ライフカード アイキャッチ

ライフカードの特徴・メリット|口コミや審査・ポイント還元率を解説

監修者の紹介
増田さん

監修者増田 諒

2021年1月1日現在、全国に891世帯1,257名のクライアントを抱えるコンサルタントとして活動中。年間100件の個別相談のほか「マネー・ライフプランニング」「資産運用」「保険」「確定申告」「住宅ローン」「相続」等のテーマのセミナーで登壇。

MDRT入賞 7回 ・TLC(生命保険協会認定FP) ・CFP ・IFA(証券外務員1種)・ファイナンシャルプランニング技能士1級 ・宅地建物取引士 貸金業務取扱主任者

増田 諒Masuda Ryo

株式会社ライフカードが発行してるライフカードは、年会費無料やポイントが貯まりやすいことなどからメリットの多いクレジットカードと言えます。

名前は聞いたことあるけど実際どのようなサービスを提供しているのか、利用する際のイメージなど気になる方も多いと多いでしょう。

そこで本記事ではライフカードのメリットや特徴、審査や評判・口コミなどの解説をしていきます。

これからライフカードを検討している方はぜひ参考にしてみてくださいね。

ライフカードに関する基本情報(年会費・締め日など)

ライフカード-Master青

年会費 無料
ポイント有効期限 最大5年
国際ブランド JCB
VISA
MasterCard
ポイント還元率 0.50%
※1,000円につき1ポイント付与、1ポイント=5円相当として何円分のポイントが還元されるかを基に還元率を算出しております。
家族・ETCカード
締め日 ショッピング:毎月5日
キャッシング:毎月末
支払い日 ご請求月27日または
ご請求月翌月03日

出典:http://www.lifecard.co.jp/

ライフカードのメリット・特徴

  • 年会費は永年無料
  • 入会後1年間はポイント1.5倍
  • 年間利用額で翌年ポイント最大2倍
  • 「L-Mall」で最大ポイント25倍
  • ポイントが最大5年間も有効
  • キャッシュレス決済にも対応している

①:年会費は永年無料

ライフカードのメリット・特徴

ライフカードは年会費が永年無料のクレジットカード、さらに国際ブランドが「VISA・JCB・MasterCard」の3種類から選ぶことが出来るので初めてでもおすすめです。

 さらに年会費無料のライフカードなら、家族カードやETCカードも年会費無料で追加利用できます。※

ライフカードの年会費は、「年間利用額に応じて次年度無料」などの適用条件もないので申し込みのハードルは低い方だと言えるでしょう。

※ETCカードについて一部の提携カードは、「初年度無料・次年度以降550円(税込)」の年会費がかかります。

②:入会後1年間はポイント1.5倍

ライフカードに入会すると1年間ポイントが1.5倍になります。また、誕生日月であれば基本ポイントが3倍になるのも嬉しいメリットです。

 「ライフサンクスポイント」と呼ばれる基本ポイントは1,000円(税込)=1ポイント。

通常のお買い物でクレジット利用するほか、公共料金などの毎月固定費をライフカードで支払えばお得にポイントを貯めることが出来ます。

※誕生日月は一律で3倍です。1年間1.5倍やステージ制プログラムとの重複付与はありません。

③:年間利用額で翌年ポイント最大2倍

ライフカードのメリット・特徴

ライフカードのポイントシステムには「ステージ制プログラム」があります。下記基準で、前年度の年間利用額に応じてポイント倍数が決まります。

  • 「レギュラー」1倍・・・利用額50万円未満
  • 「スペシャル」1.5倍・・・利用額50万円以上
  • 「ロイヤル」1.8倍・・・利用額100万円以上
  • 「プレミアム」2倍・・・利用額200万円以上

また、プログラム期間1年間での利用額が50万円以上の場合は300ポイントが貰える「スペシャルボーナス」という嬉しいオマケもあります。

毎月固定費や、誕生日月を上手く利用して2年目のポイントアップを目指しましょう!

④:「L-Mall」で最大ポイント25倍

ライフカードのメリット・特徴

ライフカードが運営している会員限定ショッピングモール「L-Mall」では、お買いもので最大25倍ポイント付与などお得に利用出来ます。

 「L-Mall」に掲載しているお店は約500以上もあります。

さらに、L-Mallを経由せずに掲載店にアクセスした場合、通知ポップアップで教えてくれる「L-Mallナビゲーター」の利用もおすすめです。

「このお店L-Mallに載ってるから経由したらお得ですよ」とお知らせしてくれるので、経由忘れを防いでくれます。

⑤:ポイントが最大5年間も有効

ライフカードのメリット・特徴

ライフカードを利用して貯まる「ライフサンクスポイント」の使い道が多いのも特徴のひとつです。他社ポイントやギフトカードに交換することで活用の幅が広がります。

 主な交換先は「dポイント・Pontaポイント・Amazonギフト券・JCBギフトカード」などです。

また、ポイントは最大5年間も有効なのでガッツリ貯めないと交換できない魅力的な特典などがあれば、コツコツ貯めるもの良いでしょう。

※ポイントは2年自動繰越、以降は1年ごとに繰越手続きが必要です。

⑥:キャッシュレス決済にも対応している

ライフカードは「iD・Edy・モバイルSuica・nanaco」の電子マネー決済にも対応しているので、コンビニなどでスマートにお会計が出来ます。

ただし、Edyチャージとnanacoチャージ利用に関してはライフサンクスポイント付与の対象外となるため注意が必要です。

ライフカードのキャンペーン情報

ライフカードのメリット・特徴

ライフカードでは新規入会&カード利用に応じて「最大10,000円相当プレゼントキャンペーン」を常時開催しています。

10,000円相当プレゼントの条件
  • 新規入会&翌月までにカード発行で1,000円相当
  • 入会3ヶ月以内の利用に応じて最大6,000円相当※1
  • 入会3ヶ月以内に家族など紹介で最大3,000円相当※2

3ヶ月以内でのご利用に応じてなので、これから検討している方は支払いがかさむタイミングなどを狙ってみても良いと思います。

※1 年会費・分割払い・リボビング払いの手数料およびキャッシングサービスは、本特典の対象となりません。
※2 入会3ヵ月後の月末までに紹介した家族や友達の申し込み分が対象となります。

ライフカードのポイント還元率や交換可能なモノ

ライフカードのポイント還元率や、お得な活用方法などについてもう少し見ていきましょう。

①:入会1年間はポイント還元率0.75%

ライフカードのポイント還元率や交換可能なモノ

ライフカードの基本ポイント還元率は0.50%です。これは1ポイント=5円相当に交換出来るため、それを元に算出したポイント還元率です。

 ライフサンクスポイントは「1,000円=1ポイント」です。

入会してから1年間はポイントが1.5倍になるので、ポイント還元率は0.75%となります。

誕生日月であればポイントは3倍なので、還元率は1.5%になりますね。

②:L-Mall経由で最大ポイント25倍

会員限定のショッピングモール「L-Mall」を経由してお買い物をすればポイントがお店によってプラス何倍と付与されます。

掲載されているお店は約500店もあるので、日頃使っていたお店をL-Mall経由にするだけでどんどんポイントが貯まっていきます。

L-Mall掲載店の例とポイント倍数
  • ノートンストア(25倍)
  • Loft(ポイント7倍)
  • 東急ハンズネットストア(3倍)
  • じゃらん(3倍)
  • 楽天市場(2倍)
  • Yahooショッピング(2倍)etc

楽天市場やYahooショッピングなど、既に利用している方はライフカードに入会してポイント活用に励むのも良いでしょう。

    ③:電子マネーや他社ポイントに交換

    ライフカードのポイント還元率や交換可能なモノ

    ライフサンクスポイントはそれぞれ決められた交換レートで、電子マネーや他社ポイント、ギフトカードなどに交換出来ます。

    ライフサンクスポイントで交換出来るもの
    • dポイント
    • Pontaポイント
    • 楽天ポイント
    • Vプリカ
    • Amazonギフト券
    • JCBギフトカード
    • 図書カード・QUOカードetc

    自分の生活スタイルに合った交換先を選び、上手に活用するのが理想です。

    ④:ポイントはキャッシュバック出来る

    ライフカードのポイント還元率や交換可能なモノ

    ライフカードで貯まったライフサンクスポイントは下記レートに基づいて現金を口座に振込をしてくれるキャッシュバックが利用出来ます。

    キャッシュバックの交換レート
    • 750ポイント=3,000円
    • 1200ポイント=5,000円
    • 2200ポイント=10,000円
    • 4300ポイント=20,000円
    • 6400ポイント=30,000円
    • 10600ポイント=50,000円

      ギフトカードや他社ポイントに交換しても、使い道が思いつかないという方はキャッシュバックを利用すると良いでしょう。

      出典:https://www.lifecard.co.jp/card/service/point/goods/cash.html

      ⑤:アプリやWebでカンタン管理

      ライフカード会員は「LIFE-Web-Desk」というサービスで、PCやスマートフォンアプリからクレジット利用明細やポイント管理などが出来ます。

      ポイントの交換なども手軽に行えるので、出先でちょっと利用したい時にも便利なサービスです。

      ライフカードの審査基準について

      ライフカードの審査基準について

      ポイント付与や活用が嬉しい「ライフカード」。審査基準は公表されていませんが、そこまで厳しいイメージはないと推測できるでしょう。

       ライフカードの申し込み資格は「日本在住・高校生を除いた18歳以上・電話が可能な方」です。

      「安定した収入がある方」などの記載はありませんが、一般的に考えると安定した収入があるほど審査に通る可能性はアップすると予測されます。不安な方は以下のポイントを確認してみましょう。

      カード審査で大切と言われている項目
      • 毎月の固定収入がある
      • 他社からの借入はなし
      • クレジットヒストリーがある

      また、ライフカードは申し込みからカード発行まで最短で3日営業日とスムーズなので初めてのクレジットカードにも選ばれやすい一枚です。

      ライフカードの評判や口コミ

      ライフカードを実際利用しての評判や口コミにはどんな意見があるのでしょうか。良いという意見とイマイチという意見をそれぞれ見てみましょう。

      ライフカードの良い評判・口コミ

      ライフカードの評判や口コミ

      ライフカードの良い評判・口コミ
      • ネット通販でポイントがお得。
      • 年会費が永年無料なので嬉しい。
      • 誕生日月は多く貯まる。
      • 審査も早くてすぐ作成出来た。
      • ポイントが様々使えるので便利。

      良い評判や・口コミには「ポイント」についての意見が多い印象です。ライフカードは様々なポイントアップキャンペーンやプログラムを実施しているのでメリットを感じる方も多いです。

      また、「年会費や審査のスムーズさ」など、クレジットカードにおける気になる要素に好印象な方も多いようです。

      ライフカードのイマイチな評判・口コミ

      ライフカードの評判や口コミ

      ライフカードのイマイチな評判・口コミ
      • 基本還元率が0.5%は少ない。
      • 旅行保険が付いていない
      • 誕生日月以外だけが良い。

      イマイチな評判や口コミでは「基本のポイント還元率」についての意見が目立ちました。ライフカードは基本の還元率が0.5%なので物足りないと感じる方もいると思います。

      誕生日月や倍率アップのステージ制プログラムを上手に使えれば、日用品に充てたりなど節約生活にも一役買ってくれるでしょう。

      ライフカードについてのQ&A

      ライフカードのおすすめポイントは?
      ライフカードは年会費永年無料であり、ポイントが貯まりやすい仕組みが豊富なクレジットカードです。

      入会から1年間はポイント1.5倍・誕生日月は3倍にもなるので、計画的なお買い物次第ではポイントをたくさん貯めることが出来ます。

      また、公共料金にカード支払いを利用してポイントを貯めれば、そのポイントで日用品をまかなえたり出来るのもメリットと言えるでしょう。

      新規入会であれば、最大で10,000円相当のポイントもプレゼントされるので検討している方はぜひチェックしてみてください。

      ライフカードのポイント還元率は?
      ライフカードは「1,000円=1ポイント」貯まるので、「1ポイント=5円相当」に交換した時を基準に、基本の還元率0.5%が算出されています。

      そのほか、入会1年間はポイントが1.5倍になるので、ポイント還元率は0.75%。誕生日月はポイント3倍なのでポイント還元率は1.5%です。

      「L-Mall」経由でのお買い物ではポイントは最大25倍にもなるのでさらに大きなポイント還元を期待出来ます。

      ライフカードのポイントの使い方は?
      ライフカードの利用では「1,000円=1ポイント」が付きます。貯まったポイントは用途に合わせて様々な交換に対応しています。

      例えば、dポイントなどの他社ポイントや、Amazonギフト券・JCBギフトカードなどにも交換出来ます。また、交換しても使う予定がないかもしれないという方は「キャッシュバック」を利用するのもおすすめです。

      指定の交換レートに従って、ライフサンクスポイントを口座に現金振込として交換することが可能です。振込後の用途はもちろん自由です。

      ライフカードの締め日・支払い日は?
      ライフカードの締め日はショッピングなら「毎月5日」、キャッシングなら「毎月末締め」と決まっています。

      また、支払い日は請求月27日または請求月翌月03日です。金融機関休業日(土日祝)の場合は翌営業日が口座振替日となります。

      自分が使っている金融機関によって口座振替日は異なるのでよく確認しておきましょう。

      ライフカードの審査基準は厳しいの?審査時間はどれくらいかかる?
      ライフカードは独自の審査基準を設けていますが、公表はされていません。ですが、あまり厳しい印象を持たれてはいないクレジットカードと推測できます。

      申し込み条件が「日本に済んでいる18歳以上(高校生除く)、電話可能な方」なのでハードルはやや控えめだと言えるでしょう。

      また、審査自体はスムーズであり、申込みからクレジットカード発行までは最短で3営業日なのが特徴です。急ぎで作成したい方にもおすすめ出来ます。

      ライフカードのキャンペーンとは?
      ライフカードでは新規入会&カード利用などで、最大10,000円相当のライフサンクスポイントがプレゼントされるキャンペーンを常時開催しています。

      カード利用に関しては入会から3ヶ月以内に5万円(税込)利用で3,000円相当、10万円(税込)利用で3,000円相当が付与されます。

      さらに入会から3ヶ月以内に家族や友人の紹介で3,000円相当がプレゼントされます。入会自体で1,000円相当貰えるので計最大10,000円相当です。

      「LIFE-Web-Desk」ってなに?
      ライフカードに入会すると、会員サービスである「LIFE-Web-Desk」を利用することが出来ます。

      クレジットカードの利用額やポイント残高の確認、ポイントの交換やL-Mallへのアクセスもすべて行うことが出来ます。

      アプリ版もあるので、確認したいことがあった時すぐにお手持ちのスマートフォンから確認出来る便利なサービスです。

      まとめ

      ライフカードは様々なポイントアップの仕組みを導入しているので、ユーザのライフスタイルに寄り添ってお得な生活を提供してくれるでしょう。

      また、自分のカードも家族が利用するカードも年会費は永年無料です。それぞれがお買い物でポイントを貯めることで毎月の節約にも繋がるのでお財布にも優しいクレジットカードです。

      本記事で紹介したライフカードの特徴や口コミ評判、ポイント活用をよくおさらいして、これからのお得な生活に検討してみてはいかがでしょうか。

      クレジットカード関連記事

       

      ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
      ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
      ・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
      ・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
      ・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
      おすすめの記事