この期間中であれば何度借り入れを行っても利息は発生しません。

給料日までのつなぎなど、短期間で借り入れを利用したい方にはぴったりのサービスでしょう。

ただし、無利息期間が経過してしまった際に借入残高が残っていれば利息は発生してしまうので注意が必要です。

メリット②:24時間365日即時振り込みが可能

アイフルでは、平日夜間・土日祝日を含めた、24時間365日即時振り込みによる借り入れに対応しています。

 夜間・土日・祝日を問わず、申し込みから最短10秒でお金が振り込まれるので、急ぎでお金が必要な場面でも便利に活用できます。

24時間365日即時振り込みに対応しているカードローン会社はそう多くないので、独自のメリットであると言えるでしょう。

日中は仕事でATMまで足を運ぶ暇がない方でも利用しやすいサービスです。

基本情報:

融資金額 最大800万円
貸付利率 3.0%~18.0%
申込可能年齢
20~69歳
審査時間 最短25分
WEB完結
最短即日融資
返済方式 残高スライド元利定額返済方式
返済期間・返済回数 最長65回
遅延損害金(年率) 20.00%
担保・連帯保証人 なし

出典:公式サイト

※21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。

三菱UFJ銀行カードローン『バンクイック』

三菱UFJ銀行カードローン バンクイック

おすすめポイント
  • 三菱UFJ銀行の口座を持っていなくても利用可能
  • 借入・返済ともに提携ATM手数料無料
  • カードを自宅郵送なしで受け取り可能

三菱UFJ銀行の『バンクイック』は、インターネットなら24時間申し込み可能です。申し込み方法も電話やWEBだけでなく、テレビ窓口での申し込みも利用出来ます。

また、コンビニなど提携ATMの手数料も無料なため、借入や返済をこまめに利用する人にもメリットが大きいといえます。

テレビ窓口ならその場でカードを受け取れるので、郵送されたくない人には嬉しいですね。
金利 実質年率1.8%~14.6%
利用限度額 10万円~500万円
WEB完結 可能
融資スピード 最短翌営業日以降
申し込み対象 満20歳以上65歳未満で、原則安定収入がある人

楽天銀行スーパーローン

【銀行】おすすめ低金利カードローン8選

おすすめポイント
  • 楽天会員ランクに応じて審査優遇
  • 新規入会で1,000ポイントの楽天ポイントがもらえる
  • 提携コンビニなどのATM手数料が無料

楽天銀行スーパーローンは、楽天銀行の口座がなくても利用可能なため、他社の銀行口座を返済口座に指定できます。

さらに、楽天会員には審査優遇※2や入会でポイントが獲得できるメリットもあるため、楽天をよく利用している人には嬉しいサービスだと言えるでしょう。

普段使っている口座を指定できるので、便利ですね。
金利 実質年率1.9%~14.5%
利用限度額 最高800万円
WEB完結 可能
融資スピード 最短翌営業日以降
申し込み対象 満20歳以上62歳以下で、毎月安定した定期収入のある人または専業主婦※1

出典:公式サイト

※1 パート・アルバイト及び専業主婦の方は60歳以下 ※2すべての楽天会員が優遇の対象となるとは限りません。

横浜銀行カードローン

横浜銀行カードローン

おすすめポイント
  • 提携ATM手数料無料
  • アプリで借入・返済が可能
  • 他社借入のおまとめ利用も可能

横浜銀行カードローンは、派遣社員やアルバイトだけでなく、収入が無い専業主婦の方も利用できます。

はまぎんアプリをインストールしておけば、借入・返済だけでなく利用状況の確認も出来ます。おまとめ利用も推奨されているので、複数社から借入している人は一本化も検討してみましょう。

ただし申し込みできるエリアが限定されているので、事前によくご確認ください。
金利 実質年率1.5%~14.6%
利用限度額 最大1,000万円
WEB完結 可能
融資スピード 最短翌日
申し込み対象

満20歳以上69歳以下で安定収入のある人、及びその配偶者

上記に加えて、次の地域に居住または勤務している人

  • 神奈川県内全地域
  • 東京都内全地域
  • 群馬県内の前橋市、高崎市、桐生市

ちばぎんカードローン

千葉銀行カードローン

おすすめポイント
  • 1年で40,000人お申し込み実績がある
  • 返済方法は月々2,000円から可能
  • 10秒クイック診断で借入可能か確認できる

千葉銀行のちばぎんカードローンは、提携ATM上限金利が14.8%と好金利で安心してスムーズに借入ができます。

 返済方法は毎月2,000円から自動返済が可能です。そのため、余裕を持ってまとめて返済することができ、返済期日を忘れることもありません。

また、アルバイト、パート、派遣社員の方でも申込み可能です。気になる方は10秒クイック診断を利用して借入可能か確認してみてください。

来店不要でWEB完結で申込み可能なので、手軽に借入できるところがおすすめです。
金利 年1.4〜14.8%
利用限度額 最大800万円
WEB完結 可能
融資スピード 最短翌営業日
申し込み対象 満20歳以上65歳未満の方

auじぶん銀行カードローン

au自分銀行カードローン

おすすめポイント
  • 毎回のローン返済額は1,000円から可能
  • 明細書の郵送がなくWEBで完結
  • 借換えでの利用ができる!

auじぶん銀行カードローンは通常コース、誰でもコース、借り換えコースの3つがあり、低金利で利用できるところがメリットです。

 「借換えコース」では、現在返済中のカードローンから借り換えすることで、支払利息を減らせる可能性が高いです。

また、auじぶん銀行カードローン提携ATMは、どの時間帯でも手数料が無料なので、少額の借入が多い人にはピッタリです。

お申込みから借入まで全てスマートフォン1つで完結するため誰にもバレずに借入できます。
金利 年1.38%~17.4%
利用限度額 最大800万円
WEB完結 可能
融資スピード 融資開始まで約1〜3週間程度
申し込み対象 満20歳~69歳の方

急な出費にはカードローンの借入がおすすめな理由

急な出費にはカードローンの借入がおすすめな理由

急な出費を乗り越えるためのおすすめの借入方法について紹介しましたが、特におすすめな借入方法としてはカードローンが挙げられます。

急な出費にはカードローンがおすすめな理由
  • 最短即日でお金を借りることができる

  • 利息無料期間を活用してコストを抑えられる

  • 今後の急な出費の際にも備えられる

  • 借り換えや借入をまとめる際にも役に立つ

ここでは、カードローンがおすすめである理由について詳しく解説していきます。

最短即日でお金を借りることができる

カードローンの大きなメリットとして挙げられるのが、審査スピード、融資スピードが早いという点です。

 消費者金融系のカードローンを申し込むと、最短30分〜1時間程度で審査が完了するため、審査後すぐに契約手続きを行うことで、即日融資にも対応します。

カードの受け取りが間に合わなくてもスマホから銀行口座に振込対応してくれたり、アプリを利用してATMからお借入ができるアプリローンなど、すぐにお金を借りることができる方法が充実していることもメリットです。

また、インターネットから手軽に申し込みができるため、申し込み手続きを行う暇があまりないという方でもスキマ時間を活用してカードローンを申し込むことができます。

利息無料期間を活用してコストを抑えられる

利息無料期間を活用してコストを抑えられる

「急な出費が発生してお金が足りない場合でも借入を行なって利息がかかるのは抵抗がある」という方も多いでしょう。

しかし、カードローンの中には、利息無料期間が設けられているものがあるため、利息を払いたくない人にもおすすめです。

特に、消費者金融系のカードローンは初めての利用に限り利息無料期間が30日程度設定されているため、一時的にお金が足りないという方でも使いやすいです。

 例えば、利息無料期間のある消費者金融系のカードローンでお金を借りて、30日以内に返済すれば利息は一切かかりません。

返済が間に合わず、60日後の返済になってしまっても当初30日間の利息は無料なため、実質30日分の利息しかかからないということは大きなメリットといえるでしょう。

今後の急な出費の際にも備えられる

今後の急な出費の際にも備えられる

カードローンを一度発行してしまえば、契約期間中はいつでもお金の借入と返済が行えます

 例えば、限度額30万円のカードローンで最初は10万円を借りていたけど、1ヶ月後に10万円が追加で必要になった場合には、申し込みの必要がなくATMなどからすぐに10万円を借りることが可能です。

急な出費は1度や2度で終わるということはなく、将来的に大きな出費が発生する可能性もあるため、カードローンを発行しておくことで安心です。

 フリーローンなどの一時的な借入方法では、再度申し込みを行って審査をする必要があるため、借入までに時間がかかるだけでなく、審査落ちのリスクがあります。

一度審査に通ったからといって次回の審査も通るという保証はないため、今後の急な出費に備えるためにはカードローンを発行しておくことがおすすめです。

借り換えや借入をまとめる際にも役に立つ

借り換えや借入をまとめる際にも役に立つ

カードローンは借入のおまとめにも役立つため、急な出費で必要な資金と借り換え分の資金の返済を同時に行うこともできます

例えば、急な出費で10万円必要で、他の借入が20万円あった場合にカードローンで30万円借りると、借入を一つにまとめることが可能です。

借入をまとめることで、返済負担を抑えることができるため、借り換えも同時に行うことは非常に効果的です。

 また、借入をまとめるだけでなく、ショッピングの分割払いやリボ払いの残高を返済してカードローンにまとめるという方法も利用できます。

分割払いやリボ払いをまとめることで、カードローン以外の支払いがなくなるため、月々の返済負担を最小限に抑えることが可能です。

おまとめローンなら

急な出費の際におすすめのカードローンの選び方

急な出費の際におすすめのカードローンの選び方

急な出費が発生した場合には急いでお金が必要な場合も多いでしょう。すぐにお金が必要な場合におすすめのカードローンを選ぶ方法としては、次の4つが挙げられます。

急な出費におすすめのカードローンの選び方
  • 事前審査が利用できるカードローン

  • 最短即日発行に対応しているカードローン

  • 利息無料期間があるカードローン

  • スマホアプリからでも借入ができるカードローン

それぞれの選び方について、詳しく解説していきます。

事前審査が利用できるカードローン

カードローンの中でも事前審査を活用することで、どのくらいの金額を借入できるかという目安が簡単にわかるためおすすめです。

特に、消費者金融系のカードローンでは数秒〜数十秒以内に事前審査結果をお知らせしてくれるものもあるため、急いでお金を借りたい場合に役立ちます。

事前審査は入力項目も少なく、次のような項目を入力するだけで結果を判定してくれます。

事前審査の入力項目
  • 年齢
  • 年収
  • 借入希望額
  • 他社の借入額

上記の4項目を入力するだけで、借入希望額での融資が可能かを判定してくれるため、急いでお金を借りたい場合に役立つでしょう。

審査によっては希望額での借入が難しいということもあります。事前審査を行わずいきなり本審査を行ってしまうと、結果の判定までに1時間〜数日かかる可能性もあるため、審査に落ちた時に時間を無駄にしてしまいます。

したがって、事前審査を活用して素早くお金を借りられるよう、事前審査対応のカードローンを選ぶようにしましょう。

最短即日発行に対応しているカードローン

最短即日発行に対応しているカードローン

全てのカードローンが最短即日発行に対応しているわけではないため、急いでお金を借りたいという場合には最短即日発行に対応したカードローンを申し込むのがおすすめです。

特に、銀行系のカードローンでは、審査スピードが最短翌営業日であることも多く、即日の融資に間に合わない可能性が高いです。

最短即日の借入を実現させるためには、審査スピードが早いことがメリットである消費者金融系のカードローンを活用しましょう。

ほとんどの消費者金融系カードローンでは、審査スピードが最短30分〜1時間程度となっています。したがって、最速で契約手続きを行えば、1時間〜2時間程度で融資ができる可能性もあります。

急な出費が発生した場合には当日〜翌日以内に対処しなければいけない事態もあるため、即日で発行できるものを選ぶことが望ましいです。

最短30分融資!

利息無料期間があるカードローン

利息無料期間があるカードローン

即日発行に対応していることとは直接関係がありませんが、利息無料期間があるカードローンを選ぶことで、返済にかかるコストを抑えることが可能です。

 急な出費が発生してお金が必要になるということは、毎月の家計のやりくりが厳しいということでもあります。

したがって、カードローンでお金を借りて出費に対処しても、利息の負担や返済の負担が重たいということが考えられます。

したがって、余計なコストを減らすためにも、利息無料期間を上手に活用して金利を抑えてお金を借りることが賢い選択と言えるでしょう。

特に、消費者金融系のカードローンであれば利息無料期間に対応しているものも多いため、スピーディな借入とコストを抑える両方が期待できます。
初めての方なら30日間も利息0円!

スマホアプリからでも借入ができるカードローン

スマホアプリからでも借入ができるカードローン

カードローンの中にはカードを使った借入だけでなく、スマホを活用してお金を借りられるアプリローンに対応しているものもあります。

 スマホを使うことでインターネットからお借入ができたり、カードを持ち歩かなくてもコンビニATMなどから現金を借りることができるなど便利な機能が多いです。

したがって、急な出費ですぐに対処したい場合でもスマホ1つで借入ができて便利です。

また、スマホアプリを活用することで借入の残高をすぐに把握できたり、返済日が近づくとお知らせしてくれる機能が利用できるため使いやすさが格段に上がります。

消費者金融系のカードローンではスマホアプリの機能が非常に充実しているため、即日の借入だけでなく様々なメリットがあるでしょう。

カード不要のアプリローンで完結

急な出費が発生してお金を借りる際の注意点

急な出費が発生してお金を借りる際の注意点

急な出費が発生した場合には、お金を借りるという方法がおすすめですが、借入を検討する際にはいくつか注意点も考えられます。

ポイント
  • ヤミ金でお金は借りない|審査のない借入を利用しない

  • 焦って複数のカードローンに申し込まない

  • 審査に落ちる可能性も考える

お金を借りる際の注意点について、詳しく解説していきます。

ヤミ金でお金は借りない|審査のない借入を利用しない

お金が必要ですぐにお金を借りたいからといって審査不要で借りられる借入を利用してはいけません。

お金を融資してくれる業者は貸金業法という法律によって必ず審査を行う必要があるため、審査不要の借入というのは法律違反です。

 特に、ヤミ金と言われる法外な利息でお金を貸し付けて、悪質な取り立て行為を行う業者である可能性が高いため、トラブルになることは免れません。

ヤミ金を利用しても借りる側が法律で裁かれることはありませんが、そもそも利息が高く返済ができなくなる可能性が高いことや、返せなくなった際に家族や知人にまで迷惑がかかる可能性もあるため、利用しないようにしましょう。

安全性が高い

焦って複数のカードローンに申し込まない

焦って複数のカードローンに申し込まない

急いでお金を借りようとして審査確率を上げるために複数のカードローンに申し込みを行う人も多いですが、かえって審査に落ちてしまう可能性が考えられます

 カードローンの審査では信用情報というローン契約の詳細や返済状況について確認できる機関に照会を行い審査します。

信用情報では、カードローンやクレジットカードなどの申し込み履歴が残るため、どのような金融機関でいつ借入の申し込みを行ったかが丸わかりです。

本人が1つのカードローンのみを利用しようと考えていても複数のカードローンの申し込み履歴があった場合にはたくさんお金を借りようとしていると判断されるため、お金に困っており返済できなくなるリスクが高いと判断されます

したがって、複数のカードローンの申し込み履歴があることが審査に不利になるケースもあります。

なるべく1つのカードローンに申し込み、落ちてしまったら時間をあけて次のものに申し込むことが望ましいでしょう。

審査に落ちる可能性も考える

審査に落ちる可能性も考える

お金を借りる際には必ず審査が行われますので、状況によっては審査に落ちてしまうことも考えられます。

審査に落ちてしまうと当然お金を借りることはできないため、借入ができないことも想定しながら、別の方法で対処する可能性も考えておきましょう。

例えば、友人や家族からお金を借りることや質屋などでお金を借りる方法・不用品を売却しお金を集めることが考えられます。

ただし、どの方法にもメリット・デメリットがあるため、自分にとって最適な方法を考えることが望ましいです。

急な出費に対応できる貯金額っていくら?

急な出費に対応できる貯金額っていくら?

急な出費は自分が思いもよらぬタイミングで訪れます。そのため、予測の事態に備えてある程度の貯金があった方が自分のためにもなりますし周りに迷惑をかけずに済みます。

ただ、貯金はいざやろうと思ってもなかなか貯まらないので、「何のために貯金をするのか」「どうして自分は貯金をするのか」とできるだけ明確にすることが大切になります。

 貯金額については年齢や家族構成で異なるため、20代の貯金額の目安、30代の貯金額の目安、40代の貯金額の目安とそれぞれ解説していきますので参考にしてください。

20代の貯金額の目安は、失業や病気で働けない状態になった時に備えて、月収の約6ヶ月分である100万円を目安にして貯金しておくことをオススメします。

毎月2〜3万円程度を貯金すれば、年間に約30万円前後、数年間頑張って貯金すれば100万円を達成できます。

30代の貯金額の目安は、結婚や出産、子育てや住宅購入などのライフイベントが目白押しなので、急な出費や大きくお金が必要になる時期です。

 2人以上の世帯であれば生活費が平均20〜30万円かかることを考慮し、夫婦で100〜200万円前後の貯金があれば急な出費でも安心して生活できるでしょう。

40代の貯金額の目安は、住宅ローンや車ローン、子供の教育費などに費用がかかります。もし子供が大学に通うとなると国立大学で約503.2万円、私立大学で約738.1万円かかります。

また、この年代になると両親の介護も必要になってくるため、夫婦2人合わせて150〜250万円程度のお金を持っておいた方が、急な出費にも対応できるでしょう。

20代以降は一人当たり100万円程度のお金を貯金しておくことを心がけましょう。

急な出費やまとまった出費が発生する前に

急な出費やまとまった出費が発生する前に

社会人になると、自分が思いもよらぬタイミングで急な出費が発生します。そのため、急な出費の発生時期や頻度をコントロールすることは当然できません。

いざという時に対処できる方法は「予測の事態に備えて貯金をすること」「副業でお金を稼ぐこと」「いつでもお金を借りれるようにしておくこと」この3つの対処法があります。

 1つ目の予測の事態に備えて貯金をすることに関しては、毎月のお給料の中から一定金額を予備費専用口座に貯金をして、コツコツと貯めていきましょう。

貯金は「貯めよう」と思っても過去の習慣が邪魔して貯まりづらいです。何のために貯金をするのか目的を持って貯めれば、習慣化することができるでしょう。

貯金は日々の積み重ねなので、楽しみながら行えばあっという間に増えていきます。

2つ目は最近は副業ブームなので、自分自身で稼ぐ力を付けることも一つの手段です。いつ会社が倒産するか分からない昨今、自分で稼ぐ力を持つ人間は一番強いです。

 3つ目は「いつでもお金を借りれるようにしておくこと」に関しては、いざという時に個人で融資サービスを利用できる、クレジットカードに付帯するキャッシングサービスが最適です。

一つカードを持っておけばいつでも借入できるので、急な出費でも対応できておすすめです。

特に大手銀行が提供するカードローンサービスはお得に利用できます。

急な出費に関するよくある質問

急な出費例とは何がある?
急な出費の具体例は、家具、家電、車などの「故障費用」、結婚式の祝儀、結婚祝い、出産祝いなどの「冠婚葬祭費用」、自動車税、住民税、固定資産税などの「税金費用」、入学祝い、習い事の発表会代などの「イベント費用」などが挙げられます。
急な出費の解決方法とは?
急な出費の解決方法は、最短即日で借入できるカードローン、クレジットカードの限度額範囲内のキャッシング、使い道が問われないフリーローン、不用品販売や即日払いバイト、質屋でブランド品や貴金属など担保にお金を借りるなどがあります。
急な出費にカードローンがおすすめな理由とは?
カードローンのメリットは最短即日で借入できる点です。多くの企業は新規利用者に対して「30日間利息無料」としている会社が多いため、急な出費が発生してもすぐに対処できるので一番手軽にできるおすすめの方法です。
急な出費におすすめのカードローン会社とは?
来店不要でWeb完結で申込みできる「プロミス」、最大30日間利息無料の「アコム」、返済日を35日ごと指定日ごとで選べる「バンクイック」、Tポイントが返済・使用で貯まる「SMBCモビット」などがおすすめです。
急な出費の際のカードローンの選び方とは?
急な出費の場合は、事前審査が利用できるカードローンがおすすめです。なぜなら、事前審査は入力項目が少なく数秒〜数十秒で借入できるか判断できるからです。いきなり本審査を行うと1時間〜数日かかることもあり時間を無駄にしてしまうので要注意。
急な出費が発生した場合にお金を借りる注意点とは?
ヤミ金融では決してお金を借りないことです。法律で決められた上限金利を破り、超高金利で貸付してくるので要注意。また、焦って複数枚のカードに同時に申込みすると、「この人は多く借入しようとしている」と判断され審査が通らないことがあります。
急な出費に対応できる貯金額はいくら必要?
年齢や家族構成によっても異なりますが、20代は失業や病気などを考慮し100万円、30代は夫婦2人でライフイベントなどを考慮し100〜200万円前後、40代は子供の大学進学や親の介護などを考慮し150〜250万円前後貯金があった方が急な出費にも対応できます。

まとめ

今回は、急な出費が発生した場合の対処法やおすすめのカードローンについて解説しました。

どのくらいの金額が必要かによっておすすめの対処方法は異なりますが、カードローンを利用することで今後発生するかもしれない出費にも対応できるため、1枚保有しておいても損はないでしょう。

特に、消費者金融系のカードローンを活用することで利息無料期間やアプリローンなど様々なメリットが受けられます。
今回紹介したカードローンを参考にしながら申し込みをしてみてはいかがでしょうか。

カードローン関連記事

 

 

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事