ミニ株の特徴は?おすすめの証券会社や選び方を詳しく解説します

ミニ株の特徴は?おすすめの証券会社や選び方を詳しく解説します

監修者の紹介
増田さん

監修者増田 諒

2021年1月1日現在、全国に891世帯1,257名のクライアントを抱えるコンサルタントとして活動中。年間100件の個別相談のほか「マネー・ライフプランニング」「資産運用」「保険」「確定申告」「住宅ローン」「相続」等のテーマのセミナーで登壇。

MDRT入賞 7回 ・TLC(生命保険協会認定FP) ・CFP ・IFA(証券外務員1種)・ファイナンシャルプランニング技能士1級 ・宅地建物取引士 貸金業務取扱主任者

増田 諒Masuda Ryo

「少額の資金で気軽に始められる投資方法はある?」このような悩みを持つ方には、1株から気軽に取引が楽しめるミニ株がおすすめです。

通常の単元株の投資と比較してさまざまなメリットがあります。しかし、特徴や仕組みを理解しておかなければ、うまく利益を出すことができません。

本記事では、ミニ株(単元未満株)の特徴について詳しく解説していきます。

ミニ株取引に向いているおすすめの証券会社も紹介するので、口座開設を考えている方は参考にしてくださいね。

ミニ株(単元未満株)とは?

投資の画像

通常の株式投資は購入できる株の単位数が決まっており、100株など一定の単位でしか購入できません

一般的な単元株の投資の場合、最低でも数十万円から数百万円の資金が必要であるため、お金持ちしかできないイメージを持っている方もいるでしょう。

 一方、ミニ株とは単元株未満で株が購入できる仕組みの投資方法です。

1株単位で株の売買を行えるため、少ない資金で気軽に投資を始められます。

銘柄によっては1株あたり数百円程度で購入できる株もあり、初心者の方でも取引しやすいでしょう。

これから投資を始めたいと考えている方は、試しに活用してみてください。

ミニ株のメリット

ミニ株投資では、以下のようなメリットが受けられます。

少額から取引可能

PCの画像

ミニ株は少ない金額から始められるので、リスクを抑えられます。投資初心者にとっては大きなメリットと言えるでしょう。

長期的に株で儲けたいと考えているなら、投資の経験が少ない方は、まずは大きな利益を狙うよりも取引自体に慣れる必要があります。

 取引をよく分かっていないまま多額の資金で単元株単位の投資を始めてしまうと、大きな損失を出す危険性があるからです。

ミニ株なら失敗しても損失の金額を大きく抑えられるため、リスク回避が可能となります。

ミニ株で株投資の感覚を掴むことができれば、継続的に利益を出すことも目指せるでしょう。

分散投資が可能

お金の画像

ミニ株は単元株単位と比較して少額で投資できるため、さまざまな銘柄に分散投資することが可能です。

投資の世界では、リスクを軽減させるために分散投資が基本とされています。

 ひとつの銘柄のみを保有していた場合、その銘柄の価格が下落すると、多額の損失を出すことになってしまうからです。

そのようなリスクを抑えるためには、株式投資を始めるなら複数の銘柄を購入して分散投資を行うようにしましょう。

また長期的な投資とはいえ、分散投資を行う際にはある程度の資金が必要です。

特に単元株単位の取引では最低必要な資金が大きくなってしまうので、資金が少ない方が分散投資を行うことは難しいでしょう。

その点ミニ株は少額から始められるため、リスクを抑えた分散投資にも向いていると言えます。

配当金ももらえる

お金の画像

株式投資は配当金がもらえる点も魅力のひとつですが、ミニ株だと配当金がもらえないのではないかと考えている方もいるでしょう。

 実は単元株未満のミニ株であっても、株数に応じて配当金をもらうことは可能です。

株数が少ない分、受け取れる配当金の金額は少額ですが、ミニ株でも配当金がもらえるのは大きなメリットでしょう。

ミニ株のデメリット

ミニ株には、どのようなデメリットがあるかも見ておきましょう。

リアルタイムでの売買ができない

砂時計とお金の画像

通常の株式投資の場合は好きなタイミングで注文が出せるため、リアルタイムで売買しやすい仕組みになっています。

一方ミニ株投資は、前場と後場の開始直後の寄り付きに限定されている点がデメリットです。売りたい時、買いたい時にリアルタイムで売買ができません。

 株が価格の変動が大きく、翌日の取引になると上昇や反転が起きやすくなってしまいます。

対応が遅れることで、損益が左右されてしまうことも珍しくありません。

このようなタイムラグが発生することで、利益を逃し損失が拡大する危険性があることを覚えておきましょう。

手数料が高額になりやすい

チャートの画像

株式投資に限ったことではありませんが、取引を行う際には手数料を支払う必要があります。

単元株とミニ株は、1回あたりにかかる手数料はほとんど変わらないため、結果的にミニ株の方が割高になってしまいます。

 購入回数が増えるだけ、手数料が高額になりやすい点がデメリットでしょう。

口座を開設する際には、手数料がいくらであるかもチェックしておくと安心です。

コスパが悪くなる可能性も

例えば100株の単元株なら、株価が数十円上昇するだけで利益が100倍出るため、手数料を差し引いたとしてもある程度の利益が出ます。

一方ミニ株は同じように価格が数十円上昇しても、手数料が高額であればトータルでマイナスになってしまうでしょう。

手軽に始められるものの、手数料が高額になると利益を出しにくい点がデメリットと言えます。

指値注文ができない

PCの画像

指値注文とは、「A株を500円で1,000株購入したい」というように希望する売買価格を自分で指定する注文方法のことです。

 単元株投資の場合には指値注文が利用できますが、ミニ株では指値注文を利用できません。

売買が成立するまで、金額が分からないデメリットがあります。

ミニ株取引でおすすめの証券会社5選

ここからは、ミニ株取引でおすすめの証券会社を厳選して5社紹介します。

LINE証券

LINE FX

LINE証券のおすすめポイント
  • 20代投資家が選ぶ「スマホ利用で使いやすい」ネット証券No.1の人気※1
  • LINE Payを利用すれば出入金がすぐ反映される
  • LINEポイント1ポイント=1円で投資に使える
  • 毎月1,000円から積立投資ができる

LINE証券は2019年8月にスタートしたサービスで、LINEアプリを使って簡単に投資ができることが特徴です。20代投資家が選ぶネット証券No.1に獲得しており、若い世代に支持されています。

サービスを開始してから、わずか1年半程度で口座開設数が50万口座※2を超え、2022年2月現在100万口座を突破するなど、いま注目度の高いネット証券です。

株式手数料
(現物)
株式手数料
(信用)
投資信託
本数
口座開設
スピード
0円〜 0円〜 30本  1~2週間
米国株式 単元未満株 NISA口座 iDeCo
未対応

メリット①:数百円から投資が始められる

LINE証券では、「いちかぶ」と呼ばれる単元未満株での取引も可能です。1株数百円程度から、株主優待や配当金が受け取れます。

 さらに、リアルタイム約定の取扱銘柄数はNo.1(※3)です。

少額投資に強みがあるため、投資を始めて間もない方や、大きな損をしたくないという方に嬉しいネット証券でしょう。

メリット②:現物の売買手数料が低水準

LINE証券は、現物取引における購入手数料が金額に関係なく「0円」いうのが特徴です。

LINE証券の手数料0円
  • 投資信託「購入手数料」
  • 株式投資「買付手数料」
  • 信用取引「売買手数料」※4

さらに、信用取引であれば買い注文だけでなく売り注文でも手数料がかからないことも、LINE証券ならではの特徴といえるでしょう。

LINE証券の現物取引手数料
〜5万円:税込99円
〜10万円:税込176円
〜20万円:税込198円
〜50万円:税込484円
〜100万円:税込869円
〜150万円:税込1,056円
〜3,000万円:税込1,661円
〜3,000万円超:税込1,771円
また、投資信託の購入時手数料も無料です。少額取引希望の方はもちろん、高額取引・投資上級者にとっても、嬉しい手数料システムと言えます。

楽天証券

楽天証券

楽天証券のおすすめポイント
  • 楽天ポイントを利用して投資ができる
  • 楽天銀行口座と連携で振込手数料無料
  • 初心者向け学べるコンテンツが充実

楽天証券は、通販サイト・銀行などでも有名な楽天グループが運営している証券会社です。

2020年新規口座開設数は業界No.1※1。国内・外国株のほかにFXや先物取引などもあるので、初心者はもちろんすでに投資の経験がある人にも選ばれています。

株式手数料
(現物)
株式手数料
(信用)
投資信託
本数
口座開設
スピード
0円〜 0円〜 2,694本 1~2週間
米国株式 単元未満株 NISA口座 iDeCo

メリット①:楽天ユーザーに嬉しい仕組みが満載

楽天証券は、買い物やサービス利用などで貯めた楽天ポイントが投資信託に使える独自のシステムを構築しています。

また、取引口座を楽天銀行と連携することで、振込手数料が無料になるだけでなく「自動入出金(スイープ)」が利用できるようになります。

ポイント投資は、自分の決めたタイミングで買える「スポット購入」と、毎月決まった額を買う「積立購入」から選択可能です。

メリット②:投資コストを抑えられる

投資をする際に気になるのが「コスト」ですが、楽天証券の投資信託は全ての銘柄が「購入手数料無料」です。

 さらに「国内株式現物取引手数料は0円〜」「米国株式手数料は最低0米ドル〜」となっています。

これら取引コストは、キャンペーンやキャッシュバックでの特典ではありません。常時、取引コストを抑えて投資できる安心感が魅力です。

出典:公式サイト

※1 主要ネット証券5社(口座数上位5社:auカブコム証券、SBI証券、松井証券、マネックス証券、楽天証券)で比較、2021年7月9日現在・楽天証券調べ

SBI証券

SBI証券

SBI証券のおすすめポイント
  • 国内株式個人取引シェアNo.1※1
  • 外国株取扱国数主要ネット証券No.1※2
  • 取り扱っているIPO銘柄数が業界トップ※3

SBI証券は、IPO取扱銘柄No.1※4など業界内でも常に上位の業績を誇っています。手数料の手ごろさ、取扱商品の充実度から見てメイン口座をお探しの人にもおすすめです。

また、初心者の方にもSBI証券はピッタリです。クレジットカードやTポイントを使って100円から投資信託を購入できるほか、スマホから直感的に取引できます。

株式手数料
(現物)
株式手数料
(信用)
投資信託
本数
口座開設
スピード
0円〜 0円〜 2,698本 10日~2週間程度
米国株式 単元未満株 NISA口座 iDeCo

メリット①:手数料は0円〜

SBI証券は取引に応じて2つのプランが選べるシステムになっています。

1回の注文に応じて手数料が異なる「スタンダードプラン」と、1日ごとの合計取引金額によって手数料が異なる「アクティブプラン」です。

スタンダードプランの手数料(55円〜)
〜5万円:税込55円
〜10万円:税込99円
〜20万円:税込115円
〜50万円:税込275円
〜100万円:税込535円
〜150万円:税込640円
〜3000万円:税込1,013円
3000万円超:税込1,070円
アクティブプランの手数料(0円〜)
〜50万円:0円
〜100万円:0円
〜200万円:税込1,238円
〜300万円:税込1,691円
以降100万円増加ごとに:+税込295円

SBI証券は100万円まで手数料が0円と業界内でも屈指の安さ※5です。そのため、1日の取引額がそこまで多くない初心者の方でも気兼ねなく取引できます。

おすすめ②:充実した投資情報が無料

SBI証券では、四季報・チャート・株価指数など様々な投資情報が、簡単かつ無料で得られるのが注目すべきところでしょう。

 SBI証券のアナリストが「動画レポート」を配信しており、耳よりな情報も満載です。

その他に、不定期ではありますが全国で「会場セミナー」を実施しているので、トレンドに沿った情報もいち早くゲットできます。

マネックス証券

マネックス証券

マネックス証券のおすすめポイント
  • NISA・iDeCo・積立投資信託など、投資デビューに適した商品が豊富
  • IPO株購入は完全平等制
  • 毎日金利を受け取れるサービスあり

マネックス証券は1999年設立の証券会社で、大手ネット証券のひとつに数えられます。米国株の取扱銘柄数が豊富なので、米国株取引を検討している方におすすめです。

iDeCoやNISA口座に対応しているうえ、株を保有していると金利が受け取れる貸株サービスもあるので、様々な方法で資産運用できます。

株式手数料
(現物)
株式手数料
(信用)
投資信託
本数
口座開設
スピード
55円〜 0円〜 1,130本 1~2週間
米国株式 単元未満株 NISA口座 iDeCo

メリット①:IPO(新規公開株)の抽選が完全に平等

投資商品として人気の高いIPO株は、前受金が必要だったり、銘柄・申し込む人のステータスによって当選確率が平等でなかったりします。

 しかし、マネックス証券であれば、IPO購入権の抽選が「完全に平等」となっています。

IPO投資に資金力が関係ないため、投資ビギナーにも十分チャンスがあるでしょう。

メリット②:100円から投信積み立てができる

マネックス証券では、多くの銘柄で毎月100円から積立方式で投資できます。

少額でも専門家に資産運用を依頼できるので、投資初心者の方はもちろんのこと、調査が難しい銘柄・国・地域の銘柄にもチャレンジしやすいでしょう。

扱っている銘柄が豊富ということは、そのぶん色々な投資にチャレンジできるということですね。

松井証券

松井証券

「松井証券のおすすめポイント」
  • 25歳以下の株式取引手数料が0円※1
  • デイトレーダー向きの「一日信用取引」がある
  • 国内現物取引の手数料が50万円まで0円

松井証券は大正7年創業で、100年を超える歴史を持つ証券会社です。老舗の会社として有名ですが、実は国内初のインターネットによる取引を導入したことでも知られます。

50万以下まで株式取引手数料0円、25歳以下の方の株式取引手数料が0円※1など、少額取引から始めたい初心者の方必見のネット証券です。

株式手数料
(現物)
株式手数料
(信用)
投資信託
本数
口座開設
スピード
0円〜 0円〜 1,183本 1週間程度
米国株式 単元未満株 NISA口座 iDeCo

メリット①:初心者に嬉しい充実のサポート体制

電話・Webサイト上どちらでも、疑問やトラブルにオペーレーターが対応してくれます。

また、松井証券はHDI-Japan主催の「2020年度問合せ窓口格付け」において証券業界部門で10年も連続して三ツ星を獲得しています。

専用フォームであれば、原則24時間いつでも対応してくれるのは心強いですね。

メリット②:取引期限なしの信用取引

通常、信用取引の際には「6か月」という期限が定められています。そのため、期限が来てしまうと利益が出なくても自動的に決済されます。

 しかし、松井証券では信用取引の期限を原則設けていません。

期間を気にせず取引できるのがメリットです。また、1日に何度も取引をしても手数料は一切かからないので、デイトレーダーの人にもうれしい仕組みとなっています。

出典:公式サイト

※1 25歳以下のお客様は、26歳になる月の最終営業日取引分まで、ボックスレート手数料無料です。私設取引システム(PTS取引)のナイトタイム・セッション(17:30~23:59)のお取引は翌営業日扱いとなるため、最終営業日のナイトタイム・セッションのお取引は手数料無料の対象外です。

 

ミニ株を選ぶポイント

数ある銘柄からどのミニ株を取引きすれば良いのか、選ぶポイントを詳しく解説します。

企業の情報収集を行う

チャートの画像

どの銘柄を選ぶか検討する上では、興味のある銘柄の企業情報をたくさん集めることが大切です。

株価を決める最大の要因は、その会社の売上や利益の額などを表す「業績」です。

 赤字経営が続いて配当も払えないような会社の株式は買う人が減少するため、株価も低迷してしまいます。

企業の情報収集を行い、将来どのように成長するかを予測することで、大きな損失を出すリスクを回避することが可能です。

情報収集を行い、株価上昇の見込みがあるかを判断する重要な判断材料を見つけておきましょう。

配当利回りは高いか

お金の画像

ミニ株を選ぶ上では、配当利回りが高いかどうかを見ることも大切です。効率的に利益を得られる可能性があります。

 米国株と比べると日本株は配当利回りが低い株も多いですが、中には1株単位からでも高い配当を受けられる企業も存在します。

配当利回りが高いかも、優良株かどうかを見極める判断材料になるでしょう。

キャピタルゲインかインカムゲインか

お金の画像

キャピタルゲインとインカムゲイン、どちらを重視するかによっても、選ぶ銘柄は変わってきます。

キャピタルゲインとは?

キャピタルゲインとは、株式や債券などの保有する資産の売却によって得られる利益のことを言います。短期間でハイリターンを狙える点がメリットです。

例えば、150万円で購入した株式を200万円で売却した際に、得られる50万円の利益がキャピタルゲインです。

価格が急激に上昇する銘柄を選べば、大きな利益を得ることができます。

インカムゲインとは?

インカムゲインとは、株式や債権を保有することで得られる利益のことです。株式投資のインカムゲインは、配当金のことを指します。

中には株を保有することで「株主優待」を受けられるケースもありますが、その場合、株主優待もインカムゲインに含まれます。

 インカムゲインのメリットは、株価の短期的な値動きに左右されず、安定的に配当として利益を得ていくことができる点が挙げられます。

投資スタイルによって、どちらを重視するかを考えて銘柄を決めましょう。

1株単位でも株主優待を受けられるか

チケットの画像

企業が提供するさまざまな特典が受けられる株主優待は、通常は単元株での購入のみでしか受けることができません

しかし、中には1株単位のミニ株でも株主優待が受けられるケースもあります。株主優待を受けられるどうかは、銘柄を選ぶ上で大切なポイントです。

株主優待目当てで株式投資を始めたい方は、優待を受けられる条件もチェックしておきましょう。

株数に応じて内容が異なるケースがある

株主優待がもらえると言っても、1株以上、100株以上などの保有株数によって優待内容が異なるケースがあるので注意が必要です。

 単に優待の有無だけではなく、内容も確認しておくと安心でしょう。

1株からもらえる株主優待は公式販売サイトの割引券だけで、欲しかった製品がもらえるのは200株以上保有している場合だった、というケースもあります。

ミニ株の始め方

これからミニ株を始めたい方向けに、口座開設から購入までの手順を解説します。

1.証券会社に口座を開く

PCの画像

まずは、希望の証券会社の公式サイトから、口座を開設しましょう。必要事項を入力し、本人確認書類を提出すると申し込みは完了します。

申し込み後、証券会社で審査が行われるので、入力フォームの内容は間違いが無いか十分確認しましょう。

 スムーズに手続きを進めるため、必要書類はあらかじめ用意しておくことがおすすめです。

本人確認書類としては、運転免許証などの書類やマイナンバーカードの提出が必要です。

2.証券口座に入金・ミニ株の購入

お金の画像

無事に口座が開設完了したら、投資資金を口座に入金します。入金方法は証券会社によって異なるので、チェックしておくと安心です。

 銀行振込みなどが一般的ですが、クイック入金ならオンラインで自宅にいながら気軽に入金できます。

証券口座に入金したら、いよいよミニ株を購入します。証券会社のサイトで検索し、希望の株を見つけたら注文しましょう。

手数料も注意

ミニ株自体は少額でも購入できますが、手数料が高額になるケースもあるので注意が必要です。手数料がいくらかかるかについても、確認しておきましょう。

また株式投資は損失を被るリスクもあるので、入金するお金は生活資金ではなく、余剰資金を用いることが大切です。

3.株価の流れや業績から売却・保有継続する

株を購入した後は株価変動によって含み益または含み損が生じるので、株価の流れや業績から売却・保有継続かを判断しましょう。

初心者の方は、あらかじめ「株価がいくらになったら決済する」など、利確・損切りルールを設けておくことがおすすめです。

まとめ

今回はミニ株(単元未満株)の特徴やメリット・デメリット、銘柄を選ぶ時のポイントを詳しく解説しました。

少額の資金で投資を気軽に始めることができるミニ株は、利益が得られるだけではなく、投資の入り口としても活用できるメリットがあります。

今回紹介した証券会社ではさまざまな銘柄を取り扱っているので、ぜひミニ株で投資を始めてみましょう。

コスパや使いやすさを比較して、自分にぴったりの証券会社を見つけてくださいね。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事