【年会費無料】おすすめマスターカード比較ランキング|選び方も解説

【年会費無料】おすすめマスターカード比較ランキング|選び方も解説

監修者の紹介
増田さん

監修者増田 諒

2021年1月1日現在、全国に891世帯1,257名のクライアントを抱えるコンサルタントとして活動中。年間100件の個別相談のほか「マネー・ライフプランニング」「資産運用」「保険」「確定申告」「住宅ローン」「相続」等のテーマのセミナーで登壇。

MDRT入賞 7回 ・TLC(生命保険協会認定FP) ・CFP ・IFA(証券外務員1種)・ファイナンシャルプランニング技能士1級 ・宅地建物取引士 貸金業務取扱主任者

増田 諒Masuda Ryo

国際ブランドのひとつである『マスターカード(MasterCard)』。利用できる店舗も多いのでクレジットカードを作る際は選ぶ方も多いのではないでしょうか。

ですがマスターカード(MasterCard)が選べるクレジットカードはいくつもあるので、カード選びでは迷ってしまうかもしれません。

そこで本記事では、年会費無料でおすすめのマスターカード5選や、基本還元率ランキングの紹介をしていきます。

マスターカード(MasterCard)の乗り換えや新規を検討している方はぜひ参考にしてみてくださいね。

おすすめのマスターカード
基本還元率ランキング比較

おすすめのマスターカード 基本還元率ランキング比較

※本記事で紹介するおすすめのクレジットカードの「基本還元率」を比較してランキングを作成しています。
※基本還元率が同率のカードは「最大還元率」を比較しています。
※2021年7月20日時点の情報です。最新のものとは異なる可能性があります。

リクルートカード
dカード
三菱UFJカード VIASOカード
三井住友カード(NL)
ライフカード
リクルートカード・マスターカード
dカード
三菱UFJカード VIASOカード
三井住友カード(NL)
ライフカード-Master青
年会費
永年無料
永年無料
永年無料
永年無料
永年無料
還元率
1.2%〜21.2%
1.0%〜4.5%※2
0.5%〜12.5%
0.5%〜5.0%
0.5%〜1.5%
発行
-
1~3週間
最短翌営業日
最短5分
最短5分発行受付時間9:00~19:30
※ご入会には、ご連絡が可能な電話番号をご用意ください。
最短3営業日
国際ブランド
MasterCard・VISA・JCB
MasterCard・VISA
MasterCard
MasterCard・VISA
MasterCard・VISA・JCB
特典
キャンペーン
最大6,000円分
ポイントプレゼント
最大6,000円相当
プレゼント
最大10,000円
キャッシュバック
最大
8,000円相当
プレゼント
最大10,000円
相当プレゼント
申込対象
高校生を除く
18歳以上
18歳以上
高校生を除く18歳以上
高校生を除く
18歳以上
高校生を除く
18歳以上

※1「ポンパレモール」を利用した場合
※2 「ドトールカードにチャージ・dカード支払い・ポイント提示」の場合

※3「Point名人.com」経由で利用した場合
※4「コンビニ2社・マクドナルドなど」で利用の場合
※5誕生日月でのお買い物の場合

年会費無料!
おすすめのマスターカード5選

三菱UFJカード VIASOカード

三菱UFJカード VIASOカード

年会費 永年無料
国際ブランド MasterCard
基本還元率 0.50%
※1,000円につき5ポイント付与
家族カード
ETCカード
旅行傷害保険 海外:最高2,000万円
国内:-
申込可能年齢 18歳以上(高校生除く)

出典:公式サイト

三菱UFJカード VIASOカードの特徴

  • 年会費永年無料
  • ポイントは自動キャッシュバック
  • 携帯代、ネット代がポイント2倍
  • 海外旅行傷害保険が最高2,000万円
  • 最大10,000円キャッシュバック!

①:年会費永年無料

三菱UFJカード VIASOカードは年会費が永年無料のクレジットカードです。もちろん年間いくら利用の場合という条件もありません。

また、Webでの申込みも10分程度なのでスムーズに済ませられます。カードも翌営業日発行で、1週間以内には届くのですぐ利用したい方にもおすすめです。

VIASOカードでは、家族カードも年会費永年無料で追加可能です。

②:ポイントは自動キャッシュバック

三菱UFJカード VIASOカードを利用して貯めたポイントは、申請や手続きなしで登録口座に現金で「自動キャッシュバック」されます。

 ポイントは1,000円(税込)利用に対して5ポイント。1ポイント=1円でキャッシュバックされます。

クレジットカードで貯めたポイントは、使わないまま失効してしまうというケースもありがちなので自動キャッシュバックは嬉しいサービスです。

※ショッピング請求がある場合は請求額からポイントで差し引かれ、超えた分は現金キャッシュバックされます。

③:携帯代、ネット代がポイント2倍

年会費無料! おすすめのマスターカード5選

三菱UFJカード VIASOカードを携帯代・インターネット代、さらにETC料金の支払いに利用すればポイントは通常の2倍で貯めることが出来ます。

 ETCカードは年会費無料ですが、発行手数料1,100円(税込)がかかります。

毎月の固定費を三菱UFJカード VIASOカードにするだけでお得にポイントがたまっていくので、車での出張が多い方や、家にいる時間が長い方にもおすすめです。

※携帯・PHS(NTTドコモ・au・ソフトバンク・ワイモバイル)
 インターネット(So-net・Yahoo!BB・OCN・BIGLOBE・etc)
 ETCマークのある全国高速道路・一般有料道路

④:海外旅行傷害保険が最高2,000万円

クレジットカードといえば、海外旅行でも出番が多い印象があります。三菱UFJカード VIASOカードでは海外で万が一のことがあった時に最高2,000万円まで補償してくれる保険が付いています。

海外旅行へ行くのが趣味という方であれば、三菱UFJカード VIASOカード一枚持っているという安心感は大きいと思います。

海外旅行中のケガや、盗難に遭った時の損害などにも対応してくれます。

⑤:最大10,000円キャッシュバック!

年会費無料! おすすめのマスターカード5選

VIASOカードでは新規入会キャンペーンとして、次の条件で最大10,000円キャッシュバックを実施しています。

新規入会後3ヶ月後末日までに
  • 「会員専用Webサービス」登録
  • 15万円分ショッピング利用
  • 『楽Pay』登録

会員専用Webサービスでは、登録情報やポイント照会などがまとまっているので確認したい情報があるときに便利なサービスです。

『楽Pay』は毎月の支払額を一定にするサービスです。家計管理をラクにしたい方に利用されています。

※2022年3月現在も実施中、予告なく特典内容を変更・終了する場合がございます。

三井住友カード (NL)

三井住友カード(NL)・マスターカード

年会費 永年無料
国際ブランド MasterCard・VISA
基本還元率 0.50%
※200円(税込)につき1ポイント付与
家族カード
ETCカード
旅行傷害保険 海外:最高2,000万円
国内:-
申し込み対象 18歳以上(高校生除く)

出典:公式サイト

三井住友カード (NL) の特徴

  • 最短で5分発行
  • ナンバーレスなカード
  • コンビニ2社とマクドナルドなどでポイント還元率最大5%
  • 3店舗好きなお店を選んでポイント2倍
  • 新規入会で最大6,500円相当プレゼント!

①:最短で5分発行

三井住友カード (NL) はなんと最短5分発行に対応しているナンバーレスのカードです。スムーズな申込みは今すぐクレジットカードを利用したい方に嬉しい特徴です。

 最短5分発行の受付時間は9:00〜19:30なので注意しましょう。

さらにカード番号を即日発行することが可能なため、カード本体の到着を待たずして、その日からネットショッピングを利用することが出来ます。

②:ナンバーレスなカード

年会費無料! おすすめのマスターカード5選

三井住友カード (NL) の大きな特徴は、カード番号の記載がないナンバーレスなカードであるというポイントです。

専用のアプリ “Vpass” で登録情報は確認出来るので、カードから情報漏えいするリスクも大幅に抑えることが出来ています。

「カード提示の際でも番号を見られることがないので気にならなくなった」という声も!

③:コンビニ2社とマクドナルドなどでポイント還元率最大5%

「セブン-イレブン・ローソン・マクドナルドなど」での利用ではポイント還元率最大5%で貯めることが出来ます。

 Vポイントは200円(税込)利用に対して1ポイントです。

上記のお店利用でプラス2.0%、さらにVisaのタッチ決済・Mastercard®コンタクトレスの利用であればプラス2.5%、基本還元率が0.5%なので合計して最大5%となります。

※一部店舗ではタッチ決済が利用出来ない場合があります。1万円(税込)を超える場合、タッチ決済が利用出来ない場合があります。
※一部ポイント加算対象とならない店舗および指定のポイント還元にならない場合があります。ポイント還元率は利用金額に対する獲得ポイントを示したもので、ポイントの交換方法によっては、1ポイント1円相当にならない場合がございます。
※一部Visaのタッチ決済/Mastercard®コンタクトレスがご利用いただけない店舗がございます。また、一定金額(原則 税込1万円)を超えるとタッチ決済でなく、決済端末にカードを挿してお支払いいただく場合がございます。その場合のお支払い分は、+2.5%還元の対象となりませんのでご了承ください。 上記、タッチ決済とならない金額の上限は、ご利用される店舗によって異なる場合がございます。

④:3店舗好きなお店を選んでポイント2倍

さらに三井住友カード (NL) では、対象店舗から3つあらかじめ登録しておけば利用の際にポイント2倍となる仕組みを導入しています。

対象店舗の例
  • スターバックス
  • ドトール
  • すき家
  • モスバーガー
  • マツモトキヨシ
  • クリエイト etc…

カフェ・ファストフード店・ドラッグストアなど普段使いするお店を選ぶことが出来るので、生活を振り返って優先度の高い3つを登録しましょう。

出典:公式サイト

ライフカード

ライフカード-Master青

年会費 永年無料
国際ブランド MasterCard・VISA・JCB
基本還元率 0.50%
※1,000円につき1ポイント付与、1ポイント=5円相当として何円分のポイントが還元されるかを基に還元率を算出しております。
家族カード
ETCカード
旅行傷害保険 海外:最高2,000万円
国内:最高1,000万円
申込可能年齢 18歳以上(高校生除く)

出典:公式サイト

ライフカードの特徴

  • 新規入会1年はポイント1.5倍
  • 年間利用額に応じたポイント
  • 最大5年間のポイント有効期限

①:新規入会1年はポイント1.5倍

ライフカードに新規入会した初年度はポイントが1.5倍になるサービスを提供しています。

 ポイントは1,000円(税込)に対して1ポイントです。

クレジットカード利用を毎月かかる固定費に充てるなどすればついでにポイントが貯まっていくので日用品代を浮かせるなども出来るかもしれません。

②:年間利用額に応じたポイント

年会費無料! おすすめのマスターカード5選

ライフカードでは、集計した年間のカード利用額に応じて2年目のポイントがアップするプログラムを実施しています。

  • 利用額200万円以上・・2倍
  • 利用額100万円以上・・1.8倍
  • 利用額50万円以上・・1.5倍
  • 利用額50万円未満・・1倍

避けられない固定費や、大きな出費などがあればどんどんクレジット利用を活用して、2年目のポイントアップを狙って行きましょう。

年間利用額が50万円をこえると、300ポイントがプレゼントされるという嬉しいプログラムもあります。

③:最大5年間のポイント有効期限

クレジットカードで貯めたポイントは、「あまり使わずに失効してしまった」という経験をされた方も多いみたいです。

ですが、ライフカードのポイントは最大5年間もの有効期限があるので使いみちをじっくり吟味して活用出来ます。

 ポイントは「dポイント・Amazonギフト券・JCBギフトカード」などと交換して有効活用出来ます。

最大5年間まで有効期限を伸ばすには、2年の自動繰越を経たあとに1年ごとに繰越手続きが必要なので忘れないようにしましょう。

リクルートカード

リクルートカード・マスターカード

年会費 永年無料
国際ブランド MasterCard・VISA・JCB
基本還元率 1.2%
家族カード
ETCカード
旅行傷害保険
海外:最高2,000万円
国内:最高1,000万円
申込可能年齢 18歳以上(高校生除く)

出典:公式サイト

リクルートカードの特徴

  • 基本還元率が1.2%
  • 自社サービスでさらにお得
  • dポイントやPontaポイントに交換

①:基本還元率が1.2%

リクルートカードは基本還元率が1.2%と、本記事で紹介してきたクレジットカード達と比べても高めの設定がされています。

 一部、ポイント付与対象外となるお支払いなどもありますので公式サイトをチェックしておきましょう。

マスターカード(MasterCard)なら、楽天Edy・モバイルSuicaチャージでもポイントが貯まるのでキャッシュレス決済がメインになっている方でも上手く活用出来ます。

光熱費や携帯代もカードで支払えるので、毎月多くのポイントが貯まります。

出典:公式サイト

②:自社サービスでさらにお得

リクルートが自社で展開しているサービスを利用すれば、さらにポイント還元率がプラス。日常で使えるお店もあるのでせっかくなら利用したいです。

リクルートサービスと還元率
  • ポンパレモール「4.2%」
  • じゃらん「3.2%」
  • ホットペッパーグルメ「3.2%」
  • ホットペッパービューティー「3.2%」

じゃらんを使ってちょっとした旅行に行くのも、美容院を予約するものポイント還元率がアップするので予定があればその都度活用しましょう。

※それぞれ、リクルートポイント1.2%にプラスされた合計での最大還元率となります。

③:dポイントやPontaポイントに交換

リクルートポイントはdポイント・Pontaポイントに交換することで、間接的に多くの支払いやサービスで利用することが出来ます。

「リクルートポイントのみではイマイチ活用どころがない……」という方は、他社ポイントに交換してみるのも良いでしょう。

Pontaポイント・dポイント共に「1リクルートポイント=1ポイント」で交換出来ます。

dカード

dカード

年会費 永年無料
国際ブランド MasterCard・VISA
基本還元率 1.0%
※通常、100円(税込)につき1ポイント付与
家族カード
ETCカード
旅行傷害保険
※29歳以下対象
海外:最高2,000万円
国内:最高1,000万円
申込可能年齢 18歳以上(高校生除く)

出典:公式サイト

dカードの特徴

  • ポイント2重取りが出来る
  • 「dカード特約店」なら3重取りも
  • ポイントが使いやすい

①:ポイント2重取りが出来る

dカードはクレジットカードでもありながら、ポイントカードとしても利用することが出来ます。

 dポイント加盟店にて、dカードを提示することでポイントが貯められます

さらに、ポイントカードとして提示したあとそのままカード支払いをすればポイントの2重取りも可能です。

※100円(税込or税抜)または200円(税込or税抜)で1ポイント貯まります。それぞれ加盟店によって異なります。

②:「dカード特約店」なら3重取りも!

dポイント3重取り

dポイントが貯められるお店とは別に、dカード利用で還元率アップする「dカード特約店」というのもあります。

dカード特約店の中には、もちろんdポイント加盟店もあります。そのようなお店ではポイントの3重取りも出来るのでガンガン利用したいところです。

ポイントカードとして利用出来なくても、dカードで支払えばそれだけでお得ですね。

出典:公式サイト

③:ポイントが使いやすい

dカードで貯めたポイントは、他社のポイントやJALマイル、ポイントが使えるお店での支払いに充てるなど様々な使いみちがあるのもメリットです。

dポイント使いみち例
  • 実店舗での支払い
  • スターバックスカードへチャージ
  • JALマイル
  • iTunesカード
  • GooglePlayギフトカード
  • ドコモの携帯代 etc…

また、他社ポイントの中にはdポイントに交換できるモノもあるので、他にクレジットカードを持っている方は確認してみると良いでしょう。

おすすめのマスターカード選び方

おすすめのマスターカードの選び方

おすすめのマスターカード (MasterCard) や、基本還元率の比較ランキングなどを紹介してきましたが、マスターカードはどんなところに考慮して選ぶのが良いのでしょうか。

①:年会費

マスターカード (MasterCard) が選択出来るクレジットカードの中には、年会費がかかるカードも多く存在します。その分魅力的なサービスや特典も豊富です。

ですが、クレジットカード初心者の方やポイントで節約目的の方などは出来れば年会費が永年無料のマスターカード (MasterCard) を選びたいところです。

今回紹介したクレジットカードは「年会費無料」のカードなので、選びやすいですね。

②:旅行保険

おすすめのマスターカード選び方

クレジットカードに国内外の旅行保険が付帯されているかをよくチェックしておきましょう。万が一の際に一定額を補償してくれるので安心して旅行を楽しめます。

 保険には、カードを持っているだけで適用の「自動付帯」と、指定された費目をカードで支払ったことで適用される「利用付帯」があるので注意です。

また、マイルへの交換が出来るクレジットカードであれば旅行することで大幅に貯められるのでお得な循環が出来ます。

③:特典内容

クレジットカードにはそれぞれ各社が提供している会員限定のサービスや特典があります。カード選びの際にはそこに注目している方も多いです。

例えば、「○○での利用でポイント○倍」や「○%OFF」など日常生活がお得になるような特典を選ぶと、お財布に余裕が出てくるでしょう。

マスターカードは
コストコの利用におすすめ?

コストコの利用には マスターカードがおすすめ?

大きな店舗に格安でなんでも揃っている「コストコ」、たまにお出かけする方も多いのではないでしょうか。実はマスターカードはコストコで唯一使える国際ブランドです。

 「コストコ」とは会員制の大型店舗スーパーです。

コストコは1回のお買い物が結構なボリュームになりがちなので、そんな時せっかくならばマスターカードを利用してみるのも良いでしょう。

おすすめのマスターカード
についてのQ&A

おすすめのマスターカード(MasterCard)は?
おすすめのマスターカードは『三菱UFJカード:VIASOカード』です。まず特徴として年会費が永年無料というのがあります。

さらに、ポイントは自動で口座へキャッシュバックされるので、ポイントを使わなきゃという意識をしなくても良いというメリットもあります。

また、海外旅行の傷害保険も最高2,000万円まで付帯しています。携帯代やネット代はポイント2倍にすることもでき、自粛ムードでもコツコツ貯めることが出来ます。

新規入会のキャンペーンとして最大10,000円キャッシュバックを実施しているので気になる方はぜひチェックしてみてください。

マスターカード(MasterCard)のメリットは?
マスターカードは世界中で利用することが出来るので、海外旅行でのお買い物でも安心というメリットがあります。

また、「Cirrus(シーラス)」というマークがあるATMであればどこでもキャッシングを利用することが出来るのも、旅行では必須のポイントです。

さらに会員のみが利用出来る特典もあり、日本では様々なシーンで優待が受けられる「プライスレス・ジャパン」を展開しています。

マスターカード(MasterCard)とVISAの違いは?
マスターカードとVISAは世界での提携店舗数が多いことで人気の国際ブランドですが、VISAの方がシェア率は多いといわれています。

ですが、マスターカードはヨーロッパの方で展開していたこともあり提携店舗もヨーロッパでは多いのが特徴なので旅行の際は1枚あると安心です。

マスターカード(MasterCard)とJCBの違いは?
JCBは日本のブランドなので、日本国内での提携店舗が多いのが特徴です。また、海外サポートも日本人向けになっているので選びやすさが人気です。

ですが、海外での提携店舗数はマスターカードには届かないので海外旅行好きな方はマスターカードも持っておくと良いでしょう。

おすすめのマスターカードの選び方は?
クレジットカードを選ぶ際に注目したいのが「年会費・ポイント活用・特典」などです。せっかく利用するならば、付随してお得な活用をしたいところです。

また、マスターカードは海外での利用に便利な国際ブランドです。そのため、海外旅行を考慮すると「旅行傷害保険」の有無も見ておきたい点です。

学生におすすめのマスターカード(MasterCard)は?
学生におすすめのマスターカードは「三井住友カード(NL)」です。年会費永年無料で利用出来るほか、カードもシンプルでセキュアです。

また、カード自体がなくてもネットショッピングなどは楽しめるのでスマートフォン慣れしている18歳以上の学生(高校生不可)にもおすすめの一枚です。

マスターカード(MasterCard)のタッチ決済とは?
「マスターカードコンタクトレス」では、マスターカードをお店レジにある読取リーダーにかざすだけで、支払いを済ませることが出来ます。

また、マスターカードはApplePay対応なのでお手持ちのiPhoneに登録させて携帯をかざすだけで支払うことも可能です。

iDやQUICPayのマークがある店舗であればApplePayは使えるのでキャッシュレス化に伴って使い始めるもの良いでしょう。

出典:https://www.mastercard.co.jp/ja-jp/consumers/features-benefits/contactless.html
  :https://www.apple.com/jp/apple-pay/

まとめ

マスターカード (MasterCard) は、日本でも加盟店が多く利用しやすい国際ブランドです。

選択できるクレジットカードも数多くありますが、本記事で紹介した選び方などを参考してみても良いと思います。

海外旅行や、毎月の支払いを活用したい方は本記事で紹介した『三菱UFJカード:VIASOカード』をチェックしてみると良いでしょう。

クレジットカード関連記事

 

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事